モニターイヤホンは、ミュージシャンやクリエイターの方が、作業するときに使う業務用イヤホンのことで、通常のイヤホンよりも、音質に優れた作りになっています。今回は、そんなモニターイヤホンの選び方とおすすめの5機種を特集します。最近のモニターイヤホンは、業務用としてだけでなく、一般用途で使えるモデルも多く販売されているので、音楽を高音質で楽しみたい方におすすめですよ!

モニターイヤホンの特徴

モニターイヤホンとは

technology-1284299_640

ライブなどでアーティストの方が耳に装着しているイヤホンを皆さんも一度は見たことがあるのではないでしょうか? あのイヤホンは、いわゆるモニターイヤホンと呼ばれるもので、正確な音響の観測を行うために作られた、プロ向けの業務用イヤホンになります。

通常のイヤホンよりも、高解像度、高遮音性に優れた作りになっているので、音楽を編集する、オーディオエンジニアの方など多くの人が愛用中。モニターイヤホンと聞くと、業務用としてのイメージが強いですが、最近では、一般用途でも使えるモデルが数多く販売されています。プロ以外の方でも気軽に高音質サウンドが楽しめるようになりました。

通常のイヤホンよりも価格は高くなりますが、プロと同じ本格的な音が楽しめるので、音楽好きの方は、ぜひ押さえておきたいアイテムです。

装着方式で選ぶ

girl-869213_640

モニターイヤホンは、主にカナル型・インナーイヤー型の2タイプの装着方式になり、使う用途や環境によってチェックする製品が異なってきます。

それぞれの特徴として、カナル型は、イヤーチップを耳に差し込んで、密閉した状態で音を鳴らす耳栓タイプ。周囲の騒音が聞こえにくく、また、小さな音も良く聞き取れ、音質面で非常に優れています。

一方で、インナーイヤー型は、耳穴に浅く引っ掛けるように装着して使うので、カナル型よりも耳にしっかりとフィットし、装着感に優れています。そのため、音楽制作やDTM、高音質で音楽を楽しみたい方には「カナル型」。ステージライブや長時間音楽を楽しみたい方には「インアーイヤー型」がおすすめですよ。

駆動方式で選ぶ

earphones-791188_640

イヤホンには、音を鳴らすためのドライバーユニットを搭載しているのですが、その駆動方式によって、音質の特性に違いがあります。そのためモニターイヤホンを選ぶ際には、こちらもしっかりとチェックしてみて下さい。一般的には、ダイナミック型、バランスド・アーマチュア型、コンデンサ型の3つのタイプがあります。

ダイナミック型は、対応する周波数帯域が広く、低音から高音までを幅広くカバーできるのがポイント。エントリーモデルからハイエンドモデルまで、幅広いイヤホンに採用されているので、特に音質にこだわりがないのであれば、こちらのタイプのイヤホンがおすすめ。

バランスド・アーマチュア型は、中高音域の音の表現に優れており、音の解像度が高く鮮明に聞こえるため、音の聞き取りやすさで選びたい方におすすめ。

コンデンサ型は、専用のアンプを利用して音を鳴らすタイプになっているので、低音から高音まで、すべての音域に優れています。しかしながら、他のタイプのイヤホンと比べると、価格がかなり高いため、気軽に購入しずらいと言った弱点があります。

このように、それぞれの駆動方式によって、全く違ったイヤホンになるので、選ぶ際には参考にしてみて下さい。

イヤーピースで選ぶ

earphone-316753_640

モニターイヤホンを選ぶうえで、耳に直接触れるイヤーピースも非常に重要になってきます。一般的には、購入した時に付いてくるシリコンタイプのイヤーピースを使っている方が多いかと思います。

その他にも、遮音性に非常に優れた「トリプルフランジ型イヤーピース」、装着感、遮音性に非常に優れた「ポリウレタン製イヤーピース」、中低域の存在感が際立つ「ハイブリットイヤーピース」など、いろいろなタイプのイヤーピースがあります。音質にとことんこだわりたい方は、こちらも合わせてチェックしてみて下さい。

機能や装備で選ぶ

61DXstlOJZL._SL1500_

By: amazon.co.jp

同じような機能や価格で、どれを購入するか迷ったら、便利な機能や装備で選ぶのもアリです。例えば、ケーブルを取り外して交換できる、「リケーブル」や、11.1chの包み込むようなサラウンド音声を楽しめる「DTS Headphone:X」。

またはCDよりも高音質な音が楽しめる「ハイレゾ」など、いろいろな便利機能を搭載したモニターイヤホンがあるので、選ぶ際には参考にしてみて下さい。

おすすめのモニターイヤホン

シュア(SHURE) カナル型 高遮音性イヤホン SE215-CL-J

31piQFcSUoL

商品価格 ¥ 12,571

コストパフォーマンスに優れたモニターイヤホン。このイヤホンには、ダイナミック型MicroDriverを搭載しているので、従来のイヤホンとは一味違った温かみのあるディティールサウンドを楽しむことができます。なお、最大90%の騒音カット効果を持つイヤーパッドを採用。 通勤や通学、騒音の激しい場所でも、快適に音楽が楽しめます。

イヤホンのケーブルには、 耐久性のあるKevlar素材で作られた着脱式ケーブルを採用。簡単に交換やカスタマイズができるのもポイントです。これだけの高性能にも関わらず、1万円弱で購入できるので、安くて機能性に優れたモニターイヤホンが欲しい方に、おすすめ!

ソニー(SONY) カナル型イヤホン MDR-EX1000

31JNAox59QL

商品価格 ¥ 37,020

高い解像度が特徴的なモニターイヤホン。ソニーが販売するこのイヤホンには、大口径16mmドライバーユニットを採用しているので、従来のイヤホンよりも豊かな低音と伸びのある高音が楽しめます。

また、高いエネルギー効率を誇る、高磁力ネオジウムマグネットを採用。小型イヤホンにも関わらず、ヘッドホン並みのパワフルな低音を楽しめます。

なお、耳にあわせて高い装着安定性を実現した、フレキシブル・イヤー・ハンガーが男女耳の形を問わずに、誰でも快適に装着可能。付属に2種類の長さが違う着脱式コードあります。使う用途や環境に応じてコードを自由に使い分けられるのもポイント。

X JVCケンウッド(KENWOOD) WOODシリーズ HA-FX1100

41ai2L6EZuL

商品価格 ¥ 41,634

ウッドドーム振動板を採用したモニターイヤホン。木を用いた独自の音響テクノロジー「ウッドドームユニット」を採用しているので、一般的なイヤホンよりも重低音に優れた臨場感あふれる作りになっています。

また、ユニットの振動ロスを広帯域で低減する「アコースティックハイブリッドダンパー」を搭載しているので、低音だけでなく、中音・高音も解像度の高いクリアなサウンドで楽しむことができます。

なお、プラグ部分にはアルミスリーブ・アルミエンドを装着したL型プラグを採用。従来のイヤホンよりも、耐久性に優れた作りになっているのもおすすめポイント。

Bowers & Wilkins インイヤーヘッドホン C5S2

313WcMlTXoL

商品価格 ¥ 20,300

長時間装着しても疲れにくいモニターイヤホン。フィット性や装着感でモニターイヤホンを選ぶならこちらがおすすめ。メーカー独自の「セキュア・ループ構造」になっていて、まるで何も着けていないかのような感覚を味わうことができます。

また、9.2mmの新設計ダイナミック型ドライブユニットを採用しているので、パワフルな低音から、クリアな高音まで、幅広く楽しめるのもポイント。スマートフォンやタブレットで使えるコントロールケーブルが付属。音楽の再生・停止、音量調整なども、これ1台で手軽に操作が行えます。価格も2万円前後と比較的安価。

コストパフォーマンス重視の方にもおすすめのモニターイヤホンです。

シュア(SHURE) 高遮音性コンデンサー型イヤホンシステム KSE1500SYS-J-P

4187eZLCYLL

商品価格 ¥ 388,800

究極の音質が楽しめるモニターイヤホン。とことん音質にこだわりたい方には、こちらがおすすめです。こちらのモニターイヤホンはSHUREが7年もの開発期間を経て制作した世界初の「コンデンサー型高遮音性イヤホンシステム」を搭載しています。、まるでコンサートホールの最前列で聞いているかのような、圧倒的な臨場感を体験可能。

なお、軽量かつエルゴノミックな仕様ですので、装着していても疲れにくいです。長時間のリスニングに向き。付属する独自の高遮音イヤパッドは、最大37デシベルまで遮断することができます。騒音を気にする必要なく、どこでも快適に使用可能。

非の打ち所がない最高水準のモニターイヤホンですが、価格が40万円とかなり高額なため、手軽に購入しづらいのが難点ですね。