フルハイビジョンの上、4K。テレビの中に引き込まれるかのようなリアリティーをお探しではないですか? 4Kテレビは発売当時、誰でも手に入れられるような値段ではありませんでした。しかし、最近では10万円台の商品やそれ以下の4Kテレビも発売されており、手に入れやすくなりました。今回は、2016年におすすめできる4Kテレビを選び方を交えながら比較してきます。

2016年おすすめの4Kテレビ【パナソニック】

パナソニック(Panasonic) 49V型 4K 液晶テレビ VIERA TH-49CX800

9155g56BxhL._SL1500_

商品価格 ¥ 170,000

パナソニックのVIERAシリーズの4Kテレビ、CX800。高感度IPSパネルを採用し、上下左右170度の広い視野角で斜めから見ても明るく鮮やかな映像を表示するので、部屋の関係で正面から見ることができない方におすすめ。画面サイズは49/55/60インチ、HDR規格、4K映像配信サービスにも対応しています。

FireFox OSを搭載しており、TV番組や録画番組、ネット動画などの検索などの操作操作もラクラクです。

パナソニック(Panasonic) 40V型 4K 液晶テレビ VIERA TH-40DX600

71mH600iiDL._SL1279_

商品価格 ¥ 128,000

「4Kファインリマスターエンジン」を搭載しており、地デジやインターネット、ブルーレイなどさまざまなコンテンツを4Kにアップコンバート。鮮明な映像を楽しむことができます。ネットでの動画も楽しむことができ、YouTube(TM)などの4K動画も視聴可能。YouTubeをよく視聴する人などにもおすすめです。

また、外出先などでも録画番組が楽しめる機能など、便利機能も多彩。コスパに優れている4Kテレビです。こちらは40型の4Kテレビになるため、一人暮らしの人でも部屋に置くことができますね。

パナソニック(Panasonic) 43V型 4K 液晶テレビ VIERA 4K TH-43DX750

71vDPp7aSrL._SL1279_

商品価格 ¥ 161,949

上記、DX600のワンランク上の4KテレビDX750です。従来よりも純度の高い赤色蛍光体をLEDバックライトに採用したことで、今まで表現できなかった深みのある赤色を再現しています。HDR規格対応、178度視野角のIPSパネル、映り込みを抑えるパネルコート、4K映像配信サービスなどの機能も豊富。

また、リモコンにはマイクが内蔵されており、チャンネル変更や音量調整、再生・停止、電源ON/OFFなど音声で操作可能です。ラインナップは43/49/55インチ。価格のわりに高機能で、初めて4Kテレビを買う方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) 48V型 4K 液晶テレビ VIERA 4K TH-48AX700

91vFxixDsQL._SL1500_

商品価格 ¥ 149,800

動きの激しい映像の際でも繊細に映すために、「4Kフレームクリエーション」という技術を使用しています。そのため、スポーツ観戦などでも滑らかな映像を楽しむことが可能。家でスポーツ観戦をよくする人におすすめです。コンテンツも豊富で、テレビでゲームやショッピングも楽しめます。

VAパネル搭載の4Kテレビのため、ゲームなどをする人にもおすすめ。4Kの大迫力の画面でスピード感ある映像を楽しんでください。

2016年おすすめの4Kテレビ【シャープ】

シャープ(SHARP) AQUOS 4K 液晶テレビ 60V型 LC-60US40

81VYUC3R+6L._SL1500_

商品価格 ¥ 321,870

テレビを見る位置に合わせて、画面を動かすことのできる「スイーベルスタンド」を採用しています。そのため、食卓からでもソファからでもテレビを水平に置いて見ること可能です。こちらの4KテレビはHDR技術を使用しているため、リアルな映像を再現。臨場感あふれる映像を高画質で楽しむことができます。

また、こちらの4Kテレビは、別売りのココロビジョンプレーヤーと組み合わせることにより、Android TVアプリやインターネットの動画を簡単に視聴可能。Android使用の方は、別売りのプレーヤーを買って楽しんでみては?

シャープ(SHARP) 70V型 液晶テレビ AQUOS 4K NEXT LC-70XG35

81zr8yfuSnL._SL1500_

商品価格 ¥ 609,980

4Kを超える解像度8Kを実現したシャープのAQUOS XG35。ハイビジョン放送の16倍となる8K情報量の映像を作り出す世界初の技術を搭載、細部まで美しい映像を実現しています。低反射技術やHDR規格に対応。全面直下型LEDバックライト、3原色に黄色をプラスした4原色技術、4K映像配信サービス対応など豊富に機能を搭載しています。

サービスは他のAQUOSシリーズと同等のものに対応。70インチの画面サイズと8K対応ということで価格は少々高めですが、大きな画面で大迫力の映像を楽しむことができますよ。

2016年おすすめの4Kテレビ【東芝】

東芝(TOSHIBA) 49V型 デジタル4K対応 LED液晶テレビ REGZA 49G20X

61+Vlw9S8XL

商品価格 ¥ 138,600

全面直下型LEDバックライトを搭載した東芝のREGZAシリーズの4Kテレビ。パネル全面にLEDバックライトを配置し、これまで以上にリアルな精細感や豊かな色を再現しています。画面サイズは43/49/55インチ、HDR規格、4K映像配信サービスに対応。また、4K対応液晶テレビの各サイズで省エネを達成しており、電気代が気になる方におすすめです。

みるコレサービスで好きなタレントなど興味のあるテーマを登録することで、そのテーマに関する番組、出演シーンやCMなどまとめて見ることができますよ。

東芝(TOSHIBA) 58V型4K対応 LED液晶テレビ REGZA 58Z20X

31y9Nm7D4DL

商品価格 ¥ 288,230

4K放送チューナー内蔵の東芝のREGZAシリーズのHDR規格対応4Kテレビ。ラインナップは50/58/65インチで全面直下型LEDバックライトを搭載しています。パネル反射を低減したパネルや6144項目のデーターベースを参照し64色軸で自然な色を再現する機能などで、REGZA最高峰の輝きとコントラストを実現。機能面では放送済みの番組を見られる「タイムシフトマシン」などを搭載しており、機能も充実しています。

東芝(TOSHIBA) 50V型 4K 液晶テレビ REGZA 50Z10X

51bPqVWk58L

商品価格 ¥ 201,070

東芝の売れ筋フラッグシップモデル。他社との圧倒的な違いは4Kチューナーを内蔵していることです。4Kテレビを見るためのチューナーを別途購入する必要はありません。全面直下型LED採用で映像の細かい明るさ表現のコントロールが可能。全番組自動録画が出来る優れた録画機能も搭載しています。

東芝(TOSHIBA) 49V型 4K 液晶テレビ REGZA 49J10X

6117fzEc3mL

商品価格 ¥ 178,800

東芝の人気のスタンダード4Kモデル。こちらも全面直下型LED採用で映像の細かな明るさ調整に強みがあります。価格が安く、フルハイビジョンテレビの購入予定から振り上がる事例が多数。レグザリンクでネットワーク経由での使用感の高さと全番組自動録画可能で使い勝手も優れた製品です。初の4Kテレビ購入にもおすすめですよ。

東芝(TOSHIBA) 58V型 4K 液晶テレビ REGZA 58Z9X

31nqhcAIGJL

商品価格 ¥ 250,000

東芝独自のエンジンCEVO 4Kはテレビの処理速度を上げることにより、起動時間の短縮に操作性の向上。さらには映像処理においてまで効果があり、より繊細に高精細に。お馴染みのタイムシフトマシンも搭載しているので、テレビ番組の見逃しも起きません。「レグザパワーオーディオシステム」を採用しており、音質も向上。

クリアな音質と深みのある低音が楽しめます。映画鑑賞をテレビでする人にもおすすめです。

2016年おすすめの4Kテレビ【ソニー】

ソニー(SONY) デジタルハイビジョン液晶テレビ BRAVIA X9300C 55V型 KJ-55X9300C

31ZCu2o0jrL

商品価格 ¥ 258,427

4K放送対応チューナーを搭載したソニーの4Kテレビ、BRAVIAC X9300C。ラインナップは55インチと65インチ。地デジ/BS/CSチューナーに加えてスカパーの4K放送を受信するためのチューナーを搭載しているので、4K映像配信サービスも4K放送を楽しみたい方におすすめです。

動きの速い映像をくっきり再現する機能やハイレゾ音源に対応したスピーカー、HDR対応などの機能も充実しています。サービスではAndroid TV機能や音声検索、スマートフォンの動画をテレビで再生する機能を搭載しており、とても便利です。

ソニー(SONY) デジタルハイビジョン液晶テレビ BRAVIA X8000C 49V型 KJ-49X8000C

41KX2RVk9vL

商品価格 ¥ 146,190

4Kの画質をより美しくするために「X1」という4Kプロセッサーを搭載しています。それにより、ノイズや明るさ、解像度などを詳細に分析し、適切な画像処理を行うことが可能。いつも以上のリアリティー映像を楽しめます。また、多数の4K放送・チャンネルに対応しているため、高画質な映画からアニメまでを視聴できますよ。

外出時は、スマホと連動させればテレビ予約もできます。予約を忘れやすい人にとっては嬉しい機能です。値段も4Kテレビにしては、抑えめの価格帯。コスパ重視の人におすすめの4Kテレビです。

ソニー(SONY) 55V型 4K 液晶テレビ BRAVIA KD-55X9200B

31uZ2PRJTfL

商品価格 ¥ 399,990

ソニー製の65型の4Kテレビです。ソニー独自のシステムである「4K X-Reality PRO」という超解像度エンジンと、トリミナルディスプレイを備えた凄まじい画質を誇る4Kテレビです。一体何を見ればいいか分からないという人は、ぜひ映画を4K対応のブルーレイで視聴してください。良い意味で度肝を抜かれますよ。

2016年おすすめの4Kテレビ【エルジー】

エルジー(LG) 43V型4K対応液晶テレビ 43UF6900

31Ute92-9wL

商品価格 ¥ 67,980

エルジー独自の4K対応IPSパネルを搭載し、178度の視野角を実現。どの角度からでも画面の隅まで鮮明に表示します。また、シンプル操作で直感的なインターフェイスを備えたデジタルツールWebOS2.0を搭載しており、多彩なエンターテインメントを楽しめます。10万円以下の価格で手軽に4K映像を楽しみたい方におすすめ。

2016年おすすめの4Kテレビ【三菱電機】

三菱電機(MITSUBISHI) 58V型 4K 液晶テレビ HDD 2TB 搭載 REAL LCD-58LS1

31UTzU-VDPL

商品価格 ¥ 282,300

三菱製のREALブランドの4Kテレビになります。当然高精細、高画質で、レーザーバックライトを搭載することで次世代の色域規格を8割以上をカバー。特筆すべきはDIAMOND ENGINE 4Kというシステム。フルHDやブルーレイの映像も4K相当の画質で楽しむことができますよ。サウンドも5.1chサラウンドに対応しているため、迫力ある音質を体感可能。

テレビだけど、音はサラウンドで楽しみたい人におすすめです。

選び方・ポイント

ポイント1:HDR規格をチェック

pexels-photo-88737

HDRとは、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略で、従来のコンテンツではほとんどカットされていた明るさの情報を正しく再現する技術です。具体的には、映像の明部や暗部の輝度の記録幅を拡大し、正しく記録・伝送することで、映像の情報量をさらに向上させることができます。

2016年にはHDR規格対応の次世代ブルーレイ「Ultra HDブルーレイ」が発売される予定で、こちらもぜひともチェックしておきたいポイントです。

ポイント2:4K映像配信サービスをチャック

television-1226196_1280

現在の4Kテレビは現行のデジタル放送やブルーレイソフト、インターネット動画などを、4K映像に変換して楽しむことがメインになっていますが、どうせなら高画質の4K動画を楽しみたいものです。そのために、「NETFLIX」や「ひかりTV 4K」などの4K映像配信サービスに対応しているかチェックしましょう。

また、スカパーの4K放送を受信するチューナーを搭載している機種もあります。

ポイント3:機能をチェック

lessbrowsing

By: android.com

4Kテレビに限ったことではないですが、テレビにもスマートフォンと同じようにOSが搭載されるようになりました。「FireFox OS」、「AndroidTV」、「WebOS2.0」などがありますが、特に「AndroidTV」はAndroidスマートフォンと連携に優れています。

画質なども大事ですが、どのような機能があるかチェックしましょう。また、音声で操作できる機種などもあるので確認が必要です。