多くのパソコンゲームが集まるプラットフォーム「Steam」。人気のゲームはもちろん、日本では発売されていないゲームもプレイできます。Steamでダウンロードしたゲームを快適に楽しむには、Steam用コントローラーの利用がおすすめ。

しかし、ひと口にSteam用コントローラーといっても、どのモデルを購入すべきか悩む方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのSteam用のコントローラーをご紹介します。

Steamとは?

By: steampowered.com

アメリカの「Valve Corporation」が運営する「Steam(スチーム)」は、パソコンゲームのダウンロード販売を目的としたプラットフォームです。中間業者を挟まず、ユーザーに直接ゲームを販売しているのがメリット。数多くのゲームを低価格で楽しめるため、世界中で人気を得ています。

Steamのゲームは、キーボードとマウスで操作可能。しかし、PS4やXboxなど、家庭用ゲーム機に慣れている場合には、コントローラーの利用がおすすめです。

Steam用コントローラーの選び方

接続方法をチェック

有線

By: amazon.co.jp

有線接続タイプのコントローラーは、ケーブルをパソコン本体に繋げるだけで簡単に接続が可能。基本設定はパソコン側が自動で行うので、初めてSteam用コントローラーを購入する方にもおすすめです。

無線接続タイプと違って、本体にバッテリーを内蔵する必要がないので、軽量なモデルが多く、手にかかる負担が少ないメリットがあります。また、コントローラーの操作がゲームに反映されるまでの遅延が少ないのもポイントです。

格闘ゲームやアクションゲームのプレイヤーに人気。ケーブルがあるので、パソコンからの距離に制限がありますが、価格が安いのも魅力です。

無線

By: amazon.co.jp

無線接続方式を採用したSteam用コントローラーの多くはBluetoothを利用。パソコン側がBluetoothに対応していない場合は、別途レシーバーを購入する必要があります。有線接続タイプに比べると入力遅延が起こりやすいですが、ケーブルがなく取り回しがしやすいのが利点です。

また、無線接続タイプのコントローラーは、本体にバッテリーを内蔵しているモデルがほとんど。購入前に最大使用可能時間や充電時間をチェックしておくのがおすすめです。

機能をチェック

振動機能

By: opolar.com

振動機能を搭載したコントローラーでは、敵への攻撃や被弾などのアクションや、イベントで爆発や衝突などの演出が起こる度にコントローラーがブルブルと揺れるのが特徴。ゲームプレイ時の臨場感が増すので、RPGやアクションゲームなどさまざまなジャンルのゲームにおすすめです。

また、ゲームによっては敵が接近してくる際に振動機能をアラートして利用する場合があるのもポイント。いち早く敵の接近を察知して瞬時に対処するスキルが要求される、FPSやTPSなどのゲームをプレイする際に重宝します。

LED機能

By: gamesir.hk

LED機能を搭載したコントローラーでは、ゲームのプレイ中にボタンやスティックの周りがLEDライトで点灯・点滅するのが特徴。明るさの強弱を調節できるモデルもありますが、暗い部屋でゲームをプレイする際などに雰囲気を盛り上げられるのが魅力です。

ワイヤレスコントローラーには、内蔵のLEDインディケーターでバッテリー残量のレベルや接続機器とのペアリング状態を表示できるモノも。白熱したプレイ途中にバッテリーが急に切れたり、機器との接続が途切れていたりなどのトラブルを事前に防止してストレスのないゲームプレイが楽しめます。

連射機能

By: amazon.co.jp

連射機能を搭載したコントローラーでは、ボタンを押し続けるだけで特定の動作を連続で繰り出せるのが特徴。ボタンをポチポチと連打しなくてもショットやパンチをセミオートで連射できます。Steamでも多く配信されている画面スクロール型のシューティングゲームなどをプレイする場合などにおすすめです。

連射の速度を切り替えられるモデルも発売されているので、プレイするゲームや好みに合わせて機能のカスタマイズも可能。加えて、連射機能をオフにすればRPGやシミュレーションなど連射機能が不要なゲームでも使用できます。

マクロ機能

By: rakuten.co.jp

マクロ機能を搭載したコントローラーでは、一連のボタン操作やキー操作を特定のボタンに割り当てられるのが特徴。コンボの入力や通常は複雑な操作が必要な超必殺技なども設定しておけばワンタッチで呼び出せるため、格闘ゲームなどでプレイを有利に運べます。

ただし、ゲームバランスに大きく影響するため、Steamでも人気のあるオンライン対戦型の格闘ゲームでは禁じ手になっている場合も多くあるのが難点。使用できるシーンは限られますが、オフラインで対CPU戦を有利に進める分には重宝します。

対応OSをチェック

Steam用コントローラーは、モデルごとに対応OSが異なります。非対応のOSを搭載したパソコンに接続した場合は、誤作動を起こす恐れもあるので注意が必要です。多くのSteam用コントローラーがWindowsに対応していますが、LinuxやSteamOSで使用できるモデルも存在します。

また、家庭用ゲーム機で使用できるモデルであれば、Steamと家庭用ゲーム機で同じコントローラーを使用できて便利です。

入力方式をチェック

DirectInput

「DirectInput」は、従来からパソコンゲームで採用されてきた入力方式です。一般的なゲームパッドだけでなく、ハンドルタイプや操縦桿タイプのコントローラーにも対応。ただし、現在は主流の入力方式ではないので、ゲームによっては、キー割り当てができない恐れがあります。

そのため、購入前に自分がプレイしたいゲームの対応入力方式をチェックしておくのがおすすめです。

XInput

マイクロソフトが新たに開発した入力方式。Xbox 360のために用意され、現在では主流になっている規格です。キー配置だけでなく、振動機能に至るまでXbox 360用コントローラーと同じ形式なので、特別なキー設定を行う必要がありません。

また、「XInput」と「DirectInput」の両方に対応したコントローラーもおすすめ。スイッチ1つで入力方式が切り替えられて、幅広いゲームに対応できるのが魅力です。

重さをチェック

By: amazon.co.jp

快適にゲームプレイを楽しみたい場合にはコントローラー本体の重さも重要です。あまり重すぎると手首にかかる負担が大きくなるので、長時間のプレイをする際などにストレスが溜まります。

最近のコントローラーは振動機能やLED機能などが搭載されている分、昔より重い傾向にあるのが難点。加えて、ワイヤレスタイプのコントローラーでは駆動に使用する乾電池やバッテリーの重量も加算されます。

なるべく軽快にプレイを楽しみたいのであれば、機能がシンプルな有線コントローラーを選ぶのもおすすめ。必要な機能と負担にならない重さを両立したモデルを選びましょう。

価格をチェック

Steamで使えるコントローラーにはさまざまな価格帯のモデルが発売されています。有線タイプよりもワイヤレスタイプの方が、そして振動やLEDなどの付加機能を多く搭載しているモノほど価格は高くなるのが基本です。

また、アーケードのようなゲーム操作ができる特殊コントローラーでは価格が数万円台に跳ね上がることも。一方、必要最小限の機能だけを搭載したシンプルな有線タイプのコントローラーならば2000円を切るモノも発売されています。必要な機能や接続方式に応じて予算に合ったモノを選ぶのがおすすめです。

Steam用コントローラーのおすすめモデル|有線

ロジクール(Logicool) Gゲームパッド F310r

手に馴染みやすいコスパに優れた有線タイプのコントローラー。XInputとDirectInputの両方の入力方式に対応しており、幅広いSteamのゲームを楽しめるのが特徴です。

プロファイラソフトウェアに対応しており、ゲームパッドをサポートしていないゲームでもキーボードとマウス入力を割り当ててプレイ可能。また、独自のフローティングDパッドの採用により、軽い操作で正確かつ高速な入力が可能です。

ゲームパッドをBig Pictureとペアリングすることで、Steamのナビゲート・ウェブ閲覧・ゲームのプレイが可能。快適な操作性と機能性を備えたコントローラーを探している方におすすめです。

エレコム(ELECOM) ゲームパッド JC-U3613M

XInputとDirectInputの両方の入力方式に対応している高コスパなコントローラーです。入力方式はワンタッチで変更可能。入力方式に縛られないので、幅広いSteamのゲームを楽しめるのが特徴です。

さらに、振動機能を搭載しており、ゲームの臨場感を高められるのも魅力のひとつ。XInputモード時は11ボタン、DirectInputモード時は13ボタン、それぞれのボタンに連射機能を割り当てられるので、FPSなど特定のゲームをより快適にプレイできます。

持ちやすいエルゴノミクスデザインを採用しているのもポイント。長時間ゲームを楽しみたい方にもおすすめです。

GameSir 有線コントローラー T4w

LEDバックライトを搭載した、有線タイプのWindows対応コントローラー。5段階の非対称振動モーターにより、爆発や射撃などを鮮やかに感じられる「デュアルバイブレーション」を搭載しているのが特徴です。

人間工学に基づいたデザインを備えており、快適な操作ができるのも魅力のひとつ。なめらかでレスポンスに優れたショルダーボタンが本体の中心に配置されているため、アクションゲームにもおすすめ。デザイン性と操作性を兼ね備えたコントローラーを探している方はチェックしてみてください。

OPOLAR コントローラー GC101

Windows PCのほかにNintendo Switchにも対応したコントローラーです。倒し始めの荷重が軽い低荷重アナログスティックを搭載し、精細な操作がしやすいのが特徴。ボタンは耐久250万回の厳しいテストをクリアしているので、長期的に使えるのも魅力です。

人間工学に基づいた設計により、長時間操作しても疲れにくい約330gの軽さを実現。ケーブル長も約2mと余裕を持った設計なので、テレビやモニターと適度な距離を保ちつつプレイできます。

振動により臨場感を向上させるバイブレーション機能や、シューティングゲームなどで便利な連射機能を搭載しているのもポイント。多機能かつ高耐久なコントローラーを探している方におすすめです。

Nuyoo 有線ゲームパッド Cy1101

高い耐久性を備えたコスパに優れた有線タイプのコントローラー。Windows7・8・10・Vista・XPに加えてXbox 360にも対応しているのが特徴です。

ボタンに優れたABS素材を採用し、高い耐摩耗性と耐久性を備えているのも魅力のひとつ。人間工学に基づいたデザインを採用しているため、長時間でも快適に操作できます。ケーブル長は2.1mと余裕のある長さなので、ディスプレイと距離を保ちつつ適した距離でゲームをプレイできます。

IFYOO 有線USB接続ゲームパッド XONE Pro

複数の便利機能を搭載した、有線コントローラーです。DirectInputとXInputの両方の入力方式に対応。スティックの精度が高く、フォートナイトなどのゲームで活躍します。

Dパッドと左スティックの機能を交換できる「JD-SWITCH機能」や、自動連射できる「TURBO機能」など、快適にゲームをプレイできる機能を搭載。ケーブル長は3.2mと余裕のある設計なので、ディスプレイと距離を保ちつつプレイできるのも魅力です。

EasySMX 有線PS3コントローラー ESM67-0004JP

高い耐久性を備える、コスパに優れた有線コントローラー。XInputとDirectInputの両方の入力方式に対応しているので、Steam内の幅広いゲームで使用できるのが特徴です。

ゲームへの臨場感を高める振動機能や、アクションゲームであると便利な連射機能など、より快適にプレイできる機能を搭載。振動のON・OFFもワンタッチで切り替えられます。

手の膨らみにフィットするように設計されたグリップを採用しているのもポイント。長時間プレイしても疲れにくいリーズナブルなコントローラーを探している方は、検討してみてください。

Steam用コントローラーのおすすめモデル|ワイヤレス

ソニー(SONY) ワイヤレスコントローラー DUALSHOCK 4

PlayStationでのプレイも楽しめるソニーのワイヤレスコントローラーです。PS4とWindows 10搭載のパソコンに対応。通常Steamでは付属のUSBケーブルを使って有線接続で使用しますが、別売のUSBワイヤレスアダプターを使えば無線でのプレイもできます。

PlayStationユーザーは馴染みのあるボタン配置でSteamのゲームをプレイできるのが特徴。ただし、遊ぶゲームによってはボタンの設定を大きく変える必要があるのが難点です。

振動機能とスピーカーを内蔵。ヘッドセットを接続すれば、ゲームサウンドを手元のスピーカーで聴きつつ、ヘッドセットで仲間とのボイスチャットを楽しむなどの使い分けもできます。

マイクロソフト(Microsoft) Xbox One ワイヤレスコントローラー USBケーブル付

Steamユーザーから人気のあるマイクロソフトのワイヤレスコントローラーです。Xbox OneシリーズとWindows 10搭載のパソコンに対応。Windows環境でSteam内のゲームを存分に楽しみたい方におすすめです。

グリップ部分には滑り止めのテクスチャー加工が施されているので、激しいプレイでも安定した操作が可能。また、左右グリップと左右トリガーの合計4ヵ所に振動機能が搭載されています。

電源は単三乾電池2本で、約40時間のプレイに対応。無線接続はBluetoothで行いますが、付属のUSBケーブルで有線での使用もできます。また、ヘッドセットを接続できる3.5mmイヤホンジャックを搭載しているのもポイントです。

マイクロソフト(Microsoft) Xbox ワイヤレス コントローラー

マイクロソフトの新型家庭用ゲーム機「Xbox Series X/Series S」用に開発された純正のワイヤレスコントローラーです。Steamユーザーからもトップクラスの人気があったコントローラーの後継モデルで、操作性と機能がより使いやすく改善されています。

新しく設計したハイブリッド方向パッドと、トリガー・バンパー・グリップに施された滑り止め加工によって、より正確で細かな操作ができるのが特徴。また、新搭載のShareボタンではスクリーンショットの共有がスムーズに行えます。

Xboxシリーズ・Windowsパソコン・Androidスマホなどに対応しており、接続機器間でペアリングの切り替えが素早くできるのもポイント。電源には単三電池を2本使用します。

アストロゲーミング(ASTRO Gaming) TRコントローラー C40

プロの大会で使用されることを想定して作られた高性能なコントローラーです。ワイヤレスと有線の両方の接続方式に対応。PCはもちろん、PS4にも対応しているので、Steam以外のゲームでも活躍します。

アナログスティックとDパッドは手軽に交換できるので、常に高いパフォーマンスを保てるのも魅力のひとつ。人間工学に基づくボタンのレイアウトにより、高いレスポンスと正確性を実現しているのもポイントです。

1回のフル充電で12時間以上使える大容量バッテリーを内蔵。本格的にゲームをプレイしたい方におすすめのコントローラーです。

SHINEZONE PS4 コントローラー

PS4やPCなどSteam以外にも複数のプラットフォームで使用できる、マルチなワイヤレスコントローラー。PS4コントローラー特有の「タッチパッド」に加えて、緻密な振動を実現する「HD振動機能」、体感型ゲームで便利な「ジャイロセンサー」など、快適にゲームをプレイできる機能を複数搭載しているのが特徴です。

グリップ部分にはTPU素材を採用し、肌触りがよく持ちやすいのも魅力のひとつ。バッテリーを内蔵しながら約250gの軽量設計も実現しているので長時間のプレイにもおすすめです。

約3時間の充電で最大約10時間プレイできる500mAhの大容量バッテリーを内蔵しているのもポイント。なお、接続方式はBluetoothなので、PC本体にBluetoothを搭載していない場合はレシーバーを用意しておきましょう。

EasySMX 無線ゲームパッド ESM-9101

USBレシーバーを使って接続するタイプのワイヤレスコントローラー。600mAhのバッテリーも内蔵し、一度の充電で約8時間プレイできるバッテリー持ちのよさも魅力です。

DirectInputおよびXInputの両方の入力方式に対応しているのもポイント。幅広いSteam内のゲームを楽しめます。10個のボタンに対して使える「連射機能」やゲーム内の臨場感を高める「二重振動機能」など、快適にゲームをプレイできる機能を複数搭載。ラバー素材を使用したグリップは持ちやすく、長時間のプレイにもおすすめです。

GameSir T4 pro マルチプラットフォームコントローラー

多彩なプラットフォームで使用できるマルチなワイヤレスコントローラーです。PCはもちろん、Nintendo SwitchやiOS、Androidにも対応。本体には多彩なLEDバックライトを搭載しており、暗い場所で認識しやすいのが魅力です。

直感的な操作ができる「6軸ジャイロセンサー」や、ゲームへの臨場感を高める「Turbo&二重振動機能」「連射機能」など、便利な機能を複数搭載。ボタンはカスタマイズ機能をサポートしているので、Steam内の幅広いゲームをプレイできます。

わずか1.5時間の充電で約15〜18時間連続使用ができる大容量バッテリーを内蔵。USBケーブルを用いた有線接続にも対応しているので、途切れることなく長時間プレイしたい方におすすめです。

LINNSE ワイヤレスコントローラー GC1ZB001

高耐久の素材で作られた多機能なワイヤレスコントローラー。連射機能・タッチボタン・タッチパッド・イヤホンジャック・3D加速度センサー・重力感応・6軸機能・二重振動などさまざまな便利機能を搭載しており、快適にゲームをプレイできます。

Windowsはもちろん、PS4など家庭用ゲーム機に対応しているのも魅力のひとつ。人間工学に基づいた設計で、手にフィットし、長時間でも快適にプレイ可能です。本体の両端には滑り防止シリコンを搭載しているので、手汗でも滑らず操作できます。

PS4でも使える多機能なワイヤレスコントローラーを探している方におすすめです。接続方式はBluetoothを採用しているので、別途レシーバーを準備しておきましょう。

OPOLAR ワイヤレスコントローラー GC201

WindowsやAndroidなどに対応したマルチなコントローラー。USBアダプタを用いた2.4GHzのワイヤレス接続とUSBケーブルを用いた有線接続の2つの接続方式に対応しているのが特徴です。

ゲームへの没入感を高める振動機能とシューティングゲームなどで便利な連射機能を搭載し、より快適にSteam内のゲームをプレイ可能。2.5時間の充電で最大約8時間使用できて、バッテリーが切れても有線で継続してプレイできるので安心です。汎用性と機能性に優れたコントローラーを探している方はチェックしてみてください。

スティールシリーズ(SteelSeries) Nimbus+ワイヤレスゲーミングコントローラー

Apple製品でSteamのゲームを満喫したい方におすすめのワイヤレスコントローラーです。Appleが定めた公式ライセンスである「MFi」を取得しているため、iPhone・iPad・iPodを含むすべてのApple製品で動作が保証されています。

最長50時間の連続プレイが可能な大容量バッテリーを搭載しているのも特徴。バッテリー残量は本体のLEDインディケーターで確認できます。また、充電にはiPhoneなどに付属するLightningケーブルが使用できるのもポイントです。

iPhoneをコントローラー上部に装着できる専用マウントが同梱するのも魅力。「Steam Link」機能を使って、MacにダウンロードしたSteamのゲームタイトルをiPhoneでリモートプレイする際などに重宝します。

Steam用特殊コントローラーのおすすめモデル

PXN リアルアーケードコントローラー PXN-0082

ゲームセンター同様の操作性で格闘ゲームをプレイできるアーケードコントローラー。Windowsはもちろん、PS4・Xbox・Nintendo Switch・Androidなどさまざまなデバイスに対応しているのが特徴です。

ジョイスティックのレバーはスイッチで十字キーと左レバーの操作を切り替え可能。シューティングゲームで便利な「連射機能」に加えて、複雑なコマンドをボタンひとつで呼び出せる「MACRO機能」など、より快適にゲームをプレイできる機能を複数搭載しています。

本体の裏は4つの吸盤が搭載されており、安定感も良好。本格的に格闘ゲームをプレイしたい方におすすめです。

ホリ(HORI) リアルアーケードPro.N HAYABUSA for PS4 PS3 PC

素早いコマンドのレスポンスに加えて高い静音性を実現した、アーケードコントローラーです。スティックは光学式スイッチの搭載により、スイッチ音を低減。ボタンには打鍵音吸収素材を採用しており、衝撃音を低減し夜間のプレイにも最適です。

ボタンのストロークを短縮することで、ボタンの戻りが早くなり素早いコマンド入力が可能。角も丸みを帯びているので、スムーズなスライド入力にも対応できます。格闘ゲームにおいて快適な操作性を求める方におすすめです。

ロジクール(Logicool) ステアリングコントローラー G29

本格的なドライビング体験を実現する高性能なハンドルコントローラーです。スポーツカーの操作感を再現するために、各部が緻密に設計されているのが特徴。リアルなハンドル感覚を実現するので、Steamのレーシングゲームを臨場感たっぷりで楽しめます。

カーブや路面のタイヤ感覚を再現する「デュアルモーターフォースフィードバック」を搭載しているのも魅力のひとつ。反応のよい独立したペダルユニットは、運転時の姿勢を自然に保ちつつ、ブレーキ・アクセル・ギアチェンジを実車同様に操作できます。

ホイールには操作に必要なボタンをすべて配置しているので、ゲームを中断することなく各種設定にアクセス可能。レーシングゲームにおいてリアルを追求したい方におすすめです。

ホリ(HORI) フライトスティック for PlayStation (R) 4

本格的なフライト体験を実現する、SONY公式ライセンスを取得したフライトコントローラーです。PS4でのプレイを想定して作られていますがWindows PCでもプレイ可能。実機で実存するシステム「HOTAS仕様」をもとにした設計のため、実際に機体を操作しているような感覚を楽しめます。

メインスティックには振動機能を搭載しており、臨場感を味わえるのも魅力のひとつ。スロットルは動作荷重を任意で調節できて、スロットル・ラダーの操作モードを3種類から選べるのもポイントです。

本体裏面には吸盤が配置されているため、安定した操作が可能。やや高価な製品なので、本格的にフライトシミュレーションに没頭したい方におすすめです。

エレコム(ELECOM) マクロ機能搭載“DUX”MMO有線ゲームパッド JC-DUX60BK

リーズナブルな価格ながら多彩な機能を備えたWindows用のSteam対応有線コントローラーです。24個すべてのボタンにハードウェア機能を割り当て可能なのが特徴。キーボードのやマウスによる入力にも対応しているので、ゲームパッドのボタン不足を解消できます。

ハードウェアマクロ機能を搭載しているのもポイント。一連の動作がワンタッチで呼び出せるので、格闘ゲームなどを有利にプレイしたい方におすすめです。作成したマクロは内蔵メモリに保存が可能なので、普段とは別のパソコンでプレイする際にもオリジナル設定が利用できます。

連射機能と振動機能も完備。断線しにくい布ケーブルや300万回の耐久試験をクリアするボタンを搭載するなど、優れた耐久性を持つのも魅力です。