愛用のエフェクターを保護して安全に持ち運べる「エフェクターボード」。たくさんのエフェクターを使用する方には欠かせません。実際に使用する順番につないで持ち運べるため、スタジオやライブですばやくセッティングできるのも便利です。

ただし、購入する際は種類やサイズなどを考慮して選ぶ必要があるため注意が必要。そこで今回は、おすすめのエフェクターボードをご紹介。選び方も説明するので購入を検討している方は参考にしてみてください。

エフェクターボードの選び方

種類で選ぶ

頑丈さがメリットの「ハードケース」

By: amazon.co.jp

ハードケースの最大の魅力が頑丈さ。ソフトケースとは比較にならない耐久性で、エフェクターをしっかりと保護します。さまざまなサイズが販売されており、コンパクトなタイプから本格的なリードギター向けの大型システムまで構築できる選択肢の広さも魅力です。

エフェクターボードは大きくなるほど耐久性が重要になるため、本格的なエフェクトシステムを組みたい場合におすすめ。留め具を使ってしっかりとエフェクターを固定できるタイプが多く、移動中の破損を防げるのも特徴です。

ただし、頑丈な分だけ重さがあり、大きさによっては電車で移動する際など持ち運びに苦労する場合もあります。

持ち運びやすさ重視なら「ソフトケース」

By: amazon.co.jp

ソフトケースの最大のメリットが軽く持ち運ぶしやすい点です。ナイロン生地にスポンジなど衝撃吸収材を備えており、同じサイズのハードケースと比較して半分程度の重さになるモデルもあります。電車で持ち運ぶなど運搬のしやすさを重視したい方におすすめです。

ボードを付属しておらず収納したエフェクターを固定できないタイプは、マルチエフェクター用として適しています。ほとんどのモデルがポケットを備えており、シールドや弦、ストラップなど小物を収納してバッグのような感覚で使えるのも便利です。

サイズで選ぶ

By: rakuten.co.jp

エフェクターのサイズはメーカーや種類によって多種多様です。エフェクターボードを購入する際は、使用予定のエフェクターを収納できるかを確認しておきましょう。実際の順番でパッチケーブルをつないで並べて、寸法を測っておくのがおすすめです。

とくに、ワウペダルやボリュームペダルなど長さのあるエフェクターを収納したい場合は、確認を怠ると収まらない場合もあるので注意してください。また、必要以上に大きいモデルを購入すると重たくなり運搬が大変。エフェクターの数や大きさに合った適切なサイズを選ぶことが重要なほか、自宅用・スタジオ練習用・ライブ用と使い分けるのも方法のひとつです。

価格で選ぶ

エフェクターボードを選択する際は、安価でクオリティの低いモデルには注意が必要です。金具部分のつくりが粗悪なモノやボードが歪んでしまう製品もあるため確認しておきましょう。ハードケースかソフトケース、サイズによっても価格は異なるほか、留め具の種類などでも違います。

ハードケースの場合、見た目ほど頑丈ではないモノもあるため要チェック。板が薄くペラペラなモデルも販売されています。あまり安すぎるモデルは耐久性に難がある場合も多いため、大事なエフェクターをしっかりと守るためには避けたほうが無難です。

エフェクターボードのおすすめ

ケーシー(KC) エフェクターケース EC-50

ケーシー(KC) エフェクターケース EC-50

定番ハードケースとして人気の高いエフェクターボードです。リーズナブルな価格ながら耐久性に優れており、大事なエフェクターをしっかりと保護します。演奏時にフタを取り外せるほか、面ファスナーが付属しておりエフェクターをがっちりと固定可能です。

サイズは幅425×奥行220×75mmで中間的な大きさ。電車で持ち運びしたい方のハードケースとしておすすめのモデルです。エフェクターの盗難を防止する専用の鍵も付属しています。

アルモア(Armor) FRP製エフェクターボード PS-1C

アルモア(Armor) FRP製エフェクターボード PS-1C

カスタムメイドケースの製造もおこなっているケース專門メーカー「アルモア」のエフェクターボード。プロも使用していることで知られており、耐久性と信頼性の高さが魅力のモデルです。幅704×奥行374mmと大きなハードケースタイプで、ワウペダルやボリュームペダルなど長さのあるエフェクターも収納可能。所有しているエフェクターの数が多い方におすすめです。

プラスチックをガラス繊維で強化した素材「FRP」を採用しているのもポイント。漁船やプレジャーボートにも採用される素材で、愛用のエフェクターを強固に守れます。

CNB エフェクターケース コンパクト・マルチ用 PDC-500

CNB エフェクターケース コンパクト・マルチ用 PDC-500

ギタースタンドで知られる「キクタニミュージック」が取り扱っているブランド「CNB」のエフェクターボードです。素材に強化レザーを採用しているほか、ケースのコーナー部をアルミサッシで補強して耐久性に優れているのが特徴。低価格ながら、安心してエフェクターを運搬できるモデルを探している方におすすめです。

サイズは幅36×奥行26cmとコンパクトなハードケースタイプ。少量のコンパクトエフェクターや小型のマルチエフェクターを収納するのに適しています。

Dicon Audio エフェクターケース EC5035BK

Dicon Audio エフェクターケース EC5035BK

安定感があってシンプルな造りが特徴のエフェクターボード。エッジやコーナー部をアルミ素材で補強しており、軽量かつ耐久性に優れているモデルです。内寸495×350×20mmとシリーズのなかで中間的なサイズ。持ちやすく丈夫な大型ハンドルを備えており、電車やバスなどで移動して持ち運ぶことが多い方におすすめです。

本製品のほか、内寸幅355mmのモデルから750mmの大型タイプまでラインナップされているので、エフェクターの数や大きさに合わせて選択してみてください。

GID オリジナルハードケース EFH-203

GID オリジナルハードケース EFH-203

高級ギターケースのような重厚な造りのツイードデザインを採用したエフェクターボードです。内部も朱色でビンテージ感あふれる高級感のある仕様。ハードケースタイプで愛用のエフェクターをしっかりと保護でき、人と違う個性的なモデルを探している方におすすめです。

面ファスナー付きでエフェクターをしっかりと固定可能。仕切りも付属しており便利です。当モデルよりコンパクトなサイズのほか、ブラックカラーモデルも販売されているのでチェックしてみてください。

ボス(BOSS) ペダル・ボード BCB-60

ボス(BOSS) ペダル・ボード BCB-60

エフェクターメーカー「ボス」のエフェクターボードです。エフェクター固定用にホールディングパッドを採用。3枚のパッドを装着することでしっかりと固定可能です。切れ目のないホールディングパッドも付属しており、さまざまな大きさのエフェクターに対応します。

ボスのチューナーを収納できるスペースを設けているほか、チューナーを含めて7台のエフェクターの電源を供給できるパワーサプライも搭載。右側のパッド上部のワイヤーホルダーを外せばワウペダルもセットできるなど、使い勝手に優れたおすすめモデルです。

ミュージックワークス(MUSIC WORKS) エフェクター・ボード EBB1-M

ミュージックワークス(MUSIC WORKS) エフェクター・ボード EBB1-M

軽量で持ち運びに便利なソフトケースタイプのエフェクターボードです。320×390mmのボードも付属しており、バッグから取り出すだけですばやくセッティングが可能。スタジオ練習やライブなど、エフェクターを持ち出す機会が多い方におすすめのモデルです。

ボードにエフェクターを固定するベルクロテープを2ペア付属しているほか、A4サイズのポケットも装備。シールドや弦、ストラップなどアクセサリーを収納できるため便利です。

ケーシー(KC) エフェクターペダル ボード EFBD-01

ケーシー(KC) エフェクターペダル ボード EFBD-01

強固なアルミフレームを搭載したボードが付属しているソフトケースタイプのエフェクターボード。ケースに収納するときに両手で持ちやすく便利です。床からの高さ約2cmと低いため、エフェクターのスイッチを踏むときにストレスなく操作できます。

ボードの表面に凹凸の処理を施しており、マジックテープの糊が適度に固着するのがポイント。固定後に順番を入れ替えたい場合にはがしやすいなど、自宅はもちろんスタジオやライブなどさまざまなシーンで活躍するおすすめモデルです。

ケーシー(KC) エフェクターギグケース EFS-30

ケーシー(KC) エフェクターギグケース EFS-30

ボードが付属していないソフトケースのみのタイプです。内側のサイズを調節できる仕切りを利用してエフェクターをセットするほか、手持ちのボードを収納したい場合に最適。少量のコンパクトエフェクターやマルチエフェクターを持ち運びたい場合におすすめのモデルです。

ボードがない分、リーズナブルな価格も魅力。小物やアクセサリーを収納できるポケットも備えています。

ペダルトレイン(Pedaltrain) エフェクター用ペダルボード Pedaltrain Nano PT-NANO-SC

ペダルトレイン(Pedaltrain) エフェクター用ペダルボード Pedaltrain Nano PT-NANO-SC

独特な形状のスノコタイプのボードが付属しているソフトケースタイプのエフェクターボード。発売以来、使いやすいとして高く評価されているモデルです。頑丈なスチール製ボードで、プロもライブで愛用している耐久性の高さが魅力。当モデルのnanoのほか、10種類以上ものサイズ展開で幅広い選択肢もおすすめポイントです。

高さ調節用金具や専用パワーサプライをオプションで用意しているなど、使い勝手も抜群。機能を拡張できる社外品も多く販売されているのでチェックしてみてください。

Ghost Fire エフェクターボード

Ghost Fire エフェクターボード

頑丈ながら軽量なアルミ合金ボードが付属しているソフトケースタイプのエフェクターボード。スノコ状のボードはエフェクターをレイアウトしやすく、ライブやスタジオですばやいセッティングが可能です。折りたたみ式の脚が付いており、角度をつけられるのが特徴。スイッチの踏みやすさを重視したい方におすすめです。

ソフトケースの生地には耐久性に優れた600Dオックスフォードファブリックを採用。スコアやシールド、ストラップなどを収納できるポケットも備えており便利です。

ワーウィック(Warwick) ペダルボード RockBoard DUO

ワーウィック(Warwick) ペダルボード RockBoard DUO

軽量で頑丈なボードとソフトケースがセットになっているエフェクターボードです。ボードに多くの穴を設けたデザインでフレキシブルなセッティングが可能で、ばらばらなサイズのエフェクターを好みの順番で固定したいときに便利。ボード下にケーブルを隠せるなど、すっきりセッティングしたい方におすすめです。

ボードの成形には、冷間圧延アルミニウムシートを折り曲げる独特な手法を採用。ボードの厚みが均一でつなぎ目のない、滑らかな仕上がりを実現しています。