脳しんとうからアスリートを守ろう

スポーツでは様々なケガが起こりますが、その中でも危険性が高い部類に入るのが、脳しんとうです。脳しんとうには後遺症が残る場合もあり、選手生命やその後の人生へ与える影響も少なくありません。

NFL(アメフトのプロリーグ)では、近年脳しんとうへの啓蒙活動も行われており、脳しんとうを題材とした映画も制作されるほど注目されています。

脳しんとうは見た目だけではわからないこともあるので、見過ごされてしまうこともあります。脳しんとうが起こっているのにそのままスポーツを続けてしまうと、症状が悪化したり、脳障害を引き起こすことにもつながりかねません。

早期に医師の診断を受けるなど、適切な処置を受けることが必要ですが、そのためにも脳しんとうを発見しなければいけません。

Jolt Sensorが頭部の揺れを検知する

今回ご紹介するJolt Sensorは、脳しんとうの早期発見をサポートしてくれるデバイスです。上でご説明した通り、適切に脳しんとうの処置をするためには、早期発見が重要です。Jolt Sensorは、アスリートの頭部の揺れを検知して、脳しんとうの疑いがある場合はアラートを出してくれるんです。

Jolt Sensorは、シリコンでできたクリップタイプのデバイスです。バンダナやヘルメットなど、頭部につけるアクセサリー類に装着します。ウォータープルーフなので、雨が降っていても使用可能です。

Jolt Sensorが激しい揺れを検知すると、本体がバイブレーションして、アスリートに危険を知らせます。それと同時に、専用アプリ(iOS、Android)にアラートを送信します。Bluetoothが接続できる距離えあれば、距離が離れていてもアラートの受信が可能です。

脳しんとうは、見た目だけでは気がつかないこともあります。Jolt Sensorアプリでコーチや保護者がアラートを受け取ったら、アスリートを休ませ、医師の診断を受けるなど適切に処置すると良いでしょう。

計測データはクラウド連携ができる!

Jolt Sensorが計測したデータは、クラウド保存が可能です。コーチとチームドクター、保護者の間で、計測データの共有ができるので、迅速な処置の助けとなってくれそうですね。