個性的なデザインが楽しめる「ダメージジーンズ」は、コーディネートにアクセントを加えたい方にぴったりのアイテムです。さまざまな手法を駆使したダメージ加工は、同じ製品でも雰囲気に違いが現れます。

今回は、ダメージジーンズのおすすめブランドをご紹介。ヴィンテージ感の漂うおしゃれなアイテムの数々を、ぜひチェックしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

ダメージジーンズとは?

By: rakuten.co.jp

ダメージジーンズとは、デザインとして意図的に傷加工をほどこしたジーンズを指します。コーディネートをカジュアルダウンできるアイテムなので、ラフでワイルドな印象を与えるのにぴったりです。

ダメージ加工をしたうえで、洗いをかけたり特殊な薬品で色落ちをほどこしたりしたモデルなど、多種多様なデザインが存在します。各ブランドからさまざまな加工をほどこしたジーンズが販売されており、製品ごとに個体差のある独特なディテールが楽しめるのも魅力です。

ダメージジーンズの選び方

シルエットで選ぶ

スリム

By: amazon.co.jp

脚のラインにすっきりとフィットするスリムシルエットのジーンズは、きれいめなコーディネートが好きな方にぴったりです。大きめサイズのトップスと合わせると、トレンド感のあるメリハリの効いたコーディネートが完成します。

穿き心地にもこだわりたい方は、ストレッチ素材を配合したアイテムがおすすめです。機能性やこだわりに応じてチェックしてみてください。

ストレート

By: levi.jp

ストレートシルエットのダメージジーンズは、普段のコーディネートに取り入れるだけで、簡単に個性を演出できるのがポイント。幅広いスタイリングで着回しできるので、1枚あると重宝します。

スニーカーはもちろん、レザーシューズとの相性も良好。裾をロールアップして、バランスを整えての着用もおすすめです。

ダメージの度合いで選ぶ

By: edwin-mall.jp

自身に似合うダメージジーンズを選ぶために気をつけて確認しておきたいのが、ダメージの度合いです。

肌が見えるような、大きなクラッシュ加工がほどこされたモデルは、インパクトがありカジュアルコーディネートの主役にぴったり。控えめなダメージ加工のモデルは、ラフさに加えてきれいめな雰囲気を演出できるのがポイントです。

ダメージの度合いで雰囲気が大きく変わるので、求める印象に合わせて選んでみてください。

ダメージジーンズのおすすめブランド

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans)

「ヌーディージーンズ」は、2001年に誕生したスウェーデンのデニムブランド。「第二の肌」を掲げており、多くのデニムにオーガニックコットン100%を採用していることでも知られています。

流行に左右されないヴィンテージライクなダメージジーンズを豊富にラインナップ。さりげないおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) Thin Finn Martin Replica 3

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) Thin Finn Martin Replica 3

さまざまなユーズド加工がほどこされた表情豊かなダメージジーンズです。実際に穿き込んだデニムをベースに製作されたモデルで、ヴィンテージ感のあるルックスが魅力です。足のラインがきれいに見えるスリムなシルエットで、すっきりとした着こなしを楽しめます。

また、ストレッチが効いているので、快適に着用できるのもおすすめポイント。アクティブに活動する休日シーンにも適しています。ビッグシルエットのトップスと合わせても、好バランスな着こなしに仕上がりやすいおすすめのダメージジーンズです。

ヌーディージーンズのダメージジーンズを探す

エドウイン(EDWIN)

「エドウイン」は、「EDWIN503」や「EDWIN505」などのジーンズでも知られる日本のデニムブランドです。日本人の体型に合った穿き心地のよいデニムを手掛けており、幅広い男女から支持を得ています。

ダメージジーンズの種類も豊富にラインナップしているのが魅力。古着ファッションやストリートコーデを好む方にもおすすめです。

エドウイン(EDWIN) BOROBORO BLUES バギー デニムパンツ ダメージ ワイド

太もも部分のクラッシュが目を引くエドウインのダメージジーンズ。コットン100%の厚みのあるデニム生地に、ユーズド加工をほどこしたインパクトのある1本です。存在感のあるルックスで、コーデのメインとしても活躍します。

裾にかけてテーパードを効かせたワイドなシルエットも特徴です。股上が深いため、トップスをフロントインしたスタイルに仕上げてもおしゃれに決まります。シンプルなTシャツと組み合わせるだけで、鮮度の高い着こなしを楽しめるおすすめのダメージジーンズです。

エドウインのダメージジーンズを探す

リーバイス(LEVI’S)

「リーバイス」は、アメリカに本社を構える老舗のデニムブランド。世界で初めてデニムジーンズを生産したことでも有名で、創業当初は金鉱で働く人々の声に耳を傾け、ワークパンツを提供していました。

ダメージジーンズは、デザイン性に優れたモノや長く愛用できる丈夫なモノなどをラインナップ。さまざまなモデルから選びたい方におすすめです。

リーバイス(LEVI’S) 501 ジーンズ ライトインディゴ LOVER’S BALL DX

リーバイス(LEVI'S) 501 ジーンズ ライトインディゴ LOVER'S BALL DX

リーバイスの人気モデル「501」シリーズのダメージジーンズ。ベーシックなストレートシルエットで、合わせるアイテム次第で幅広い着こなしを楽しめます。爽やかな印象を与えるライトブルーで、カジュアルに穿けるのが魅力です。

素材は、耐久性の高いコットン100%を採用。コーデに軽やかさをプラスしたいときにも重宝します。太ももやひざ周辺にほどこされたリペアやダメージ加工もデザインのアクセントに。ハードすぎないダメージジーンズを求める方にもおすすめです。

リーバイスのダメージジーンズを探す

リー(Lee)

1899年にアメリカでスタートした「リー」。世界で初めてジッパーフライジーンズを手掛けたことでも有名なデニムブランドで、国内外問わず人気なのが特徴です。

デザイン性はもちろん、品質の高さにもこだわったダメージジーンズをラインナップしているのが魅力。トレンドライクな着こなしを楽しみたい方にもおすすめです。

リー(Lee) AMERICAN RIDERS 101Z ストレートジーンズ

リー(Lee) AMERICAN RIDERS 101Z ストレートジーンズ

品質の高いメイドインジャパンのダメージジーンズです。クラッシュ加工をポイントに効かせた無骨なデザインが魅力。太すぎず細すぎない絶妙なサイズ感で、ラフなTシャツやパーカーと合わせるだけでこなれ感のあるスタイルに仕上がります。

バックスタイルには、逆つり鐘型のポケットやブランドタグを配備。色落ち感のあるライトブルーの色味で、コーデに明るさをプラスしたいときにもぴったりです。いつものデニムスタイルをアップデートしたい方は、チェックしてみてください。

リーのダメージジーンズを探す

ディーゼル(DIESEL)

「ディーゼル」は、1978年にイタリア北東部でスタートしたプレミアムカジュアルブランド。デニムウェアをはじめ、バッグ・シューズ・アクセサリー・時計・フレグランスなどのさまざまな製品を販売しています。

ファッショナブルかつ機能性の高いダメージジーンズが豊富で、穿き心地のよさを重視する方にもおすすめです。

ディーゼル(DIESEL) メンズ デニム スリム 2060 D-STRUKT JOGG

ディーゼル(DIESEL) メンズ デニム スリム 2060 D-STRUKT JOGG

長年穿き込んだかのような風合いが魅力のダメージジーンズです。ナチュラルなヒゲ加工やクラッシュ加工がほどこされた大人の男性にもおすすめのデザイン。比較的タイトなシルエットで、きれいめカジュアルにもマッチします。

ウエスト部分には、エラスティックバンドが使用されているのも特徴です。ストレッチも効いているため、ラクな穿き心地で快適に過ごせます。旬なスポーツミックスコーデを好む方にもおすすめのダメージジーンズです。

ディーゼルのダメージジーンズを探す

ギャップ(GAP)

1969年にアメリカで誕生した「ギャップ」。創業当時はジーンズ専門店としてスタートし、現在ではウェアやアクセサリー・キッズ服までトータルで展開しているのがポイントです。

手持ちのアイテムに合わせやすい、ベーシックなデザインが充実しているのも特徴。デイリーコーデに活躍するダメージジーンズを求める方にもおすすめです。

ギャップ(GAP) オーガニックコットン 90s ルーズフィット デニム

ギャップ(GAP) オーガニックコットン 90s ルーズフィット デニム

ほどよいゆとりのあるシルエットが魅力的なダメージジーンズ。リラックス感を演出できる長めの丈感で、大人の休日スタイルにもぴったりです。ひざにほどこされたクラッシュ加工が、デザインのアクセントになっています。

素材には、オーガニックコットン100%を採用。穿けば穿き込むほどに風合いが増していくので、エイジングも楽しめます。スニーカーを合わせてカジュアルに着こなしたり、モカシンシューズできれいめに仕上げたりと、コーディネート次第で自分好みのスタイルにアレンジできるのでおすすめです。

ギャップのダメージジーンズを探す

アベイシングエイプ(A BATHING APE)

1993年に日本で設立された「アベイシングエイプ」。映画「猿の惑星」から着想を得たロゴが印象的なファッションブランドで、ストリートファッションが好きな方からの支持を得ているのが特徴です。

アベイシングエイプのダメージジーンズは個性的なデザインのモノが多く、周りと差がつくアイテムを求める方にも向いています。

アベイシングエイプ(A BATHING APE) BAPE HEXAGRAM LASER DESTROY DENIM PANTS

アベイシングエイプ(A BATHING APE) BAPE HEXAGRAM LASER DESTROY DENIM PANTS

全体にレタリングロゴを配したダメージジーンズ。クラッシュ加工をポイントに効かせることで、ヴィンテージライクな佇まいに仕上げられています。ややゆとりのあるストレートシルエットで、ラフ感を演出できるのも魅力です。

バックポケットには、星型のプリントがほどこされているのも特徴。サイドポケットやコインポケットも備わっているため、小銭や小物を入れるのにも重宝します。個性が引き立つダメージジーンズを求める方におすすめです。

アベイシングエイプのダメージジーンズを探す

エクストララージ(XLARGE)

1991年にアメリカで創業された「エクストララージ」。ゴリラのロゴマークで知られるファッションブランドで、ユニセックスで着用できるストリートウェアを展開しています。

ダメージジーンズは、ブランドの個性が光るエッジの効いたデザインが特徴。ラフ感を演出できるダメージジーンズを求める方におすすめです。

エクストララージ(XLARGE) OG DENIM PANTS

エクストララージ(XLARGE) OG DENIM PANTS

アイコニックなブランドロゴがバッグポケットにあしらわれたダメージジーンズ。爽やかな印象を与えるライトインディゴブルーは、ダークカラーのトップスとも相性がよく大人カジュアルにもマッチします。

トレンドに左右されないスタンダードなシルエットで、長く愛用できるのもおすすめポイントです。ユーズド感がありながらハードすぎないデザインで、初めてダメージジーンズを着用する方にも適しています。

エクストララージのダメージジーンズを探す

ディースクエアード(DSQUARED2)

「ディースクエアード」は、カナダ出身の双子の兄弟が立ち上げたイタリア発のファッションブランド。メンズ・レディース共にアパレルからバッグ・シューズまで幅広く展開しています。

デニムアイテムは人気が高く、シルエットが美しいダメージジーンズを豊富にラインナップしています。ワンランク上のおしゃれを楽しみたい方にもおすすめです。

ディースクエアード(DSQUARED2) DARK RIPPED CAST WASH BRO JEANS

ディースクエアード(DSQUARED2) DARK RIPPED CAST WASH BRO JEANS

大人の男性にもおすすめのダメージジーンズ。ダメージ加工やウォッシュ加工がほどこされた手の込んだ1本で、無骨ながらも洗練された印象に仕上げられています。

カジュアルコーデはもちろん、きちんと感のあるジャケットと合わせて、こなれた印象にまとめるのもおすすめ。足のラインがきれいに見えるレギュラーフィットモデルで、ストレッチが効いているのもうれしいポイントです。

ワンランクアップが叶うダメージジーンズを求める方は、チェックしてみてください。

ディースクエアードのダメージジーンズを探す

アズールバイマウジー(AZUL by moussy)

「アズールバイマウジー」は、メンズ・レディース共に展開するファッションブランド。メインラインのマウジーよりも、手頃な価格帯のウェアやアクセサリーを手掛けているのが特徴です。

ダメージジンズは、シンプルななかにもエッジの効いたデザインが豊富。タイトなシルエットのダメージジーンズを求める方にもおすすめです。

アズールバイマウジー(AZUL by moussy) AZUL DENIM リペアスキニー

アズールバイマウジー(AZUL by moussy) AZUL DENIM リペアスキニー

ストレスフリーな穿き心地を実現するスキニータイプのダメージジーンズ。細身のシルエットながら伸縮性に優れているため、動きやすいのが魅力です。足のラインがきれいに見えるので、スタイルアップ効果も期待できます。

両ももにほどこされたダメージ加工もおしゃれポイント。ハードなライダースジャケットからシンプルなシャツまで、さまざまなスタイルにマッチします。カラーは、きれいめカジュアルにもおすすめのブラックと、タウンユースに映えるブルーの2色です。

アズールバイマウジーのダメージジーンズを探す

ダメージジーンズのおすすめメンズコーデ

カーディガン×ダメージジーンズで大人カジュアルに

By: wear.jp

ライトブルーのダメージジーンズを使ったメンズコーデ。表情豊かなアーガイル柄のカーディガンを組み合わせて、鮮度の高いスタイルに仕上げています。インナーには、シンプルな白Tシャツをチョイスして顔周りを明るく見せているのもポイントです。

足元は、赤の3本ラインがアクセントになった白スニーカーで軽やかさを演出。上半身のアイテムとさりげなくカラーリンクさせることで、統一感のある着こなしを楽しめます。大人の男性にもおすすめの好感度の高い春コーデです。

ダメージジーンズを取り入れたアメカジスタイル

By: wear.jp

アメカジスタイルや古着ファッションが好きな方におすすめのメンズコーデ。クラッシュ加工がほどこされたヴィンテージライクなダメージジーンズに、遊び心のあるプリントTシャツを合わせています。シンプルながらも個性が光る着こなしがポイントです。

ネックレスやバングルなどのシルバーアクセサリーを上手く取り入れることで、スタイリッシュな印象にまとめているのも魅力です。足元には、アクティブに動けるスニーカーをセレクト。夏のアウトドアシーンにもぴったりなアメカジスタイルです。

フレアシルエットのダメージジーンズなら足長効果も抜群

By: wear.jp

フレアシルエットのダメージジーンズを取り入れたメンズコーデです。長めの丈で、ほどよいラフ感を演出しているのがポイント。裾にかけてゆるやかに広がるラインなら、足長効果も期待できます。

ボリューミーな中綿ジャケットを羽織って、トレンドを意識した好バランスなスタイルにまとめているのも魅力です。1枚で着用してもサマになるデザインニットをインナーにチョイスすれば、アウターを脱いでもおしゃれに決まります。

足元は重厚感のあるブーツでクールな印象に。きれいめカジュアルを好む方にもおすすめのコーデです。

カラー×カラーで作る秋冬におすすめのストリートコーデ

By: wear.jp

イエロー×グリーンの組み合わせが目を引くメンズコーデ。コーデのメインを飾るスタジャンに、パーカーをレイヤードして、おしゃれと防寒を両立させた着こなしに仕上げています。ポップなカラーを取り入れることで、暗くなりがちな秋冬スタイルを払拭しているのが魅力です。

ボトムスには、ユーズド感のあるダメージジーンズを取り入れているのもおしゃれポイント。足下は黒のローファーで、コーデ全体を引き締めています。おしゃれなストリートコーデを楽しみたい方は、参考にしてみてください。