今やマスクは季節を問わない生活必需品。最近は布マスクやおしゃれマスクなど、洗ってくり返し使用できるタイプも人気です。しかし、洗濯する際、ほかの衣類といっしょに洗濯機に入れてよいものか、悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、マスクの洗い方とマスク洗剤のおすすめを紹介します。マスク洗いに特化した製品のなかから、お気に入りの洗剤を選んでみてください。

洗えるマスクと洗えないマスクの違い

ガーゼや綿などの布マスクは洗えるモノが多い

By: rakuten.co.jp

ガーゼや綿などの布マスクの多くは、洗ってくり返し使えます。洗濯によりガーゼ生地が多少縮んでも、マスクとしての機能や品質には影響は大きくないためです。

ただし、素材の繊維がほつれる恐れがあるので、洗濯機ではなく手洗いでやさしく押し洗いすることが推奨されています。

また、漂白剤は使えますが、柔軟剤や乾燥機の使用は避けましょう。布マスクは生地を12〜16枚重ねて縫製しているため、洗濯による型崩れのリスクはある程度は避けられないと認識しておきましょう。

不織布などの使い捨てマスクは再利用できない

不織布製のマスクの特徴は、フィルターが何層にも重なってできていること。この構造により、ウイルスや花粉などの飛沫の侵入を防ぐ効果が期待できます。

不織布製のマスクを洗濯すると、物理衝撃に弱い中間フィルターがダメージを受けてフィルターの性能が低下するのがデメリット。静電気のウイルス捕集効果もほぼ失われてしまうため、使い捨てが推奨されています。

マスクの洗い方

洗濯機よりも手洗いがおすすめ

By: soft99.co.jp

布マスクは、通常の衣類よりデリケートな素材で作られているため、手洗いがおすすめ。洗濯機で洗うと、生地が縮んでしまったり、脱水後のシワが取れなかったり、洗濯槽の汚れからマスクにカビが付着したりと、思わぬトラブルに見舞われることもあります。

一方、手洗いなら汚れを目視でき、きれいな水を使うことで衛生状態を保って洗えます。手洗いと言ってもマスクの場合はつけおきが基本。つけおくことで繊維の奥の汗や雑菌が外に出てきます。マスクの生地を傷める心配も軽減可能です。

押し洗いとすすぎをしてから乾燥させる

By: ec-nol.jp

洗濯の際は、大きめの桶に洗剤を入れて溶かし、マスクをつけおきします。10分ほど経ったところで軽く押し洗いするのがおすすめ。もみ洗いをしないのは、マスクの繊維を傷める可能性があるためです。洗い終わったら桶の洗剤を流し、新たに水道水を入れてすすぎます。

十分すすいだら、桶から出して清潔なタオルに挟み、上から軽く叩いてマスクの水気を取ります。乾燥方法は、乾燥機は使わず、マスクの形を整えて洗濯バサミで吊るし、陰干しで自然乾燥させましょう。

マスク用洗剤のおすすめ

ノルコーポレーション(NolCorp) Welcomecleanマスクシャンプー

洗剤のプロとの共同開発で生まれた、低刺激性と謳われているマスク向け洗剤です。通常の手洗いや洗濯では落ちにくい、蓄積した皮脂汚れの除去に効果が期待できます。手作りマスク・布マスク・ウレタンマスクなどのお手入れに効果的です。

漂白剤・防腐剤・蛍光増白剤は使われていません。皮膚刺激性テストをクリアした低刺激性の洗剤とされ、敏感肌の方でも安心して使えると謳われています。また、無香料なので、洗剤の香りや香料のニオイが苦手な方にもおすすめです。

・1個

E・T・I マスクスッキリ洗剤ms01

わずか1gでマスク1枚を洗濯できるマスク向け洗剤です。チャックつきの袋に入った粉末洗剤で、内容量は100g。ガーゼやウレタンなどさまざまなマスクを洗えるうえ、不織布製などの使い捨てマスクも複数回洗えると謳われています。

中性洗剤なので、マスクの色落ちが少なく生地を傷めにくいのが特徴。また、蛍光増白剤・漂白剤ともに使われておらず、洗剤のニオイが残りにくい効果も期待できる製品です。

また、成分に抗菌剤が入っており、マスクについた細菌の除去効果も謳われています。マスク1枚分の使用量1gをはかれる計量スプーンつきです。

・1個

・5個セット

アイオン マスクリーナ128-W

つけおき洗いで嫌なニオイや汚れを落とすと謳われているマスク用洗剤です。濃縮タイプの液体洗剤が、約240ml入っています。水道水500mlにワンプッシュして混ぜるだけで、洗浄液が完成。漂白成分不使用で泡立ちが少ないため、すすぎが簡単に済みます。

布・ガーゼ・ウレタンなど、さまざまなマスクに対応するのも魅力。洗浄液に10~30分浸した後、押し洗いして完了。アルコール成分も入っていません。

また、逆性石けんと銀イオンの効果で、99.9%の除菌と洗濯後も続く抗菌効果が謳われています。つけおきでしっかりと洗えるマスク向け洗剤を探している方にぴったりです。

・1個

地の塩 Myマスク洗いせっけんちのわ

純石けん分98%のマスク洗い専用の石けんです。大豆油・菜種油・パームヤシの植物油脂が原料。着色料・酸化防止剤・防腐剤・合成界面活性剤・香料は使われていません。手洗いすることで繊維が傷まず、付着した汚れやニオイを取り除くと謳われています。

70gの固形石けんで、液体や粉のマスク向け洗剤より安いのが魅力。使い方も簡単で、石けんの泡をマスクに行き渡せたら、約10分おいてもみ洗いして流すだけです。

また、SDGsに取り組むメーカーの製品なので、パッケージにも植物由来のプラスチックを約40%使用しています。環境にもやさしい成分の製品で洗濯したい方におすすめです。

・1個

・7個セット

資生堂(SHISEIDO) マスク用洗剤

肌と同じ弱酸性のマスク向け洗剤です。つけおき洗いはもちろん、手洗いもできます。毎回決まった量だけ出てくるディスペンサー入り。無香料・無着色で、漂白剤・蛍光増白剤・防腐剤フリーと謳われています。

さらに、ヒアルロン酸などの保湿成分配合。肌にさやしく、やわらかな洗い上がりが期待できます。塩化ベンザルコニウムとサトウキビエキス配合で、マスクの除菌および汗や皮脂のニオイを消臭する効果も謳われています。

洗浄をくり返しても繊維を傷めにくく、型崩れしにくいのも特徴。マスクのメイク汚れなどを落とし、手にもやさしい洗剤を探している方におすすめです。

・1個

・2個セット

ソフト99 クリニクルマスクのシャンプー

泡スプレータイプのマスク向け洗剤です。マスクに直接噴射し、やさしくこすり洗いしてすすぐだけのスプレーボトルタイプです。ファンデーションや日焼け止めなどのメイク汚れから皮脂、花粉、食べ物などの汚れまで除去できると謳われています。

水洗いできるマスクに使用可能。つけおきや前処理剤不要の簡単洗浄タイプなのも魅力です。また、マスク1枚につき12~16回スプレーするので、1本で約40回使えます。汚れたマスクの洗濯を、洗面所で手軽かつ手早く済ませたい方にぴったりです。

・1個

・3個セット

ウエ・ルコ マスクリフレッシュ洗剤

洗濯前にマスクにスプレーして使うなマスク向け洗剤です。洗濯機で洗う場合はマスクの汚れを覆う程度に、手洗いする場合はマスク全体を覆うようにスプレーします。後は洗濯ネットに入れて洗剤で洗うか、やさしく押し洗いしてから水ですすぐだけです。

蛍光増白剤・漂白剤・着色料いずれも無添加のため、色柄モノのマスクにも使えます。ただし、使い捨てマスクや水洗いできないマスクには使えません。天然ハッカ精油を配合しており、除菌・抗菌の効果も期待できます。手軽に使いやすいタイプを探している方におすすめです。

・1個

・4個セット

オーガニックアース マク洗マスク洗浄剤・原液濃縮タイプ

原液を薄めてつけおき洗いする、濃縮タイプのマスク向け洗剤です。手作りマスクなどの嫌なニオイや汚れを落とす効果が期待できます。本製品1本で使用済みマスク1~5枚の洗浄であれば、約15回分使用可能。逆性石鹸が配合されているため、あまり泡が立ちません。

また、希釈してドアノブ、取っ手などにも使えます。内容量は300ml。逆性石けん配合で、手にもやさしいマスク向け洗剤をお探しの方に適しています。

・1個

・3個セット

丹羽久 住まいの魔法のパウダーマスクのつけ置き除菌洗浄剤

つけおきだけで洗浄するマスク向け洗剤。ガーゼ・布・アパレル系・スポーツ系などにも対応。洗面台に張ったぬるま湯にスプーン1杯分を加えて混ぜ、約30分マスクをつけおきして洗浄します。

液性は弱アルカリ性。つけおき洗いなのでマスクの繊維を傷めにくい効果が期待できます。界面活性剤不使用で、主成分の過炭酸ナトリウムも使用後は無害な炭酸ソーダ・水・酸素に分解されます。

マスクの汚れ除去・漂白・除菌・消臭と、4つの効果が謳われている製品。強い薬剤をなるべく使わず、マスクもナチュラルクリーニングできれいにしたい方におすすめです。

・1個

・6個セット

ユニバーサル・デタージェント マスク専用洗剤

植物性洗浄成分を配合したマスク向け洗剤です。布製マスクはもちろん、使い捨てマスクにも使えると謳われています。計量カップつきのボトル入りで、内容量は液体洗剤が345g。原液を薄めて使うタイプの製品です。

ぬるま湯に10分つけおき後、水道水ですすいで洗浄します。無香料の洗剤なので、長時間のマスク着用にも適しています。また、除菌成分も謳われているのもポイントです。

・1個

・6個セット

博雲堂 マスク専用の洗浄液マスククリーニングリキッド

マスクについたメイク汚れ落としに効果が期待できるマスク向け洗剤です。水で50倍に希釈して使用します。つけおき時間は5分と短いのも嬉しいポイント。また、落ちにくい汚れをもみ洗いしても、非塩素系なので手荒れの心配が少ないと謳われています。

ガーゼ・布・ポリウレタン・コットン・不織布など、さまざまなタイプのマスクに使用可能。無香料なので洗濯後にニオイが残りにくいのも特徴です。マスクに付着した油やメイク汚れを分解し、除菌・消臭・漂白効果が期待できるマスク向け洗剤を探している方に適しています。

・1個

紀陽除虫菊 マスク除菌洗浄酸素系漂白剤

除菌・漂白・消臭効果が期待できる、酸素系漂白剤入りのマスク向け洗剤です。弱アルカリ性の粉末タイプで、水1Lに対し7.5gを溶かして使用。マスクの汗ジミ・黄ばみ・メイク汚れ・ニオイを徹底洗浄すると謳われています。

10分ほどつけおきしてから、40~60度のお湯で洗うと高い効果が期待できます。マスクの洗浄に加えて、除菌・漂白もできると謳われているのも魅力です。

・1個

・120個セット

サラヤ(SARAYA) ヤシノミ洗たく洗剤濃縮タイプ

高い洗浄力と肌へのやさしさの両立を謳う洗濯洗剤です。ヤシの実由来の植物性洗浄成分「ツインパワーノニオン」が汚れに浸透するので、少ない洗剤量で高い洗浄効果が期待できます。合成香料・着色料・抗菌剤無添加の肌にやさしい洗剤と謳われています。

布マスクの洗濯に使う場合は、洗濯機ではなく手洗い。水1Lに本製品をティースプーンに軽く1杯入れ、布マスクを10分つけおきします。軽く押し洗いし、後は水道水ですすぐだけ。洗剤除去率99%を謳う製品で、マスクのすすぎも1回で済みます。

また、ニオイの原因菌の除去率は99.99%と謳われています。天然由来の洗浄成分で、衣類の洗濯にも布マスクの手洗いにも使える洗剤を探している方におすすめです。

・1個

・3個セット