アコースティックギターのサウンドを大音量で鳴らせる「エレアコ」。ギター本体とアンプを繋げられるため、ライブなど大きな会場で演奏をしたいときに、別でマイクを用意しなくてもよいのがメリットです。

アンプに繋げなくても生で音を鳴らせるので、純粋にアコースティックギターとして楽しめるのも特徴。そこで今回は、エレアコのおすすめモデルをご紹介します。

エレアコとは?

エレアコは”エレクトリックアコースティックギター”の略で、エレキギターなどに採用される「ピックアップ」が取り付けられたアコースティックギターを指します。これによりアンプと繋げることができ、アコースティックギターの音色を大音量で鳴らせるのが特徴です。

エフェクターを使えば、エレキギターと同じように音の加工を楽しむことも可能。それでいて生音の演奏もできるため、自宅での練習をはじめ、スタジオやライブ会場などさまざまなシチュエーションで活躍してくれます。

ちなみに、「エレアコ」はギターメーカー「タカミネ」の販売元である共和商会の登録商標ですが、一般にも浸透している言葉なので、この記事では「エレアコ」という名称で商品を紹介します。

エレアコの選び方

ピックアップの性能で選ぶ

By: amazon.co.jp

エレアコには、弦の振動を電気信号に変えるための「ピックアップ」が付いています。そのため、アンプから良い音を鳴らしたいときはピックアップの性能が高いモデルを選ぶのが大切です。

音質の補正に対応しているピックアップなら、演奏する曲のジャンルに合わせて繊細なサウンドを鳴らしたり、あえて荒っぽいサウンドを鳴らしたりできます。

中には音のチューニングができるチューナー機能を搭載したピックアップもあるので、道具を減らして身軽にギターを持ち運びたい方はぜひ選んでみてください。

デザインやカラーで選ぶ

By: amazon.co.jp

エレアコはシンプルなデザイン・カラーのモデルが多いですが、その分個性的なものを選べば他の人と差をつけられます。ハイフレットの弦がラクに押さえられるカッタウェイモデルは、弾きやすいだけではなく見た目もスタイリッシュなのが魅力です。

エレアコはアコースティックギターと同じくナチュラルカラーのモデルが多いため、ブラックやブルーなどをチョイスするのもおすすめ。また、オベーション社が展開しているエレアコは、「リーフホール」と呼ばれる独特なデザインのサウンドホールが印象的なので、個性をアピールしたい方におすすめです。

付属品で選ぶ

エレアコはそのままでも音を鳴らせますが、大きな音量で演奏をしたい場合はアンプとシールドが必要になります。それ以外にも、ギターの音を合わせるためのチューナーや、演奏時に使うギターピックなど用意が必要なものはさまざま。

そのため、ギターを初めて買う方など道具を一から揃える必要がある場合は、付属品が充実している初心者向けのセットを選ぶのがおすすめです。

価格で選ぶ

エレアコは1万円前後のリーズナブルなものから、100万円を超える高額なものまで価格帯がとても広いため、予算に合わせて柔軟に選べます。

ただし、安さを重視するのもよいですが、あまりに安すぎるモデルだと品質に難がある場合もあるため、初心者こそまずは最低でも3〜5万円前後の安定したモデルをチョイスしてみてください。

エレアコのおすすめメーカー

ヤマハ(YAMAHA)

By: amazon.co.jp

「ヤマハ」は1897年に設立された日本を代表するメーカー。アコースティックギターのサウンドを大切にしたAPXシリーズや、深みのある響きで音が鳴らせるCPXシリーズなどを展開しているのが特徴です。アンプに繋げたときはもちろん、生音でも豊かなサウンドを鳴らせるエレアコが揃っています。

ヤマハのエレアコは音のバランスが非常によいため、演奏ジャンルを問わないのがポイント。初めてエレアコを購入する方にもおすすめの定番メーカーです。

オベーション(Ovation)

By: amazon.co.jp

エレアコの代名詞ともいえる「オベーション」は、個性的なデザインのサウンドホール「リーフホール」を採用したモデルが有名です。ガラス繊維強化プラスチック製のボディバックを用いることで、ギターの耐久性を高めています。

独特の形状を採用しており体にフィットしやすいため、抱えやすいエレアコを探している方におすすめ。また、オベーションは独特なサウンドが鳴るため、クセのある音色が好みの方にもおすすめです。

エピフォン(Epiphone)

By: amazon.co.jp

「エピフォン」は、レスポールなどのエレキギターを展開していることで有名なメーカー「ギブソン」の傘下ブランド。親会社のギブソンと比べてリーズナブルな価格帯でありながら、安定した品質のエレアコを揃えているのが魅力です。

ギブソンの傘下になる前はひとつの独立したブランドとしてギターを作っていたことから、製造の技術も優れています。生音の鳴りがよいため、アコースティックギターとしても十分に活躍するエレアコを探している方は要チェックのメーカーです。

タカミネ(Takamine)

By: amazon.co.jp

歯切れのよいクリアなサウンドが特徴のギターメーカー「タカミネ」。国内はもちろん、海外のアーティストからも幅広く支持されています。ハウリングを起こしにくい独自のピックアップが搭載されたモデルを多く展開しているため、大音量でも安心して鳴らせるのが特徴です。

アコースティックサウンドを追求しており、アンプと繋げたときはもちろん生音でもキレイなサウンドを鳴らせます。シンプルでクセのないエレアコが好みの方におすすめのメーカーです。

エレアコのおすすめモデル

ヤマハ(YAMAHA) エレアコ APX600 OVS

楕円形の特殊なサウンドホールを採用しており、低音域〜中音域をキレイに鳴らせるエレアコ。薄型のボディで演奏時に抱えやすいのが特徴です。また、ネックの形がスリムで弦を押さえやすく、ラクに指が動かせます。

「ノンスキャロップ・Xブレイシング」と呼ばれる木の骨組みが用いられているのもポイント。これにより、豊かな響きで音を鳴らせるのが魅力です。搭載されているピックアップは、ヤマハが独自に開発した高精度なモノを採用しています。

ヤマハ(YAMAHA) エレアコ CPX600

弦長が634mmと短めなので、張力が抑えられてコードを押さえやすいエレアコ。低音の響きが上手く調節されており、クリアなサウンドに仕上がっています。1Wayピックアップシステムを採用することで、弦だけではなくボディの振動も拾えるため、アンプに繋げた際も自然なサウンドを鳴らせるのが特徴です。

また、音を増幅させるプリアンプという部分にチューナー機能が搭載されているので、別途で用意をしなくてもラクにギターのチューニングが合わせられます。ピックガードが透明で、デザインの邪魔をしていないのも魅力です。

ヤマハ(YAMAHA) エレアコ 12弦 APX700II-12

豊かで深みのあるサウンドが特徴的な12弦タイプのエレアコ。ARTピックアップシステムを搭載しており、アコースティックギターの音を忠実に再現してアンプから鳴らせるのが魅力です。中音域〜高音域の響きがよいため、深みがありながらも張りのあるサウンドで演奏したい方に適しています。

薄型のボディを採用していたり、ハイフレットの弦が押さえやすいカッタウェイタイプだったりと弾きやすさを重視しているのがポイント。サウンドホールの周りに施された木象嵌の装飾がデザインのアクセントとなっています。

オベーション(Ovation) セレブリティ エリート CE44-5

リーフホールを採用した印象的なデザインのエレアコ。単板のスプルース材をトップに採用しており、キレイな音を鳴らせます。リラコードと呼ばれるガラス繊維強化プラスチックのボディを用いているのが特徴で、軽量性に優れているためラクに演奏をしたい方におすすめです。

「Ovation Slimline」というピックアップを搭載しており、プリセット部分にチューナー機能が備えられているので、ギター1本だけでチューニングができて便利。低音域・中音域・高音域それぞれの帯域を調節できる3バンドEQ機能も搭載されているため、自分の好きなサウンドが作れます。

オベーション(Ovation) セレブリティ CS24

センターにサウンドホールがあいており、オベーションの中ではシンプルなデザインのエレアコ。同メーカーの他モデルと同じく、ガラス繊維強化プラスチック製のリラコードボディを採用しているため、抱えたときに重さを感じづらく演奏しやすいのが特徴です。

チューナー機能と3バンドEQ機能が搭載されており、このギター1本でチューニングから音の調節までスムーズに行えます。アンプに繋げたときはもちろん、生音の響きも豊かで味のあるサウンドを鳴らせるのが魅力です。

エピフォン(Epiphone) エレアコ Dove PRO

1962年に生まれたギブソンの「DOVE」を受け継いでいる人気のエレアコ。老舗メーカー「Fishman」のピックアップとプリアンプを搭載していながら、3万円前後のリーズナブルな価格で入手できるおすすめモデルです。甘くて濃厚なサウンドを鳴らせるため、しっとりとしたバラードを演奏したい方に適しています。

ピックガードに鳩(DOVE)が描かれており、印象に残るデザインなので見た目でギターを選びたいときにもおすすめ。生音でもしっかりと響くため、アコースティックギターとしてもエレアコとしても使える1本を探している方はぜひチェックしてみてください。

エピフォン(Epiphone) Inspired by 1964 Texan

ビートルズのメンバー「ポール・マッカートニー」が愛用していたことでも知られるギター「Texan」の復刻モデル。60年代スタイルの細身なネックが採用されているため、手が小さい方でもコードを押さえやすいのが特徴です。

オリジナルのTexanが生産されていた時期と同じく青色のラベルが貼られており、エピフォンファンにはたまりません。低音域〜高音域をバランスよく鳴らせるため、さまざまなジャンルの曲で活躍してくれます。くびれが少し深くて抱えやすいので、演奏のしやすさを重視する方にもおすすめです。

タカミネ(Takamine) エレアコ PTU541C

豊かな響きで音を鳴らせる大きめのボディながら、薄型で演奏しやすいエレアコ。タカミネオリジナルの形状を採用しており、くびれがフィットするため座ったときも弾きやすいのが魅力です。スプルース材とマホガニー材の単板を採用することで、明るさと暖かさを兼ね備えた味のあるサウンドが楽しめます。

プリアンプは「CT-4BII(PTU)」を採用。音質を3つに切り替えられるほか、チューナー機能も搭載されているため便利に使えます。オート・オフ機能により、電池消耗を抑えられるのもポイントです。

タカミネ(Takamine) エレアコ PTU431K

ウクレレに使われるハワイアンコア材を採用することで、明るくて伸びのあるサウンドを鳴らせるエレアコ。630mmと短い弦長が特徴で、弦のテンションが低いためラクにコードを押さえられます。ボディがコンパクトなので抱えて演奏しやすいのもポイントです。

プリアンプはチューナー機能や音質補正機能が搭載された「CT-4BII(PTU)」を採用しており、便利なのはもちろん、アンプに繋げたときのサウンドもキレイなのでぜひチェックしてみてください。

フェンダー(Fender) エレアコ FA-345CE

エレキギターのメーカーとして有名な「フェンダー」のエレアコ。質が高いフレイムメイプル材をトップに用いており、鳴らしたときに音の厚みを感じられるのが魅力です。表面が独特な模様に仕上がっているのもポイント。ボディは低音域から高音域まで豊かに響くオーディトリウムという形状を採用しています。

老舗メーカー「Fishman」のプリアンプを搭載しており、アンプに繋げた状態でもアコースティックサウンドをしっかり鳴らせるのが特徴です。

マーティン(Martin) エレアコ D-45E Retro

シトカ・スプルース材とインディアン・ローズウッド材を用いたオール単板のモデル。「スキャロップド・Xブレイシング」という骨組みを採用しており、クリアなサウンドを鳴らせます。握りやすいハイパフォーマンステーパーネックのため、ラクに指を動かせるのが魅力です。

プリアンプは「Aura VT Enhance(Sanken 31)」というFishmanのモノを搭載。これによりマーティンらしいサウンドを存分に楽しめます。価格は高いですが、弾きやすさ・音質ともに優れたおすすめの1本です。

エスヤイリ(S.Yairi) エレアコ YE-4M

エスヤイリオリジナルの形状を採用しているエレアコ。くびれがありながらも十分な大きさがあるので、弾きやすさと響きやすさを両立させているのが特徴です。カッタウェイが採用されているほか、1弦と2弦が24フレットまであるため高音域の演奏にも適しています。

カラーバリエーションは3トーンサンバースト・ブラックサンバースト・ブルーサンバースト・ワインレッドサンバーストが用意されており、どれも落ち着いた色合いに仕上がっているのが魅力です。

モーリス(Morris) エレアコ G-401

アコースティックギターの老舗メーカー「モーリス」が展開しているエレアコ。チューナー機能を搭載した同社のMP3プリアンプが採用されており、ギター1本でスムーズにチューニングを行えるのが魅力です。生音でもしっかり音を鳴らせるため、エレアコとしてもアコースティックギターとしても活躍してくれます。

厚みのあるピックガードを採用しているので、豪快なストロークで演奏を楽しみたい方にもおすすめ。グロス仕上げで高級感のある見た目になっているのもポイントです。

ヘッドウェイ(Headway) エレアコ HF-V150SE

アリ溝加工を施すことで、豊かな響きのサウンドを鳴らせるエレアコ。弦の高さがしっかりと調節されており、コードを押さえやすいのが特徴です。フレットの角が丸く加工されているため、ストレスを感じずスムーズに指を動かせます。アバロン貝による装飾が至るところに施されており、おしゃれな雰囲気を演出しているのもポイントです。

エレアコの初心者向けおすすめセット

セピアクルー(Sepia Crue) エレアコ 初心者入門20点セット EAW-01

初期費用を抑えてエレアコを始めたい方におすすめの初心者向けセット。アンプやシールドをはじめ、ピックやチューナー、教則本やハーモニカまで揃っており付属品が充実しています。

エレアコ本体は「セピアクルー」というリーズナブルなメーカーのモノで、低価格ながら難なく演奏できるため練習用やサブギターとしておすすめ。音質の調節機能が付いたプリアンプを搭載しているので、自分好みの音を作れます。ナチュラル・マホガニー・ワインレッドなどカラーバリエーションが豊富なのも魅力です。

ヤマハ(YAMAHA) エレアコ 19点セット LL16D ARE

「エレアコを初めて買うけれどせっかくなら質のよいモデルが欲しい」という方に最適なヤマハの初心者向けセット。エレアコ本体はもちろん、アンプもヤマハ製のモノなので品質が安定しており、安心して使えます。USBケーブルを使えばアンプとパソコンを繋げることもできるため、ギターの音を録音したいときにおすすめです。

ギターはヤマハの「LL16D ARE」というモデルで、A.R.E処理が施されており深みのあるサウンドを鳴らせるのが魅力。チューナーやピックなどのほか、弦の滑りがよくなる指板潤滑剤など便利な付属品が揃っています。