ホイールからタイヤを脱着する際に欠かせない「車用タイヤレバー」。本来は車の整備工場などのプロ向け工具ですが、タイヤの買い替え時やスタッドタイヤへの組み換え時にあると便利です。自分で組み換えにチャレンジする場合は、選び方を押さえておきましょう。

そこで今回は、車用タイヤレバーにフォーカスしておすすめモデルを紹介。選ぶ際のポイントも解説しますので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

車用タイヤレバーとは?

By: amazon.co.jp

タイヤレバーとは、ホイールからタイヤを脱着する際に使用する工具です。新しいタイヤと交換する場合などに活躍します。

一般的にタイヤの組み替えは車のプロの仕事であり、タイヤレバーは整備工場やディーラー、カー用品店などで働いている方が使う工具です。とはいえ、タイヤの組み替えはホイール付きを履き替えるより工賃が高く、なかには自分で行う方もいます。

用途に合った適切なタイプを用意すれば初心者でも利用可能なのはメリット。選ぶ際はさまざまなチェック項目を押さえておきましょう。

車用タイヤレバーの選び方

タイヤに合ったタイプをチェック

スプーンタイプ

By: amazon.co.jp

先端部がスプーン状に湾曲している車用タイヤレバーがスプーンタイプです。先端がヘラのように薄くなっているのが特徴。ホイールとタイヤのすき間に差し込みやすく、テコの原理でタイヤを取り外せます。

もっともスタンダードなタイプで初心者にも扱いやすく、はじめて購入する方におすすめ。冬期にスタッドレスタイヤへ急遽交換しなければならないときなど、万一に備えて用意しておきたい方にも適しています。

クランクタイプ

By: amazon.co.jp

グリップから先端にかけて大きく曲がっているのがクランクタイプです。サイズの大きいタイヤでは作業しにくい面があるスプーンタイプと比べ、比較的大型のタイヤを付け外すことが可能。厚みのあるモノでも、大きく曲がった部分でテコの原理を最大限に発揮できます。

スプーンタイプと比べて少ない力で付け外しできるのもポイント。ただし、やや特殊な形状で慣れていない初心者には扱いにくいほか、家庭用の工具箱に収納しにくい点は留意しておく必要があります。

長さをチェック

By: amazon.co.jp

車用タイヤレバーはモデルによって長さが異なります。用途に合わせて適切なタイプを選びましょう。長いタイプは、大きめのタイヤの差し込みや取り付けで活躍。特に、50cmほどの長さがあるとテコが働きやすく、少ない力でタイヤをホイールから外せます。取り付ける際にも力を入れやすく、オールラウンドに役立つタイプです。

30cmほどの短いタイプは、長いタイヤレバーの補助的な役割であると便利。長さ違いで揃えておくと作業を効率的に進められます。

強度をチェック

By: amazon.co.jp

車用タイヤレバーは、金属部分の素材や形状などによって強度が異なります。特に、メインで使う長いタイプを選ぶ際は強度が重要。鋼とカーボンを合わせた特殊鋼材やクロムモリブデン鋼などの素材を採用したモデルに注目です。

なかには、クロームメッキ処理を施した錆びに強いタイプも。より長く愛用したい方はチェックしてみてください。

先端の形状をチェック

By: amazon.co.jp

車用タイヤレバーの先端の形状はモデルによってさまざまあり、強度に大きく影響します。先端の薄いモデルはホイールとタイヤのすき間にレバー差し込みやすく、初心者に扱いやすいのが魅力。ただし、薄い分だけ強度に劣るのがデメリットです。

一方、先端部分に厚みがあるタイプは強度が高く、安心して使いやすいのがポイント。ただし、厚みがあるほどホイールとタイヤの境目に差し込む際に大きな力が必要なため、タイヤの組み替え作業に慣れている方向きです。

グリップの握りやすさをチェック

By: amazon.co.jp

車用タイヤレバーを選ぶ際には、グリップの握りやすさをチェックしておきましょう。手に握る部分が滑りにくく、安全に作業しやすい形状をしているかが重要です。

先端部分をホイールとタイヤの間に差し込む際に滑りやすいと、手に力を入れにくく作業が捗りません。また、差し込んだ際に滑った弾みでケガする恐れもあります。

特に初心者の場合、持ち手が金属むき出しではなく、ラバー製グリップなど持ちやすく工夫をこらしたモデルがおすすめ。なかには、ネジ回しで使うドライバーなどの一般的な工具のような、馴染みのある立体的なグリップ形状のモデルも販売されています。

リムプロテクター付きならホイールに傷が付きにくい

By: amazon.co.jp

リムプロテクターとは、文字通りリムの傷付きを防ぐアイテムです。ホイールのリム部分にセットし、大切なホイールを守りたい場合に活躍。タイヤレバーを差し込んだときに手が滑ってしまっても、ホイールの傷付きや塗装はがれを防ぎます。

特に、タイヤの組み替え作業に慣れていない方や、高級ホイールを装着している方におすすめのアイテムです。

購入時にリムプロテクターが付属していれば、別途用意する手間とコストを抑えられるのがポイント。車用レバーの先端がぶつかって壊れやすいため、数個付いていると安心です。

長さ違いのセットもおすすめ

By: amazon.co.jp

長さ違いがセットになっている車用タイヤレバーなら、メイン作業用やサポート用など用途によって使い分けできます。1本では作業しにくい場面で役立つほか、1本ずつ購入するのと比べてお得な価格で購入できるのも魅力です。

セット品のなかには、さまざまなアイテムがセットに含まれているモデルも存在。バルブコアが付属しているモデルなら、劣化によって空気漏れが心配なときなど、組み替えと同時にメンテナンスできて重宝します。

車用タイヤレバーのおすすめ

アストロプロダクツ AP 車用タイヤレバー 500mm

クロム鋼採用で優れた耐久性を発揮

両端に差し込む先端部を備えている車用タイヤレバーです。全長50cmで力が必要なタイヤの交換時におすすめ。ヘラ形状とストレート形状の2種類の先端形状を使えるため、さまざまな用途で高い作業性を求める方に適しています。差し込みやすい形状で、スピーディーかつスムーズな作業をサポート可能です。

力を入れやすく滑りにくい加工を施しており、持ちやすいのもポイント。耐久性に優れているクロム鋼を採用しているのも魅力です。

アストロプロダクツ AP 車用タイヤレバー 300mm

用途に合わせて使えるのが魅力

全長30cmの車用タイヤレバーです。やや短めで、長いタイプをサポートする用途で使いたい場合におすすめ。先端の厚さ2.5mmで差し込みやすく、スムーズな作業性を求めている方にもぴったりです。

ヘラとストレート、2種類の先端形状を備えているのも便利なポイント。素材には、耐久性に優れたクロム鋼を採用しています。安価な価格設定でタイヤ交換を初めて行う方にもおすすめのモデルです。

アストロプロダクツ AP タイヤレバー グリップ付

グリップ採用でスムーズに作業できる

持ちやすいようグリップを採用した車用タイヤレバーです。握りやすい形状により、滑ってしまうのが心配な初心者におすすめ。先端がR形状になっており、ホイールのリムを傷付けにくい安全性の高さも魅力です。

全長27.5cmの短いタイプで、長いタイプをサポートする用途で活躍。バイクのタイヤ交換にもぴったりです。先端の厚さは0.23cm。タイヤとリムのすき間に差し込みやすい薄さのモノを求めている方はチェックしてみてください。

アストロプロダクツ AP 車用タイヤレバー グリップ付 TL375

ドライバーのような形状の車用タイヤレバーです。力を入れやすいようグリップを搭載しています。先端の厚さ0.2cmと薄型で、リムとビードのすき間に差し込みやすいモデルを探している方におすすめ。全長38cmの短いタイプなので、タイヤ組み替え時に長いタイプを補助する用途に適しています。

先端がR形状になっており、ホイールを傷付けにくいのもポイント。メーカーでは、作業時に2本で使用することを推奨しています。

アストロプロダクツ AP 2PC タイヤレバーセット

2本セットの車用タイヤレバーです。全長26cmの短いタイプで、バイクのタイヤ交換用としておすすめ。持ち運びや保管に便利な専用袋が付属しています。

ゴムコーディングを施したグリップにより、滑りにくいのがポイント。力をかけやすい形状で作業を効率的に行いたい場合に重宝します。先端はフラットな形状で、厚さ1.5cmと薄いのも特徴。ホイールを傷付けにくく、タイヤの脱着もしやすいタイプです。

Makerfire タイヤレバー 6点セット

先端部分がスプーンタイプの車用タイヤレバーです。ヘラのように薄いため、タイヤとリムのすき間に差し込みやすいのが特徴。スタンダードなタイプで初心者にも扱いやすく、初めて購入する方におすすめのモデルです。樹脂とラバーを組み合わせた滑り止め付きグリップによって持ちやすく、スムーズな作業をサポートします。

3本セットで、複数本を同時に差し込んで使用したい場合にも活躍。リムプロテクターが付属しており、タイヤ交換時にホイールを保護したい際に重宝します。さらに、バルブコアが付いているのも魅力です。

Sumnacon タイヤレバー 3本

耐久性に優れたクロムモリブデン鋼を採用した車用タイヤレバーです。クロームメッキ加工を施しており、錆びにくいのがポイント。頑丈で長く愛用できるモデルを探している方におすすめです。

サイズは37cmと比較的長め。お得な3本セットで、ホイールを保護するリムプロテクターが4個付属しているのも魅力です。

京都機械工具(KTC) タイヤレバー MCOL-260

京都に拠点をかまえる創業1950年の老舗工具メーカー「京都機械工具」の車用タイヤレバー。全長26.5cmの短いタイプで、長さのあるアイテムのサポート用としておすすめです。

素材には、特殊工具鋼を採用。先端は薄く滑らかに仕上げているため、リムやサイドビードの間に差し込みやすくスムーズな作業をサポートします。また、樹脂製グリップを備えており、持ちやすい工夫をしている点にも注目です。

エーモン(amon) タイヤレバー T768

車関連のさまざまな工具やパーツを手がけている「エーモン」の車用タイヤレバーです。全長43cmで、2輪車・4輪車のタイヤに対応するモデルを求めている方におすすめ。ほかに、24cmや36cmなどの製品をラインナップしています。

グリップを搭載していない金属むき出しのタイプなので、使用時には十分な安全性への配慮が必要。タイヤ交換に慣れている方に適したモデルです。

デイトナ(Daytona) タイヤレバー クランクタイプ 90324

先端部が曲がっている形状を採用した、クランクタイプの車用タイヤレバーです。テコの原理を最大限に活かしやすく、ホールを置いたまま交換したいときにおすすめ。タイヤの内側からレバーを差し込みやすい形状を採用しています。

全長は約36cm。先端の形状は初心者にも扱いやすいスプーンタイプです。タイヤ幅180サイズのモノにも対応しています。

デイトナ(Daytona) タイヤレバーセット クランクタイプ 91667

タイプ違いのタイヤレバーが2本セットになったアイテムです。ストレートタイプとクランクタイプをそれぞれ用意しておきたい方におすすめ。セット内容には、ホイールを保護するリムプロテクターも含まれています。

クランクタイプは、140サイズ以上のタイヤに対応。ストレートタイプのタイヤレバーではカバーしきれなかった作業に向いています。セットはほかにも、ストレートタイプが2本含まれたモノや、バルブコア回し・収納ポーチが付属しているモノなどから選択可能です。

ピービー(Pb) PB Swiss Tool タイヤレバー 台紙付 6675-9-170CN

先端部の厚み0.1cmの薄さを実現している車用タイヤレバーです。タイヤとリムの狭い間に差し込みやすく、スムーズに作業したい場合に重宝します。マルチクラフトグリップにより、握りやすさを高めているのも特徴です。

表面にクロームメッキ仕上げを施しているのもポイント。耐久性にも優れており、長く愛用できるモノを求めている方におすすめです。全長28cmの短いタイプなので、長いタイプをサポートする用途で準備したい方もチェックしてみてください。

Amyu タイヤレバーセット

クロムバナジウム鋼を採用した車用タイヤレバーです。硬い素材なので耐久性を求めている方にぴったり。錆び予防のメッキ加工も施しているなど、長く愛用しやすい工夫がされています。

全長29.5cmの短めタイプで、長いタイプのサポート用としても活躍。バイクのタイヤ交換にも適しています。リムプロテクターが付属しており、タイヤを保護しながら作業しやすいのもポイントです。

HOYOMI タイヤレバー 6点セット

タイヤレバー3本とリムプロテクター3個がセットのアイテムです。リムプロテクターには、独特な弧状設計を採用。柔軟なポリエチレンゴム素材を使用しているなど、作業時にホイールを守りたい方におすすめです。

レバーには高品質なモリブデン鋼を採用。クロームメッキ加工を施しているので錆びにも強く、長く愛用しやすいモデルです。また、滑り止め用のグリップ付き。持ちやすく、滑りを防ぎやすいのも魅力です。

ZERONOWA タイヤレバー 3本セット

全長40cmの車用タイヤレバーが3本付属したモデルです。先端の形状はスプーンタイプで差し込みやすく、はじめて購入する方におすすめ。手頃な長さで軽自動車のほか、バイクやスクーターなどのタイヤ交換にも対応します。

耐久性に優れたマンガン鋼にメッキ加工を施した仕様。3本をうまく活用すれば、スピーディーでスムーズな作業に役立ちます。

BQAN タイヤレバー 6点セット

強度と安全性にこだわって設計された車用タイヤレバーです。鋼やカーボンを混ぜた特殊鋼材を使用しており、優れた耐久性が魅力。メッキ処理で錆びにも強いなど、長く愛用したい方におすすめのモデルです。

先端は幅広の形状で、ホイールを傷付けにくい仕様。また、ゴム製で滑りにくいグリップを搭載し、組み替えに慣れていない方の作業をサポートします。タイヤ交換時に使えるリムプロテクターが3つ付属しているのも魅力です。