面倒なアイロン掛けが手軽にできる「衣類スチーマー」。スーツやワイシャツのように、シワ取りが必要な洋服のアイロン掛けはとても手間ですが、衣類スチーマーはこの問題を解消するアイテムとして注目されています。

そこで今回は衣類スチーマーのおすすめ製品をご紹介。出張先に持ち運べるコンパクトタイプや、衣類をかけておくだけでシワ取りができるスタンド型もピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

衣類スチーマーとは?

By: rakuten.co.jp

衣類スチーマーとは、高温のスチームを衣類に噴射し、シワやニオイを取り除いてくれる生活家電です。アイロン台を出さなくてもその場でサッと使えるのが特徴。ハンガーに洋服をかけたまま、簡単に衣類のシワを取り除けます。

アイロンとの違い

アイロンはアイロン台を使用し、上からプレスしてシワを伸ばすのに対して、衣類スチーマーは衣類をハンガーにかけたまま、スチームの力でシワを伸ばします。アイロン台を出す手間がなく、使いたい時にサッと使えるのが魅力です。

また、衣類スチーマーは熱と水分でシワを伸ばすため、立体的な衣類にも使用できるのがポイント。スチームの噴射量によって仕上がりも自由に選べます。

アイロンのようにプレスしても使える製品やコードレスタイプなど、衣類スチーマーは種類が豊富。2通りの使い方ができるところもメリットです。

アイロンについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

衣類スチーマーの選び方

本体重量とタンク容量

By: amazon.co.jp

衣類スチーマーは片手で持ち上げて使用するため、本体重量は重要なポイント。使い勝手を考慮すると、より軽量なモデルのほうがおすすめです。

ただし、軽い分だけ本体とタンクが小さくなります。タンクの容量があまりにも少ないと頻繁に給水をする必要があるため、長時間の使用を目的とする方は、容量の大きいモノを選ぶと便利です。本体重量にタンクの水が含まれることをよく考え、自分に合った衣類スチーマーを選びましょう。

スチームの噴射量

By: amazon.co.jp

衣類スチーマーは、製品によって噴射するスチームの量が異なります。スチームが一気に広範囲から出るタイプは、短時間でシワ伸ばしが可能ですが、その分価格が高く、本体も重くなるので注意が必要です。

一方、スチームの量が少ないタイプは、小型・軽量で低価格な製品が多いのが特徴。購入する際は衣類スチーマーをどう使いたいか、しっかり考えてから選ぶようにしましょう。

立ち上がり時間

By: panasonic.jp

何かと慌ただしい朝に衣類スチーマーを使いたい場合は、電源をオンにしてから立ち上がりまでの時間が短い製品を選ぶのがおすすめです。

立ち上がり時間は製品によってさまざまですが、30秒ほどで立ち上がる高機能タイプは忙しいときに便利。実際に使うシチュエーションをイメージし、どのくらいの立ち上がり時間がベストかを考えて選びましょう。

携帯性

出張の多いビジネスマンにとって悩みとなるのが、スーツやワイシャツのシワ。大事な商談や打ち合わせの際は身だしなみが大切なので、ヨレヨレのスーツで出向くわけにはいきません。

そんなときに役立つのが携帯できる小型の衣類スチーマー。ビジネスバックにもすっぽり入る製品を選べば、滞在先のホテルで簡単にスーツやワイシャツのシワ取りができます。

衣類スチーマーには携帯性を重視した製品が多数あるので、カバンに入れて持ち運ぶことを考慮して、重さや形状を選びましょう。

コードの有無

By: amazon.co.jp

衣類スチーマーの多くはコード式を採用。常時電源が供給されるため、長時間安定したパワーを発揮できるのがメリット。ただし、電源コードが作業のストレスになったり、使用シーンが限られたりするなどのデメリットもあります。

一方のコードレス式は電源コードの煩わしさがなく、快適に操作することが可能。ただし、製品数が少なく、コード式に比べると価格が総じて高いため、シーンに合わせて選ぶのがおすすめです。

衣類スチーマーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

「パナソニック」は国内を代表する総合家電メーカー。衣類ケア関連でも、さまざまな製品をラインナップしています。

同社の衣類スチーマーは、軽くてコンパクトなのが特徴。扱いやすいため、ラクにシワを伸ばせます。また、立ち上がり時間が短いので、忙しい朝に衣類を整えてから外出したいという方にもおすすめです。

ティファール(T-fal)

By: amazon.co.jp

「ティファール」は電気ケトル・ミキサーなど、キッチン家電のイメージが強いですが、アイロン・衣類スチーマーなどの生活家電も人気です。

スチームの噴射量が多いため、短時間でシワをキレイに伸ばせるのが魅力。また、強力なスチームによって部屋のカーテンや布団のダニ対策にも効果が期待できます。気になる方はぜひチェックしてみてください。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

「日立」は創業100年を超える、国内大手の家電メーカー。現在取り扱っている衣類スチーマーは、取り外し可能なブラシアタッチメントが付属しているのが特徴です。

シワを伸ばしながら、衣類についたホコリをカバーできるのも魅力。スチームの噴出口が十字なので、上下左右の全方向に動かせるのもおすすめポイントです。

衣類スチーマーのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) 衣類スチーマー NI-FS550

パナソニック(Panasonic) 衣類スチーマー NI-FS550

衣類をハンガーにかけたままシワが取れる衣類スチーマーです。立ち上がり時間はおよそ24秒と短いため、忙しい朝でも気軽に使えるのが魅力です。

どの向きからでもしっかりスチームがかけられる、360°の噴射口を採用することで、袖口や衣類の裾もしっかり伸ばせます。「瞬間3倍パワフルスチーム」を搭載しており、タバコや汗などの不快なニオイを脱臭する効果や、除菌効果が期待できるのも嬉しいポイントです。

本体重量は約690gと軽量で、フラットアイロン面を使えば普通のアイロンとしても使える2WAY構造。ワイシャツの襟やパンツの折り目など、シャキっと仕上げたい場合にもおすすめです。

日立(HITACHI) 衣類スチーマー CSI-RX2

日立(HITACHI) 衣類スチーマー CSI-RX2

たっぷりスチームとしっかりアイロンの1台2役を可能にした、人気のスチームアイロンです。広範囲にスチームを照射する「クロスラインスチーム」を採用しており、縦横十字のスチーム孔から、効率よくスチームを当ててシワを取り除きます。

素材に合わせて、高温・中温と2種類のスチームが選べるのも特徴。衣類を傷めることなく、優しくシワを伸ばします。一度スチームボタンを押すだけで、約1分間連続してスチームが出るため、ボタンを押し続ける必要はありません。立ち上がり時間も約30秒と早いので、忙しい朝でも安心して使用できます。

また、襟などにパリっとアイロンをかけたい時には、セラミックコーティングを施したダイヤフォルムベースのかけ面を使用することで、細かい部分までしっかりシワを伸ばせます。本体重量は約690gで、コンセントの長さが約2.5mあり、取り回しやすい人気の製品です。

ティファール(T-fal) アクセススチームプラス DT8100J0

ティファール(T-fal) アクセススチームプラス DT8100J0

仕上がりにとことんこだわった「ヒーティングプレート」を採用した衣類スチーマー。熱くなったヒーティングプレートを衣類に当てることで、アイロンでプレスした時のようなパリっとした状態に仕上げられます。

185mlの大容量タンクを搭載しており、ターボモードなら1分間に約20ml、デリケートモードなら1分間に約14mlのスチームを噴射。トリガーを引くだけでスチームが簡単に噴射され、その状態でロックできるので、長時間使用しても疲れにくいのが特徴です。

立ち上がりは約40秒と素早く、朝の忙しい時間帯でも困ることがありません。ドアなどに取り付けられる便利な専用フック付きなので、使いたいときにサッと使えるのもポイント。衣類についた糸くずやホコリを取り除く、アタッチメントブラシなどの付属品も魅力の製品です。

東芝(TOSHIBA) コードレス衣類スチーマー La・Coo S TAS-X4

東芝(TOSHIBA) コードレス衣類スチーマー La・Coo S TAS-X4

コードを気にせず、いつでもどこでもサッとシワを伸ばせるコードレス衣類スチーマーです。長くスチームしたい時は、コードに繋いでも使える2WAY方式で、シーンに合わせて自由に使えるのがポイント。ボタンまわりや襟など、しっかり生地を伸ばしたい部分には、アイロンとしても使用できます。

一体型のタンクは容量約65mlで、コードレス時なら約1分30秒、コードに繋いだ場合は、約7分10秒間の連続使用が可能です。スチーム孔は8個あり、1分間に最大12mlのハイパワースチームが、衣類のシワを伸ばしてくれます。

シワを伸ばす以外にも、タバコや焼肉などのニオイを取り除く脱臭効果や、スギ花粉やダニ由来のアレル物質の軽減や、除菌効果が期待できるのも特徴。マイコン制御によるオートパワーオフ機能や、清潔さを保つオートバルブ機能などオプション機能も充実している製品です。

ツインバード工業(TWINBIRD) ハンディースチーマー SA-4096W

ツインバード工業(TWINBIRD) ハンディースチーマー SA-4096W

忙しい朝でも気軽に使えるよう、スチーム機能に特化した衣類スチーマーです。本体重量わずか470gと軽量なので、手首や肘の負担を軽減。水タンクがハンドル内に内蔵されているため、使いやすい形状になっています。

デリケートな素材の衣類にも安心して使えるよう、1秒間隔のプッシュスチームを採用。スチームを当て続けないので、衣類が痛むのを防げます。洋服だけでなく帽子などの小物にも使用できるのがポイントです。

使わない時は、衣類と一緒につるして収納できるストラップ付。軽くてコンパクトな形状で、使いたい時にサッと使えるハンディースチーマーです。

ツインバード工業(TWINBIRD) ハンディーアイロン&スチーマー SA-4086

ツインバード工業(TWINBIRD) ハンディーアイロン&スチーマー SA-4086

ツインバード工業のロングセラー製品。しっかりとスチームを噴射できる衣類スチーマーで、短時間で衣類のシワを伸ばせるのが特徴です。衣類スチーマーとしてだけではなく、アイロンとしても使えて、襟やスラックスの折り目もパリッと仕上げられます。

かけ面は縦・横・斜めに角度を変えられる、フリーアングル仕様。大容量スチームが繊維の奥に潜んだニオイを吹き飛ばす効果が期待できるため、タバコや汗のニオイが気になる方にもおすすめです。

スチームボタンを押すと約1秒間スチームが噴射。さらに、低・中・高の3段階の温度調節機能が付いているので、衣類の素材に合わせて適切な温度が選べます。注水口が大きいため、水の補給が簡単にできるのもポイントです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類スチーマー IRS-01

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類スチーマー IRS-01

約5分30秒間の連続使用ができる、大容量タンクの衣類スチーマーです。スチーム量が毎分約11mlとたっぷりあり、一度に多くの衣類のシワを伸ばすことが可能。洋服だけでなく、クッションやカーテンなど、さまざまな布製品に使用できます。

本体重量は約790gですが、本体部分に重心があるため、シワを伸ばす際に動かしやすいのもポイント。立ち上がりは約35秒で、忙しい朝でもすぐに使えます。給水タンクは取り外しのできるカセットタンク式なので、給水も簡単に行えるのが特徴です。

アイロン面を衣類にしっかり当てることで、除菌や脱臭効果が期待できます。シワ伸ばしだけでなく、タバコや汗などのニオイ対策を行いたい方にもおすすめの製品です。

Tenswall スチームアイロン

Tenswall スチームアイロン

本体重量わずか322gと、軽量コンパクトなコードレスタイプのスチームアイロンです。自宅だけでなく、旅行や出張先でも手軽に使用できるのがポイント。高温パワフルスチームは衣類のシワを伸ばすだけでなく、衣類の脱臭・除菌効果も期待できます。

最新のハイパワースチーム技術を採用することで、長時間の加熱を実現。タンクは140mlの大容量で、スチームボタンを押してから120秒でスチームが噴射します。連続使用時間は7~8分あるため、Tシャツであれば5~6枚、ワイシャツであれば3~4枚、スーツなら1着を一度にアイロンできます。

水がなくなった場合は自動で運転を停止し、電源の切り忘れを防止する自動遮断機能が搭載されているなど、安全性も抜群。出張や旅行のお供におすすめの製品です。

Kimryde スチームアイロン

Kimryde スチームアイロン

ハンドル部分に握りやすいグリップが付いているため、普段アイロンに慣れていない方でも快適に使用できるスチームアイロンです。本体重量約580gと軽量・小型ボディなので、コードレスではないものの出張や旅行にもおすすめ。立ち上がりは約60秒で、忙しい朝でもすぐに使えるのがポイントです。180mlの大容量タンクを搭載しており、1回の給水で約12分間連続して使用できます。

人間工学に基づいた設計により、衣類をスチーム面と接触させやすい独特のノズル設計が特徴。「ひんやりタッチ面」の設計で、本体が熱くならずに直接手で触ってもやけどしない安心構造が人気の製品です。

FADIMAN スチームアイロン

FADIMAN スチームアイロン

強い蒸気で衣類のシワを伸ばす、多機能型のスチームアイロンです。スチームが発生するタイミングで、指示ランプが点灯して知らせてくれるため、無駄な水濡れを減らしてスムーズにシワを伸ばせます。

衣類についたホコリや汚れなどを取り除く「テクスチャーブラシ」と、静電気やホコリを取り除ける「フランネルブラシ」が付属。衣類にスチームを当てる前に、余計なものを取り除くことでスムーズにシワを伸ばせるのがポイントです。

ポリエステル・ウール・綿や麻など、素材に合わせて3段階の温度調節が可能なため、素材を傷めにくい設計になっています。水がなくなると自動で電源が切れる自動オフ機能など、安全機能も搭載。これだけの機能がついているにもかかわらず、価格が2,000円台とコストパフォーマンスに優れた製品です。

IEOKE スチームアイロン EK1018

IEOKE スチームアイロン EK1018

1m先の衣類にも届く、強力なスチームを搭載したスチームアイロンです。立ち上がり時間わずか30秒で、最高200℃の高温スチームを噴射。スーツでの出勤が多い方や、毎日のアイロンがけに苦労している方にもおすすめの製品です。

本体重量570gと軽量で、タンクを満水にした状態でも重さは1kg以下と軽量です。タンクは160mlあり、何度も水を補給する必要がないのもポイント。3段階の温度調節が可能なため、衣類に合わせた最適な温度で使用できます。

ハンガーにかけたままの使用だけでなく、アイロン台を使用した平面がけにも対応。襟やズボンの折り目などをきっちり仕上げたい時にも活躍します。電源の消し忘れを防止する自動オフ機能が付いているなど、安全面にも優れた製品です。

ISILER スチームアイロン

ISILER スチームアイロン

500mlのペットボトルとほぼ同じ大きさの軽量コンパクトなボディが人気の製品です。電源を入れてからわずか25秒で立ち上がり、約10分間の連続スチーム噴射が可能。忙しい朝でも洋服をハンガーにかけたまま、あっという間にシワを伸ばせます。

タッチセンサー式を採用しており、スイッチを一度タップするだけで電源のオン・オフの切り替えができるのもポイント。ライトが点灯するため、見た目でスチームの状態がわかります。

アイロン面がフラットになっており、衣類スチーマーとしてだけでなく、通常のアイロンとしても使用可能。衣類ブラシのアタッチメントを付け替えることで、洋服以外の布製品のシワも伸ばせる、おすすめの製品です。

番外編:衣類スチーマーの効果的な使い方

優しくなでるように使用する

By: amazon.co.jp

衣類をハンガーにかけたまま使用するときは、衣類の端を軽く引っ張りながらなでるようにスチーマーを滑らせてかけるのがポイント。毛足の長いウール素材のコートなどは、表ではなく裏からスチームを当てると風合いを維持できます。

防臭効果を求める場合は、衣類に直接スチーマーが触れない程度に間隔をあけて使用してみてください。

洗濯マークを確認して温度を使い分ける

By: amazon.co.jp

洗濯表示をチェックして衣類スチーマーが使用できるのかを事前に確認することも大切。アイロン仕上げマークは、高・中・低の3段階、または点の数によって温度を示しています。高温は180℃まで、中温は150℃まで、低温は110℃までを限度として使用すると安心です。

また、あて布の表示がある場合はアイロン面を衣類から少し離して使用すると、縮みやテカリを防ぐことができます。ぜひ覚えておきましょう。