キャンプをする際に欠かせないアイテムであるランタン。なかでも「ガスランタン」はガソリンランタンと比べて手軽に扱え、LEDランタンと比べて灯に温もりが感じられるのが特徴です。

そこで今回は、ガスランタンのおすすめ製品をピックアップ。メイン用とサブ用に項目を分けてランキング形式でご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ガスランタンのメリット・デメリット

ガスランタンのメリット

By: amazon.co.jp

ガスランタンは点火と消火が容易で、扱いやすいのが特徴。多くの製品がガス缶装着後にツマミをひねるだけで簡単に着火できるので、アウトドア初心者にもおすすめです。

なお、光量はガソリンランタンには劣るものの、キャンプサイト全体を照らすには十分で、価格の安さも魅力。クラシカルなデザインのアイテムも多く、炎の揺らめきを楽しめるのも魅力です。

ガスランタンのデメリット

By: amazon.co.jp

ガスランタンのデメリットは、ほかのランタンと比べて総じて燃焼時間が短く燃費が悪い点。ランニングコストはやや高めです。

また、ガスランタンは炎が光源のため、テント内で使用すると一酸化炭素中毒や火事の原因となります。その点は十分注意しておきましょう。

ガスランタンの選び方

メイン用かサブ用か用途を明確にする

By: amazon.co.jp

ガスランタンを選ぶにはキャンプサイト全体を照らす「メイン用」か、テーブルや作業スペースなどを手軽に照らす「サブ用」かを、考慮した上で選ぶようにしましょう。

明るさのスペックはメイン用ランタンであれば200W(ワット)以上、サブ用ランタンとしては100W程度が目安です。

ガス缶の種類で選ぶ

OD缶

By: amazon.co.jp

「OD缶」はアウドドアシーンでの使用を目的としたガス缶のこと。メーカー各社から販売されており、気温の低い場所でも火力が安定しているのが特徴です。

ただし、総じて高価なのがデメリット。シングルバーナーやツーバーナーコンロでも使えるタイプですが、ガスランタンで使うにはコストがかかるので、その点は留意しておきましょう。

CB缶

By: amazon.co.jp

「CB缶」は家庭用のカセットコンロなどでよく用いられるガス缶。スーパーやコンビニなどでも手軽に購入できるほか、価格もリーズナブルなので、コストがかからないのが特徴です。

ただ、対応するガスランタンが少ないほか、室内向けのアイテムなのでアウトドアシーンでは火力の不安定さが気になる場合もあります。購入する際は事前に用途を確認しておきましょう。

他の道具の燃料としてガス缶を兼用できるか

By: amazon.co.jp

キャンプ用品にはガス缶を使うアイテムがガスランタン以外にもいくつかあります。複数持ち合わせている場合はガス缶をまとめ買いしておくとお得です。

「OD缶」は湯沸かしなどに使うシングルバーナーや調理に活躍してくれるツーバーナーコンロでも併用が可能。ただし、OD缶は各メーカーで接続部分の作りなどが異なるため、キャンプ道具とガスランタンを同メーカーのアイテムで統一する必要があります。

一方、「CB缶」はカセットコンロとの併用が可能。「普段は自宅で鍋料理をする際に使用し、アウトドアシーンではガスランタンで活用する」という使い方もできます。

明るさをチェック

ルーメン(lm)

By: amazon.co.jp

ルーメンは光源からでる光の量のことで、ガスランタンでいうと光源付近の明るさを表す指数です。数値が大きいほど明るく、1500ルーメン以上あればメインランタンとして十分使用できます。

キャンドルパワー(CP)

By: amazon.co.jp

キャンドルパワーはロウソク1本の明かりを1キャンドルパワーと表したもの。目安としては340キャンドルパワーでメインランタンとして使用できます。

ルクス(lux)

By: amazon.co.jp

ルクスは人間が感じる明るさを表しており、ガスランタンを灯した際に床や壁に当たる光量のことで、300ルクスあるとメインランタンとして使用できます。ただし、ルクスは光源から遠くなるほど数値が低くなるため、広いキャンプサイトで使用する際は注意しましょう。

ワット(W)

By: amazon.co.jp

ワットは消費電力を表すもので、目安としては200W以上であればメインランタンとして使えます。ランタンは製品によって単位がバラバラなので一概には言えませんが、日本では電球にワットを使うことが多いので、表記がない場合はワット換算して考えるのがおすすめです。

連続燃焼時間をチェック

By: amazon.co.jp

ガスランタンは、比較的燃焼時間が短いため、メインランタンでの使用を想定している方は連続燃焼時間をチェックしましょう。もっとも普及しているのは5時間前後のガスランタン。連泊する方や使用時間が5時間を越える方は、容量の大きいガス缶を用意するか、予備のガス缶が必要となります。

また、ガスランタンの使用時間は光量にも比例するのもポイント。光量の多いものは、ガスの燃費も大きいため念のために予備を準備しておきましょう。

ガスランタンのおすすめランキング|メイン用

第1位 コールマン(Coleman) 2500 ノーススター LPガスランタン

コールマン(Coleman) 2500 ノーススター LPガスランタン

アウトドア用品の老舗ブランドである、コールマンが販売するLPガスランタンです。光量は最大で約320CPあり、テントサイト全体を明るく照らしてくれます。470g缶の純正ガスカートリッジを使用した場合、約4〜8時間の連続使用が可能です。

点火装置付きで火をつけるのも簡単。光量はツマミで無段階に調節が可能なため、光量を絞ることにより、2〜3日はガスカートリッジを交換せずに使うこともできます。連泊のキャンプにもおすすめです。

また、純正のガスカートリッジは、470g缶のほかに230g缶も販売されています。1泊程度のキャンプで荷物を極力軽くしたいような場合は、230g缶の使用がおすすめです。

持ち運ぶ際や、ハンガーへ吊るす際に便利なハンドルも装備。衝撃からガラスグローブを保護するグローブガードがついており、初心者でも安心して取り扱えます。専用のソフトケースが付属しているので、持ち運びや保管に便利です。 

第2位 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テラパワー UF-2

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テラパワー UF-2

アウトドア用品の人気ブランドである、キャプテンスタッグが販売するガスランタンです。明るさは最大で1,400ルクス(白熱電球280W相当)と非常に強力。テントサイト全体を照らすメインランタン としておすすめです。

ガスを噴射するバーナー部は、耐久性の高いステンレス材を使用しています。ホヤにはクリアタイプを採用しているため、明るく強い光を得ることが可能です。衝撃からホヤを守る、ガードフレームも装備しています。

点火スイッチを内蔵しており、栓を開いて押すだけで点火できる簡単操作も魅力です。操作のしやすい大型のツマミで、無段階に光量調節が可能。また、持ち運びや吊り下げる際に便利な、折りたたみ式のハンドルもついています。

燃焼時間は230g缶のガスカートリッジを使用して、約2時間40分〜3時間です。連泊をする場合などは、容量の大きい470g缶の使用をおすすめ。ハードタイプの収納ケースが付属しており、持ち運びにも便利です。

第3位 ソト(SOTO) 虫の寄りにくいランタン ST-233

ソト(SOTO) 虫の寄りにくいランタン ST-233

ソトは燃焼機器の総合メーカー「新富士バーナー」が展開する、アウトドア用品のブランドです。本製品は燃料にCB缶を採用しており、燃料価格の安さとスーパーなどで簡単に入手できる利便性が魅力。気軽にキャンプを始めてみたい初心者の方にもおすすめです。

防虫対策が充実しているのが本製品の魅力。ホヤには虫が感じにくい、オレンジ色を発するハーフストライプ処理が施されています。また、市販の蚊取りマットを装着して使える「蚊トリフレクター」も付属。

リフレクターを虫の多い林側への光を遮るようにセットすることで、さらなる虫対策にも役立ちます。ホヤ部分が本体下部に収納できるため、本体自体を収納ケースとして使えるのも便利です。

第4位 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) フィールドガスランタン UF-9

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) フィールドガスランタン UF-9

OD缶を使用する、キャプテンスタッグのガスランタンです。照度は約350ルクスと明るく、メインランタンにおすすめです。さらに、ハンドルがついており、持ち運ぶ際やランタンハンガーに吊るす際に便利なことに加え、ホヤを衝撃から保護するガードフレームも装備しています。

バーナー部分には耐久性の高いステンレス材を採用。圧電点火方式のため、押すだけで簡単に点火できます。点火スイッチと光量調整ツマミは一体型になっており、操作性がいいので初心者にもおすすめのガスランタンです。持ち運びや保管に便利な、ハードタイプのケースが付属しています。

第5位 ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングガスランタン UL-X

ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングガスランタン UL-X

ユニフレームは新潟県に本社を構える会社「信越ワークス」が展開するアウトドアブランド。本製品は燃料にCB缶を使用するガスランタンで、1本のガスカートリッジで約5時間燃焼します。明るさは最大で240Wあり、サイト全体を照らすメインランタンとしておすすめです。

本体には燃焼部分の熱をガスカートリッジに伝え、ガスの気化を促進させるパワーブースターを搭載。連続使用中のパワーダウンを抑えます。圧電点火方式で点火も簡単。ガスカートリッジも押し込むだけで簡単にセットできるので、初心者にもおすすめのガスランタンです。

ホヤ上部の蓋がワンタッチでオープンでき、圧電点火が困難な低温時でもライターなどで着火ができます。ホヤ部分は押し込んで本体下部に収納が可能。アルミ製のボディは波型加工で強度が高く、見た目もおしゃれです。

第6位 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ガスランタン UF-8

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ガスランタン UF-8

本製品は燃料にOD缶を使用する、キャプテンスタッグ製のガスランタンです。本体重量は約970gと軽量。照度は800ルクス(白熱電球150Wに相当)で、テントサイト全体を照らせる明るさがあるため、メインランタン としておすすめです。明るさはツマミを回すことで無段階に調節ができます。バーナー部分やメインフレームは、耐久性の高いステンレス製です。

ホヤは上半分がすりガラス仕様になっており、上下逆に取り付けることも可能。作業をするときは地面側を明るく照らしたり、逆にリラックスしたいときは柔らかい光で照らしたりと、シーンに合わせ調節ができて便利です。プラスチック製の専用ケースが付属しているため、ホヤを衝撃から守りながら安全に持ち運ぶことができます。

第7位 イーピーアイ(EPI) MBランタンオート L-2010

イーピーアイ(EPI) MBランタンオート L-2010

EPIは1961年にイギリスで創設された、ガス式のストーブやランタンのブランドです。1994年からは生産拠点を日本に移し製造・販売をしています。本製品はOD缶を使用するガスランタンです。最大400ルクスの明るさがあり、テントサイト全体を照らすことが可能。メインランタンとしておすすめです。

自動点火装置付きなので点火も簡単。燃焼時間は最大200分で、微妙な光量調整が可能なマイクロアジャスト機構を搭載しています。大光量ですがくもりタイプのグローブなので、柔らかい光で照らせるのが特徴です。さらに明るさが欲しい方には、別売で透明タイプのグローブも販売されています。

グローブを保護するワイヤーガードも搭載、ワイヤーガードは左右に開く構造のため、マントルの交換も簡単にできます。専用ケースが付属しているので、持ち運びや保管に便利です。

第8位 Viaggio ガスランタン デュアルマントル

Viaggio ガスランタン デュアルマントル

本製品はOD缶を使用するガスランタンです。マントルが2灯ついたタイプで明るさは140ルクス。メインランタンとしてもサブランタンとしてもおすすめです。大型のツマミを採用しており、好みの明るさに調整ができます。

本体重量は約600gと軽量で、ソフトタイプの収納バッグも付属しているため持ち運びも便利です。価格もリーズナブルなので、初めて購入するガスランタンとしてもおすすめ。海外メーカーの製品ですが、日本語の取扱説明書も同梱されており安心です。

第9位 ソト(SOTO) フォールディングランタン ST-213

ソト(SOTO) フォールディングランタン ST-213

新富士バーナーのアウトドアブランドである、ソトのガスランタンです。照度は450ルクス(200W相当)と非常に明るく、メインランタンとしておすすめ。燃料にはCB缶を採用しています。CB缶はホームセンターなどでも簡単に入手できて価格も安いので、キャンプ初心者におすすめです。

ホヤの半分に擦りガラス処理を施した、ハーフスクリーンホヤを採用しており、直接目に入る眩しさを和らげながら、サイト全体を優しく照らしてくれます。圧電点火方式なので点火も簡単です。使用時のサイズが直径13.6cm・高さ37.5cmとスリムな形状ながら、ボディ下部を広げた倒れにくい工夫が施されています。

ホヤ部分は押し込んで本体下部に収納が可能。収納すると本体自体がキャリングケースになります。機能性だけでなく、持ち運びに優れたアイテムを探している方におすすめです。

ガスランタンのおすすめランキング|サブ用

第1位 コールマン(Coleman) ルミエールランタン

コールマン(Coleman) ルミエールランタン

優しい曲線のガラスグローブが魅力的な、コールマンのガスランタンです。燃料にはOD缶を使用し、およそ28〜38時間燃焼。明るさだけでなく、あたたかみのある色合いで癒しのアイテムとしても活躍します。

本製品はバーナーから直接炎がでるタイプでマントルは不要。マントルの空焼き作業が必要ないため、取り扱いが簡単で初心者にもおすすめです。柄の長いライターなどで、火力調節レバー横の穴から火を差し込み点火します。消化もツマミを回して栓を閉めるだけと簡単です。

本体重量は約210gと比較的軽量。衝撃からガラスグローブを保護してくれる、持ち運びにも便利なプラスチックケースが付属しています。

第2位 スノーピーク(snow peak) リトルランプ ノクターン

スノーピーク(snow peak) リトルランプ ノクターン

ハイスペックな登山用具で有名な、スノーピークのガスランタンです。直接炎がでるタイプでマントルを使用しません。小さい炎ですがテーブル上を照らせる十分な明るさがあり、サブランタンとしておすすめです。

本体重量は102gと軽量で、コールマンのルミエールランタンと比較しても半分以下という軽さが特徴。着火にはライターなどを使用しますが、煙突効果を利用した構造によりとてもスムーズに行えます。炎の調節にはワイヤー式ハンドルを採用。スノーピークの製品で実績のある、つかみやすく少ない力で回せるハンドルです。

本製品は燃料にOD缶を使用し、ガスの消費量は1時間に7gほどなので、残量の少ないガスカートリッジでも長時間の使用が可能です。

第3位 コールマン(Coleman) フロンティアPZランタン

コールマン(Coleman) フロンティアPZランタン

マントルを使用するタイプのガスランタンです。明るさは80Wありサブランタンとしておすすめ。燃料にはOD缶を使用し、230g缶で約6〜12時間燃焼します。自動点火装置付きで簡単に点火でき、光量調節ツマミで好みの明るさに調節が可能です。また、ランタンの熱から光量調節ツマミを保護するヒートガードもついています。

本製品は、くもりタイプのガラスグローブを採用。目に優しい灯りのため、テーブルランタンとしてもおすすめです。ガラスグローブを保護するプロテクションガードを搭載しています。本体重量は約200gで、持ち運びに便利なプラスチックケースが付属。4,000円前後で購入できるため、初めてランタンを購入する方にもおすすめです。

第4位 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンドルガスランタン UF-19

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンドルガスランタン UF-19

キャプテンスタッグが販売する、マントルを使わないキャンドル風のガスランタンです。ブロンズカラーのアルミニウム合金製器具栓と、アンティーク調のガラスグローブの組み合わせがとてもおしゃれ。テーブルランタンとしておすすめです。

燃料にはOD缶を使用しており、全開でも約32時間と長時間の燃焼が可能。本体重量は約110gと軽量で、保管や携帯に便利なプラスチック製の収納ケースが付属しています。初心者からベテランまで、幅広いキャンパーにおすすめのガスランタンです。

第5位 ソト(SOTO) レギュレーターランタン ST-260

CB缶を使用する、ソトのガスランタンです。明るさは150ルクスあり、壊れにくい金属製のメッシュホヤを採用しているのが特徴。バイクツーリングやソロキャンプにおすすめです。メッシュホヤを含め本体には、耐久性の高いステンレス材を使用しています。

点火が簡単な圧電点火方式を採用しているので、初心者でも扱いやすいのがポイント。燃焼時間はガスカートリッジ1本で約4.5時間と十分です。連続使用や低温下でも光量の低下を抑える、マイクロレギュレターを内蔵しています。ロースタイルのデザインなので、テーブルの上においても向かいの人との会話の邪魔にならず便利です。

第6位 Ieasky ガスランタン

Ieasky ガスランタン

コスパの高さが魅力のガスランタンです。直接炎の出るタイプで、マントルを使用しません。燃料にはOD缶を使用します。優しく雰囲気のある灯りなので、テーブルランタンとしておすすめです。

煙突効果を利用した構造により、ライターでの着火作業もスムーズ。ガス消費量が1時間に約6gと、燃費に優れているのも魅力です。光量の調節は本体上部のリングツマミを回しておこないます。ガスバルブの開閉にはワイヤー式ハンドルを採用。回しやすい上に、持ち運ぶ時にはコンパクトに折りたためるので便利です。

第7位 Hawk Zing 屋外ガスランタン

Hawk Zing 屋外ガスランタン

本製品は直接炎を出すタイプのガスランタンで、マントルを使用しません。そのため、マントルを空焼きする作業が不要で扱いやすく、初心者にもおすすめです。ガスの消費量は1時間に6gと少ないため、残量の少ないガスカートリッジでも長時間使用できるのが魅力です。

ガラスグローブを回すと現れる切り欠き部分から、ライターなどを使い着火します。また、ガラスグローブには簡単に外れてこないよう、脱落防止機構がついているため安心です。本体は直径5cm長さ13.7cmとコンパクト。ハードタイプの収納ケースが付属しており、保管や携帯に便利です。

第8位 スノーピーク(snow peak) ギガパワーランタン 天 オート GL-100AR

スノーピーク(snow peak) ギガパワーランタン 天 オート GL-100AR

本製品は1998年にスノーピークが初めて発売したガスランタンです。直径5.9cm高さ9.5cmと手のひらに収まるサイズながら、最大80W相当の明るさで照らすことが可能。テーブル周りで使用するランタンとしておすすめです。

オートイグナイターを標準装備しており簡単に点火できます。光量調整用ハンドルにはスノーピーク製品で実績のあるワイヤー式を採用しているため、手袋をしたままでもつかみやすく、微妙な調節が可能です。本体には耐久性の高いアルミニウム合金とステンレスを使用しています。

そのほか、ガラスグローブを保護するグローブガードを装備。また、別売オプションとして、壊れにくいステンレス製メッシュグローブも販売されています。本体重量は125gと軽量なことに加え、プラスチックケースが付属しているので持ち運びにも便利です。

第9位 イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS) 2245ランタン IP-2245A-S

イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS) 2245ランタン IP-2245A-S

プリムスは1892年にスウェーデンで設立された燃焼器具ブランド。本製品は改善を重ねながら長年愛され続けている、プリムスを代表するガスランタンです。ホヤにはくもりガラスを使用しており、優しい灯りが特徴。明るさは100W相当なので、テーブルランタンやソロキャンプにおすすめです。

ホヤ天面のカバーには、シェラカップをおいて温めることもできます。燃料にはOD缶を使用し、約8時間の燃焼が可能。そのため、連泊のキャンプにも対応できます。圧電点火装置が装備されており点火も簡単です。ランタンハンガーなどへ吊り下げる際に便利な、ワイヤーサスペンダーを装備しています。

プラスチック製のハードケースが付属しているので、持ち運びや収納の際に便利です。収納サイズも8.3×8.3×12.7cmとコンパクトなため、荷物の邪魔になりません。

第10位 キャンプグリーブ ガス式ランタン

キャンプグリーブ ガス式ランタン

本製品はOD缶のほかに、CB缶にも接続して使用できるのが特徴のガスランタンです。CB缶はOD缶と比較して安く購入できる上、CB缶を使う器具を所有している方であれば、燃料の共有もできるので便利です。

照度は最大で80ルクスあります。テーブルの上を照らすのには十分な明るさがあるため、サブランタンにおすすめ。ランタンハンガーへ吊るす際に便利な、ハンドルとチェーンが装備されています。

海外の製品ですが、図解入りの日本語説明書が付属しているので安心。2,000円前後で購入できるので価格重視の方におすすめです。

ガスランタンを使う前に

By: amazon.co.jp

取り扱いが容易で、アウトドア初心者からベテランキャンパーまで幅広く支持されているガスランタン。ガス缶を装着してつまみをひねるだけの簡単操作が魅力です。ただし、使用する前にはマントル全体に火をつけて温める「空焼き」という作業が事前に必要となるので、注意しておきましょう。

マントルの装着と空焼き

By: amazon.co.jp

マントルとは合成繊維でできた手の平サイズの袋のような形のパーツで、これをランタンに装着し着火することで炎が灯るようになります。

空焼きのやり方はマントルを取り出し、1度折り目をほぐすように伸ばしましょう。その後、風のない場所でガスランタンに紐でしっかりと固定し、ライターなどで満遍なく均一に燃やしていきます。

このときライターの先が触れたり、燃え切る前に触ったりしないようにしましょう。全体が白く灰のように燃え尽きる「灰化」が起こっていれば完了です。

この空焼きを終えたマントルに触れないようにガスランタンを組み立て、着火することでマントルに火が点りガスランタンを使用できるようになります。灰化したマントルは不用意に触ると破れてしまうので注意。マントルは丁寧に扱えば、約1年使い続けられます。ぜひ参考にしてみてください。