PC内部でHDDやSSDといったストレージ、光学ドライブなどと接続するために使われるのが「SATAケーブル」。このケーブルを介してデータのやり取りが行われる重要なパーツです。

SATAケーブルには仕様や性能差による転送速度の違い、素材による取り回しの違いなどがあり、快適なパソコンライフのためには慎重に選びたいところ。長さや形状も違うため、何を選べばよいのか迷いやすいモノです。そこで今回は、SATAケーブルの選び方とおすすめのアイテムを自作派にもわかりやすくご紹介します。

SATAとは?

By: amazon.co.jp

SATAとは「シリアルATA」の略で、コンピューターにHDDやSSDといったストレージや光学ドライブを接続するためのインタフェース規格のことです。以前からあったIDE規格よりも高速な伝送が可能なことから、現在のPCでは主流になっています。

そして、SATA規格でデータを伝送するために使われるのがSATAケーブルです。SATAは複数の線を使うIDEとは異なり、1本の線のみでデータの転送を行う単純な構造を採用し、端子もIDEよりも単純で小型化しているため、SATAケーブルは安価に作れる上に信頼性も高いというメリットがあります。

SATAケーブルの選び方

転送速度をチェック

By: amazon.co.jp

SATAには、最大転送速度の違いによってSATA1.0(Ⅰ)、SATA2.0(II)、SATA3.0(III)の3つの種類があります。通常はSATA3のように表記。現在主に使用されているのはSATA2、SATA3です。SATA1は最大転送速度1.5Gb/s、SATA2は3Gb/s、SATA3は6Gb/sで、SATA3が最も新しく転送速度が速くなります。

SATAケーブルは下位互換性があるため、SATA1やSATA2までしか対応していないPCでもSATA3のケーブルを使用可能。現在はSATA3のケーブルが主流で、価格も規格による違いで高くなるということもないので、特に理由がない限り、SATA3対応がおすすめです。

なお、SATA3の転送速度を生かすにはPCのマザーボードがSATA3に対応している必要があります。これからPCを自作したい方は参考にしてみてください。

ケーブルの長さをチェック

By: amazon.co.jp

PC内の限られたスペースをうまく活用できるように、使用状況に応じた長さのSATAケーブルを選ぶことが大事です。短すぎると接続できなくて不便ですが、長すぎて余ったケーブルが邪魔で接続できなくなるといった失敗はありがちです。

SATAケーブルの主流は50cm長なので、この長さを目安にします。ほかに30cm・70cm、1mの長さが一般的。大型PCケースを使う場合は50cm以上がおすすめです。

長さだけでなく、ケーブルの取り回しのしやすさや、折り曲げやすさも要チェック。主流はきしめんのように平たい「フラットケーブル」です。切断面が円形になっていて、全方向に折り曲げやすい「ラウンドケーブル」もあります。形状だけでなく、素材の硬さによっても取り回しやすさは違うため、よく確認しましょう。

端子部分の形状をチェック

By: amazon.co.jp

PC内部の限られた空間でHDDなどと接続する際に限られた方向と空間の中でも接続できる必要があります。そのため、端子(コネクタ)部分とその後ろ側に伸びるケーブルとの角度によってSATAケーブルは分類されています。

特に接続に制約がない場合は両端の端子からケーブルがまっすぐに伸びている「ストレート型」が取り回しの自由度の高さからおすすめ。そして、SATAケーブルで多いのが「片下L型」です。HDDなどと接続するとケーブルが下側に伸びるように角度がついています。

ほかに「片上L型」「左上型」「右上型」もありますが、少数派です。また、端子部分に「ラッチ」というロック機構を備えたケーブルなら、接続した後に簡単に外れることがないので、確実性を重視する方に向いています。

SATAケーブルのおすすめ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 下L型SATA3ケーブル 0.5m TK-SATA3-05SL

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 下L型SATA3ケーブル 0.5m TK-SATA3-05SL

PC周辺機器の国内大手メーカーによる人気アイテムです。転送速度6GbpsのSATA3対応と高速なため、幅広い接続機器で快適に使えます。しなやかなフラットケーブルを採用し、両端子部に接続したあとしっかりと固定できるラッチ機構が付いているので、取り回しがよく接続部は抜けにくい構造のため使い勝手が良好です。

場所を取らない片下L型構造により、HDDやドライブ周りのスペースが限られている場合も簡単に接続できます。長さのラインナップは30cm・50cm・70cm、1mの4種類。用途や必要に応じて、ぴったりの長さを選べます。

アイネックス(AINEX) ラッチ付 シリアルATAラウンドケーブル SATR-3103

アイネックス(AINEX) ラッチ付 シリアルATAラウンドケーブル SATR-3103

取り回しやすいケーブルが特徴のSATAケーブル。断面が丸いため取り回しやすいラウンドケーブルを採用しています。さらに、ケーブル被膜に柔らかい素材を採用しており、上下左右に曲げて使えるのが特徴。捻じりにも強いのでマザーボードとHDDやSSDの位置関係に関わらず接続しやすいのが魅力です。

両端にラッチも付いているのでケーブルをしっかりと固定できます。接続機器を簡単に見分けられる、識別用タグシールが付属しているのもうれしいポイント。30cmと短いので、接続機器間の距離をしっかり測ってから購入しましょう。

オウルテック(Owltech) SATAケーブル ストレート-下L型 OWL-CBSATA-SLU50

オウルテック(Owltech) SATAケーブル ストレート-下L型 OWL-CBSATA-SLU50

外部からのノイズ入り込み防止に注力したSATAケーブル。被膜の薄めなフラットケーブルながら、ノイズシールドを徹底し、PC内外に飛び交う各種放射ノイズによる信号の減衰や損失での伝送速度の低下を防止。実測値も公開しているため、安心して使用可能です。

また、ケーブル内容は同じで、端子部分が両方ストレート仕様のモノと、片上L型仕様のモノもあります。伝送速度が遅いと感じた場合におすすめしたいケーブルです。

エスエージェー(SAJ) SATA III シリアルATAケーブル 片方L型 50cm

エスエージェー(SAJ) SATA III シリアルATAケーブル 片方L型 50cm

SATA3対応の高速性とノイズ対策を施しつつ、安さも備えたハイコスパなケーブル。外部ノイズが干渉しにくいシールド構造とスムーズな信号の流れを生む0.76μm金メッキ処理端子により、実使用時の高速な転送速度を実現しています。

片下L型の端子部はほかと比較して短いため、端子周りの空間が狭い接続機器でも使いやすいのも魅力です。ケーブルはレッドカラーのフラットタイプ。長さのバリエーションは30cm・50cm、1mから選べるのもおすすめポイントです。

変換名人 SATA3 6Gbps対応 ケーブル I – L ロック付 50cm SATA6-ILCA50

変換名人 SATA3(6Gbps対応)ケーブル I - L ロック付 50cm SATA6-ILCA50

細く硬めのラウンド形状ストレートケーブルを使用したアイテム。片下L型の端子部は両端にロック機構を備えているので、簡単に外れない強固さを備えます。折り曲げに対しては反発力が強い面があるので、あまり角度をつけずにSSDやHDDなどと接続する使用に最適です。

また、70cm・90cmと、あまりほかの製品では見られない長さのバリエーションがある点も特徴です。ちょうどよい長さのケーブルが欲しいという方にもおすすめできます。ただし、プロ向けを謳った製品であることから、初期不良以外、サポートが受けられないことに注意しておきましょう。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) シリアルATA3ケーブル 0.5m TK-SATA3-05

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) シリアルATA3ケーブル 0.5m TK-SATA3-05

両方の端子がストレート型のSATAケーブル。伝送速度はSATA3対応です。しなやかなフラットケーブルを採用し、抜けにくいラッチ機構も付いています。端子部の奥行きを抑えているので、ストレート型にしてはPC内部での接続に制約が起こりにくいのも特徴です。

電子・電気機器における特定有害物質の使用制限についての欧州連合(EU)による指令である「RoHS」に準拠。このために安心して使えるので、小さなお子さんのいる家庭にもおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 上L型シリアルATA3ケーブル 0.5m TK-SATA3-05UL

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 上L型シリアルATA3ケーブル 0.5m TK-SATA3-05UL

「片上L型」のSATAケーブル。この形状のケーブルは製品があまりない上、大手メーカー品も少ないだけに「片上L型」が必要な自作ユーザーには価値があります。

SATA3対応でフラットケーブル、ラッチ付きと同社の「ストレート型」「片下L型」で人気と実績のあるアイテムと同等内容を備えるだけに、品質や信頼性もばっちりです。価格が安い点でもおすすめできます。

Neeyer SATA3ケーブル ストレート 3本セット ly-sata-red3

Neeyer SATA3ケーブル ストレート 3本セット ly-sata-red3

カラーのバリエーションがブルー・レッド・ブラックの3つから選べるSATAケーブルです。内部が見えるクリアタイプのPCケースを使用している場合に、コードの色を見せることでおしゃれを楽しめます。

3本セットで800円程度の安さも魅力。安くてもSATA3対応のため、転送速度の面では問題ありません。形状はフラットケーブルを採用。両端子はラッチ付きなので抜けにくさも備えます。価格や性能だけでなく、カラーにもこだわりたい方におすすめのアイテムです。

UGREEN SATAケーブル L型 3本セット 45cm 20998P3

UGREEN SATAケーブル L型 3本セット 45cm 20998P3

高品質なSATA3対応ケーブル3本セット。片下L型のフラットケーブルタイプで両端子にラッチ付きで、長さは45cmです。また、錫メッキ仕上げの銅芯線を採用し、伝送損失を抑えています。さらに、芯線をアルミ箔テープで巻いてシールドを施し、外部からの悪影響を低減。高い伝送品質が確保できるように配慮されています。

被膜には環境配慮型PVC材料を採用。劣化にくいので長く使えるのも魅力です。各種ケーブルに実績のあるメーカーらしい完成度を備えます。L型端子部の奥行きは15mmと短めなので、小型PCの狭いスペースでの接続にもおすすめです。

Cable Matters ストレート型SATAケーブル 3本セット 104007-18×3

Cable Matters ストレート型SATAケーブル 3本セット 104007-18x3

リーズナブルでハイコスパなSATA3対応ケーブル3本セット。両端ストレート型でラッチ付き、長さは45cmのフラットケーブルです。

高品位な伝送が可能な錫メッキ仕上げの銅芯線を採用。断熱材・シールド・PVC被膜など、外部からの悪影響と経年劣化を抑える構造も採用しています。

ほかのケーブルと見分けやすいように配慮された、ブライトセリーズ色という赤系統のカラーリングもポイント。ほかとは少し違うカラーのケーブルが欲しい方や、似たようなケーブルの多さに悩まされている自作派にもおすすめです。

LANMU SATA 3ケーブル 5本セット 下L型 01996A01

LANMU SATA 3ケーブル 5本セット 下L型 01996A01

5本セットのSATAケーブル。片下L型で複数本がセットになっているのが特徴です。PCを複数台使用していて、片下L型が何本も必要な自作PC用途や、予備を多く持っておきたい場合などに向いています。

高品位な錫メッキ仕上げの銅芯線を採用し、SATA3の高速転送に対応。両端子にラッチも付いていて、接続時の確実性も高めています。

Hodays SATAケーブル 6本セット 高速SATA3

Hodays SATAケーブル 6本セット 高速SATA3

6本セットでリーズナブルな両端子ストレート型のSATAケーブル。1本当たり120円程度とほかと比較しても際立つ価格の安さが魅力です。安いながらもSATA3対応はじめ、ラッチ付きのフラットケーブルと使い勝手は良好。ほかではあまり見かけないケーブル長40cmも特徴です。50cmや30cmでは都合が悪い場合に向いています。

線材やシールドについての情報はないため、伝送時の信号減衰や外部からのノイズによる影響が気になる方は留意してください。