気軽に3D撮影したい!

2つの眼(レンズ)を使って、人が見ているように撮影できる3Dカメラ。でもイロイロ製品を見ると、プロフェッショナルすぎたり、3D撮影に必要ない機能があったり、オモチャのようだったり…と、イマイチですか?

それなら今回ご紹介する、気軽に使える3Dカメラ、SIDはうってつけかもしれません! さっそく詳細を見てみましょう!

SIDってどんな3Dカメラ?

SIDとは、スマートフォンなどにワイヤレス接続して、リアルタイムで撮影映像を確認できる3Dカメラ。セルフィーやライブ配信で、本格的に3D映像や画像を撮りたい人に最適です!

小さくても本格派

SIDは画像のとおり、手のひらサイズであるにもかかわらず本格派。オプションの専用ジンバルを使えば、最高にスムーズな3D動画がいとも簡単に撮れてしまうのです!

またスマートフォンの専用アプリで撮れた素材を自由に編集しましょう。3D効果を変化させることで、"飛び出し"具合の加減もOK! 360度撮影とはひと味違ったフィーリングがGOOD!

セルフィーやライブ配信で大活躍


前述のとおり、ワイヤレス接続されたスマートフォンで、リアルタイムで撮れている映像を確認できるSID。家やアウトドアでのセルフィーやライブ配信も、撮れ具合を確認しながらラクラクです!


またSIDは動画だけでなく、静止画の撮影もOK。裸眼でも3Dに見えるGIFアニメーション「Wiggle stereoscopy(ゆらゆら立体視)」も簡単に撮影可能。メガネが要らないから手軽で楽しい!

動画は3K/30fps、静止画は最大3200万画素で撮影できるSIDは、Kickstarterで159ドル! 気軽に3D撮影始めるならコレかも!