ノートパソコンなどでブルーレイを再生するのに必要な「外付けブルーレイドライブ」。光学式ドライブを備えていないノートパソコンで映画などのコンテンツを楽しむのに必要なアイテムです。とはいえ、ラインナップが豊富なため、どれを選ぶべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの外付けブルーレイドライブをご紹介。選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

ブルーレイドライブの選び方

対応メディアをチェック

BD-R

BD-Rは、データの空き容量さえ残っていれば追加で書き込みができるブルーレイディスク。ほかのメディアに比べて、リーズナブルに購入できるのがポイントです。上書きする必要がないデータを保存する場合に適しています。一方、一度書き込んだデータを上書きして書き換えられないので留意しておきましょう。

BD-R DL

BD-R DLは、データを記録できる面が2層存在し、BD-Rに比べて約2倍のデータを保存できます。仕様としてはBD-Rと同様、一度書き込むとデータを上書きできません。また、使用するためには、BD-R DL規格に対応したブルーレイドライブが必要です。

BD-R BDXL

By: amazon.co.jp

BD-R BDXLは、データを記録できる面が3層または4層存在し、3層の場合は100GB、4層の場合は128GBのデータを保存できます。大容量のため、高画質で番組や映画などを保存したい方におすすめです。なお、その分価格も高価なので留意しておきましょう。

BD-RE

BD-REは、繰り返し書き込み・上書きができるメディア。一時的に大容量のデータを保存したいシーンに適しています。規格上は1000回程度の書き換えが可能のため、頻繁にデータの書き換えを行う方はBD-Rよりコスパが良好。なお、使用するためにはBD-REに対応したブルーレイドライブが必要です。

BD-RE DL

By: amazon.co.jp

BD-RE DLはBD-REと同様に繰り返し書き込み、上書きができるメディア。記録できる面が2層あるため、BD-REの約2倍のデータを保存できるのが特徴です。

使用するためにはBD-RE DLに対応したブルーレイドライブが必要。BD-REより大容量のデータを保存したい方におすすめです。

BD-RE BDXL

BD-RE BDXLはBD-REと同様に繰り返し書き込み、上書きができるメディアですが、記録できる面が3層または4層設けられているのが特徴。3層の場合は約100GB、4層の場合は128GBのデータ容量を備えています。

製品によって異なりますが、規格上1000〜10000回ほど繰り返し書き換えが可能。大容量のデータを頻繁に書き換える方におすすめです。

M-DISC(Millennial Disc)

By: amazon.co.jp

M-DISCは、アメリカのMillenniata社が開発したブルーレイディスクやDVD。温度や湿度、太陽光といった影響を受けにくいのが特徴です。劣化しにくいので、写真や動画などの思い出を長期的に保存したい方におすすめ。仕事上の重要なデータをデジタルアーカイブする場合にもぴったりです。

WindowsかMacか対応OSをチェック

デスクトップパソコンまたはノートパソコンでブルーレイドライブを使用する方は、使用しているOSに対応しているかチェックすることが重要。基本的にはWindowsかmacOSのどちらかに対応しているので、自分のOSに合ったモノを選んでみてください。

ただし、製品によってはOSに対応していてもOSのバージョンで認識しないこともあるため、注意が必要。なかには、WindowsとMacの両方のOSに対応しているモデルも存在するので、両方のOSを使用している方はチェックしてみてください。

接続するUSB端子の種類をチェック

By: amazon.co.jp

ブルーレイドライブはUSBでパソコンに接続するため、対応するUSB端子を搭載しているか要チェック。現在主流であるUSB3.0は、以前のUSB2.0に比べて約2倍の転送速度を有しており、高速でデータのやり取りができるのでおすすめです。また、比較的新しい規格であるUSB3.1・USB3.2の場合、より優れた速度でデータ転送できます。

そのほか、MacBookや最新のWindows PCを使用している場合は、USB Type-Cに対応しているモデルもあわせてチェックしておきましょう。

書き込み・書き換え速度をチェック

大容量のデータを扱う機会が多い方は、書き込み・書き換え速度も確認しましょう。データの書き込み・書き換え速度は名前の通り、ディスクを作成するのにかかる時間のことで、「2倍速」「4倍速」「16倍速」などと表記されます。

書き込み・書き換え速度は数値が高いほど待ち時間も短くなるので、大容量データも素早く転送可能。ビジネスシーンなどで大容量のデータを扱う方は、できるだけ数値の高いモノを選んでみてください。

Ultra HD Blu-rayに対応しているかをチェック

Ultra HD Blu-rayとは、4K解像度やHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応したブルーレイ規格のこと。高精細な映像を楽しみたい方は、Ultra HD Blu-rayに対応しているモデルがおすすめです。

なお、ブルーレイドライブ自体がUltra HD Blu-rayに対応していても、再生するパソコンやモニター、再生ソフトが対応していないと再生できないので留意しておきましょう。

付属ソフトをチェック

外付けブルーレイドライブを選ぶ際は、付属するソフトウェアも要チェック。ブルーレイドライブをただ差し込んだだけでは読み込みも書き込みもできないため、各動作に対応するソフトが必要です。購入してからすぐに使用したい方は、付属ソフトが充実しているか事前に確認しましょう。

また、4Kや3Dといった特殊な映像コンテンツを再生する際にも、対応したソフトが必要。Ultra HD Blu-rayの4K映像や臨場感ある3D映像を楽しみたい方は、付属ソフトが対応しているかもしっかりと確認しておきましょう。

外付けブルーレイドライブのおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

「バッファロー」は、1978年に設立された日本のパソコン周辺機器メーカーです。ネットワーク・ストレージ・メモリ・サプライを主な事業としており、パソコンがより快適に使える幅広い周辺機器を手掛けています。

バッファローの外付けブルーレイドライブは、映像・画像の保存やデータのバックアップを素早く行えるのが特徴。外出先でもブルーレイが楽しめる携行性に優れたポータブルモデルもラインナップしている人気メーカーです。

パイオニア(Pioneer)

「パイオニア」は、1947年に設立された、車載機器に特化した人気の電機メーカーです。カーナビやカーAV、カースピーカーなどを主に手掛けており、パソコンやスマートフォンの周辺機器も発売しています。

パイオニアでは、据え置き型・ポータブルモデル・スロットインタイプ・クラムシェルタイプと、さまざまな外付けブルーレイドライブをラインナップ。用途やニーズに合わせて選択できるのが特徴です。

ロジテック(Logitec)

By: amazon.co.jp

「ロジテック」は、1982年に設立された日本のコンピュータ周辺機器メーカーです。現在はエレコムのグループ会社として、主に外付けHDDやスマートフォン用アクセサリーの開発・販売を行っています。

ロジテックには、ポータブルタイプの外付けブルーレイドライブが主にラインナップ。Macに対応しているモノや、超薄型のモノなど、さまざまな特徴を持つモデルを取り扱っているのが人気のポイントです。

外付けブルーレイドライブのおすすめモデル

バッファロー(BUFFALO) ポータブルブルーレイドライブ BRXL-PT6U2V

コストパフォーマンスに優れた外付けブルーレイドライブです。WindowsとmacOSに対応。比較的安いモデルながら、便利な機能を多く搭載しています。

パソコンからの電力供給が不足した場合に知らせる「お知らせLED」や、電力不足を補えるBoostケーブルを採用。USBケーブルとBoostケーブルを裏面に収納できる「Wケーブル収納」構造で持ち運びも簡単です。できるだけコストを抑えたい方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) ポータブルブルーレイドライブ BRXL-PTV6U3-BK/N

持ち運びが便利な薄型・軽量設計の外付けブルーレイドライブ。厚さ14.4mm、重量は約300gなので、カバンに入れてもかさばりにくいのが特徴です。接続時に必要なケーブルは本体に収納できるため、携帯時に煩わしさを感じにくい製品を探している方に適しています。

WindowsとmacOSの両方に対応。使い勝手のよいおすすめモデルです。

パイオニア(Pioneer) 外付けブルーレイドライブ BDR-X12J-UHD

綺麗な映像と音声が楽しめる外付けブルーレイドライブです。OSによって対応状況は異なりますが、Ultra HD Blu-rayに対応しており、臨場感のある映像を視聴可能です。

また、BD-Rで16倍速、BD-R DLで14倍速、BD-R TLで8倍速、BD-R QLで6倍速の速さで記録できます。倍速での高速記録だけでなく、静音・安定性・記録品質を重視した標準モードへの切り替えを自由に行えるため、場面に合わせて選択可能です。

さらに、独自技術「PureRead4+」を搭載。CDに傷が入っている場合でも、傷の状況を把握して原音のままに、正しく再生できます。綺麗な映像を再生したり、高速記録を行えたりなどの高性能な製品が欲しい場合におすすめです。

パイオニア(Pioneer) クラムシェル型ポータブルブルーレイドライブ BDR-XD08LE

133mm×133mmのコンパクト設計を採用した外付けブルーレイドライブ。パイオニア製品の独自機能「PureRead 3+」を搭載しており、CDの音を高精度に読み取るのが魅力です。原音に近い音を楽しめます。

本製品はクラムシェル型を採用しており、狭い場所で容易にディスク交換が可能。さらに、「エマージェンシーイジェクトレバー」が搭載されているため、電源が入っていなくてもディスクを交換できるのが特徴です。

パイオニア(Pioneer) クラムシェル型ポータブルブルーレイドライブ BDR-XD07LE

小型かつ軽量の外付けブルーレイドライブです。WindowsとmacOSの両方に対応しています。サイズは133×133×14.8mmで、重量は230gと、コンパクトなクラムシェル型が特徴です。

また、音質を重視した設計もポイント。パイオニアのオーディオコンポーネント製品で実績のある独自のハニカム構造を採用し、筐体や回路などの細部まで、音質にこだわりを持って製造しています。

大容量のBDXLや長期保存向けのM-DISCにも対応。設置場所に困らない製品が欲しい場合におすすめです。

ロジテック(Logitec) ポータブルブルーレイドライブ LBD-LPWAWU3CNDB

省スペース性に優れた外付けブルーレイドライブです。WindowsとmacOSの両方に対応。超薄型ドライブを採用しており、薄さが14mm、重さが230gです。光沢感のあるマットメタリック塗装が、おしゃれな雰囲気を醸し出します。

また、背面にケンジントンロックのスリットを採用。デスクなどに固定すれば、盗難を防止できます。比較的新しい規格であるUSB3.2(Gen1)に対応しているのもポイント。従来のUSB2.0と比較して、優れた速度でデータの書き込みを行うことが可能です。

さらに、Ultra HD Blu-rayにも対応しており、臨場感あふれる映像を楽しめます。コンパクトなサイズながら高性能な製品が欲しい場合におすすめです。

ロジテック(Logitec) 外付けブルーレイドライブ LBD-PVD6U3CM

Macユーザーにおすすめの外付けブルーレイドライブです。従来のType-A USBポートを搭載するMacと、Type-Cを搭載する比較的新しいMacの両方に対応しています。

本製品は、筐体上下にシルバーの塗装が施されているため、MacBookとカラーの相性がよいのも特徴です。さらに、高画質な動画編集やBDXLへの書き込みを行える「Toast19」を付属。M-DISCにも対応可能です。性能だけではなく、デザインも重視したいMacユーザーに適しています。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 保存ソフト付き ポータブルブルーレイドライブ EX-BD05K

重量約250g、厚さ14mmの外付けブルーレイドライブ。WindowsとmacOSに対応しています。「M-DISC」に対応しているのも魅力です。

データ保存ソフトが添付されているのも魅力。人気ライティングソフト「B’s Recorder 17」を無料で利用できるため、DVDなどの作成ができます。ただし、本ライティングソフトはmacOS上だと動作しないので留意しましょう。

アースドリームス(EARTH DREAMS) 外付けBlu-ray ED-BDRE1

リーズナブルながら長く安心して使用できる外付けブルーレイドライブ。購入から1年間の修理交換安心サービスが付いており、期間内であればサポートを受けることが可能です。

また、ディスクへの書き込み時に発生するエラーを防止する機能を搭載しています。安定した動作で使用することが可能です。比較的新しい規格のUSB3.0を採用しているため、転送速度にも優れています。費用を抑えつつ、長く使用できる製品を探している場合におすすめです。

Archgon 外付けBlu-rayドライブ MD-8107S-U3YC-BW-S

高級感溢れるおしゃれなデザインが魅力の外付けブルーレイドライブです。WindowsとmacOSに対応しています。アルミ製の本体の表面にヘアライン加工が施してあり、落ち着いた雰囲気を感じさせる設計です。

また、本製品はスタイリッシュな軽量モデル。パソコンと接続するだけの「バスパワー駆動」を採用しているため、持ち運びにも便利です。

さらに、USB3.0を採用しており、転送速度にも優れています。大容量のBDXLの書き込みにも対応。外出先に持ち運んでデータの読み書きを行う場合におすすめです。

外付けブルーレイドライブのおすすめモデル|再生ソフト付き

バッファロー(BAFFALO) ポータブルブルーレイドライブ BRXL-PTS6U3BK/N

薄型・軽量モデルの外付けブルーレイドライブです。WindowsとMacに対応しています。厚さは14.4mmとスタイリッシュで、重さは約300g。普段の荷物に加えて持ち運んでも、負担を感じにくい設計です。

また、Boostケーブルを搭載。通常のUSB接続に加えて、Boostケーブルを併用すれば、電力供給が弱いパソコンでも安定した動作を期待できます。万が一、電力不足の場合は、赤色のLEDライトが点滅するため、一目で判断可能です。

USBケーブルとBoostケーブルを収納できる「Wケーブル収納」構造を採用。使用しないときは、裏面にケーブルを収納できます。外出先に持ち運んで使用する場合におすすめです。

バッファロー(BAFFALO) 外付ブルーレイドライブ BRXL-16U3V

書き込みの速度に優れている外付けブルーレイドライブです。Windowsに対応しています。BD-RやDVD-Rなどの1層のメディアなら16倍速の書き込みが可能です。BDXLに対応しており、大容量のデータを取り扱う場合でも安心して使用できます。

また、長期保存向けのM-DISCに対応。高温・多湿・太陽光などの影響を受けにくい無機質素材を使用することで、大切なデータを安全に保存できます。

付属ソフトが3D映像再生に対応しているのもポイント。適切なディスプレイ環境を整えれば、パソコンで3D映像を楽しめます。書き込み速度を重視したり、3D映像再生で動画を視聴したりする場合におすすめです。

ロジテック(Logitec) 外付けブルーレイドライブ LBD-PWB6U3SBK/E


4K解像度の映像を再生できる外付けブルーレイドライブ。Ultra HD Blu-rayに対応するパソコンおよび再生ソフトなら4Kブルーレイを再生可能です。WindowsとmacOSの両方で動作確認が行われています。

また、手のひらサイズのコンパクト設計なのも特徴。厚さは14mm、重さは230gと、ブルーレイドライブのなかでも比較的薄型で軽量のモデルです。

大容量のBDXLや長期保存向けのM-DISCに対応しています。4Kブルーレイの綺麗な映像を再生したり、ビジネスシーンで大容量のデータを取り扱ったりする場合におすすめです。

ロジテック(Logitec) 外付けブルーレイドライブ LBD-PVA6U3V

4K高解像度のUltra HD Blu-rayに対応した外付けブルーレイドライブ。対応するパソコンと再生ソフト、ディスプレイを用いることで、高画質の映像が楽しめます。

コーレルの動画再生ソフト「WinDVD」を標準搭載。市販のDVD・BDやダビングした地デジ録画コンテンツ、TVレコーダーで作成したAVCRECの再生が可能です。

ほかにも本格的な動画編集やディスクの作成ができる「VideoStudio」や、写真・音楽・動画データのバックアップができる「Secure Burn」が搭載されています。さまざまな用途で外付けブルーレイドライブの利用を考えている方におすすめの製品です。

パイオニア(Pioneer) クラムシェルタイプブルーレイドライブ BDR-XD08MB-S

省スペース性に優れるクラムシェル型の外付けブルーレイドライブです。小型かつ軽量なデザインで、限られたスペースでもディスクが取り出しやすく、扱いやすいのが特徴です。WindowsとmacOSの両方に対応しています。

また、リバーシブル可能なL字型ケーブルを採用。パソコンの左右どちら側でも接続でき、ケーブルを邪魔に感じにくい設計です。

パソコンの電源がオフの状態でもディスクを取り出せる「エマージェンシーイジェクトレバー」を搭載しているのもポイント。ディスクを取り忘れてしまったとしても、すぐに取り出せます。使いやすさを重視する場合におすすめです。

パイオニア(Pioneer) 外付けBDドライブ BDR-X13J-S

機能性とデザイン性に優れた外付けブルーレイドライブです。WindowsとMacのさまざまなOSに対応しています。縦置き・横置きの両方で使用できるタイプで、設置場所に合わせて自由に切り替え可能です。シンプルでマットなボディとメタルラインが特徴で、おしゃれな雰囲気が漂います。

また、最大16倍速で行える書き込みや大容量のBDXL、長期保存向けのM-DISCに対応。ディスクに傷や汚れがある場合でも、原音で再生できる「PureRead4+」機能も搭載しています。縦置きで使用したい場合におすすめの製品です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ブルーレイドライブ外付型 BRD-UT16WX

リーズナブルながら高性能な外付けブルーレイドライブです。比較的新しい規格のUSB3.0に対応。加えて、オーバースピード機能の搭載により、最大16倍速で書き込み可能です。大容量のBDXLと長期保存向けのM-DISCの読み書きも行えます。

また、AVCHD規格に対応。「AVCHD」または「HDV」規格に対応するビデオカメラで撮影した映像を、綺麗な画質のままブルーレイに保存できます。

無料ダウンロードできる「Roxio Creator Premier BD」を使用すれば、映像を編集してブルーレイを作成することも可能です。BGMを挿入したり、メニューを作成したりなど、さまざまな機能を使用できます。大容量のデータを頻繁に書き込んだり、ブルーレイを作成したりする場合におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ポータブルブルーレイドライブ BRP-UT6CK

WindowsとMacの幅広い機種で使用できる外付けブルーレイドライブです。従来のUSB Type-Aコネクターと、比較的新しい規格のUSB Type-Cコネクターの両方を同梱しています。

また、バスパワー駆動を採用。本製品とパソコンをUSBケーブルで接続すれば、ACアダプターを用いることなく使用可能です。さらに、BDXLやM-DISCにも対応しています。複数のパソコンで使いたい場合にもおすすめです。

ブルーレイやDVDを再生できる「WinDVD」と、ブルーレイ・DVD・CDへのデータ書き込みを行える「B’s Recorder 14」をダウンロードできます。初めて外付けブルーレイドライブを購入する場合でも安心して使用可能です。

エイスース(ASUS) ブルーレイドライブ SBW-06D5H-U

セキュリティに優れている外付けブルーレイドライブです。同梱されているソフト「CyberLink Power2Go 8」を使用すれば、ディスクに書き込んだファイルを暗号化することが可能。第三者に閲覧されたくない大切なデータを書き込む場合におすすめです。

また、長期保存に適しているM-DISCにも対応。ビジネスシーンで利用する資料やホームビデオなどの大切なデータを安全に保存できます。

比較的新しい規格のUSB3.1を採用しているのもポイント。USB 2.0と比較して、最大10倍速の速度でデータの転送を行えます。本製品はWindowsとmacOSの両方に対応しています。

外付けブルーレイドライブのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

外付けブルーレイドライブのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。