履くだけで女性らしさを演出できる「バレエシューズ」。最近はさまざまなブランドから素敵なデザインのバレエシューズが発売されています。おしゃれなアイテムが多いので、購入時に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、人気の高いバレエシューズやコーディネート例をご紹介。バレエシューズを選ぶ際のポイントやおすすめブランドについても詳しく解説します。お気に入りの1足を見つけて、おしゃれをもっと楽しみましょう。

バレエシューズとは?

By: rakuten.co.jp

バレエシューズはフラットシューズの一種で、ヒールが低く底が平らなデザインであるのが特徴。足の甲に当たる部分が大きく開いている、小さなリボンがついたものが一般的です。映画「麗しのサブリナ」でオードリー・ヘップバーンが履いていたことから、「サブリナ・シューズ」とも呼ばれています。

バレエシューズの魅力は、履くだけでコーデに女性らしさをプラスできる点です。脱ぎ履きがしやすく、かかとが低いため歩きやすいのもうれしいポイント。また、軽くてコンパクトなので、旅先にも気軽に持って行けます。

バレエシューズの選び方

つま先の形で選ぶ

ラウンドトゥタイプ

By: amazon.co.jp

つま先部分のフォルムに丸みをもたせたラウンドトゥは、バレエシューズの定番デザイン。女性らしい柔らかな印象を与えます。

スカートやワンピースが主役のフェミニンコーデにはもちろん、カジュアルなデニムコーデに甘さをプラスしたいときにおすすめです。服装の系統を問わず合わせやすいので、幅広いコーデで使えます。

ポインテッドトゥタイプ

By: rakuten.co.jp

ポインテッドトゥとは、つま先を尖らせたデザインのこと。脚全体を長く、シャープに見せられるので、スタイルアップ効果が期待できます。

洗練されたエレガントな印象を与えるデザインなので、大人のカジュアルコーデやオフィスコーデにも最適です。

スクエアトゥタイプ

By: amazon.co.jp

最近人気が高まっているのが、スクエアトゥタイプのバレエシューズ。つま先が四角いフォルムになっているのが特徴です。

清楚できちんとした印象を与えられるので、カジュアルコーデのほか、ビジネスシーンや冠婚葬祭時にもおすすめ。ラウンドトゥやポインテッドトゥよりも、横幅がゆったりしたデザインが多くラインナップされています。

素材で選ぶ

レザー

By: rakuten.co.jp

レザー素材のバレエシューズは、足なじみがよいのが特徴。吸湿性・排湿性に優れています。

価格は高めですが、合成皮革にはない高級感があり、きちんとお手入れすれば長持ちするのも魅力です。

エナメル

By: amazon.co.jp

光を受けて美しく輝くエナメル素材のバレエシューズは、女性らしさをいっそう引き立てます。エナメルは、本革の表面をエナメル樹脂でコーティングしたもの。もともとは、本革を水や傷から守るために開発された技術です。「パテント」「パテントレザー」とも呼ばれます。

一方、「ビニールエナメル」と呼ばれる、合成皮革の表面にコーティングを施し、エナメルのように美しく仕上げているものもあります。本革を使ったエナメルよりも安価ですが、コーティングが剥がれて劣化しやすいのがデメリットです。

スエード

By: amazon.co.jp

スエードとは、革の内側を起毛させたもの。スエード素材のバレエシューズは、独特の光沢感があり、洗練された印象を与える素材です。かつては秋冬の素材とされていましたが、最近は一流ブランドのコレクションでも春夏向けのスエードアイテムが多く発表されています。ほかの素材と同じように1年中使用可能です。

合成皮革

By: rakuten.co.jp

本物のレザーと違って、合成皮革は汚れや傷に強く、耐水性にも優れています。傷みが目立ちやすい普段履きのバレエシューズには合成皮革のものを選ぶのがおすすめです。

最近の合成皮革は、レザーと見分けがつかないほど精度の高いものもあります。ただし、年月とともに表面が劣化するため、長期間の使用には適していないので注意しましょう。

サイズをチェック

By: rakuten.co.jp

バレエシューズは、つま先とかかとだけで足を支えるシンプルな構造なので、サイズ選びが重要です。小さ過ぎると指が圧迫され、大き過ぎると脱げやすくなりスムーズに歩けません。

また、メーカーやブランドによってサイズ設定は微妙に異なります。サイズ表記や口コミを確認して、自分の足に合うものを選びましょう。

心配なときは「やや大きめ」のサイズを買うのがおすすめ。万が一サイズが合わない場合でも、中敷きを入れたり厚めのソックスを履いたりすれば調節が可能です。

色・デザインで選ぶ

By: rakuten.co.jp

バレエシューズは、各メーカーからさまざまな色のモデルが発売されています。多彩なコーデに合わせやすい「基本の1足」には、黒・ブラウン・ネイビーのバレエシューズがおすすめ。季節を問わずさまざまなシーンで履けるので、1足持っていると便利に使えます。

また、赤やシルバーのように派手めなカラーも、コーデに取り入れやすいのでおすすめです。Tシャツとデニムパンツのようなシンプルなコーデに合わせるだけで、こなれ感を演出できます。

バレエシューズをデザインで選ぶ際は、アッパー部分を飾るリボンも要チェック。リボンの素材・大きさ・位置によって、シューズを履いたときの印象も変わります。また、ヒールのないフラットタイプや、1~2cmのローヒールタイプもあるので、好みに合わせて選んでみてください。

バレエシューズのおすすめブランド

レペット(Repetto)

By: repetto.jp

1947年に生まれたフランス発祥のシューズブランド。クラシックバレエ用シューズの製作技術を活かしたタウンユース向けのシューズは、素材・デザイン・縫製のすべてにおいて高い完成度を備えています。世界中のファンから愛されているブランドです。

プリティ・バレリーナ(Pretty Ballerinas)

By: rakuten.co.jp

スペインで2005年に立ち上げられたバレエシューズブランド。裁断から縫製に至るまでの全工程を、職人たちがていねいに手作業で行っています。プリティ・バレリーナというブランド名の通り、キュートでロマンティックな色・柄・素材のバレエシューズを数多く展開しているのも魅力です。

技術に裏打ちされた履き心地のよさと、遊び心あふれるデザインや大胆なカラーで、世界中のファッショニスタたちを惹きつけています。

ポルセリ(PORSELLI)

By: rakuten.co.jp

1919年に誕生した、イタリア・ミラノのバレエ用品メーカー。職人が1足1足ハンドメイドで作り上げるバレエシューズは、機能性とデザイン性に優れ、世界的なバレエダンサーたちにも愛用されています。

ソールに硬めのレザーを用いているポルセリのバレエシューズは、タウンユースとしても人気。くったりとした履き口で足にやわらかくフィットします。カラーバリエーションも豊富なので、コーデのアクセントとしてもおすすめです。

ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing)

By: amazon.co.jp

人気セレクトショップ「ユナイテッドアローズ」から派生したブランド。ユナイテッドアローズの価値観に基づいた製品を、より手頃な価格帯で提供しています。

オリジナルのバレエシューズは適度なトレンド感があり、大人のカジュアルスタイルに合わせやすいデザインが特徴。素材や履き心地にもこだわって開発されています。

バレエシューズのおすすめアイテム

レペット(Repetto) サンドリヨン パテントレザー V086V

フランス語でシンデレラを意味する「サンドリヨン」の名が付いたバレエシューズ。本革素材にエナメルコーティングが施されており、光沢のある上品なデザインが女性らしさを引き立てます。つま先のカットを浅めにすることで、華奢な雰囲気を演出。また、リボンの紐を結び直せばサイズの微調節も可能です。

シューズは全体的にしなやかで弾力があるうえに、かかとにはクッション材を搭載しているため、履き心地も快適。アッパーの裏地にはキャンパス地を、インソールには柔らかなシープスキン素材を採用しています。

ヒールは、約1cmと安定して歩きやすい高さ。ヒール部分にはラバー素材を使用しているので、滑りにくいのもメリットです。優れたデザイン性と履き心地を兼ね備えた、おすすめのバレエシューズです。

プリティ・バレリーナ(Pretty Ballerinas) マリリン 41661/9000

「マリリン」は、エレガントなフォルムが人気のシリーズ。なかでも、本製品はアッパーに軽やかでフェミニンなシースルー素材を採用したモデルです。また、トゥキャップとかかとにはグリッター・ホログラム素材を用いることで、ラグジュアリーな雰囲気を演出できます。

表素材にはナイロンを、裏素材とインナーソールには柔らかな本革を採用。宝石のような輝きを放つ美しいデザインで、パーティーシーンのお出掛け靴にぴったりの1足です。

プリティ・バレリーナ(Pretty Ballerinas) エラ ガラシア

シャープなポインテッドトゥタイプのバレエシューズです。ヒールの高さは、約2cm。美しいカットワークにより、脚全体を長くキレイに見せる効果が期待できます。

また、アッパーの生地に細かなラメを散りばめているのもポイント。ラメのさり気ない輝きがエレガントな印象を与えつつ、太めのリボンがカジュアルな雰囲気もプラスしています。デイリーからフォーマルまで活躍する、便利な1足です。

ポルセリ(PORSELLI) バレエシューズ DS

くったりとした履き口が特徴の、おしゃれなバレエシューズです。素材には、なめし加工を施した柔らかな牛革「ナッパレザー」を使用。包み込むようなフィット感で、快適な履き心地を楽しめます。

また、リボンは履き口にぐるりと通してあるため、紐を結び直すことでサイズの微調節も可能です。ヒールの高さは0.5cmとフラットで、安定して歩きやすいのもメリット。ベーシックカラーで、幅広いコーデに活躍するおすすめアイテムです。

ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing) CFC ラウンド バレエシューズ

快適に歩けるかわいらしいバレエシューズです。日本人の足の形状に合わせた木型を用いているのが特徴。アッパー部分が、足を柔らかく包み込むようにフィットします。また、インソールはクッション性に優れているのもポイント。ヒールは1.5cmと程よい高さで、安定感も良好です。

さらに、デザイン性の高さも魅力。履き口のパイピングデザインが、キュートな存在感を発揮するバレエシューズです。

ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUT&YOUTH UNITED ARROWS) スクエアステッチバレエシューズ 18316996040

おしゃれなスクエアトゥタイプのバレエシューズです。すっきりとしたフォルムで甘くなり過ぎず、女性らしさを演出可能。カジュアルコーデはもちろん、オフィスコーデにも活躍します。

素材には、本物のように柔らかい合成皮革を採用。また、ソールには足当たりのよいクッションを搭載しているため、履き心地も良好です。コーデに取り入れやすいベーシックカラーをラインナップしているので、手持ちのアイテムと合わせやすい色を選べます。

アミアミ(AmiAmi) ラウンドトゥ バレエシューズ FX2001

幅広いカラーバリエーションが人気のバレエシューズ。スエード・ビニールエナメル・スムース・ヘンプなどのさまざまな素材とカラーラインナップで多様なバリエーションを展開しています。また、リーズナブルな価格帯で気軽に購入できるのもポイント。何足か揃えてカジュアルに履き回したい方へおすすめです。

軽量仕様かつフラットタイプなので、足への負担を抑えることも可能。足裏全体には、もっちりと柔らかな低反発クッションを搭載しています。

なお、本製品はラウンドトゥタイプですが、ほかにもポインテッドトゥタイプやスクエアトゥタイプを展開。気になる方は、あわせてチェックしてみてください。

アミアミ(AmiAmi) バレエシューズ ルリアンプラス FX2018

つま先がしっかりと隠れる、甲深デザインのバレエシューズ。モダンな雰囲気を演出できるほか、中に履いた靴下が見えにくいのもポイントです。

素材には柔らかな合成皮革を採用しており、足へのフィット感も良好。また、インソールはWクッション仕様で屈曲性に優れているので、ストレスフリーな履き心地を楽しめます。ヒールは約1cmとフラットに近い高さで、安定感も良好です。価格もリーズナブルで、気軽に購入できます。

アーチコンタクト(ARCH CONTACT) ストレッチ バレエシューズ IM39085

履き心地にこだわりたい方へおすすめのバレエシューズです。インソールに高機能なクッション素材「マザータッチ」を採用しているのが特徴。低反発クッション・衝撃吸収インソール・高反発クッションを重ねた「衝撃吸収システム」により、足をやさしく包み込みながら歩行時の負担を軽減します。

インソールはアーチ形状なので、足裏へぴったりとフィット。また、インソール表面には吸汗・放湿・抗菌・消臭機能が備わっているため、ムレやニオイが気になる方にもおすすめです。

ヒールは約3cmとやや高めですが、アウトソールに屈曲性をもたせているので安定感も良好。さらに、アッパー素材は撥水性を備えているので、雨の日でも安心して履けます。

Feversole Ballet Flat

リーズナブルな価格帯が魅力のバレエシューズ。カラーバリエーションも幅広く、フェイクスエード・エナメル・グリッターなどの素材ごとに選べます。カジュアルに履き回したい方はもちろん、何色かまとめて購入し、コーデに合わせて使い分けたい方にもおすすめです。

また、フラットなヒールの採用に加え、インソールに「メモリーフォームクッション」を搭載しているため、歩きやすさも良好。アウトソールにはゴム素材を採用しているので、滑りにくいのもメリットです。コスパ重視の方はぜひチェックしてみてください。

クロックス(crocs) リナ フラット ウィメン

アメリカのシューズブランド「クロックス」のバレエシューズです。独自開発した樹脂素材「クロスライト」を採用することで、軽く快適な履き心地と優れた抗菌性・防臭性を実現しています。

ヒールは2.5cmとやや高め。すっきりとしたモダンなシルエットで、デザイン性にも優れています。また、インソールには柔らかなマイクロファイバーを使用しているため、足当たりも良好です。

水陸両用仕様なので、素足で履いて川遊びなどのアウトドアシーンにも活用できます。なお、サイズは基本的に実寸で選べば問題ありませんが、甲高の方や幅広の方はワンサイズ上を選んでおくのがおすすめです。

コールハーン(COLE HAAN) バレエシューズ D133

金具つきのリボンモチーフが大人かわいいバレエシューズです。履き口をシャーリング仕様にすることで、女性らしい柔らかなフォルムを実現しています。また、素材にはしなやかな山羊革を採用しており、履き込むほど足に馴染んでいくのもポイントです。

かかと部分にはくさび型の「マイクロウエッジヒール」を採用しているため、歩きやすさも良好。アウトソールは軽量のラバー製なので、歩行中に滑りにくいのも魅力です。

さらに、ソールには独自のクッショニングシステム「GRAND OS」を搭載。しなやかな屈曲性と高いクッション性を発揮して、足にかかる負担を軽減できます。

リュクス(Luxe) ピッグスキン バレエシューズ

柔らかな豚革のスエード素材を使用したバレエシューズです。インソール表面にも豚革の素上げ革を使用しているほか、裏地は1.5mmのウレタンにトリコット素材を貼り合わせており、ふわふわの肌触りを楽しめます。

また、高機能なクッション素材「マザータッチ」を搭載しているのもポイント。歩行中の衝撃を吸収し、優れた履き心地を実現しています。さらに、履き口は浅めのカットで仕上げているため、華奢でフェミニンな足元を演出可能です。

天然素材なので水には弱いものの、高級感のあるスエード素材モデルを探している方におすすめです。

オリエンタルトラフィック(ORiental TRaffic) ラウンドトゥバレエシューズ

幅広いサイズ展開が魅力のバレエシューズです。21.5~26.5cmまで0.5cm刻みでサイズを展開しているため、自分にぴったりのサイズがなかなか見つからない方におすすめ。また、カラーラインナップも全17色と豊富で、スエード・エナメル合皮・メタリック合皮など多彩な素材が使われています。

ヒールは1.5cmと程よい高さなので、歩きやすさも良好です。さらに、インソール全体に厚手のクッションを搭載しているため、疲れにくいのも魅力。ラウンドトゥタイプで、さまざまなコーデと組み合わせやすい人気アイテムです。

オデット エ オディール(Odette e Odile) スクエアバレエ FLT10

スタイリッシュなスクエアトゥタイプのバレエシューズ。落ち着いた大人の雰囲気を演出でき、カジュアルからオフィススタイルまで幅広く活躍します。

ヒールの高さは約1cmと低めで、歩きやすいのもポイントです。カラーは、ベーシックなブラックやモカから、アクセントに役立つスパンコールタイプまで計5色を展開しています。

バレエシューズのおすすめコーデ

抜け感がかわいいエレガントスタイル

By: rakuten.co.jp

白ニットにマーメイド風スカートを合わせた上品コーデ。ニットはゆるめのシルエットを選び、足元にカジュアルなスクエアトゥタイプのバレエシューズを組み合わせることで、程よく力の抜けた大人のこなれスタイルに仕上がります。

スカートは明るめの色をチョイスして、爽やかさもプラス。また、落ち着いたブラウンのバッグがコーデ全体を引き締めています。

トラッドなアイテムを合わせて大人カジュアルに

By: rakuten.co.jp

トラッドな雰囲気がかわいい、カジュアルコーデ。クラシカルなケーブル編みのチルデンニットワンピースにデニムをレイヤードし、スクエアトゥタイプのバレエシューズを組み合わせています。

バレエシューズはワンピースと同系色でまとめながらも、レオパード柄を選ぶことで華やかなアクセントをプラス。柔らかなニットとぺたんこの足元で気負わずおしゃれを楽しめる、大人の休日スタイルです。

レディな魅力溢れるデニムコーデ

By: rakuten.co.jp

ややタイトなサマーニットとデニムで、女性らしいボディラインを際立たせたシンプルスタイルです。足元にはピンクのバレエシューズをコーディネートすることで、かわいらしさをプラスしています。

デニムは足首が程よく覗くアンクル丈をチョイスすれば、細見せも実現可能。華奢なアクセサリーをさり気なく着けると、よりエレガントに仕上がります。

差し色が効いた、おしゃれ度高めの通勤コーデ

By: rakuten.co.jp

リボンなしタイプのバレエシューズは、通勤コーデにも大活躍。グレーのVネックニットと白パンツのベーシックなスタイルも、アクセントカラーのバレエシューズを合わせることで格段におしゃれ見えします。全身の配色バランスにこだわれば、足元だけ悪目立ちすることもありません。

全身をシンプルなデザインのアイテムでまとめているため、バッグには存在感のあるモノを選ぶのがおすすめ。差し色で定番コーデが垢抜ける、おすすめスタイルです。