スケートボードのウィールとボードをつなげる、金属のパーツを「トラック」といいます。どのトラックを選ぶかによって、スケートボードの乗り心地やトリックのしやすさが変わるため、スケートボードのなかでも重要なパーツのひとつです。

プレースタイルに合わせて選ぶのがポイントですが、初心者ほど、どれを選べばよいのかわかりにくいのが難点。そこで今回は、トラックの選び方やおすすめのモデルをご紹介します。

トラックとは?

By: amazon.co.jp

トラックとは、スケートボードのデッキとウィールを繋ぐための金属パーツを指します。スケートボードの乗り心地やトリックのしやすさに影響する重要なパーツのひとつで、購入する際は自分に合う高さ・幅・重さのモノを選ぶのがポイントです。

また、トラック自体が大きく分けて5つ程度のパーツから成り立っています。それぞれのパーツを微調節することで、自分に合う乗り心地にカスタマイズも可能です。

スケートボードのトラックの選び方

サイズで選ぶ

高さ

By: amazon.co.jp

トラックの高さは、一般的にロー・ミドル・ハイタイプの3つに分けられ、自分のプレースタイルに合うモノを選ぶのがおすすめです。

ロータイプは、安定感があり、スピードを出しやすいのが特徴。デッキと地面との距離が近く、比較的弱い弾きでもオーリーを行えるため、初心者に最適です。

また、ミドルタイプはパークやストリートでトリックを行いたい方に適しています。ロータイプに比べて安定感には劣るものの、地面から距離が離れている分、トリック時の高さを出せるのが魅力です。

ハイタイプもミドルタイプ同様、トリック時の高さを出しやすいのが魅力。さらに、大きめのウィールを装着するのにも適しています。クルーザータイプやロングスケートタイプのように街中でスケーティングしたい方にもおすすめです。

By: amazon.co.jp

トラックは、デッキとの相性を考えて7.0〜7.75インチに合わせて作られているのが一般的。しかし、デッキの幅が一般的なモノよりも短い場合や長い場合は、トラック幅の特性を把握したうえで、最適なモノを選ぶのがおすすめです。

基本的には、トラックにウィールを取り付け、デッキを組み、ボードを横向きに立てても倒れない程度のトラック幅が理想。特に、初心者におすすめなのは、より安定感が得られるトラック幅が広いタイプです。一方で、トラック幅が狭いと、安定感に欠けるものの、小回りが利きやすい傾向にあります。

重さで選ぶ

By: amazon.co.jp

トラックはモノによって重さが異なります。トラックが重いと安定感が増すため、初心者やトリックを覚えたての方におすすめ。軽量のトラックは、トリック時の高さを出しやすかったり、軽い力でデッキを回せたりするのが特徴です。

一方、重いトラックよりも安定感に欠け、踏み込み時にバランス感覚を失いやすいという側面もあります。一般的に、軽いトラックは250〜300g、重いトラックは350〜450gほどが目安です。

曲がりやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

トラックの曲がりやすさを見極めるには、ハンガー部分の可動域をチェックする必要があります。ハンガーの可動域をチェックする際は、ブッシュゴムの硬さを確認しておきましょう。

ブッシュゴムが柔らかいトラックは安定感に欠けるものの曲がりやすいタイプです。一方、ブッシュゴムが硬いトラックは、安定感がある反面、曲がりにくい傾向があります。自分のレベルや、プレースタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

スケートボードのトラックおすすめブランド

サンダー(THUNDER TRUCKS)

By: amazon.co.jp

サンダーは高い技術力から、トラックブランドとして日本国内で高い支持を集めています。サンダーのトラックは、軽量かつ車高が低いのが特徴。ハイタイプのモノでもほかのブランドのロータイプほどの高さなので、安定感を保ちながらも、デッキを回しやすかったり、トリック時に高さを出せたりします。

また、パークからストリートまで、幅広いプレースタイルにも対応しているため、初心者にもおすすめのブランドです。

インディペンデント(INDEPENDENT)

By: amazon.co.jp

海外のレジェンドスケーターをはじめ、数多くのスケーターに愛用されているのが、インディペンデントのトラックです。クセのない乗り心地が特徴。また、軽い力でもデッキを弾きやすいため、トリックが行いやすいのも魅力です。

さらに、耐久性にも優れているため、長く使えるトラックを探している方にもおすすめ。ホイールベースが狭いタイプが多く、小回りがきき、曲がりやすいため、スキルアップを目指す方に最適のブランドです。

ベンチャー(VENTURE)

By: amazon.co.jp

ベンチャーは、サンダー・インディペンデントと並ぶ3大トラックブランドのひとつです。なかでも、ロータイプのトラックにおいては日本国内トップクラスのシェア。コンプリートデッキのパーツとしても多く使われています。

また、ベンチャーのトラックは、ホイールベースが広めに設計されているモノが多いのが特徴。安定性に優れているため、初心者にもおすすめのブランドです。

スケートボードのトラックおすすめ

ベンチャー(VENTURE) ROMAR LP TRUCK No.97

ベンチャー(VENTURE) ROMAR LP TRUCK No.97

人気スケーターであるKEVIN ROMERモデルのスケートボード用トラックです。存在感を引き立てるレコードデザインが施されているため、見た目にこだわりたい方におすすめ。また、ハンガー部分が立っている設計で、安定感があることから初心者にも適しています。

サイズは、デッキ幅7.4~7.8インチに最適な5.0と、デッキ幅7.9~8.2インチに適している5.25の2サイズ展開。安定しやすいロータイプと、高さを出しやすいハイタイプの2種類から選べるので、自分のプレースタイルやレベルに合うモノを選びましょう。

ベンチャー(VENTURE) V TITANIUM HI 5.0

ベンチャー(VENTURE) V TITANIUM HI 5.0

重量298gと軽いのが魅力のスケートボード用トラックです。サイズは5.0で、デッキ幅7.5〜7.875インチに対応しています。空洞キングピンや軽量化ベースプレートを採用しており、シャフト部分にはチタン素材を使用しているのが特徴です。

また、ハイタイプのため、トリック時の高さを出したい中〜上級者に適しています。さらに、デッキと接するベースプレート部分のカラーがゴールドなので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

インディペンデント(INDEPENDENT) STAGE 11 FORGED HOLLOW HI

インディペンデント(INDEPENDENT) STAGE 11 FORGED HOLLOW HI

高さが65cmある、ハイタイプのインディペンデントのスケートボード用トラックです。空洞シャフト、空洞キングピン、軽量化ベースプレートを使用しているため、インディペンデントのモデルのなかでは軽量なのも特徴。トリック時の高さを出したい方に最適です。

また、サイズは、デッキ7.5〜7.875インチに対応している129や、デッキ幅7.875〜8.25インチに対応している139など、数種類から選べます。トラックと合わせるデッキのサイズを確認したうえで購入しましょう。

インディペンデント(INDEPENDENT) MILTON MARTINES 139

インディペンデント(INDEPENDENT) MILTON MARTINES 139

インディペンデントのデザイン性に優れたスケートボード用トラックです。ハンガー中央には、インパクトのあるインディペンデントのロゴがプリントされています。色は、シルバーレッドとシルバーブラックから選べ、ベースプレートが目立つ見た目も魅力です。

サイズは、デッキ幅7.875〜8.25インチに対応している139です。重量は376gとほかのモデルに比べて重たいため、安定感があります。街中をクルージングしたい方や、初心者の方も、ぜひ購入を検討してみてください。

インディペンデント(INDEPENDENT) 109 T-HUNGER

インディペンデント(INDEPENDENT) 109 T-HUNGER

細めのクルーザーデッキに合うスケートボード用トラックを探している方におすすめのモデルです。曲がりやすい設計のため、街乗りに適しています。

また、ベースプレートの穴が6個あるため、古いモデルのデッキに使用できるのも魅力です。なお、高さは、高すぎず低すぎない55mm。重量は315gです。

サンダー(THUNDER TRUCKS) O’Neill Premium HL White/Gold NO139HI

サンダー(THUNDER TRUCKS) O'Neill Premium HL White/Gold NO139HI

軽量かつ耐久性に優れているサンダーのスケートボード用トラック。サイズは、デッキ幅8.12~8.38インチに最適な148です。軽さを出すために、中空キングピン・中空軽量化されたアクセルシャフト・鍛造で作られたアルミニウム製の薄型ベースプレートが使用されています。軽量設計ながら壊れにくいので、長く使用し続けられるのもポイントです。

また、軽量かつハイタイプのため、トリック時に高さを出したい方や、フリップ系のトリックを行いたい方におすすめ。さらに、かっこいい見た目も魅力です。トッププロスケーターである、シェーン・オニールのシグネチャーモデルで、ハンガー部分をホワイトに、ベースプレートをゴールドに塗装されているのもポイント。中央にはブランドロゴがあしらわれています。

サンダー(THUNDER TRUCKS) STINGER GLOW BLK

サンダー(THUNDER TRUCKS) STINGER GLOW BLK

ベースプレートに蓄光塗料を使用しているスケートボード用トラックです。暗闇でも光るグローカラーなのが特徴。珍しいデザインのため、ほかのスケーターが使用するトラックと同じモノを使いたくない方におすすめです。

また、ベースプレートに空いている穴が、ほかのモデルよりも内側に寄っているのも特徴。ノーズからテールまでを長く使えるため、安定感のある乗り心地を得られます。初心者や、街中をクルージングしたい方にも最適です。

なお、サイズは、デッキ幅8.2~8.4インチに適している149、デッキ幅8.4~8.6インチに対応する151など数種類から選べます。

ロイヤル(ROYAL) STANDARD TRUCKS ブラック 5.0

ロイヤル(ROYAL) STANDARD TRUCKS ブラック 5.0

ピポットを倒すことで、ハンガーの可動域を広げているトラックです。トラック幅はデッキサイズ7.5~7.8インチに適している5.0。特に、ターンやカービングのしやすさを重視したい方におすすめです。

また、ホイールベースが広めに設計されているため、安定感があるのも特徴。トリックを磨くよりも、街中をクルージングするのに最適なモデルです。初心者でも安心した乗り心地を得られます。

さらに、マットな風合いも魅力。シンプルなデザインながらも、デッキに装着することで、おしゃれかつ存在感を発揮します。

シーブ(Theeve) スケートボード トラック6.5

シーブ(Theeve) スケートボード トラック6.5

長く使えるモノを探している方におすすめの、スケートボード用トラックです。トラックの幅は、デッキ幅8.75~9.25インチに対応する6.5。重量は367gです。アクスルバー・ハンガー・ベースプレートにチタンが含まれているため、軽いうえに優れた耐久性を実現しています。

また、ブッシュの反発が強いのも特徴。ハイタイプながらも、安定感のある乗り心地を得られるため、初心者でも扱いやすいモデルです。

シーブ(Theeve) TRUCK 5.25 CSX Pro Jordan B-Ball Stereo Colab

シーブ(Theeve) TRUCK 5.25 CSX Pro Jordan B-Ball Stereo Colab

バスケットボールのユニフォームをモチーフにしたデザインが特徴の、スケートボード用トラックです。ユニークな見た目のモデルを探している方におすすめ。ハンガー部分が赤く塗装されているため、組み立てた際に目を引きます。

また、各パーツにチタンを使用しているのも魅力。軽いうえに耐久性に優れているため、長く使えるトラックを探している方にも最適です。さらに、ブッシュの定番ブランドである、BONESのハードコアブッシュを使用しているのもポイント。安定感のある乗り心地も魅力のひとつです。

なお、本製品はトラックの幅が5.25のため、幅7.875~8.25インチのデッキと組み合わせることをおすすめします。

REVEL ROYAL スケボー トラック

REVEL ROYAL スケボー トラック

価格が安いスケートボード用トラックです。有名ブランドのトラックを供給する工場で製造されているため、低コストながら高品質なのが特徴。トラック幅は、4.5・5.0・5.25・6.0インチから選べるので、クルーザータイプからキッズ用のスケートボードまで、幅広く使用できます。

また、高さはミッドタイプで、比較的軽量なため、トリック時に高さを出せるのもポイント。さらに、プリントが施されていないシンプルなデザインなので、さまざまなデッキに合わせやすいのも魅力のひとつです。