PC内部でHDDやSSDといったストレージ、光学ドライブなどと接続するために使われるのが「SATAケーブル」。このケーブルを介してデータのやり取りが行われる重要なパーツです。

SATAケーブルには仕様や性能差による転送速度の違い、素材による取り回しの違いなどがあり、快適なパソコンライフのためには慎重に選びたいところ。長さや形状も違うため、何を選べばよいのか迷いやすいモノです。そこで今回は、SATAケーブルの選び方とおすすめのアイテムを自作派にもわかりやすくご紹介します。

SATAとは?

By: amazon.co.jp

SATAとは「シリアルATA」の略で、コンピューターにHDDやSSDといったストレージや光学ドライブを接続するためのインタフェース規格のことです。以前からあったIDE規格よりも高速伝送が可能なことから、現在のPCでは主流になっています。

そして、SATA規格でデータを伝送するために使われるのが「SATAケーブル」です。SATAは複数の線を使うIDEとは異なり、1本の線のみでデータの転送を行う単純な構造を採用し、端子もIDEよりもシンプルで小型。そのためSATAケーブルは安価に作れる上に信頼性も高いというメリットがあります。

SATAケーブルの選び方

転送速度をチェック

By: amazon.co.jp

SATAには、最大転送速度の違いによってSATA1.0(I)、SATA2.0(II)、SATA3.0(III)の3つの種類があります。通常はSATA3のように表記。現在主に使用されているのはSATA2、SATA3です。SATA1は最大転送速度1.5Gb/s、SATA2は3Gb/s、SATA3は6Gb/sで、SATA3が最も新しく転送速度が速くなります。

SATAケーブルは下位互換性があるため、SATA1やSATA2までしか対応していないPCでもSATA3のケーブルが使用可能。現在はSATA3のケーブルが主流で、価格も規格による違いで高価になることもないので、特に理由がない限り、SATA3対応のケーブルがおすすめです。

なお、SATA3の転送速度を生かすにはPCのマザーボードがSATA3に対応している必要があります。これからPCを自作したい方は参考にしてみてください。

ケーブルの長さをチェック

By: amazon.co.jp

PC内の限られたスペースをうまく活用できるように、使用状況に応じた長さのSATAケーブルを選ぶことが大事です。短すぎると接続できず不便ですが、長すぎて余ったケーブルが邪魔になるといった失敗はありがちです。

SATAケーブルの主流は50cm長なので、この長さを目安にします。ほかに30cm、70cm、1mの長さが一般的。大型PCケースを使う場合は50cm以上がおすすめです。

長さだけでなく、ケーブルの取り回しやすさや、折り曲げやすさも要チェック。主流はきしめんのように平たい「フラットケーブル」です。切断面が円形になっていて、全方向に折り曲げやすい「ラウンドケーブル」もあります。形状だけでなく、素材の硬さによっても取り回しやすさは違うため、よく確認しましょう。

端子部分の形状をチェック

By: amazon.co.jp

PC内部の限られた空間でHDDなどと接続する際、限られた方向と空間でも接続できる必要があります。そのため、端子(コネクタ)部分とその後ろ側に伸びるケーブルとの角度によってSATAケーブルは分類されています。

特に接続に制約がない場合は両端の端子からケーブルがまっすぐに伸びている「ストレート型」が取り回しの自由度の高さからおすすめ。そして、SATAケーブルで多いのが「片下L型」です。HDDなどと接続するとケーブルが下側に伸びるように角度がついています。

ほかに「片上L型」「左上型」「右上型」もありますが、少数派です。また、端子部分に「ラッチ」というロック機構を備えたケーブルなら、接続した後に簡単に外れることがないので、確実性を重視する方に向いています。

SATAケーブルのおすすめ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 片下L型シリアルATA3ケーブル TK-SATA3-05SL

SATA3.0に対応したSATAケーブルです。長さは0.3・0.5・0.7・1mの4種類をラインナップ。PCケースのサイズに合わせて最適に長さを選択できます。

本製品は片側のコネクタがL型になった片下L型を採用しているので、ケーブルを下側に伸ばして配線可能。HDDやSSDなどのドライブ周りのスペースが狭くても配線しやすいのがメリットです。

ケーブルは薄く平らなフラットタイプで、コネクタ部分にはより安定した接続性を実現する金属性のラッチを搭載。使い勝手がよく、安心して使用できる製品を探している方におすすめです。

Cable Matters SATA3ケーブル 104007-18×3

両側のコネクタはストレート型で、SATA3.0に対応したケーブル。接続した際、しっかりと固定できるラッチを両コネクタに搭載。3本セットでの販売ながらも、安価で購入できるコスパのよさも魅力です。

長さは45cmと61cmの2モデルがラインナップされています。また、カラーはブラックとレッドの2種類のバリエーションがあるので、PC内部のカラーを統一したい方などにもおすすめです。

ケーブルの形状は一般的なフラットタイプ。これからPCの自作を始める方や複数のSATAケーブルが必要な方におすすめです。

UGREEN SATAケーブル L型 3本セット 20998P3

3本セットで販売されているSATAケーブル。予備のケーブルを用意しておきたい方や、複数のケーブルをまとめて購入したい方におすすめです。ケーブルの長さは45cmなので、ミニタワーケースやスリムタワーケースでの配線に適しています。

片側のコネクタがL型の片下L型になっており、両コネクタには安定性が高くしっかり固定できるラッチを採用。また、ケーブル内部の配線材には、錫メッキ仕上げの銅芯線を使用しています。

さらに、アルミ箔テープで保護されているので、外部からの悪影響を低減する効果が期待できます。耐久性が高く柔軟性に優れたPVC素材をケーブルの外皮に採用しているので、取り回しやすく、長く安心して使用できるのもメリットです。

Hodays SATAケーブル 6本セット HD-40

6本セットながらもリーズナブルな価格で購入できるので、SATAケーブルを一度にまとめ買いした方などにおすすめのモデルです。6Gb/sの転送速度を実現するSATA3.0に対応しており、コネクタの形状は両側ともストレート型。

ケーブルの長さは40cmで、形状は平らなフラットタイプを採用しています。狭いスペースでも配線しやすいのが魅力のSATAケーブルです。

アイネックス(AINEX) 超フラットSATAケーブル AK-CBSA05

厚さ1cmの薄型ケーブルと薄くコンパクトなコネクタが採用されているSATAケーブル。薄型なので取り回しやすく、狭い箇所での配線にもおすすめです。長さは15・30・50cmの3種類がラインナップ。コネクタの形状はストレート型で、ラッチが付いているのでしっかりと固定可能です。

特に15 cmの短いタイプは、ミニタワーケースやスリム型のPCケースを使用した小型PCを自作したい方に適しています。また、EUで定められている電気・電子機器の特定有害物質の使用制限に関する法律である「RoHS指令」にも準拠。子供のいる家庭などでも安心して使用できます。

ELUTENG SATAケーブル+電源ケーブル 4点セット ELT-SATA-POWER-4SET-SNL

SATAケーブルと電源ケーブルが2本ずつセットになった製品です。SATAケーブルは、コネクタの両側がストレート型になっているモノと片下L型になっているモノが1種類ずつ入っています。SATAケーブルの長さは2本とも50cmで、フラットケーブルタイプ。外側にはPVC素材を採用し、耐久性を高めています。

また、配線材には錫メッキ仕上げの銅芯線を採用し、アルミ箔テープを巻いて保護。外部からの悪影響を軽減させることが可能です。また、SSDやHDDとしっかり固定できるようにラッチが搭載されているのもポイント。自作ユーザーで、SATAケーブルと電源ケーブルの両方を探している方におすすめの製品です。

LANMU SATA3ケーブル 5本セット A01996A01JPFBA

5本セットのSATAケーブルです。長さは5本とも約45cm。下位互換性があり、6Gb/sの転送速度を実現するSATA3.0に対応しています。コネクタの形状は片下L型なので、奥行きが少なく狭い場所などでも接続しやすいので便利です。また、コネクタ部分にはラッチを搭載。ケーブルの抜け落ちを防ぐ効果があります。

配線材には、高品位な伝送を実現する錫メッキ仕上げの胴芯線を採用。セット本数が多いながらもリーズナブルなので、予算を抑えたい方にもおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) SATA3ラウンドケーブル TK-SATARK

束ねたり、さまざまな方向に折り曲げたりしやすいラウンドタイプのSATAケーブル。ラウンドタイプは複数のコードをきれいに束ねやすいので、PCケース内をよりすっきりさせたい方にもおすすめです。

長さは、0.5・0.7・1mの3種類をラインナップ。コネクタは両側ともストレート型で、安定した接続性を実現するとともに取り外しもしやすいラッチが搭載されています。

オウルテック(Owltech) SATAケーブル OWL-SATA3SS20

6Gb/sの転送速度を実現するSATA3.0に対応したケーブル。ケーブルの長さは20cmで、ブルーとブラックカラーをラインナップ。配線材にはリン青銅に金メッキを施した素材を採用し、絶縁材料には減衰量を小さくする効果のある発泡ポリエチレンを使用しています。安定したデータ転送をサポートする品質の高さが魅力の製品です。

コネクタの形状は両側とも取り回しの自由度が高いストレート型を採用。ラッチ付きなので、HDDやSSDの接続時に外れる心配がなく、安心して使用できます。

SilverStone SATAケーブル SST-CP08W

ケーブルだけでなくコネクタ部分までホワイトカラーで統一したスタイリッシュなSATAケーブルです。ブラックカラーもラインナップされており、PCケースや内部のパーツのカラーを統一したい方におすすめ。

転送速度は6Gb/sでSATA3.0に対応しています。長さは、フルタワーケースを使用している方におすすめの50cm。コネクタは片下L型なので、狭いスペースにも配線しやすいのがメリットです。非金属のロック機構を採用しているので、コネクタの摩耗を防止する効果もあります。

変換名人 左L型ロック付きSATAケーブル SATA-CA30ILL

片方のコネクタが左側に曲がっている左L型のSATAケーブルです。配線の見た目にこだわりたい方や狭いスペースでも配線が必要な方などにおすすめ。長さは取り回しやすい30cmです。

抜け防止用のラッチが搭載されているのもポイント。SATA2.0対応の製品ですが、珍しいタイプのSATAケーブルなので、左L型の購入を検討している方はチェックしてみてください。

アイネックス(AINEX) シリアルATAケーブル 片上L型コネクタ SAT-3003UBL

片下L型のSATAケーブルは数多く販売されていますが、片上L型は製品数が少ないので、探している方は本製品をチェックしてみてください。ケーブルはブルーカラーで、長さは30cm。

6Gb/sの転送速度を実現するSATA3.0に対応しています。付属品として接続機器を見分ける際に役立つ「識別用タグシール」が同梱するのも嬉しいポイント。あまり見かけない珍しい製品ながらもリーズナブルな価格で購入できるおすすめの製品です。

オウルテック(Owltech) 6Gbps対応シリアルATAケーブル OWL-CBSATA-SLU50

転送速度6GbpsのSATA3.0に対応しており、コネクタの形状は片下L型のケーブル。ノイズ対策シールドを採用しているので、ノイズの発生や速度の低下を防止できるのがメリットです。

長さは50cmなので、フルタワーケースでの自作を検討している方におすすめ。ラッチ付きなので、しっかりと固定でき、抜け落ちの防止にも役立ちます。また、環境に配慮した製品であることを示す「RoHS」に準拠しているのもポイントです。

変換名人 SATA3ケーブル SATA6-ILCA

ラウンドケーブルを採用した、取り回しやすいモデル。コネクタの形状は片下L型で、長さは30・50・70・90cmの4種類をラインナップ。PCケースのサイズやHDD・SSDの位置に最適な長さのモノを選べます。

転送速度は6Gb/sでSATA3.0に対応。また、ラッチ付きなので簡単に外れることがなく、安心して使用できます。

アイネックス(AINEX) SATAラウンドケーブル SATR-3103LBK

やわらかく取り回しやすいソフトタイプのラウンドケーブル。快適に取り回せる製品を探している方におすすめです。コネクタの形状は、キューブケースなどへの取り付けにも便利な片下L型を採用。

ケーブルの長さは30cmで、落下を防止し、接続性を高めるラッチも搭載されています。ケーブル・コネクタともにブラックカラーで統一されているので、PCケース内部やパーツの色にこだわっている方はチェックしてみてください。

オウルテック(Owltech) 片上L型6Gbps対応シリアルATAケーブル OWL-CBSATA-SLT

片上L型のSATAケーブルです。片上L型のSATAケーブルは製品数が少ないため、探している自作ユーザーの方はチェックしてみてください。SATA3.0に対応し、ノイズ対策が施された高性能なシールドケーブルを採用しているのもポイントです。ストレート側のコネクタ部分にはラッチが搭載されているので、抜け落ちの心配がなく、安定した接続性を実現。

L型の方のコネクタ部分には、抜き差しの際に便利な取っ手が取り付けられています。コネクタ内部の端子には金メッキ処理を施すことで、ノイズを軽減し安定した接続性を実現。ケーブルの長さは、フルタワーケースでの使用に最適な50cmです。また、長期間使用しないときや持ち運び時などに役立つ保護キャップも付属しています。

kokeo SATAケーブル HDD SSD用 DN0618-01

片下L型のSATA3.0に対応したケーブルです。長さは50cm。コネクタの形状は片下L型なので、SATAケーブルの接続端子よりも上の位置にHDDやSSDが設置されている場合に便利です。

コネクタの両側に金属製のラッチが搭載されているのもポイント。特に、ぎりぎりの長さで配線する場合は誤って抜けてしまう可能性が高くなりますが、ラッチが付いていることで安心して使用できます。

ケーブルのカラーは珍しい水色に近いブルー。内部パーツのカラーにもこだわりたい自作ユーザーにおすすめの製品です。

Hibis SATAケーブル SATA-001

SATA3.0対応のSATAケーブルです。コネクタにはしっかりとケーブルを固定して接続できるラッチを搭載。色がレッドのストレート型と、色がブラックの片下L型の2種をラインナップしており、1本だけの購入に加え、3本と5本のセットでも購入可能です。

レッドのストレート型は45cm、ブラックの片下L型は40cmと、種類ごとにケーブルの長さが異なるので注意しましょう。種類に本数と選択肢が豊富なので、環境や用途に合った最適なモデルを選択できるのがメリットです。

IMIKE-JP SATAケーブル 6本セット

リーズナブルながらも豊富な6本のケーブルがセットになったお得なモデルです。片下L型のモデルと両側ストレート型のモデルの2種類をラインナップしています。

ケーブルは両モデルともフラットタイプで、長さは40cm。転送速度は6Gb/sでSATA3.0に対応しています。配線材には錫メッキ仕上げの銅芯線を採用し、アルミ箔テープで保護されているので、外部からのノイズなどの悪影響を低減しやすいのも魅力。

また、ラッチ付きなので、抜け落ちを心配することなく安心して使用できます。新しくPCを自作する場合は複数のケーブルが必要となるので、6本のケーブルがセットになった本製品がおすすめです。