キャンプをする際に欠かせないアイテムであるランタン。なかでも「ガスランタン」はガソリンランタンと比べて手軽に扱え、LEDランタンと比べて灯に温もりが感じられるのが特徴です。

そこで今回はガスランタンのおすすめ製品をピックアップ。メイン用とサブ用に項目を分けてランキング形式でご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ガスランタンのメリット・デメリット

ガスランタンのメリット

By: amazon.co.jp

ガスランタンは点火と消火が容易で、扱いやすいのが特徴。多くの製品がガス缶装着後につまみをひねるだけで簡単に着火できるので、アウトドア初心者にもおすすめです。

なお、光量はガソリンランタンには劣るものの、キャンプサイト全体を照らすには十分で、価格の安さも魅力。クラシカルなデザインのアイテムも多く、炎の揺らめきを楽しめるのも魅力です。

ガスランタンのデメリット

By: amazon.co.jp

ガスランタンのデメリットは他のランタンと比べて総じて燃焼時間が短く、燃費が悪いこと。ランニングコストはやや高めです。

また、ガスランタンは炎が光源のため、テント内で使用すると一酸化炭素中毒や火事の原因となります。その点は十分注意しておきましょう。

ガスランタンの選び方

メイン用かサブ用か用途を明確にする

By: amazon.co.jp

ガスランタンを選ぶにはキャンプサイト全体を照らす「メイン用」か、テーブルや作業スペースなどを手軽に照らす「サブ用」かを、考慮した上で選ぶようにしましょう。

明るさのスペックはメイン用ランタンであれば200W(ワット)以上、サブ用ランタンとしては100W程度が目安です。

ガス缶の種類で選ぶ

ガスランタンに使用するガス缶には「OD缶」と「CB缶」の2種類があります。両方のガス缶に対応しているガスランタンもありますが、多くはどちらか一方にしか対応していないため、購入する際は注意しましょう。

OD缶

By: amazon.co.jp

「OD缶」はアウドドアシーンでの使用を目的としたガス缶のこと。メーカー各社から販売されており、気温の低い場所でも火力が安定しているのが特徴です。

ただし、総じて高価なのがデメリット。シングルバーナーやツーバーナーコンロでも使えるタイプですが、ガスランタンで使うにはコストがかかるので、その点は留意しておきましょう。

CB缶

By: amazon.co.jp

「CB缶」は家庭用のカセットコンロなどでよく用いられるガス缶。スーパーやコンビニなどでも手軽に購入できるほか、価格もリーズナブルなので、コストがかからないのが特徴です。

ただ、対応するガスランタンが少ないほか、室内向けのアイテムなのでアウトドアシーンでは火力の不安定さが気になる場合もあります。購入する際は事前に用途を確認しておきましょう。

他の道具の燃料としてガス缶を兼用できるか

By: amazon.co.jp

キャンプ用品にはガス缶を使うアイテムがガスランタン以外にもいくつかあります。複数持ち合わせている場合はガス缶をまとめ買いしておくとお得です。

「OD缶」は湯沸かしなどに使うシングルバーナーや調理に活躍してくれるツーバーナーコンロでも併用が可能。ただし、OD缶は各メーカーで接続部分の作りなどが異なるため、キャンプ道具とガスランタンを同メーカーのアイテムで統一する必要があります。

一方、「CB缶」はカセットコンロとの併用が可能。「普段は自宅で鍋料理をする際に使用し、アウトドアシーンではガスランタンで活用する」という使い方もできます。

明るさをチェック

By: amazon.co.jp

ガスランタンには明るさを表す単位が複数あり、「ルーメン(lm)」「キャンドルパワー(CP)」「ルクス(lux)」「ワット(W)」などで表記されています。

ルーメン(lm)

ルーメンは光源からでる光の量のことで、ガスランタンでいうと光源付近の明るさを表す指数です。数値が大きいほど明るく、1500ルーメン以上あればメインランタンとして十分使用できます。

キャンドルパワー(CP)

キャンドルパワーはロウソク1本の明かりを1キャンドルパワーと表したもの。目安としては340キャンドルパワーでメインランタンとして使える程度となります。

ルクス(lux)

ルクスは人間が感じる明るさを表しており、ガスランタンを灯した際に床や壁に当たる光量のことで、300ルクスあるとメインランタンとして使用できます。ただし、ルクスは光源から遠くなるほど数値が低くなるため、広いキャンプサイトで使用する際は注意しましょう。

ワット(W)

ワットは消費電力を表すもので、目安としては200W以上であればメインランタンとして使えます。ランタンは製品によって単位がバラバラなので一概には言えませんが、日本では電球にワットを使うことが多いので、表記がない場合はワット換算して考えるのがおすすめです。

連続燃焼時間をチェック

By: amazon.co.jp

ガスランタンは、比較的燃焼時間が短いため、メインランタンでの使用を想定している方は連続燃焼時間をチェックしましょう。もっとも普及しているのは5時間前後のガスランタン。連泊する方や使用時間が5時間を越える方は、容量の大きいガス缶を用意するか、予備のガス缶が必要となります。

また、ガスランタンの使用時間は光量にも比例するのもポイント。光量の多いものは、ガスの燃費も大きいため念のために予備を持っていくとよいでしょう。

ガスランタンのおすすめランキング|メイン用

第1位 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) UF-9 フィールド ガスランタン(M)

コンパクトなボディでキャンプシーンを明るく照らす人気のガスランタン。測定値30cmの照度は350ルクスで、テント全体を鮮明に照らす明るさを確保しています。

サイズは10.5×10×15.5cmとコンパクトで、重量も約510gと軽量。ケースに入れても610gと軽いため、持ち運びにも便利です。

グローブには衝撃から守るためのガードを設置しており、割れや破損を軽減。前面のつまみで火力調整することも可能です。グローブは取り外しやすい設計のため、マントルの交換も容易。価格は5000円台とコスパも良好です。

第2位 コールマン(Coleman) 2500ノーススター LPガスランタン

200Wに相当する320キャンドルパワーのガスランタン。大光量で照らせるのが特徴です。前面のダイヤルによって火力を調節できる仕組みを採用しており、使い勝手は良好。470gのOD缶で4~8時間使用が可能ですが、光量を絞ればより長時間での使用もカバーできます。

ワイヤークリップによってマントルの取り付けも簡単。点火装置を搭載し、着火もスムーズにできます。連泊でも役立つ利便性の高いガスランタンを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

第3位 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) UF-2 テラパワーガスランタン(L)

ハイパワー仕様のガスランタン。点火後30分間の平均照度は230W相当の1400ルクスと光量は十分です。操作は大型のつまみで調整し、点火スイッチは内蔵型を採用。回すと栓が開き、押すだけで点火は完了します。

ガードフレームはグローブを衝撃から守り、耐久性に配慮。なお、ハンドルは折りたためるのでコンパクトに収納して専用ケースで持ち運ぶことも可能です。

燃焼時間は、OD缶の「CS-250」を使用した際は3時間前後。キャンプ初心者の方も安心して使用できるおすすめのガスランタンです。

第4位 ソト(SOTO) フォールディングランタン

CB缶に対応する利便性の高いガスランタン。1本あたりのコストが低いため、ランニングコストに配慮できるのが特徴です。

また、キャンプにガスコンロを使用する方は、燃料を併用することも可能。燃料を数種類用意する必要もなく、荷物を軽減できます。

明るさは200Wと十分な光量で、キャンプサイトをしっかりとライトアップすることが可能。使用時間は同社のCB缶「ST-760」を使用する際は約4時間、「ST-700」を使用した際は約4.5時間です。

未使用時は本体下部にグローブを収納することが可能。ケースが不要なため、重量やスペースも軽減でき、持ち運びの際にホヤが割れる心配もありません。ただし、ガスボンベの取り付けが少々困難なので、その点は留意しておきましょう。

第5位 イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS) 541マイクロンランタン

ホヤにメッシュメタルを採用した耐久性の高いガスランタン。サイズは6.1×6.2×10.6cmとコンパクトでありながら、光量は約320ルクスと上々です。

重量は124gと軽く、持ち運びにも便利。同社のOD缶「IP-250」を使用した場合、燃焼時間は約8時間使用できます。価格は1万円台と値は張りますが、重さ・明るさ・耐久性のバランスは良好です。長く使える使い勝手のよいガスランタンを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

第6位 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) UF-8フィールド ガスランタン

測定値50cmで照度800ルクスと明るく、コストパフォーマンスに優れたガスランタン。ガスコンロと同じ圧電力点火方式を採用し、ライターなしで着火することが可能です。

グローブ上部には「すりガラス」を採用し、テーブルに置いても眩しくなりにくいのもポイント。優しい光のもとでキャンプシーンを楽しく過ごせます。

サイズは130×120×215mmで、重量はガスランタンのみで720gと軽量。専用ケースを含めても970gと1kg未満なので、持ち運びも容易です。価格は5000円台とリーズナブル。コスパ重視で選びたい方は候補として検討しておきましょう。

第7位 ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングガスランタンUL-X

CB缶専用のガスランタン。同社の「プレミアムガス」を使用した場合は明るさ240W相当で、使用可能時間は約4時間。同社の「レギュラーガス」を使用した場合は明るさ210W相当で、使用可能時間は約5時間です。

また、ガス缶は切り込みの位置を気にすることなく、差し込むだけでセット完了。本体サイズは使用時135×120×355mmで、未使用時は135×120×210mmとコンパクトに収納できるものポイントです。

なお、光量がいまいち確保できない場合はバーナー部をペンチでなどで外し、バーナー付近と本体ノズル内の小さな穴をエアダスターで数秒噴射することで対応できます。使っていて気になる方はぜひ試してみてください。

第8位 ソト(SOTO) 虫の寄りにくいランタン ケースセット ST-233CS

その名の通り、虫対策機能が搭載されたガスランタン。本製品は虫を寄せ付けない3つの仕組みを採用しているのが特徴です。

ポイントは虫の寄りにくい光にする「ハーフストライプホヤ」。波長の長いオレンジ色の光に変換し、虫を近づきにくくします。また、市販の防虫マットをセットできる「蚊トリフレクター」も効果的。光以外でも虫を遠ざける効果が期待できます。さらに、虫の多い方向のみ光を隠すことができる「リフレクター」も重要。虫をそもそも寄せ付けない配慮に寄与しています。

照度は同社のCB缶「ST-760」使用時で660ルクス(230W相当)、「ST-700」使用時は550ルクス(210W相当)と明るさも十分。使用時間は、約3~3.5時間です。ガスランタンとしてはもちろん、虫除け対策も兼ねた照明器具を探している方はぜひチェックしておきましょう。

第9位 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) セイビアスライドガスランタン

コンパクトなガスランタン。明るさは170W相当の1700ルクスで、キャンプサイトも事足りる光量を確保できます。

グローブはスライド式で、未使用時は下部に収納できるのが特徴。使用時のサイズは150×150×370mmあるものの、未使用時は150×150×210mmと、高さが約半分まで縮まります。重量も1.2kg(ガス含まず)と軽量なので、持ち運び重視でガスランタンを選びたい方におすすめです。

第10位 イーピーアイ(EPI) MBランタンオート

光量約200Wのガスランタン。サイズは141×104mm、重量は265gで、ランタンのなかでは中型程度の大きさです。

専用のケースが付いているので、携行時のグローブへの衝撃に配慮できるのがポイント。なお、ワイヤーガードが開くので、マントルの交換が容易なのも特徴です。ランタンとしてはレトロな雰囲気で、LEDタイプとは異なるノスタルジーな明るさで、キャンプサイトを照らしてくれます。

加熱防止板によって、炎がガス缶にまわらないように防御する安全性の高さも魅力。2極電極オートイグナイターを採用しており、点火が容易なのも注目点です。

ガスランタンのおすすめランキング|サブ用

第1位 スノーピーク(snow peak) ガスランタン リトルランプ ノクターン

燃費のよいガスランタン。同社のガラス管を使用したガスランタンは筒型形状を採用しており、素早く着火できるのが特徴です。また、長い筒を利用した「煙突効果」により着火後すぐに火力が強くなるのもポイントです。

サイズは42×40×105mmで、重量は102gと軽量コンパクトな設計。ガスの使用量は1時間で7gと低燃費です。なお、ガス缶はOD缶であれば、他社製品も使用できます。

機能は充実しているうえに、価格も3000円台とリーズナブル。お得感の高いガスランタンを探している方はぜひチェックしておきましょう。

第2位 Fire-maple ガスランタンTT0110

230gのガス缶で56時間燃焼する燃費のよさが特徴のガスランタン。ガス消費量は1時間に6gとコスパ良好なのが特徴です。グローブには耐熱性に優れた硬度の高い高硼珪酸ガラスを採用。強風でもしっかり火をカバーできます。

使用方法としてはグローブをあけ、ライターで着火するだけと簡単。静かに揺れるキャンドルのような炎で優しく照らせるほか、デザインもスリムなのでキャンプシーンにおしゃれさをプラスできます。

サイズは13.7×9.4cmとコンパクトで、重量も140gと軽量。付属のケースはガスランタンが動きにくいように配慮されており、グローブが割れるのを軽減します。使い勝手のよいサブ用のガスランタンを探している方はぜひ候補として検討しておきましょう。

第3位 キャンプグリーブ ガス式ランタン

ガス変換アダプターがセットになっているガスランタン。OD缶だけでなく、CB缶にも対応する汎用性の高さが特徴です。

サイズは約30×23.5×23mmとコンパクトで、重量は約135gと軽量。照度は80ルクスで、テーブルランタンとしては十分な明るさを確保できます。

自動点火装置を搭載し、ライターを使わずに着火できるのもポイント。ただし、付属のガス変換アダプターを取り付ける際はガス漏れしやすいので注意が必要。仕組みを事前に確認した上でセットしましょう。

第4位 コールマン(Coleman) フロンティア PZランタン

すりガラスのグローブで優しい光を放つ人気のガスランタン。他のランタンに比べて明るさは控えめで、レギュラーガス使用時であれば約108キャンドルパワー(80W)。サイズは約10×7.5×13cmで、重量は約200gと軽量コンパクトにまとまっています。

炎の大きさは調節可能で、燃焼時間は6~12時間と燃費のよさも魅力。自動点火装置を搭載しており、ライターを使用せずに着火できるのもポイントです。

ヒートガードは光量調節のつまみを熱から守るので、炎の調節も安心。急激な温度変化にも対応する耐熱ガラスのグローブを採用しており、長時間使用にも対応できます。ムードのある小型の照明器具を求めている方にとっては候補となるアイテムです。

第5位 キャンピングムーン(CAMPING MOON) ダブルマントル ガスランタン

ダブルマントル仕様の明るいガスランタンです。光量は140ルクスで、ファミリーキャンプのテーブルランタンからソロキャンプのメインランタンまで、幅広く使用できます。

ベンチレーターは琺琊(ホーロー)で塗装してあり、使用時にワイン色に変色していくのも魅力。圧力点火装置による自動点火システムを採用し、点火も容易です。火力調整用のつまみは大きく回しやすい設計。CB缶変換アダプター付きでカセットボンベも使用できます。

収納ケースにもこだわっており、素材にはクッション材入りの6400ポリエステルPU加工を使用。フタの裏面には、ファスナー式の小物入れを設置し、ライターやマントルなどの小物を入れられて便利です。未使用時は折りたためてコンパクトに収納することも可能。目を引くカラーリングのガスランタンがお好みの方はぜひ試してみてください。

第6位 歩林(BULIN) ポータブル ガスランタン BL300-F1

「歩林」は中国のアウトドアメーカー。本製品のサイズは50×100mmとコンパクトで、重さは149gと軽量です。

明るさは80ルクスとまずまず。キャンプシーンであればテーブル周辺を優しく程度です。なお、グローブに使用しているガラスは薄いものの、耐熱ガラスを採用しており、耐久性は良好。飛散防止性能も採用し、安全面にも考慮しています。

また、自動点火システムを搭載しているので使い勝手は良好。なお、本製品はOD缶だけではなく、CB缶も付属の変換アダプターを使用すれば対応することが可能。価格も2000円台と格安なので、コスパ優先でガスランタンを選びたい方は要チェックのアイテムです。

第7位 ソト(SOTO) ガスランタン ST-260

CB缶対応でありながら、燃料の持続力と使い勝手に優れたガスランタン。マイクロレギュレーターを採用し、寒冷地でも使いやすく、外気温10度の環境化で3時間の連続運転をしても、150ルクスの光量で照らせるのが特徴です。

ガス缶を横にセットするタイプで、横倒れを軽減できるのも魅力。サイズは100×130×150mmとコンパクトで、重量は247gで、未使用時は脚を折りたたんでさらにコンパクトに収納することが可能です。汎用性の高いガスランタンを求めている方はぜひ確認しておきましょう。

第8位 RUNACC ガスランタン

ガスランタンのなかでもちょっとした用途で使いたい方におすすめのアイテム。手元などを照らす際に便利なアイテムです。

グローブ部分のガラスには衝撃に強い強化ガラスを使用しており、割れや破損を軽減。炎の調節は、グローブ下部の黒いダイヤルを回すだけで容易にできます。安定した火力を保ちながら、1時間に6g前後と低燃費。重量99.8gと軽量で、持ち運びにも便利です。

価格は2000円台とリーズナブルなのもポイント。なお、グローブの代用品は用意されていないため、破損したら使用できません。また、説明書は日本語対応していないので、購入する際は十分考慮しておきましょう。

第9位 歩林(BULIN) ガスランタン BULIN BL300-F2

交換アダプターを活用することで、OD缶もCB缶も使用できる小型のガスランタン。本体の大きさは手のひらサイズの50×100mmで、重量は158gと軽量です。

なお、明るさは80ルクスと控えめですが、テーブルに置いて手元を照らすには及第点。価格も2000円台とリーズナブルです。ただし、説明書は英語と中国語のみで、日本語対応はしていないので、その点は注意しておきましょう。

第10位 イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS) 2245ランタン

明るさ100W相当のガスランタン。デザインは円筒形ではなく、根元が絞られた花のツボミのようなフォルムを採用しているのが特徴です。

燃料はOD缶を使用。サイズは8.3×8.3×12.7cmとコンパクトで、重量も200gとまずまずです。燃焼時間は約8時間と十分。手元足元を照らすにも便利なので、間接照明として使うのも便利です。価格は1万円超えとやや高く、本製品のみをOD缶で使うのはコストがかかります。OD缶対応のシングルバーナーなどと併用を考えている方におすすめです。

第11位 イーピーアイ(EPI) SBランタンオート L-2008

マントルの交換が簡単なコンパクトなガスランタン。グローブを保護するワイヤーガードは天板を開けるとV字型に開く設計を採用しており、扱いやすいのが特徴です。

グローブはサンドブラスト加工で、スモークガラスのような質感。マントルの灯りが直接視界に入るガスランタンとは異なり、グローブ全体が優しく光り、キャンプサイトを照らします。セラミックコーティングが施してあるため、グローブが割れにくいのも魅力です。

サイズは110×64mmと小型で、重量は196gと軽量。照度は100Wで、テーブル周辺を明るく照らすには十分です。燃焼時間は約7時とスタミナもまずまず。光量の調整がしやすいマイクロジャスト機構で、幅広いシーンで使用できるのもおすすめポイントです。

第12位 DCT ガスランタン

1時間に6gの低燃費が魅力のガスランタンです。ろうそくのように揺れる炎を楽しめるガスランタンは、低燃費なので、残量の少ないガス缶でも点灯する効率のよいアイテム。グローブの下部にライターなどで着火するタイプで、ガスバルブによって火の調整もできます。グローブを90°回転すれば、炎の微調整も可能。炎の大きさで、シーンに合わせた明るさを楽しめます。

取り付けもガス缶を置いて、時計回りに回すだけと容易。重量102gと軽量で、揺れる炎が心を癒すおすすめのガスランタンです。

第13位 OUT-D ポータブルガスランプ一体ミニガスラン

デザイン性に優れ、コンパクトで携行しやすいガスランタン。ちょうちんのような丸い形状のグローブはガードで囲まれており、耐久性が高いのが特徴です。

サイズは120×77mmとコンパクトで、重量は187gと軽量。持ち運びも容易で、吊るしやすいのもポイントです。照度は100ルクスと控えめですが、グローブの中で温かく揺れる炎はレトな雰囲気で、癒し効果も期待できます。

専用ケース付きで携行時の破損にも配慮。価格帯としては2000円前後なので、リーズナブルです。コスパ重視でガスランタンを選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

第14位 マリブ(MALIBU) ポータブルランタン

コンパクトで携行性に優れたガスランタン。サイズは50×100mm、重量は約148gで軽量コンパクトにまとまっているのが特徴です。

携行しやすいため、ツーリングやソロキャンプなどで活用するのもおすすめ。照度は80ルクスと心もとない感は否めませんが、サブランタンとしては使えます。

専用の持ち運び用ケースがついており、持ち運びも容易。ポータブル性と価格の安さでガスランタンを選びたい方は候補として検討してみましょう。

第15位 SODIAL ランタン

機能性とコストパフォーマンスに優れたガスランタン。素材には耐高温性に優れた合金を採用して高温による破損を考慮しているほか、サビにも強いのも特徴です。

中央に設置した煙突は火の飛散を軽減するのに有効。「高エネルギーセラミック圧電点火システム」を搭載しており、スムーズに着火できるのもポイントです。

本体サイズは7×7×12cmとコンパクトで、重さは140gと軽量。最大80ルクスと必要最低限の明るさは確保できます。価格は1000円前後と格安なので、まとめてガスランタンを複数購入したい方は候補として検討してみましょう。

ガスランタンの楽天市場ランキングをチェック

ガスランタンの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ガスランタンを使う前に

By: amazon.co.jp

取り扱いが容易で、アウトドア初心者からベテランキャンパーまで幅広く支持されているガスランタン。ガス缶を装着してつまみをひねるだけの簡単操作が魅力です。ただし、使用する前にはマントル全体に火をつけて温める「空焼き」という作業が事前に必要となるので、注意しておきましょう。

マントルの装着と空焼き

By: amazon.co.jp

マントルとは合成繊維でできた手の平サイズの袋のような形のパーツで、これをランタンに装着し着火することで炎が灯るようになります。

空焼きのやり方はマントルを取り出し、1度折り目をほぐすように伸ばしましょう。その後、風のない場所でガスランタンに紐でしっかりと固定し、ライターなどで満遍なく均一に燃やしていきます。

このときライターの先が触れたり、燃え切る前に触ったりしないようにしましょう。全体が白く灰のように燃え尽きる「灰化」が起こっていれば完了です。

この空焼きを終えたマントルに触れないようにガスランタンを組み立て、着火することでマントルに火が点りガスランタンを使用できるようになります。灰化したマントルは不用意に触ると破れてしまうので注意。マントルは丁寧に扱えば、約1年使い続けられます。ぜひ参考にしてみてください。