スケートボードに欠かせないのがデッキです。足を乗せる板の部分のことをいい、使用用途に合わせて最適な形状のモノを選ぶのがポイント。また、スケートボードのパーツのなかでも最も個性を主張できるため、自分が好きなデザインを選ぶのも重要です。

一方で、デッキはさまざまなブランドから発売されており、初心者ほどどれを選べばよいのか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、スケートボードのデッキの種類から選び方までをご紹介します。

デッキとは?

By: amazon.co.jp

スケートボードのデッキとは、スケートボードに乗ったときに足を置く板のこと。トリックを楽しむストリートタイプや、持ち運びしやすく街乗り用に使われるクルーザーなどの種類があります。

また、デッキはスケートボードのなかでも最も個性が表れるパーツでもあるため、裏面のデザインを重視して選ぶ方が多いのも特徴。おしゃれなモノをインテリアとして購入する方もいます。

デッキの種類

ストリート

By: rakuten.co.jp

スケートボードの定番で、最も普及しているのがストリートタイプです。トリックが行いやすいように作られており、板の両端が反っているのが特徴。反りが強いほどトリックを決めやすい傾向があります。ストリートでもパークでも使えるため、場所を問わず楽しめるのも魅力です。

また、裏面のデザインの種類が豊富なのもポイント。乗りやすさや技の決めやすさはもちろん、自分好みのデザインを選ぶ楽しさも味わえます。

クルーザー

By: amazon.co.jp

移動手段として使われることが多いのが、クルーザータイプです。ホイールが柔らかく、どんな路面でもスムーズに滑れるため、スピードを出しやすいのが特徴。街のなかを気持ちよく移動できるタイプとして人気があります。

また、トリックに適しているストリートタイプと比較すると、軽量でサイズが小さく、携帯性に優れているのも魅力です。最近では、カラフルでかわいい見た目のミニクルーザーが女性からの人気を集めています。

デッキの選び方

サイズをチェック

自分の身長に合わせた長さを選ぼう

By: amazon.co.jp

スケートボードは、進行方向に対して横向きに、前足と後ろ足を広げて乗ります。思わぬ転倒や怪我を防ぐためにも、デッキの上で窮屈にならず、バランスを取りやすいサイズを選ぶのが重要です。身長に合うデッキを見つけられれば、その分上達も早くなります。

なお、身長が160cm以下の方は29.1インチ以下、170cm以下であれば30.7インチ以下、180cm以下であれば32.2インチ以下、180cm以上であれば32.2インチ以上を目安に選んでみてください。

やりたいトリックに合った太さを選ぼう

デッキは、行いたいトリックに合う太さのモノを選びましょう。一般的に太い広いデッキほど重たく、安定感があるため、オーリーをはじめとしたトリックの際にデッキをキャッチしやすい傾向があります。

一方、細いデッキは安定感に欠けるものの、デッキを回しやすくなる傾向があるので回転系のトリックを練習したい方に最適。なお、デッキの太さはインチで表記され、日本では7.5・7.75・8インチのデッキが主流です。

デッキの形状をチェック

コンケーブ

By: amazon.co.jp

コンケーブとはデッキの幅の反りのことです。コンケーブが弱いデッキは安定感があるのが特徴。一方、コンケーブが強いデッキは、安定性は落ちるものの、板を回しやすいため、回転系のトリックを行いたい方に最適です。

初心者は思わぬ怪我を防ぐので、まずはコンケーブが弱いデッキを選ぶのがおすすめ。慣れてきたら、徐々にコンケーブが強いデッキを購入し、トリックに磨きをかけましょう。

キック

By: rakuten.co.jp

キックとは、デッキの前方と後方にある反り返しのことです。キックが強いほど、トリック時の高さを出せますが、安定性に欠けるのがデメリット。キックが弱いデッキは、安定性・操作性が高まるため、初心者におすすめです。また、テール部分が地面に当たりやすいので、オーリーの練習をはじめたばかりの方にも適しています。

デザインで選ぶのもおすすめ

By: rakuten.co.jp

数多くのデザインのなかから自分好みのモノを見つけられるのも、デッキ選びの醍醐味。最近では、ブランドロゴや写真がプリントされたモノ、有名アーティストとコラボしたモノなど、各ブランドからさまざまな種類のデッキがラインナップされています。

また、デッキのデザインは、個性をアピールできる要素なのもポイント。ファッションとの組み合わせを考えてデザインを選んでみるのもおすすめです。

デッキテープも忘れずに購入しよう

By: rakuten.co.jp

スケートボードのデッキの表面には、デッキテープと呼ばれるザラザラとしたヤスリ状のテープが貼られているのが一般的です。単品でデッキを購入する場合は、デッキテープが付属しているか否かを確認しておき、付属していない場合はデッキと一緒にデッキテープも購入しましょう。

なお、デッキテープを貼る際は、まず台紙を半分くらいまで剥がして徐々に貼っていくのがおすすめです。いきなり台紙を全て剥がしてしまうと、気泡が入ったり、ズレた時に修正できなかったりするため注意しておきましょう。

スケートボードのデッキのおすすめブランド

ガール(GIRL)

By: rakuten.co.jp

ガールは、1993年にマイク・キャロルとリック・ハワードという2人のスケーターが設立したデッキブランドです。世界中にファンを持っており、初心者から上級者まで、幅広いユーザーに支持を得ています。

有名スケーターやアーティストとのコラボデッキが多いため、ほかのデッキブランドよりもユニークなデザインが多いのが特徴。見た目にこだわりたい方におすすめです。

チョコレート(chocolate)

By: rakuten.co.jp

チョコレートは、デッキブランドとして有名な「GIRL」の姉妹ブランドとして設立されたブランド。有名なグラフィックアーティストである、EVAN HECOXがアートディレクションを行っており、アート性の強いデザインが特徴です。

また、チョコレートのデッキはキックが弱めでコンケーブが強めなのもポイント。回転系のトリックがしやすいため、技を磨くのにも最適です。デザイン性と機能性のどちらも重視している方は、ぜひ検討してみてください。

リアル・スケートボード(REAL SKATEBOARDS)

By: rakuten.co.jp

リアル・スケートボードはサンフランシスコ発祥のブランドで、1989年にトミー・ゲレロとジム・シーボーによって設立されました。「本物を追求するスケートボードカンパニーを作る」という理念から、「REAL」というブランドネームが付けられています。

初心者から上級者までに支持されるスケートボードデッキを展開しており、ほかのブランドに比べて機能性に優れているのが魅力。特に、耐久性が高いデッキを探している方におすすめです。

スケートボードのデッキのおすすめ

ガール(GIRL) JUNGLE SERIES DECK

ガールのシンボルである女性のアイコンと、ジャングルの動植物をアーティスティックに描いたデザインが特徴的なデッキ。3サイズ展開のため、幅広い身長に対応しています。また、表面・裏面ともに見た目がおしゃれなので、インテリアとして購入するのもおすすめです。

キック・コンケーブは平均的に設計されており、初心者でも乗りやすいのがポイント。ハードウィールと組み合わせてストリートタイプとして利用したり、幅の広いトラック・ソフトウィールと組み合わせてクルーザーとしても使えたりするため、場所を選ばずに使用できるのも魅力です。デザインと機能性の両方にこだわりたい方は検討してみてください。

ガール(GIRL) GIRL x BEASTIE BOYS Sabotage Deck

アメリカの有名HIPHOPグループのBEASTIE BOYSとGIRLのコラボレーション商品として発売されているデッキ。サイズは8.0×31.875インチです。デザインにミュージックビデオ「Sabotage」のシーンを切り取った写真が採用されているのが特徴。おしゃれな見た目からインテリアとしても最適です。

また、素材には北アメリカ原産のカナディアンメープルを採用。硬く肌目が緻密で、耐久性に優れているのも魅力。さらに、弾きがよいため、トリック時に高さを出しやすいのもポイントです。特に、オーリーをはじめとしたトリックを練習したい方はチェックしてみてください。

ガール(GIRL) スケボーデッキ CANDY FLIP DECK

個性的なアイテムを探している方におすすめのデッキです。ガールを象徴する女性アイコンに、動物の顔をあてたファンシーなデザインが特徴。素材にはカナディアンハードロックメイプルを採用しているため、軽いうえに耐久性が高いのも魅力です。

デッキ本体はオーソドックスなシェイプで、コンケーブの強度は平均的に設計されています。オールマイティーに使用できるおすすめアイテムです。

チョコレート(chocolate) FLYER DECK

赤いリップが特徴的な、アーティスティックなデザインのデッキです。スケートボードのパーツとしてはもちろん、インテリアとしてもおすすめ。サイズ展開が幅広く、さまざまな身長に対応するのはもちろん、それぞれのサイズによってデザインが異なるのも魅力です。

また、素材にはカナディアンメープルが使われており、耐久性に優れています。さらに、キックを強めに設定していることも相まって、トリック時にデッキを弾きやすく高さが出るのも特徴です。

リアル・スケートボード(REAL SKATEBOARDS) OVALDUO PRICE POINT DECK

リサイクルウッドを使用することで材料費を抑えており、リーズナブルなデッキ。十分な機能性も確保しているため、初心者から上級者まで幅広く支持を集めています。

デッキ本体は綺麗なシェイプと、平均的に設計されたキック・コンケーブが特徴です。ストリートでトリックを行ったり、街でクルーザーとして使用したりと、オールマイティーに活躍します。サイズも幅広く、自分の身長に合うデッキを探している方もぜひ購入は検討してみてください。

リアル・スケートボード(REAL SKATEBOARDS) HUF HYDRANT R-1 DECK

軽いうえに、耐久性に優れているデッキを探している方におすすめです。サイズは8.25×32.22インチで、2つのX-BANDで硬く強化された薄くて軽い高性能プレス「R1 CONSTRUCTION」を施しているのが特徴。また、肌目が緻密で硬く、衝撃にも強いカナディアンメープルを採用しているのも魅力です。

さらに、ソフトウィールと組み合わせれば街乗り用になり、ハードウィールと組み合わせればストリートタイプとして使えます。キックとコンケーブは共に平均的に設計されているため、初心者にも扱いやすいデッキです。

なお、インチキース・ハフナゲルのブランドHUFとのコラボモデルでもあるので、おしゃれなデッキを探している方もぜひ購入を検討してみてください。

レベルロイヤル(Revel Royal) スケートボード デッキ クルーザー

これからクルーザータイプのスケートボードに挑戦したい方におすすめのデッキ。オーソドックスなシェイプと平均的なコンケーブ設計で、乗りやすいのが特徴です。また、サイズによって使い分けできるのもポイント。

31・36インチの2種類がラインナップされているのもポイント。31インチのデッキは、クイックな動きにも対応できるようにテールキック部分が長く設計されています。

一方、36インチのデッキは、よりクルーズ感覚を得やすいよう、テールキック部分を短くしウィールベースをより長くしているのが特徴。サーフボードのようにノーズを浮かせやすいのもポイントで、別売りのスウィングトラックを装着すればサーフィンの陸トレにも使用できます。

ヘブンスケートボード(HEAVEN SKATE BOARD) オールドスクール 30×10

トリックの決めやすさよりも、滑りやすさを重要視している方におすすめのデッキ。反り返りはテール側にのみ施されているため、安定感があるのが特徴。初心者でも乗りやすいのが魅力です。

また、サイズは30×10インチ。クルーザータイプとして使うのが主流ですが、サーフィンの陸トレ用としても使用できます。さらに、板が無地なので、ステッカーを貼ったり自分で絵を描いたりできるのもポイント。カスタムしやすいデッキを探している方はチェックしてみてください。

エトヲスケートボード(ETOW SKATEBOARDS) ストリートブランクデッキ

ほかのデッキに比べて安いのが特徴のデッキです。大手スケートブランドと同じ製造ラインで生産されているものの、ブランド名やグラフィックにかかるコストを削減することで、低価格・高品質を実現しています。

また、木の風合いを残したナチュラル・ステインブラックの2色展開で、シンプルな見た目なのも特徴。好きなステッカーを貼ったり、グラッフィックをペイントしたりと、カスタマイズしやすいのもポイントです。

さらに、7.2インチのキッズ向けサイズから8.0インチまで、5種類のサイズから選べるのも魅力。なお、素材には軽いうえに、耐久性が高いカナディアンメープルを採用しています。弾きがよいため、オーリーをはじめとしたトリックの練習にもおすすめです。

エレメント(ELEMENT) LOGO BOARDS SERIES FRACTION Featherlight 7.75×31.7

トリックを極めたい方から多くの支持を集めているエレメントのデッキ。キック・コンケーブ共に強めに設計されているため、トリック時に高さを出しやすく回転系のトリックもしやすいのが特徴。サイズは7.75×31.7インチで、身長170cm後半〜180cmの方に最適です。

また、素材には極薄の堅木であるカエデの良質な部分を用いています。軽いうえに耐久性が高いので、長く使えるデッキを探している方もぜひ購入を検討してみてください。

リアル(REAL) キッズデッキ OVAL BURST FADE

サイズが7.3×29.5インチと、キッズ向けに作られたデッキです。素材にはカナディアンメープルを採用しており、軽量かつ耐久性が高いのが魅力。また、リサイクルウッドを採用しているため、低価格で購入できるのも特徴です。

デッキのシェイプが綺麗なラウンドに設計されているのもポイント。さらに、キック・コンケーブ共に平均的な強度なので、ストリートタイプとしてはもちろん、クルーザータイプとして使用できるオールマイティーなデッキです。

オールモスト(ALMOST DECK) デッキ TEAM COLOR LOGO BLACK/WHITE 7.5

オールモストは2003年にロドニー・ミューレンとデーウォン・ソングが立ち上げたデッキブランドです。本製品はコンケーブが強めに設計されているため、細かい動きに対応できるのが魅力。サイズは7.5インチで、フリップ系のトリックを練習したい方に適しています。

また、存在感のある力強いロゴデザインが描かれていながら、シンプルなデザインもポイント。インテリアとしてもおすすめです。

オールモスト(ALMOST DECK) MULLEN UBER SUPREME DECK 8.0インチ

厚みのあるカーボンプレートをデッキ中心部に埋め込んでいるのが特徴のデッキです。従来のしなりや粘りに加えて、カーボンの反発力を活かせるのが魅力。特に、トリックを極めたい方におすすめです。

また、素材にはカナディアンメープルを採用しているため、軽量かつ耐久性が高いのもポイント。さらに、ブラックが使われており、シックでクールなデザインも魅力のひとつです。機能性はもちろん、デザインにもこだわりたい方はチェックしてみてください。

ゼロ(ZERO) BLOOD DECK

ゼロは、1995年に設立されたスケート業界を代表するブランドのひとつ。初心者から上級者まで幅広い層から人気があります。本製品は、コンケーブが緩やかかつ、浅く設計されているのが特徴。安定感がありながらも板を回しやすいため、これからフリップ系のトリックを練習し始める方におすすめのデッキです。

また、素材には耐久性に優れているカナディアンメープルが使われているので、軽いうえに比較的長く使い続けられるのもポイント。さらに、存在感のあるドクロが描かれているデザインも特徴です。

エレメント(ELEMENT) デッキ 【LEGENDS】 BARBEE CLIVER SLVRSF 8.25

アーティストのショーン・クライバーによる、オリジナルグラフィックが描かれたデッキです。エレメントを象徴するライダーであるレイ・バービーのコレクションアイテムとして発売されています。特にエレメントのブランドファンから高い支持を集めていますが、個性的なデザインを好むスケーターにもおすすめです。

また、素材には北米産のハードメイプルが採用されているため、衝撃を吸収しやすく、耐摩耗性に優れているのも魅力。弾きがよいので、トリックを極めたい方に適しています。

エレメント(ELEMENT) キッズデッキ CAPSULE

キッズスケーター向けのエレメントのデッキです。エレメントのデザインのなかでも人気の高いベーシックロゴシリーズのひとつ。シンプルでスタイリッシュな見た目のため、インテリアとして飾っておくのもおすすめです。

なお、素材には衝撃吸収性・耐磨耗性に優れた北米産のハードメイプルが使われているので、長く使い続けられるのもポイント。子供向けに長く使用できるデッキを探している方は、ぜひ購入を検討してみてください。

番外編:デッキテープのおすすめ

JZTEK スケートボードグリップテープシート

耐久性・グリップ力が高いデッキテープです。サイズは縦110×横幅27cm、テープの厚さは1.5mm。防水性があるため水に濡れてもグリップが落ちず、思わぬ転倒を防ぎます。また、粘着力が強いので、破れたり剥がれたりしにくいのもポイントです。

さらに、表面には複数の穴が空いており、気泡が入るのを防ぐため初心者でも貼りやすいのも魅力。なお、カモフラージュ柄が入っているので、デザインにこだわりたい方にもおすすめです。

ジェサップ(JESSUP) 9×33インチ ブラック(黒) デッキテープ

リーズナブルなデッキテープ。サイズは縦83.8×横幅22.9cm。表面の荒さは中目程度で、程よいグリップ感を得られるのが特徴です。

また、表面にはコーティングが施されているため、耐久性が高いのも魅力。安くて耐久性が高いデッキテープを探している方は、ぜひ購入を検討してみてください。

Munzong スケートボードデッキテープ 11×44インチ

さまざまな状況下でも粘着力を失いにくい接着剤を採用したデッキテープ。テープの厚さが最大で1.5mmあるのが特徴。剥がれにくく、耐久性の高いデッキテープを探している方におすすめです。

また、独自のボンディングプロセスを経て製造されているのもポイント。磨耗しにくいだけでなく、防水性まで備えています。さらに、サイズが縦110×横幅27cmあるため、キッズ用から大人用のデッキまで対応しているおすすめのアイテムです。