メンズカジュアルの定番アイテムとして根強い人気を誇る「デニムジャケット」。春、秋のアウターとして活躍するのはもちろん、冬はコートの中に着込んでレイヤードスタイルを楽しめる優れモノです。

しかし、定番アイテムだからこそデザインの幅が広く、選ぶのが難しいという側面もあります。そこで今回は、デニムジャケットの人気ブランドとおすすめモデルをピックアップ。選び方のコツやコーディネート例も併せて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

デニムジャケットの選び方

型で選ぶ

デニムジャケットのルーツともいえる1st

By: amazon.co.jp

デニムジャケットが初めて製造された際のディテールを有しているのが1st。作業着としての機能を重視した形で、着丈は短く、ややルーズなシルエットです。

ディテールの特徴として挙げられるのは、フロントにヒダが入り、長方形のボックスステッチが施されていること。胸ポケットは、左のやや低めの位置に1つだけ設けられています。また、背面のウエスト部分にシンチバックと呼ばれるベルトが付いているのも1st特有の仕様です。

ポケットが両胸に配置された2nd

By: amazon.co.jp

ワークウェアらしさが前面に出ていた1stに比べ、2ndはより機能性に優れているのが特徴。フロントのヒダやボックスステッチはそのまま受け継いでいますが、胸ポケットは左右2ヶ所に配置されています。また、シンチバックがアジャスターベルトへと変化したのも2ndのポイントです。

Vシームが特徴的な3rd

By: amazon.co.jp

ファッションアイテムとして人気が高く、多くのデニムジャケットのベースとなっているのが3rd。外観のもっとも特徴的な点は、胸ポケットから裾にかけて入ったV字シームです。ヒダやボックスステッチがなくなり、ポケットは高い位置に設けられています。

スタンダードに着こなすならジャストサイズがおすすめ

By: amazon.co.jp

デニムジャケットは、使い込むことによる経年変化が楽しめるのも魅力のひとつ。最近ではトレンドのビッグシルエットを採用したアイテムが増えていますが、流行り廃りなく着用できるジャストサイズのアイテムを選ぶと長く愛用できます。

ビッグシルエットのデニムジャケットにチャレンジするなら、スタンダードなモノに次ぐ2枚目として取り入れるのがおすすめ。シルエットの変化を楽しめ、コーデの幅も広がります。ただし、大人らしい着こなしをするのがやや難しくなるので、コーデのバランスには注意しておきましょう。

色で選ぶ

By: amazon.co.jp

デニムジャケットのおすすめカラーは、定番のブルーとブラック。カラーによってコーデの印象がガラリと変わるため、自分のスタイルに取り入れやすいモノを選びましょう。

純粋にデニムらしさを味わえるのは、王道のインディゴブルー。大人らしい着こなしから、ラギッドなコーディネートまで幅広く活躍します。一方、カジュアルコーデを好む方であれば、爽やかさ満点のライトブルーがおすすめ。軽快な印象でサラリと着こなせます。

また、都会的な着こなしに合わせやすいのがブラックのデニムジャケット。きれいめアイテムと調和しやすく、ラギッドな雰囲気が苦手な方にもおすすめのカラーです。

ストレッチ性で選ぶ

By: amazon.co.jp

ストレッチ性があるかどうかもしっかりとチェックしておきたいところ。ストレッチ性が高いモノほど伸縮性が高く、動きやすいのが特徴です。

デニムジャケットに伸縮性があるかどうかは、ポリウレタンの割合で判断が可能。ポリウレタンにはゴムのような伸縮性があり、快適な着心地を実現しています。ストレッチ性のあるジャケットを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

過度な色落ちやダメージ加工が施されたモノは避ける

デニムジャケットのなかには、粗野感のあるダメージ加工や、強めのウォッシュ感でワイルドさを前面に押し出したモデルもラインナップされています。しかし、ラフすぎる印象を与えかねないことや、汎用性も低いことを考えると避けた方が無難。

シンプルなデザインかつ控えめな色落ち感のアイテムを選ぶのが、大人らしくデニムジャケットを着こなす近道です。

デニムジャケットのおすすめブランド

リーバイス(LEVI’S)

「リーバイス」は19世紀から続くアメリカの老舗ワークウェアブランド。ゴールドラッシュの時代に労働者のために作った丈夫なワークパンツがジーンズの原点となったことで有名です。数多くのデニムジャケットを手掛けており、型・カラーリング・シルエットなどには豊富なバリエーションが用意されています。

リーバイス(LEVI’S) TYPEIIIトラッカージャケット MAYZE SHERPA TRUCKER

柔らかな肌触りと優れた保温力が魅力の裏地付き

起毛感のある厚手の裏地があしらわれたデニムジャケット。柔らかな肌触りに加えて優れた保温力が魅力で、秋冬のコーディネートで重宝するアイテムです。

着丈を長く、シルエットをゆったりめに仕上げており、細身のボトムスと合わせてスマートに着こなすのがおすすめ。カラーには、デニムらしさを楽しめるミディアムインディゴブルーを採用しています。

リーバイス(LEVI’S) トラッカージャケット AGED RINSE MADE IN THE USA

V字の切り替えが目を引く、大人っぽい雰囲気のデニムジャケット

胸ポケットから裾に向かってあしらわれたV字の切り替えが目を引くデニムジャケット。サイドポケットを省いて、すっきりとしたデザインに仕上げています。

生地は深みのあるインディゴブルーで、カジュアルすぎず大人っぽい雰囲気が魅力。幅広いコーディネートで活躍する、汎用性に優れたデニムジャケットを探している方におすすめです。

リーバイス(LEVI’S) OVERSZD TYPE II トラッカージャケット LMC RUDE

ソフトな風合いで、こなれ感のある着こなしが楽しめる

左右2つの大きな胸ポケットがデザインのアクセントとなったデニムジャケット。麻素材に特殊な加工を施し、ソフトな風合いを引き出しています。

カラーリングはライトブルーで、こなれ感のある着こなしを楽しみたい方におすすめ。ビッグシルエットを採用しており、コーディネートの主役として活躍するアイテムです。

リー(Lee)

「リー」は1899年にアメリカ中西部のカンザス州で設立されたジーンズブランド。伝統的なディテールを継承しながら、現代的にアップデートしたウェアで人気を集めています。ワークウェアらしい無骨さのあるデニムジャケットを探している方におすすめです。

リー(Lee) 101J デニムジャケット

有機栽培綿を含む上質な素材を採用したデニムジャケット。胸ポケットから裾に向かって2本の切り替えディテールをあしらい、デザインにアクセントを加えています。

ヴィンテージライクな風合いが特徴で、カジュアルコーデの主役におすすめ。濃色と淡色まで、2種類のカラーバリエーションが用意されています。

リー(Lee) 101 PROJECT STORM COWBOY JACKET

コーデュロイ生地で切り替えた襟がデザインのアクセントになったデニムジャケット。裏側はウールがミックスされたブランケット生地で、秋冬シーズンのアウターとして活躍するアイテムです。

肉厚なデニム地をゆったりとしたシルエットで仕上げており、無骨で男らしい雰囲気が魅力。ヴィンテージ感のあるボタンを使用するなど、ディテールにまでこだわっています。

リー(Lee) 別注101JカイハラデニムGジャン

セレクトショップ「ナノユニバース」の別注によって作られたデニムジャケット。程よくルーズなシルエットを採用しており、トレンド感のあるコーディネートを楽しめます。

生地のストレッチ性が高いため、着心地はストレスフリー。ステッチのカラーリングをブラックにすることで、モード風にも着こなせる大人っぽいデザインに仕上げています。

リー(Lee) ノーカラーデニムジャケット

1940年代のヴィンテージアイテムをデザインソースにしたデニムジャケット。首元をノーカラーですっきりと仕上げており、野暮ったくならずスマートに着こなせるのが魅力です。

パーカーとレイヤードするなど、ノーカラーを活かしたスタイリングがおすすめ。シルエットにはややゆとりがあるため、リラックスした雰囲気のコーディネートを楽しめます。

エドウイン(EDWIN)

「エドウィン」は日本を代表するデニムブランドです。アメリカから輸入したジーンズの販売で地位を確立したのち、ジーンズの国内縫製をスタート。日本人の体型に合わせたアイテム作りが特徴です。ベーシックからオーバーサイズまで、さまざまなシルエットのデニムジャケットを展開しています。

エドウイン(EDWIN) ベーシックデニムジャケット

スタンダードなシルエットで、さまざまなボトムスと合わせやすいデニムジャケット。フラップ付きの胸ポケットから裾にかけてV字にあしらわれたシームがデザインのアクセントになっています。

着回しの効くベーシックなデザインのデニムジャケットを探している方におすすめ。カラーには、トーンの異なる3種類のブルーが取り揃えられています。

エドウイン(EDWIN) YELLOW TAB BOXフィット デニムジャケット

身幅や肩幅を広めにとったボックスシルエットのデニムジャケット。スキニーパンツを合わせるなど、メリハリを効かせたコーディネートがおすすめです。

ブランドタグ付きの胸ポケットに加えて、両サイドにハンドウォーマーポケットを備えているのもポイント。レッドやアイボリーを含んだ豊富なカラーバリエーションが用意されています。

ラングラー(Wrangler)

「ラングラー」は1947年にアメリカで誕生したジーンズブランド。作業着として親しまれていたジーンズにファッション性をもたらしたことで人気を集めています。快適な着心地を意識したアイテム作りが特徴。幅広いウェアと合わせやすいベーシックなデザインのデニムジャケットを手掛けています。

ラングラー(Wrangler) デニムジャケット LEFT-HAND STORY

胸ポケットを左側にだけあしらい、アシンメトリーなルックスに仕上げたデニムジャケット。ベーシックなデザインにより、さまざまなコーディネートに取り入れやすいアイテムです。

生地は落ち着いた色合いのインディゴブルー。ライトな着用感が特徴で、気軽に羽織れるデニムジャケットを探している方はチェックしてみてください。

ラングラー(Wrangler) ランチジャケット

ボア素材の裏地があしらわれた、あたたかなデザインのデニムジャケット。防寒性に優れているため、秋冬のコーディネートで重宝するアイテムです。

太めのアームホールを採用するなど、ゆったりとしたサイズ感が特徴。トレンド感のある着こなしを楽しみたい方におすすめです。フロントはファスナーで開閉する仕様で、スムーズに着脱できます。

ドゥニーム(Denime)

「ドゥニーム」は1988年にスタートした日本のデニムブランド。ヴィンテージジーンズの忠実な再現をコンセプトにしています。現代的な要素を取り入れたスタイリッシュなデザインが特徴。生地・縫製・色落ちにこだわった本格派のデニムジャケットで支持を集めています。

ドゥニーム(Denime) 3RD MODEL デニムジャケット ワンウォッシュ

胸ポケットから裾にかけてV字状にあしらわれた切り替えが印象的なデニムジャケット。シルエットはタイトで、スマートに着こなせるアイテムです。

ムラのある糸を旧式の織機で織り上げたこだわりの生地を採用。風合い豊かな素材感が目を引きます。また、防縮加工が施されているため、洗濯をしても縮みにくいのが魅力です。

レミ レリーフ(REMI RELIEF)

「レミレリーフ」は日本のファッションブランド。余分なモノを取り除きながら、ひとつひとつの工程にこだわってウェアを製作しています。コンセプトは古きよき時代のアメリカの再現。職人の優れた加工技術を活かした、ユーズド風のデニムジャケットを得意としています。

レミ レリーフ(REMI RELIEF) デニム 1st ジャケット

1stタイプをベースに、着丈やシルエットを調節して現代風に仕上げたデニムジャケット。フロントのプリーツや背面のベルトがデザインのアクセントになっています。

素材には、アフリカ南東部の高地で収穫された上質なオーガニックコットンを採用。生地は職人の手で丁寧に加工されており、長年着用したかのように見えるリアルなユーズド感が魅力です。

アーペーセー(A.P.C.)

1987年にフランスで設立された「アーペーセー」。流行に左右されにくいベーシックスタイルを提案しているファッションブランドです。看板アイテムの生デニムをはじめとして、カジュアルながらも品のあるデザインのリアルクローズで人気を集めています。

アーペーセー(A.P.C.) デニムUSジャケット

ストレッチ性のある素材を採用した、着心地のよいデニムジャケット。生地にウォッシュ加工を施して程よく色落ちさせており、カジュアルコーデで重宝するアイテムです。

ボタンホールにあしらわれたオレンジ色のステッチがアクセント。ボタンにブランドネームを刻印するなど、ディテールにまでこだわってデザインされています。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans)

「ヌーディージーンズ」はスウェーデン生まれのデニムブランド。イタリアや日本のデニム生地のみを使用するなど、素材へのこだわりが特徴です。生産はイタリアのファクトリーで行うことで、優れたクオリティを実現。洗練されたデザインのデニムジャケットを探している方におすすめです。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) デニムジャケット Billy

さり気なくユーズド加工を施し、こなれ感のあるデザインに仕上げたデニムジャケット。生地のカラーリングはブラックで、大人っぽく着こなせるアイテムです。

シルエットがすっきりとしているため、さまざまなボトムスとバランスをとりやすいのがポイント。高級感のあるメタルボタンには、ブランドネームが刻印されています。

オアスロウ(orslow)

「オアスロウ」は関西発のファッションブランド。19~20世紀のワーク・ミリタリーウェアをベースに、独自のフィルターを通したオリジナリティのあるデザインで人気を集めています。企画からサンプルの縫製までを自社内で行うこだわりがポイント。クラシカルな雰囲気を好む方におすすめです。

オアスロウ(orslow) 50’S デニムジャケット ONE WASH

1950年代のアイテムにインスピレーションを受けて作られたデニムジャケット。旧式の織機でじっくりと織り上げたオリジナルの生地を使用しています。

シルエットやディテールにクラシカルな雰囲気を残しつつ、タウンユースしやすい洗練されたデザインに仕上げたバランスのよさがポイント。チノパンを合わせるなど、ワークテイストの着こなしがおすすめです。

クロ(KURO)

「クロ」は日本のファッションブランド。ブランドネームの由来ともなっている”黒”という日本語が持つ繊細さをコンセプトにしています。優れた職人の技術を活かした、こだわりのアイテム作りが特徴。ミニマムなデザインのデニムジャケットを探している方におすすめです。

クロ(KURO) KARLA DENIM JACKET ONE WASH

10オンスという薄手の生地で仕立てられたデニムジャケット。軽やかな着心地が特徴で、春から秋にかけて活躍するライトアウターを探している方におすすめです。

生地は優れた製造技術によって密に織られており、薄さを感じさせない丈夫さがポイント。身幅やアームホールにゆとりを設けているため、ストレスなく着用できます。

鬼デニム

「鬼デニム」は日本のジーンズブランド。ジーンズ作りに長年携わってきた職人が手掛ける、こだわりの生地を採用しています。ザラザラした独特の生地感に加えて、通気性やフィット感のよさが特徴。風合い豊かで存在感のあるデニムジャケットで人気を集めています。

鬼デニム 3rd Type Denim Jacket 鬼楽II

ローテンションで織り上げて重厚感を出した、こだわりの生地で仕立てられたデニムジャケット。軽量でしなやかさがあり、着心地は良好です。

着込むことで色落ちして風合いが増していくため、経年変化をじっくりと楽しみたい方におすすめ。シルエットはシャープで、トップスとしてはもちろん冬場にはインナーとしても活躍します。

デンハム(DENHAM)

「デンハム」はイギリス出身のデザイナーが2008年にオランダで立ち上げたデニムブランド。テーラーメイドのようなフィット感と洗練されたデザインを兼ね備えたウェアで人気を集めています。品よく着こなせる大人っぽいデザインのデニムジャケットを探している方におすすめです。

デンハム(DENHAM) ボアデニムジャケット

裏地に保温性の高いボア素材を採用したデニムジャケット。袖部分だけ素材を切り替えてゴワつきを軽減させており、袖通りがよく着心地に優れています。

生地やボタンのカラーをブラックで統一することで、大人っぽい雰囲気を演出。カジュアルながらも品のあるコーディネートを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

シュガーケーン(SUGAR CANE)

米軍に衣料を提供するメーカーとして日本で誕生した「シュガーケーン」。1965年の創業から現在に至るまで、デニムを中心としたワークウェアを作り続けているブランドです。ヴィンテージアイテムのデザインを踏襲した、クラシカルな雰囲気のデニムジャケットで人気を集めています。

シュガーケーン(SUGAR CANE) デニムジャケット 1953 MODEL

フロントのヒダとボックスステッチがデザインのアクセントとなった、2ndタイプのデニムジャケット。ブランドロゴが刻印されたボタンを使用するなど、パーツにまでこだわって作られています。

インディゴブルーの生地は程よく色落ちしており、ユーズド風の表情が魅力。ダークトーンのボトムスと合わせて大人っぽく着こなすのがおすすめです。

シュガーケーン(SUGAR CANE) デニムジャケット 1962 MODEL

立体裁断を取り入れてフィット感を高めており、タイトシルエットながらもストレスなく着用できるデニムジャケット。フロントにあしらわれた、ホームベース型のポケットが目を引きます。

味のある銅製ボタンを採用。裏地には経年変化を楽しめる紙製ラベルが付いています。生地は深みのある色合いで、幅広いコーディネートに取り入れやすいアイテムです。

デニムジャケットのおすすめメンズコーデ

パーカーを合わせた定番コーデ

By: rakuten.co.jp

ボア付きのデニムジャケットにホワイトのパーカーを合わせた定番コーデです。時代を選ばないコーデですが、ワイドシルエットやインナーのラインが入ったニットベストでトレンドを押さえています。

ボトムスにはすっきりとフィットしたスキニーをセレクト。上半身にボリュームを持たせたきれいなYラインです。また、キャップやスニーカーにもボトムスと同じ黒のアイテムを使い、全体を引き締めています。

デニムジャケットは加工次第でビジネスカジュアルに着こなせる

By: rakuten.co.jp

ケアレスデニムを採用したデニムジャケットは、ビジネスシーンにもおすすめの上品なアイテム。デニムの無骨さを抑え、ビジネスライクに着こなせます。ネイビーカラーはブラックよりも優しげな雰囲気があり、カジュアルな着こなしにもおすすめです。

本コーデでは同系色のシャツをインナーにすることで統一感を出しています。暗い色でまとめたセットアップで、重くなりすぎないよう足元に白のスニーカーをチョイスしてバランスを取っているのもポイントです。