シンプルな定番デザインの多いボトムスで、いつもとは違ったスタイルを楽しみたい方におすすめなのが「ダメージジーンズ」。ダメージ加工によるヴィンテージ感の漂う雰囲気で、コーディネートにアクセントを加えてくれるアイテムです。

そこで今回は、ダメージジーンズのおすすめメンズブランドをご紹介します。ダメージジーンズを使用したコーディネートも併せて紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

ダメージジーンズとは?

By: amazon.co.jp

ダメージジーンズとは、太ももやひざに加工が施されたデニムパンツを指します。独特のこなれ感でコーディネートをカジュアルダウンできるアイテムのため、ラフでワイルドな印象を演出するのにピッタリです。

ダメージやクラッシュなどの加工はもちろん、何度も洗いをかけたりリペアを施したりしたモデルなど、各ブランドからさまざまなアイテムが販売されています。

ダメージジーンズの選び方

シルエットで選ぶ

スリム

By: rakuten.co.jp

脚のラインにフィットするスリムなシルエットのジーンズは、ビッグサイズのトップスと合わせることで、メリハリの効いたトレンド感のあるコーディネートが楽しめます。履き心地にこだわりたい方は、ストレッチ素材のモノを選ぶのがおすすめです。

ストレート

By: rakuten.co.jp

ストレートシルエットのダメージジーンズは、幅広いコーディネートで着まわしやすいのがポイント。クセが強すぎないため、ジャケットスタイルのハズシアイテムにもピッタリです。スニーカーはもちろん、レザーシューズと組み合わせてもバランスがよく、スタイリングの完成度を高めてくれます。

ダメージの度合いで選ぶ

By: amazon.co.jp

ダメージジーンズを選ぶ上でしっかり確認したいのがダメージの度合いです。ハードなクラッシュが施されたダメージジーンズは、抜群の存在感でコーデの主役になってくれます。控えめなダメージ加工の場合は、ラフさに加えて程よい品を主張できるのがポイント。リペアが施されたモデルは独特のレトロ感が魅力です。

ダメージジーンズのおすすめブランド

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans)

「Lee」で働いていたデザイナーたちによって結成された、スウェーデン発のデニムブランド「ヌーディージーンズ」。素材にはオーガニックコットンを使用するなど、こだわりのデニム作りでファッショニスタたちから支持を集めています。ブランドの代名詞となっているスキニージーンズからトレンド感のあるバギーパンツまで、幅広いラインナップが魅力です。

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) オーガニックコットンダメージ加工テーパードジーンズ BLACK TURMOIL

ヌーディージーンズ(Nudie Jeans) オーガニックコットンダメージ加工テーパードジーンズ BLACK TURMOIL

ゆとりのある腰回りに対して、膝下はしっかりテーパードを効かせたメリハリのあるシルエットが特徴のダメージジーンズです。ほどよいウォッシュ加工が春夏にピッタリの爽やかな印象を与えます。

太もも・ひざ部分に施された熟練の職人によるリペア加工は、リアルなダメージ感がポイント。Tシャツと合わせてラフに着こなすのがおすすめのアイテムです。

ディーゼル(DIESEL)

「ディーゼル」はイタリアを代表するカジュアルウェアブランド。流行を追うだけではなく、個性的で斬新なスタイルを求めているのが特徴。素材選びや裁縫技術に重点を置くなどディテールへのこだわりが強く、質の面でも信頼できるブランドです。

ディーゼル(DIESEL) ダメージジーンズ BUSTER レギュラースリムテーパード

ディーゼル(DIESEL) ダメージジーンズ BUSTER レギュラースリムテーパード

幅広い体型にフィットし、ディーゼルを代表するモデルとして親しまれる「BUSTER」のダメージジーンズ。週末のリラックスコーデにおける定番として、オールシーズン着用しやすいアイテムです。

膝には激しいクラッシュ加工が施されており、インパクトは抜群。着こなしのアクセントになるようなデニムを探している方におすすめします。

ヤコブコーエン(JACOB COHEN)

「ヤコブコーエン」はMade in Italyにこだわりを持つデニムブランドです。「仕立てのよいテーラードジャケットに合わせるジーンズ」というコンセプトのもと、スラックスのように綿密な計算で仕立てられたデニムで支持を集めています。日本のデニム名産地として知られる岡山の生地を使用するなど、妥協のない素材選びも特徴です。

ヤコブコーエン(JACOB COHEN) ダメージジーンズ NICK

ヤコブコーエン(JACOB COHEN) ダメージジーンズ NICK

「NICK」という自身のニックネームを冠しているように、デザイナーのお気に入りモデルとして展開されているダメージジーンズです。腰回りから裾に至るまでの美しいテーパードシルエットが特徴で、脚長効果が期待できます。

ウォッシュ加工による色落ちがアメリカのワークスタイルを思わせ、アタリもリアルな仕上がり。ダメージ加工は控えめで、コーディネートに取り入れやすいアイテムです。

ディースクエアード(DSQUARED2)

「ディースクエアード」は、カナダ生まれの双子の兄弟によって設立されたイタリアのファッションブランドです。モードとスポーティーをミックスしたユニークなコレクションが特徴で、ミュージシャンをはじめとする著名人のファンが多いことでも知られています。

ディースクエアード(DSQUARED2) ダメージジーンズ COOL GUY

ディースクエアード(DSQUARED2) ダメージジーンズ COOL GUY

深めに設定された股上と、太ももから裾にかけてのスリムなシルエットのバランスが美しいダメージジーンズ。ブリーチがかけられているため、しっかりとした色落ち感が楽しめるアイテムです。

クラッシュ加工に加えてラインペイントやリペアパッチ・ロゴレザーパッチなど、多彩な装飾がポイント。Tシャツやスニーカーと合わせてシンプルに着こなすのがおすすめです。

エージー(AG)

ディーゼルの創業者の1人として知られる、伝説的なジーンズデザイナー「アドリアーノ・ゴールドシュミット」が手掛けるデニムブランド。美脚を意識したシルエットと確かな品質、多様なウォッシュ加工で生み出されるデザインで、世界のファッショニスタたちから支持を集めています。

エージー(AG) スリムテーパードダメージジーンズ TELLIS 10YEARS WESTWARD MENDED

エージー(AG) スリムテーパードダメージジーンズ TELLIS 10YEARS WESTWARD MENDED

体のラインが出すぎない絶妙なシルエットで仕立てられた、細身のダメージジーンズです。リアルなヴィンテージ感を演出するため、こだわり抜かれた日本製の生地を使用しています。

腰回りがスッキリとしたデザインながらも、ストレッチが効いているので履き心地はバッチリ。左右で異なるダメージ加工が施された存在感のあるアイテムです。

レッドカード(RED CARD)

「レッドカード」は、日本人のきめ細やかな感性が生み出した“進化版REAL DENIM”を提案するドメスティックブランドです。Made in Japanにこだわった丁寧な縫製に加えて、リアルなヴィンテージ感を追求したこだわりのユーズド加工で人気を博しています。

レッドカード(RED CARD) ダメージ加工ストレートデニムパンツ RHYTHM

レッドカード(RED CARD) ダメージ加工ストレートデニムパンツ RHYTHM

日本人の体型に合わせて仕上げているため、裾上げせずに着用できるダメージジーンズです。ほどよい厚みのある生地を使用しているため、一年を通して重宝します。

ウォッシュ加工とダメージ加工が施されており、ヴィンテージ感のある雰囲気がポイント。メンズライクなテイストのアイテムを探している方におすすめです。

アントレアミ(ENTRE AMIS)

「アントレアミ」は、2007年にスタートしたイタリアのパンツブランドです。さまざまな素材を使いこなすことで知られており、シーズンごとに新しい提案を行っています。20世紀初めのナポリ貴族の着こなしにインスパイアされた、踵より少し短めのパンツ「Gaga」など、フィッティング性を追求したアイテムが人気です。

アントレアミ(ENTRE AMIS) ストレッチデニムパンツ gaga

アントレアミ(ENTRE AMIS) ストレッチデニムパンツ gaga

ストレッチ素材の混紡で伸縮性を高めたダメージジーンズです。股下を低めに設定しているため、細身のシルエットながらリラックスした履き心地が楽しめます。

ダメージ加工とウォッシュ加工のコンビネーションによるこなれた雰囲気がポイント。カジュアルコーデで活躍するのはもちろん、ジャケットスタイルのハズシとしても重宝します。

スビ(KSUBI)

「自分たちの着たいアイテムが無い」というデザイナーの発想からスタートした、オーストラリアのファッションブランドです。既存の流行を追うのではなく、自らがトレンドを作っていくというパワフルなスタイルが特徴。生きたネズミをランウェイに解き放つなど、刺激の強いプロモーションでも注目を集めています。

スビ(KSUBI) ダメージジーンズ CHITCH

スビ(KSUBI) ダメージジーンズ CHITCH

ストレッチの効いた柔らかな生地を、腰回りにゆとりをもって仕立てた履き心地のよいダメージジーンズです。ゆるやかにテーパードが入っているため、美しいシルエットを実現しています。

薄い色味と膝のダメージ加工による軽やかな雰囲気がポイント。コーディネートに抜け感をプラスしてくれるアイテムで、春夏シーズンにピッタリです。

デンハム(DENHAM)

国際的に有名なイギリスのデニム職人がオランダ・アムステルダムで設立したジーンズメーカー「デンハム」。イタリアと日本の厳選されたデニム工場と共同で開発した色落ちパターンによる、ナチュラルな風合いの再現力が特徴です。シンボルのハサミロゴはデザインのアクセントとして、随所に取り入れられています。

デンハム(DENHAM) レイザースリムフィットジーンズ

デンハム(DENHAM) レイザースリムフィットジーンズ

イタリア産の高品質なデニム生地を使用したダメージジーンズです。丁寧なカッティングでバランスのよいシルエットに仕上げており、ブランドを代表する定番アイテムのひとつとして、大きな人気を誇っています。

ほどよいヴィンテージ感を演出するダメージ加工はもちろん、バックヨークのシザープリントやバックポケットのロゴ刺繍といった装飾がポイント。こなれた雰囲気のコーデを完成させるのに一役買ってくれるアイテムです。

ダメージジーンズのおすすめコーデ

ダメージジーンズ×Tシャツでラフなスタイルに

By: zozo.jp

ダメージジーンズをTシャツ・キャップ・スニーカーといったカジュアルなアイテムと合わせた、春夏向けのコーディネートです。タイトなスキニーデニムに対してトップスにはビッグシルエットを選択し、メリハリを効かせているのがポイント。また、全身のカラーをブラックで統一することによって、こなれた印象を演出しています。

ダメージジーンズでジャケットスタイルをカジュアルダウン

By: zozo.jp

ネイビーのジャケットやブラックローファーを主役にした、ファーマルなスタイルのコーディネートです。ボトムスにダメージジーンズを合わせることで、全体の雰囲気をカジュアルダウンしています。ダメージ加工が控えめのデニムは幅広い着こなしに取り入れやすいため、最初の1本としてもおすすめです。

ダメージジーンズでロックなコーディネートを上品に

By: zozo.jp

ベーシックなハットやライダースにダメージジーンズを合わせた、無骨なコーディネートです。ダメージ具合が激しすぎないデニムを合わせることで、ロックテイストを残しつつ、上品な印象に仕上げています。