キッチンを使用する際に、床に汚れや傷を付けにくくする「キッチンマット」。足元の冷えを和らげたい方や、足の負担を軽減したい方にもおすすめです。デザイン性が高い製品も多くラインナップされているので、キッチンのアクセントとしても役立ちます。

そこで今回は、おしゃれなキッチンマットをデザイン別にご紹介。選び方の解説に加え、洗えるキッチンマットもピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

キッチンマットって必要?

By: amazon.co.jp

キッチンマットを敷くと、シンクやコンロ近くの床に、汚れを付きにくくなるのがメリットです。水や油を吸収するタイプのモノなら、汚れを踏んで広げるのを軽減。撥水タイプのモノは、汚れが付着しても拭き取りやすいのが特徴です。

また、クッション性のあるキッチンマットを選べば、フライパンや鍋などの重みのある調理器具などを落としても、床へのダメージを抑えることが可能。さらに、硬い床の上に立って作業するよりも、足への負担を軽減する効果が期待できるのも魅力です。

加えて、床がフローリングなどで冷たい場合、あたたかみのある素材のキッチンマットを敷くことで、足元の冷えを和らげる効果も期待できます。

また、キッチンマットはさまざまなデザインのモノが展開されているため、キッチンの雰囲気に合わせて選ぶことで、空間をおしゃれに見せられるのもポイントです。

キッチンマットの選び方

長さをチェック

By: amazon.co.jp

キッチンマットの長さは、作業動線に対応できるように、キッチンの長さに合ったモノを選ぶのがおすすめです。ハサミでカットしてサイズを調節できるキッチンマットもラインナップされています。

システムキッチンの長さを測る際は、端から端ではなく、間口と呼ばれる部分の長さを測るのがポイント。間口よりキッチンマットが長いと、奥まで敷けないため注意が必要です。

L字型のキッチンは、キッチンマットを2枚組み合わせて使うのがおすすめ。また、キッチンが広い場合には、洗いやすいように、短いキッチンマットを2枚横に並べて使う方法もあります。

シンクまたはコンロの下のみなど、部分的にキッチンマットを敷きたい方は、長さが短いキッチンマットがおすすめです。

幅をチェック

By: rakuten.co.jp

キッチンマットの幅は、45cmまたは60cmのモノが多くラインナップされています。汚れが特に付着しやすい部分のみをカバーしたい場合は、45cmがおすすめ。スペースを取り過ぎることなく、すっきりと敷けます。また、長めのキッチンマットを選んでも、洗濯時に扱いやすいのが魅力です。

水や油などが床に飛ぶのをできるだけ防ぎたい方は、幅が60cmのキッチンマットがおすすめ。前後に移動する動きが多くなるU字型やアイランド型キッチンにも適しています。

素材をチェック

綿や麻などの「天然素材」

By: rakuten.co.jp

綿素材のキッチンマットは吸水性が高いのが特徴。液体をこぼしても吸収し、汚れを広げずにすむのがポイントです。しかし、汚れによっては洗濯で落とせず、シミになることもあります。熱に強いのもメリット。また、肌触りのよさも魅力です。一方、縮みやすく、しわになりやすいというデメリットもあります。

麻素材は通気性があり、水分の吸収性や発散性の高さが魅力。ただし、表面が硬いため、混紡素材のキッチンマットを選ぶのがおすすめです。天然素材のキッチンマットを選ぶことで、キッチンをよりおしゃれに見せられます。天然素材ならではの、あたたかみのあるアイテムを使いたい方にもおすすめ。その一方で、天然素材は調湿性に優れるため、涼やかさも感じられるモノが多い傾向にあります。

ポリエステルなどの「化学繊維」

By: amazon.co.jp

実用性に優れ、安くて加工がしやすいポリエステル。しわになりにくく、耐久性もあるため、多くのラグやカーペットに使われています。

ポリプロピレンも大量生産できるため安価で、よく目にする化学繊維のひとつ。摩擦に強く、遊び毛が出にくいという性質があります。吸水性がなく、速乾性が高いのも特徴です。

化学繊維は天然繊維と比べて、多機能なキッチンマットが多い傾向にあります。また、ダニやカビに比較的強いなど、扱いやすいのもメリット。染色のしやすさにも優れているため、リーズナブルな価格で、デザイン性の高いキッチンマットを使いたい方にもおすすめです。

PVC素材

By: rakuten.co.jp

PVC素材は、ポリ塩化ビニール・塩ビ・ビニールとも呼ばれるプラスチックです。水や汚れに強く、毛足がないため、拭くだけで汚れを落としやすいのが魅力。キッチンマットを洗濯しないで、きれいに保ちたい方におすすめです。

キッチンの広さに合わせて、ハサミで簡単にカットできる製品がラインナップされているのもポイント。切り口がほつれないので、キッチンマットを細かくサイズ調節して使いたい方にも適しています。

薄手のモノが多いため、キッチンマットにクッション性も求める方は、弾力のある中材が入ったモノを選ぶのがおすすめです。

厚みをチェック

By: amazon.co.jp

キッチンで足元の冷えが気になる方や、足への負担をできるだけ減らしたい方は、厚めのキッチンマットがおすすすめ。床を傷から守るためにキッチンマットを使う場合も、厚めのモノが適しています。

ただし、キッチンマットを敷く場所に引き出しが付いている場合は、注意が必要です。一番下の引き出しにキッチンマットが引っかかってしまわないように、事前に床から引き出しまでの高さとキッチンマットの厚みを確認する必要があります。

また、ロボット掃除機を使用している方は、一般的な目安として、厚みが2cm以下で毛足の短いキッチンマットがおすすめです。必ず、取り扱い説明書などで対応可能な厚みを確認して、キッチンマットを選びましょう。

デザインをチェック

北欧

By: kabegamiyahonpo.com

日本での人気も高い北欧デザイン。自然をモチーフにしたシンプルなデザインが魅力です。アースカラーの優しい色使いも特徴で、長く愛用できるデザインのキッチンマットが多くラインナップされています。

ナチュラルで落ち着いたテイストを好む方におすすめ。キッチンを癒やしの空間にしたい方や、和やかな雰囲気を出したい方にも適しています。

モダン

By: rakuten.co.jp

おしゃれでかっこよく、クールな印象を与えられるモダンなデザイン。今風で都会的な雰囲気が好きな方におすすめです。

モノトーンカラーを選ぶのがポイント。シャープさのある落ち着いた雰囲気を演出できます。変化が欲しい方は、黒・白をメインに、赤や黄などの原色が差し色として使われているキッチンマットもおすすめです。

モダンスタイルには、無地、または直線的な柄がぴったり。曲線が入っても、動きが出ておしゃれに見えます。目が詰まったモノなど、しっかりとした素材感のキッチンマットがおすすめです。

シンプル

By: rakuten.co.jp

さまざまなキッチンにマッチするキッチンマットを選びたい方は、シンプルなデザインがおすすめ。キッチンをすっきりと見せたい方や、キッチンマットの存在感を出したくない方にも適しています。

透明や半透明のキッチンマットは、インテリアの雰囲気を壊しにくいのが魅力。アイボリーやベージュなど、床と同系色で無地のキッチンマットも空間に馴染みやすいのでおすすめです。

カラフル

By: amazon.co.jp

キッチンマットをキッチンのアクセントや差し色として使いたい方は、カラフルなデザインのモノを選んでみてください。個性的なアイテムを好む方にもおすすめです。

大きな柄のキッチンマットは、インテリアにインパクトを与えられます。小さな花柄やドット柄などのパターンは、かわいい雰囲気を出したい方におすすめです。

ベージュやブラウンなど、床の色に馴染みやすいベースカラーに明るい色味が入ったデザインもおすすめ。派手になり過ぎずにキッチンを彩れます。

滑り止め加工の有無をチェック

By: rakuten.co.jp

キッチンでの作業は動き回ることも多いため、歩くたびにキッチンマットが滑ってしまうと転倒のリスクも高まります。さらに、キッチンマットがずれてできた隙間に汚れがたまりやすくなったり、掃除機がかけにくくなったりするのもデメリットです。

滑り止め加工が施されたキッチンマットを選ぶことで、上記の問題を回避しやすくなります。滑り止めテープが付属しているタイプや裏面吸着加工タイプもおすすめです。気に入ったキッチンマットに滑り止めが付いていない場合は、別途、滑り止めシートを用意して併用する方法もあります。

お手入れのしやすさをチェック

By: rakuten.co.jp

さまざまな汚れが付着しやすいキッチンマット。清潔に使うためには、お手入れがしやすいモノを選ぶのがおすすめです。

撥水加工や防汚加工が施されたキッチンマットは、拭くだけで汚れを落としやすいのが魅力。また、洗濯機で丸洗いできるキッチンマットも多くラインナップされています。洗濯のしやすさを重視する方は、コンパクトに折りたためるモノや、乾きやすいモノを選ぶのがおすすめです。

さらに、毛足が短いキッチンマットやゴミが絡まりにくい生地のモノ、滑りにくいキッチンマットは、掃除機をかけやすいメリットがあります。

おしゃれなキッチンマットのおすすめ|北欧

壁紙屋本舗 拭ける キッチンマット

水で拭けるキッチンマットです。表地は、水や汚れに強い塩化ビニール素材。お手入れのしやすいキッチンマットを選びたい方におすすめです。裏地は不織布で、裏面がはがせる両面テープが付属しています。

幅は約60cmで、長さが約90cm・180cm・240cm・270cmと4種類展開されているのが嬉しいポイント。さらに、ハサミやカッターで簡単にカットできます。端がほつれることもないので、切りっぱなしで自由にサイズ調節して使えるのが魅力です。

厚みは約2mmで、引き出しの開け閉めに影響しにくい仕様。また、デザインのバリエーションも充実しています。豊富な柄のなかからキッチンマットを選びたい方にもおすすめです。

イケア(IKEA) AUNING アウニング キッチンマット 90397303

マイクロファイバー製のキッチンマットです。サイズは120×45cm。吸水性と速乾性が高く、柔らかいのが特徴です。床暖房付きの床など、さまざまなタイプの床に使用できます。

パイル地には、リサイクル材料含有率90%以上のポリエステル素材を採用。裏面は合成ゴムの滑り止め素材を使用しています。手洗いをする必要があるため、手入れのしやすさより、インテリア性を重視してキッチンマットを選びたい方におすすめです。

鮮やかなイエローとクリーンなホワイトの組み合わせが映えたデザイン。キッチンに明るいカラーを取り入れたい方や、かわいい雰囲気のキッチンマットを探している方におすすめです。

パペリナ(pappelina) MONO モノ ラグマット

一枚ずつ丁寧に織り上げられたキッチンマットです。パペリナはスウェーデン発のインテリアデザインブランド。自社工場にて伝統的な木製の織機を使用し、昔ながらの製法でラグ製品を作っています。

素材には機能性の高いPVCを採用。柔らかな質感で、汚れても水洗いできるのが特徴です。サイズは約150×60cm。ナチュラルなカラーが充実しています。

濃淡の2色で編み込まれた、奥行きのあるデザインが魅力。両端に厚みをもたせて仕上げているため、高級感があります。シンプルながらも凝った作りのアイテムを好む方におすすめのキッチンマットです。

おしゃれなキッチンマットのおすすめ|モダン

ニトリ キッチン対応フロアマット 7730793

スタイリッシュなデザインがおしゃれなキッチンマットです。程よい厚みで、ソフトな踏み心地。足にやさしいのがポイントです。表・裏面ともにポリエステル100%素材を使用。滑り止め加工が施されています。

サイズは240×45cmとロングタイプながら、リーズナブルな価格なのも魅力。手頃な値段で、しっかりと長さのあるキッチンマットを購入したい方におすすめです。

ネットを使用することで、洗濯機で洗えます。お手入れしやすい、おしゃれなキッチンマットを選びたい方にもおすすめです。

イケア(IKEA) BRYNDUM ブリンドゥム キッチンマット 00435432

裏面に合成ゴム素材の滑り止めが付いたキッチンマットです。滑りにくい加工が施された製品ながら、リーズナブルな価格なのが魅力。サイズは180×45cmです。

表・裏側ともに、リサイクル材料含有率90%以上のポリエステル100%素材を使用しています。

落ち着いた深みのあるカラーも特徴。モダンな雰囲気が好みの方や、安い価格帯のアイテムでキッチンに高級感をプラスしたい方におすすめです。また、選択方法は手洗いのみな点は留意しておきましょう。

フランフラン(Francfranc) PVCキッチンマット

厚みが8mmある、拭けるキッチンマットです。クッション性があり、もちもちとした心地よい感触が特徴。足の負担を軽減する効果も期待できます。PVC素材のため、汚れが付いても拭いて落としやすいのが魅力です。

滑り止め付きで、抗菌・防臭・防カビ加工も施されています。お手入れが簡単な、厚めのキッチンマットを探している方におすすめ。サイズは180×45cmです。

白を基調とした大理石風の清潔感があるデザインもポイント。おしゃれで機能的なキッチンマットを選びたい方や、上品な雰囲気のキッチンマットを探している方にもおすすめです。

おしゃれなキッチンマットのおすすめ|シンプル

ニトリ 貼ってはがせる フロアシート

By: nitori-net.jp

貼ってはがせるタイプのキッチンマットです。簡単に貼れて、はがした後もべたつきが残りにくいのが特徴。サイズは180×45cmで、ハサミでカットして使うこともできます。

素材は塩化ビニール樹脂で、表面の耐久性に優れており、傷やへこみに強いのがポイント。防水仕様で、お手入れが簡単なのも魅力です。

ナチュラルな木目調デザインと、キッチンのアクセントになるヘキサゴン柄がラインナップされています。お手入れがしやすい、シンプルなキッチンマットを選びたい方におすすめです。

ニトリ つなげてつかえる吸着フロアマット 7730831

つなげて使えるキッチンマットです。サイズは60×45cm。組み合わせて使うことで、自宅のキッチンに合わせやすくなります。L字型キッチンにもおすすめ。また、汚れたキッチンマットだけ取り外して、ネットに入れて洗濯機で洗えます。

表面はポリエステル100%素材で、裏面はアクリル樹脂加工。床に吸着する仕様のため、滑りにくいのもポイントです。また、防臭抗菌加工も施されています。滑りにくく、敷き方の応用が利くキッチンマットを使いたい方におすすめです。

ラチュナ(Latuna) ピタつくキッチンマット

比較的、巻きぐせが出にくいPVC素材を使用したキッチンマットです。専用テープを使って短時間で平らにでき、床暖房にも対応しています。また、エンボス加工が施されているため、滑りにくいのが特徴。何度も付けはがしができる滑り止めシートも付属しています。

液体汚れを拭けるのも魅力です。サイズは240×60cmで、厚みは段差が気になりにくい1.5mm。さまざまなインテリアとマッチしやすい半透明タイプなので、キッチンの雰囲気を変えたくない方にもおすすめです。

素材は、衛生試験をパスしたモノのみを使用しています。小さな子供がいる家庭にもおすすめのキッチンマットです。

サクラク(SAKURAKU) 透明キッチンマット

PVC素材で、透明タイプのキッチンマットです。床の木目を隠さないほどの透明度が追求されており、キッチンマットと床の境目がわかりにくいのが特徴。また、汚れを拭けるため、簡単にお手入れができます。キッチンマットを洗濯したくない方や、キッチンマットの存在感を強く出したくない方におすすめです。

表面は滑りにくいようにエンボス加工が施されており、滑り止め粘着テープが4枚付いています。サイズは約240×60cmで、厚みは約1.5mm。ハサミで好みのサイズにカットもできます。

柄入りのデザインも展開されているため、さりげなくおしゃれなキッチンマットを使いたい方にもおすすめです。

Baibu Home 拭けるキッチンマット

防汚・撥水機能をもつPVC素材を使用したキッチンマットです。水や調味料などがかかっても、タオルなどで簡単に拭けるのが特徴。汚れが染み込みにくいのも嬉しいポイントです。さらに、難燃性も備えています。

サイズは約180×44×0.8cmで、程よいクッション性がある7mmの低反発ウレタン入り。足裏にかかる体重を分散すると謳われており、快適に使えます。また、食器などを落とした際の衝撃を和らげられるのも魅力です。

表面のシワ加工が滑り止めの役割を果たすのに加え、裏面にシリコンの滑り止め加工が施されています。クッション性のある多機能なキッチンマットを選びたい方におすすめです。

ぼん家具 キッチンマット フリーゼ CPT000110

毛足が約1.5cmと長めのキッチンマットです。太くより合わされたパイルが、ふわふわでさらっとした触り心地。ホットカーペットと床暖房にも対応しており、オールシーズン快適に使えます。

表面はポリエステル100%素材で、裏面は滑り止め加工の付いた不織布です。サイズは約210×45cm。手洗いでの丸洗いが可能です。

アイボリー・ベージュ・黒などのカラーが展開されています。踏み心地重視で、シンプルなキッチンマットを選びたい方におすすめです。

萩原 木目キッチンマット 2050101021TS9

リアルな木目調デザインのキッチンマットです。表面は撥水・防汚加工が施された塩化ビニール素材。水溶性の汚れなら、水拭きだけで落としやすいのが特徴です。さらに、抗菌・防カビ・防炎機能も備えています。

裏面は不織布で、床を汚しにくい滑り止めシールが付属。ナチュラルテイストが好きな方におすすめのキッチンマットです。

サイズは240×45cm。日本製で、四隅の角が丁寧に丸く仕上げられているため、めくれ上がりにくい仕様です。厚みは約1.8mmと薄手なので、床との段差が少なく、つまずきにくいメリットがあります。

おしゃれなキッチンマットのおすすめ|カラフル

ニトリ 拭けるキッチン用クッションフロアマット 7731358

体圧分散効果で足裏への負担をさらに軽減すると謳われているキッチンマットです。キッチンに立つ時間が長い方や、疲れにくさ重視でキッチンマットを選びたい方におすすめ。サイズは180×45cm、厚みは約1cmです。

PVC素材を使用した拭けるタイプのキッチンマットなので、お手入れがしやすいのが特徴。さらに、抗菌・防カビ・防炎機能が付いています。多機能なキッチンマットを求めている方にもおすすめです。

キッチンに映える華やかなブーケ柄も魅力。花柄などの明るいデザインを好む方や、キッチンマットをインテリアのアクセントにしたい方にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) フランネルキッチンマット FNR-K-6024

滑らかで肌触りのよいフランネル地のキッチンマットです。表面はポリエステル100%素材を使用。少し起毛した細くて短い毛足で、ふわふわとした触り心地です。サイズは約240×60cm。8mmの厚みのウレタンが入っているので、適度なクッション性があります。

ホットカーペットや床暖房にも対応しており、冷え性の方にもおすすめ。裏面には滑り止めが付いています。さらに、防ダニ加工が施されているため、子供やペットがいる方にもおすすめです。

洗濯ネットを使えば、洗濯機で丸洗いが可能。軽い素材を使っているので、持ち運びしやすいのもポイントです。落ち着きのあるベージュやブラウンなどの無地に加え、カラフルなデザインが豊富なのも特徴。キッチンを明るく演出するキッチンマットを選びたい方にもおすすめです。

ヨコズナクリエーション(YOKOZUNA CREATION) モンステラ キッチンマット

鮮やかなモンステラ柄が印象的なキッチンマット。キッチンにグリーンを取り入れたい方や、南国風のトロピカルな雰囲気が好きな方におすすめです。

肌触りがよく、しっかりとしたアクリル100%のパイル生地を使用。サイズは約120×45cmで、適度な厚みがあります。

洗濯ネットを使って洗濯機で丸洗いでき、乾くのがはやいのが魅力です。お手入れがしやすい、華やかなデザインのキッチンマットを選びたい方にもおすすめ。裏面には、滑りにくくするための加工が施されています。

おしゃれなキッチンマットのおすすめ|洗える

ベルメゾン(Belle Maison) キッチンマット

爽やかなボーダー柄のキッチンマットです。カラーバリエーションとサイズ展開が豊富なのが魅力。2つのキッチンマットを組み合わせることで、L字型のキッチンにも対応できます。

汚れが落ちやすく、へたりにくいポリプロピレン100%素材を採用。ほどよくふっくらとした足触りが特徴です。裏面には、滑りにくくするための加工が施されています。

洗濯ネットに入れることで、洗濯機での丸洗いが可能。薄手タイプなので、小さくたためて扱いやすく、さらに、キッチンマット上の引き出しを開け閉めする際に引っかかりにくいメリットもあります。

長く愛用できる定番柄のキッチンマットを選びたい方におすすめ。比較的リーズナブルな価格で、おしゃれなキッチンマットを購入したい方にも適しています。

サンコー(SANKO) おくだけ吸着 キッチンマット

裏面吸着加工が施されたキッチンマットです。一般的なフローリングの場合、敷いて上から押さえるだけで床に吸着して、滑りにくいのが特徴。また、撥水加工もされているため、水などをこぼしても拭きとれます。さらに、洗濯機で洗うことも可能です。

表面はポリエステル100%のフラットな生地で、裸足でキッチンマットの上にのっても、心地よく感じられる肌触り。落ちた汚れを掃除機で吸い取ることもできます。滑りにくさとお手入れのしやすさを重視してキッチンマットを選びたい方におすすめです。

サイズは120×45cmで、厚みは3mm。薄手なので、段差によるつまずきを軽減できます。キッチンマットの上で引き出しを開け閉めしても、ひっかかりにくいのもポイントです。

繊維素材ながら、ハサミでカットしても、切った部分がほつれにくい仕様。ポリエステル素材のキッチンマットを細かくサイズ調節して使いたい方にもおすすめです。

オカ(OKA) 優踏生洗いやすい キッチンマット

洗いやすさを重視して作られた日本製のキッチンマットです。洗濯ネットに入れて洗濯機で丸洗いしやすいように、柔らかくて簡単に折りたためるのが特徴。また、何度も洗っても型崩れしにくい仕様です。汚れ落ちがよく、乾きやすいポリプロピレン100%素材を採用しています。

全面に付けられた滑り止めの高いグリップ力もポイント。掃除機をかけても滑りにくいため、快適に掃除できます。ロボット掃除機を使用している方にもおすすめです。

サイズは約120×45cmで、厚みは約8mm。クッション性がありながらも薄手のため、キッチンマット上の引き出しに引っかかりにくく、毛羽立ちが目立たないメリットがあります。お手入れのしやすさや、使いやすさを重視して選びたい方におすすめのキッチンマットです。

フリーリー(Freely) 洗えるマイクロファイバー キッチンマット

きめが細かく柔らかいマイクロファイバーを使ったキッチンマットです。高密度で織り込まれているため、ふわふわ感があり、軽くて保温性・速乾性に優れているのが特徴。ホットカーペットにも対応しており、冬はあたたかく、夏はさらっと快適に使えます。

裏面に、ゴム製の滑り止めが付いているのがポイント。さらに、不織布がクッションの役割を果たし、床を傷めにくい仕様です。サイズは180×50cm。毛足が短めなので、掃除機をかけやすく、ゴミが絡みにくいメリットもあります。

キッチンマットの周囲は、ポリエステル生地で縫製されており、ほつれたり破れたりしにくいのも魅力です。また、洗濯ネットに入れて洗濯機で丸洗いでき、洗濯を繰り返しても、遊び毛があまり出ない作り。長く使えるキッチンマットを選びたい方にもおすすめです。

サヤンサヤン 洗える シャギー キッチンマット エクセレントムーティーII

毛足が約3.5cmのキッチンマットです。マイクロファイバーを使用しているため、ボリューム感があるにもかかわらず、軽いのが魅力。床暖房とホットカーペットにも対応しており、足元の冷えが気になる方におすすめです。さらっとした肌触りなので、オールシーズン使用できます。

サイズは180×45cmで、中材は約8mmの厚みのウレタンを採用。適度なクッション性があり、足への負担を和らげる効果が期待できます。

洗濯ネットを使用して手洗いコースを選ぶことで、洗濯機でのお手入れが可能。裏面には滑り止め加工が施されているため、子供や高齢の方がいる家庭にもおすすめです。

定番カラーのベージュをはじめ、大人かわいいくすみピンクからクールな黒まで、カラーバリエーションが豊富なのもポイント。高級感のあるキッチンマットを選びたい方にもおすすめです。

エアリゾームインテリア(Air Rhizome Interior) デニムデザインキッチンマット

デニムデザイン生地のキッチンマットです。デニムのカジュアルな風合いと、ソフトで心地よい肌触りを両立しているのが魅力。おしゃれなカラーが複数ラインナップされており、デザイン性の高いキッチンマットを探している方におすすめです。

一般的な綿よりもクッション性があり、耐久性に優れた固綿を採用しています。さらに、キルティング仕立てで中綿が片寄りにくいため、快適な使い心地。キルティングの凹凸が光の陰影を生み、キッチンマットを表情豊かに見せるメリットもあります。

ゴミが生地に絡みにくく、掃除機をかけやすいのも嬉しいポイント。洗濯ネットを使用すれば、洗濯機で丸洗いもできます。お手入れが簡単なので、子供やペットがいる家庭にもおすすめです。

サイズは180×45cmで、扱いやすいように、コンパクトかつ軽量な作り。裏面には滑り止め加工が施されています。

キッチンマットの売れ筋ランキングをチェック

キッチンマットのランキングをチェックしたい方はこちら。