積み重ねて収納できるスタッキングマグは、空いているスペースを有効活用できる便利なアイテムです。食器が増えて、マグカップを置く場所に困っているという方や、アウトドアの際にコップをコンパクトに収納したいという方に最適。

しかし、種類が多くてどのスタッキングを選べばよいのか迷ってしまいます。今回は、機能や素材によるスタッキングマグの選び方や、おすすめのスタッキングマグをご紹介します。

スタッキングマグとは?

By: rakuten.co.jp

スタッキングマグとは、スタッキング(積み重ね)できるマグカップのことで、省スペースで収納できるのが魅力。1個分のスペースに、数個のマグカップを重ねることができるため、食器棚をすっきり整理できます。

素材に使用しているものは、チタンやステンレスなどの金属から、陶磁器やプラスチックまでと幅広く、用途や見た目などを踏まえ、好みのスタッキングマグを選べるのも魅力。

スタッキングできるという特性から、持ち運ぶ際に荷物を軽減できるため、キャンプやクライミングなどのアウトドアでも活躍するアイテムです。

スタッキングマグの選び方

用途に合った素材を選ぶ

ステンレス製

By: rakuten.co.jp

ステンレス製のスタッキングマグは、ステン(錆び)レス(ない)という名の通り、錆びに強いのが特徴。熱にも強く、直火にかけてお湯を沸かすこともできます。

また、熱伝導率が低いため、保温・保冷効果に優れているのもポイント。コーヒーも冷めにくいため、長い時間おいしく味わうことができます。耐久性も高く、キャンプに最適。

ただし、酸素の少ない場所に保管したり、水滴が残ったままで保存したりすると、錆びることもありますので注意しましょう。

ステンレスには金属臭があるという意見もありますが、これは、全てに共通したことではありません。もし、購入したスタッキングマグのニオイが気になるという方は、米の研ぎ汁で煮沸消臭するか、水と酢を10:1で割ったもので煮沸して1時間ほど置くとニオイを軽減できます。

チタン製

By: amazon.co.jp

チタン性のスタッキングマグは、軽量性・耐久性に優れているのが特徴です。鉄の約半分の重さと、強さの象徴「鋼」に相当する高強度を備えています。

酸素と結合して錆びから本体を守る酸化皮膜が安定しているため、高い耐食性をもっているのも特徴です。海水での錆びへの強さは白金と同等。酸化皮膜は、ステンレスと同様に傷ついても再生するため耐食性は持続します。

純チタンなら、金属アレルギーの方も使いやすいのがメリットです。軽量なので、軽量パッキングが必須の登山にも最適。ステンレスより高価な点と、火に掛けると、焦げやすいのがデメリットです。

プラスチック製

By: rakuten.co.jp

プラスチック製のスタッキングマグは、軽量性・耐食性・防腐性・コストパフォーマンスに優れています。耐衝撃性も高いため、落下しても破損しにくいのも魅力です。

加工がしやすく、柄や形、色への規制が少ないため、豊富な種類のプラスチック製スタッキングマグがあります。多少荒く使用しても壊れにくく、デザインが豊富なので、ファミリーキャンプや自宅で使用する方におすすめ。

ただし、保温・保冷機能が低い点と、耐熱性ではないため火に弱いというデメリットがあります。

陶磁器製

By: rakuten.co.jp

陶磁器には、陶器と磁器の2種類があります。陶器とは、土を原料にして作る器のことです。陶器でできたスタッキングマグは、熱伝導率が低いため保温保冷効果もあり、ホットドリンクも飲みやすいのが特徴。吸水性があるため、使用していく中で変化する様子を楽しむことも可能です。

磁気は、石粉と粘土などを混ぜて作った陶石を原料にして作ったもの。光沢と色の白さが特徴で、陶器に比べて、軽量で薄く、デザイン性や耐久性に優れています。ただし、熱伝導率が高いため、熱いものを飲む際は注意が必要です。陶器も磁気も衝撃に弱いため、家で使用する方におすすめします。

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

スタッキングマグといっても大きさはさまざまです。もっとも多く展開しているのは300ml前後のスタッキングマグで、多すぎず少なすぎず適度な量が入ります。スープや飲み物を飲むのに適しており、食事の時や、日常に使うものとしておすすめ。

250ml以下のスタッキングマグは、入る量が少ないため、温かいものは温かく、冷たいものは冷たい状態で美味しく飲みきりやすいサイズ。小さい分、軽量でコンパクトなので持ち運びも容易です。仕事の合間の休憩用や、こだわりのコーヒーを飲む際におすすめ。

350ml以上のスタッキングマグは、1度にたくさん入るため何度も注ぎ足す必要がなく、手間がかからないのが魅力です。直火対応のものなら、スープやラーメンを作ることも可能。ゆったりと楽しむキャンプや、夜にゆっくりする際におすすめです。

スタッキング方法で選ぶ

By: rakuten.co.jp

スタッキングマグを選ぶ際は、スタッキング方法を確認することも重要です。スタッキングマグの下部に段差があり、その部分だけスタッキングする方法は、縦方向へのコンパクト性に欠けます。しかし、収納時の見た目もよく、陶器のスタッキングマグに多い形状です。

上に広く傾斜するスタッキングマグは、本体の大部分をスタッキングできるため、縦へのコンパクト性にも優れています。また、一部分だけスタッキングする方法に比べ、倒れる心配もないので、多くのマグカップをスタッキングできるのも魅力です。

最後に、サイズの異なるマグカップをスタッキングする方法もあります。ひとつのマグカップ内に全てのマグカップを収納できるため、マグカップ1個分のスペースしか取らないのがポイント。スタッキング部分が大きくなるほど持ち運びが容易になるため、キャンプなどに使用する方は、スタッキング部分が大きいものを選びましょう。

機能で選ぶ

二重構造機能と真空二重構造機能

By: amazon.co.jp

二重構造とは、二重になったステンレスやチタンなどの間に空気の層があるものを指します。二重構造にすることで熱伝伝導率が低くなり、保温・保冷効果が上がるほか、熱いものを入れても周りが熱くならず持ちやすいのもメリット。ただし、火にかけると中の空気が膨張して破裂する危険があるため注意が必要です。

真空二重構造のスタッキングマグは、二重の壁の間が真空状態なのが特徴。二重構造よりも熱伝送率が低く、より高い保温・保冷効果をもちます。冬季キャンプや、登山で使用する際に利便性の高い機能です。

電子レンジ・食器洗浄機対応機能

スタッキングマグには、電子レンジや食器洗浄機でも使用できる機能をもったアイテムもあります。電子レンジに対応していれば、中のコーヒーやスープを温めなおすことができるため、最後まで美味しく飲めるのも魅力。お湯を沸かす際も、電子レンジでできるため、別の器具でお湯を沸かす必要がありません。

また、食器洗浄機に対応しているものなら、使用後に洗う手間もなく、いつでも綺麗な状態で使用できます。

取っ手収納機能

By: amazon.co.jp

スタッキングマグには、取っ手を収納できるアイテムもあります。取っ手を折りたたむことで、スタッキングしたマグカップをさらにコンパクトに収納することも可能。安定性や、耐久性は、取っ手が収納できないタイプに比べてやや劣りますが、荷物をコンパクトにしたい方におすすめの機能です。軽量パッキングが必須となるクライミングでも活躍します。

スタッキングマグのおすすめ

スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ

軽量性に優れたシングルウォール(一重構造)のスタッキングマグです。厚さ0.4mmのチタニウム素材を採用しており、重量45gと軽く携行性に優れています。容量は220mlと少なめで飲みきりやすいサイズ。

持ち手は折りたたみ式なので未使用時はコンパクトにたたんで収納することも可能です。これにより、クッカーなどの他の調理道具に重ねても持ち運べます。

素材のチタニウムは、耐久性・耐食性に優れており、長く愛用できるのもポイント。熱伝導率が低く、保温・保冷効果も備えています。スノーピークらしい、シンプルなデザインのスタッキングマグは、キャンプはもちろん、会社や家でも使いやすいおすすめのスタッキングマグです。

スノーピーク(snow peak) スタッキングマグ 雪峰 H300

2005年の発売以来、高い人気を保ち続ける新コンセプトテーブルウェア「雪峰シリーズ」のスタッキングマグです。サイズは7.6×8.6cmで、手の収まりもよく使いやすいサイズ。スノーピークらしい、高級感のあるハイセンスなデザインが魅力です。

チタン素材を採用し、金属特有の匂いがしにくいのもポイント。重量76gと軽く、携行性にも優れています。また、錆びに強く、耐久性も高いため、アウトドアでの使用も安心。

マグカップとしては少々高い価格設定ですが、その価値のある機能性とデザイン性を兼ね備えています。破損することが少ないため、長く愛用できるのもポイント。二重構造で保温性にも優れた、おすすめのスタッキングマグです。

スノーピーク(snow peak) スタッキングマグ 雪峰 Sセット

「雪峰」シリーズのスタッキングマグ2個セットです。容量200mlと容量150mlの2サイズをセットにし、夫婦や恋人同士でひとつずつ使用することもできます。

独自のシステムデザインを採用し、スノーピークの他アイテムと併用することで、お互いに機能する仕組み。当アイテムも、2個のスタッキングマグを重ねられるのはもちろん、雪峰シリーズのマグや、既存のクッカーとのスタッキングもできます。

また、ダブルウォール構造を採用しており、熱い飲み物を入れた際に取っ手がなくても持ちやすい設計です。口元には二枚のチタンウォール溶接処理を施し、なめらかな口当たりのよさも魅力。表面に刻印してある雪峰の字もおしゃれなおすすめのスタッキングマグセットです。

スノーピーク(snow peak) スタッキングマグ雪峰 Mセット

ソロキャンプの食器や家族のカップとしても使用できる、スタッキングマグの3個セットです。容量は400m、300ml、200mlと使い勝手のよいサイズをセットにしており、ドリンクから食事まで幅広く対応できます。

200mlのスタッキングマグは取り皿の代わりとして使用することも可能で、平皿では難しいお鍋の取り皿としても使用可能。また、400mlのスタッキングマグでは、具材の多いスープやラーメンを作ることもできます。

取っ手のないシンプルなデザインなのでザックの中でもスペースを取らずに収納できるのも魅力です。間に空気の層を入れた二重構造を採用しており、温かい料理も冷めにくい設計。ひとつひとつ職人の手で作り上げた、美しい佇まいと、実用性も備えたスタッキングマグをお探しの方におすすめします。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) チタン製 スタッキングマグカップ

重量約28gと軽量性に優れたおすすめのスタッキングマグです。素材にはチタンを採用しており、手に持っていることを忘れてしまいそうな軽さが魅力。アウトドアの際も荷物を軽減できるため、少しでも荷物を軽くしたい登山にも最適です。

サイズは8.2×6.6cmで容量230mlとコンパクト。下に傾斜した作りでありながら、高さよりも直径が大きいので安定感もあります。

持ち手下部には穴が開いており、カラナビなどを使用してザックに掛けることもできます。表面にシリコン樹脂塗装を施したツルツルした肌触りもポイント。金属特有の肌触りが苦手な方も使用しやすいのが魅力です。

同サイズのマグカップを何個も重ねることもできるため、ファミリーキャンプにも最適。これだけの多機能型でありながら、1,000円台とコストパフォーマンスにも優れたおすすめのスタッキングマグです。

ファイヤーキング(Fire-King) スタッキングマグ

ファイヤーキングは、アメリカに本社を置くアンカーホッキング社の耐熱ガラスメーカーです。企業とのコラボモデルやキャラクターデザインのアイテムなど、多くのマグカップをラインナップ。中でも、ミルクガラスを使用したマグカップは人気が高いアイテムです。

本アイテムも、素材にミルガラス(ミルクガラス)を採用したアンティークのスタッキングマグで、乳白色のガラスに吹き付けやペイントを施した大人の手に合う落ち着いた仕上がり。しっかりとした色合いでありながら、飲み物が透けるミルガラスの特性にも魅力です。

もちろん、スタッキング機能により、収納時はコンパクトに収納可能。ただし、耐熱ではないため、電子レンジや食器洗浄機の使用は控えましょう。

ファイヤーキング(Fire-King) スタッキングマグ Burton RIDERS ライトアイボリー

バートン社とファイヤーキングがコラボしたスタッキングマグ。バートンスノーボードは、アメリカのバーモント州に拠点を置く、スノーボードメーカーです。優れたデザイン性や、進化し続ける機能性によって、世界中のスノーボーダーから高い支持を得ています。

本アイテムは古きよきアメリカを感じるライトアイボリーのミルクマグに、バートンのコンセプトである”WE ARE RIDERS.” の文字と、バートンの初期ロゴマークをシンプルにプリント。

素材には耐熱ガラスに使用するホウケイ酸ガラスを使用していますが、耐熱ではないため、電子レンジや食洗機の使用は控えてください。容量は215mlでコーヒーを1杯飲むのに最適。無駄のないハイセンスなデザインは、どんなシーンにも合わせやすくおすすめです。

ファイヤーキング(Fire-King) スタッキングマグ ジェダイ

ファイヤーキングを代表する「ジェダイ」シリーズのスタッキングマグです。ジェダイとは、翡翠(ひすい)色を意味し、透明感のある艶やかな青緑色が魅力。数あるファイヤーキングのマグカップの中でも人気があります。

アメリカでは後継者が見つからなかったミルクガラスを日本の職人が再現したファイヤーキングジャパン製なので、アンティークは使いづらいという方も使いやすいのが特徴です。

古き良き50年代のアメリカにタイムスリップしたかのような厚みのあるデザインと、口当たりのよい飲み口も魅力。ひとつひとつ職人が作り上げた、重量感のある美しい色合いのスタッキングマグは、ファイヤーキング好きの方はもちろん、カラーにこだわりのある方にもおすすめのスタッキングマグです。

ベタースターズ(Better Stars) ステンレスコーヒーカップ 6個セット

専用スタンドにマグカップを重ねて収納できる、おしゃれなスタッキングマグのセットです。専用スタンドは、スタッキングマグを重ねた際に、ぴったり合う11×29.5cm。6個を重ねてもコンパクトに収納できるため、荷物を軽減できます。また、カップをスタッキングした際にスタンドがなくても自立できるうえ、倒れにくいのも魅力。

素材にはステンレスを採用し、さびにくく、耐久性にも優れています。ステンレスを二重にしたダブルウォール構造で、保温・保冷効果が高いのもポイント。収納スタンドメッシュケース付きなので携行性にも優れており、家族でキャンプに行く際にもおすすめです。

カクセー(Kakusee) SORA スタッキングマグ 4pcs

4個セットで1,300円前後とコストパフォーマンスに優れたスタッキングマグです。リーズナブルでありながら機能性にも優れており、バーナーやトライポッドに直接かけることもできるため、お湯を沸かす際や、少量の食品を温める際に便利。

取っ手は折りたたみ式になっており、スタッキングする際は、折りたたんだ取っ手の位置をずらしながら重ねることで、コンパクトに収納できます。「楽しもう!アウトドアパーティー」の文字が入った携帯袋も付いており、持ち運びも容易。コストパフォーマンスと機能性に優れたおすすめのスタッキングマグです。

コールマン(Coleman) ノルディックカラーマグ 4PC

4色セットで1,000円以下とコストパフォーマンスに優れたスタッキングマグです。グリーン、ブラック、オレンジ、レッドと4色で1セットなので家族4人で使用しても、自分のものが一目で確認できます。

耐熱温度約120度のポリプロピレンを採用しており、120℃までなら電子レンジや食洗機にも使用できるのも魅力。錆びる心配もなく、強度も高いので、アウトドアでの使用も安心です。1個45gと軽量で、荷物をコンパクトにできるのもポイント。落ち着きのある色と、明るい色のセットなので、家族で使いやすいおすすめのスタッキングマグです。

カインズ(cainz) スタッキングマグ

カインズがリリースする、デザイン性の高さが魅力のスタッキングマグです。陶器素材のスタッキングマグは、ホワイト、グレー、ブラックと3種類のカラー展開。都会的な雰囲気をもつシンプルでハイセンスなデザインなのに加え、化粧箱付きなのでプレゼントとしてもおすすめです。

耐熱性も高く、食洗機や電子レンジも使用可能。サイズは8.5×9cmとコンパクトでありながら350ml入る容量の大きさも魅力。1000円以下とは思えない質感でコストパフォーマンスにも優れています。マットな質感と、シンプルなデザインで年齢や男女を問わず幅広い層で使用できるおすすめのスタッキングマグです。

サーモマグ(thermo mug) スタッキングマグ

サーモマグの多機能型スタッキングマグです。本体内側にはステンンレスを採用し、外面をAS樹脂で覆うことで、保温保冷効果のある2層構造。フタを取ればスタッキングも可能で、収納時はスペースをとりません。重心が低いため安定感もよく、底面についた滑り止めによって、デスクだけではなく外出先のちょっとしたスペースに設置しやすいのも魅力。

ふたには開閉可能な飲み口を搭載しているため、フタをしたまま中身を飲めるのもポイント。3色のカラー展開で、好みの色も選べるおすすめのスタッキングマグです。ただし、保温保冷機能はあまり強くないため、この点を重視する方には向いていません。

やまに(YAMANI) 北欧ブルー スタッキングマグカップ

やまには、美濃焼の産地でもある岐阜県東濃地方に拠点をおく、家庭用・業務用の食器を企画・卸売りをするメーカーです。「毎日をちょっとだけ幸せにするような食器」をコンセプトに、美濃焼きの魅力を広めています。

本アイテムは艶めいた高級感のある北欧ブルーが特徴。コーヒーの色も引き立てる美しい色合いで、朝のコーヒータイムを楽しくするアイテムです。重ねて収納できるスタッキング性も備え、収納時は省スペースに収納可能。

日本で1300年以上の歴史をもつ美濃焼きで作ったスタッキングマグは、電子レンジや家庭用食洗機にも対応し、忙しい現代人の生活スタイルにもマッチしています。サイズは11.5×8.5×7cmとコンパクトな仕上がり。口が広く飲みやすい、おすすめのスタッキングマグです。

ナチュラルスピリット(natural spirit) スタッキングマグカップ

ステンレス製のシンプルなデザインが魅力のスタッキングマグです。持ち手が横に長く火にかけた際も扱いやすいのがポイント。取っ手を収納できる設計で、取っ手を閉じればコンパクトに収納できます。もちろん、スタッキングもできるので、家族分を重ねてもザック内でスペースを取りません。

また、18-8ステンレスを採用しており、一般のステンレスに比べてさらに錆びにくいのも特徴。重量101gと軽量なので荷物を軽減できます。さらに、容量300mlで使い勝手のよいサイズも魅力。ただし、長時間水分に付けていると錆びることもあるため、使用後はしっかり水分を拭き取った状態で収納しましょう。