履くだけで女性らしさを演出してくれるバレエシューズ。最近はいろいろなブランドから素敵なデザインのバレエシューズが発売されています。どれもおしゃれなので、購入時には迷ってしまいがちです。

そこで今回は、人気の高いバレエシューズやコーディネート例をご紹介。バレエシューズを選ぶ際のポイントやおすすめブランドについても詳しく解説します。お気に入りの1足を見つけて、おしゃれをもっと楽しみましょう。

バレエシューズとは?

By: amazon.co.jp

バレエシューズはフラットシューズの一種で、ヒールが低く底が平らなデザインであるのが特徴。足の甲に当たる部分が大きく開いている、小さなリボンがついたものが一般的です。映画「麗しのサブリナ」でオードリー・ヘップバーンが履いていたことから、「サブリナ・シューズ」と呼ばれています。

バレエシューズの魅力は履くだけでコーデに女性らしさをプラスできることです。脱ぎ履きがしやすく、かかとが低いため歩きやすいのもうれしいポイント。また、軽くてコンパクトなので、旅先にも気軽に持って行けます。

バレエシューズの選び方

つま先の形で選ぶ

ラウンドトゥタイプ

By: amazon.co.jp

つま先部分のフォルムに丸みをもたせたラウンドトゥは、バレエシューズの定番デザイン。女性らしい柔らかな印象を与えます。

スカートやワンピースが主役のフェミニンコーデにはもちろん、カジュアルなデニムコーデに甘さをプラスしたいときにおすすめです。服装の系統を問わず合わせやすいので、幅広いコーデで使えます。

ポインテッドトゥタイプ

By: amazon.co.jp

ポインテッドトゥとは、つま先を尖らせたデザインのこと。脚全体を長く、シャープに見せることができるので、スタイルアップ効果が期待できます。

洗練されたエレガントな印象を与えるデザインなので、大人のカジュアルコーデやオフィスコーデにも最適です。

スクエアトゥタイプ

By: amazon.co.jp

最近人気が高まっているのが、スクエアトゥタイプのバレエシューズ。つま先が四角いフォルムになっているのが特徴です。

清楚できちんとした印象を与えるので、カジュアルコーデのほか、ビジネスシーンや冠婚葬祭時にもおすすめ。ラウンドトゥやポインテッドトゥよりも、横幅がゆったりしたデザインが多くあります。

素材で選ぶ

レザー

By: rakuten.co.jp

レザー素材のバレエシューズは、足なじみがよいのが特徴。吸湿性・排湿性に優れています。

価格は高めですが、合成皮革にはない高級感があり、きちんとお手入れすれば長持ちするのも魅力です。

エナメル

By: amazon.co.jp

光を受けて美しく輝くエナメル素材のバレエシューズは、女性らしさをいっそう引き立ててくれます。エナメルは、本革の表面をエナメル樹脂でコーティングしたもの。もともとは、本革を水や傷から守るために開発された技術です。「パテント」「パテントレザー」とも呼ばれます。

一方、「ビニールエナメル」と呼ばれる、合成皮革の表面にコーティングを施し、エナメルのように美しく仕上げているものもあります。本革を使ったエナメルよりも安価ですが、コーティングが剥がれて劣化しやすいのがデメリットです。

スエード

By: amazon.co.jp

スエードとは、革の内側を起毛させたもの。スエード素材のバレエシューズは、独特の光沢感があり、洗練された印象を与える素材です。かつては秋冬の素材とされていましたが、最近は一流ブランドのコレクションでも春夏向けのスエードアイテムが多く発表されています。ほかの素材と同じように1年中使用可能です。

合成皮革

By: amazon.co.jp

本物のレザーと違って、合成皮革は汚れや傷に強く、耐水性にも優れています。傷みが目立ちやすい普段履きのバレエシューズには合成皮革のものを選ぶのがおすすめです。

最近の合成皮革は、レザーと見分けがつかないほど精度の高いものもあります。ただし、年月とともに表面が劣化するため、長期間の使用には向いていないので注意しましょう。

サイズをチェック

By: rakuten.co.jp

バレエシューズは、つま先とかかとだけで足を支えるシンプルな構造なので、サイズ選びが重要です。小さ過ぎると指が圧迫され、大き過ぎると脱げやすくなりスムーズに歩けません。

メーカーやブランドによってサイズ設定は微妙に異なります。サイズ表記や口コミを確認して、自分の足に合うものを選びましょう。

心配なときは「やや大きめ」のサイズを買うのがおすすめ。万が一サイズが合わない場合でも、中敷きを入れたり厚めのソックスを履いたりして調整できます。

色・デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

各メーカーからさまざまな色のバレエシューズが発売されています。どんなコーデにも合わせやすい「基本の1足」には、黒・ブラウン・ネイビーのバレエシューズがおすすめです。季節を問わずいろいろなシーンで履けるので、1足持っていると便利に使えます。

また、赤やシルバーのように派手めなカラーも、コーデに取り入れやすいのでおすすめです。Tシャツとデニムパンツのようなシンプルなコーデに合わせるだけで、こなれ感を演出できます。

バレエシューズをデザインで選ぶ際は、アッパー部分を飾るリボンも要チェック。リボンの素材・大きさ・位置によって、シューズを履いた時の印象も変わります。また、ヒールのないフラットタイプや、1~2cmのローヒールタイプもあるので、好みに合わせて選んでください。

バレエシューズのおすすめブランド

レペット(Repetto)

By: rakuten.co.jp

1947年に生まれたフランス発祥のシューズブランド。クラシックバレエ用シューズの製作技術を活かしたタウンユース向けのシューズは、素材・デザイン・縫製のすべてにおいて高い完成度を誇ります。

プリティ・バレリーナ(Pretty Ballerinas)

By: rakuten.co.jp

スペインで2005年に立ち上げられたバレエシューズブランド。裁断から縫製に至るまでの全工程を、職人たちがていねいに手作業で行っています。プリティ・バレリーナというブランド名の通り、キュートでロマンティックな色・柄・素材のバレエシューズを数多く展開しているのも魅力です。

技術に裏打ちされた履き心地のよさと、遊び心あふれるデザイン。そして大胆なカラーで、世界中のファッショニスタたちを惹きつけています。

ポルセリ(PORSELLI)

By: rakuten.co.jp

1919年に誕生した、イタリア・ミラノのバレエ用品メーカー。職人が1足1足ハンドメイドで作り上げるバレエシューズは、機能性とデザイン性に優れ、世界的なバレエダンサーたちにも愛用されています。

ソールに硬めのレザーを用いているポルセリのバレエシューズはタウンユースとしても人気。くったりとした履き口で足にやわらかくフィットします。カラーバリエーションも豊富なので、コーデのアクセントとしてもおすすめです。

ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing)

By: amazon.co.jp

人気セレクトショップ「ユナイテッドアローズ」から派生したブランド。ユナイテッドアローズの価値観に基づいた商品を、より手頃な価格帯で提供しています。

オリジナルのバレエシューズは、適度なトレンド感があり、大人のカジュアルスタイルに合わせやすいデザインが特徴。素材や履き心地にもこだわって開発されています。

バレエシューズのおすすめアイテム

レペット (REPETTO) バレエシューズ V086VE

レペット (REPETTO) バレエシューズ V086VE

おしゃれなバレエシューズの王道、レペットのアイテムです。厳選された上質な革を用いて作られたバレエシューズは、マットな質感で上品な雰囲気を演出しています。また、程よく足にフィットする履き心地も魅力です。

本製品は、ヒールの高さが約1.5cmなので歩きやすいのもポイント。カジュアルにもエレガントにも合わせやすい汎用性の高いデザインなので、初めてバレエシューズを購入する方にもおすすめです。

オデット エ オディール(Odette e Odile) バレエFLT15

オデット エ オディール(Odette e Odile) バレエFLT15

「オデット エ オディール」は、人気バレエシューズブランドの1つ。本製品は、足を美しく見せられるスクエアトゥタイプで、足入れのよさが魅力です。

主素材は、合成皮革にエナメルのような加工を施したもの。お手入れがしやすいので普段履きとしてもおすすめです。アッパーからヒールまで同じ素材で仕上げているので、カジュアルになり過ぎず、きちんとしたシーンにも適しています。

また、優れたクッション性を備えたソールなので、長時間歩く際にもおすすめです。雨に強いのでレインシューズとしても使えます。

プリティ・バレリーナ(Pretty Ballerinas) バレエシューズ 44262/9100

プリティ・バレリーナ(Pretty Ballerinas) バレエシューズ 44262/9100

足元をきらびやかに彩ってくれるゴールドのバレエシューズ。大きめのリボンが個性的なポインテッドトゥは、プリティ・バレリーナで人気の高い定番モデルです。

アッパー部分には、上品な輝きを放つサンドグリッター素材を使用。フェミニンさと大人のエレガントさをあわせ持つ、スタイリッシュな1足です。

ローヒールでもきちんと感があるので、パーティーシーンでも使えます。また、カジュアルコーデにあわせれば、女性らしさを演出できるのでおすすめです。

ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing) バレエシューズ 36312991169

ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing) バレエシューズ 36312991169

カジュアルコーデにもフェミニンコーデにも使いやすいオーソドックスなバレエシューズ。木型の設計・資材からこだわって実現したオリジナルモデルです。

アッパー部分はつま先を柔らかく包み込むように足にフィットします。また、クッション性の高いインソールを採用しているので、履き心地がよいのもポイントです。

素材やカラーのバリエーションも豊富。色違いで揃えると毎日のコーディネートがさらに楽しめます。

ポルセリ(PORSELLI) バレエシューズ 01605987

イタリア・ミラノの職人が丁寧に手作業で仕上げた、ポルセリのバレエシューズです。一流のバレリーナたちも愛用しています。

本製品の魅力は、ダンスも踊れるくらいの柔らかで軽い履き心地。甲部分のリボンは飾りではなく、靴ひものように絞って自分の足に合わせて調整できます。ブラックのTシャツとデニムのようなシンプルな装いも、本製品を履くだけで都会的でスタイリッシュな印象になります。

コールハーン(COLE HAAN) バレエシューズ W10102

コールハーン(COLE HAAN) バレエシューズ W10102

デザイン性の高いバレエシューズを探している方におすすめしたいのが、アメリカを代表するブランド、コールハーンの1足。つま先部分がスエードとエナメル素材を使ったバイカラーになっているデザインで、上品な印象を与えます。

エナメル素材で作られた大きめのリボンは、ゴールドの金具がアクセント。派手めなデザインですが、落ち着いたネイビーを主体としているので、ビジネスや学校行事などでのジャケットスタイルにも違和感なくマッチします。デニムと合わせれば、きれいめカジュアルが楽しめるのも魅力です。

屈曲性があり、歩きやすい点も魅力。履き口が足を包むようにフィットするので、長時間履くシチュエーションにもおすすめです。旅先に持って行くのにも重宝します。

プリティ・バレリーナ(Pretty Ballerinas) バレエシューズ 35663/9001/IPNOTIC/GOMA-PB

プリティ・バレリーナ(Pretty Ballerinas) バレエシューズ 35663/9001/IPNOTIC/GOMA-PB

丸みのあるキュートなフォルムが特徴的なバレエシューズは、プリティ・バレリーナの人気定番モデルです。太めのひもで形作った大きなリボン飾りと、鮮やかなレッドのパテント素材が、フェミニンな印象を与えてくれます。

本製品は、裁断から縫製、仕上げに至るまで、熟練の職人が手作業で作り上げているのもポイント。なお、履いているときは見えませんが、ソールにもかわいらしいバレエシューズの絵が描かれています。

ズイェ(ZUYEE) バレエシューズ

ズイェ(ZUYEE) バレエシューズ

かかとのリボン飾りでキュートさをプラスした、スクエアトゥのバレエシューズ。甲部分はVカットデザインになっているので、脚をすっきり美しく見せられます。フェミニン過ぎないデザインなので、多彩なコーデに使える1足です。

生地にはやわらかい人工皮革を採用。心地よくフィットし、履くほどに足になじんでくるため、靴擦れも軽減できます。

また、靴底を二つ折りにできるほど屈曲性が高いのも特徴。スムーズな歩行をサポートします。旅行やショッピングなど歩き回る日にもおすすめです。

クロールバリエ(COULEUR VARIE) バレエシューズ No.544213

クロールバリエ(COULEUR VARIE) バレエシューズ No.544213

足幅が広い方におすすめのバレエシューズです。足が入れやすいスクエアトゥで、靴幅は3Eまで対応しています。

シックなスネークレザー風の素材なので、エレガントな装いはもちろん、大人カジュアルにもおすすめです。足にやさしい履き心地もポイント。インソールには約3mmの高反発クッションを、中心からかかとにかけては約5mmのアーチ型クッションを入れ、足にかかる負担を和らげています。

また、内側の一部をメッシュ素材にすることで、抗菌性・防臭性・吸湿性をアップ。インソールにも部分的に、抗菌・防臭効果が期待できる人工皮革を採用しています。汚れが気になるときは洗濯機で丸洗い可能なウォッシャブルシューズです。

クラークス (Clarks) バレエシューズ

クラークス (Clarks) バレエシューズ

履きやすさを追究し続ける英国の老舗シューズブランド、クラークスのバレエシューズです。丸みのあるフォルムですが、センターシームを入れたデザインなので、足元をすっきりと見せられます。アッパーと同系色のリボンを絞れば、自分の足に合わせてフィット感を調整可能なので、靴ズレを軽減できます。

アッパーは、履くほどにやわらかさが増していく本革製。ワイズ2Eまで対応しています。また、インソールにはやわらかい履き心地が魅力のオーソライトを、アウトソールには滑りにくいラバー素材を採用しているのもポイント。

シンプルな素材・デザインなので、トレンドや季節を問わず履くことが可能。長く愛用できるバレエシューズです。

アミアミ(amiami) バレエシューズ FX2001SS

アミアミ(amiami) バレエシューズ FX2001SS

リーズナブルでかわいらしいバレエシューズです。丸みのあるつま先にアッパー素材と同系色のリボンがさりげなく飾られているため、フェミニンさが抑えられています。キュートなスタイルにも、大人っぽいコーデにも合わせられる1足です。

インソールには低反発素材を採用。クッション性に優れているので、長時間履いて歩く際にも向いています。また、雨の日などに滑りにくいよう、ソールがゴム製になっているのもうれしいポイントです。

アッパー素材は本革風・スエード風・エナメル風などバリエーションが豊富。プチプラなので、色・素材違いで何足か揃えるのもおすすめです。

神戸レタス(KOBE LETTUCE) バレエシューズ I1739

神戸レタス(KOBE LETTUCE) バレエシューズ I1739

普段は履かないビビッドなレッドカラーにチャレンジしたいなら、お手頃価格のバレエシューズがおすすめ。本製品は、幅広い足もすっきり見せられるポインテッドトゥです。

丈の長いワンピースやパンツと合わせやすく、エナメル調なのでカジュアルはもちろんパーティーにも使えます。ヒール高さは約0.7cmとほぼフラットですが、クッション性のあるインソールのおかげで長時間履いても足に負担がかかりにくいのが魅力。安いのにおしゃれで快適な1足です。

バレエシューズのおすすめコーデ

黒のバレエシューズで大人の甘辛コーデ

By: wear.jp

淡いカラーのトップスにプリーツスカートを合わせたガーリーな組み合わせです。フェミニンな靴を履くと甘すぎますが、黒のバレエシューズを合わせることで全体が引き締められるのがポイント。あえてメンズライクなライダースジャケットを羽織ることで、大人っぽい甘辛コーデを演出できます。

ビビッドカラーをコーデのアクセントに

By: wear.jp

「白いトップスにデニム」というシンプルなコーデも、足元に鮮やかなレッドカラーのバレエシューズをもってくるだけで、一気に洗練された雰囲気になります。バッグにつけた赤いスカーフでエレガントさをプラスした、大人のカジュアルコーデです。

ビッグシルエットを引き締める

By: wear.jp

ビッグシルエットのブラウスを着用するときは、コーデ全体のバランスが大事です。ボリューミーなトップスには、スリムなボトムとバレエシューズが好相性。おしゃれに見えるだけでなく、全身をすっきりと見せられます。

バッグなどの小物はシューズと同色をチョイス。コーデ全体が引き締まるので、トップスのデザイン性が際立ちます。

ライターからヒトコト

おしゃれで履きやすいと人気のバレエシューズ。最近は、さまざまな色・素材・デザインのものがあり、歩きやすさにこだわったモデルも多数あります。自分の足にフィットする素敵な1足を選んで、ファッションをもっと楽しみましょう。

記事内容について連絡
  • この記事が気に入ったらいいね!しよう
  • この記事が気に入ったら
    「いいね!」しよう
  • Twitterで最新情報をチェックしよう