車上荒らしや自動車盗難、イタズラなどから愛車を守る「車用防犯ブザー」。自宅で保管する車を守るほか、強固なセキュリティーを搭載したモデルは離れた駐車場を利用している場合にも頼もしい存在です。

ただ、センサーの種類や電源確保方法など、使用したことない人にとっては適切に選択するのが難しいことも。そこで今回は、おすすめの車用防犯ブザーをご紹介。センサーの種類など選び方を解説するので参考にしてみてください。

車用防犯ブザーのセンサーの種類

振動センサー

By: amazon.co.jp

車の振動を検知して警報音を鳴らすのが振動センサーです。車体に物をぶつけたり蹴ったりのほか、ガラスを割ったり鍵をこじ開けたりする際の振動も検知します。車内の荷物を狙った車上荒らしやイタズラ、当て逃げなど幅広く対応。車用防犯ブザーに搭載されるセンサーとして最低限必要となる基本のタイプです。

振動センサーとほかのセンサーを状況によって組み合わせることにより、強固なセキュリティー対策が可能になります。

チルトセンサー

By: amazon.co.jp

車体を傾けたときに反応して警報音を鳴らすのがチルトセンサー。無理やりレッカー車でけん引して持ち去る手口から守れるのが特徴です。車のセキュリティーを解除できずにエンジンをかけられない場合や、高級車などを傷つけないように盗みたいと考えるプロの手口に対応します。

また、ジャッキアップしてタイヤやホイールを狙った犯罪の防止にも有効。車の傾きを検知した瞬間、大きな警報音で周囲に知らせます。

フィールドセンサー

By: amazon.co.jp

レーダーや電波の働きで車外の状態を監視するのがフィールドセンサー。車に不審者を近づけたくない高級者オーナーなどにおすすめです。窓ごしに車内を覗き込むと反応して警告するため、人里離れた場所での釣りやアウトドアなど周囲に人が少ない状況でも不審者に威嚇できます。

ただし、近づく人やモノすべてに反応して警報音を鳴らしてしまうため、駐車場などで常時使用する場合には不向き。検知可能範囲もモデルによって異なるため、確認しておくことが重要です。

音感センサー

By: rakuten.co.jp

音を感知して警報音を鳴らすのが音感センサー。振動センサーでは検知できない高等テクニックで車内に侵入するプロの手口から守れます。キーシリンダーをひっかく音や、ガラス窓と車体のわずかなすき間に棒などを挿し込もうとする小さな異音に反応。ドアロックを解除するピッキング対策としても有効です。

振動センサーなどと併用すれば、イタズラ目的や車上荒らしに万全な体制を構築できます。

車用防犯ブザーの選び方

電源のタイプをチェック

電池タイプ

By: amazon.co.jp

手軽に愛車を防犯したい方に向いているのが電池タイプの防犯ブザーです。配線の手間がなく車種を選ばないため、誰でも簡単に取り付け可能。車内に固定する必要もないため、車に加工したり傷をつけたりする心配も不要です。

少ない消費電力で駆動するため、性能面で劣るのがデメリット。自宅車庫でのセキュリティーなど限られた場所での使用におすすめのタイプです。

給電タイプ

By: amazon.co.jp

車のバッテリーから電源を確保するのが給電タイプの防犯ブザーです。電池タイプと異なり、電力切れで作動しなくなるトラブルを防げます。サイレンをエンジンルーム内の見えにくいところに設置できるため、セキュリティーを解錠するプロの手口にも対応可能です。

モデルによっては直接バッテリーと接続するほか、シガーソケットから手軽に電源を取れるタイプもあります。ただし、取り付けの際には車種が限定される場合や、専門的な知識を有する業者でなければ難しい場合もあるため注意が必要です。

ブザーの音量をチェック

By: amazon.co.jp

防犯ブザーは大音量で周囲に犯罪の発生を知らせたり、犯人を威嚇したりするモノであり、音量のチェックは重要です。自宅内にいても聞こえる充分な音量があるかなどをチェックしておきましょう。

ただし、必要以上に大きな警報音では周りの迷惑になるため注意が必要です。モデルによっては音量調節できるタイプや、鳴らす秒数を設定できるタイプもあるのでチェックしてみてください。強風で誤作動が頻発する際に、自動でセキュリティーを一時的に解除するモデルも便利です。

サイズや外からの見えやすさをチェック

By: amazon.co.jp

本体を車内に設置する場合は、ダッシュボード上などちょっとしたスペースに設置できるのかサイズに注意が必要です。また、エンジンルームに設置したい場合は、設置できるすき間があるのかを確認しておきましょう。サイレンをエンジンルームに設置するタイプもやはりスペースのチェックが重要です。

外から見えやすいのかも要チェック。防犯ブザーの設置を犯人に知らせることにより、トラブルを未然に防げます。モデルによって同梱しているステッカーを貼るのも有効。強固なセキュリティー機能で知られる有名ブランドのロゴを見ただけで、犯行を留まるケースもあります。

車用防犯ブザーのおすすめモデル

ユピテル(YUPITERU) Aguilas カーセキュリティー VE-S500R

車のコンピューターと接続するOBD2通信に対応した車用防犯ブザーです。OBDコネクターで接続することによってドアロック・アンロック、ドア開閉、イグニッション情報を取得。純正キーレスリモコンのドアロック・アンロックに連動してセキュリティーをオン・オフできるため、付属のリモコンを持たずにセキュリティーをセットできるモデルを探している方におすすめです。

警戒中は高輝度LEDの発光で防犯ブザーの存在をアピール。異常を検知した際には、音と光で激しく威嚇します。ドアやボディに衝撃を受けた際に警告する振動センサーや、チルトセンサーの搭載でジャッキアップにも対応。

異常発生時にリモコンへ通報する機能のほか、警報音を鳴らさずに光のフラッシングのみで警告するサイレントモードなど、近隣に配慮した使い方ができるのも便利です。

ユピテル(YUPITERU) Aguilas ソーラー充電対応 カーセキュリティー VE-S37RS

付属のシガーソケットプラグで接続してダッシュボードに設置するだけと、誰でも簡単に取り付けできる車用防犯ブザーです。ソーラーパネルを搭載しており、太陽光で充電できるのが特徴。バッテリー切れを気にすることなく、長時間のセキュリティー体制を維持します。

衝撃やドア開閉、傾斜を検知したら90dBの大音量で警告。サイレントモードを搭載しており、周囲への迷惑が気になる場合には、威嚇音や警報音を鳴らさずにLEDのフラッシングのみで警告することも可能です。

自動警戒モードに設定しておけば、エンジンを切ってドアを閉めるだけで自動的に警戒状態になるのも便利。また、異常を検知した際には、リモコンへ通報するなど便利な機能を搭載したおすすめモデルです。

ユピテル(YUPITERU) Aguilas カーセキュリティー VE-S14

シガーソケットプラグから電源をとり、本体をサンバイザーに取り付けて使用する車用防犯ブザー。ダッシュボード上に設置したくない方におすすめのモデルです。わずらわしい配線処理も必要なく、3分ほどで設置可能。フル充電で約1週間の連続警戒が可能で、しばらく車に乗らず駐車場に置きっぱなしでも安心です。

衝撃感度をL・M・Hの3段階で調節できるため、ちょっとした衝撃でも鳴ってしまう不具合を防ぎます。衝撃やドア開閉を検知したら90dBの大音量で警報音を鳴らすほか、スキャニングLEDでも威嚇。フラッシングパターンは10種類から選択でき、効果的に不審者を撃退します。

バイパー(VIPER) カーセキュリティー 3400v

高性能なセキュリティーシステムで人気の「バイパー」の車用防犯ブザー。リーズナブルなエントリーモデルです。本体はバッテリーと直接接続して電源を確保するタイプで、サイレンはボンネット内に設置します。

標準で多彩なセンサーを搭載しているのが特徴。軽い衝撃で警告、強い衝撃でサイレンを鳴らす振動センサーや不正なエンジン始動を検知するイグニッションセンサー、すべてのドアのこじ開けを検出するドアセンサーなどで愛車をしっかりと守ります。

一定時間内に同じセンサーが反応したら1時間停止する「迷惑発報防止機能」が便利。台風の通過時など、強風による振動で頻繁にサイレンが鳴ってしまうような状況で重宝します。

バイパー(VIPER) カーセキュリティー 330v

スマートキーに連動する車用防犯ブザーです。セキュリティー用のリモコンを使用せずにオン・オフできるモデルを探している方におすすめ。リモコンが壊れてしまっても、強制解除機能を搭載しているため安心です。

車のバッテリーから電源をとり、サイレンをボンネット内に設置する本格的なタイプ。サイレンを鳴らす時間は30秒と60秒から選択できます。バイパーのステッカーが付属しているのもポイント。強固なセキュリティーを設置していることを不審者にアピールできます。

VISION ハイグレード・スマートセキュリティー 1460B

さまざまな機能を搭載した車用防犯ブザーです。高精度A-IRセンサーによる高感度な衝撃センサーを搭載。誤作動を大幅に軽減しながら愛車を守ります。警報中にバッテリーを外されても、セット状態を記憶しているため不正解除できません。

ドアオープン検知機能によって、無理やりドアをこじ開けられたら大音量で犯人を撃退するほか、バッテリー断線警報機能も搭載しています。純正リモコンの電池切れの際には、システムを強制的に解除できるため安心。オプションでデジタルチルトセンサーやイモビライザーリレーを装着できるなど、本格的なセキュリティーシステムを導入したい方におすすめのモデルです。

ASE カーセキュリティーシステム as1295

リーズナブルな価格ながら多彩な機能を搭載した車用防犯ブザー。車のバッテリーと接続して配線を施す必要のあるモデルです。感度を調節できる高性能衝撃センサーを搭載。異常を検知すると、大音量の警報音で不審者を撃退します。

キーレスエントリー連動のアンサーバック機能を搭載しているのも便利。ロック時にはハザードランプと音がそれぞれ1回、アンロック時には2回の点滅と音でロック状態を確認できます。専用リモコンが2個付属しており、ひとつを予備にできるため便利です。

加藤電機 ホーネット カーセキュリティー 300V

純正キーレスリモコンに連動する車用防犯ブザー。純正キーレスリモコンでのロック・アンロック時にハザードランプが点滅する車種に対応しています。車のバッテリーから電源をとる本格タイプ。「イグニッションONセンサー」により、不審なエンジン始動を検知します。

ドアのこじ開けを検知するドアトリガーや衝撃を感知するダブルガードセンサーを搭載。異常を検知したら128dBもの大音量サイレンで警告します。車とキーのIDを照合し、IDが異なる場合にはエンジンを起動させない「イモビライザー機能」を搭載。セキュリティー性能に優れた本格的なモデルで愛車を守りたい方におすすめです。

加藤電機 カーセキュリティー ポータブルモデル BEE300

ハンドルロックと防犯ブザーがセットになったモデルです。超音波センサーと衝撃センサーを本体に内蔵しており、ドアの開閉や窓割り、侵入時に警報音で威嚇。万が一エンジンを始動させても、トリプルロック方式のハンドルロックで固定されているため車を動かすことはできません。

キー部は9つの独立キーディスク構造により、ピッキングも不可能。リレーアタックなど、不正にエンジンをかけて持ち去ってしまう手口を防ぎたい方におすすめのモデルです。ハンドル固定部からフロントガラスまでの距離が約480mm以上必要なため、購入する際は確認しておきましょう。

MIRACLE 防犯 アラーム MC-DBSE-0106

本体サイズ約70×70×9mmのコンパクトな防犯ブザーです。振動センサーを搭載しており、ドア部に設置するのに適したタイプ。振動を感知すれば100dBの大音量で警報音を鳴らします。自動オフ機能を搭載し、警報作動後約30秒で自動的にオフになるため、鳴りっぱなしの心配はありません。

裏面の両面テープで貼り付けるだけと設置も簡単。リーズナブルかつ手軽にセキュリティーを導入したい方におすすめのモデルです。

カーメイト(CARMATE) カーセキュリティー SQ900

さまざまなカー用品の製造・販売をおこなっている日本企業「カーメイト」の車用防犯ブザー。純正キーレスリモコンでオン・オフ・するモデルです。衝撃センサー・チルトセンサー・ドア開放センサー・イグニッションONセンサーを搭載。車上荒らしやイタズラ、持ち去りなどさまざまな手口から愛車を守ります。

車のコンピューターと接続するOBD2コネクターで接続するタイプで、コンパクトな本体をダッシュボード上に設置。車側のコネクターと接続したら純正キーレスリモコンで設定するだけと、簡単に設置できます。手軽に取り付けられて多彩なセンサーで愛車を守れるモデルを探している方におすすめです。

カーメイト(CARMATE) 車用 カーセキュリティー SQ80

配線不要の乾電池式の車用防犯ブザー。乾電池で約6カ月電源を確保できるため、手軽にセキュリティーシステムを構築したい方におすすめのモデルです。ピエゾ衝撃センサーを搭載しており、感度は3段階で調節可能。3ステップアラーム式で最初の衝撃で1秒鳴らし、2回目の衝撃で3秒の警告。3回目以降の衝撃で15秒間、約100dBの大音量で撃退します。

5連LEDナイトシグナルの搭載により、光でも防犯力を発揮。激しい雨で誤作動が連続するような場合には、自動で警報を一時的にキャンセルするため安心です。

LingLang 車用防犯ブザー

特殊なアルゴリズムを採用した3次元変位センサーを搭載した防犯ブザー。傾きを検知して113dBの大音量で警報するタイプで、ジャッキアップでタイヤやホイールを盗難する手口対策におすすめのモデルです。

感度は7段階で調節でき、取り付けは両面テープで貼り付けるだけと簡単。IP55の防水性も備えており、車のほかバイクや自転車でも使用可能です。リモコンは単4乾電池3本を使用し、比較的長期間交換なしで使えるタイプ。小型なのでポケットに入れてもかさばりにくいのもおすすめのポイントです。