昔、ゴーカートって憧れませんでした? 車とは違う疾走感、バイクとは違う景色…遊園地にあるゴーカートに飛び乗った経験のある人は多いと思います。その経験、もう一回味わいませんか?「PlyFly」なら、その願いきっと叶えてくれるにちがいありません。

PlyFlyはDIYな木製ゴーカート。だからといって、性能に申し分なし。4馬力のエンジンを搭載しているので、トップスピードは40km/時と車並み。シートもしっかりしたものがついているので大きな大人が乗っても大丈夫。

ラックアンドピニオンのステアリングにディスクブレーキを搭載と本格的。タイヤはフォームタイヤなのでパンクの心配もありません。スマートフォンをマウントすることも出来るので、迫力ある動画も撮れそうですね。

気になるのは作り方ですよね。購入すると、木製のパーツ、ハードウェア、エンジンがそれぞれ別に郵送されて来るそうですが、木製のパーツは自身でカットする必要があるので糸のこが必須です。他にも、ペンチやレンチ、電動ねじ回し、ヤスリ、ハンマーが必要なので注意が必要です…作り方に関しては動画もアップされているので、一度確認してみるほうがいいかもしれませんが、特別な技術は必要ないそうでそこは安心ですね。

このアイテムは現在クラウドファンディングサイト、Kickstarterにて出資を募集中。
少し馬力の弱いものも同時に販売予定だそうですが、そうはいっても2.5馬力、30km/時弱のトップスピードがでるのでそれでも十分楽しめそう。木製ということを利用して、自身で色を塗ったり改造をしたりして、自分だけの世界に一台しかないゴーカートを作ってみるのもいいのではないでしょうか?