お店で出されるような美しい見た目のオムレツを家でも作りたい!

でも、キレイな形のオムレツを作るためには火加減のコントロールや巻き方のテクニックが必要……。

そんな悩みを抱えている方におすすめなのが、フライパンや火を使わずに簡単・安全にキレイな形のオムレツが作れる「オムレツメーカー」です。本当に誰でも手軽に操作できるのかを調査するため、実際に編集部員がオムレツ作りに挑戦してみました。

3種類のカラーバリエーション

レビューするのは、おしゃれでリーズナブルな調理家電を多く手がけるドウシシャ製の「PIERIA オムレツメーカー」。ブラック・ピンク・イエローの3色から好みに合わせて選べます。

ブラックはマットな質感が特徴。淡く優しいカラーが印象的なピンクとイエローは、光沢感があってレトロな雰囲気が漂います。専用のレシピブックが付属するのも嬉しいポイントです。

本体をチェック

スマートなフォルム


一見、調理家電に見えないほどスタイリッシュなデザイン。立てて置けるため、キッチンスペースを有効に使えるのも嬉しいポイントです。
 

表面と同じく、裏面もシンプルさを追求した無駄のないデザインです。

表面に運転ランプ


本体表面には電源が入っていることを示す赤色のランプと、余熱完了の合図を使える緑色のランプがあります。電源スイッチはなく、コンセントにプラグを差し込むと自動的に電源が入る仕組みです。

アーモンド型のプレート


オムレツを形成するプレートは深さのあるアーモンド型をしています。1人前のオムレツを作るには十分なサイズです。

ハンドル部分にロック付き


ハンドルには、調理時や本体を持ち運ぶ際に便利なロック機能付きです。

携帯性も良好


女性が片手でラクラク持ち運べる軽さ。電源が確保できる場所であれば、キッチン以外の場所でもオムレツ作りを楽しめます。

オムレツメーカー でプレーンオムレツを作ってみた

▼動画レビューはこちら

材料(1人分)


卵 2個
牛乳 大さじ1
バター 5g
塩・こしょう 各少々

作り方


1.ボウルに卵を割り、牛乳と塩・こしょうを入れて溶きほぐします。
 

2.オムレツメーカーの電源を入れて、緑色のランプが点灯したらゆっくり開けます。その後、プレートにバターを入れて溶かします。
 

3.バターが全体に行き渡ったら、卵液をプレート内に流し入れます。
 

4.そのまま3分ほど待ちます。
 

5.3分経ったところで中を確認してみると……まだ半熟状態だったので一度フタを閉じます。
 

6.今回はしっかり火の通ったオムレツを作りたいので、本体をひっくり返してさらに1分待ちます。柔らかめのオムレツが好みの方は、ひっくり返したりこれ以上加熱したりする必要はないかもしれません。
 

7.形の整ったオムレツの出来上がり! 美味しそうなオムレツが簡単に作れました。
 

8.お皿に盛りつければ、完成です。

オムレツ以外の調理も可能!


レシピブックには、ジャンボ餃子やとんぺい焼き、ガトーショコラやベイクドチーズケーキなどの作り方も載っています。編集部ではベイクドチーズケーキ作りにもトライ。調理時間15分ほどで、美味しそうなケーキが出来上がりました!

ドウシシャ(DOSHISHA) PIERIA オムレツメーカー TSH-702