収納性の高さを重視して長財布を選ぶ方も多いですが、少々持ち運びに不便なのがネック。ズボンの後ろポケットに入れるとはみ出てしまうため、セキュリティ面でもあまりよくありません。そこで今回は、ポケットにすっぽりと収まる「短い長財布」をご紹介します。収納性と持ち運びやすさが両立したおすすめのアイテムです。

長財布だけどポケットにすっぽり入る

「短い長財布」は1万円札を折らずに収納できるサイズでありながら、長さが180mmなので、ズボンのポケットに入れても出っ張り過ぎないのが特徴。「長財布を使いたいけれど、そのためにカバンを持ち運ぶのは面倒」という方に最適です。

また、短いだけではなく薄いため、ジャケットの内ポケットに入れても膨らみづらくスマートに持ち運べます。

スマートなのに収納性抜群

カードが約4〜6枚入れられる

収納性に優れているのも魅力のひとつ。カードを重ねて収納できるポケットがふたつ用意されており、それぞれ3枚ずつ入れられるため、最大6枚まで持ち運べます。ただし、カードの枚数が増えると財布が膨らんでしまうので、スマートな見た目をキープしたい場合は少なめに収納するのがおすすめです。

小銭入れ付きのモデルも

「短い長財布」は小銭入れ付きのモデルも展開されているので、お札と小銭はひとつの財布にまとめたいという方にもおすすめ。ガバッと大きく開いてマチも広いため、コンパクトながらストレスフリーに小銭を出し入れできます。視認性に優れており、中に入れた小銭が見やすいのも特徴です。

高品質なレザーが贅沢に使われている

希少性の高いDOUGLASレザーを外側に採用

サイズだけではなく、素材にこだわっているのも特徴。外側には、光沢感があるイタリアMONTANA社の「DOUGLASレザー」を採用しています。

手作業で1枚ずつ鞣す(なめす)ことにより、希少性の高い革に仕上げているのがポイント。経年変化が楽しめるほか、耐久性にも優れているため長く使い続けられます。

内側に使われているのは国産ステアレザー

財布の内側は、白で染めた国産ステアレザーが使われています。汚れづらく色落ちしにくい素材が選ばれており、キレイな状態をキープできるのが魅力。また、ミシンを使わず手縫いで仕上げていたり、海外のハイブランドでも使われる麻糸を使用していたりと、随所に職人のこだわりが感じられるアイテムです。

バリエーションは2種類

タイプA

「短い長財布」はタイプAとタイプBの2種類が展開されています。タイプAは小銭入れが付いているため、お札・カード・小銭を一緒に持ち運びたい方におすすめです。

また、札入れが財布の背面にもあり、財布を開かなくてもお札の出し入れができます。もちろん、内側にも札入れとして使えるポケットが用意されているので、好みに合わせて使い分けてみてください。

タイプB

タイプBは小銭入れが付いていないモデルです。お札とカードだけが入れられるシンプルな構造で、マチがタイプAよりも約2mm薄いため、スマートに使えます。レシートやクーポンなどが入れられるポケットが付いているのもポイントです。

現在「短い長財布」は、SAKIDORI Storeでクラウドファンディング中。優待早割として15%OFFの価格で予約購入ができます。