趣味で楽しんでいる方が多い「釣り」。淡水・海水を問わずフィールドに持っていくアイテムが多いなかで、あると便利な道具がクーラーボックスです。特に釣った魚を持ち帰るため際には、保冷力の高い製品が求められます。そこで、釣り用としておすすめのクーラーボックスをご紹介します。

釣り用クーラーボックスの特長

By: amazon.co.jp

釣り用のクーラーボックスに使われている断熱材は主に3タイプあり、それぞれに特長があります。まずは、断熱材による違いを確認しておきましょう。

真空断熱パネル

保冷力に優れているのは、真空断熱パネルを採用したクーラーボックスです。これは、内部を真空にすることで外部からの熱をクーラーボックス内部に伝えにくくする構造となっています。

医療機関でも使われるほどの保冷力がありますが、重量があることや高価なことがデメリット。とはいえ、保冷力にこだわる方にはおすすめです。

発泡ウレタン

一般的なクーラーボックスに使われている断熱材が発泡ウレタンです。キャンプ用として利用されているクーラーボックスも同素材を採用したものが多くリリースされています。

真空断熱パネルほどではありませんが、安定した保冷力を持つ断熱材で、価格帯は1万円前後が目安。汎用性の高いクーラーボックスを探している方におすすめです。

発泡スチロール

リーズナブルなクーラーボックスに採用されている断熱材が発泡スチロール。保冷力は他の断熱材より劣りますが、低価格帯なのでニーズが高いのも事実です。

ある程度の厚みのある発泡スチロールを使用しているクーラーボックスや蓋の部分にテープを巻くなどして密閉性を高めて使用すれば、釣り用としても十分使えます。なお、耐久性に欠けるため長期使用は期待できない点は留意しておきましょう。

釣り用クーラーボックスの選び方

By: amazon.co.jp

釣りにはさまざまなスタイルがあり、釣り場や道具によって大きさが変わってきます。そのため、用途に合わせて使用するクーラーボックスのサイズ、重量、容量を考慮して選ぶことが大切です。

フィールドに合わせてサイズを選ぶ

初めてクーラーボックスを買う場合におすすめのサイズは、20~30Lサイズのモノ。釣った魚はもちろん、エサや自身が釣行中に飲むドリンクなどの収納も考慮すると、まずはこのサイズを目安として必要に応じて買い揃えていくことがおすすめです。

ポイントを頻繁に変えるフォールドで釣りをするならば、5~10Lとコンパクトサイズのクーラーボックスもおすすめ。このサイズのクーラーボックスは移動時の持ち運びもラクため、フットワーク重視の方や最低限の軽装で釣りをしたい方は購入候補として検討の余地アリです。

乗船して沖に出る釣りの場合は、40~50Lある大容量のクーラーボックスがおすすめ。このサイズのクーラーボックスは重量があるためキャスターが装備されているものを選ぶこともポイントです。

クーラーボックスの重量もチェック

クーラーボックス選びで、次に気をつけたいのが重量。保冷力を高い釣り用のクーラーボックスは製品自体が重いことが懸念されるので、重量チェックは購入する前に行っておきましょう。

容量は釣りたい対象を考慮

クーラーボックスには、保冷のための断熱材が入れてあるため、外寸サイズと内寸サイズの差が大きいものもあります。30Lと表記されていても、細長い形状のクーラーボックスと高さのあるクーラーボックスとでは、釣りたい対象によってサイズが変わってきます。クーラーボックスを購入する際には、リットル表示の容量の他に内寸のサイズも確認することをおすすめします。

釣り用クーラーボックスのおすすめモデル

シマノ(SHIMANO) フィクセル プレミアム 300

商品価格 ¥ 36,223

底面と側面の一体型3面真空断熱パネルを採用した保冷力の高いクーラーボックス。手軽に開閉できるレバー方式を採用したフタは、便利な自動ロック機構でフォールドに持ち込んたドリンクはもちろん、保存状態が気になるエサの取り出しなどもスピーディーに対応できます。

また、ワンアクション水栓で水抜きも容易。壊れにくい耐荷重設計で大人が座っても問題ありません。高品質なクーラーボックスに探している方におすすめです。

ダイワ(Daiwa) クールラインαII GU2000 レッド

商品価格 ¥ 10,380

気軽に楽しむ堤防釣りから乗り合い船の釣りまで柔軟に対応できる高機能のクーラーボックス。本製品のGUシリーズは、発泡ウレタンを採用しており、軽さと保冷力を重視したモデルです。

丸ごと外して洗える両開きの上フタは使い勝手が良好。また、リブ補強で耐久性も高めています。また、板氷や500mlのペットボトルも収納可能な万能タイプで肩ベルトも付属。持ち運びに便利なモデルです。

イエティ(YETI) ローディ 20qt

商品価格 ¥ 40,800

激流にも耐えると謳う「ローテーショナルモールド(回転成形工法)」を採用したクーラーボックス。5cm厚の断熱材や高い密閉性によって、安心感の高い保冷力が特長です。

また、耐衝撃性も高く、沖合の過酷なフィールドでの釣行などにも対応可能。また、長期使用を想定している方もおすすめです。ラインナップ製品は9種類のサイズバリエーションがあるのもポイント。高価格帯ではありますが、とにかく耐久性の高いクーラーボックスを求めている方は購入候補です。

コールマン(Coleman) エスキー 55QT ホワイト

商品価格 ¥ 42,984

人気アウトドアブランドの「コールマン」がリリースするクーラーボックス。フタと底部分は6.5cm、壁部分は5cmの発泡ウレタン断熱材を採用して、高い保冷力があるのが特長です。

また、ボディにはUV加工が施され、紫外線による劣化や内部の温度上昇を防止するのに役立ちます。なお、開閉部分がしっかりロックできたり、底面には滑り止め防止のラバーが採用されていたりと細部に至るまで考慮されているのもポイント。機能が充実したハイエンドクラスのクーラーボックスです。

ダイワ(Daiwa) トランク大将Ⅱ SU 5000X

商品価格 ¥ 35,800

大容量のクーラーボックス。釣り船内でも安定する滑り止めラバーを底部に配置しているほか、移動に便利なサイドハンドルや静音設計のキャスターが搭載されているのが特長です。

また、冷気を逃さず大型の魚も投入可能な投入口を採用。本体内部には抗菌材を配合しており、長時間の釣りでも清潔をキープできます。使い勝手が考慮されたおすすめのクーラーボックスです。

秀和(SHUWA) ウレタンクーラー UL900VX

商品価格 ¥ 11,558

「高密度オートフロスウレタン」によって、しっかりと保冷力をキープするクーラーボックス。フタには変形しにくいABS樹脂、本体部分には耐衝撃性に優れたP.P.樹脂を採用することによって密閉度や耐久性が高いのも特長です。

また、劣化しにくい幅広で肉厚なEVAパッキンを使用することで外気の侵入も遮断。比較的リーズナブルなクーラーボックスを探している方におすすめです。