果実酒を蒸留して造られる「ブランデー」。高級な銘柄が多いため、普段なかなか飲む機会がない方も多いのではないでしょうか。アルコール度数も40〜50%前後と高いので上級者向けのお酒だと思われがちですが、果実の芳醇な香りを堪能できるため、飲み方を工夫すれば飲みやすくなります。

そこで今回は、ブランデーのおすすめ銘柄をご紹介。飲み慣れている方はもちろん、これまであまり飲んだことがない方もぜひトライしてみてください。

ブランデーとは?

By: amazon.co.jp

ブランデーは果実酒を蒸留したお酒で、芳醇な香りと味わいを堪能できるのが特徴です。多くはブドウを原料としていますが、リンゴを原料としたブランデーも造られており、いくつか種類があります。

銘柄によって個性があるので、さまざまなブランデーを試しながら自分好みの1本を見つける楽しみがあるのもポイント。普段飲みのお酒としてチョイスするのもおすすめです。

ブランデーとウイスキーの違いは?

ブランデーとウイスキーは色も似ているので、お酒に詳しくない方にとっては同じように見えるかもしれませんが、原料や製法が異なる全く別のお酒です。

ブランデーは、ブドウやリンゴなどを発酵させた果実酒(ワイン)を蒸留したのち、樽で熟成させて造ったお酒。ウイスキーは、大麦やライ麦などの穀物を糖化・発酵させたものを蒸留し、樽で熟成させて造ったお酒です。

ブランデーの種類

コニャック

By: amazon.co.jp

ブランデーを語るうえで「コニャック」は欠かせない種類のひとつ。由来はフランスにあるコニャックという町で、ユニ・ブラン、コロンバール、フォル・ブランシュなどのブドウを原料として使用しているのが特徴です。

ヘネシーやレミーマルタン、カミュをはじめとする定番の銘柄が多く揃っているのもポイント。ブランデーを初めて飲む方であれば、まずはコニャックから銘柄を探すのがおすすめです。

アルマニャック

By: rakuten.co.jp

「アルマニャック」は、フランスのアルマニャック地方で造られているブランデー。コニャックと同じくユニ・ブラン、コロンバール、フォル・ブランシュなどのブドウを原料として使用しています。

コニャックの場合は完成までに蒸留を2回行いますが、アルマニャックは蒸留を行う回数が1回だけなので、コニャックと比べて荒々しい味に仕上がるのが特徴です。

カルヴァドス

By: amazon.co.jp

フランスのノルマンディー地方で造られているブランデー「カルヴァドス」。原料にリンゴを使用しており、甘くてフルーティな香りを楽しめます。リンゴの風味が広がるため、口当たりがよいのも魅力です。

ただし、原料にリンゴを使用していても、フランスのノルマンディー地方以外で造られたモノはカルヴァドスと呼称できず、「アップル・ブランデー」という名称になるので選ぶときは注意しましょう。

ブランデーの選び方

ランクで選ぶ

By: amazon.co.jp

ブランデーは銘柄によってそれぞれランクがあります。ランクを熟成年数が短いモノから順に並べると「スリースター」 「V.S.」 「V.S.O.P 」「ナポレオン」「X.O. オル・ダージュ」となり、熟成年数がある程度長いモノは質が高くて飲みやすい傾向にあるので、銘柄を選ぶときの参考にしてみてください。

産地で選ぶ

ブランデーの原料となるブドウの産地は、土壌の質により次の6つに分類されています。良質な土壌から順に「グランド・シャンパーニュ」「プティット・シャンパーニュ」「ボルドリー」「ファン・ボア」「ボン・ボア」「ボア・ゾルディネール」です。上位2つをブレンドしたモノは「フィーヌ・シャンパーニュ」と呼ばれます。

初心者は質の高いグランド・シャンパーニュやプティット・シャンパーニュから始めるのがおすすめです。慣れてきたら、それぞれの土壌の風味の違いを比べてみてください。

予算で選ぶ

ブランデーは幅広い価格帯の銘柄が展開されており、数千円で購入できるリーズナブルなブランデーもあれば、100万円以上の超高級銘柄もあります。特別な日に飲みたい場合や大切な人にプレゼントしたい場合は、数万円の上質なブランデーをチョイスするのがおすすめです。

ブランデーのおすすめ銘柄

マーテル(MARTELL) VS スリースター

良質な畑で育てたブドウを原料に使用し、オーク樽で熟成させたブランデーです。オーク樽由来のウッディでスパイシーな風味と味わいが楽しめるコニャック。非常に滑らかで、とろけるような口当たりも特徴です。

香りは、ほのかに感じるスパイスに、柑橘類や洋梨のような爽やかでフルーティなアロマが伴います。また、価格も安いのも魅力。コニャックの入門として試してみたい方にもおすすめのブランデーです。

マーテル(MARTELL) コイーバ

フランスで屈指の人気コニャックを展開するブランド「マーテル」と、世界最高峰のシガーブランド「コイーバ」のコラボによって誕生した高級ブランデー。エレガントで華やかな香りが広がり、上品なバニラやキャラメルのような濃厚で甘い風味を伴うのが特徴です。

アルコール度数は43%で、パワフルな味わいも楽しめます。パンチの効いた刺激的なコニャックの味わいを体験してみたい方におすすめのブランデーです。

ヘネシー(Hennessy) V.S

世界的な人気を集めるコニャックを展開するブランド「ヘネシー」のブランデー。厳選された原酒のみをブレンドしており、繊細でバランスがよく、洗練された香りと味わいが堪能できるのが魅力です。

新樽のフレンチオーク樽での熟成による、トーストを思わせる芳ばしさに、フルーティで濃厚な甘い香りが複雑に絡み合います。また、ブドウの旨味が感じられ、バニラのような甘さが優雅に漂う余韻に繋がるのもポイントです。

豊かでバランスがとれた味わいで、ストレート・ロック・カクテルなど、幅広い飲み方で楽しみたい方はチェックしてみてください。

レミーマルタン(REMY MARTIN) X.O.

1724年の創業より、長きにわたり愛され続けるコニャックを手掛ける老舗ブランドの高級ブランデー。グランド・シャンパーニュ産とプティット・シャンパーニュ産のブドウをブレンドしたフィーヌ・シャンパーニュです。

高品質なブドウを減量に、平均で23年もの長期熟成を行ったX.Oランクの深く豊かな香りと味わいが存分に堪能できるボトル。口に含むと、フレッシュな果実のような香りが華やかに広がります。

プラムや柑橘系の爽やかで濃厚な甘さに、ほのかにナッツやシナモンのような芳ばしさが伴うのが特徴。上質なブランデーの複雑でコク深い味わいで、常温のストレートやロックでじっくりと楽しむのがおすすめです。

クルボアジェ(COURVOISIER) X.O.

フランス皇帝のナポレオンが愛飲していたといわれている高級ブランデーです。オーク樽で長期熟成をさせた、X.Oランクのコニャック。ボルドリー産の良質なブドウを原料にした原酒のブレンドにより、重厚感があり滑らかな口当たりとコク深い味わいが魅力です。

1986年には、国際ワイン・スピリッツコンテストにて、優良なコニャックにも選ばれています。エレガントな飲み心地と深い味わいを存分に堪能したい方におすすめの上質なブランデーです。

カミュ(CAMUS) V.S.O.P.

原料にボルドリー産のブドウを使用し、華やかで芳醇な香りとまろやかな味わいが魅力のブランデー。厳選のオーク樽によって熟成されたV.S.O.Pランクのコニャックです。蒸留の際に澱引きを行わない独自の製法により、ブドウの風味が損なわれず、素材本来の豊かでコク深い味わいが楽しめます。

華やかで柔らかくフルーティな風味に、ほのかなオークの香りが漂うのも特徴。また、軽やかな上品な飲み口で、価格も比較的安いボトルなので、初心者の方が楽しむのにもおすすめです。

カミュ(CAMUS) ナポレオン レアオールド

ボルドリー産や厳選した良質なブドウから生まれた原酒を使用したブランデーです。主に15~20年熟成した原酒をブレンドした、コク深く豊かな味わいが楽しめるコニャック。シンプルでスッキリとしたボトルデザインで、高級感があるのもポイントです。

まろやかな口当たりながら、キリッとした辛口な飲み口が特徴。しっかりとした骨格のある深い味わいをじっくりと堪能したい方におすすめのブランデーです。

シングル ドゥ サマランス(SINGLE de Samalens) 8年

バ・アルマニャック地区産の優良な品種のブドウのみを原料に使用したブランデー。まろやかな口当たりで、繊細ながら力強くスパイシーな味わいも堪能できるコニャックです。

バラのような優雅で華やかな香りや、ドライフルーツを思わせる濃厚な風味が広がるのが特徴。芳醇でフローラルな香りや味わいは、ストレートやロックでじっくりと楽しめるのはもちろん、ソーダ割りにしても一層風味が引き立ちます。風味や味わいの変化をさまざまな飲み方で楽しみたい方におすすめです。

バロン・オタール(BARON OTRARD) V.S.O.P

フルボディの濃厚でエレガントな飲み口が楽しめるブランデー。原料にフォル・ブランシュやコロンバールを使用したコニャックです。8年以上の熟成による、豊かでコク深い香りや味わいが広がります。

膨らみがありつつスッキリとしたスタイリッシュなデザインで、高級感があるのもポイント。ブランデーを口に含むと、華やかな香りに、ほのかにバニラのような甘い風味が感じられます。価格が比較的安いため、初心者の方が気軽にコニャックを楽しむのにおすすめのブランデーです。

ジェラス(GELAS) 10年

バ・アルバニャック地区産のユニ・ブラン種とバコ種といった、良質なブドウを原料に使用したブランデー。ユニ・ブランは主にコニャックに使用されており、クセが少ない味わいを生みだします。また、バコは多くのアルマニャックに使われている品種で、重厚で風味が豊かなフルボディの味わいを生むのが特徴です。

「ジェラス」の10年は、ユニ・ブランとバコの長所を、高いブレンド技術により引き出した高品質な味わいが堪能できるアルマニャック。価格も比較的安いため、洗練された本格的なアルマニャックの味わいをリーズナブルに楽しみたい方におすすめのブランデーです。

ド・カステルフォール(De Castelfort) 1990

フルーティで華やかな風味が楽しめるのが魅力のブランデーです。原料にはバ・アルマニャック地区で育ったブドウのみを使用して製造された原酒を採用。上質なアルマニャックを堪能したい方におすすめです。

口当たりは力強く、レンゲを思わせるフローラルな香りと、ハチミツのような濃厚で甘い香りを伴います。また、心地よく甘みがあり柑橘系のフルーティな味わいを感じるのもポイント。甘さと爽やかさのバランスがよい味わいや香りを楽しみたい方におすすめのブランデーです。

クロワ・デュ・レイ(Croix du Rey) 2001

オーク樽で最低でも10年の熟成を行った原酒をボトリングした、深いコクと豊かな味わいが楽しめるブランデー。フォル・ブランシェを100%原料に使用したアルマニャックです。

ドライフルーツや柑橘系の果実を思わせる芳醇な香りに、キャンディや砂糖のような甘味を伴う風味。また、プルーンやバニラのような濃厚でフレッシュな味わいが複雑に絡み合うのも特徴です。フィニッシュはフルーティで、甘い後味が長く続く余韻も楽しめます。

カスタレード(CASTAREDE) ナポレオン

15年の長期熟成により、コク深く非常にまろやかな飲み口が堪能できるブランデー。180年以上もの歴史がある「カスタレード」が手掛けており、原料にはフォル・ブランシュやユニ・ブランなどの品種を使用しています。

しなやかな口当たりに、華やかで芳醇な香りと洗練された雑味のない味わいが特徴。伝統的なアルマニャックブランデーの本格的な味わいを存分に満喫してみたい方はチェックしてみてください。

ブラー(BOULARD) グランソラージュ

原料にペイ・ドージュ地区産の良質なリンゴを使用し、オーク樽で2~5年熟成させた上質なブランデー。フレッシュなリンゴのフルーティな香りが広がり、オーク樽由来の熟成香がバランスよく漂う風味が楽しめるカルヴァドスです。

食後酒として味わうのに適した銘柄で、チーズやシガーとの相性がよいのが特徴。ザクロ由来の赤い液体色が特徴のグレナデンシロップとライムジュースでつくるジャックローズや、ホットやアイスコーヒーと合わせるカクテルなど、さまざまな飲み方で楽しめます。

価格も非常に安いため、初心者の方や、カクテルベースにして手軽に幅広く味わいたい方におすすめのブランデーです。

ドメーヌ・ド・コッケレル(Domaine du Coquerel) カルヴァドス・ポム・ド・イブ

瓶内にリンゴが丸ごと入っているのが特徴的なボトル。原料にノルマンディー地方で収穫された、生産量が年々少なりつつある貴重なリンゴを使用したカルヴァドスです。小型のオーク樽で2年以上の熟成を行った原酒をブレンドしています。

まろやかでフルーティな味わいに、ボトルに入ったリンゴの香りや甘さも加わり、華やかで豊かな風味を堪能できるのが特徴です。ストレートやロックはもちろん、紅茶で割ったりチョコレートと共に味わったりと、幅広い飲み方で楽しめます。

ブランデー初心者の方や、強いお酒が苦手な方は、フルーティな風味が引き立つハイボールもおすすめの飲み方です。

グベルヴィル(Guberville) カルヴァドス ヴィエイユレゼルヴ

リンゴの形状をしたボトルデザインが高級感を漂わせるブランデー。モンサンミシェル近郊にある海岸沿いに位置する果実園で収穫したリンゴのみを原料に使用し、4年熟成させたカルヴァドスです。2019年に「パリ農業コンクール」V.S.O.P部門にて、金賞を獲得しています。

焼きリンゴを思わせる芳ばしさと、シナモンのような上品でスパイシーな風味と味わいが特徴。豊かな香りをストレートで存分に楽しむのはもちろん、氷を加えても風味が損なわれないためロックで味わうのにも適しています。

また、ダークチョコレートとの相性がよいブランデーなので、気になる方はぜひ一緒に味わってみてください。

サントリー(SUNTORY) V.O.

国産銘柄として定番のブランデー。スッキリとスムーズな口当たりで、原料に使用しているマスカット由来のフルーティで華やかな香りと味わいが特徴です。

クリアでクセが少なく後味がスッキリしているのもポイント。また、フルーツを加えたり、カクテルベースにしたりするのにも適しており、幅広い飲み方が楽しめるのも魅力です。価格も安いため、ブランデーの入門として手軽に楽しみたい方はチェックしてみてください。

ブランデーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ブランデーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。

ブランデーのおすすめの飲み方

By: amazon.co.jp

ストレート

ブランデー本来の味を楽しめる「ストレート」。アルコール度数が非常に高いので、少しずつ味わうのがベストです。また、味はもちろん香りを存分に堪能できるのも魅力。味覚も嗅覚も満足させられるおすすめの飲み方です。

水割り・ソーダ割り

ブランデーの味を楽しみたいけれど、そのままだとアルコール度数が高すぎるといった方におすすめの飲み方。水もしくは炭酸水を加えることでブランデーの味を残しつつも、飲みやすくなります。シンプルな割り方なので作りやすく、ブランデーの量によってアルコール度数を調節しやすいのもポイントです。

オン・ザ・ロック

ストレートで飲むには抵抗があるけど、水割りやソーダ割りでは物足りない方におすすめなのが「オン・ザ・ロック」。氷が入っているグラスにブランデーを注ぐことで、最初のうちはストレートに近い味わいを楽しめ、氷が溶けていくとアルコールが薄まり徐々に飲みやすくなります。変化を楽しめるのもポイントです。

サイドカー

「サイドカー」はコニャック・ブランデーをベースとしているカクテルです。ブランデーとレモンジュース、そしてキュラソーと呼ばれるリキュールをシェイクすることで、柑橘系の風味があふれるサッパリとした口当たりになります。ブランデーの味がしっかり残るのもポイントです。

アレクサンダー

甘い味が好きな方には「アレクサンダー」がおすすめ。ブランデーに生クリームとクレーム・ド・カカオをシェイクしたカクテルで、チョコレートの風味が楽しめる1杯に仕上がります。

甘くて飲みやすいですが、お店などでアレクサンダーを頼むとアルコールが20%前後あるので要注意。自分で作る場合は好みに合わせて量を調節しましょう。

ニコラシカ

ブランデーに飲み慣れた方におすすめの飲み方が「ニコラシカ」。リキュールグラスやショットグラスなどの小さいグラスにブランデーを注ぎ、フタをするようにスライスレモンを被せた後、その上に砂糖を乗せるスタイルです。

飲むときはまずグラスに乗せたレモンと砂糖を噛み、そこにブランデーを流し込んで口の中でうまく調和させるのがポイント。見た目も飲み方も独特ですが、気になる方はぜひトライしてみてください。