キャンプをする際に欠かせないアイテム「ランタン」。なかでも「ガスランタン」はガソリンランタンと比べて手軽に扱え、LEDランタンと比べて灯に温もりを感じられるのが特徴です。

そこで今回は、ガスランタンのおすすめ製品をピックアップ。メイン用とサブ用に分けてランキング形式でご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ガスランタンのメリット・デメリット

ガスランタンのメリット

By: amazon.co.jp

ガスランタンは点火と消火が容易で、扱いやすいのが特徴。多くの製品がガス缶装着後にツマミをひねるだけで簡単に着火できるので、アウトドア初心者にもおすすめです。

なお、光量はガソリンランタンには劣るものの、キャンプサイト全体を照らすには十分で、価格の安さもポイント。クラシカルなデザインのアイテムが多く、炎のゆらめきを楽しめるのも魅力です。

ガスランタンのデメリット

By: amazon.co.jp

ガスランタンのデメリットは、ほかのランタンと比べて燃焼時間が短く燃費が悪い点。ランニングコストはやや高めです。

また、ガスランタンは炎が光源のため、テント内で使用すると一酸化炭素中毒や火事の原因になるので注意しておきましょう。

ガスランタンの選び方

メイン用かサブ用か用途を明確にする

By: amazon.co.jp

ガスランタンを選ぶにはキャンプサイト全体を照らす「メイン用」か、テーブルや作業スペースなどを手軽に照らす「サブ用」かを、考慮したうえで選ぶようにしましょう。

明るさのスペックはメイン用ランタンであれば200W以上、サブ用ランタンとしては100W程度が目安です。

ガス缶の種類で選ぶ

OD缶

By: amazon.co.jp

「OD缶」はアウドドアシーンでの使用を目的としたガス缶のこと。メーカー各社から発売されており、気温の低い場所でも火力が安定しているのが特徴です。

ただし、総じて高価なのがデメリット。シングルバーナーやツーバーナーコンロでも使えるタイプですが、ガスランタンで使うにはコストがかかるので、その点は留意しておきましょう。

CB缶

By: amazon.co.jp

「CB缶」は家庭用のカセットコンロなどでよく用いられるガス缶。スーパーやコンビニなどでも手軽に購入できるほか、価格もリーズナブルなので、コストがかからないのが特徴です。

ただ、対応するガスランタンが少ないほか、室内向けのアイテムなのでアウトドアシーンでは火力の不安定さが気になる場合もあります。購入する際は事前に用途を確認しておきましょう。

ほかの道具の燃料としてガス缶を兼用できるか

By: amazon.co.jp

キャンプ用品には、ガスランタン以外にもガス缶を使うアイテムがいくつかあります。複数持ち合わせている場合はガス缶をまとめ買いしておくとお得です。

「OD缶」は、湯沸かしなどに使うシングルバーナーや調理に活躍するツーバーナーコンロでも併用可能。ただし、OD缶は各メーカーで接続部分の作りなどが異なるため、キャンプ道具とガスランタンを同メーカーのアイテムで統一する必要があります。

一方、「CB缶」はカセットコンロとの併用が可能。普段は自宅で鍋料理をする際に使用し、アウトドアシーンではガスランタンで活用するという使い方もできます。

明るさをチェック

ルーメン(lm)

By: amazon.co.jp

ルーメンは光源からでる光の量のことで、ガスランタンでいうと光源付近の明るさを表す指数です。数値が大きいほど明るく、1500ルーメン以上あればメインランタンとして十分使用できます。

キャンドルパワー(CP)

By: amazon.co.jp

キャンドルパワーは、ロウソク1本の明かりを1キャンドルパワーと表したもの。目安としては、340キャンドルパワーでメインランタンとして使用できます。

ルクス(lux)

By: amazon.co.jp

ルクスは、ガスランタンを灯した際に床や壁に当たる光量のこと。300ルクスあるとメインランタンとして使用できます。ただし、ルクスは光源から遠くなるほど数値が低くなるため、広いキャンプサイトで使用する際は注意しましょう。

ワット(W)

By: amazon.co.jp

ワットは消費電力を表すもので、目安としては200W以上であればメインランタンとして使えます。ランタンは製品によって単位がバラバラなので一概にはいえませんが、日本では電球にワットを使うことが多いので、表記がない場合はワット換算して考えるのがおすすめです。

連続燃焼時間をチェック

By: amazon.co.jp

ガスランタンは比較的燃焼時間が短いため、メインランタンでの使用を想定している方は連続燃焼時間をチェックしましょう。もっとも普及しているのは5時間前後のガスランタン。連泊する方や使用時間が5時間を越える方は、容量の大きいガス缶を用意するか、予備のガス缶が必要となります。

また、ガスランタンの使用時間は光量にも比例するのもポイント。光量の多いモノは、ガスの燃費も大きいため予備を用意しておくと安心です。

ガスランタンのおすすめブランド

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

1900年頃にアメリカで創業した、アウトドア用品の老舗ブランド。当初はランプのレンタル事業からスタートしましたが、電灯の普及に伴い屋外でも使用可能なガソリンランタンを開発・発売するようになりました。

第二次世界大戦中、アメリカ軍に供給したガソリンストーブの性能が高く評価されたことをきっかけに、コールマンの知名度は一気に上昇。戦後のアウトドアブームに乗り、テントやガスランタンなど関連アイテムのラインナップを拡充しました。現在では日本でも人気のアウトドア用品ブランドとなっています。

ソト(SOTO)

By: rakuten.co.jp

1978年に愛知県で設立された「新富士バーナー」が、アウトドア市場へ参入するために立ち上げたブランド。同社は、100円ライターを燃料にした小型バーナー「ポケトーチ」を開発したことでも有名です。

「ソト」の製品は、燃料にカセットガスを採用する、燃焼器具を中心としたラインナップが特徴。カセットガスの持つ優れた経済性や利便性を活かした製品作りで他社との差別化を図っており、登山やキャンプファンにも人気のブランドとなっています。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

登山家でもあった創業者によって、1958年に新潟県で設立された会社。新潟県と群馬県の境にある、日本百名山のひとつ「谷川岳」がブランド名の由来です。機能的で丈夫なだけでなく、デザインが美しいのも同ブランドの魅力。数々の優れたキャンプ用品を世に送り出しており、日本のオートキャンプブームを牽引してきました。

製品に保証書をつけていないのも、本ブランドの特徴。製品の欠陥に起因する不具合については、使用期間にかかわらず無料で修理もしくは交換を行っています。徹底したユーザー視点に基づく、製品やサービスが人気のブランドです。

イワタニ(Iwatani)

By: rakuten.co.jp

1945年に設立された大阪に本社を構える会社です。LPガスやカセットコンロで有名ですが、産業用のガス事業といったエネルギー分野も手掛けているメーカー。ガスランタンはグループ会社である「イワタニ・プリムス」で取り扱っています。

「イワタニ・プリムス」はスウェーデンのプリムス社とのあいだで、ジョイントベンチャー会社として1985年に設立されました。ほかにもストーブ・コンロ・ガスカートリッジなど、さまざまなアウトドア関連用品の販売を行っています。

メイン用ガスランタンのおすすめランキング

第1位 コールマン(Coleman) 2500 ノーススター 2000015520

約320CP(200W相当)と大光量が魅力のガスランタンです。メインランタンとして使用できる製品を探している方におすすめのモデル。燃料にはOD缶を採用しており、470g缶で約4~8時間燃焼することが可能です。

大型のチューブ型マントルを使用。ワイヤークリップの付いたワンタッチ式を採用しているので、容易に取り付けられます。また、イグナイターを装備しているのもポイント。ツマミを回しボタンを押すだけで簡単に点火できます。

取り扱いやすく初心者の方にも適したモデルです。グローブガードを搭載しているため、移動の際にぶつけてガラスグローブを割ってしまう心配もありません。

第2位 ソト(SOTO) フォールディングランタン ST-213

円筒形をしたスリムでスタイリッシュなガスランタンです。メインランタンにもおすすめの、照度が200W相当あるモデル。燃料には入手性に優れたCB缶を使用しています。スーパーやコンビニなど、さまざまな場所で簡単に購入できるので便利です。

ただし、連続燃焼時間は約4〜4.5時間とそれほど長くないため、残量が少ないときや連泊の際には必ず予備燃料を持っていきましょう。コンパクトに収納できるのも本モデルの特徴。未使用時には燃焼部分を本体ケース内に収納でき、直径136×高さ225mmと小さく折りたためます。

また、本体重量も1.25kgと軽いため持ち運びも簡単です。圧電点火方式を採用しており、初心者でも点火作業に手間取ることはありません。

第3位 スノーピーク(snow peak) ギガパワー BFランタン GL300A

照度が170W相当ある大光量のガスランタンです。サイト全体を明るく照らすメインランタンにおすすめのモデル。大光量にもかかわらず、重量は1025gと軽量です。専用の収納ケースが付属しており、持ち運びや保管の際に重宝します。

大きなワイヤーツマミを搭載しているのが特徴。手袋をしている手でも火力調節がしやすいため、寒い季節のキャンプにも適しています。また、2分割式のガラスグローブを採用しているのもポイントです。ガードワイヤーを外すだけでグローブの取り外しが可能なためメンテナンスも容易。マントル交換の際にベンチレーターを外す必要もありません。

第4位 ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングガスランタン UL-X 620106

燃料にCB缶を使用する、スリムでスタイリッシュなデザインのモデルです。底面からCB缶を押し込むだけでセットは完了。イグナイターを搭載しているため、初心者でも簡単に点火が行えます。レギュラーガスでも210W相当の明るさがあるので、メインランタンにおすすめです。

さらに、プレミアムガスを使用すれば240W相当の大光量を得ることも可能。ガスランタンに明るさを求める方もぜひ検討してみてください。プレミアムガス使用時で約4時間、レギュラーガスでは約5時間も使用できます。大光量モデルながら低燃費なのも本モデルの魅力です。

また、パワーブースターを搭載しているのもポイント。燃焼部分の熱をガスカートリッジに伝えることで、気化熱による火力ダウンを抑える便利な装備です。

第5位 ソト(SOTO) 虫の寄りにくいランタン ST-233

虫に悩む夏キャンプにおすすめのモデルです。「ハーフストライプホヤ」を採用しており、波長の長いオレンジ色の光を放つのが特徴。虫が感じにくい波長のため、ランタンの周りに集まってくるのを防ぐことが可能です。

また、市販の蚊取マットが取り付けられる「蚊トリフレクター」も搭載するなど、不快な虫を寄せつけないための工夫が施されています。さらに、リフレクターを利用して林側の光を遮断すれば、より効果的な防虫効果が期待できます。

230W相当の明るさがあるため、メインランタンに最適です。ただし、燃焼時間は約3〜3.5時間と比較的短いので、あらかじめ留意しておきましょう。

第6位 イワタニ(Iwatani) 2245ランタン IP-2245A-S

コンパクトながら100W相当の明るさを有するガスランタンです。改良を続けながら長年愛されてきた「イワタニ・プリムス」の人気モデル。ソロキャンプや登山、キャンプツーリングなどにおすすめの製品です。

また、1時間に30gと燃料消費量が少ないのも本モデルの特徴。250gのOD缶1本で約8時間使えるため、連泊のキャンプでも多くの予備燃料を持っていく必要はありません。荷物を最小限に抑えられるので重宝します。

ホヤにはすりガラス加工が施されており目にも優しいので、ゆっくりとくつろぐことが可能です。

第7位 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テラパワー UF-2

とにかく明るいガスランタンが欲しい方におすすめの製品です。照度280W相当の強烈な光を放つ大光量モデル。広いテントサイトでも、全体を明るく照らすことが可能です。

点火には圧電点火方式を採用しています。ツマミに点火スイッチが内蔵されているため、回して押し込むだけと着火も簡単です。初心者の方でも点火作業に手間取ることはありません。

クリアタイプのホヤを搭載しており、大光量を余すことなく照射できます。ただし、連続燃焼時間は約2時間40分〜3時間と短めです。1泊程度のキャンプでも予備のOD缶は準備していきましょう。

第8位 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ガスランタン UF-8

照度が150W相当のガスランタンです。こじんまりとしたサイトなら、メインランタンとしても使える手頃な明るさのモデル。光量を調節すればテーブルランタンとしても活躍するので重宝します。

比較的安い価格で購入可能な、使い勝手のよい製品を探している方におすすめのモデルです。イグナイターを内蔵しており、初心者でも容易に点火することが可能。ツマミを回すだけで簡単に明るさ調節を行えます。

チェーンハンドルを備えているので、ランタンハンガーやポールへ吊るす際に便利です。

第9位 ソト(SOTO) レギュレーターランタン ST-260

燃料にCB缶を使用する、非常にコンパクトなガスランタンです。80W相当の照度を有しており、ソロキャンプや登山におすすめのモデル。幅65×奥行105×高さ150mmと小さく折りたためるので、持ち運びも容易です。携帯に便利な専用の収納袋が付属しています。

メッシュホヤを採用しているのが特徴。多少モノにぶつけても割れる心配がなく、ハードな環境でも安心して使用することが可能です。小さいながらもイグナイターを搭載しているため、点火作業が容易に行えます。

携帯性に優れたCB缶タイプの製品を探している方も、ぜひチェックしてみてください。

第10位 ソト(SOTO) プラチナランタン SOD-250

発光体にプラチナを採用したユニークなモデルです。マントルを使わないため、空焼きなどの面倒な作業は不要。また、ホヤもないので多少ラフに扱っても割れる心配はありません。リュックやポケットに入れて、気軽に持ち歩けるガスランタンが欲しい方におすすめのモデルです。

燃料にはOD缶を採用しており、250g缶1本で約6時間使用できます。風に強いのも本モデルの特徴。折りたたみ式のリフレクターを広げるだけで、風の影響を気にすることなく使用可能です。ただし、発光体は消耗品のため100〜200時間程度で交換しましょう。

サブ用ガスランタンのおすすめランキング

第1位 スノーピーク(snow peak) ギガパワー ランタン 天 オート GL-100AR

手のひらに収まる、コンパクトなボディが特徴のガスランタンです。小さいながらも80W相当の明るさで照らすことが可能。テーブルランタンとしてはもちろん、キャンプツーリングやソロキャンプであればメイン用途としてもおすすめのモデルです。

接続部分に軽量なアルミ素材を採用した本体は125gと軽量なため、付属のハードケースに入れて簡単に持ち運べます。ワイヤータイプの火力調節ツマミを備えているのも本モデルの特徴。手袋をしていても明るさの調節がしやすいので、冬場のキャンプで重宝します。

携帯性に優れた製品を探している方も、ぜひ検討してみてください。

第2位 コールマン(Coleman) ルミエールランタン 205588

アンティーク調のおしゃれなデザインが人気のガスランタンです。キャンドルのように揺れる炎が特徴。テーブルに置いて使用する、サブランタンにおすすめのモデルです。食事の際はもちろん、食後のリラックスタイムにも適しています。

OD缶1本で約28~38時間も燃焼するため、連泊のキャンプでもガス残量を心配する必要はほとんどありません。クッキングストーブなどで使用し、残量の少なくなった燃料も利用できるので重宝します。

また、マントルが不要なのもポイントです。取り付けや空焼きといった面倒な作業が必要ないため、初心者の方にもおすすめ。専用のプラスチックケースが付属しており、簡単に持ち運ぶことが可能です。

第3位 コールマン(Coleman) フロンティア PZランタン

テーブルランタンにおすすめのコンパクトな製品です。燃料にはOD缶を採用しており、約108CP(80W相当)の明るさがあります。すりガラス仕様のホヤを搭載しているため、テーブルに置いても眩しく感じません。

230g缶1本で約6〜12時間燃焼するので、1泊程度のキャンプであれば予備燃料がなくても安心です。本体重量は約200gと非常に軽量。また、プラスチック製の収納ケースも付属するなど、手軽に持ち運びのできるガスランタンです。

第4位 スノーピーク(snow peak) リトルランプ ノクターン

テーブルの上を照らすサブランタンにおすすめのモデルです。ガスの消費量は1時間にわずか7gほどと少ないため、残量の少ないガス缶でも長時間使用することが可能。キャンドルのようにゆらめく炎が魅力のガスランタンです。

本体重量は102gと非常に軽量なので、簡単に持ち運べます。ただし、イグナイターは搭載していません。ガラスグローブの下部からライターなどで点火する必要があるため、初心者の方はあらかじめ留意しておきましょう。

第5位 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) フィールドガスランタンM UF-9

本体サイズが幅105×奥行100×高さ155mm、重量が510gの、コンパクトで軽量なガスランタンです。小型のモデルながら、350ルクス(60W相当)の照度を確保しているのが特徴。サブランタンとしてはもちろん、ソロやキャンプツーリングではメインでも活躍するおすすめのモデルです。

折りたたみ式のハンドルを装備しています。ランタンハンガーに吊り下げられるので便利なほか、ランタンの形に沿ってすっきりと折りたためるためかさばりません。専用のプラスチックケースが付属しており、簡単に持ち運べます。

第6位 スノーピーク(snow peak) ギガパワー2WAYランタン GL150A

90W相当の明るさがある、サブランタンにおすすめのモデルです。OD缶だけでなく付属のアダプターを使用することで、CB缶を燃料として使うことも可能。暖かい季節は自宅にあるCB缶で手軽にキャンプを、寒い季節は低温環境に強いOD缶を使用するなど、シーンに応じて使い分けができるので便利です。

万が一キャンプ場で燃料を切らしてしまっても、CB缶なら簡単に入手できるので慌てる心配もありません。イグナイターを搭載しており、初心者でも簡単に点火できます。プラスチック製のハードケースが付属。フタの部分はCB缶利用時のスタンドとしても使えます。

マルチ燃料に対応した、便利な製品を探している方はぜひチェックしてみてください。

第7位 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンドル ガスランタン UF-19

クラシカルなデザインが特徴のおしゃれなガスランタンです。ろうそくのような炎が直接出るタイプのため、マントルを必要としません。マントルの取り付けや空焼きといった面倒な作業が不要なので、初心者の方にもおすすめのモデルです。

ゆらぐ炎がくつろぎのひとときを優しく照らします。火力の調節も本体リングを回すだけと簡単。専用のハードケースが付属しており、運搬や保管の際に便利です。

第8位 Fire-Maple オレンジガスランタン

中国のアウトドアバーナーブランド「Fire-Maple」が販売する製品です。細長いたまご型のシルエットがかわいいガスランタン。マントルを必要としないため、初心者の方にも扱いやすいおすすめのモデルです。

ガラスグローブを回転させると現れる切り欠き部分から、ライターやマッチの火を差し込んで点火します。ワイヤータイプのツマミで燃料バルブの開閉が行えます。本体重量はわずか125gと非常に軽量。専用ケースに入れて簡単に持ち運ぶことが可能です。

第9位 Ieasky ガスランタン リトルランプ

キャンドルのような優しい炎を出すガスランタンです。燃料にはOD缶を使用します。1時間に約6gという燃費のよさが魅力。少ない燃料で長時間使える製品を探している方にもおすすめのモデルです。

ガラスグローブ下のリングを回すことで、容易に火力調節が行えます。点火にはライターかマッチが必要なので忘れないようにしましょう。煙突効果によりスムーズに着火することが可能です。

第10位 キャンピングムーン(CAMPING MOON) ポータブル ガスランタン

OD缶・CB缶どちらの燃料でも使用可能な製品が欲しい方におすすめのモデルです。変換アダプターが付属しています。寒い季節のキャンプでは低温に強いOD缶を利用し、それ以外のシーズンはコストの安いCB缶を使用するなど、シーンに応じて使い分けることも可能。

ソロキャンプやキャンプツーリングに適したモデルです。アウトドアでのくつろぎのひとときを、40ルクスの優しい光が包みます。ただし、マントルを使用するタイプのため、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

ガスランタンを使う前に

By: amazon.co.jp

取り扱いが容易で、アウトドア初心者からベテランキャンパーまで幅広く支持されているガスランタン。ガス缶を装着してツマミをひねるだけの簡単操作が魅力です。ただし、使用する前にはマントル全体に火を点けて温める「空焼き」という作業が事前に必要となるので、注意しておきましょう。

マントルの装着と空焼き

By: amazon.co.jp

マントルとは合成繊維でできた手のひらサイズの袋のような形のパーツで、これをランタンに装着し着火することで炎が灯ります。

空焼きのやり方は、マントルを取り出し一度折り目をほぐすように伸ばしましょう。その後、風のない場所でガスランタンに紐でしっかりと固定し、ライターなどで満遍なく均一に燃やしていきます。

このときライターの先が触れたり、燃え切る前に触ったりしないようにしましょう。全体が白く灰のように燃え尽きる「灰化」が起こっていれば完了です。

空焼きを終えたマントルに触れないようにガスランタンを組み立て、着火することでマントルに火が灯りガスランタンを使用できるようになります。灰化したマントルは不用意に触ると破れてしまうので注意。マントルは丁寧に扱えば、約1年使い続けられます。ぜひ参考にしてみてください。