カクテルのベースとして使われることが多い「ウォッカ」。アルコール度数が高いお酒ですが、クセが少ないためストレートやロックで飲むのもおすすめです。

ウォッカ自体の種類はもちろん、飲み方のバリエーションも非常に多いので、1本でさまざまな楽しみ方ができるお酒を探している方に最適。そこで今回は、ウォッカのおすすめ人気銘柄をご紹介します。

ウォッカとは?

By: amazon.co.jp

ウォッカは、ロシアを代表する蒸留酒。-35℃と凍える気温の中、素早く体を温めるために愛されてきたお酒です。非常にアルコール度数が高いことが特徴で、最も高いものでは96%のモノも販売されています。

4大スピリッツ(蒸留酒)の1つとも言われ、すっきりとしてクセの少ない味で世界中から愛されている洋酒です。大麦などの穀物を中心として造られ、蒸留を繰り返すことによって雑味のないクリアな味わいに仕上げられています。

味わいにクセはなく、どんな飲み物とも合わせやすいので、ストレートやロックはもちろんカクテルベースとしても人気です。1本あると「家飲み」がさらに楽しくなるウォッカ。数え切れないほどの銘柄があり、それぞれ特徴は異なります。好みのウォッカを選んで、今までとは違ったお酒の楽しみ方を見つけてみてください。

ウォッカとジンの違いは?

By: pixabay.com

ウォッカとジンは、テキーラやラムと並んで世界4大スピリッツと呼ばれる蒸留酒です。ウォッカとジンはどちらも穀類やジャガイモなどを原料として造られていますが、製法が大きく異なります。

ウォッカは蒸留後のアルコールをろ過させることで造られますが、ジンは蒸留の際にジュニパーベリーなどのボタニカルな成分を加えて造られるのが特徴。そのためウォッカはクセが少なくすっきりとした味わいに、そしてジンは素材の風味が強い味わいに仕上がります。

ウォッカの種類

ピュアウォッカ

By: amazon.co.jp

ウォッカのなかでも、アルコール以外の味や香りがない無色透明のモノはピュアウォッカと呼ばれます。ウォッカ本来の風味を楽しめるので、お酒好きの方からはストレートやロックなどの飲み方が人気。一方、ほかの材料の風味を損なわないというメリットもあることから、カクテルベースに使われることも多く幅広い人気を集めています。まろやかで優しいウォッカの味わいを感じたい方には、ピュアウォッカがおすすめです。

フレーバードウォッカ

By: amazon.co.jp

フレーバードウォッカは、ピュアウォッカをベースに、フルーツ・ハーブ・香辛料などを漬け込んだり、人工甘味料を加えたりすることで造られます。アルコール以外の風味を楽しめるので、甘味や辛味などを加えたウォッカを楽しみたい方におすすめです。ストレートやロックでも飲めますが、ソーダ割りにすることで、度数や味わいが和らぐので、より爽やかに味わえます。

ウォッカの選び方

原料・製法で選ぶ

ウォッカの原料は、大麦・ライ麦・小麦などの穀類が一般的です。国によってジャガイモやフルーツなどを原料としたモノもあります。蒸留・ろ過を繰り返すので原料の特徴は出にくいものの、穀類原料の方がベタつかず、すっきりした味わいです。

また、銘柄によって蒸留の回数は異なり、回数が多いモノほどアルコール度数が高く、透明感のあるすっきりした味わいが楽しめます。そのなかでも、ウォッカのうち最もアルコール度数が高い「スピリタス」は、蒸留回数が70回以上にも上るほどです。

また、ウォッカならではの工程として、蒸留後に炭などでろ過し、極限まで雑味を取り除くというものがあります。炭の特性やろ過方法など、メーカーによってノウハウが違ってくるため、銘柄による味の違いが生まれます。

カクテルのベースとして使いたい場合や、なめらかな口当たりで飲みやすい1本を探している場合は、蒸留やろ過を多く重ねているモノがおすすめ。ウォッカメーカーが試行錯誤を重ねて導き出したレシピはさまざまなので、自分好みの原料や製法を見つけましょう。

度数で選ぶ

一般的なウォッカは蒸留を重ねて一度95%以上までアルコール分を引き上げてから、水を加えて任意のアルコール度数に調節しています。最もメジャーな度数は37.5~40%。アルコール度数が高くなるにつれてドライな口当たりになり、味わいもさっぱりします。初めて飲む方は、比較的飲みやすさを感じられる、アルコール度数が低い銘柄から選ぶのがおすすめです。

ちなみに、ウォッカのなかで最も度数が高い銘柄としてアルコール度数96%の「スピリタス」という銘柄があります。強いアルコールの中に甘みと透明感を感じられるのが特徴です。なお、アルコール度数が高ければ高いほど、引火の恐れがあるので、タバコや火気に注意しましょう。

飲み方に合わせて選ぶ

ウォッカは非常にクセの少ないお酒なので、どんな飲み方にも合いやすいのが特徴。40%前後のモノならストレートでウォッカ本来の味を楽しむのもおすすめです。ストレート派の方は、甘みや香りが感じられる個性のあるモノを選ぶと、それぞれの銘柄の違いを楽しめます。

カクテルベースに使うなら、クセも香りもほとんどない銘柄がおすすめ。度数が高いモノはすっきりとした味わいなので、カクテルの味を邪魔しません。また、クセの少ないウォッカは、果実酒のベースとしても人気。一般的に果実酒に使われるホワイトリカーはアルコール度数35%以下ですが、アルコール度数が高めのウォッカを選べば、短い期間で果実の成分の抽出が可能です。

ウォッカのおすすめ銘柄

ウィルキンソン(WILKINSON) ウォッカ

炭酸水で有名な日本のブランド、ウィルキンソンのウォッカ。ニッカウヰスキーが製造しているのでウイスキーの蒸留技術が生かされた国産の銘柄です。

白樺炭による丁寧なろ過が行われており、軽やかで飲みやすい味わいが特徴。価格も安いので、家に1本常備しておくと便利です。まずはコーラで割った簡単カクテル「ルシアン・コーク」がおすすめ。コーラの炭酸の刺激とウォッカのすっきり感がクセになるおいしさです。炭酸水で割れば爽やかなソーダ割りが作れます。

国産で価格も安く、アルコール度数も40%とウォッカのなかでは比較的度数を抑えたモノなので初心者にもおすすめの銘柄です。

スミノフ(smirnoff) ウォッカ

手軽に飲めるハンディアルコール飲料「スミノフアイス」でおなじみのスミノフのウォッカ。スミノフは1864年にロシアで生まれ、その質の高さゆえに皇帝御用達の品になったほどの由緒ある銘柄です。

アルコール度数40%と使いやすく、価格も手頃なウォッカ。モスコミュールやスクリュードライバーなど、今では一般的なカクテルを生み出すきっかけにもなった銘柄です。

すっきりとしたクリアな味わいなので、そのままではもちろんカクテルのベースとしても美味しく飲めます。特に、酸味がある柑橘系の果汁やスパイシーなお酒と合わせるのがおすすめです。

アブソルート(ABSOLUT) ウォッカ

スウェーデンの蒸留所によって造られているプレミアムウォッカです。雑味をほとんど感じず、ほのかな甘みを感じる仕上がりが魅力。また、小麦原料のウォッカが持つ、ほのかな穀物の香りとドライフルーツのような香りも特徴です。

北欧の山々で磨かれた天然水と、広大な大地の冬小麦を100%原料にして丁寧に造られているのもポイント。どんなカクテルにもよく合う飲み口ですが、特にストレートで飲むのがおすすめです。

ストレートでウォッカを飲んでみたい初心者の方にも最適な銘柄。ぜひキンキンに冷やして、そのなめらかな味わいを堪能してみてください。

ギルビー(GILBEY’S) ウォッカ

150年以上の伝統を持つ、イギリスのギルビー社が生んだウォッカ。飲み口が軽いので非常に飲みやすく、度数はやや控えめの37.5%です。

連続式蒸留器による蒸留で雑味を取り除いているほか、白樺の活性炭でろ過をすることによりクリアな味わいに仕上がっています。ストレートで飲むのはもちろん、フルーツジュースやジンジャエールとのブレンドがおすすめ。香りもほとんどないのでジュースの味を邪魔することなく、手軽にカクテルが味わえます。

スカイ(SKY) ウォッカ

ブルーのボトルが特徴のウォッカ。1992年にサンフランシスコで生まれた比較的若いブランドでありながら、そのスタイリッシュな見た目とすっきりとした味わいで、多くのバーに置かれている、人気の銘柄です。

本銘柄は、独自の温度調整法で丁寧に造られているのが特徴。蒸留が4回、ろ過が3回行われており、透明感のある味でスムーズに飲めます。洗練されたボトルデザインも魅力なので、ホームバーに置いておくと、カッコよく決まる1本です。

スピリタス(SPIRYTUS) ウォッカ

アルコール度数を重視する方におすすめのウォッカです。70回以上の蒸留を繰り返すことで、96%という高アルコール度数に仕上がっています。

独特のアルコール感の後に感じられる甘みが特徴ですが、ストレートで飲むと口や胃の粘膜を荒らしてしまう危険性があるので、注意が必要です。カクテルなどのベースに少量使うのが一般的で、雑味が少なく余計な味がしないことから、果実酒のベースにも適しているウォッカです。

ドーバー(DOVER) ウォッカ

ドーバー海峡を連想させる名から、イタリアかフランスのウォッカだと思われがちな銘柄ですが、実は神奈川県厚木市で製造されている生粋の日本産ウォッカ。

酒造会社の醸造用酒精から造られており、88%と高いアルコール度数が特徴です。ストレートではなくカクテルや果実酒のベースをして味わうのがおすすめ。比較的安価なので、手に入りやすいおすすめのウォッカです。

奥飛騨(OKUHIDA) ウォッカ

まるで日本酒のような和テイストのラベルが際立つ国産のウォッカ。ウォッカの原料は麦やジャガイモなどが一般的ですが、世界的にも珍しくお米を原料としています。

なめらかで甘みを感じ、透き通る口当たりが特徴。55%という高アルコール度数でありながら、ストレートでもおいしく飲める人気の銘柄です。

米原料のまろやかさが特徴なので、ウォッカ初心者の方でも飲みやすいのが魅力。少し高級路線のウォッカなので、特別な日に家で飲む目的や、ウォッカ好きの友人へのプレゼント目的におすすめです。

ロシアンスタンダード(RUSSIAN STANDARD) ウォッカ

最上級の小麦から造られた、ロシア産プレミアムウォッカ。一般的なウォッカに比べ1.5倍ほどと高価格にもかかわらず、本場ロシアで非常に人気の銘柄です。ロシア語の発音で「ルースキー スタンダルト」とも呼ばれます。

ロシアの伝統的な製造方法に近代の蒸留技術をかけあわせ、手間ひまをかけた特別なウォッカ。小麦原料のウォッカらしい優しく繊細な口当たりと、後に残らないすっきりさが上品です。小麦原料なので、大麦やジャガイモに比べて飲み口の軽さと香りのよさが特徴。ストレートや水割りで、本来の味と香りを楽しむのがおすすめです。

シロック(CIROC) ウォッカ

フランス産の厳選されたブドウ100%から造られた珍しいウォッカ。フランスといえばワインですが、ウォッカ原料にまでブドウを使う斬新さが魅力です。高級ワインの製法を生かし、熱を加えない「低温抽出法」で大切に造られています。

ブドウ原料ながら、磨き上げられた雑味のなさと美しい透明な液体が特徴です。まろやかというよりは、やや柑橘系を感じさせるスパイシーさも併せ持っています。ロックで飲むのも、シャンパンで割ってさらにフルーティーに味わうのもおすすめ。

ウォッカのなかでは比較的高価ですが、フルーティーで芳醇な香りが感じられる高級感のある銘柄です。

フィンランディア(FINLANDIA) ウォッカ

氷を連想させるボトルが印象的なフィンランドのウォッカ。太陽の下で元気に育った六条大麦を原料とし、澄みやかで香り高いプレミアムウォッカです。

原料の水には、北欧の氷河の中でじっくり時間をかけてろ過された天然氷河水を使用。素材そのもののおいしさを実感するために、まずはストレートで味わうのがおすすめです。

フィンランディアには、ライム・ココナッツ・マンゴー・クランベリーやレッドベリーといったフレーバーが付いているモノも豊富にあるので、気になる方はチェックしてみてください。

ズブロッカ(ZUBROWKA) ウォッカ

ポーランド産のウォッカは他国に比べて香りづけのしてあるフレーバードウォッカが多く、そのなかでも特に有名なのがズブロッカです。桜餅や青りんごの香りを思わせる甘酸っぱい香りが特徴。リンゴジュースやアップルタイザーとの相性が抜群です。

バイソングラスという、ポーランドの世界遺産「ビャウォヴィエジャの森」で採取される貴重な植物のエキスを加えているため、ポーランドの大地の恵みを味わうことができるのも魅力のひとつです。

価格も安いので、ホームパーティに1本あると便利な銘柄。いつもと違った味を求める方におすすめです。

リモンナヤ(LIMONNAYA) ウォッカ

ロシアの伝統的なウォッカに、レモンの甘酸っぱく苦みのある果皮を加えたフレーバードウォッカ。ロックやソーダ割でそのままの味と香りを楽しむのはもちろん、レモンジュースとホワイトキュラソーを加えて「バラライカ」として飲むのもおすすめです。

10年ほど前までは一時期輸入が途絶えてしまっていたレアな銘柄。特に女性や、甘めのお酒が好きな方に好まれやすい口当たりの優しいウォッカです。

チェイス(CHASE) ウォッカ

原料となるジャガイモ作りから始まったイギリスの蒸溜所で製造されたウォッカ。作物の栽培から瓶詰めまで全ての工程を一貫して行なっているのが特徴です。

自作ジャガイモ100%というだけでなく、希釈したウォッカを一週間燻製して造られた「スモークウォーター」をブレンドしているのもチェイスならではの魅力。炭火で焼いたお肉と甘いトウモロコシのような香りがします。

口に含んだ瞬間スモーキーな香りが広がり、ふんわりと余韻を残すのが本銘柄の味わい。カクテル「ブラッディメアリー」をスモークウォッカで作ると、トマトの酸味とスモークの風味が最高にマッチします。珍しい香りと味のウォッカを飲みたい方におすすめの銘柄です。

ネップモイ(NepMoi) ウォッカ

ネップモイ(NepMoi) ウォッカ
ベトナム産のウォッカで、アルコール度数は40%と低めに抑えられています。「ネプ」はもち米、「モイ」は新鮮なという意味。その名のとおりもち米を原料としていて、さらにシナモンやフェンネルを加えているのが特徴です。

無色透明ですが、甘い香りをまとっているのがおすすめポイント。ナッツのような香ばしさが感じられます。香りは甘めですが飲み口はさっぱりとしていて、料理に合わせても邪魔をしません。

エスニック系の料理に合わせると、独特の香りがさらに引き立ちます。ストレートやロックで楽しめるウォッカを探している方におすすめです。

ペルツォフカ(PERTSOVKA) ウォッカ

ペルツォフカ(PERTSOVKA) ウォッカ
輝く琥珀色が特徴のフレーバードウォッカ。ウクライナ地方で誕生し、現在ではロシア全土で愛されています。最大の特徴は、赤唐辛子や胡椒といった香辛料を漬け込んでいること。糖分が入っていないので甘さはなく、ピリ辛でパンチのある味わいを楽しめます。

切れ味が鋭くすっきりとした風味なので、甘くないウォッカを楽しみたい方におすすめです。また、ブラッディメアリーといった香辛料が必要なウォッカベースカクテルを作るときに使えば、ほかの香辛料を加えることなく味が決まります。

グレイグース(GREY GOOSE) ウォッカ

グレイグース(GREY GOOSE) ウォッカ
厳選された材料のみで造られた、フランス産の最高級ウォッカ。希少な冬小麦や天然水を使い、少量ずつ丁寧に製造することで高い品質を保っています。無色透明ながら、ほんのり甘い香りが漂うのが特徴。人工的な甘さではなくフレッシュな花を思わせる香りで、後味がすっきりしているのが魅力です。

特にアルコール臭が強くないウォッカを探している方に向いています。豊かな風味を楽しむため、ストレートやロックで飲むのがおすすめです。

ストリチナヤ(Stolichnaya) プレミアムウォッカ

ストリチナヤ(Stolichnaya) プレミアムウォッカ
ロシア国内で最も有名と言われているプレミアムウォッカ。ロシア南部の自社農場で栽培された小麦やライ麦を使用し、ミネラルバランスのよい水を採用することで品質の高さを保っているのが特徴です。

アルコールの苦味をしっかりと抑え、まろやかな味わいに仕上がっています。ストレートでまろやかさを楽しむのもおすすめですが、ほかの材料の香りを損なわないため、カクテルベースにも向いています。

ベルヴェデール(BELVEDERE) ウォッカ

ベルヴェデール(BELVEDERE) ウォッカ
4回の蒸留をしたあと、33回もの品質管理検査を重ねているウォッカ。ポーランドの蒸留所で、100年以上の伝統を守りながら造られています。

かすかにバニラのような甘い香りが漂い、なめらかな口当たりもあって非常に飲みやすいウォッカです。ストレートでも美味しくいただけますが、カクテルベースに使うことでより美味しさが引き立ちます。甘く豊かな香りを持つウォッカを楽しみたい方におすすめです。

番外編:ウォッカのおすすめの飲み方

By: amazon.co.jp

ストレート

手を加えないそのままの状態で飲む「ストレート」は、ウォッカ本来の味がもっとも感じられる飲み方です。ウォッカはアルコール度数が高いため、水(チェイサー)を用意して少しずつ味わうのがおすすめ。よく冷やして飲めば、まろやかで飲みやすい口当たりになります。

ロック

ストレートで飲めない方には「ロック」がおすすめ。氷が入ったグラスにウォッカを注ぐ飲み方なので、徐々に氷が溶けてアルコール度数が下がり、強いお酒が苦手な方でも飲みやすくなります。丸氷を使用すれば見た目もおしゃれです。

ウォッカトニック

「ウォッカトニック」は、ウォッカにトニックウォーターを加えた飲み方です。トニックウォーターが持つ柑橘系の香りにより、爽やかな味わいになるのが特徴。カットしたレモンやライムなどを添えればより清涼感が増します。

ウォッカマティーニ

ウォッカに、ドライ・ベルモットと呼ばれる白ワインを加えると「ウォッカマティーニ」ができあがります。辛口でハーブの香りを楽しめるのが特徴です。お酒をお酒で割る飲み方なので、アルコール度数は高め。人気映画007シリーズのジェームズ・ボンドが注文したカクテルとしても知られています。

ウォッカリッキー

ウォッカ・炭酸水・ライムで作られるシンプルなカクテルが「ウォッカリッキー」。クセのないシンプルかつドライな風味に仕上がるのが特徴です。炭酸の喉越しを楽しめるのがポイントで、暑い季節にもぴったり。キンキンに冷やせばより美味しく飲めます。

スクリュードライバー

フルーティーなカクテルを楽しみたい方におすすめの「スクリュードライバー」。ウォッカにオレンジジュースを加える飲み方で、柑橘系の甘酸っぱさを味わえるのが特徴です。非常に飲みやすいため、ウォッカ初心者の方におすすめ。好みに応じてカットオレンジを添えるのもよいでしょう。

モスコミュール

「モスコミュール」は、ウォッカをジンジャエールで割ったカクテル。スクリュードライバーと比べると甘さは控えめで、大人っぽい味わいに仕上がります。甘口・辛口どちらのジンジャエールを選ぶかによって、自分好みの味に調節できるのも特徴です。

ソルティドッグ

一風変わったカクテルを楽しみたい方は「ソルティドッグ」がおすすめ。グラスのフチをレモンで濡らした後、そこに塩を付けるスノースタイルが特徴で見た目に個性があります。そのグラスにウォッカとグレープフルーツを加えれば完成。爽快さと酸味を味わえるのが魅力です。

ブラッディメアリー

ブラッディメアリーは、ウォッカをトマトジュースで割ったカクテル。トマトジュースのほか、味を整えるために少量のレモンジュースや塩・胡椒・タバスコなどのスパイス、ウスターソースなどを加えます。ピリリと引き締まった味わいが特徴で、トマトの旨味を楽しみたい方におすすめです。