ストレートもカールもできて便利な「2WAYヘアアイロン」。ストレートやカール専用のヘアアイロンと何が違うのかわからない方や、実際の使用感が気になって購入に踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、サロニアの人気製品「2WAYストレート&カールアイロン」を編集部で購入してレビュー。メリット・デメリットやおすすめの使用方法などをご紹介します。

サロニア「2WAYストレート&カールアイロン」が人気の理由


今回レビューするのは1台でストレートとカールの両方を楽しめるサロニアの「2WAYストレート&カールアイロン」の32mm 。最高温度220℃とプロ仕様にも関わらず、リーズナブルな価格で購入できる点が人気を集めています。

男性が使用しても違和感のないシンプルなデザインも魅力。洗面所や寝室のドレッサーなど、どこに置いてもインテリアの邪魔をせず馴染みます。

360度で見てみる

本体をチェック

熱伝導性に優れたセラミックコーティングプレート


プレートには熱伝導率の高いセラミックコーティングが施されており、髪に素早く熱を伝えてダメージを最小限に抑える効果が期待できます。高速加熱機能搭載で立ち上がりも非常に早いため、朝の忙しい時間帯にヘアアイロンを使用することが多いという方におすすめです。

100〜220℃まで5℃刻みで温度調節が可能


最高温度は220℃! 100℃から5℃刻みで細かな温度調節ができるため、髪に熱を加えすぎることなくスタイリングできます。髪をいたわりながらスタイリングしたいという方は低温で、素早く仕上げたいという方は高温で使用するのがおすすめ。デジタル液晶ディスプレイで温度を一目で確認できるのもポイントです。

ワンタッチでストレートとカールを切り替え


本体裏側にあるスイッチを切り替えるだけで簡単にストレートとカールのモードチェンジが可能。1台でさまざまなスタイリングが楽しめるので、できるだけ荷物を減らしたい旅行時などにも活躍しそうです。

海外電圧対応などの便利な機能を多数搭載


電源を入れてから30分後に自動で電源が切れる安心設計。使用中にコードが絡まるのを防ぐ360度回転コードや、使用中・使用後の本体を置くのに便利なスタンドなど、多くの便利機能を搭載。さらに、100〜240Vの電圧に対応しており、変換プラグがあれば変圧器なしでも海外使用が可能です。

ストレート使用時は火傷に注意


本製品は電源をオンにするとパイプ全体が熱くなる仕様。ストレートモードでスタイリングする際は内側のプレートに髪を挟んで使用するため、プレートが本体で覆われているストレート専用ヘアアイロンに比べると火傷する可能性が高いというデメリットがあります。

編集部員が実際に使ってみた

▼動画レビューはこちら

BEFORE

AFTER

立ち上がりは170℃設定で1分かからない程度。フリッパーの挟む力が強めなので髪が滑り落ちにくく、スムーズに巻けました。また、熱が髪に伝わりやすいためか短時間でスタイリングできます。長時間のヘアアイロン使用による髪へのダメージを防ぐことができそうです。

今回は全体を巻いて前髪だけまっすぐにセットしたのですが、スイッチを切り替えるだけでストレートとカールのどちらも使えるため、ヘアアイロンを2台使用した場合に比べて時間と手間が大幅に軽減されました。

一点気になったのは、内側のプレートで髪を挟んでストレートにする際に、外側のプレートに触れて火傷をする可能性があるということです。ヘアアイロンの取り扱いに慣れていない方は、火傷の心配が少ないストレート専用のヘアアイロンを利用するのがおすすめです。

サロニア(SALONIA) 2WAYストレート&カールアイロン