アウトドアシーンで使う照明器具として定番の「ランタン」。アイテムの種類としては、ガスや灯油、また最近は安全性が高いバッテリー仕様のLEDタイプなどもリリースされており、豊富なラインナップが揃っています。

そのなかでも今回は古くから使い続けられている「ガソリンランタン」に注目。おすすめモデルをご紹介します。広範囲を明るく照らすことに長けているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ガソリンランタンとは?

By: amazon.co.jp

「ランタン」は屋外作業用に作られた照明器具のこと。雨風の影響を受けないための工夫が施されているほか、手持ちがしやすいようにベイル(ハンドル)が備え付けられているのが特徴です。ちなみに、似たようなアイテムにランプがありますが、こちらは主に屋内用に作られた照明器具のことを指します。

ランタンの種類としては灯油やガス、また最近はLEDなどを使ったバッテリー式などがありますが、そのなかでもガソリン式はもっとも古いスタイル。燃料としては「ホワイトガソリン」を使います。

なお、自動車に使われるガソリン(レギュラーガソリン)とは同種に区分されますが、ふたつはまったくの別物で、前者の成分は基本的にはナフサのみで無色透明。後者はさまざまな添加物が入っており、オレンジ色をしています。

ガソリンランタンのメリット

By: amazon.co.jp

ガソリンランタンの燃料となるホワイトガソリンは比較的リーズナブルで燃費も良好。また、光量も大きく広範囲を照らせるのが特徴です。

また、ガスや灯油ランタンに比べて寒さ厳しい環境下でも着火しやすく、火力が安定しているのもポイント。なお、使い勝手においてはLEDランタンに軍配が上がりますが、耐久性が高く、長く使い続けられるのも魅力です。

ガソリンランタンのデメリット

By: amazon.co.jp

ガソリンランタンのデメリットは、燃料タンクに圧力をかける「ポンピング」やマントル全体に火をつけて温める「空焼き」という作業が事前に必要なことです。

ポイピングは付属のポンプノブで空気を送り、燃料タンク内の圧力を高める作業。使用後はこの空気をしっかり抜いておくことが重要です。なお、長時間使用しない場合はホワイトガソリンも抜いておきましょう。

空焼きはマントルをライターやチャッカマンで炙る作業。下から火を当てるのがコツで、マントル全体に火を移していきます。マントルはもともと白い繊維。燃え広がりによって一旦黒くなり、さらに白く灰のようになったら完了です。

ガソリンランタンの選び方

光量で選ぶ

ガソリンランタンの明るさは光量の数値で示され、単位としてはキャンドルパワー(CP)、ワット(W)、ルーメン(lm)などが使われています。なお、キャンドルパワーはロウソク1本分の明るさ、ワットは電気エネルギーの消費量による明るさ、ルーメンは光源による明るさです。

製品によって単位がバラバラなので一概には言えませんが、日本では電球にワット(W)を使うことが多いので、表記がない場合は換算して考えるようにしましょう。

ガソリンランタンのおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: coleman.co.jp

1901年創業の「コールマン」はアメリカの総合アウトドアメーカー。ランプのレンタル業からスタートし、その後ランタンの開発・生産に着手。ブランド拡大とともにテントや寝袋などのキャンプ用品全般へと事業を拡大し、現在ではバッグやアパレルなど、さまざまなアイテムをリリースしています。

同メーカーのランタンは傑作プロダクツとも言われており、戦前までは電気の供給が行き届いていない田舎での必需品、戦後はアウトドアを楽しむためのツールとして長年支持されています。

ガソリンランタンのおすすめ

コールマン(Coleman) ワンマントルランタン 286A740J

コールマン(Coleman) ワンマントルランタン 286A740J

構造がシンプルなので、取り扱いやメンテナンスが簡単なオーソドックスタイプのガソリンランタンです。モデルチェンジがほとんど行われることなく使い続けられているのも魅力のひとつ。本体サイズは160x310mm、重さは1800gです。

タンクの容量は590mlと小さいですが、明るさは200キャンドルパワーで、130W相当。燃焼時間も約7.5〜15時間とスタミナも十分です。定番のガソリンランタンとして知られるおすすめアイテムです。

コールマン(Coleman) ノーススター2000ランタン 2000-750J

コールマン(Coleman) ノーススター2000ランタン 2000-750J

チューブ型のマントルを採用しているガソリンランタンです。明るさは360キャンドルパワーで、230W相当。コストパフォーマンスに優れ、気温が低い環境下でも安定して使えるのが特徴です。

燃焼時間は約7〜14時間。サイズは直径約173×高さ約343mm、重量は1800g、タンクの容量は940mlです。電池式自動着火装置が付いており、ライターを使わずに着火できることもポイント。初めてガソリンランタンを購入したいと考えている方にもおすすめです。

コールマン(Coleman) シーズンズランタン 2017 2000031237

コールマン(Coleman) シーズンズランタン 2017 2000031237

コールマンジャパンが毎年カラーを変えてリリースしている「シーズンランタン」。スペックとしては変わらず、明るさは190キャンドルパワーで130W相当、燃焼時間は約7〜15時間。サイズは170×170×310mm、重量は約1400gです。

なお、本製品は2017年版。2015年から続くアメリカンヴィンテージシリーズで、ロードサイドダイナーをテーマとした淡いブルーを採用しています。なお、2018年版はシネマをテーマにしたレモネード、2019年版はコーヒーショップをコンセプトとしたツートンカラーを採用しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) 285 ツーマントル デュアルフューエルランタン #285A748

コールマン(Coleman) 285 ツーマントル デュアルフューエルランタン #285A748

ホワイトガソリンだけでなく、自動車用のガソリンでも点火可能な「デュアルフューエルランタン」。汎用性が高く、災害時にも大いに役立つアイテムです。

ツーマントル仕様で、光量は最大861ルーメン(60W)相当。燃焼時間は最大7時間です。ケースが付属しているので持ち運びにも便利。使い勝手のよいガソリンランタンを求めている方におすすめです。

YOGOGO マルチフューエルランタン

YOGOGO マルチフューエルランタン

150キャンドルパワーのランタン。明るさとしては1920ルーメン、120W相当の光量があります。本製品はホワイトガソリンだけでなく、自動車用のガソリン(オクタン価92#以上)、ホワイトガソリン、石油ナフサ、灯油などでも使える便利なアイテムです。

サイズは180×300mmで、重さは1270g、タンク容量は500ml、重量は1.27kg。燃焼時間は7時間です。

暖色系で眩しすぎることもなく、アウトドアシーンにおいては使い勝手良好。ただし、取扱説明書が付いておらず、使用するには慣れが必要なほか、異なる燃料を混ざると故障の原因となるので、その点は留意しておきましょう。

番外編:ガソリンランタンのメンテナンス

コールマン(Coleman) スーパーレンチ 149A9505

コールマン(Coleman) スーパーレンチ 149A9505

コールマンのガソリンランタンをメンテナンスするために作られた正規品のレンチ。燃焼器具のメンテナンスに対応しているアイテムです。

材質にはスチールを採用。サイズは約40×125mm、重量は約55gとコンパクトサイズなので、持ち運びも容易。工具をまとめたツールボックスがある肩は必ず1本入れておきましょう。

コールマン(Coleman) リュブリカント 149A5361

コールマン(Coleman) リュブリカント 149A5361

「リュブリカント」とはポンプカップ専用の潤滑油。ポンプキャップの「OIL」と書かれている穴から2~3滴注入することで、ポンピング時のポンプカップの滑りを改善できます。この作業を怠るとスムーズなポンピングが行えなくなるので、注意しましょう。

サイズは約30×20×115mmと荷物にならないサイズなので、本体とセットで携帯できます。オリーブオイルやサラダ油で代用する方もいますが、長くガソリンランタンを使うことを考慮すると正規品の方が安心。すでにランタンを愛用している方は要チェックのアイテムです。

コールマン(Coleman) ポンプカップ&プッシュオンナット R216-111T

コールマン(Coleman) ポンプカップ&プッシュオンナット R216-111T

同社のガソリンランにおける交換用のリペアツール。しばらく使っていなかったガソリンランタンを久しぶりに使おうとすると、ポンプカップが硬化してしまっていて、ポンピングが上手くいかないということが多々あります。

また、ポンプカップを固定しているプッシュオンナットは、変形してしまうと交換が必要なパーツのひとつです。気になる方は事前に用意しておきましょう。

コールマン(Coleman) チェックバルブ&エアーステム

コールマン(Coleman) チェックバルブ&エアーステム

「チェックバルブ&エアーステム」は同社のガソリンランタンをメンテナンスする際に使うアイテム。なお、ヴィンテージアイテムとも言える同社の旧モデルにも装着が可能です。

ガソリンランタンのポンプカップやプッシュオンナットを交換しても圧力がかからない場合はチェックバルブを確認しましょう。ポンピング時に空気が逆流する場合は交換の必要があります。

コールマン(Coleman) グラファイトパッキン 118B6201/242-6201

コールマン(Coleman) グラファイトパッキン 118B6201/242-6201

耐熱性の高いグラファイト(膨張黒鉛)を素材に用いたパッキン。使い込んでいくうちに交換が必要となる消耗品のひとつで、燃料漏れを防いでくれるアイテムです。

燃「料バルブの棒やナットに黒い付着物が付いている」場合や「タンク上部に液だれの跡がある」といった場合は交換しましょう。長くランタンを使用しているという方やしばらく使っていないヴィンテージランタンを復活させたい方はぜひチェックしておきましょう。

コールマン(Coleman) ジェネレーター #286A・288A

ガソリンランタンのメンテナンス用別売りパーツ。ジェネレーターの内部に炭が付いてしまったり、ゴミが付いてしまったりすると機能が低下するので、予備のジェネレーターが必要です。

古い部品をいつまでも使い続けているとパワーも燃費も落ちてしまいます。調子が悪いと感じたら新しい部品と交換しましょう。特にジェネレーターはガソリンランタンの心臓部とも言える場所なので、定期的にメンテナンスと交換を行うことでランタンを長持ちさせることが可能です。

なお、本製品はコールマンのガソリンランタン「286A」や「288A」用のアイテムですが、ほかにも「ノーススター2000」用のアイテムや1951年から1984年まで製造した「200A」に対応したアイテムもあるので、購入を検討している方は事前に確認しておきましょう。

コールマン(Coleman) エコクリーン 4L 170-6760

コールマン(Coleman) エコクリーン 4L 170-6760

ガソリンランタンの燃料となる容量4Lの純正ホワイトガソリン。燃焼効率が高く洗浄能力もあり、ジェネレーターの寿命を長持ちさせる効果が期待できるアイテムです。

純正以外のホワイトガソリンや車のガソリンには不純物が含まれており、燃料に用いるとジェネレーターの目詰まりや燃焼不良を引き起こしてしまうもの。エコクリーンを使えばそのような事態に陥ることもありません。コールマンのガソリンランタンを使うのであれば、純正品の燃料を使うのがおすすめです。

コールマン(Coleman) フューエル ファネル 2000016489

コールマン(Coleman) フューエル ファネル 2000016489

ガソリンランタンのタンクにホワイトガソリンを注ぐのに便利なツール。こぼすことなく燃料を充填できます。故障の原因になるゴミなどの不純物を取り除くフィルターが付いているのが特徴。満タンになると給油が止まるのもポイントです。

本体の材質はプラスチック。サイズは60×140mm、重量は約31.5gです。コンパクトサイズで携帯性に優れ、燃料の節約にもひと役買うので、コールマンのガソリンランの購入を検討している方はセットで買い揃えるのがおすすめです。

コールマン(Coleman) 残ガソリン抜き取りポンプ 170-7043

コールマン(Coleman) 残ガソリン抜き取りポンプ 170-7043

ガソリンランタン内の余ったガソリンを缶に戻すのに必要なアイテム。ポンピングするだけで簡単に燃料を戻せます。キャンパーやクライマーであれば同じアイテムを長く使い続けたいもの。ガソリンを抜くことでタンク内のサビを防ぎ、ランタンを長持ちさせるツールです。

長さ約600mm、重量は40g。ホースの材質には塩化ビニル樹脂を採用し、キャップには耐油性ゴム、ホース金具にはサビに強い真鍮が使われています。

コールマン(Coleman) マントル 95-102J

コールマン(Coleman) マントル 95-102J

ガソリンランタンを初めて使うというキャンプ初心者の方は、空焚きの段階で失敗してしまうことが多いもの。そんな時のために予備のマントルを持っておきたいものです。マントルは消耗品のため、空焚き時以外でも敗れてしまうことが多々あります。

マントルを破れたまま使用するとグローブを割ってしまったり、火災の原因になってしまったりします。必ず予備のマントルは用意しておきましょう。

コールマン(Coleman) グローブ R000B043J

コールマン(Coleman) グローブ R000B043J

ガラス製のグローブは急激な温度変化や雨といった環境の変化や、締め付け過ぎ、落としてしまうといった人為的なミスで割れてしまうことがあります。マントルが破れていると熱で割れることもあるので注意しましょう。

1度火を入れたマントルはとても壊れやすく、風や飛来物の接触で簡単に壊れてしまいます。グローブはそんなマントルを保護するためのパーツです。価格はやや高いですが、予備を持っておくと安心なので、検討しておきましょう。