お酒のなかでも甘さと爽やかな酸味が特徴の「梅酒」。アルコールが苦手な方でも飲みやすいため、老若男女問わず幅広い世代から支持されています。

とはいえ、いざこだわってみると意外に販売されている梅酒は数が多く、お気に入りの銘柄にたどり着くにはなかなか時間がかかるものです。そこで今回は、おすすめの梅酒をご紹介。選び方のポイントやおすすめの飲み方についても解説しているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

梅酒とは?

By: amazon.co.jp

梅酒とは、その名の通り梅の実を使って作られたお酒です。6月ごろに収穫される青梅を、ホワイトリカーや焼酎、ブランデーといった蒸留酒に漬け込んで作ります。昔から梅酒は家庭でも気軽に作れるお酒として親しまれ、現在では数多くの市販品も販売されるようになりました。

なお、梅酒は梅・糖類・酒類のみを使用し、添加物が使用されていない「本格梅酒」と、酸味料などの添加物が加えられている「梅酒」とに分けられます。購入の際は表記をチェックしてみるとよいでしょう。

梅酒は甘くフルーティな風味と爽やかな香りが魅力。その口当たりのよさでついつい飲みすぎてしまいがちですが、梅酒のアルコール度数はおよそ10~25%くらいとやや高めです。

梅酒の選び方

梅の種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

国内で栽培されている梅の品種は約300種類にも及びます。実がなり、加工物となる「実梅」のなかでも特に梅酒に使われることが多いのは「南高梅」です。

ほかにも鶯宿・豊後・白加賀・竜峡・古城・玉英・青軸などが梅酒に使われることの多い品種。飲み比べをしたい方は選ぶ際にしっかりとチェックしてみてください。

ベースのお酒で選ぶ

市販の梅酒はさまざまなお酒に梅を漬けることで作られています。ベースとなるお酒の種類が変われば梅酒の味わいも大きく異なるため、どんなお酒を使用しているかで梅酒を選ぶとよいでしょう。

ウイスキー・ブランデー

ウイスキーやブランデーといった優雅な香りが特徴的なお酒を使えば、芳醇な香りを楽しめる梅酒に仕上がります。ウイスキーやブランデーに梅の爽やかな香りが加わるので、じっくりとお酒を楽しみたい方におすすめです。

日本酒

近年増えているのが、日本酒を使った梅酒。日本酒と梅の酸味が絶妙にマッチし、スッキリ飲める梅酒になると人気を集めています。熟成された梅と日本酒特有の甘さも楽しめるので、ほどよい甘さとまろやかさを楽しみたい方におすすめです。

焼酎

自宅で梅酒を漬けるときにも使われるホワイトリカーは焼酎の一種です。ホワイトリカーは無味無臭なので、梅の香りや風味を存分に味わえる梅酒に仕上がります。

一方、ホワイトリカー以外の焼酎で梅酒を作るメーカーもあるので、焼酎ごとに異なる味わいを確認するのも楽しみのひとつ。芋や米、麦などの焼酎を梅酒に使うと、独特の香りを残しつつ梅の爽やかな香りを引き立てられます。お酒好きな方はぜひ試してみてください。

熟成具合で選ぶ

By: choya.co.jp

梅酒はベースとなるお酒と梅の実、そして砂糖を長期間漬けることで熟成が進みます。家庭で作る場合は3ヶ月ほど熟成させるのが一般的。長く熟成させることで、香りやコクのある味わいの美味しい梅酒を作ることが可能です。

市販品のなかには、数ヶ月梅酒を漬けた梅の実を取り出し、さらにそのまま熟成を続けて完成させる梅酒もあります。梅酒好きな方は熟成期間の違いでも飲み比べてみてください。

黒砂糖やハチミツなどブレンドされているモノによって選ぶ

梅酒の糖分として、氷砂糖や黒砂糖、はちみつなどを使う場合があり、一般的に使われれることが多いのは氷砂糖です。原料を黒砂糖やはちみつに変えることで、独特のコクや甘みが生まれます。

また、すりおろした梅の果肉を加えたものは「にごり梅酒」と呼ばれ、果実感を楽しめる梅酒として人気です。とろっとした食感が加わり、デザート感覚で飲むこともできます。ほかにも緑茶・紅茶・赤紫蘇・ゆずをブレンドしたものなど、バリエーションが豊富です。

梅酒のおすすめ銘柄

サントリー(SUNTORY) 山崎蒸溜所貯蔵焙煎樽仕込梅酒

サントリー(SUNTORY) 山崎蒸溜所貯蔵焙煎樽仕込梅酒

30年以上ウイスキーを貯蔵していた樽を使用し、じっくりと時間をかけて熟成させた樽仕込梅酒。熟成中に、ウイスキーに含まれるポリフェノールがじわじわとにじみ出ているため、独特の渋みとまろやかさが味わえます。

樽は焙煎してから使用されているため、バニラのような甘く奥深い焙煎香が感じられるのも特徴です。中に詰めた梅酒は、焙煎香に最もよく合う厳選国産梅を100%使用。甘ったるくない、上品で控えめな甘さとすっきりとしたドライな後口が楽しめます。

アルコール度数は14%で、ハイボールにして飲むのがおすすめです。ピリッとスパイスの効いた料理や、甘辛い味付けの料理との相性がよく、おいしさをより引き出してくれます。

明利酒類 梅香 百年梅酒プレミアム

明利酒類 梅香 百年梅酒プレミアム

梅の産地として有名な水戸で作られた梅酒。選りすぐりの国内産青梅をふんだんに使用しているため、梅のフルーティな風味と甘み、香りが際立っています。水戸の梅酒大会にて1位を獲得した、梅酒好きにこそおすすめしたい1本です。

独特の甘く濃厚な香りや奥深い味わいをもたらすブランデー、コクや甘みをプラスするはちみつ・黒糖を加えることで、重厚感のある味わいに仕上がっています。トロリとした口当たりで、複雑で濃厚な味わいが口いっぱいに広がります。

アルコール度数は20度とやや高め。おいしさをダイレクトに味わうストレートやロックがおすすめの飲み方です。

眠り姫 ア・ラ・シャンパーニュ

眠り姫 ア・ラ・シャンパーニュ

女心をくすぐる素敵なネーミングが印象的な梅酒。ロゼワインのような淡いピンク色が美しく、テーブルの上でも映えるのでお客様をおもてなしするのにもぴったりです。

大麦100%の焼酎「のんのこ」に、伊万里で採れた青梅をたっぷりと漬け込み、それをオーク樽でじっくりと6年もかけて熟成して作られているのが特徴。口に含むと濃厚な梅の香りと甘みが広がり、あとからオーク樽特有のスモーキーな香りやコクが感じられます。

なめらかな口当たりでまろやかな味わいなので、辛い料理との相性も抜群。アルコール度数は12%と控えめで、強いお酒が苦手な方も飲みやすいのが魅力です。まるでシャンパンのように楽しめるソーダ割りで飲むのもおすすめします。

マンズワイン(MANNS WINES) 万上 金箔入り梅酒

マンズワイン(MANNS WINES) 万上 金箔入り梅酒

中に金箔がキラキラと躍る、華やかな梅酒。豪華な雰囲気で、お祝いの席やおもてなしにぴったりの1本です。まるでシャンパンのような淡く美しい液色や、すっきりとしたデザインのボトルも高級感が漂います。

国産梅を使用して作られた梅酒は、フルーティで上品な味わい。ふくよかで心地よい香りと、なめらかな口当たりが魅力です。梅酒独特の酒質で、金箔がゆっくりと舞い降りるため、グラスを口に運ぶたびに金箔がキラキラときらめき、贅沢な気分にさせてくれます。

アルコール度数は飲みやすい13%。金箔の美しさを存分に味わうためにも、ストレートやロックといった飲み方がおすすめです。ぜひグラスにもこだわって、極上のひとときを過ごしてください。

合同酒精 鍛高譚の梅酒

合同酒精 鍛高譚の梅酒

鮮やかな紫色が印象的な梅酒。赤しその自然な色合いで、香料や着色料などは一切使用していません。赤しその爽やかな香りと、梅酒のまろやかな味わいの両方が楽しめます。

色合いが美しく、テーブルを華やかにしてくれるため、おもてなしの席にもおすすめ。また、梅酒好きの女性へのプレゼントにもぴったりです。

アルコール度数は12%と、梅酒のなかではやや低め。定番のロックやソーダ割りのほか、飲むヨーグルトで割るとさらにまろやかな口当たりで飲みやすくなるため、お酒が苦手な方にもおすすめの飲み方です。

越後鶴亀 黒糖にごり梅酒

越後鶴亀 黒糖にごり梅酒

グリーンのラベルがおしゃれな梅酒。黒糖を使用しているため、通常の梅酒に比べて色合いが濃い仕上がりになっています。黒糖独特のコクのある優しい甘みと、梅の酸味とが合わさり、甘酸っぱくジューシーな味わいが楽しめるのが特徴です。

アルコール度数は14%。梅酒の持つ芳醇な味わいをじっくり楽しみたいならロックやストレート、食事と合わせるなどライトに味わいたいならソーダ割りをおすすめします。720mlという手ごろなサイズで、気軽に手に取れるのも嬉しいポイントです。

梅乃宿酒造 あらごし梅酒

梅乃宿酒造 あらごし梅酒

奈良県西吉野産の梅をふんだんに使用し、果実感たっぷりに仕上げたにごり梅酒です。ひと瓶につき、18個もの梅の果肉をブレンドしてあるためとろみがあり、口の中いっぱいに梅のおいしさが広がります。

梅のフルーティな甘酸っぱさや爽やかな香り、ジューシーな口当たりはまるでデザートを食べているかのような味わいです。食後に、デザートワインの代わりとして味わうのがおすすめ。

アルコール度数は12%と控えめなので、お酒が苦手な方も安心して飲めます。ぜひストレートで、トロリとした食感とフルーティな風味を存分に楽しんでみてください。

山口酒造場 特選梅酒うぐいすとまり 鶯とろ

山口酒造場 特選梅酒うぐいすとまり 鶯とろ

美しいウグイス色のボトルが爽やかな梅酒。うららかな春にこそ飲みたい、季節感あふれる1本です。2011年の天満天神梅酒大会にて、優勝を勝ち取った経験を持っています。

自家製の粕取焼酎に質のよい青梅をたっぷりと漬け込み、熟成させて作られた梅酒に、梅のピューレをブレンド。とろりとした濃厚な飲み口で、梅独特のジューシーな果実感と甘みのあとに爽やかな酸味が感じられる梅酒に仕上がっています。

アルコール度数は強いお酒が苦手な方にも飲みやすい12%。こってり・とろりとした口当たりと、梅のふくよかな味わいを存分に楽しむためにも、ロックで飲むのがおすすめです。

中野BC なでしこのお酒 「てまり」 ゆず梅酒

中野BC なでしこのお酒 「てまり」 ゆず梅酒

スラッとスレンダーなボトルがスタイリッシュな梅酒です。女性チームが中心となって開発されているため、ゆずが描かれたラベルなど、おしゃれで女性にも好まれるたたずまい。パーティーへの手土産や、お酒好きな女性へのプレゼントにもおすすめです。

紀州和歌山産の南高梅を使用した梅酒に、国産のゆず果汁をミックス。梅酒のまろやかでフルーティな甘みと、ゆずのフレッシュで爽やかな酸味とがうまく調和し、すっきりと飲みやすい味わいに仕上がっています。

アルコール度数は10%と梅酒のなかでは低めで、お酒が苦手な方にも飲みやすいのが嬉しいところ。ストレートやロックでゆずと梅酒とのハーモニーをじっくりと味わったり、ソーダ割りで爽やかさをアップさせて飲んだりと、気軽に楽しめる梅酒です。

山口合名会社 完熟マンゴー梅酒 フルフル

山口合名会社 完熟マンゴー梅酒 フルフル

元気が出そうな、鮮やかなオレンジ色が目を引く梅酒。日本酒ベースで作られた梅酒に、マンゴーやパッションフルーツをブレンドし、トロピカルな味わいをプラスしています。ちょっと変わった梅酒を飲んでみたい方におすすめの製品です。

口に含むと、マンゴーの濃厚でジューシーな味わいと、パッションフルーツのきりっとした酸味が広がり、あとから梅酒が上品に香ります。甘ったるくなく、後口が爽やかになるのでついつい飲みすぎてしまいそうなおいしさです。

ジュースのような見た目ですが、アルコール度数は14%とやや高め。ストレート・ロック・ソーダ割りと、いろいろな飲み方で楽しめるフルーティな梅酒です。

諸橋酒造 越乃景虎 梅酒

諸橋酒造 越乃景虎 梅酒

越野景虎「龍」で仕込まれた、日本酒を使って作られた梅酒。清酒が本来持つうまみや甘みと、梅の持つフルーティな酸味とが調和し、甘さのなかにもすっきりとした爽やかさが感じられる味わいに仕上がっています。

日本酒と梅の混じり合った香りがとても心地よく、優しい飲み口が魅力的。アルコール度数は12.5%とやや控えめで飲みやすく、日本酒初心者の方や甘すぎる梅酒が苦手な方にもおすすめの1本です。

クセがないので、食前酒や食中酒としてストレートで味わうのがおすすめ。さらりとした口当たりでどんな料理とも相性がよく、気軽に楽しめる梅酒です。

若鶴 ウメスキー ウイスキー仕込みの梅酒 24度

若鶴 ウメスキー ウイスキー仕込みの梅酒 24度

ウイスキーに梅を漬け込んで作った梅酒。大振りでジューシーな稲積梅をふんだんに使用し、毎年7月に新鮮な青梅を漬け込むことで梅の持つ味わいを存分に引き出しています。

1年かけてじっくりと梅の風味がにじみ出ており、ウイスキーの持つ芳醇でとろりとした奥深い味わいのなかに、梅のフレッシュでフルーティな甘みと酸味が加わり、軽やかで飲みやすい味わいです。

アルコール度数は、ウイスキーベースなだけに24%と高め。ロックでちびちびと楽しむのもソーダ割りで気軽に味わうのもおすすめです。

チョーヤ梅酒 エクセレント

チョーヤ梅酒 エクセレント

ブランデーで仕込まれた香り高い梅酒。上質な紀州南高梅のみをふんだんに使用しており、梅の持つ爽やかな風味とフルーティな甘みが、芳醇なブランデーの香りと溶け合い、甘く濃厚な大人っぽい味わいに仕上がっています。

まろやかで奥深い味わいは銀座などの高級店でも愛されており、全国梅酒品評会やモンドセレクションなど、国内外問わず数多くの賞を受賞するほどの実力。ロックやストレートで味わうほか、お湯割りで飲むのもおすすめです。

伊藤久右衛門 夜半のみどり

伊藤久右衛門 夜半のみどり

スリムなボトルとすりガラスの涼しげな風合い、美しいグリーンがとても印象的な梅酒。インパクトのある見た目で、抹茶好きな方やお酒好きな方だけでなく、女性への手土産やプレゼントにもぴったりです。

「青谷の梅」として名高く、大ぶりで肉厚な実と香りのよさが特徴の「城州白」という梅を使用し、宇治抹茶とあわせて作られています。梅のフルーティな甘みのあとに、抹茶の上品な香りがほのかに広がり、甘口ながらすっきりとした味わいが魅力です。

アルコール度数は10%と控えめで、お酒があまり得意でない方も安心して飲めます。氷を入れるとグリーンがより美しく映えるので、ロックで飲むのがおすすめ。そのほか、ソーダ割りにしたり、アイスクリームに垂らしたりと、さまざまな味わい方が楽しめます。

中野酒造 ちえびじん 紅茶梅酒

中野酒造 ちえびじん 紅茶梅酒

こっくりとした深い紅色が美しい、紅茶を使った梅酒。おしゃれな色合いでテーブルの上でも映えるため、おもてなしの席にもぴったりです。ワインのようなスタイリッシュなボトルで、女性へのプレゼントにもおすすめ。

幻の紅茶葉ともいわれる紅富貴を、贅沢に仕込み水で水出しし、梅酒とブランデーをブレンドして作られた本製品。梅酒の持つ爽やかでフルーティな風味に、紅茶の香り、ブランデーの深みが混ざり合い、まろやかでジューシーな味わいに仕上がっています。

アルコール度数はお酒に強くない方でも飲みやすい7%。おしゃれなグラスに注いで、ロックやストレートで味わうのがおすすめの飲み方です。デザートワインの代わりとしてもマッチします。

サントネージュ 梅ワイン

サントネージュ 梅ワイン

ワインと同じ製法で作られた、少し変わった梅酒。国産梅をふんだんに使用し、梅のおいしさを存分に引き出した1本です。口に含むと、上品な梅の香りと、フルーティでしつこくない甘さが口いっぱいに広がります。口当たりは軽く、すいすいと飲めてしまうのが特徴です。

アルコール度数はお酒が苦手な方もトライしやすい、控えめの6%。よく冷やして食前酒にするほか、クセがなくまろやかな味わいでどんな料理にもよく合うので、食中酒としてもおすすめです。

番外編:梅酒のおすすめの飲み方

ストレート

常温の梅酒をそのまま楽しむ飲み方は、ストレートといいます。梅酒の味や香りを判断するためには、ストレートが最も適しているといえるでしょう。梅酒は冷やすと香りが飛びやすくなってしまうため、香りを楽しみたい場合はストレートで飲んでみてください。

ストレートで美味しい梅酒はクオリティが高いといわれることも多いのが特徴です。梅本来の味を大切にしている梅酒も、一度ストレートで飲んでみることをおすすめします。

ロック

By: amazon.co.jp

人気がある梅酒の飲み方が、ロックです。冷やしたグラスに大きめの氷を入れてから、梅酒を注ぎます。梅酒本来の美味しさを直接感じられ、氷の溶け具合によって味わいが変わるのも魅力です。

また、細かく砕いた氷をグラスに入れ、梅酒を注ぐクラッシュロックもおすすめ。通常のロックよりもさっぱりと飲めます。

ソーダ割り

爽やかに梅酒を飲みたい方には、ソーダ割りがおすすめです。グラスに梅酒を注いだ後、ソーダを優しく注ぎ、軽くかき混ぜます。混ぜすぎると炭酸が抜けてしまうため、2、3回軽くかき混ぜる程度にしましょう。清涼感があり、さっぱりと飲めます。

ソーダ以外に、ジュースやお茶などで割っても美味しいのが梅酒の特徴です。ジュースで割ると爽やかさと甘さが加わり、お茶で割ると甘さが抑えられよりすっきりと飲めます。

ホット

By: pokkasapporo-fb.jp

梅酒を冷やさずホットにして飲むのもおすすめです。マグカップなどの耐熱容器に梅酒を注ぎ、湯煎で温めましょう。35〜40℃程度に温めると、梅酒の香りを楽しみながら飲めます。

また、マグカップに梅酒と同量またはやや少なめのお湯を注ぎ、お湯割りにするのもおすすめ。沸騰直後のお湯だと梅酒の香りが飛んでしまうため、70℃程度のお湯を注ぎましょう。ホット梅酒を飲むことで、飲み過ぎ防止や整腸などの嬉しい効果も期待できます。