ビートを身にまとおう!

パワフルな音響装置でのライブを堪能した後のイヤホンサウンドの貧相なこと…。あの興奮をいつでも味わいたい! という願いに応えて登場しました! 新発想なしくみでビートを身にまとえるウェアラブルボディスピーカー、Hapbeatをさっそくご紹介しましょう!

Hapbeatとは?


Hapbeatとは体に装着するだけで、聴いている音楽と連動して広い範囲の周波数帯のビートを、振動として体に伝えてくれるボディスピーカー。どこでもコンサート会場や映画館にいるような気分にさせてくれるスグレモノです!

使い方は?

ではHapbeatの使い方を簡単にご説明。まず、Hapbeat本体をマグネットやクリップで服に取り付けるか、ネックストラップでぶら下げたら、本体からポリエチレン糸を伸ばして体に巻き付けて本体の反対側でとめます。


次にヘッドホンをHapbeatに挿したら準備OK。Bluetooth接続しているスマートフォンなどの音楽プレーヤーを再生すると、まさにサウンドを"体感"できてしまいます!

どんな仕組み?


ではどんな仕組みになっているのでしょうか? 同様の他のデバイスが本体が震えるのに対して、Hapbeatは体に巻き付けた糸が本体内蔵のモーターの回転での収縮により振動を生じさせます。

同様の他のデバイスが、狭い範囲にしか振動を伝えられないのに対して、Hapbeatは広範囲をズンズン震わせます! 装着する場所によっては、"おなかの底に響くようなビート"となるかもしれません。

スマートフォンを利用したお手軽VRゴーグルでも、Hapbeatの活用で没入感がグッと深まる可能性のあるHapbeatは、Kickstarterで199ドル! 見た目にも違和感ゼロなのがGOOD!