キャンプや登山などのアウトドアで重宝する「チタンクッカー」。耐食性に優れているほか、軽量なのが特徴です。チタンクッカーは、さまざまな種類が展開されているため、どれを選べばよいのか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのチタンクッカーをご紹介。選び方も解説するので、チタンクッカーの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

チタンクッカーのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

チタンクッカーのメリットは、強度が高く軽量なこと。荷物をなるべく軽くしたい登山やソロキャンプ、ツーリングなどの調理器具として適しています。また、耐食性に優れており、経年変化しにくいのも嬉しいポイントです。

持ち手や飲み口が熱くなりにくいのも魅力。焚火やガスコンロで作ったラーメンやスープなどをお皿に移さずに食べられます。

デメリット

By: amazon.co.jp

チタンクッカーのデメリットは、熱伝導率が低いこと。加熱ムラが生じやすいので、炊飯用には向いていません。チタンは加工が難しいため、発売されている製品が比較的少ないのも特徴です。

また、値段が高い傾向にある点もチタンクッカーのデメリット。チタンクッカーを購入する際は、用途に適したアイテムを長く愛用するのがおすすめです。

チタンクッカーの選び方

用途に合ったサイズをチェック

By: amazon.co.jp

チタンクッカーは、使用人数に適したモノを選ぶのが大切です。1人用のチタンクッカーを求めている場合は、500~800ml程度の容量がおすすめ。2人以上で使いたいなら、1500ml程度の容量が適しています。

また、作りたい料理を明確にしておくのもポイント。ドリンクやスープ用として使いたい場合は、小サイズのチタンクッカーでも対応できます。インスタントラーメンやカレーなどを作りたいなら、マグカップより大きいサイズのチタンクッカーを選んでみてください。

形状をチェック

By: amazon.co.jp

チタンクッカーを購入する際は、形状もチェックしましょう。チタンクッカーには、大きく分けて深型と浅型が展開されています。

インスタントラーメンやレトルトカレーなどを作りたい場合は、深型のチタンクッカーがおすすめ。深型のチタンクッカーは、マグカップとしても利用できます。

煮込み料理や炒め物などを作りたいなら、浅型のチタンクッカーが便利。開口部が広く熱が全体に伝わりやすいため、効率的に料理を作れます。さまざまな料理を作りたい場合は、深型と浅型がセットになった製品を選ぶのもポイントです。

収納しやすさをチェック

By: amazon.co.jp

登山やツーリング、ソロキャンプなどでは収納のしやすさも重要なポイントです。スタッキングできるチタンクッカーなら、コンパクトに収納して持ち運び可能。ガスカートリッジなどを容器内に収められると、収納効率が高まります。

セットタイプの多くは、スタッキングして収納できるのがメリット。手持ちのクッカーがあれば、同じメーカーのチタンクッカーを選ぶのがおすすめです。

チタンクッカーのおすすめ

スノーピーク(snow peak) ソロセットチタン SCS-004TR

ポット・カップが揃うチタンクッカーです。ポットのサイズは約直径10.9×深さ12.5cm、容量は880ml。重量は181gと軽量なので、持ち運びしやすいのがメリットです。

カップ内にポットを入れ込んで、スタッキングできるのもポイント。縦長にまとまるので、リュックなどに入れてもかさばりにくいのが魅力です。

スノーピーク(snow peak) チタンパーソナルクッカーセット SCS-020T

浅型の鍋とフライパンが各2点揃っているチタンクッカーセットです。4点をスタッキングすると直径15.5×10cmとコンパクトになり、かさばりにくいのがメリット。重量330gと軽量なので、付属のメッシュケースに収納してラクに持ち運びできます。

鍋大のサイズは直径15×深さ7.2cm、容量は1000ml。開口部が広いため、食材や調味料を入れやすいのもポイントです。2~3人用のチタンクッカーを求めている方に適しています。

スノーピーク(snow peak) チタントレック 900 SCS-008T

深型の鍋とフライパンが揃うチタンクッカーです。鍋のサイズは約直径12×10.7cm、容量は900ml。フライパンのサイズは約直径12.8×39cmとフライパンも深型なので、スープ容器としても使用できます。

スタッキング性に優れており、調理道具をコンパクトに収めやすいのもメリット。荷物のかさばりを軽減したい方は、ぜひチェックしてみてください。

ベルモント(Belmont) チタンクッカー4点セット BM-038

持ち運びに便利なチタンクッカーです。鍋大のサイズは約直径18×深さ7.4cm、容量は1600ml。鍋小のサイズは直径15.7×深さ7cm、容量は1000mlです。鍋大は、袋タイプのインスタントラーメンを割らずに調理できます。

フライパン大のサイズは直径19.1×深さ3.2cm、容量は720ml。フライパン小のサイズは直径16.7×深さ3.1cm、容量は520mlです。4点をスタッキングして、コンパクトに収納可能。合計3840mlの容量があるため、ファミリー用のチタンクッカーを求めている方におすすめです。

ベルモント(Belmont) チタンドリッパー&クッカーセット BM-350

クッカー・マグカップ・ドリッパーの3点が揃うチタンクッカーセットです。ドリッパースタンドが付属しているので、フィルターと粉があればコーヒーを楽しめるのが特徴。アウトドアで本格的なコーヒーが飲みたい方におすすめです。

クッカーの容量は730ml、マグカップは350ml。クッカーには目盛りが付いており、適量の水を沸かせます。また、注ぎ口が細いため、ドリップに適した湯量に調節しやすいのもポイントです。

ドリッパーとマグカップは、クッカー内にスタンキングして収納可能。クッカーのハンドルも折りたためるので、コンパクトに収まります。

ベルモント(Belmont) チタンクッカー1000FC ケース付 BM-272

250gのガスカートリッジを収納できるチタンクッカーです。鍋の容量は約1000ml。サイズは約内径12.3×深さ9cmと幅が比較的広いため、調理しやすいのが特徴です。

表面にフッ素コーティング加工が施されており、焦げ付きにくく洗いやすいのがメリット。また、鍋とフライパンはスタッキングして、コンパクトに収納できます。

COOK’N’ESCAPE チタン製キャンティーン CA2110

角型のチタンクッカーセットです。鍋のサイズは幅11.5×奥行11.5×深さ10.3cm、容量は1100ml。フライパンのサイズは幅11.5×奥行き11.5×深さ2.8cm、容量は300mlです。1~2人用のクッカーとして適しています。

フライパンには、9.2cmのハンドルを搭載。持ち手が長いため、焚火やガスコンロの上から取り外しやすいのがメリットです。

サンドブラスト表面処理が施されており、高級感のある外観を楽しめるのも魅力。さらに、収納袋が付属しており、鍋やフライパンをスタッキングしてコンパクトに収納できます。

COOK’N’ESCAPE キャンティーン チタン クッカーセット

おしゃれなデザインが魅力的なチタンクッカーセットです。1950mlの大容量なので、2~3人用のクッカーとして適しています。

ベイルハンドルを搭載しており、焚火などで吊るして使えるのが便利。また、鍋の内側と外側には、計量用の目盛りが付いています。

フライパンは、浅型でプレートとしても使用可能。さらに、鍋・フライパンは、スタッキングしてコンパクトに収納できます。

チタンマニア(TITAN MANIA) クッカー チタン製 吊り下げ式

直火で使える容量1100mlのチタンクッカーです。サイズは約直径10.4×深さ12cmと比較的大きいため、ラーメン・カレー・スープなどさまざまな料理を作れます。ベイルハンドル付きで、吊り下げて使えるのも便利です。

専用のフタには、通気孔とツマミを搭載。本体の側面と内側に、ミリリットル・オンスの目盛が付いているのもポイントです。容器内にアルコールストーブやカトラリーなどをスタッキングすれば、アウトドア時の荷物をコンパクトに収納できます。

スモア(S’more) チタンクッカー2点セット SMOrsUT001CSa

熱交換性に優れているため、加熱の時間を節約できるチタンクッカーです。サイズは約直径14×11cm、容量は1500mlと大きめ。また、小サイズは約直径14.7×4cmあり、フライパンとしても使用できます。

スタッキングしてコンパクトに収納できるのも嬉しいポイントです。さらに、メッシュ素材の袋が付いており、携帯性も良好。ソロキャンプや登山などに適したモノを求めている方におすすめです。

イーピーアイガス(EPIgas) ATSチタンクッカーTYPE-3L TS-202

本体の底面にアルミニウムが吹き付けられているチタンクッカーです。チタン製ながら熱伝導率に優れているのが特徴。食材にムラなく火を通せるうえ、焦げ付きにくいのがメリットです。また、五徳の上で滑りにくいので、安定した状態で調理できます。

本体のサイズは約直径13×深さ11.1cm、容量は1300ml。フタのサイズは約直径13×深さ3.9cmと、コーヒーやスープ用などのお湯を沸かすことも可能です。

ランドフィールド(LandField) 飯ごう チタン製 アウトドアクッカー LF-TMT010

ご飯を炊けるチタンクッカーセットです。ワイヤーロープ付きなので、吊るして使えるのが便利。また、保温性に優れているため、調理後もあたたかさをキープしやすいのがメリットです。

容量は大サイズ600ml、小サイズ300ml。スタッキングして収納できるので、コンパクトに持ち運びやすいのもポイントです。アウトドアやレジャーで重宝するモノを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

エバーニュー(EVER NEW) Ti570Cup EBY278R

容量570mlのチタンクッカーです。形状は深型のため、インスタントラーメンやレトルトカレーなどを作るのにぴったり。さらに、目盛り付きなので、必要な分だけお湯を沸かしやすいのも嬉しいポイントです。

重量は55gと軽量なのもメリット。登山やソロキャンプ用に適したクッカーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

エバーニュー(EVER NEW) チタンクッカー1人用セット ECA278R

容量750mlの1人用のチタンクッカーセットです。素手で扱いやすいよう、ハンドルにシリコンチューブを巻いているのが特徴。さらに、目盛りを備えており、計量しやすいのもメリットです。

セットの重量は144gと軽量。また、110gのガスカートリッジと小型ストーブを収納できます。ソロキャンプや登山などに重宝する軽量のクッカーを探している方におすすめです。

エバーニュー(EVER NEW) チタンクッカー ECA421

容量600mlのチタンクッカーです。表面にセラミックコーティングを施しているのが特徴。焦げつきにくく、耐久性に優れています。

クッカーの縁に丸みを持たせているため、スープなどがこぼれにくいのもメリットです。さらに、目盛りを備えているので、好みの量に調節しやすいのもポイント。ソロキャンプに適したモノを求めている方におすすめです。

エバーニュー(EVER NEW) チタンマグポット500 ECA266R

やかんとしても使える容量550mlのアイテムです。ポットの縁に丸みがあるため、液だれしにくいのがメリット。さらに、目盛りを備えているので、軽量カップとしても使用できます。

ポット内には、110gのガスカートリッジを収納可能。底辺に「アルコールストーブ用スタンド」に合わせた段差が設けられているため、安定感がよいのもメリットです。

エバーニュー(EVER NEW) チタンパスタもクッカーS ECA521R

湯切り付きのチタンクッカーです。穴を設置しているため、フタをしたまま湯切りをできるのが特徴。また、内側に目盛りを搭載しており、お湯の量を調節しやすいのもメリットです。

ハンドルに断熱素材を採用しているので、高温になったクッカーを素手で扱えるのもポイント。使用後には、折りたたんでコンパクトに収納できます。

サイズは直径9.3×深さ11.1cm。容量は750mlのため、2人用のクッカーとしてもおすすめです。

エバーニュー(EVER NEW) チタンカップ400 FDRED EBY265R

重量50gの軽量なアイテムです。直径9.5×深さ5.8cm、容量400mlなので、マグカップとしても使用可能。さらに、目盛りが付いており、軽量カップとしても重宝します。

ハンドルにシリコンチューブを採用しているため、熱くなりにくく、持ちやすいのがメリットです。また、ハンドルは折りたためるので、コンパクトに収納できます。

ワック(WAQ) チタンマグ 450ml

直火で使えるため、アウトドアに適したアイテムです。容量は450mlで、インスタントラーメンやスープ用としても使用可能。目盛り付きなので、必要な水量を計れるのが便利です。

専用のフタが付属するのも嬉しいポイント。加熱中などに、虫や焚火の灰が容器の中へ侵入するのを防止できます。また、フタのツマミにロック機能を搭載しており、加熱時にも安心してフタを取り外せるのがメリットです。

ヤエイ エンスージアジスト(YAEI Enthusiast) チタン シェラカップ 300ml

直火で使える容量300mlのアイテムです。高さ4.5cmと浅型なので、フライパンのように使用できるのがポイント。調理後は、お皿に移さずにそのまま食べられるので便利です。

ハンドルには、アルミニウム素材を採用。強度が高く、長持ちしやすいのがメリットです。また、ハンドルは本体底面に折りたためるため、コンパクトに収納できます。