カクテルのベースとして使われることが多い「ウォッカ」。アルコール度数が高いお酒ですが、クセが少ないためストレートやロックで飲むのもおすすめです。

ウォッカ自体の種類はもちろん、飲み方のバリエーションも非常に多いので、1本でさまざまな楽しみ方ができるお酒を探している方に最適。そこで今回は、ウォッカのおすすめ人気銘柄をご紹介します。

ウォッカとは?

By: amazon.co.jp

ウォッカは、ロシアを代表する蒸留酒。真冬の-35℃と凍える気温のなか、素早く体をあたためるために愛されてきたお酒です。非常にアルコール度数が高いことが特徴で、最も高いものでは96%のモノも販売されています。

4大スピリッツ(蒸留酒)の1つともいわれ、すっきりとしてクセの少ない味で世界中から愛されている洋酒です。大麦などの穀物を中心として造られ、蒸留を繰り返すことによって雑味のないクリアな味わいに仕上げられています。

味わいにクセはなく、どんな飲み物とも合わせやすいので、ストレートやロックはもちろんカクテルベースとしても人気です。1本あると「家飲み」がさらに楽しくなるウォッカ。数え切れないほどの銘柄があり、それぞれ特徴は異なります。好みのウォッカを選んで、今までとは違ったお酒の楽しみ方を見つけてみてください。

ウォッカとジンの違いは?

ウォッカとジンは、テキーラやラムと並んで世界4大スピリッツと呼ばれる蒸留酒です。ウォッカとジンはどちらも穀類やジャガイモなどを原料として造られていますが、製法が大きく異なります。

ウォッカは蒸留後のアルコールをろ過させることで造られますが、ジンは蒸留の際にジュニパーベリーなどの植物由来成分を加えて造られるのが特徴。ウォッカはクセが少なくすっきりとした味わいに、ジンは素材の風味が強い味わいに仕上がります。

ウォッカの種類

ピュアウォッカ

By: amazon.co.jp

ウォッカのなかでも、アルコール以外の味や香りがない無色透明のモノはピュアウォッカと呼ばれます。ウォッカ本来の風味を楽しめるので、お酒好きの方からはストレートやロックなどの飲み方が人気。一方、ほかの材料の風味を損なわないというメリットもあることから、カクテルベースに使われることも多く幅広い人気を集めています。まろやかで優しいウォッカの味わいを感じたい方には、ピュアウォッカがおすすめです。

フレーバードウォッカ

By: rakuten.co.jp

フレーバードウォッカは、ピュアウォッカをベースに、フルーツ・ハーブ・香辛料などを漬け込んだり、人工甘味料を加えたりすることで造られます。アルコール以外の風味を楽しめるので、甘味や辛味などを加えたウォッカを楽しみたい方におすすめです。ストレートやロックでも飲めますが、ソーダ割りにすることで、度数や味わいが和らぐので、より爽やかに味わえます。

ウォッカの選び方

飲み方に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

カクテルベースにはピュアウォッカがおすすめ。ピュアウォッカはクセがないため、カクテルの味を消しません。また、スピリタスなどの高度数ウォッカもカクテルベースにおすすめです。さらに、高度数ウォッカは、果実酒作りに活用できます。

ハーブやフルーツなどの香りを付けたフレーバードウォッカはストレート・ロック・ソーダ割りなどで楽しむのがおすすめ。ストレートで飲むときは、少しずつお酒の濃度が変わるのを楽しむために、溶けにくい大きな氷を入れるようにします。

ソーダ割りは、炭酸が泡立つことによって、フレーバーをより楽しめます。また、ストレートで飲むなら、フレーバードウォッカを冷凍庫でキンキンに冷やすのがおすすめです。ウォッカはアルコール度数が高いので、家庭用の冷凍庫に入れても凍りません。そして、冷凍庫で冷やすことで「トロリ」とした口あたりを楽しめます。

原料・製法で選ぶ

ウォッカの原料は、大麦やライ麦、小麦などの穀類が一般的です。国によってジャガイモやフルーツなどを原料としたモノもあります。蒸留・ろ過を繰り返すので原料の特徴は出にくいものの、穀類原料の方がベタつかず、すっきりした味わいです。

また、銘柄によって蒸留の回数は異なり、回数が多いモノほどアルコール度数が高く、透明感のあるすっきりした味わいが楽しむことが可能。なかでも、ウォッカのうち最もアルコール度数が高い「スピリタス」は、蒸留回数が70回以上にのぼるモノもあります。

また、ウォッカならではの工程として、蒸留後に炭などでろ過するというものがあり、極限まで雑味を取り除くことが可能です。炭の特性やろ過方法など、メーカーによってノウハウが違ってくるため、銘柄による味の違いが生まれます。

カクテルのベースとして使いたい場合や、なめらかな口当たりで飲みやすい1本を探している場合は、蒸留やろ過を多く重ねているモノがおすすめ。ウォッカメーカーが試行錯誤を重ねて導き出したレシピはさまざまなので、自分好みの原料や製法を見つけましょう。

度数で選ぶ

一般的なウォッカは蒸留を重ねて一度95%以上までアルコール分を引き上げてから、水を加えて任意のアルコール度数に調節しています。最もメジャーな度数は37.5~40%。アルコール度数が高くなるにつれてドライな口当たりになり、味わいもさっぱりします。初めて飲む方は、比較的飲みやすさを感じられる、アルコール度数が低い銘柄から選ぶのがおすすめです。

ちなみに、ウォッカのなかで最も度数が高い銘柄としてアルコール度数96%の「スピリタス」という銘柄があります。強いアルコールの中に甘みと透明感を感じられるのが特徴です。なお、アルコール度数が高ければ高いほど、引火の恐れがあるので、タバコや火気に注意しましょう。

産地で選ぶ

By: amazon.co.jp

ウォッカは、ロシアやポーランドなどの東欧、スウェーデンなどの北欧といった寒い地域で造られています。ロシアでは、ウォッカが「命の水」と呼ばれ、銘柄は数えきれないほど多く、ピュアウォッカ、フレーバードウォッカともに種類が豊富です。例えば、「スミノフ」はロシア発祥のウォッカですが、流通量は世界トップクラス。特徴は、丁寧なろ過によるクセのない味わいです。

ポーランドも、ロシアと同じくウォッカの種類が豊富な産地です。ピュアウォッカだけでなく、ハーブやスパイスなどを使ったフレーバードが豊富という特徴があります。

スウェーデン産ウォッカの特徴は、厳選した原料を使ったプレミアムが多いこと。特に、1970年代にアメリカで売り出された「アブソルート」という銘柄が世界的に有名です。ほかにも、フィンランドやノルウェー、生産量・消費量ともに世界一を誇るアメリカ、美食の国フランスなどもウォッカの産地として有名です。

ウォッカのおすすめ銘柄

スミノフ(smirnoff) ウォッカ

スミノフウォッカは、ピュアウォッカとして世界一の流通量を誇り、世界中で生産されています。また、時の皇帝アレキサンダー3世に気に入られ、ロシア皇帝御用達になった歴史もあり、実力と伝統を兼ね備えたウォッカです。

スミノフは、3回の蒸留後、白樺活性炭で10回もろ過して造られます。8時間以上の長い時間をかけてろ過することで、雑味や濁りが除かれ無色透明のクリアな味わいが特徴です。世界的な評価も高く、サンフランシスコのスピリッツコンペティションで2003年と2008年に金賞を獲得するなど、数々の受賞歴があります。

飲み方は、カクテルベースがおすすめ。クセがないので、どんなカクテルにも好相性です。

アブソルート(ABSOLUT) ウォッカ

全て南スウェーデン産の原材料を使用しているアブソルート。そのため、世界中どこにいても同じクオリティで楽しめます。原材料のなかでも特徴的なのが、スウェーデンの深さ140mある井戸水を使用している点です。この井戸水は、スウェーデンの岩盤で数千年かけてろ過された純粋な水なので、自然な口当たりを味わえます。

アブソルートは、1979年にニューヨークで発売され、全米のクラブシーンを中心に一気に広がりました。飲み方は、カクテルベースがおすすめ。スミノフと同じようにクセがないため、どんなカクテルにも合います。

アブソルベント(ABSOLWENT) プレミアムウォッカ

アブソルベントは、多くのウォッカブランドがあるポーランドのなかでも高い人気を集めるプレミアムウォッカです。「世界で最もピュアなウォッカ」がキャッチフレーズ。その根拠となるのは、徹底的に不純物を取り除く製造過程です。ポーランドの手つかずの自然の源泉から汲み取った水を5回ろ過し、そのあと7回の蒸留を行っています。

クリアでクセのない味わいなので、カクテルと好相性。特に、素材そのものを生かしたフレッシュフルーツやハーブを使ったカクテルに最適です。

スカイ(SKYY) ウォッカ

スカイは、アメリカのサンフランシスコ生まれのウォッカです。4回の蒸留と3回のろ過を経て透明度の高いウォッカに仕上げています。ボトルは、爽やかなコバルトブルーで、無色透明なボトルが多いウォッカのなかでは目を引くパッケージです。

飲み方は、カクテルベースがおすすめ。特に、グレープフルーツジュースと塩を加えたソルティ・ドッグや、ジンジャエールとフレッシュライムジュースを加えたモスコミュールは、スカイのクリアな味わいと相性抜群です。

フィンランディア(FINLANDIA) ウォッカ

フィンランディアは、高純度の天然氷河水を使用したプレミアムウォッカです。使用している天然氷河水は、1万年以上前の氷河期から存在する氷堆石でろ過されており、人が手を加える必要がないほどに澄み切っています。

ボトルは、氷河をイメージさせる透明感のあるデザイン。欧州では高い流通量を誇っており、映画「007/ダイ・アナザー・デイ」で、ジェームズ・ボンドがフィンランディアのウォッカマティーニを飲んでいたことから、007ファンにも知られているウォッカです。

飲み方は、ストレートがおすすめ。冷凍庫でキンキンに冷やして、悠久の氷河水の歴史を感じながらグイッと飲んでみてください。

ギルビー(GILBEY’S) ウォッカ

ギルビーは、イギリスのロンドンで生まれた銘柄です。約35mもある連続式蒸留機で2回蒸留しているため、雑味が取り除かれ、クリアな味わいが特徴。アルコール度数が、37.5%と45%の2種類があり、ウォッカ本来の味わいを知りたい初心者は37.5%、切れ味が強いウォッカにチャレンジしたい方は45%がおすすめです。

飲み方は、カクテルベースがおすすめ。リーズナブルで日本で手に入りやすいので、初めてウォッカを飲む方に最適の銘柄です。

ベルヴェデール(BELVEDERE) ウォッカ

ベルヴェデールは、ポーランドの「ベルヴェデール宮殿」にちなんだ名前を持つラグジュアリーウォッカです。使用されている水は、井戸から汲み上げられたものを精製し、超軟水にしたモノ。4回の蒸留を経て、33回の品質チェックが重ねられます。

特徴は、かすかに香るバニラとクリームの香りです。おすすめの飲み方はストレート。ウォッカ好きな方も、ウォッカ初心者の方にもおすすめの高品質なラグジュアリーウォッカです。

チェイス(CHASE) ウォッカ

チェイスは、イングランド中部の農場に建てられた蒸留所で、全ての工程を行なっている個性的なウォッカです。農場で栽培したジャガイモを原材料にし、糖化・発酵・蒸留・熟成・ビン詰めをしています。

1本のボトルに、約250個ものジャガイモを使用しており、スモークウォーターとブレンドしているため、ほかのウォッカとは一線を画すスモーキーな味わいが特徴。また、サンフランシスコのワールド・スピリッツ・コンペティションで世界一にも輝いています。

アブソルート シトロン(ABSOLUT CITRON) フレーバーウオッカ

アブソルート・シトロンは、シトロンの名の通りレモンフレーバーのウォッカです。アブソルートのオリジナルが発売されてから9年後の1988年に発売され、レモンツイストファンからの絶大な人気を得ました。

アブソルート・シトロンは、天然の原料のみを使用しており、糖分を一切加えていません。そのため、レモンを中心とした柑橘系の自然でフレッシュな風味を味わえます。おすすめの飲み方は、ストレートかロックです。レモンの香りを楽しみながら飲んでみてください。

ズブロッカ(ZUBROWKA) ウォッカ

ラテン語の「聖なる草」を意味するバイソングラスのエキスを使用したフレーバードウォッカです。また、独特な香りが特徴で、ポーランド北東部のビアウォヴィエジャの森にのみ自生している入手が困難な草です。

そんなバイソングラスのエキスを加えたウォッカは、淡いグリーンイエローになり、独特の甘い香りに仕上がっています。口当たりが非常にまろやかなので、ストレートかロックで飲むのがおすすめ。ポーランドを代表するフレーバードウォッカのひとつで、フレーバードウォッカ初心者の1本目におすすめです。

リモンナヤ(LIMONNAYA) ウォッカ

リモンナヤは、ロシア産のレモン風味のウォッカです。特徴は、爽やかなレモンの香りと、自然なレモンイエロー。日本への輸出は一時中断していましたが、2012年から輸入が再開され、現在は日本でも入手できます。フレーバードウォッカが好きな方のなかでは有名な銘柄だったので、輸入再開を待ち望んでいた方もいたほどです。

飲み方は、レモンの爽やかな香りを際立たせるソーダ割りがおすすめ。もちろん、ストレートやロックでもピュアウォッカとは違ったレモン風味の味わいを楽しめるのでおすすめです。

ストリチナヤ(Stolichnaya) プレミアムウォッカ

ストリチナヤは、大統領の晩餐会でも飲まれるロシアのプレミアムウォッカです。現在は、ラトビアが原産国となっていますが、まろやかな味わいは変わりません。

原料は、ロシア南部の黒土地帯で栽培された冬麦・ライ麦・トウモロコシです。そこに、岩盤層から汲み上げたミネラル豊富な水を使用して、4回のろ過を行って製造しています。おすすめの飲み方はストレート。冷凍庫でキンキンに冷やして、ショットグラスで飲んでみてください。

エリストフ(ERISTOFF) ウォッカ

エリストフは、1806年にグルジアの貴族エリストフ家が開発したピュアウォッカです。グルジアは狼の生息地であるため、ボトルにはグルジアを象徴する狼が描かれています。原料は、厳選されたライ麦。3回の蒸留をした後に、チャコールフィルターでろ過し、ウォッカ本来のピュアさを追求しています。

ピュアな味わいが特徴なので、ウォッカトニックやソルティドッグのようなロングカクテルにおすすめ。ヨーロッパ主要国のウォッカシェアでNo.1を獲得したこともある、世界的なスタンダードウォッカの1つです。

グレイグース(GREY GOOSE) ウォッカ

グレイグースは、美食の国フランスが原産国のプレミアムウォッカです。蒸留やろ過技術を極限まで高めてピュアさを追求する東欧の製造過程とは異なり、原材料の特徴を残すことに重点を置いた銘柄で、、原材料に強いこだわりを持っています。

特徴は、高級感漂う花のような柔らかな香り。おすすめの飲み方は、高級感を味わえるストレートかロックです。パーティや式典で飲まれる高級ウォッカなので、ちょっとしたお祝いやご褒美に購入すると気持ちが高まる銘柄です。

スピリタス(SPIRYTUS) ウォッカ

スピリタスは、ポーランド産でアルコール度数96%のウォッカです。70回以上の蒸留を繰り返すことで、高濃度のアルコール度数を実現しています。ストレートやロックで飲むと、焼けるような熱さを感じ、ウォッカの味を感じることは難しい銘柄です。なお、アルコール度数が高く、少量でも急性アルコール中毒になることがあるので、飲み方には注意が必要です。

おすすめは、果実酒を漬け込むためのアルコールとして利用する方法です。アルコール度数が非常に高いため、短期間で果実の美味しさが引き出されます。また、極限まで蒸留されているので、雑味がありません。そのため、ジュースや紅茶など味の強い飲み物で割って飲むと、アルコール飲料に早変わりします。

ネップモイ(NepMoi) ウォッカ

ネップモイは、黄色もち米を原料とした珍しいベトナム産のウォッカです。シナモンとフェンネルを加えて製造するため、ナッツのような香ばしい香りが特徴。一度飲んだら止められないクセになる味わいです。

飲み方は、ネップモイの独特な味わいを感じられるストレートかロックがおすすめ。後味がスッキリしているため、アルコール度数の割には飲みやすいのが特徴です。また、アジア料理との相性もいいので、食事のお供にもできます。

ウィルキンソン(WILKINSON) ウォッカ

ウィルキンソンは、ニッカウヰスキーが製造する国産のウォッカです。白樺炭で時間をかけて丁寧にろ過しており、シンプルな味わいが特徴。ボトルの形もラベルも非常にシンプルで、価格も手頃なので、ウォッカ初心者に最適です。

おすすめの飲み方は、カクテルベース。フレッシュライムとジンジャエールを加えたモスコミュールや、トニックウォーターを加えたウォッカトニックなど、シンプルなカクテルと好相性です。

サントリー アイスウオツカ

アイスウオツカは、サントリーが製造する国産のウォッカです。特徴は、0℃に冷却してろ過する「氷点ろ過製法」と香料を使わない原料にこだわった製法。氷点ろ過することで、すっきりとした味わいを実現しています。

おすすめの飲み方は、ソーダ割りです。氷を入れたグラスに、ウォッカ:ソーダを1:3の割合で注ぎます。ウォッカをチューハイやサワー感覚で気軽に楽しみたい方におすすめの銘柄です。

シロック(CIROC) ウォッカ

シロックは、穀物でなくフランス産のブドウを原料にした珍しいウォッカです。高級ワインにも使われる低温抽出を採用し、コニャック地方の蒸留所で5回の蒸留を行います。柑橘系のフルーティーな香りとまろやかな味わいが特徴です。

おすすめの飲み方は、ライムやグレープなどのフルーツを加えるカクテルベース。シロック本来のフルーティーな香りと馴染んで、後味も爽やかです。また、ストレートやロックで飲むとことで、ブドウが原料という独特なシロックの味をより深く理解できます。

ツムギ(TUMUGI)

TUMUGI(ツムギ)は、麹を使った日本独自の酒造りから生まれた国産のスピリッツ。「和ピリッツ」と銘打ったラベルが特徴。アルコール度数は40%で、世界4大スピリッツに「和スピリッツ」という位置づけを新たに築こうとしている1本。麦焼酎「いいちこ」を製造している大分県の三和酒類が製造元で、SNSを中心に注目度が高まっています。

おすすめの飲み方は、ソーダ割り。麹がほのかに香りますが、主張が強すぎないため、シンプルな飲み方によく合います。さらに、レモンやライムなどの柑橘類をひと絞り入れることで、ソーダ割りとの変化を楽しめます。

番外編:ウォッカのおすすめの飲み方

ストレート

手を加えないそのままの状態で飲む「ストレート」は、ウォッカ本来の味がもっとも感じられる飲み方です。ウォッカはアルコール度数が高いため、水(チェイサー)を用意して少しずつ味わうのがおすすめ。よく冷やして飲めば、まろやかで飲みやすい口当たりになります。

ロック

By: amazon.co.jp

ストレートで飲めない方には「ロック」がおすすめ。氷が入ったグラスにウォッカを注ぐ飲み方なので、徐々に氷が溶けてアルコール度数が下がり、強いお酒が苦手な方でも飲みやすくなります。丸氷を使用すれば見た目もおしゃれです。

ソーダ割り

By: amazon.co.jp

爽やかさを追求したい方は「ソーダ割り」がおすすめ。割合としてはウォッカとソーダを1:3で割るのがスタンダードです。手順としてはグラスに氷をたっぷり入れ、冷蔵庫でよく冷やしたウォッカとソーダを注ぐだけ。なお、ソーダを注ぐ際は氷に当てないようにすること、さらに混ぜる際は炭酸ガスが抜けないように配慮することがおいしく飲むコツです。

ウォッカトニック

By: amazon.co.jp

「ウォッカトニック」は、ウォッカにトニックウォーターを加えた飲み方です。トニックウォーターが持つ柑橘系の香りにより、爽やかな味わいになるのが特徴。カットしたレモンやライムなどを添えればより清涼感が増します。

ウォッカマティーニ

By: amazon.co.jp

ウォッカに、ドライ・ベルモットと呼ばれる白ワインを加えると「ウォッカマティーニ」ができあがります。辛口でハーブの香りを楽しめるのが特徴です。お酒をお酒で割る飲み方なので、アルコール度数は高め。人気映画007シリーズのジェームズ・ボンドが注文したカクテルとしても知られています。

ウォッカリッキー

By: amazon.co.jp

ウォッカ・炭酸水・ライムで作られるシンプルなカクテルが「ウォッカリッキー」。クセのないシンプルかつドライな風味に仕上がるのが特徴です。炭酸の喉越しを楽しめるのがポイントで、暑い季節にもぴったり。キンキンに冷やせばより美味しく飲めます。

スクリュードライバー

フルーティーなカクテルを楽しみたい方におすすめの「スクリュードライバー」。ウォッカにオレンジジュースを加える飲み方で、柑橘系の甘酸っぱさを味わえるのが特徴です。非常に飲みやすいため、ウォッカ初心者の方におすすめ。好みに応じてカットオレンジを添えるのもよいでしょう。

モスコミュール

By: suntory.co.jp

「モスコミュール」は、ウォッカをジンジャエールで割ったカクテル。スクリュードライバーと比べると甘さは控えめで、大人っぽい味わいに仕上がります。甘口・辛口どちらのジンジャエールを選ぶかによって、自分好みの味に調節できるのも特徴です。

ソルティドッグ

一風変わったカクテルを楽しみたい方は「ソルティドッグ」がおすすめ。グラスのフチをレモンで濡らした後、そこに塩を付けるスノースタイルが特徴で見た目に個性があります。そのグラスにウォッカとグレープフルーツを加えれば完成。爽快さと酸味を味わえるのが魅力です。

By: suntory.co.jp

ブラッディメアリー

「ブラッディメアリー」は、ウォッカをトマトジュースで割ったカクテル。トマトジュースのほか、味を整えるために少量のレモンジュースや塩・胡椒・タバスコなどのスパイス、ウスターソースなどを加えます。ピリリと引き締まった味わいが特徴で、トマトの旨味を楽しみたい方におすすめです。

ブラックルシアン

「ブラックルシアン」はウォッカにカルーアなどのコーヒーリキュールを合わせたカクテル。当然アルコール度数は高いものの、甘さと香りが引き立ち、飲みやすいのが特徴です。なお、生クリームを乗せる「ホワイト・ルシアン」もおすすめ。いずれの場合も大きめのロックを用意するようにしましょう。

ゴッドマザー

「ゴッドマザー」はウイスキーベースの「ゴッドファーザー」から派生したカクテル。ウイスキーの代わりにウォッカを使い、アマレットと合わせるのが特徴です。アマレットとはアーモンドのような香りを持つリキュールのことで、イタリアが発祥。ロシア発のウォッカを出会うことで、また違ったテイストを楽しめます。興味がある方はぜひ飲み比べてみてください。