電話回線と対応機器を接続する際に使用する「モジュラーケーブル」。あまり馴染みのない方も多いかもしれませんが、一般家庭においては固定電話などを使用する際に用いるケーブルです。しかし、一口にモジュラーケーブルといっても種類があり、購入する前にはある程度の知識が必要になります。

そこで今回は、おすすめのモジュラーケーブルをご紹介。形状・用途が似ているLANケーブルとの違いや選び方などについても解説しているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

モジュラーケーブルとは?

By: rakuten.co.jp

モジュラーケーブルは、室内の壁などに設置されている電話回線と固定電話やモデムを接続するために使用します。簡単にいうと「電話線」のこと。

両端に「モジュラージャック」という接続端子が搭載されていることから、モジュラーケーブルと呼ばれています。一昔前は、壁から直接電話回線が出ている「ローゼット式」と呼ばれるタイプが主流で、資格を所有していないと工事ができませんでした。

現在では、電話機に付属するモジュラーケーブルや市販のモノを差し込むだけで簡単に配線が可能。芯の数やケーブルの種類などについては以下の項目で解説するので、ぜひ購入する際の参考にしてみてください。

LANケーブルとの違い

モジュラーケーブルは電話回線接続用として、電話やFAXを繋いだり、電話回線を利用したインターネット接続用モデムを繋いだりするために使用します。一方でLANケーブルは、パソコンやプリンターなどのデバイスをインターネットに接続するために使用するモノです。

また、モジュラーケーブルとLANケーブルは形状が非常に似ており、一見しただけでは区別がつきにくくなっています。外見上の違いとしては、モジュラーケーブルのコネクタはLANケーブルよりも一回りほど小さいのが特徴。

具体的には、モジュラーケーブルには「RJ-11」というタイプのコネクタを使用し、LANケーブルには「RJ-45」というタイプのコネクタが使用されています。コネクタの中の芯の数も違い、電話機などで使用するモジュラーケーブルは主に6極2芯なのに対して一般的なLANケーブルは8極8芯。コネクタ内にある芯の数を数えることでも見分けられます。

モジュラーケーブルの選び方

用途に合わせて芯の数をチェック

By: amazon.co.jp

モジュラーケーブルは大きく分けて3種類あり、それぞれコネクタ内部の芯の数が違います。芯の数ごとに用途が異なるので、購入前には確認が必要です。まず、一般家庭に最も多く普及しているのが「6極2芯」タイプ。

6極あるうちの中央の2芯のみを使用し、家庭用電話機やFAX、モデムなどを接続するために用いられます。電源供給機能もあるので、シンプル電話機であれば別途電源に繋がなくても使用可能。また、最も簡易的な構造をしたタイプなので、低価格で購入できる製品がほとんどです。

「6極4芯」タイプは、主にビジネスホンなどで使用され、内線電話に対応。そのほかにも、多機能電話や警報器などにも用いられます。「6極6芯」タイプは、ドアホンや一部の多機能電話などで使用。ほかのタイプよりも一般市場に出回っている数は少ないですが、芯数が少ないタイプと互換性があるので幅広い用途で使用できます。

ケーブルの種類をチェック

スタンダードケーブル

By: amazon.co.jp

モジュラーケーブルを購入するにあたって、ケーブルの種類や形状も注目しておきたいポイントのひとつです。スタンダードケーブルタイプは一般的な丸い形状のケーブルを採用したモノ。

メーカーやモデルによって太さが異なる場合もありますが、特にこだわりのない方や壁に沿わせて配線する場合はスタンダードケーブルで問題ありません。

フラットケーブル

By: amazon.co.jp

フラットタイプは、平らな形状のケーブルを採用したモジュラーケーブルです。製品数が豊富で、モジュラーケーブルを取り扱う多くのメーカーがラインナップしています。平らなので、足で踏みつけたときに違和感を感じたり、つまづいたりしにくいのがメリット。

廊下を横断しての配線や人がよく通る場所に配線しなければならない場合に適しています。カーペットやマットの下に配線しても目立ちにくいのも魅力。場合によっては壁に這わす必要がなくなるので、より短いケーブルで配線ができます。ケーブル長が短くなるほど安くなるので、コストダウンも可能です。

また、家具やドアの隙間など、狭い場所にも配線しやすいのでさまざまな環境で使用できます。ただし、通常の丸い形状をしたスタンダードケーブルよりも若干耐久性に劣り、特に強い引っ張りには弱いのがデメリット。特別慎重に取り扱う必要はありませんが、無茶な取り扱いは避けましょう。

巻き取りタイプ

By: rakuten.co.jp

巻き取りタイプは、ケーブルを巻きとれる収納ケースが一体となったモジュラーケーブルです。コンパクトにまとめられるので、カバンに入れてもかさばらず、持ち運びやすいのが魅力。

出張先や旅行先で使用したい方にもおすすめです。また、収納の際、ケーブルを束ねる必要がなく、取り出したらすぐに使い始められるのもメリット。収納ケースにストッパーが付いていれば、ケーブルを好みの長さに調節して使用できます。ケーブルの長さが余って邪魔になることがないので便利です。

ただし、無理に引っ張ったり強い力がかかったりすれば、巻取り部分が劣化してしまう場合があるので注意が必要。あまりメジャーなタイプではないので、製品数が少なく入手しにくいデメリットもあります。

ノイズ対策がされているかチェック

モジュラーケーブルの近くにほかの電気製品などがある場合、その機器から発生するノイズや電磁波の影響を受けてしまう可能性があります。ノイズによる誤作動や破損が心配な方は、ノイズ対策を施したモジュラーケーブルがおすすめです。

ノイズ対策済のモジュラーケーブルは「フェライトコア」と呼ばれるノイズフィルターが搭載されています。ケーブルの途中に搭載された筒状のモノがフェライトコア。モジュラーケーブル以外にも使用されています。

自作するならコネクタなしがおすすめ

By: amazon.co.jp

モジュラーケーブルを自作したい方は、コネクタが付いていないケーブルのみのモノを購入しましょう。ECサイトなどで販売されているので、誰でも自作可能。

特に、構造が似ているLANケーブルの自作経験がある方は同様の手順で製作できるので、自作してみるのもひとつの選択肢です。基本的に100~300m程度のモノが販売されているので、好みの長さにカットしてケーブルを製作できます。

市販のモジュラーケーブルよりも長いモノがほしい方やぴったりの長さのモノが欲しい方にも自作はおすすめです。また、モジュラーケーブルを製作する際にはモジュラーペンチがあると便利なので、事前に揃えておきましょう。

モジュラーケーブルのおすすめモデル

エレコム(ELECOM) モジュラケーブル 10m MJ-10TS

エレコム(ELECOM) モジュラケーブル(ベージュ)10m MJ-10TS

スタンダードタイプのモジュラーケーブルです。複数の長さがラインナップされているので、用途にあった長さを選択できます。通常モジュラーケーブルは、黒や白などの色をした製品が多いなか、本製品はベージュカラーを採用しているのが特徴です。

和室の畳や木目調のフローリング、木製のデスクなどに合わせやすいのが魅力。部屋の雰囲気を壊したくない方やインテリアと統一感をもたせたい方におすすめです。本製品は6極2芯を採用したモジュラーケーブルで電話やFAX、モデムなどに接続して使用できます。

ケーブル部の「2重シールドケーブル」と「ツイストペア構造」により、外部のノイズを受けにくくなっているので、安定したデータの送受信が可能。また、コネクタ部にはサビや信号の劣化に強い「金メッキピン」が採用されています。

ヤザワ(YAZAWA) ラクラク巻き取りモジュラーコード TP31CB

ヤザワ(YAZAWA) ラクラク巻き取りモジュラーコード TP31CB

持ち運びに便利な巻き取りタイプのモジュラーケーブルです。ケースのカラーはクリアブルーで、6極2芯・6極4芯どちらにも対応しています。コードの長さは、最大まで伸ばした状態で2.4m。電話回線の端子の位置を気にせず使用できるだけの十分な長さを有しています。

本体は軽量かつコンパクトなので、カバンやポケットに入れて気軽に持ち運ぶことが可能。ケーブルはリールで簡単に巻きとれて、使用後はすぐにしまえるので便利です。

また、ケーブルがカバンの中で絡まらないのも巻き取りタイプの魅力。価格に関しても通常のモジュラーケーブルとそこまで差がないので、持ち運び用や予備として購入しておくのも選択肢のひとつです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) モジュラーケーブル TEL-N1

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) モジュラーケーブル(黒) TEL-N1

6極4芯仕様なので、ビジネスホンや内線電話での使用に最適です。家庭用電話機やFAXなどの6極2芯に対応した機器への接続も可能なので、幅広い用途で使用できます。

長さは1~30mまでの8種類をラインナップ。豊富な長さのモデルが揃っているので、用途に適したモノを見つけられます。ケーブルの形状はスタンダードタイプで、被膜の厚さが約2.5mmと厚めなので、耐久性が高いのも魅力の製品です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) コア付シールドツイストモジュラーケーブル TEL-FST

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) コア付シールドツイストモジュラーケーブル TEL-FST

6極2芯タイプのモジュラーケーブルなので、家庭用電話やFAX、モデムなどと接続して使用できます。長さは、0.2〜15mまでの8種類をラインナップ。

1m以下のモデルもあるので、短めのモジュラーケーブルを探している方にも適しています。本製品には「高密度フィライトコア」を搭載しているのが特徴。ノイズの軽減が期待でき、より安定した通信が可能です。

また、フィライトコアに加え、ノイズに強いシールド付きのツイストケーブルが採用されているのもポイント。特に、普段からノイズに悩んでいる方や電気製品からの干渉を受けやすい場所に接続したい方におすすめです。

アクロス モジュラーケーブル 6極4芯 AEM67

アクロス モジュラーケーブル 6極4芯 AEM67

アイボリーカラーのモジュラーケーブルです。6極4芯タイプなので、ビジネスホンや多機能電話に加え、6極2芯対応機器での使用も可能。長さは2〜20mのモデルが販売されています。15mや20mの長いモデルは、オフィスや電話回線が遠い位置にある場合などでの接続に便利です。

ケーブルが平らな形状をしたフラットケーブルを採用しているのもポイント。カーペットの下やドアの隙間にもきれいに配線できる利便性の高さが魅力です。また、やわらかく取り回しやすいので、長さが余ってもコンパクトにまとめておけます。

ナカバヤシ(Nakabayashi) スリムモジュラーケーブル/10m TEL-210W

ナカバヤシ(Nakabayashi) スリムモジュラーケーブル/10m TEL-210W

6極4芯タイプのモジュラーケーブルなので、多機能電話やビジネスホンに加え、6極2芯に対応した家庭用電話やFAX、モデムなどでの使用も可能。ビジネスシーンから家庭まで、幅広い用途で活躍します。

厚さ約1mmのフラットケーブルを採用しているので、カーペットの下や家具の隙間などにも違和感なく配線が可能です。長さは約10mと比較的長め。フラットかつ長めの製品なので、電話回線のない隣の部屋までケーブルを這わせて接続でき、邪魔になりにくいのもメリットです。

また、ケーブルの長さが余ってしまっても、やわらかく取り回しやすいフラットケーブルタイプなので、スッキリときれいに束ねておけます。お手ごろな価格の製品なので、予算を抑えたい方やまとめ買いしたい方にもおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) やわらかスリムケーブル TEL-S2

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) やわらかスリムケーブル TEL-S2

サンワサプライから販売されている6極4芯仕様のモジュラーケーブルです。ホームテレホンやビジネスホンでの使用に最適ですが、6極2芯タイプの機器での使用も可能。

ケーブルの長さは1〜20mの7種類がラインナップされています。用途や環境に合わせて最適な長さのモデルが選べるので便利です。ケーブルはやわらかく取り回しやすいフラットタイプ。

厚さ約1.1mの薄さを実現しているのもポイントです。足で踏んでもつまずいたり、違和感を感じたりしにくいので、壁に這わさずにカーペットの下などを経由して配線可能。また、かさばりにくく軽量なので、コンパクトにまとめて収納ができ、携帯性にも優れています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) エコロジー電話ケーブル TEL-EN

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) エコロジー電話ケーブル TEL-EN

ホームテレホンやビジネスホンに対応した6極4芯タイプのモジュラーケーブルです。家庭用電話やFAXなどの6極2芯対応の機器にも使用できます。ケーブルは厚さ約2.5mmのスタンダードタイプ。

比較的やわらかく取り回しやすいので、さまざまな場所にスッキリ配線でき、持ち運びにも便利です。1m以下の短めのモデルも取り扱っているので、近い距離での配線にも適しています。ケーブルの素材には、燃やしても有害なダイオキシンが発生しないポリオレフィン素材を採用。環境に配慮されたエコロジーな製品です。

タローズ(TARO’S) 6極4芯モジュラーケーブル CMJ-F

タローズ(TARO'S) 6極4芯モジュラーケーブル CMJ-F

6極4芯のモジュラーケーブルです。家庭用電話機からビジネスホンまで幅広く対応しています。厚さ約1mm・幅約4mmのスリムなフラットケーブル仕様なので、狭いスペースにもスッキリと配線可能。カーペットの下や家具の隙間などへの配線にもおすすめです。

また、電子・電気機器における特定有害物質の使用制限について、EUの法律で定められている「RoHS」に準拠しているのもポイント。ゴミの少ないエコ簡易パッケージも採用しており、環境に配慮した製品です。

エレコム(ELECOM) ツメ折れ防止モジュラーケーブル MJ-T

エレコム(ELECOM) ツメ折れ防止モジュラーケーブル MJ-T

家庭用電話機からビジネスホンや多機能電話など、幅広い用途で使用できる6極4芯タイプのモジュラーケーブル。カラーはコネクタ部分を含めて白で統一されているので、白い壁や白いデスクなどにも違和感なく合わせられます。ケーブルは0.5~20mまでの全9種類をラインナップ。用途に合った最適な長さのモノを見つけられます。

フラットケーブルを採用しているので、狭い隙間などにも配線しやすく、取り回しやすいのが魅力。また、コンパクトにまとめられるので、収納や持ち運びにも便利です。

コネクタのツメには、やわらかく折れにくい素材を採用。ツメ折れによるケーブルの落下を予防する役割を果たします。また、ケーブルには屈折に強く耐久性に優れた新素材を採用。長期間安心して使用できるおすすめ製品です。

エルパ(ELPA) テレホンコード6極6芯3m TEW-S030

エルパ(ELPA) テレホンコード6極6芯3m TEW-S030

6極6芯タイプのモジュラーケーブル。ターミナルボックスやドアホンなどと電話機の接続が可能です。また、6極4芯や6極2芯に対応した機器との接続にも対応しているので、用途を選ばず使用できます。

ケーブルはスタンダードタイプ。長さは3mあるため、部屋の中であれば場所を気にせず機器を接続できます。幅広い用途で使用できるケーブルです。

ミヨシ 電話機コード 6極6芯 DC-6

ミヨシ 電話機コード 6極6芯 DC-6

6極6芯のモジュラーケーブル。ドアホンやインターネット接続に対応した電話機などで使用できる製品です。もちろん、6極4芯や6極2芯に対応した機器での使用も可能。

ケーブルの長さは1・3・5・10mの4種類がラインナップされており、形状はスタンダードタイプです。環境にやさしい「RoHS」に準拠した製品なので、子供のいる家庭などでの使用にもおすすめ。比較的リーズナブルな価格で購入できるので、予算を抑えたい方に適しています。

タローズ(TARO’S) モジュラーケーブル 6極2芯 CMJ-100WH2

タローズ(TARO'S) モジュラーケーブル 6極2芯 CMJ-100WH2

ケーブルの製造・販売を行っているタローズの自作用モジュラーケーブルです。別途コネクタ部分や工具を用意する必要がありますが、モジュラーケーブルを自作したい方は本製品をチェックしてみてください。

6極2芯タイプのケーブルなので比較的簡単に製作可能。ケーブルの長さは100mで色は白色です。自身で切断して使用するので、好みの長さのモノを作れます。

シード(SEED) モジュラーケーブル 6極4芯 43216-5119

シード(SEED) モジュラーケーブル 6極4芯 43216-5119

6極4芯タイプなので、多機能電話やビジネスホン用のモジュラーケーブルを自作したい方におすすめ。本製品を販売しているシードは兵庫県に本社を置き、インターネット電話設置工事や通信工事材料の販売などを行っています。

長さは100mあるので、自作する際は用途に合わせて切断しましょう。本製品はドアの隙間やマットなどの下に配線する際に便利なフラットケーブルタイプ。モジュラーケーブルが複数必要な方や自作に挑戦してみたい方は、チェックしてみてください。

タローズ(TARO’S) モジュラーケーブル 6極6芯 CMJ-300WH6

タローズ(TARO'S) モジュラーケーブル 6極6芯 CMJ-300WH6

自作したい方におすすめの、コネクタがないタイプのモジュラーケーブルです。市販されているモジュラーケーブルにぴったりの長さのモノがない方におすすめ。

芯の数は幅広い用途で使用できる6極6芯タイプです。長さは300mあるので、たくさんケーブルが必要な方にも適しています。また、環境にやさしい「RoHS」に準拠した製品なので、有害物質を気にせずにケーブルを自作できるモデルです。