シートの汚れを予防したり車内をカスタマイズしたりするのに役立つ「車用シートカバー」。車の中で飲食したり雨の日や外で遊んだ帰りに乗ったりしてもシートをきれいに保ちやすく、お気に入りのデザインを選べば車内を好みに合わせてコーディネートできます。愛車を長く大切に使いたい方に便利なアイテムです。

今回は、おすすめの車用シートカバーをご紹介。選び方やおすすめアイテムを解説するので、参考にしてみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

車用シートカバーの必要性

By: amazon.co.jp

車の座席に被せて装着する車用シートカバー。車用シートカバーを付けることでさまざまなメリットが期待できます。

シートを汚れや傷から守れるのがポイント。車内で飲食をしてこぼしても、シートが汚れるのを予防できます。洗えるタイプなら衛生的に使いやすく、防水加工が施されたモノならお手入れが簡単なのも魅力。小さな子供がいる方も安心です。

また、車内の雰囲気を手軽に変えられるのもメリット。素材や色合いなどバリエーション豊富に展開されているので、好みに合わせて選べます。

車用シートカバーの選び方

用途に合ったタイプをチェック

車種専用タイプ

By: amazon.co.jp

それぞれの車のシートに合わせて、ジャストサイズで作られているのが車種専用タイプ。フィット感に優れ、ズレにくく隙間などが生じにくいのが特徴です。

シートを張り替えたような快適さを味わえるのが魅力。また、車種によってはアームレストやヘッドレストのカバーが付属しているタイプもあり、インテリアとして統一性を得られるのがポイントです。

比較的価格が高い傾向にあり、装着に時間がかかるのがデメリット。車内をおしゃれにドレスアップしたい方やフィット感を重視している方におすすめです。

汎用タイプ

By: amazon.co.jp

幅広い車種に対応できるのが汎用タイプです。すっぽり被せるモノや紐で結ぶモノ、ゴムで固定するモノなどさまざまなタイプがあり、着脱が簡単なのが特徴。掃除や洗濯、取り替えなどが楽に行いやすく、車種専用タイプに比べるとリーズナブルな価格も魅力です。

一方、車種によってシートの形状は異なるため、ダボつきや隙間、ズレが生じやすいのがデメリット。また、すべての車種に対応するわけではないので、事前にサイズを確認しておくことが大切です。フィット感を求めるなら、伸縮性のある素材を使ったモノを選びましょう。

デザインや色のバリエーションが豊富なので、お気に入りを見つけやすいのもメリット。汚れや傷対策を重視している方は、汎用タイプがおすすめです。

生地の素材をチェック

丸洗いできるモノが多い「ファブリック製」

By: amazon.co.jp

ファブリック製シートカバーの多くは、汚れた際に丸洗いできるのが魅力です。車の中で食事やドリンクをこぼしても、きれいに洗えるので清潔を保てます。車の中で食事を取ったり子供におやつを与えたりすることが多い場合は、洗えるモノを選ぶのがおすすめです。

車にペットを乗せる方にもファブリック製のモノが適しています。ペットの足の汚れや抜け毛による汚れが気になった際に、取り外して洗えるのがメリット。シートカバーにペットのニオイが染み付いても、洗うことでニオイを軽減できます。

ファブリック製のモノは、伸縮性が高いのもポイント。座ったり立ったりを繰り返しても劣化しにくく、快適に使えます。デザインやカラー展開が多いのも魅力です。

お手入れが簡単な「合成皮革(PVC)」

By: amazon.co.jp

合成皮革の「PVC」とは、「ポリビニールクロライド」の略称です。生地の表面にポリ塩化ビニール樹脂などを塗布して作られます。汚れに強く水拭きができるため、食事やドリンクをこぼしてもサッと拭き取れるのが魅力です。カビも生えにくいので快適に使用できます。

合成皮革のシートカバーはビニール素材ならではの光沢があり、おしゃれに見えるのもポイント。価格が安価ながら、高級感があるのも魅力です。既存のシートカバーに飽きた方や、コストをかけずに車内の雰囲気を変えたい方にも適しています。

耐久性に優れた「本革」は高級感を演出できる

By: amazon.co.jp

車内インテリアに高級感をプラスしたい方には、本革のシートカバーがおすすめです。既存のシートに取り付けるだけで、車内の雰囲気をガラッと変えられます。

本革は質感がよく手触りが滑らかで、見た目だけでなく使用感がよいのもメリット。牛革ならではの質感を好む方に適しています。カラーラインナップや、デザインも豊富に揃っているのが魅力です。

本革のシートカバーは、正しい手入れによって長く愛用できるのもメリット。製品の取扱説明書に従って、本革クリームなどを使って定期的にお手入れしましょう。

機能性をチェック

撥水・防水加工

By: amazon.co.jp

撥水加工を施しているタイプであれば、車内で飲み物などをこぼしてもシートに染み込みにくいのが特徴。濡れたタオルやウェットティッシュでサッと拭くだけできれいに保ちやすく、シート自体を保護しやすいのも魅力です。車内で飲食する機会がある方や小さい子供がいる方にも適しています。

また、防水性に優れた車用シートカバーなら、海や川などへアウトドアに出かけたり急に雨が降ったりしたときも、シートが濡れるのを予防可能。通気性が悪い分、蒸れが気になる方には不向きですが、シートが濡れたり汚れたりするのを避けたい方におすすめです。

パンチング加工

By: amazon.co.jp

パンチング加工が施されているモノは、風通しがよく通気性に優れているのが特徴。蒸れにくく、夏場や湿度が高い日でも快適な座り心地を保ちます。

一方、穴が開いているので、水などをこぼした際はシートに染み込んでしまったり、小さなホコリなどが入り込んでしまったりするのがデメリット。万が一、飲み物などをこぼした場合は、素早く拭き取る必要があります。

ファン内蔵タイプ

By: amazon.co.jp

背面や座面に熱がこもったり蒸れたりする方には、ファン内蔵タイプがおすすめ。シガーソケットから電源をとって送風するファン内蔵の車用シートカバーを選べば、暑い日や湿度が高い日も快適な座り心地を味わえます。

夏場でも快適に運転しやすいのが魅力。暑い時期に長距離運転をする方にもおすすめです。

耐熱性

By: amazon.co.jp

万が一に備えたいなら、耐熱性に優れていたり難燃性の素材を使ったりしている車用シートカバーがおすすめ。うっかりタバコを落としてしまっても、ある程度の熱に耐えられるモノなら、すぐに火が燃え広がったりシートに穴が開いたりしてしまうのを予防できます。万が一に備えたい方はチェックしてみてください。

セット内容をチェック

By: amazon.co.jp

車用シートカバーを購入する際は、どのようなセット内容なのか確認しておきましょう。1席分であったり後部座席分も含まれていたり、アイテムによって内容は異なります。もちろん枚数によって価格が変わってくるため、価格とセット内容を照らし合わせることが大切です。

また、運転席か助手席か、前席用か後部座席用かのチェックも重要。アイテムがどの座席に対応しているのか、事前にしっかり確認しておきましょう。全席同じカバーを取り付けたいという方は、セットで購入するのがおすすめです。

車用シートカバーのおすすめ

クラッツィオ(Clazzio) シートカバー ET-1078


本革を採用した高級感溢れる車用シートカバーです。背もたれ下部と座面後部に使い込むほど体に馴染みやすい最高級本革を使用。サイドとバック部分には高い検査基準に適合した「ソフトBioPVC」生地を採用しています。

背もたれ下部と座面後部、ウイング部分には8mmの高反発スポンジを採用しているのがポイント。さらに、背もたれ上部と座面前部には最大10mmのスポンジを内蔵しており、長時間のドライブでも快適な座り心地です。また、難燃性と耐久性に優れているのも魅力。ほかにも、抗菌消臭加工を施しているため、衛生的に使いやすいのもポイントです。

シートベルトやアームレストなどがそのまま使用でき、純正シートの機能を損なわずに便利。センター部分にはパンチング加工を施しており、通気性に優れています。

カラーやデザイン展開も幅広いため、高級感のある内装にしたい方やインテリア性を求める方におすすめです。

CAR-GRAND ユニバーサルカーシートカバー


9ピース付属している、おすすめの車用シートカバー。2つのフロントシートカバー、2つのバックレストカバー、リアバックレストカバー・リアボトムスツールカバー、5つの独立したヘッドレストカバーが含まれているのが特徴です。

セダンからバン、トラックまで対応可能なのもポイント。通気性に優れており、シワになりにくいのも魅力です。また、洗えるため清潔に保てます。3ラインジッパーデザインを採用しているのも魅力です。

着脱が簡単なうえ、フィットしやすいのもポイント。一式揃った車用シートカバーを探している方やコストパフォーマンス重視の方におすすめです。

TanYoo カーシートカバー


普通車や軽自動に対応している、おすすめの車用シートカバーです。表面には吸水性と速乾性に優れた素材を採用し、しっかり水を吸収します。裏面にはネオブレン素材を使用しているのが特徴。防水加工を施しているため、水がこぼれてもシートに染み込みにくいのも魅力です。

また、起毛布でパイピングしているので、丈夫で耐久性に優れ、傷に強いのもポイント。カバーの裏面には面ファスナーが付いており、被せてとめるだけで簡単に装着できます。収納ポケットが付いているため、スマホなどの小物が収納できて簡単に取り出せるのも魅力です。

MEIKO クッション付シートカバー jp11


レザーを採用している、おすすめの車用シートカバーです。高級感のあるデザイン性に加え、高密度スポンジを中に詰めた固定式クッション枕付きなのが特徴。また、固定式腰サポートも付属しているのも魅力です。

側面にはメッシュ素材を採用しており、優れた通気性を確保。パンチング加工を施しているので、蒸れにくいのがメリットです。後ろには収納袋が付いているのもポイント。汎用タイプのためさまざまな車種に対応できるのも魅力です。

カラーバリエーションも豊富に展開。高級感が欲しい方やおしゃれにドレスアップしたい方におすすめです。

ブラームス(BRAHMS) HOT&COOL シートカバー3 BRS-03


ファンとヒーターを内蔵した1台2役の車用シートカバーです。暑い日は、座面・背面・首元に冷たい風がくるよう、ジェット送風口が24個付いており効率的に冷風を送れるのが特徴。静音性に優れ、運転に集中しやすいのも魅力です。

また、座面から背中まで電熱線を配置し、シート全体を素早くあたためられるので寒い日でも快適なドライブが楽しめます。スタンバイメモリー機能があるためエンジンを切る前にオンしておけば、エンジンスターターを使った際もHOT機能を引き続き始動できて便利です。

リモコン付きで、簡単にCOOLとHOTの切り替えができるのが特徴。内部には最大40mmのクッションを搭載しているため快適な座り心地なのも魅力です。

AUTOFAN シートカバー


ファブリック製の車用シートカバーです。上からシートの下まで被せて、ズレないようにストラップで固定するだけで装着可能。シート全体をカバーできるため、シートを汚れやホコリから保護し、傷つきにくいのが特徴です。

洗濯できるので衛生的に使いやすいのも魅力。スタイリッシュでおしゃれなデザインもポイントです。また、前席用が2枚入っておりさまざまな車種に対応。コストパフォーマンス重視の方やデザインを揃えたい方におすすめです。

コーパープ(Copap) カーシートカバー


エスニック調のデザインがおしゃれな車用シートカバーです。手織り材質を採用しているのが特徴。中身には厚さ3mmのスポンジが入っているのも魅力です。また、丸洗い可能なので衛生的に使えます。

同じ柄のシートベルトカバーが付属しているため、統一感のあるカスタマイズが可能。デザインのバリエーションも豊富に展開しています。おしゃれでオリジナリティ溢れる内装にしたい方におすすめです。

VARWANEO カーシート送風シート

カバーの下に設置した強力なファンで、夏場でも快適なドライブが可能な車用シートカバーです。弱・中・強の3段階の風量調節が可能。アイスシルクを採用した3D立体構造のメッシュ生地のため、より涼しく感じやすいのが魅力です。

座り心地がよく、シートが変形しにくいのもポイント。さらに、5つの振動モードを繰り返す、マッサージ機能が付属。送風とマッサージは、座席に付いているスイッチで簡単に操作できます。

12Vと24Vの2つの規格があり、12Vはミニバンなどの小型車に、24Vはバンやトラックなど大型車に適応。静音性が高く、動作中も運転に集中しやすいのもメリットです。暑いのが苦手な方や夏でも快適にドライブしたい方に適しています。

卸値市場チャッキ― VS-ONE オリジナルシートカバー


車種専用タイプの車用シートカバーです。本革のような質感を再現したPVC素材を採用し、高級感のある見た目と快適な座り心地が魅力です。

生活撥水加工を施しているので、飲み物をこぼしてもタオルなどで簡単に拭き取れます。また、カバーのフチ部分には擦れに強いダブルステッチ加工を採用。耐久性に優れており、長く愛用しやすいのがポイントです。

さらに、背面と座面に非貫通式パンチング加工を施し、通気性を維持しながら水分をシート本体まで浸透させない設計。難燃性素材を使っているのも特徴です。

統一感のあるカスタマイズをしたい方や愛車をしっかりきれいに保ちたい方に適しています。

錦産業 Tomboy ストレッチニット NN-4531


前席用のシートカバーで、ファブリック製のモノを探している方におすすめの製品です。縦横に伸縮するストレッチニット素材を採用しており、取り付けや取り外しが楽にできます。シートカバーが汚れたらすぐに外して洗えるので便利です。

付属のストッパーを背もたれと座面の間に差し込んでシートカバーを固定できます。下部にはゴム輪が2つあり、シート本体下のスプリング等に引っ掛けることが可能。座ってもずれにくいモノを使いたい方におすすめです。

サイドエアバッグ対応で安全面にも配慮しています。普通車と軽自動車に対応できるフリーサイズで、車種を選ばずに使えるのもポイント。1席分のシートカバーを探している方におすすめの製品です。

ボンフォーム(BONFORM) シートカバー ファインテックス 4361-10


防水機能が施されたおすすめの車用シートカバーです。飲み物をこぼしても、サッと拭くだけでお手入れできるのが特徴。また、傷や汚れに強く、引っ掛けても破れにくいのも魅力です。

車用シートカバーを上から被せて全体を整えるだけで、簡単に取り付けられるのもポイント。ヘッドレストまですっぽり覆えます。さらに、ベンチシートやスポーツシートなど、幅広い形状のシートに対応できるのも魅力。アウトドアやレジャーなどを楽しむ方におすすめです。

ボンフォーム(BONFORM) シートカバー グランドレザー 前席用 4364-52


楽に取り付けができる背面ハーフカバータイプの製品です。手軽に車の内装をイメージチェンジしたい方におすすめ。背面には面ファスナー付きゴムやフックがあり、シートにしっかり固定できるので快適に使用できます。

合成皮革製で汚れがついてもサッと拭き取れるのが魅力。ペットや子供を乗せる機会が多い方に適しています。ミニバンから軽自動車まで幅広い車種に対応しているのもポイントです。

前席2枚セットで価格が手頃なのもメリット。カラーはさまざまな車に合わせやすいブラックとアイボリーをラインナップしています。合成皮革のシートカバーでコスパのよいモノを使いたい方はチェックしてみてください。

ボンフォーム(BONFORM) シートカバー ファインテックス 4361-04


後部座席用の車用シートカバー。水や傷、汚れに強い素材を採用し、引っ掛けても破れにくい耐久性の強さが魅力です。濡れてもサッと拭くだけできれいに保ちやすく、シートをしっかり保護します。

車用シートカバーを上から被せるだけと簡単に取り付けられるのがポイント。丸洗いができるため、衛生的に使いやすいのも魅力です。さまざまな種類の普通自動車や軽自動に使用可能。子供やペットを乗せる方やできるだけコストを抑えたい方におすすめです。

ケアスター(CARESTAR) 防水シートカバー ZBKW-SRW2


ウェットスーツ素材を採用した、おすすめの車用シートカバーです。防水・防汚性能に優れ、足元までカバーできるサイズなのでシートだけでなく車内をしっかり保護。水洗い可能なので、衛生的に使いやすいのも魅力です。

リア席シートカバーに加えて、リアヘッドレストカバーが2つ付属。シートベルトバックル通しも付いており、後部座席のシートカバーに加えて、ラゲッジマットやペットシートカバーとしても活躍します。

専用収納袋にコンパクト収納できて便利。アウトドアやマリンスポーツをした帰りも安心です。さまざまな車種に対応できるのもポイント。レジャー好きの方やペットを乗せる機会が多い方におすすめです。

車用シートカバーの売れ筋ランキングをチェック

車用シートカバーのランキングをチェックしたい方はこちら。