メンズカジュアルの定番アイテムとして根強い人気を誇るデニムジャケット。春、秋のアウターとして活躍するのはもちろん、冬はコートの中に着込んでレイヤードスタイルを楽しめる優れモノです。

しかし、定番アイテムだからこそデザインの幅が広く、選ぶのが難しいという側面も。そこで今回は、デニムジャケットの人気ブランドとおすすめモデルを厳選してご紹介します。選び方のコツやコーディネート例も、ぜひ参考にしてみてください。

デニムジャケットの選び方

型で選ぶ

デニムジャケットには4つの型が存在し、それぞれが独特なフォルムやディテールを有しているのが特徴です。これは定番デニムブランド「リーバイス」のデニムジャケットを分類するモノですが、世にあるデニムジャケットのほとんどがいずれかの型をベースに製造されています。ぜひこの機会に4つの型の違いを把握し、アイテム選びに役立ててください。

デニムジャケットのルーツともいえる1st

By: amazon.co.jp

デニムジャケットが初めて製造された際のディテールを有しているのが1st。作業着としての機能を重視した形で、着丈は短く、ややルーズなシルエットです。

ディテールの特徴としてまず挙げられるのは、フロントにヒダが入り、長方形のボックスステッチが施されていること。胸ポケットは左のやや低めの位置に1つだけ設けられています。また、背面のウエスト部分にシンチバックと呼ばれるベルトが付いているのも1st特有の仕様です。

ポケットが両胸に配置された2nd

By: amazon.co.jp

ワークウェアらしさが前面に出ていた1stに比べ、2ndはファッションアイテムとしてのデザイン性が強化されており、ややスマートな表情がポイントです。

フロントのヒダやボックスステッチはそのまま受け継いでいますが、胸ポケットは左右2ヶ所に配置されています。また、シンチバックがアジャスターベルトへと変化したのも2ndの大きな特徴です。

Vシームが特徴的な3rd

By: amazon.co.jp

ファッションアイテムとして人気が高く、多くのデニムジャケットのベースとなっているのが3rd。外観の最も特徴的な点は、胸ポケットから裾にかけて入ったV字シームです。ヒダやボックスステッチがなくなり、ポケットは高い位置に設けられています。

そして、3rdと同じディテールの特徴を持ち、着丈がやや長めになったタイプが4thです。これら4つの型がデニムジャケットの基本ですが、最近ではブランドごとにユニークなアレンジが加えられているため、必ずしもすべてのアイテムがここで述べた特徴を有しているわけではありません。あくまで選ぶ際の参考にして、自分にあったお気に入りの型を見つけてください。

スタンダードに着こなすならジャストサイズがおすすめ

By: amazon.co.jp

デニムジャケットは、使い込むことによる経年変化が楽しめるのも魅力の1つ。最近ではトレンドのビッグシルエットを採用したアイテムが増えていますが、流行り廃りなく着用できるジャストサイズのアイテムを選ぶと長く愛用できます。

ビッグシルエットのデニムジャケットにチャレンジするなら、スタンダードなモノに次ぐ2枚目として取り入れるのがおすすめ。シルエットの変化を楽しめ、コーデの幅も広がります。ただし、大人らしい着こなしをするのがやや難しくなるのでコーデのバランスに注意しましょう。

色で選ぶ

By: amazon.co.jp

デニムジャケットのおすすめカラーは、やはり定番のブルーとブラック。カラーによってコーデの印象がガラリと変わるため、自分のスタイルに取り入れやすいモノを選びましょう。

純粋にデニムらしさを味わえるのは、王道のインディゴブルー。大人らしい着こなしからラギッドなコーディネートまで幅広く活躍します。一方、カジュアルコーデを好む方なら爽やかさ満点のライトブルーがおすすめ。軽快な印象でサラリと着こなせます。

そして、都会的な着こなしに合わせやすいのがブラックのデニムジャケット。きれいめアイテムと調和しやすく、ラギッドな雰囲気が苦手な方にもおすすめのカラーです。

過度な色落ちやダメージ加工が施されたモノは避ける

By: rakuten.co.jp

デニムジャケットの中には、粗野感のあるダメージ加工や強めのウォッシュ感でワイルドさを前面に押し出したモデルもあります。しかし、ラフすぎる印象を与えかねないことや、汎用性も低いことを考えると避けた方が無難。

シンプルなデザインかつ控えめな色落ち感のアイテムを選ぶのが、大人らしくデニムジャケットを着こなす近道です。

デニムジャケットのおすすめブランド

リーバイス(LEVI’S)

デニムのパイオニアブランドとして不動の人気を誇る「リーバイス」。創業者のリーバイ・ストラウスは金鉱で働く人々のために、現在のデニムの原型であるワークパンツを考案しました。クラシックなアイテムを探すなら、過去の名作を再現した「リーバイスヴィンテージクロージング」コレクションがおすすめです。

リーバイス(LEVI’S) 1936’s TYPE1 JACKET

「リーバイスヴィンテージクロージング」コレクションのデニムジャケットです。フロントのヒダやボックスステッチ、左側だけの胸ポケットなど、1stタイプのディテールを忠実に再現。もちろん背面はシンチバック仕様で、ヴィンテージ感溢れるデザインがメンズのおしゃれ心をくすぐります。

デニムジャケットが作業着として使われていた時代を感じさせる、素朴な雰囲気も魅力的。アイテムそのもののよさを押し出すために、白シャツなどきれいめでシンプルなインナーを合わせてコーディネートするのがおすすめです。

リーバイス(LEVI’S) トラッカー ジャケット

現代的な着こなしにもフィットする、王道デニムジャケットです。2匹の馬がデニムを引っ張っているイラストが描かれたツーホースマークやレッドタブなど、リーバイス製品ならではのディテールが楽しめます。

カラーや加工のバリエーションも豊富なので人気の高いアイテム。洗い加工を施していないリジッドタイプから、ヴィンテージ加工が施されたこなれ感のあるモノまで揃っており、お気に入りの1着が見つかりやすい製品です。

リー(Lee)

「リー」は、1889年にアメリカ・カンザスで生まれた老舗デニムブランド。設立当初は既成品を仕入れて販売していたものの、入荷の遅れが続いたことから自社製造へ切り替えたというユニークな歴史があります。クラシックなデザインを貫き、リーバイスとは異なる路線でファンを獲得しているのが特徴です。

リー(Lee) RIDERS 101J

リーの名作デニムジャケットとして知られる「101J」。フロントに入ったジグザグのステッチが印象的です。他にも、斜めにデザインされた胸ポケットや猫目ボタンを採用したアジャスターベルトなど、オリジナリティー溢れるディテールが魅力。

しかし、ヴィンテージ仕様のディテールを受け継ぎつつも、シルエットは現代的なのが本製品の特徴です。シンプルなインナーにサッと羽織るだけでこなれ感のあるコーディネートが完成します。着回しもしやすく、初めてデニムジャケットにチャレンジする方にもおすすめです。

リー(Lee) BOA DENIM JACKET STORM RIDER

「STORM RIDER」は、カウボーイ向けの防寒着として生まれたアイテム。「101J」と同様のディテールを有し、襟と裏地にボアを敷き詰めた防寒性の高いデニムジャケットです。1枚羽織るだけでとても暖かく、冬のカジュアルスタイルに重宝します。

襟のボアは、着こなしのアクセントとしても活躍。また、袖裏にはキルティング生地を採用することで着用時に腕が通りやすいよう工夫されています。デザイン性と防寒性を兼備したおすすめのデニムジャケットです。

ラングラー(Wrangler)

リーバイス、リーと並び3大デニムブランドの1つとして広く知られている「ラングラー」。同ブランドのアイテムが全米プロロデオカウボーイ協会の公認ジーンズとして認められるなど、カウボーイの歴史と深い関わりがあります。また、ジッパー仕様のデニムジャケットを扱っているのも大きな特徴です。

ラングラー(Wrangler) 11MJZ デニムジャケット

1940年代、他ブランドのアイテムとは一線を画すジッパーフライ仕様のデニムジャケットとして生まれた「11MJZ」の復刻モデルです。プリーツの入ったフロントに、通称丸カンと呼ばれる丸いカンヌキが施されているのも特徴的。ラングラーらしさが色濃く表れているディテールに、おしゃれ心をくすぐられます。

また、フロントだけでなく随所にプリーツを入れることで動きやすさを向上させているのも大きな魅力です。さりげない個性を醸し出すアイテムとして、ぜひワードローブに加えてみてください。

ドゥニーム(Denime)

「ドゥニーム」は日本のデニムブランドです。50~70年代に製造されたデニムをモチーフとしたアイテムが揃っているのが特徴。オリジナルに忠実なディテールを宿したアイテムが人々の心を掴み、日本を代表するデニムブランドとして人気を集めています。繊細な作りながら、リーズナブルなモノが多いのが魅力です。

ドゥニーム(Denime) FirstDenime 3rd type Denim JKT

良心的な価格設定が嬉しい「ファーストドゥニーム」シリーズのデニムジャケットです。リーズナブルながら、作りは本格的。素材には国産セルビッチデニムを採用しており、着用と洗濯を繰り返すことによって美しい色落ちが楽しめます。

また、3rdタイプをベースとしたシンプルなデザインもポイント。クセがなく、普段着回すデイリーユースアイテムに最適です。コスパに優れた1着を、ぜひチェックしてみてください。

クロ(KURO)

日本ならではのクラフトマンシップが注ぎ込まれたアイテムで世界から高い評価を得ているデニムブランド「クロ」。ブランド名は、日本人の瞳や髪の色でもある「黒」から来ています。ブランドデザイナーである八橋佑輔氏の感性と熟練の職人技から生み出される製品は、唯一無二の存在感を放つ逸品ばかりです。

クロ(KURO) JETTA DENIM JACKET

3rdタイプのディテールを取り入れた、クロの定番デニムジャケットです。生地は岡山県の歴史ある生産工場「吉河織物」で作られたデニムを採用。肉厚ながらストレッチ性も兼ね備えており、ストレスなく着用できます。

こなれた雰囲気で着こなせて、かつラフな印象になりすぎない絶妙な加工感も注目のポイントです。シルエットが美しいので、前を閉めてコンパクトに着用するのもおすすめ。春、秋の定番アウターとして活躍が期待できるデニムジャケットです。

デンハム(DENHAM)

「デンハム」は、2008年にスタートしたオランダ・アムステルダム発のデニムブランドです。ディテールや洗い加工にこだわった製品は瞬く間に人気を獲得し、現在では世界の主要都市に店舗を構えるワールドワイドなブランドへと成長。日本でも東京、大阪などに店舗を展開し、その人気は着実に広がりを見せています。

デンハム(DENHAM) AMSTERDAM

ブランドがスタートした地、アムステルダムの名を冠する、デンハムの定番デニムジャケットです。ハンドメイドでヴィンテージ加工が施された本製品は、絶妙なこなれ感が魅力。イタリアの老舗デニム生地メーカー「カンディアーニ」社のデニム生地を採用しており、素材への強いこだわりも感じられます。

また、デンハムらしいユニークで存在感のあるフロントボタンも目を引くポイント。シンプルなデザインながら、ディテールにブランドカラーが色濃く表れています。色落ちもほどよく、リラックス感のある大人カジュアルに最適なデニムジャケットです。

シュガーケーン(SUGAR CANE)

日本で誕生したブランドですが、モノづくりのノウハウはアメリカ仕込みというユニークな個性を持つ「シュガーケーン」。米軍向けの衣料品を扱っていた「東洋エンタープライズ株式会社」から生まれたデニムブランドです。ブランド名は英語で「サトウキビ」を意味し、サトウキビを原料としたデニムは多くのファンから支持されています。

シュガーケーン(SUGAR CANE) 16.25oz. SUGAR CANE FIBER DENIM “Lot.303 OKINAWA”BLOUSE

1stタイプをベースとしたクラシカルな表情が魅力のデニムジャケットです。素材には、サトウキビの繊維とコットンを混合した砂糖黍デニムを採用。タフな上に、はっきりとした色落ちが楽しめるシュガーケーンならではのデニム生地です。

また、日本ブランドらしい「和」の要素がプラスされているのも本製品の特徴。フラップ裏には「千筋(せんすじ)」と呼ばれる日本の伝統的な生地が使われています。素材からディテールまで、唯一無二の個性を持つ1着をぜひチェックしてみてください。

デニムジャケットのおすすめメンズコーデ

スキニー×ブーツでロックテイストに

By: wear.jp

デニムジャケットに黒スキニーとブーツを合わせてロックな雰囲気に仕上げたコーディネートです。スタッズ付きデニムジャケット、切り込みダメージ加工入りスキニーと個性派アイテム揃いですが、スッキリフォルムのショートブーツが全体を引き締め、絶妙なバランスに。ハードすぎる印象を与えないコーデに仕上がっています。

スラックスで作る大人ストリートコーデ

By: wear.jp

デニムジャケット×パーカーは、バランスの取りやすい王道の組み合わせ。ただし、どちらもカジュアルな印象の強いアイテムなので、ボトムスで大人っぽさをプラスして調整するのがおすすめです。適度にゆるさのあるテーパードシルエットのスラックスなら、ストリート感を損なうことなくきれいめ要素をプラスできます。

男らしいワイルドコーデはバランスがコツ

By: wear.jp

全体をミリタリーテイストのアイテムで統一したワイルドなコーディネートです。それでも粗野な感じがしないのは、着こなしの絶妙なバランスのおかげ。コンパクトなサイズ感のデニムジャケットをチョイスし、ニット帽とブーツは黒でまとめて引き締めポイントを作っています。デニムジャケットを男らしく、かつおしゃれに着こなしたい方はぜひ参考にしてみてください。

デニムオンデニムは黒ならトライしやすい

By: wear.jp

ブラックカラーでまとめたデニムオンデニムコーデです。淡いカラーのデニムオンデニムよりもまとまりやすく、かつカジュアルになりすぎないのでおすすめ。チェックシャツで差し色を入れたり、ベレー帽で品のよさをプラスしたりと、おしゃれに魅せる工夫が散りばめられている点にも注目です。

チェスターコートと合わせてきれいめに着こなす

By: wear.jp

冬場はデニムジャケットをインナーとして着こなすコーディネートがおすすめ。落ち着きのある濃いインディゴカラーのアイテムなら、きれいめなチェスターコートに合わせても違和感なくフィットします。防寒性もアップし、暖かく過ごせる優秀コーデです。

ビッグシルエットの着こなしはスッキリ感を重視

By: wear.jp

トレンドのビッグシルエットにチャレンジしたい方におすすめのコーディネートです。大人らしく着こなすポイントは、デニムジャケット以外の部分をスッキリ仕上げること。アンクル丈のパンツで抜け感を出したり、顔周りをスッキリ見せるためにニット帽をかぶったりと、おしゃれのヒントが詰まったコーデをぜひ参考にしてみてください。