光るペーパークラフトが楽しい!

複雑な工程と美しい色による繊細な作品が、見る者の目を引き付ける折り紙。そのアートに見られるように、日本人の紙に対する思いは独特なのかもしれません。そんなわたしたちの感性をくすぐるような、光とコラボしたペーパークラフトが誕生しました。ご紹介しましょう、紙製ライト自作キット「Electric Paint Lamp Kit」です!

たったの3ステップ!

Electric Paint Lamp Kitとは、同梱のパーツにより3種類の紙製ライトを作ることができる自作キット。難しい知識やテクニックは必要なく、たったの3ステップで完成する、オトナも子どもも大満足のアイテムです!

ステップ1:塗る

まずテンプレート紙に、「導電ペイント」と呼ばれる電気を通す塗料を、指示されている枠内に塗っていきます。これが"電気回路"となるとなるわけですね。ちょっと細かい作業もありますが、易しいところは子どもに任せてもいいかもしれません。

ステップ2:はめ込む


ステップ2は同梱のLEDライトを含む電子パーツを使います。難しいハンダ付けもなく、テンプレート紙に置いて、キュッと回してはめ込むだけ。あとは電源となるmicroUSBケーブル挿しましょう。

ステップ3:紙製シェードを作る


最後は別のテンプレート紙に沿って、ランプシェードをハサミなどで切っていって、さきほど完成している電子パーツが載った"回路"に形を整えながらはめ込んでいきます。これで完成です!

3種類のライト

Electric Paint Lamp Kitでは3種類のライトを作ることが可能。シンプルなボタンスイッチタイプ、スイッチをなぞる調光タイプ、手を近づける光らせる調光タイプ、といずれも紙とLED電子パーツと、「導電ペイント」だけでできてしまうスグレモノなのです!

紙製ゆえに、ランプシェードの色や形を自由自在にカスタマイズして、自分仕様の紙製ライトをいとも簡単に作れてしまうElectric Paint Lamp Kitは、Kickstarterで32ポンドです!