果実酒を蒸留して作られる「ブランデー」。高級な銘柄が多いため、普段なかなか飲む機会がないという方も多いのではないでしょうか。アルコール度数も40〜50%前後と高いので上級者向けのお酒だと思われがちですが、果実の芳醇な香りを堪能できるため飲み方を工夫すれば意外と飲みやすくなります。

そこで今回は、ブランデーのおすすめ銘柄をご紹介。飲み慣れている方はもちろん、これまであまり飲んだことがないという方もこの機会にぜひトライしてみてください。

ブランデーとは?

By: amazon.co.jp

「ブランデー」は果実酒を蒸留したお酒で、芳醇な香りと味わいを堪能できるのが特徴です。ブドウを原料として作られることが多いですが、リンゴを原料としたブランデーも作られており、いくつか種類があります。

銘柄によって個性が異なるので、さまざまなブランデーを試しながら自分好みの1本を見つける楽しみがあるのもポイント。普段飲みのお酒としてチョイスするのもおすすめです。

ブランデーの種類

By: amazon.co.jp

前述した通り、ブランデーは産地や原料によって種類が異なるバリエーション豊かなお酒です。今回は代表的な3種類をピックアップしてご紹介します。

コニャック

By: amazon.co.jp

ブランデーを語る上で「コニャック」は欠かせない種類のひとつ。由来はフランスにあるコニャックという町で、ユニ・ブラン、コロンバール、フォル・ブランシュなどのブドウを原料として使用しているのが特徴です。

ヘネシーやレミーマルタン、カミュをはじめとする定番の銘柄が多く揃っているのもポイント。ブランデーを初めて飲むという方であれば、まずはコニャックから銘柄を探すのがおすすめです。

アルマニャック

By: rakuten.co.jp

「アルマニャック」は、フランスのアルマニャック地方で作られているブランデー。こちらもコニャックと同じくユニ・ブラン、コロンバール、フォル・ブランシュなどのブドウを原料として使用しています。

コニャックの場合は完成までに蒸留を2回行いますが、アルマニャックは蒸留を行う回数が1回だけなので、コニャックと比べて荒々しい味に仕上がるのが特徴です。

カルヴァドス

By: rakuten.co.jp

フランスのノルマンディー地方で作られているブランデー「カルヴァドス」。原料にリンゴを使用しており、甘くてフルーティーな香りを楽しめます。リンゴの風味が広がるため、口当たりがよいのも魅力です。

ただし、原料にリンゴを使用していてもフランスのノルマンディー地方以外で作られたモノはカルヴァドスと呼ばれず「アップル・ブランデー」という名称になるので、選ぶときは注意しましょう。

ブランデーの選び方

ランクで選ぶ

By: amazon.co.jp

ブランデーは銘柄によってそれぞれランクがあります。ランクを熟成年数が短いモノから順に並べると「スリースター / V.S. / V.S.O.P / ナポレオン / X.O. / オル・ダージュ(Hors d’âge)」となり、熟成年数がある程度長いモノは質が高くて飲みやすい傾向にあるので、銘柄を選ぶときの参考にしてみてください。

予算で選ぶ

ブランデーは幅広い価格帯の銘柄が展開されており、数千円で購入できるリーズナブルなブランデーもあれば、100万円以上の超高級銘柄もあります。特別な日に飲みたい場合や大切な人にプレゼントしたい場合は、数万円の高品質なブランデーをチョイスするのがおすすめです。

ブランデーのおすすめ銘柄|飲み慣れていない初心者向け

ヘネシー(Hennessy) V.S.O.P フィーヌ シャンパーニュ

コニャック・ブランデーを代表する銘柄といっても過言ではない「ヘネシー」の1本。ランクはV.S.O.Pです。厳選された約60種類の原酒をブレンドすることでバランスの取れた味わいとなっており、飲みやすい口当たりに仕上がっています。喉越しがスムーズなので、ブランデー初心者の方におすすめ。繊細でクリアな味が好きな方にも適しています。

ヘネシー(Hennessy) X.O

1870年に世界で初めてX.O.ランクが付けられたとされているコニャック・ブランデー。数十年に渡る長い熟成を経た芳醇な味わいが特徴です。

約100種類の原酒がブレンドされていながら、複雑になりすぎないなめらかな口当たりで飲みやすいのがポイント。瓶のデザインもエレガントで品格を感じさせてくれます。インテリアとしても映えるおすすめの1本です。

ポールジロー(PAUL GIRAUD) トラディション

400年以上の歴史を誇る銘柄「ポールジロー」のコニャック・ブランデー。完成までの工程が手作業で行われており、伝統的な製法による質の高さが魅力です。

フレッシュなブドウの味わいが特徴なので、しっかりとした果実感を楽しみたい方におすすめ。アルコール度数を調整するための水以外は添加物を一切使用しておらず、高品質なブランデー作りに努めているのもポイントです。

カミュ(CAMUS) XOエレガンス

フランス・コニャックのボルドリ地区で作られているブランデー。同地区の畑で収穫されたモノを中心とする良質なブドウが使われていて、アロマ・バニラ・シトラスなどを感じさせる複雑な味わいが楽しめます。口の中に残るスパイシーな後味も特徴。厳選された170種類以上の原酒を使用している高品質な1本です。

レミーマルタン(REMY MARTIN) VSOP

シャンパンを思わせるエレガントな瓶が特徴のコニャック・ブランデー。アミノ酸を多く含ませる「リーズ蒸留法」という蒸留方法が採用されており、コクのある独特な口当たりを楽しめます。ランクはV.S.O.Pです。

熟成年数が4〜12年の原酒がブレンドされていて、複雑な香りを堪能できるのも魅力。比較的リーズナブルにブランデーを楽しみたい方におすすめです。

ジェラス(GELAS) 10年

ふたつの品種のブドウが使われているアルマニャック・ブランデー。絶妙なバランスでブレンドされているため、芳醇でありながらクセのない口当たりを楽しめるのが特徴です。熟成年数は10年。若々しさと力強さを感じられるおすすめの1本です。

ブラー(Boulard) カルヴァドス XO

リンゴと樽の香りが楽しめるカルヴァドス・ブランデー。8〜40年熟成した原酒がブレンドされています。しっかりと熟したリンゴを使用することによるフルーティーさが魅力です。

口当たりがなめらかで飲みやすいのもポイント。ストレートや水割りで飲むのはもちろん、そのフルーティーさを活かしてアイスにかけて食すのもおすすめです。

マーテル(MARTELL) コルドンブルー コニャックブランデー

複雑な香りを楽しめる上質なコニャック・ブランデー。1912年に誕生したマーテルの代表的銘柄です。フルーティーさや香ばしさ、スパイシーさを感じさせるフレーバーが特徴で、芳醇な風味に仕上がっています。大きなグラスに注いで香りを堪能しながら味わうのがおすすめです。

シャボー(Chabot) VSOP

軽やかな味わいのアルマニャック・ブランデーを探している方におすすめの「シャボー VSOP」。そのまま飲んでも美味しいですが、フルーティーでクセが少ないためカクテルのベースとしても人気の銘柄です。アルマニャック式蒸留器と呼ばれる特別な蒸留器を使用しているのもポイント。洗練された味わいに仕上がっているのが特徴です。

クルボアジェ(COURVOSIER) XO

ヘネシー・カミュ・レミーマルタン・マーテルと並ぶ5大コニャック・ブランデーのうちのひとつ「クルボアジェ」のX.O.ランク。コクがありながらもなめらかで、飲みやすい口当たりに仕上がっています。長い年数の熟成を経て香ばしい樽の香りが付いているのも特徴。重厚感のある風味で贅沢な気分を味わえる1本です。

ミュコー(MEUKOW) ブラックパンサー

「ブラックパンサー」という名称らしく、瓶にクロヒョウが描かれているクールなデザインのコニャック・ブランデー。2回の蒸留と長期間の熟成を経たエレガントな味わいが特徴です。飲んだ後に余韻が続くので、ブランデーの風味を長く噛み締めたい方に適しています。厳選された原酒を使用している香り高い1本です。

ブランデーのおすすめ銘柄|飲み慣れている中・上級者向け

テセロン(TESSERON) LOT60 ザ グレート スモーカー

1960年代以前の原酒を使用している貴重なコニャック・ブランデー。イギリスの元首相チャーチルが愛したブランデーを再現している逸品で、芳醇な香りが特徴です。シガーとの相性がよいので一緒に嗜むのもおすすめ。味わい深い1本を求めている方は要チェックです。

ドゥピュイ(DUPUY) 1971年 ボルドリー

すみれの香りが楽しめるコニャック・ブランデー。華やかなフレーバーとまろやかな味わいが楽しめます。甘さがありますが、ただ甘いだけではなく酸味も感じられるバランスの取れた1本です。ボトルに入れられた手書きのナンバーもポイント。レトロなラベルがおしゃれなのでインテリアとしても映えます。

クール・ド・リヨン(Coeur de Lion) ポム・プリゾニエール

瓶の中にリンゴが丸ごと1個入っているユニークなカルヴァドス・ブランデー。後から瓶の中にリンゴを入れるのではなく、実になる前から瓶を枝に被せて作るのが特徴です。

自分へのご褒美に購入するのはもちろん、見た目のインパクトがあるのでプレゼントにもおすすめ。リンゴを漬け込むことでフルーティーな味がしっかり染みている1本です。

ヘネシー(Hennessy) パラディー

コニャック・ブランデーを代表するブランド「ヘネシー」の高級銘柄。古酒熟成庫から厳選した100種類以上の原酒を贅沢にブレンドしており、複雑かつ奥深い味わいに仕上がっています。華やかで強く香るフレーバーも特徴。特別な日に味わいたいエレガントな1本です。

レミーマルタン(REMY MARTIN) ルイ13世

“レミーマルタンの頂点に立つ”と謳う高級コニャック・ブランデー。グランド・シャンパーニュ産の優れたブドウが使われています。40〜100年の熟成により芳醇な香りを生み出しているのが特徴。高級ブランド「バカラ」の特製ボトルを採用しているゴージャスなデザインもポイントです。

ブランデーのおすすめの飲み方|飲み慣れていない初心者向け

By: amazon.co.jp

水割り・ソーダ割り

「ブランデーの味を楽しみたいけれど、そのままだとアルコール度数が高すぎる」という方におすすめの飲み方。水もしくは炭酸水を加えることでブランデーの味を残しつつも、飲みやすくなります。シンプルな割り方なので作りやすく、ブランデーの量によってアルコール度数を調整しやすいのもポイントです。

サイドカー

「サイドカー」はコニャック・ブランデーをベースとしているカクテルです。ブランデーとレモンジュース、そしてキュラソーと呼ばれるリキュールをシェイクすることで柑橘系の風味があふれるサッパリとした口当たりになります。ブランデーの味がしっかり残るのもポイントです。

アレクサンダー

甘い味が好きな方には「アレクサンダー」がおすすめ。ブランデーに生クリームとクレーム・ド・カカオをシェイクしたカクテルで、チョコレートの風味が楽しめる1杯に仕上がります。

甘くて飲みやすいですが、お店などでアレクサンダーを頼むとアルコールが20%前後あるので要注意。自分で作る場合は好みに合わせて量を調整しましょう。

ブランデーのおすすめの飲み方|飲み慣れている中・上級者向け

ストレート

ブランデー本来の味を楽しめる「ストレート」。アルコール度数が40〜50%前後と非常に高いので、少しずつ味わうのがベストです。また、味はもちろん香りを存分に堪能できるのも魅力。味覚も嗅覚も満足させてくれるおすすめの飲み方です。

オン・ザ・ロック

「ストレートで飲むには抵抗があるけど、水割りやソーダ割りでは物足りない」という方におすすめなのが「オン・ザ・ロック」。氷が入っているグラスにブランデーを注ぐことで、最初のうちはストレートに近い味わいを楽しむことができ、氷が溶けていくとアルコールが薄まるので徐々に飲みやすくなります。変化を楽しめるのもポイントです。

ニコラシカ

ブランデーに飲み慣れた方におすすめの飲み方が「ニコラシカ」。リキュールグラスやショットグラスなどの小さいグラスにブランデーを注ぎ、フタをするようにスライスレモンを被せた後、その上に砂糖を乗せるのがスタイルです。

飲むときはまずグラスに乗せたレモンと砂糖を噛み、そこにブランデーを流し込んで口の中でうまく調和させるのがポイント。見た目も飲み方も独特なので、ぜひトライしてみてください。