雪しぶきをあげて滑る姿はまるで雪の波に乗るボディーボードのようです。

その新しいタイプのウィンタースポーツは、うつぶせの状態でボードに乗りゲレンデを滑り降りるエアボード(Airboard)です。雪面に顔を近づけて滑るので、そのスリルとスピード感は迫力満点。基本操作はシンプルで、両サイドにあるハンドルを持ちながら体重移動でターンします。止まるときは谷に90度の角度で回転させます。

軽くて丈夫なウレタンゴム素材でつくられており、膨らませて使うので持ち運びも簡単です。素材のやわらかさが雪面のでこぼこを吸収してくれ、パウダーでも圧雪でも楽しめます。日本でレンタルしているスキー場もあるようなので、まずは挑戦してみてはいかがでしょうか。

動画はこちら▼