お酒のなかでも甘さと爽やかな酸味が特徴の「梅酒」。お酒に弱い方でも飲みやすいため、老若男女問わず、幅広い世代から支持されています。

とはいえ、発売されている銘柄のラインナップが多く、お気に入りの1本にたどり着くにはなかなか時間がかかるものです。そこで今回は、おすすめの梅酒をご紹介。選び方のポイントやおすすめの飲み方についても解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

梅酒とは?

By: choya.co.jp

梅酒とは、その名の通り梅の実を使って造られたお酒です。6月ごろに収穫される青梅を、ホワイトリカーや焼酎、ブランデーといった蒸留酒に漬け込んで造られるモノ。昔から梅酒は家庭でも気軽に造れるお酒として親しまれ、現在では数多くの市販品も販売されています。

なお、梅酒は梅・糖類・酒類のみを使用し、添加物が使用されていない「本格梅酒」と、酸味料などの添加物が加えられた「梅酒」に分けられます。購入の際は表記をチェックしてみましょう。

梅酒は甘くフルーティーな風味と爽やかな香りが魅力。その口当たりのよさでついつい飲みすぎてしまいがちですが、梅酒のアルコール度数はおよそ10~25%とやや高めです。

梅酒の選び方

梅の種類で選ぶ

By: choya.co.jp

国内で栽培されている梅の品種は、約300種類にもおよびます。実がなり、加工物となる「実梅」のなかでも特に梅酒に使われることが多いのは「南高梅」です。

ほかにも鶯宿、豊後、白加賀、竜峡、古城、玉英、青軸などが梅酒に使われることの多い品種。飲み比べをしたい方は、選ぶ際にしっかりとチェックしてみてください。

ベースのお酒で選ぶ

ホワイトリカー

By: amazon.co.jp

梅酒に限らず、果実酒を造る際に用いられることが多いのが「ホワイトリカー」。お酒の種類としては焼酎、具体的には甲類に分類されます。

特徴としては無味無臭に近く、果実の味わいをしっかりと引き出せるのが魅力。また、ホワイトリカーに含まれるアルコールが果実の腐敗を防ぐので、長期保存に向いているのもポイントです。

ウイスキー・ブランデー

ウイスキーやブランデーといった優雅な香りをもつお酒を使えば、芳醇な香りを楽しめる梅酒に仕上がります。ウイスキーやブランデーに梅の爽やかな香りが加わるので、ロックなどの飲み方でじっくりとお酒を楽しみたい方におすすめです。

日本酒

最近増えているのが、日本酒を使った梅酒。日本酒と梅の酸味が絶妙にマッチし、スッキリ飲める梅酒になると人気を集めています。熟成された梅と日本酒特有の甘さも楽しめるので、ほどよい甘さとまろやかさを楽しみたい方におすすめです。

焼酎

自宅で梅酒を漬けるときにも使われるホワイトリカーは、焼酎の一種です。ホワイトリカーは無味無臭なので、梅の香りや風味を存分に味わえる梅酒に仕上がります。

一方、ホワイトリカー以外の焼酎で梅酒を造っているメーカーもあるので、焼酎ごとに異なる味わいを確認するのも楽しみのひとつ。麦などで造られた焼酎を梅酒に使うと、独特の香りを残しつつ梅の爽やかな香りを引き立てられます。お酒好きな方はぜひ試してみてください。

熟成具合で選ぶ

By: choya.co.jp

梅酒はベースとなるお酒と梅の実、そして砂糖を長期間漬けることで熟成が進みます。家庭で造る場合は3ヶ月ほど熟成させるのが一般的。長く熟成させることで、香りやコクのある味わいの美味しい梅酒を造ることが可能です。

市販品のなかには、数ヶ月梅酒を漬けた梅の実を取り出し、さらにそのまま熟成を続けて完成させる梅酒もあります。梅酒が好きな方は、熟成期間の異なるモノを飲み比べてみてください。

黒砂糖やハチミツなどブレンドされているモノによって選ぶ

梅酒の糖分として、氷砂糖や黒砂糖、はちみつなどを使う場合があります。なかでも、一般的に使われるのは氷砂糖です。原料を黒砂糖やはちみつに変えることで、独特のコクや甘みが生まれます。

また、すりおろした梅の果肉を加えたものは「にごり梅酒」と呼ばれ、果実感を楽しめる梅酒として人気です。とろっとした食感が加わり、デザート感覚で飲むこともできます。ほかにも緑茶・紅茶・赤紫蘇・ゆずをブレンドしたものなどもあり、バリエーションが豊富です。

梅酒のおすすめ銘柄

サントリー(SUNTORY) 山崎蒸溜所貯蔵 焙煎樽仕込 梅酒

サントリー(SUNTORY) 山崎蒸溜所貯蔵焙煎樽仕込梅酒

30年以上ウイスキーを貯蔵していた樽を使用し、じっくりと時間をかけて熟成させた樽仕込梅酒。熟成中に、ウイスキーに含まれるポリフェノールがじわじわとにじみ出ているため、独特の渋みとまろやかさが味わえます。

樽は焙煎してから使用されているので、バニラのような甘く奥深い焙煎香が感じられるのも特徴です。中に詰めた梅酒は、焙煎香によく合う厳選国産梅を100%使用。甘ったるくない、上品で控えめな甘さとすっきりとしたドライな後口が楽しめます。

アルコール度数は14%で、ロックやハイボールにして飲むのがおすすめです。ピリッとスパイスの効いた料理や、甘辛い味つけの料理との相性がよく、おいしさを引き出してくれます。

明利酒類 梅香 百年梅酒プレミアム

明利酒類 梅香 百年梅酒プレミアム

梅の産地として有名な水戸で作られた梅酒。選りすぐりの国内産青梅をふんだんに使用しているため、梅のフルーティーな風味と甘み、香りが際立っています。水戸の梅酒大会にて1位を獲得した実績があり、梅酒好きにこそおすすめの1本です。

独特の甘く濃厚な香りや奥深い味わいをもたらすブランデー、コクや甘みをプラスするはちみつ・黒糖を加えることで、重厚感のある味わいに。トロリとした口当たりで、複雑で濃厚な味わいが口いっぱいに広がります。

アルコール度数は20%とやや高め。おいしさをダイレクトに味わう、ストレートやロックがおすすめの飲み方です。

眠り姫 ア・ラ・シャンパーニュ

眠り姫 ア・ラ・シャンパーニュ

女心をくすぐる素敵なネーミングが印象的な梅酒。ロゼワインのような淡いピンク色が美しく、テーブルの上でも映えるのでお客様をおもてなしするのにもぴったりです。

大麦100%の焼酎「のんのこ」に、伊万里で採れた青梅をたっぷりと漬け込み、それをオーク樽でじっくりと6年もかけて熟成して作られているのが特徴。口に含むと濃厚な梅の香りと甘みが広がり、あとからオーク樽特有のスモーキーな香りやコクが感じられます。

アルコール度数は12%と控えめで、強いお酒が苦手な方も飲みやすいのが魅力。なめらかな口当たりでまろやかな味わいなので、辛い料理ともマッチします。まるでシャンパンのように楽しめる、ソーダ割りもおすすめです。

マンズワイン(MANNS WINES) 万上 金箔入り梅酒

マンズワイン(MANNS WINES) 万上 金箔入り梅酒

中に金箔が入っている華やかな梅酒。豪華な雰囲気で、お祝いの席やおもてなしにぴったりの1本です。まるでシャンパンのような淡く美しい液色や、すっきりとしたデザインのボトルも高級感が漂っています。

国産梅を使用して作られた梅酒は、フルーティーで上品な味わい。ふくよかで心地よい香りと、なめらかな口当たりが魅力です。梅酒独特の酒質により、金箔がゆっくりと舞い降りるのもポイント。グラスを口に運ぶたびに金箔がキラキラと光るので、贅沢な気分にさせてくれます。

アルコール度数は飲みやすい13%。金箔の美しさを存分に味わうためにも、ストレートやロックといった飲み方がおすすめです。ぜひグラスにもこだわって、極上のひとときを過ごしてみてください。

合同酒精 鍛高譚の梅酒

合同酒精 鍛高譚の梅酒

鮮やかな紫色が印象的な梅酒。赤しその自然な色合いで、香料や着色料などは一切使用していません。赤しその爽やかな香りと、梅酒のまろやかな味わいの両方が楽しめます。

色合いが美しく、テーブルを華やかに彩るため、おもてなしの席にもおすすめ。また、梅酒好きの女性へのプレゼントにもぴったりです。

アルコール度数は12%と、梅酒のなかではやや低め。定番のロックやソーダ割りのほか、飲むヨーグルトで割るとさらにまろやかな口当たりで飲みやすくなるため、強いお酒が苦手な方にもおすすめの飲み方です。

梅乃宿酒造 あらごし梅酒

梅乃宿酒造 あらごし梅酒

奈良県西吉野産の梅をふんだんに使用し、果実感たっぷりに仕上げたにごり梅酒です。ひと瓶につき、18個もの梅の果肉をブレンドしてあるのでとろみがあり、口の中いっぱいに梅のおいしさが広がります。

梅のフルーティーな甘酸っぱさや爽やかな香り、ジューシーな口当たりはまるでデザートを食べているかのような味わいです。食後に、デザートワインの代わりとして楽しむのがおすすめ。

アルコール度数は12%と控えめなので、お酒に弱い方でも飲みやすいのが特徴です。ぜひストレートで、トロリとした食感とフルーティーな風味を存分に楽しんでみてください。

山口酒造場 特選梅酒うぐいすとまり 鶯とろ

山口酒造場 特選梅酒うぐいすとまり 鶯とろ

美しいウグイス色のボトルが爽やかな梅酒。うららかな春にこそ飲みたい、季節感あふれる1本です。自家製の粕取焼酎に質のよい青梅をたっぷりと漬け込み、熟成させて作られた梅酒に、梅のピューレをブレンド。とろりとした濃厚な飲み口で、梅独特のジューシーな果実感と甘みのあとに爽やかな酸味が感じられる梅酒に仕上がっています。

アルコール度数は強いお酒が苦手な方でも飲みやすい12%。こってり、とろりとした口当たりと、梅のふくよかな味わいを存分に楽しむためにも、ロックで飲むのがおすすめです。

山口合名会社 完熟マンゴー梅酒 フルフル

山口合名会社 完熟マンゴー梅酒 フルフル

元気が出そうなオレンジ色が目を引く梅酒。日本酒ベースで作られた梅酒に、マンゴーやパッションフルーツをブレンドし、トロピカルな味わいをプラスしています。ちょっと変わった梅酒を飲んでみたい方におすすめの製品です。

口に含むと、マンゴーの濃厚でジューシーな味わいと、パッションフルーツのきりっとした酸味が広がり、あとから梅酒が上品に香ります。甘ったるくなく、後口が爽やかになるのでついつい飲みすぎてしまいそうなおいしさです。

ジュースのような見た目ですが、アルコール度数は14%とやや高め。ストレート・ロック・ソーダ割りと、いろいろな飲み方で楽しめるフルーティーな梅酒です。

諸橋酒造 越乃景虎 梅酒

諸橋酒造 越乃景虎 梅酒

越野景虎「龍」で仕込まれた、日本酒を使って作られた梅酒。清酒本来のうまみや甘みと、梅のフルーティーな酸味とが調和し、甘さのなかにもすっきりとした爽やかさが感じられる味わいに仕上がっています。

日本酒と梅の混じり合った香りが非常に心地よく、優しい飲み口が魅力的。アルコール度数は12.5%とやや控えめで飲みやすく、日本酒初心者の方や甘すぎる梅酒が苦手な方にもおすすめの1本です。

クセがないので、食前酒や食中酒としてストレートで味わうのがおすすめ。さらりとした口当たりでどんな料理とも相性がよく、気軽に楽しめる梅酒です。

若鶴 ウメスキー

若鶴 ウメスキー

ウイスキーに梅を漬け込んで作った梅酒。大振りでジューシーな稲積梅をふんだんに使用し、毎年7月に新鮮な青梅を漬け込むことで梅の味わいを存分に引き出しています。

1年かけてじっくりと梅の風味がにじみ出ており、ウイスキーの芳醇でとろりとした奥深い味わいのなかに、梅のフレッシュでフルーティーな甘みと酸味が加わり、軽やかで飲みやすい味わいです。

アルコール度数は、ウイスキーベースなだけに24%と高め。ロックで楽しむのもソーダ割りで気軽に味わうのもおすすめです。

チョーヤ梅酒 エクセレント

チョーヤ梅酒 エクセレント

ブランデーで仕込まれた香り高い梅酒。上質な紀州南高梅のみをふんだんに使用しており、梅の爽やかな風味とフルーティーな甘みが芳醇なブランデーの香りと溶け合い、甘く濃厚に仕上がっています。

まろやかで奥深い味わいがあり、全国梅酒品評会やモンドセレクションなど、国内外問わず数多くの賞を獲得するほどの実力。ロックやストレートで味わうほか、お湯割りで飲むのもおすすめです。

高千穂酒造 熟成高千穂梅酒

高千穂酒造 熟成高千穂梅酒

宮崎県の高千穂酒造の梅酒。もともと玉の露酒造として1902年に創業し、現在の屋号になったのが1976年と、明治時代から続く蔵元が醸造しているのが特徴です。

社名になっている高千穂地方の山深い里で育った完熟梅を使用しているほか、麦焼酎の原酒と氷砂糖で漬け込んでいるのもポイント。無添加・無着色で、芳醇な香りとすっきりとした甘さを楽しめるのが魅力です。濃厚な梅酒を求めている方は、ぜひ試してみてください。

菊正宗 古城梅酒 原酒

菊正宗 古城梅酒 原酒

1659年創業の老舗蔵元として知られる菊正宗酒造の梅酒。青梅で一級品といわれる和歌山県産の「古城梅」を使用し、じっくりと寝かせ、原酒のまま瓶詰しているのが特徴です。

アルコール度数は21%とやや高めで、エキス分は22%と濃厚。 味をしっかりと堪能したい方はロック、すっきりさっぱり飲みたい方はソーダ割りがおすすめです。

中埜酒造 國盛 ローズ梅酒

中埜酒造 國盛 ローズ梅酒

愛知県に本社を構える中埜酒造の梅酒。その名の通り、ローズとローズヒップをアルコールに漬け込み、芳しい香りが楽しめるのが特徴です。

できあがった原酒に梅酒をブレンドし、レモンで仕上げているのもポイント。アルコール度数は9%と比較的控えめなので、強いお酒が苦手な方にもおすすめです。

沢の鶴 古酒仕込み梅酒

沢の鶴 古酒仕込み梅酒

酒造メーカーとして全国的な知名度がある「沢の鶴」の梅酒。日本酒で梅を漬け込んでいるのが特徴で、まろやかで芳醇な味わいを堪能できるのが特徴です。

梅は和歌山県の紀州、そのなかでも丹念に育てられた上質の「南高梅」を採用。また、日本酒は3年以上かけて熟成させたまろやかな生酛造りの純米酒を使い、丁寧に仕上げています。心地よい酸味はもちろん、日本酒の旨みも感じられるおすすめの1本です。

篠崎 千年の眠り 梅酒

篠崎 千年の眠り 梅酒

福岡県の酒造メーカー「篠崎」の梅酒。同社を代表する麦焼酎「千年の眠り」をブレンドした1本で、梅酒の爽やかな風味と樽仕込み焼酎の芳醇な味わいを楽しめるのが特徴です。

アルコール度数は26%と梅酒としては高め。一般的な梅酒とはやや異なるテイストに仕上がっているので、お酒を飲み慣れている方はぜひ試してみてください。

瑞泉酒造 沖縄黒糖入梅酒

瑞泉酒造 沖縄黒糖入梅酒

1887年に沖縄で創業した「瑞泉酒造」の梅酒。琉球時代からの長い伝統を受け継ぎ、泡盛や古酒(クース)、リキュールなどを酒造しています。

本銘柄は、黒麹や全麹仕込みの「琉球泡盛」や、和歌山県産のブランド梅「紀州南高梅」と「沖縄黒糖」を使用しているのが特徴。

沖縄産の名産品と南高梅がバランスよく合わさり、さらっとした上質な味わいです。そのため、おつまみを食べながら楽しむ食中酒にもぴったり。ロックだけでなく、ソーダ割やお湯割りなど、幅広い飲み方で楽しんでみてください。

おおやま夢工房 樽仕込高級梅酒 ゆめひびき

おおやま夢工房 樽仕込高級梅酒 ゆめひびき

梅の生産地で有名な大分県大山町で生まれた梅酒。「ゆめひびき」は、梅酒造りに適している地元産の「鴬宿梅(おうしゅくばい)」を使用し、3年間熟成させます。さらに、ニッカウイスキーの熟成に使用されたオーク樽に貯蔵するのが特徴です。

梅・ウイスキー・オーク樽の香りが絶妙にマッチし、奥深さのあるコクが楽しめます。また、ドイツ製の角瓶や和柄の風呂敷など、おしゃれなデザインも魅力のひとつ。お中元やお歳暮、誕生日プレゼントなどの贈り物を探している方にもおすすめです。

チョーヤ 本格 黒糖梅酒

チョーヤ 本格 黒糖梅酒

豊かな香りと深いコクのある梅酒を好む方におすすめの製品。紀州産南高梅に黒糖・黒糖蜜・酒精・黒ラム酒のみを加えて作った本格的な梅酒なので、食後のデザート酒として飲んだり、バニラアイスにかけたりすると美味しく味わえます。

オンザロックやソーダ割りで飲むのもおすすめ。食後のひとときに飲めば、濃厚な味と香りに癒されます。程よい甘さで飲みやすいので、お酒の苦みが苦手な方でも抵抗なく飲めるのがポイント。手頃な価格も魅力の製品です。

八海山 八海山の原酒で仕込んだうめ酒

八海山 八海山の原酒で仕込んだうめ酒

日本酒で有名な八海山が製造している、日本酒ベースの梅酒。食事に合うよう甘くない味に仕上げており、飲み飽きしないのがポイントです。冷やして氷を入れずにストレートで飲むと、梅の自然な酸味と八海山ならではの柔らかな味わいを堪能できます。

アルコール度数は13%でソーダ割にも。原材料には清酒・国産梅・果糖・氷砂糖を使用しています。瓶やラベルのデザインがおしゃれなので、ちょっとしたプレゼントにも最適。中辛口の梅酒を探している方におすすめの製品です。

十勝ワイン 梅酒ブランデー仕込み

十勝ワイン 梅酒ブランデー仕込み

北海道の気候を活かしたワイン造りで有名な十勝ワインの梅酒は、北海道産青梅を十勝ブランデー原酒に漬け込んでいるのが特徴。フレンチオーク樽で熟成させた、芳醇な香りが堪能できる贅沢な梅酒です。

ブランデーの甘い香りに、梅特有の酸味のある香りがマッチしており、味だけでなく香りも楽しめます。サラリとした甘い味にコクがプラスされているため、ソーダ割りやロックで飲むのがおすすめです。食事と一緒に飲んでも美味しくいただけます。

小正醸造 小正の梅酒

小正醸造 小正の梅酒

本製品は青梅の産地として有名な奈良県王隠堂農園で減農薬栽培された、新鮮な青梅だけを使用しているのが特徴。鹿児島県伝統の本格焼酎をベースにしており、蜂蜜を加えてさらりとした甘さのなかにコクが感じられる味わいに仕上げています。

おすすめの飲み方は、たっぷりの氷を入れたロック。蜂蜜の程よい甘さと梅本来の酸味がしっかり感じられます。食事に合わせるときはソーダ割りもおすすめ。デザート酒としてストレートで飲んでも美味しく味わえます。

おおやま夢工房 鶯宿梅の原酒 ゆめひびき

おおやま夢工房 鶯宿梅の原酒 ゆめひびき

梅の産地として有名な大分県大山町で栽培された、鶯宿梅を使用した贅沢な梅酒。梅酒造りに適したエキスを多く含む鶯宿梅は高級梅として知られる品種で、本格的な梅酒の味わいを堪能できます。

製造方法にもこだわっており、漬け込みから熟成まで3年かけているのがポイント。無添加で濃厚な梅原酒なので、ロックで味わうとその美味しさがわかります。化粧箱がついているため、贈り物としてもおすすめ。贅沢な1杯を味わえる梅酒です。

岩波酒造 信州梅酒l

岩波酒造 信州梅酒l

本製品は岩波酒造自家製の豊後梅と特性梅酒用日本酒原酒を、100%使用しているのが特徴。アルコール度数が13%と低めでソフトな甘い味わいなので、お酒が弱い方にもおすすめです。原材料は日本酒・梅・氷砂糖のみで、酸味料や香料を一切使用していないので安心して飲めます。

豊後梅を丁寧に処理し、瓶貯蔵で2年間以上熟成したうえで梅酒に仕上げているのがポイント。フルーティーで爽やかな香りと、程よい酸味のある芳醇な味わいを楽しめます。飲み方はロックやストレートがおすすめ。食事とも相性のよい梅酒です。

紅乙女 できたての甘酸っぱい十八番梅酒

紅乙女 できたての甘酸っぱい十八番梅酒

酸味がある梅酒が好みの方におすすめの製品。佐賀県産の古城梅をごま焼酎に漬け込んでいるため、フレッシュで甘酸っぱい味に仕上がっています。ソーダ割りにすると食事との相性がよく、お風呂上がりの1杯としても美味しく飲めるのが魅力です。

約1年7ヶ月の漬け込み期間終了後にできたてをボトリングしているのもポイント。すっきりした味わいが特徴です。アルコール度数は18%でロックやストレートにもおすすめ。夏の暑い季節にぴったりの梅酒です。

星舎 竜峡梅酒

星舎 竜峡梅酒

厳選された信州産の竜峡小梅をブランデーで丹念に仕込んだ梅酒。じっくりと熟成されているため、優雅な香りを楽しめます。アルコール度数が14%なので、ロックやストレートで飲むと梅とブランデーが作り出す芳醇な味わいを堪能できます。

原料のブランデーは本坊酒造マルス信州蒸溜所で蒸留した後、樽で3年以上熟成させたものを使用。ブランデーのフルーティーな風味に、竜峡小梅の爽やかな果実味と酸味がよくマッチします。水割りにして食事に合わせるのもおすすめです。

サッポロ 熟成濃厚梅酒 白加賀びん

サッポロ 熟成濃厚梅酒 白加賀びん

収穫後3日以内の群馬県産白加賀の梅のみを使用したサッポロの梅酒。18カ月以上の長期間熟成で完成した梅酒を50%以上使用しているため、甘みが強くて芳醇なのが特徴です。デザート酒として飲んだり、スイーツの材料として使ったりするのに適しています。

梅成分が抽出されやすくなる二段仕込み製法により、完全無添加で製造されているため、梅本来の上品な香りとコクを味わえるのが魅力。食後のくつろぎのひとときに飲むのもおすすめです。ボトルのデザインもおしゃれで気分を盛り上げてくれます。

中埜酒造 國盛 紅茶梅酒

中埜酒造 國盛 紅茶梅酒

国産梅100%で仕込んだ梅酒に、ダージリン紅茶の茶葉から抽出したエキスを加えた紅茶梅酒。紅茶の甘い香りと梅酒の甘酸っぱい味がよくマッチしており、紅茶が好きな方におすすめです。

瓶のサイズが300ml・720ml・1800mlと3種類あるため、飲む量に合わせて選択可能。価格もリーズナブルなので、友人の家に遊びに行くときのちょっとした手土産にも適しています。甘酸っぱい味わいと紅茶の優しい香りが魅力の梅酒です。

中野BC 紀州 ゆず梅酒

中野BC 紀州 ゆず梅酒

ゆずと梅の甘酸っぱい香りに癒される梅酒。紀州の南高梅を漬け込んで作った梅酒に国産のゆず果汁を加えているため、爽やかな味と香りを楽しめます。柑橘系のお酒を好む方にもおすすめです。

アルコール度数はロックで飲むのに最適な12%。暑い日は氷をたっぷり入れたソーダ割にするとさっぱりした味を楽しめます。和食にも洋食にも合わせやすい、爽やかな梅酒です。

山元酒造 にごり梅酒

山元酒造 にごり梅酒

モンドセレクション最高金賞を受賞した製品です。採りたての新鮮な青梅に氷砂糖と芋焼酎の原酒を加えて漬け込んでいるため、瓶を開けると芋の甘い香りと梅の甘酸っぱい香りが合わさったよい香りに包まれます。

すりつぶした南高梅の果肉を加えたにごり酒で、果実感のある香りと濃厚な味わいが特徴。梅の甘酸っぱさを好む方に適しています。ストレートやロックだけでなく、ソーダ割りもおすすめ。芋焼酎ベースの香り高い梅酒です。

番外編:梅酒のおすすめの飲み方

ストレート

常温の梅酒をそのまま楽しむ飲み方をストレートといいます。梅酒の味や香りを判断するためには、ストレートが最適です。梅酒は冷やすと香りが飛びやすくなってしまうので、香りを楽しみたい場合はストレートで試してみてください。

ストレートで美味しい梅酒はクオリティが高いといわれることも多いのが特徴です。梅本来の味を大切にしている梅酒は、一度ストレートで飲んでみることをおすすめします。

ロック

By: amazon.co.jp

人気がある梅酒の飲み方がロックです。冷やしたグラスに大きめの氷を入れてから、梅酒を注ぎます。梅酒本来の美味しさを直接感じられるうえ、氷の溶け具合によって味わいが変わるのも魅力です。

また、細かく砕いた氷をグラスに入れ、梅酒を注ぐクラッシュロックもおすすめ。通常のロックよりもさっぱりと飲めます。

ソーダ割り

By: amazon.co.jp

爽やかに梅酒を飲みたい方には、ソーダ割りがおすすめです。グラスに梅酒を注いだ後、ソーダを優しく注ぎ、軽くかき混ぜます。混ぜすぎると炭酸が抜けてしまうため、2、3回軽くかき混ぜる程度にしましょう。清涼感があり、さっぱりと飲めます。

ソーダ以外に、ジュースやお茶などで割っても美味しいのが梅酒の特徴です。ジュースで割ると爽やかさと甘さが加わり、お茶で割ると甘さが抑えられよりすっきりと飲めます。

水割り

By: choya.co.jp

すっきりした味が好みの方には梅酒の水割りがおすすめ。水を加えることで梅の爽やかな風味が引き出され、飲みやすくなります。雑味のないミネラルウォーターを使うと梅の味をしっかり感じることが可能です。

作り方は梅酒と冷水を1:1で割って氷を浮かべるだけ。濃い味の料理に合わせるときは、加える水の量を増やすことで、一層さっぱりしたドリンクになり食事の味を邪魔しません。自分好みの味に調節できるのが水割りの魅力です。

ホット

梅酒を冷やさずホットにして飲むのもおすすめです。マグカップなどの耐熱容器に梅酒を注ぎ、湯煎であたためましょう。35〜40℃程度にあたためると、梅酒の香りを楽しみながら飲めます。

また、マグカップに梅酒と同量またはやや少なめのお湯を注ぎ、お湯割りにするのもおすすめ。なお、沸騰直後のお湯だと梅酒の香りが飛んでしまうため、70℃程度のお湯を注ぎましょう。