沖縄生まれの蒸留酒「泡盛」。今や、沖縄県内のみならず全国で幅広い層のファンを獲得しており、沖縄土産には欠かせないお酒です。

泡盛は銘柄によって風味や味わい、香りが大きく異なるため、幅広く楽しめるのも魅力のひとつ。そこで今回は、泡盛のおすすめ銘柄をご紹介します。選び方やおいしい飲み方についても解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

泡盛ってどんなお酒?

By: amazon.co.jp

泡盛は、約600年もの長い歴史を持つ琉球諸島産の蒸留酒です。日本最古の蒸留酒であるとも言われており、本格焼酎と同じジャンルに分類されます。しかし、その原料や製法には明確な違いがあり、一般的に芋・麦・米を原料として白麹菌を用いる焼酎に対し、泡盛は主にタイ米を原料として黒麹菌を使用しているのが特徴です。

また、焼酎は一度発酵させ芋や麦、米などの主原料を投入する“二次仕込み”で造られますが、泡盛は原料(タイ米)すべてを麹にして発酵させる“全麹仕込み”で造られるのもポイント。この製法は、泡盛が誕生して以来現在に至るまでずっと変わらず、伝統の製法として受け継がれています。

なお、泡盛は3年以上じっくりと熟成させることで、より芳醇な風味を醸し出す「古酒(くーす)」として楽しめるのも大きな魅力。ぜひ、その芳醇な味わいと甘く濃厚な香りを堪能してみてください。

泡盛の選び方

度数で選ぶ

泡盛のアルコール度数で一般的なのは30度ほどで、古酒の中には50度を超えるものもあります。アルコール度数はワインや焼酎よりも高いため、お酒が弱い方はできるだけ度数の低い泡盛を選ぶのがおすすめ。

また、ロックや水割りなどの割り方でもアルコールの度数が変わるため、自分のよく飲む割り方に合わせて、丁度よい度数を選びましょう。

味わいの傾向で選ぶ

かろやかで飲みやすい爽酒

By: amazon.co.jp

爽酒は比較的クセがなく飲みやすい泡盛です。多くの泡盛は常圧蒸留で作られますが、蒸留器の内部圧力を下げて蒸留する減圧蒸留によって作られた泡盛は、かろやかでソフトな味わいになる傾向があります。雑味を抑えた爽やかな味は飲みやすいので、泡盛初心者におすすめです。

香りの強い薫酒

薫酒は香りの強い泡盛を指し、泡盛をストレートやロックで飲みたい方におすすめです。果実や花のようなフルーティーな香りや、アーモンドのような香ばしい香り、バニラのような甘い香りなど、銘柄によってさまざまな香りが感じられます。

コクがある醇酒

By: amazon.co.jp

醇酒はまろやかで複雑な味わいの泡盛です。瓶詰め前のろ過を軽くした泡盛はコクのある味わいになる傾向があります。また、度数が高いほうが深いコクが感じられ、寝かせた古酒になると、含まれる成分が年月によって変化し、複雑で厚みのある風味を生み出します。泡盛独特のクセがお好みの方には、醇酒がおすすめです。

こってりとした深い味わいの熟酒

By: amazon.co.jp

泡盛は熟成するにつれまろやかになり、古酒になると風味が凝縮された深い味わいの熟酒になります。これは泡盛の蒸留回数が1回であることに起因し、含まれるさまざまな成分が別の成分へと変化することで風味も変化するためです。

泡盛は瓶詰めしてからも熟成するので、家庭で熟成させて楽しむこともできます。

容器の材質で選ぶ

ビン

By: amazon.co.jp

ビン入りの泡盛のメリットは、高級感が味わえることです。パッケージのデザインを楽しむことができ、グラスに注ぐ行為も含めて至福の時を演出してくれます。

二つ目は瓶熟成ができること。泡盛は瓶のまま保存しても、品質劣化が少ないどころか、古酒として味の変化が楽しめます。記念日に購入して、数年後のお祝い事で封を開けるというのもおすすめです。

紙パック

By: amazon.co.jp

紙パックのよさは、置き場所に困らずに飲んだ後の廃棄が楽であること、さらに比較的単価が抑えられることが挙げられます。毎日晩酌するなど、ハイペースで飲む方にとってはうれしいポイントです。また、割れる心配がないので、屋外で飲む場合にも重宝します。

シーンで選ぶ

豊富な種類を誇る泡盛は、シーンに合わせて選んでみるのもひとつの方法です。

友人との飲み会やパーティーなど、大勢で泡盛を楽しむ場合には、爽やかな風味で飲みやすいタイプを選んでみましょう。大勢で集まるとお酒をつい飲み過ぎてしまうこともあるため、アルコール度数が少し控えめのモノを選ぶと安心です。

また、プレゼントや来客のおもてなしとして用意する場合は、泡盛本来の芳醇な旨味が楽しめる古酒がおすすめ。一般的に居酒屋や飲食店で出される泡盛は、熟成期間が3年未満の「一般酒」と呼ばれるタイプが多いため、普段なかなか飲む機会のない年代物の古酒はギフトに最適です。

泡盛のおすすめ銘柄|爽酒

比嘉酒造 残波 ホワイト

残波は沖縄本島の読谷村にある比嘉酒造が製造する泡盛の定番とも言える人気ブランドです。残波ホワイトは6年連続モンドセレクション金賞受賞するなど、高い評価を得ています。アルコール度数は25%と、泡盛の中では比較的飲みやすいのも特徴です。

透明感があり、泡盛独特のクセを抑えた味わいは飲みやすく、「ザンシロ」の愛称で地元沖縄でも人気があります。フルーティーな香りとクリアで爽やかな飲み口は、泡盛初心者や女性にもおすすめです。

久米島の久米仙

久米島の久米仙は、その名のとおり久米島で作られています。自然豊かな久米島の天然湧水で仕込まれた泡盛は、すっきりした飲み口とほんのりした甘みが特徴です。度数はオーソドックスな30%なので、ロックや水割りはもちろん、カクテルベースとしてもおすすめ。

久米島の久米仙には紙パックタイプをはじめ、冷蔵庫にコンパクトに収納できるパウチタイプや、リサイクル可能なペットボトルタイプ、コーラやジンジャーエールで割ってスリムボトルに瓶詰めしたものなど、さまざまなタイプが発売されているので用途に応じて選べます。

識名酒造 時雨

時雨は、沖縄本島の首里城近くにある識名酒造で創業当時から作られている看板銘柄です。秋から冬にかけての通り雨をイメージして作られた時雨は、華やかな香りと爽やかな口あたりが特徴。

ラベルに「古風味豊かな」と表示されているように、まろやかながらも泡盛らしい味がしっかり感じられる一品です。素朴でレトロなデザインが目を引くので、お土産にも喜ばれそう。泡盛初心者が少しステップアップしたいときにもおすすめします。

請福酒造 直火請福

請福酒造は昔ながらの直火釜蒸留法にこだわる、石垣島の酒造所です。ボイラー蒸気で蒸留するのが一般的な現在でも、ひとつひとつの釜の火を調整しながら丁寧に蒸留しています。ほんのりした甘味と直火由来の香ばしさが特徴です。

飲みやすく、しっかりした飲み応えの魅力にはまる方も多く、食中酒にもおすすめできます。取り扱いが楽な紙パックタイプは、直火ファンや毎日の晩酌に飲みたい方にはうれしい製品です。

泡盛のおすすめ銘柄|薫酒

八重泉酒造 八重泉

八重泉は石垣島の酒造所、八重泉酒造で一番人気の製品で、鑑評会でも数々の受賞歴がある泡盛。昔ながらの直火製法でつくっているため、穀物の深く芳醇な香りが楽しめ、甘さを抑えたすっきりした飲み心地も特徴です。

クセがないので飽きずに飲むことができ、まろやかな味わいはロックで飲むのがおすすめ。香りを楽しみたい方は、お湯割りにすると、より豊かな香りが感じられます。

宮里酒造所 春雨 ゴールド

宮里酒造所は那覇にある小規模酒造所。銘柄は春雨の一つに絞られており、量より質にこだわる姿勢で作るため、市場に出回る量が少ないことで知られます。沖縄国際海洋博では皇室献上酒として献上され、2000年の沖縄サミットでは、晩餐会で各国主賓にふるまわれるなど銘酒として名高い泡盛です。

油臭さのない上品な香りが特徴ですが、1~2年熟成させて古酒風味に仕上げているので、同じく人気の「春雨カリー」と比べるとより深い味わいとナッツ系の香りが感じられます。泡盛通はもちろん、初心者にもおすすめの一品です。

ヘリオス酒造 くら

くらは、モンドセレクション金賞受賞歴もある三年熟成古酒です。美しい琥珀色をした泡盛で、発売以来のロングセラー製品。ヘリオス酒造は名護市の酒造所で、泡盛のほか、ビールや焼酎、ウイスキーなども製造する総合酒類メーカーとして知られます。

酒の熟成を促すと言われる銅製蒸留器を使い、ウイスキーなどを寝かせるオーク樽で熟成させた古酒で、樽熟成ならではの華やかでエレガントな香りと、古酒のまろやかで深い味わいが特徴。基本の飲み方は香りが際立つロックで、冬にはお湯割りもおすすめです。

比嘉酒造 残波 黒

「ザンクロ」の愛称で知られる残波黒の紙パックタイプです。沖縄の居酒屋では定番とも言える残波黒は、残波白と比べると、厚みのあるどっしりとした味わいが特徴。芳醇な香りとコクのバランスがよく、泡盛通も満足する味わいです。

エコな上、まとめ買いしても置き場所を取らない紙パックタイプは、毎日の晩酌用にぴったり。飽きずに飲み続けられる安い薫酒をお探しの方におすすめします。

泡盛のおすすめ銘柄|醇酒

菊之露酒造 菊の露 VIPゴールド

菊の露VIPゴールドは、8年貯蔵酒をベースに作られた菊の露酒造で人気ナンバーワンの度数30%の泡盛。芳醇な風味とマイルドな舌触りの泡盛は、リピーターが多いことでも知られます。熟成したふくらみを感じられるコクのある味わいが、リーズナブルに手に入る一品。

ほかにも5年古酒のVIPスタンダードや度数40%の5年古酒菊の露があります。陶壺にシュロ縄を巻いた壺浪漫は高級ラインナップなので、お世話になった方へのギフトや自分へのご褒美におすすめです。

高嶺酒造所 於茂登

石垣島にある高嶺酒造の於茂登の美味しさの秘訣は、地元、於茂登岳の天然水仕込みと全行程手作りの製法にあります。直火製法ならではの上品で香ばしくて甘い香りとえぐみのない旨みが特徴です。

また、じっくり寝かせた独自の老麹は、酵母の量が多く、一般酒でありながら古酒のような風味が楽しめます。泡盛本来の旨みを生かした簡易ろ過のため、コクがあり、のびがきくため薄くならないので水割りで飲むのもおすすめ。

手作りの工程をガラス越しのギャラリーで見学することができ、古酒のボトルキープをしてくれるなど、ユニークな企画で愛飲者との距離を縮める蒸留所です。

久米仙酒造 久米仙ブラック古酒

「一歩進んだ泡盛づくり」をモットーに、初心者向けの飲みやすい製品から泡盛通をうならせる製品をラインナップしている久米仙酒造。久米仙は1952年の創業当時から販売される代表銘柄で、こちらのブラックは泡盛通も納得の度数43%の古酒です。

度数43%とは思えないまろやかな味わいですが、トロっと濃厚な味わいはさすがの古酒。ロックで飲むと、豊かな余韻が楽しめます。重厚感のあるブラックの角瓶にシルバーの文字のデザインは高級感があり、お手頃価格なのでちょっとした贈り物にもおすすめです。

崎山酒造廠 黒の松藤

崎山酒造廠の2代目夫妻の名前から名付けられた松藤は、結納などの慶びの席で使用されることも多い泡盛です。通常より長い3日をかけて麹を熟成させ、28日の長期発酵を経て、その後のろ過も抑えているので、泡盛特有の旨味がありながら優しい味わいに仕上がっています。

松藤黒は、黒麹の旨みを引き出した、醇酒の味わい。数々の受賞歴を持つ崎山酒造廠が自信を持って送り出す、クセがないのに深いコクがあるこだわりの松藤黒が紙パックタイプでリーズナブルに味わえる、コスパの高い一品です。

泡盛のおすすめ銘柄|熟酒

忠孝酒造 忠孝原酒

忠孝原酒は沖縄県産マンゴーの果実酵母で仕込まれた珍しい泡盛。甘い香りとトロリと濃厚なコクが特徴。忠孝酒造は沖縄本島南部の豊見城村にあり、社員全員が醸造学の博士号を取得し、日本醸造学会の日本醸造協会技術賞を受賞するなど、向上心の高いメーカーです。

古酒の魅力である甘い香りは「4-VG」という成分が変化した「バニリン」によるものですが、マンゴー酵母で作られた泡盛は従来の泡盛酵母に比べ約10倍の「4-VG」を含んでいると謳われています。そのため、一般酒ながら古酒のような甘い香りとまろやかな味わいが魅力。

原酒でアルコール度数も高いため、自宅での古酒作りにもおすすめの製品です。

北谷長老酒造工場 北谷長老古酒

北谷長老酒造所は北谷町にある小さいながらも150年の歴史を持つ由緒ある酒造所です。地元でしか販売されていなかった北谷長老は、口コミで評判が広まり、今や全国的にも有名な泡盛になりました。質を重視しているため大量生産は行わず、独特の風味を守っています。

北谷長老古酒は、古酒特有の華やかで上品な香りと奥深いまろやかなコク、余韻のある甘口の心地よさが特徴です。昔ながらの伝統的な製法で丁寧に作られたこちらの古酒は、口に含むたびに違った味わいや香りが楽しめる奥深い泡盛。ストレートやロックでいただくのがおすすめです。

瑞泉酒造 瑞泉 古酒

首里城近くにある瑞泉酒造は120年以上の歴史がある酒造所で、古酒作りに力を注ぎ、古酒蔵を別地に構えて沖縄屈指の貯蔵量を誇ります。銘柄は古酒がメインで、古酒の年代や度数のバラエティも豊かです。

3年以上熟成されたものが古酒と呼ばれますが、瑞泉酒造の古酒はすべて7年以上熟成されたもの。カメ熟成ならではの芳香な香りと深いコク、まろやかな味わいは絶品です。瑞泉古酒はジューシーな牛肉料理に合わせて飲むことをおすすめします。

今帰仁酒造 美しき古里 古酒

酒造所が位置する地名をそのまま社名にしている今帰仁酒造は、泡盛を育む地域の自然への感謝と愛情をモットーにする酒造所。その思いが詰まった美しき古里は当初、アルコール度数は20%のみの販売でしたが、要望に応えて度数30%が販売されるようになりました。

古酒は元の美しき古里のやさしくふくよかな味わいと、泡盛独特の深いコクと芳醇な香りのハーモニーが楽しめます。珍しい紙パックタイプの古酒で、保管や廃棄も便利です。

泡盛を使ったリキュールのおすすめ銘柄

新里酒造 フルーツ工房パッション

新里酒造は創業170年以上の沖縄最古の酒造所です。伝統の味を大切にしながらも、流行や嗜好に合わせた進化にも挑戦し、その一つがこちらのフルーツ工房パッション。クエン酸をたっぷり含んだパッションフルーツの味わいを表現したリキュールです。

南国を思わせる華やかで爽やかな香りと、甘酸っぱさが感じられます。12%とワインくらいのアルコール度数なので、お酒が弱い方にもおすすめ。ソーダ割りにすればより飲みやすく、カクテル感覚で飲めます。一升瓶での販売もあるので、大人数でのパーティーにもおすすめです。

南都酒造所 南都 35コーヒーリキュール

風化サンゴで焙煎したコーヒー豆を泡盛に仕込み、約1ヶ月後に取り出して出来上がったコーヒーリキュールです。コーヒーの苦味と酸味がバランスよく感じられ、泡盛が香りを引き立てます。

ハブ酒とクラフトビールで有名な南部酒造所ですが、おしゃれなパッケージのこちらも人気で、お土産にもぴったりです。ロックや水割り、ホットのほか、ミルクで割ったりアイスクリームにかけたりするのもおすすめ。コーヒー好きにはたまらない、異色の泡盛リキュールです。

番外編:泡盛のおいしい飲み方

蒸留酒の一種である泡盛は、さまざまな飲み方で楽しめるのも魅力のひとつ。好みの味わいや飲み口に合わせて飲み方を工夫することで、泡盛の魅力を最大限に堪能できます。ぜひチェックしてみてください。

水割り

アルコール度数が高いお酒が苦手な方や、泡盛初心者の方には水割りがおすすめです。水割りは、氷を一杯に入れたグラスの中に泡盛を注ぎ、水を注いだ後にかき混ぜるだけというシンプルな飲み方。一番ポピュラーな飲み方でもあり、水を加えることで高い度数の泡盛でも飲みやすくなります。

なお、好みの味わいに合わせて水の割合を調整できるのもポイント。アルコール度数が15~20%になるように水の割合を調整すると、泡盛がもつ風味や香りを損なわずにまろやかな飲み口を楽しめます。

ストレート

By: rakuten.co.jp

泡盛本来のコクの深い味わいや芳醇な風味、甘みのある香りを堪能するには、ストレートがおすすめです。特にじっくりと熟成された古酒は、ストレートで飲むことでその旨味を最大限に堪能できます。

器に泡盛をそのまま注ぐだけの簡単な飲み方であるからこそ、泡盛用の陶製酒器(カラカラ)やお猪口を用意し、泡盛の世界観を演出しながら楽しんでみてください。

オン・ザ・ロック

キレのあるひんやりとした飲み口を楽しみたい場合には、オン・ザ・ロックがおすすめ。グラスに大き目の氷を詰めて、ゆっくりと泡盛を注いでいきます。大体グラスの半分位まで注ぐのがポイントです。

最初はキリっと引き締まった飲み口と泡盛本来の豊かな風味を堪能し、徐々に氷が解けてくることで水割りのような優しくまろやかな風味を味わえます。ゆっくりと変化していく味わいを楽しんでみてください。

お湯割り

泡盛の醍醐味である華やかな香りを最大限に楽しみたい方には、お湯割りがおすすめです。器にお湯を注いだ後に、泡盛を少しずつ注いでかき混ぜます。湯気と共に泡盛の豊かな香りがふわっと広がるのが魅力です。

身体を芯から暖めてくれるお湯割りは、冬の寒い季節にもぴったり。熱すぎるお湯は泡盛の香りを飛ばしてしまう可能性があるため、70℃前後のお湯を使用しましょう。

ソーダ割り

さっぱりとした飲み口と喉越しを楽しみたい方には、ソーダ割りがおすすめ。グラスにカットしたライムやシークワーサー、レモンなどを入れて、氷をグラス一杯に詰め込みます。好みの量の泡盛を注いだ後、ソーダを加えて数回静かにかき混ぜると完成です。

かき混ぜすぎるとせっかくの炭酸が逃げてしまうので要注意。なお、泡盛の分量は水割りよりも少なくすると、ソーダの爽快な飲み口をさらに楽しめます。また、ソーダの代わりにコーラを入れて簡単なカクテルを作ってみるのもおすすめです。ぜひ気軽に試してみてください。