フルハイビジョンのさらに上の画質である、4K。テレビの中に引き込まれるかのようなリアリティーをお求めではないですか? 4Kテレビは発売当時、誰でも手に入れられるような値段ではありませんでした。

しかし、最近は4Kテレビも手の届く範囲に。10万円台のものやそれ以下の4Kテレビも発売され、以前に比べて手に入れやすくなっています。今回は、おすすめの4Kテレビを、選び方を交えながら比較してきます。

4Kテレビのおすすめメーカー【パナソニック】

パナソニック(Panasonic) 55V型 4K液晶テレビ ハイレゾ音源対応 VIERA TH-55DX850

51JsMo2yrFL

商品価格 ¥ 226,892

ハイレゾ対応のスピーカーを内蔵している、おすすめの4Kテレビです。ダイナミックサウンドシステムを搭載し、40kHz以上のハイレゾ再生を実現しています。スリムな横幅を維持しながら、高音質化しているのも見逃せないポイント。

パネルは倍速対応IPSアンチグレアタイプです。高輝度/広色域パネルと、LEDバックライトに新赤色蛍光体を採用し、赤色を中心に色再現性も高めました。また、HDR規格、4K映像配信サービスにも対応しています(3Dは非対応)。音で選ぶなら他と比較して最もおすすめな4Kテレビです。

パナソニック(Panasonic) 65V型 4K 液晶テレビ VIERA TH-65DX950

51OjdQxePdL

商品価格 ¥ 627,040

画質にこだわった、パナソニックの最高級4Kテレビシリーズです。独自の色再現技術ヘキサクロマドライブを進化。緻密な色域表現により、ビエラ史上最高画質を謳っています。

また、従来機AX900シリーズ比で、約4倍のエリア分割制御に対応したLEDバックライトシステム搭載。従来比約1.4倍の高輝度により、明るい部屋でもメリハリのある画質が魅力的。HDRへの対応はもちろん、国内初のUltra HD Premium認証も取得しています。

また、40Wの高出力スピーカーによる迫力のあるサウンドもおすすめポイントです。そして、各種機能も豊富に揃えています。Ultra HDブルーレイとの組み合わせとしてもおすすめです。

4Kテレビのおすすめメーカー【シャープ】

シャープ(SHARP) 45V型 4K 液晶テレビ AQUOS LC-45US40

41xu-Wk+OXL

商品価格 ¥ 108,921

コストパフォーマンスに優れたおすすめの4Kテレビです。ただ安さだけを求めると40型に限られてしまいますが、この4Kテレビは45型で10万円程度と絶妙なバランス。それでいて、4Kテレビに欲しい機能・性能を満たしています。

高コントラストで低反射のN-Blackパネルを搭載。映り込みの少なさがメリットです。省エネながら輝度を高めるリッチブライトネス技術も魅力的。また、オンキヨーとの共同開発による高音質スピーカーも見逃せません。

重低音再生専用のサブウーファーを含んだ2.1chシステムは、薄型とは思えない迫力。HDR、4K映像配信対応もしっかり押さえています。スタンド込みでコンパクトなのもグッド。従来の32~37型程度の置き換えとして、こちらの4Kテレビを使っても違和感がありません。

総合的に比較したお買い得さでおすすめの、4Kテレビです。

シャープ(SHARP) 50V型 4K 液晶テレビ AQUOS LC-50U40

317Zk2iPlqL

商品価格 ¥ 119,789

国内メーカーの他の4Kテレビと比べ、50型としては安価。HDRと各種4K映像配信サービスにも対応しています。オンキヨーと共同開発したバスレフスピーカーボックスにより、薄型らしからぬパワフルサウンドを再生可能です。

チューナーは地上・BS・110度CSデジタル×3。別売のUSB HDDを追加することで、2番組の同時録画が可能です。画面角度を左右に調節できるスイーベルスタンドも便利。できるだけ安価な大型4Kテレビが欲しい方におすすめです。

シャープ(SHARP) 55V型 AQUOS 4K 液晶テレビ LC-55XD45

71DW5Qi+7NL._SL1500_

商品価格 ¥ 281,000

シャープの高級4Kテレビです。直下型LEDバックライトと、LEDエリア駆動技術のメガコントラストを搭載。明暗の表現力を高めています。液晶パネルの反射を低減するN-Blackパネルも搭載。見やすさと、艶のある黒表現につながります。

ハイビジョン放送も高画質に4K変換が可能なAQUOS 4K-Master Engine PRO II映像エンジンもポイントです。これまでの映像素材もキレイに楽しめます。独立型スピーカーボックスによるAROUND SPEAKER SYSYTEMの高音質も見事。

HDR、各種4K映像配信に加え、3Dにも対応しています。深みのある映像と音声がおすすめな4Kテレビです。

4Kテレビのおすすめメーカー【東芝】

東芝(TOSHIBA) 40V型 4K対応 LED液晶テレビ REGZA 40M500X

51JLwaHFhLL

商品価格 ¥ 87,929

国内メーカー製4Kテレビとしては最も安価。ベーシック機ながら、4Kテレビの画質面でのメリットを十分に享受できる高品位設計が魅力的です。また、高画質映像処理エンジン4KレグザエンジンHDRを採用し、4Kも従来素材もキレイに見せてくれます。

HDR、各種4K配信にも対応しています。さらに、ゲームに適した低遅延性もしっかり装備。地上/BS/110度CSデジタル×3基のチューナーも録画用に便利です。

エッジ型LEDバックライトパネルのVA方式により、コストを抑えた作り。やや視野角にシビアですが、コストパフォーマンスは最高です。4Kテレビ初心者におすすめ。

東芝(TOSHIBA) 49V型 4K対応 LED液晶テレビ REGZA 49Z700X

513b10RB2yL

商品価格 ¥ 162,000

内容が充実した東芝ミドルクラス4Kテレビ。輝かしさと引き締まった黒を表現できる、エリアコントロール型全面直下LEDバックライトを搭載しています。上下左右178度広視野角IPS方式パネルも、下位モデルと差をつけているポイント。

最上位モデルと同等の映像処理エンジン、4KレグザエンジンHDR PROによる高解像度とハイコントラストも見事。もちろん、HDR、各種4K配信にも対応しています。

地デジ番組を遡って録画できる、お馴染みのタイムシフトマシン機能を搭載。さらに、番組を見ながら他にも最大6ch分も同時に見られる、まるごとチャンネルも新たに加えました。テレビ番組を楽しみ倒したい方におすすめの4Kテレビです。

東芝(TOSHIBA) 50V液晶テレビ 4K-REGZA 50Z810X

319NHSClnPL

商品価格 ¥ 395,045

東芝の2017年液晶4Kテレビ最高級機です。LEDの点灯値を従来の2倍のきめ細かさで制御する、新開発の直下型LEDハイブリッドエリアコントロール機能を搭載。黒の微細な表現力をさらにアップさせました。

また、新開発の映像エンジンであるレグザエンジンBeauty PROによる、解像度とナチュラルさを両立した圧倒的な高画質も魅力的。液晶の存在感を示せる高品位4Kテレビとしておすすめです。

肌色や階調の滑らかさ、輝度の高さが優れています。テレビ番組を、明るい部屋で高画質に楽しみたい方にもおすすめの4Kテレビ。

東芝(TOSHIBA) 65インチ 4K有機EL REGZA 65X910

4904550968116

商品価格 ¥ 971,870

東芝初の有機ELパネル搭載4Kテレビです。新開発の映像エンジンOLEDレグザエンジン Beauty Proにより、圧倒的な没入感の高画質が楽しめます。薄い画面だけがまるで浮遊しているような、ラウンジデザインコンセプトも見事。

黒の締まりの高さによるハイコントラストで、有機ELは優れています。部屋を暗くして映画を楽しみたい方にもおすすめな4Kテレビです。高級テレビとしてHDR、4K配信対応のほか、機能・装備も充実しています。

4Kテレビのおすすめメーカー【ソニー】

ソニー(SONY) 55V型 4K液晶テレビ BRAVIA KJ-55X8500D

31EABXyPuLL

商品価格 ¥ 176,500

ソニーの4Kテレビ2016年モデルのミドル機です。上位機種との違いは、薄さと音質へのこだわり。つまり、ミドル機の画質面は上位機とほぼ同等なので、画質重視の方にとっては、コストパフォーマンスが高くおすすめです。

精細感・色彩・コントラストを大幅にアップできる映像プロセッサーX1、従来映像も4Kに変換する超解像エンジン4K X-Reality PRO、色彩を豊かに再現できる広色域技術トリルミナスディスプレイを上位同様に備えています。

ソニー最新の高画質を存分に堪能できる4Kテレビです。もちろん、HDR、4K配信対応にも対応しています。

ソニー(SONY) 65V型 4K対応 LED液晶テレビ BRAVIA KJ-65X9300D

31aJ-6E6VkL

商品価格 ¥ 398,000

薄型化と高画質を両立した4Kテレビです。薄型化に有利なエッジ型LEDバックライトをあえて採用。そこに、HDR信号を最大限に生かせる、薄型バックライト技術Slim Backlight Driveを新開発しました。

高コントラスト技術X-tended Dynamic Range PROも加わった画質は圧巻です。これにより、高輝度・高コントラストと薄型で、スタイリッシュなデザインを両立。65型の大画面でも簡単に壁掛けできます。

テレビの存在感を打ち消しながらも、高画質に映し出します。インテリアにマッチする4Kテレビとしておすすめです。

ソニー(SONY) 49V型 4K対応 LED液晶テレビ BRAVIA KJ-49X7000D

31b8WkrHWML

商品価格 ¥ 116,770

ソニーの4Kテレビでは最もリーズナブル。映像プロセッサーX1、広色域技術トリルミナスディスプレイ、倍速機能を省くことで低価格を実現しました。それでいて、その他の技術・機能は上位と同等です。

HDR、4K配信対応に加え、Android TVもしっかり装備します。スカパー4Kチューナーも搭載。利便性に不足はありません。肝心の画質も50型以内であれば、それほど違いは出ず、十分なレベルです。

49型の4Kテレビが11万円台で買えるのは大きな魅力です。最初の4Kテレビとしておすすめします。

ソニー(SONY) 43V型 4K対応 LED液晶テレビ BRAVIA KJ-43X8300D

31tAstMFlDL

商品価格 ¥ 130,800

ソニーとして2番目にリーズナブルなシリーズの4Kテレビです。エッジ型LEDバックライトとして、映像プロセッサーX1を省いています。逆に言うと、これ以外はほぼ上位と同等の画質内容です。広色域技術トリルミナスディスプレイ、倍速機能はしっかり装備しています。

特に、スポーツのような動きの激しい素材では、残像感を抑えられる倍速機能は効果大。機能も上位同様に満載です。価格も43型ながら11万円台と、かなりお得。こちらの4Kテレビは、画質・機能・価格のバランスがよく、大いにおすすめです。

ソニー(SONY) 75V型 4K対応 LED液晶テレビ BRAVIA KJ-75Z9D

00000003497906_A03

商品価格 ¥ 1,036,000

ソニーの最高級4K液晶テレビ。新開発のBacklight Master Driveが最大の特徴です。パネル背面に敷き詰めたLEDバックライトが、1つひとつ独立して駆動し、より細かい範囲で明暗を表現。これまでの液晶ではできなかった高コントラスト、高輝度を実現しました。

従来のX1と比べて約1.4倍の処理速度を持つ4K高画質プロセッサーX1 Extremeや、各種アップコンバーターのSuper Bit Mapping 4K HDRも新機能で見逃せません。

100万円台と高価ですが、実は上位の100型は一気に700万円に跳ね上がります。そう考えると、非常にお買い得かもしれません。現在最高画質の液晶テレビを体験したいなら真っ先におすすめの4Kテレビです。

4Kテレビのおすすめメーカー【エルジー】

エルジー(LG) 55V型4K対応液晶テレビ 55UH6500

31wXRdtOpyL

商品価格 ¥ 100,808

55型の4Kテレビとしては安価でおすすめ。それでいてHDR、各種4K配信にしっかり対応しています。画質エンジンにUHD Mastering Engine、倍速機能に2倍速相当のTruMotion 120を搭載しており、十分な内容です。

しかも、178度の広い視野角を持つ独自のIPS 4K液晶パネルを装備しています。気になる遅延への対応も、ゲームモードにて解決可能。別売りのマジックリモコンを用意すれば、豊富な機能を簡単に使いこなせるのもポイント。

できるだけ少ない予算で、55型の4Kテレビが欲しいという方におすすめです。

エルジー(LG) 55V型 4K液晶テレビ エッジ型LEDバックライト 55UH7700

51QNFJ0rhsL

商品価格 ¥ 152,549

ドルビービジョンに対応するのが最大の特徴である4Kテレビ。映像の明暗部の輝度を拡張する新たなHDR規格、つまり、従来HDRの上級版です。再生には映像・機器側双方の対応が必須です。既に一部の4K配信では対応しており、今後は機器側の普及が見込まれます。

エルジーはいち早く対応し、先進的な映像愛好家から熱い視線を受けています。一般的な映像をHDR画質へと近づけるHDR Effect機能も付属しています。ドルビービジョン素材を見られる方におすすめの4Kテレビです。

エルジー(LG) 55V型 4K対応有機ELテレビ OLED 55B6P

31-eHkOVljL

商品価格 ¥ 269,477

エルジーの有機EL4Kテレビのスタンダード機です。有機ELテレビを得意とするエルジーならではコストパフォーマンスの高さが光ります。ダイナミックレンジ20Stopsに及ぶ自発光ディスプレイの搭載により、液晶にはない純度の高い「黒」を表現。

ドルビービジョンに加え、Ultra HD Premiumといった次世代HDR規格にも対応しました。輝度・色彩・コントラスト・ディテールの全てで従来を凌駕。肉眼で見る世界に近い映像を映し出します。

特に、映画でのリアリティー・立体感は液晶との差を見せつけます。新時代の高画質をなるべく手軽に味わいたい方におすすめの4Kテレビです。

エルジー(LG) 55V型 3D対応 4K対応有機ELテレビ OLED 55C6P

31nvTPDF+cL

商品価格 ¥ 357,695

有機ELパネルによる新世代の高画質を存分に堪能できる4Kテレビです。液晶のようなバックライト分割によるダイナミックレンジ拡大ではなく、画素ごとに輝度を調整可能な有機ELパネルは、より高いHDR画質向上効果が期待できます。

夜景における漆黒から、煌びやかな街の明かりまで、グラデーション表現は圧巻です。スタイリッシュな曲面デザインにもため息がでます。画質でも佇まいでも先進性を味わいたい方におすすめの4Kテレビです。

エルジー(LG) 4K対応有機ELテレビ OLED 77G6P

m07

By: lg.com

商品価格 ¥ 3,237,840

エルジーテレビ史上最大かつ、有機ELテレビで世界最大サイズの4Kテレビです。LGがこれまで培った高画質技術も総動員しています。映像エンジンはOLED Mastering Engineで、従来映像もHDRに近づけて表現するHDR Effect機能も搭載。

また、10bitパネルと3D Color Mapping技術もハイコントラスト化に貢献しています。HDR規格は、ドルビービジョンとHDR10に対応するハイスペック。最薄部は8.4mmという薄さで壁掛け対応しています。狭フレーム設計のスタイリッシュさも見事です。

さすがに高価ですが、最高の映像美と没入感を得たいならおすすめ。一度見たらもう後戻りはできないでしょう。

4Kテレビのおすすめメーカー【三菱電機】

三菱電機(MITSUBISHI) 65V型 4K対応レーザー液晶テレビ REAL LCD-65LS3

31lI44ACBZL

商品価格 ¥ 430,627

独自のレーザーバックライトを採用しているのが特徴の4Kテレビ。次世代映像規格BT.2020において、カバー率約85%を達成しました。これは他の4Kテレビと比較しても、極めて優秀です。実際に目で見るのに限りなく近い、色と光の織り成す美しさを映し出します。

独自の超解像処理で、4Kに変換するDIAMOND ENGINE 4Kにより、従来映像もキレイです。倍速駆動パネルに加えて、4倍速(240コマ/秒)相当の動画を再生可能な「DIAMOND Scan 240」による滑らかな動きも見逃せません。

さらに、往年のスピーカーブランド「DIATONE」仕込みの高音質スピーカーも搭載。自然と迫力を両立したサウンドもおすすめポイントです。

4Kテレビとは

91zJwoyQV-L._SL1500_

By: amazon.co.jp

4Kテレビとは従来のフルハイビジョンテレビ(HD:1920×1080画素)と比べ、4倍も高精細な画像(3840×2160)が楽しめる次世代高画質テレビです。これまでより圧倒的に緻密な画質が特徴。

50型を超えるような大画面を近くで見ても、HDテレビのように画素の粒々感が気になりません。それだけに、4K画質の性能は大型テレビでこそ生かされます。

これまでは高価格だったのもあり、普及は進んでいませんでした。しかし、2016年以降、一気に低価格化。10万円を切る製品も出ています。パネル素材は従来からの液晶が主流ながら、次世代素材の有機EL製品も出始めていて、「4K」だけで選べない時代に。

映像側の4K事情

41Ak8oU0TcL

By: amazon.co.jp

4Kテレビの高画質をフルに生かすには、映像側も4Kが欲しいところ。2017年、4K映像は放送波ではCSでのスカパー! があります、その他、ケーブルテレビ、ネット配信も。今後はBSでの放送も始まる予定です。メディアでは次世代ブルーレイであるUltra HDブルーレイが発売開始。

現実的には4K映像はまだ身近ではなく、従来のHD素材を4K変換して楽しむのがメイン。ただ、2020年の東京オリンピックを4K放送、配信で身近に楽しむための環境整備も進んでいます。これからテレビを買うなら4Kが大いにおすすめです。

4Kテレビの選び方

ポイント1:HDR規格をチェック

pexels-photo-88737

HDRとは、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略。従来のコンテンツではほとんどカットされていた、明るさの情報を正しく再現する技術です。

映像の明部や暗部の輝度の記録幅を拡大し、正しく記録・伝送することで、映像の情報量をさらに向上さられます。

2016年にはHDR規格対応のUltra HDブルーレイが発売されました。こちらもぜひともチェックしておきたいポイントです。

ポイント2:4K映像配信サービスをチェック

41Udq0SoCJL

By: amazon.co.jp

現在の4Kテレビは現行のデジタル放送やブルーレイソフト、インターネット動画などを、4K映像に変換して楽しむことがメインになっていますが、どうせなら高画質の4K動画を楽しみたいものです。

そのために、「NETFLIX」や「ひかりTV 4K」などの4K映像配信サービスに対応しているかチェックしましょう。また、スカパーの4K放送を受信するチューナーを搭載している機種もあります。

ポイント3:機能をチェック

lessbrowsing

By: android.com

4Kテレビに限ったことではないですが、テレビにもスマートフォンと同じようにOSが搭載されるようになりました。「FireFox OS」、「AndroidTV」、「WebOS2.0」などがありますが、特に「AndroidTV」はAndroidスマートフォンと連携に優れています。

画質なども大事ですが、どのような機能があるかチェックしましょう。また、音声で操作できる機種などもあるので確認が必要です。

4Kテレビの人気メーカー

国内メーカーでは東芝が筆頭

61zFDHXv+pL

By: amazon.co.jp

国内メーカーでは4Kテレビに力を入れ、ラインナップも充実しているのは東芝・ソニー・パナソニック・シャープです。そして、この中では東芝がおすすめ。

伝統的に画質回路が優れている、基本性能の高さが理由です。また、国内メーカーとしては安価な製品を擁していることも一因です。

パナソニックは他メーカーと比較して、内容と価格のバランスのよさがおすすめです。自社製レコーダーとの組み合わせでの便利さもポイントです。

ソニーは先進的な画質回路、多機能が売り。少々高くても高性能第一、という方におすすめです。しかし、安価な機種も出し始めたのも見逃せません。

海外メーカーではエルジー

51ZYEFUOj6L

By: amazon.co.jp

海外メーカーでは韓国・エルジーの存在感が増しています。次世代テレビの中心的存在と見込まれる「有機EL」パネル(OLED)を大規模に生産・供給しているのが現時点ではエルジーだけだからです。

ソニー、パナソニックといった国内メーカーは、エルジーからパネルを買って有機ELの4Kテレビを販売しています。また、エルジーは従来型の4K液晶テレビでも比較的低価格な点でおすすめです。