衣類のシワをハンガーに掛けたまま伸ばせる「衣類スチーマー」。手軽に使えるモデルからアイロンのようにプレスできるモデルまで、幅広い種類がラインナップされています。

そこで今回は、おすすめの衣類スチーマーをご紹介。スチームアイロンとの違いやメリットとデメリット、おすすめのメーカーなどもあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

衣類スチーマーの機能とは?

By: amazon.co.jp

衣類スチーマーは、高温のスチームを噴射する機能を搭載したアイテムです。ハンガーに掛けた衣類に向かってスチームを噴射し、手軽にシワを伸ばせます。モデルによっては温度調節機能にも対応しており、アイロン同様に生地に合わせて使い分け可能です。

また、長時間連続でスチームを噴射し続けたり、瞬間的にスチームの量をアップさせたりといった機能を搭載するモデルもあります。

衣類スチーマーとスチームアイロンの違い

By: amazon.co.jp

衣類スチーマーとスチームアイロンの主な違いは、プレス機能の有無。基本的にスチームの力でシワを伸ばす衣類スチーマーは、衣類をハンガーに掛けたまま使用できます。スチームアイロンはプレスでシワを伸ばすので、アイロン台が必要です。

衣類スチーマーは、連続でスチームを噴射し続けられるモデルが多い点も特徴。また、かけ面をあたためる必要がない分、衣類スチーマーの方が立ち上がり時間が短い傾向にあります。

スチームアイロンについて詳しく知りたい方はこちら

衣類スチーマーのメリット

By: amazon.co.jp

衣類スチーマーのメリットは、衣類をハンガーに掛けたまま使えること。衣類をハンガーから外してアイロン台にセットしなくてよいため、手間を抑えられます。アイロン台も不要なので、省スペースで使える点も魅力です。

高温のスチームにより、ニオイの軽減や除菌などの効果が期待できるのも、衣類スチーマーのメリット。また、プレスせずにシワを伸ばせるため、衣類に癖を付けにくい点も特徴です。

衣類スチーマーのデメリット

衣類スチーマーはスチームの力で衣類のシワを伸ばすため、スラックスやワイシャツの襟にキッチリとした折り目を付けるような使い方には向いていません。プレスできるモデルもあるものの、折り目付けはアイロンの方が適しています。

また、生地の種類によっては使いにくい点も、衣類スチーマーのデメリット。高温が苦手な生地はもちろん、スチームが通り抜けてしまうような目の粗い生地でもうまくシワを伸ばせない可能性があります。

衣類スチーマーの選び方

コードレスかどうかチェック

コードレスかどうかも、衣類スチーマーを選ぶ際に大切な要素。数は多くないものの、衣類スチーマーのなかには、コンセントに接続しなくても使えるコードレスタイプが存在します。

コードレスタイプの衣類スチーマーは、シワを伸ばしたい場所に合わせて本体を傾けやすいのもポイント。コードを気にせず自由なスタイルで使いたい場合におすすめです。

スチームの量と持続時間をチェック

By: amazon.co.jp

衣類スチーマーは、モデルによって噴射されるスチームの量やスチームを噴射できる持続時間が異なります。よりスムーズに衣類のシワを伸ばしたい場合は、できるだけスチームの量を多く長く噴射できるモデルがおすすめです。

衣類スチーマーのスチーム量は、毎分のグラム単位で表記されている場合がほとんど。また、モデルによっては噴射するスチームの量を瞬間的に増やす機能も搭載されています。

立ち上がり時間をチェック

立ち上がりにかかる時間も、衣類スチーマーを選ぶときにチェックしておきたいポイントのひとつ。立ち上がり時間とは、衣類スチーマーの電源を入れてから使えるようになるまでの時間のこと。できるだけ立ち上がり時間の短いモデルがおすすめです。

多くの衣類スチーマーの立ち上がり時間は、30~1秒程度。モデルによっては立ち上がり時間が20秒を切る場合もあるので、チェックしてみてください。

サイズや重さをチェック

By: panasonic.jp

衣類スチーマーを選ぶときは、サイズや重さもよくチェックしておきましょう。多くの場合、衣類スチーマーは衣類をハンガーに掛けた状態で使用します。重いモデルだと使用中に腕に負担がかかりやすく、疲れてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、サイズがコンパクトなモデルだと取り回しやすくておすすめ。使用しないときに収納しやすい点も魅力です。

シワを伸ばしたいなら横持ちできるモデルをチェック

By: panasonic.jp

横持ちに対応しているかどうかも、衣類スチーマーを選ぶうえで重要なポイント。衣類スチーマーの多くは本体を傾けるとスチームを噴射できなくなってしまいます。横持ちできるモデルであれば、さまざまな持ち方で使用可能です。

衣類スチーマーを横持ちできると、シワを伸ばしたい箇所に合わせて柔軟に持ち方を変えられるので、効率的に使えます。

衣類スチーマーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

パナソニックは、日本の大手電機メーカー。冷蔵庫や洗濯機、掃除機にテレビなどさまざまな生活家電を展開しているほか、ヘッドホンのようなオーディオ機器やデジタルカメラ、ノートパソコンなども販売しています。

パナソニックの衣類スチーマーは、高機能なうえデザインがおしゃれな点も特徴。スタイリッシュに仕上げられたモデルが多いので、デザインにこだわりたい方におすすめのメーカーです。

ティファール(T-fal)

ティファールは、フランスで創業された調理器具や家電のブランド。フッ素樹脂加工を施したこびりつきにくいフライパンを、世界で初めて発明したメーカーとして知名度が高く、現在もフライパンをはじめさまざまな調理器具を販売しています。

アイロンや衣類スチーマーを展開している点も特徴。ティファールの衣類スチーマーはコンパクトながらパワフルで、瞬間的にスチーム量をアップする機能も搭載されています。

ブルーノ(BRUNO)

By: amazon.co.jp

ブルーノは、東京に本社を構える日本のメーカー。キッチン家電やインテリアグッズ、アウトドアグッズなどを幅広く展開しています。レトロ調のデザインやくすみカラーなどを採用したアイテムが多く、見た目にこだわっている点が特徴です。

ブルーノの衣類スチーマーも、デザインが非常におしゃれ。また、軽量かつコンパクトに設計されています。おしゃれで手に取りやすいモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

衣類スチーマーのおすすめ

パナソニック(Panasonic) 衣類スチーマー NI-FS780

スタイリッシュで使いやすい、おすすめの衣類スチーマー。抗菌加工が施されたハンドルを搭載しており、清潔に使い続けやすい点が魅力です。耐熱仕様のスタンドも付属。熱い状態の本体を置けるほか、本体をセットしたまま収納もできます。

容量約115mlのタンクを搭載。ハンドルの裏側に搭載されたボタンを押している間、1分間に平均約11gのスチームが安定的に噴射され続けます。シワやニオイの程度に合わせて、瞬間的に通常の約4倍のスチーム量を噴射する機能も使用可能です。

本体を傾けながら使用できる構造も特徴。大きな衣類も、屈まずに手を大きく動かしてケアできます。プレスができるのもポイント。かけ面は3段階の温度調節にも対応しているため、生地の種類に適した温度で使用できます。

かけ面には、生地の引っ掛かりを抑える「カーブエッジ形状」を採用。セラミックコートも施されています。

パナソニック(Panasonic) 衣類スチーマー NI-GS400

シワを伸ばすだけではなくさまざまなケアもできる、おすすめの衣類スチーマー。立ち上がりにかかる時間が短く、電源を入れてから約30秒で使用できます。帰宅後はもちろん、外出前や朝の忙しい時間帯でも必要なときにすぐ使える点が魅力です。

スチームボタンを押すだけの簡単な操作方法も特徴のひとつ。本体はくびれのある形状を採用しているため、手の平でしっかりと包み込むようにして握りながら使用可能です。スチームボタンを押している間は、ずっとスチームが出続けます。

大量のスチームにより、ハンガーに掛けたままの衣類のシワをサッと伸ばせるのもポイント。自宅では頻繁に洗いにくいジャケットや制服などの衣類も、高温のスチームで脱臭したり除菌したりする効果が期待できます。

タンクの容量は、約160ml。大容量なので、約9分間連続でスチームを放出できます。

パナソニック(Panasonic) 衣類スチーマー NI-FS770

プレス仕上げもできる、おすすめの衣類スチーマー。約115mlの大容量タンクを搭載しており、約10分間の連続スチームに対応しています。コードの長さは約2.5m。長めに設計されているので、コンセントから離れた位置でも使用できます。

立ち上がりが約19秒と早い点も特徴のひとつ。また、給水口が常に下を向くタンクの構造により、上向き・下向き・横向きの全てで使用可能です。衣類の大きさや向き、シワを伸ばしたい範囲などに合わせて自由にスチームがけできます。

アイロン面を利用したプレス仕上げにも対応。アイロン面にはセラミックコートが施されているので、スムーズに動かしやすい点も魅力。高・中・低の3段階で温度調節も行えるため、衣類に合わせて使用できます。

専用の耐熱スタンドが付属するのもポイント。使用直後の熱い状態の本体を直接置けます。本体が冷めた後は、スタンドごと収納も可能です。

ティファール(T-fal) アクセススチーム ピュア DT9531J0

パワフルなスチームが魅力的な、おすすめの衣類スチーマー。長さ約3mの電源コードが採用されているのでコンセントから離れた位置でも使いやすく、使用場所を選びません。立ち上がりにかかる時間が、約25秒と短い点も魅力です。

1分間に平均約22gのパワフルなスチームが特徴。トリガーを引けばスチームが噴射されるほか、トリガーを素早くダブルクリックするとロックがかかりスチームが自動噴射されるため、連続で使用したい場合に指への負担を軽減できます。

「3倍パワフルスチームモード」も搭載。ボタンを押すと約3秒間だけ約3倍のスチームを噴射できるので、頑固なシワやニオイのケアに活用可能です。付属の「香りづけタブレット」と好みのフレグランススプレーを用意すれば、好みの香りで仕上げられます。

衣類に合わせて使い分けられる、ベルベットパッドやスチームボンネットなどの付属品もポイントです。

ブルーノ(BRUNO) スタイリングハンディスチーマー BOE076

くすみカラーを採用したおすすめの衣類スチーマー。立ち上がりにかかる時間が約25秒と短いうえ、コンパクトかつ軽量な設計のため、必要なときにサッと手に取れます。細めのグリップを採用しており、手が小さい方でも使いやすいのが魅力です。

LoモードとHiモードの2種類に対応しているのもポイント。衣類の種類や生地の厚さなどに応じて、柔軟に使い分け可能です。ジャケットやワイシャツなどはもちろん、ラグマットやぬいぐるみのような自宅では洗いにくいアイテムのケアにも活用できます。

ヘッドカバーとブラシも付属。デリケートな衣類や毛足の長い衣類などをケアしたい場合に使えます。搭載されている水タンクの容量は、約130ml。大容量なので、何度も給水する手間を軽減可能です。

ハンギングフックの搭載も特徴のひとつ。ハンガーラックに引っかけられるため、スペースを有効活用しながら収納できます。

東芝(TOSHIBA) 衣類スチーマー TAS-X6

取り回しやすいおすすめの衣類スチーマー。コードをコンセントに接続して使えるのはもちろん、コードレスでも使用できます。専用の給電スタンドも付属。スタンドは、安全にコードを着脱できるように設計されています。

スチーム量は、コードレス時の場合1分間は最大約14g、コード付きの場合は1分間に最大約20g。コードレス時でも、最長約2分間スチームが持続します。本体を斜め下に向けても使用できるので、負担の少ないスタイルで使用可能です。

アイロンとしてしっかりとプレスできるのもポイント。かけ面の温度は3段階で調節できるため、衣類の生地に適した温度で使用できます。かけ面が、ボタン周りのような細かい場所でも使いやすいように工夫されている点も魅力です。

給電のタイミングを知らせるランプとブザーも搭載。コードレスタイプの衣類スチーマーに興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

日立(HITACHI) 衣類スチーマー CSI-ST1

広範囲にスチームを噴射しやすい、おすすめの衣類スチーマー。立ち上がり時間が約30秒と短いので、外出前にも慌てずに使用できます。安全性に優れているのもポイント。電源を入れてから約20分が経過すると、自動的に電源がオフになります。

高温のスチームを1回で約0.4g噴射可能。スチームは約2秒間隔で噴射できるため、短時間でスムーズにシワを伸ばせます。また、スチームの噴射口が十字にレイアウトされている点も特徴。スチームが広範囲に広がりやすく、効率的に使用できます。

ブラシアタッチメントも付属。当て布なしでもデリケートな衣類に使用できます、また、アイロンかけができる点も魅力のひとつ。先端が細く設計されたダイヤ型のかけ面を採用しているので、細かい部分までしっかりとケアできます。

タンク容量は、約70ml。注水用のカップも同梱されています。

日立(HITACHI) 衣類スチーマー CSI-RX3

衣類をハンガーに掛けたまま素早くシワを伸ばせる、おすすめの衣類スチーマー。約80mlのタンクを搭載しています。立ち上がりにかかる時間は約30秒で、タンクを満水にした場合にスチームを噴射できる時間は約5分30秒です。

十字レイアウトの噴出口を搭載しているのもポイント。スチームが広がりやすく、1度の噴射で広範囲をまとめてケアできます。また、スチーム温度は高温と中温の2段階の調節に対応。生地にウールやポリエステルを使用した衣類も当て布なしでケアできます。

付属のブラシアタッチメントを取り付ければ、低温表示の衣類まで対応可能。また、アイロンとしても利用できるため、必要に応じてワイシャツやスーツをしっかりとプレスしてシャキッと仕上げられます。

安全面に配慮されている点も魅力。約10分間操作をしないと自動的に電源がオフになるので、切り忘れを防止できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類用スチーマー IRS-01

シンプルで使いやすい、おすすめの衣類スチーマー。取り外しできるカセット式の水タンクを搭載しているので、給水や排水にかかる手間を抑えられます。タンクの容量は、約60ml。満水にすると、最大で約5分30秒スチームを利用できます。

立ち上がりにかかる時間が、約35秒と短いのもポイント。帰宅後や忙しい朝にも、慌てずに使用可能です。毎分約11gのパワフルなスチームを噴射できます。

衣類以外にも、クッションやソファなどさまざまな布製品のケアに使える点も魅力のひとつ。また、プレスもできるので、スラックスやワイシャツの襟にしっかりと折り目付けるような使い方にも適しています。比較的リーズナブルなので、安い衣類スチーマーを探している方にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類プレススチーマー IRS-P2

シワ伸ばしだけではなく折り目付けにも活用できる、おすすめの衣類スチーマー。約100mlの水タンクを搭載しています。水タンクは、本体からの取り外しに対応。1度の注水で約10分間使用できるので、複数の衣類をまとめてお手入れできます。

1分間に最大約16gの、パワフルなスチームが特徴のひとつ。ワイシャツやスーツのシワ伸ばしに活用できるのはもちろん、高温のスチームにより、汗やタバコのニオイを軽減したり除菌したりする効果にも期待できます。

プレス機能の搭載もポイント。衣類を挟んでレバーを引くとプレス可能です。また、本体を握っている手に熱いスチームが触れにくいように、カバーも搭載されています。

本体が自立する設計も魅力。使用中でも安全に本体を置けるので、短時間手を離したい場合でも安全面に配慮できます。

衣類スチーマーの売れ筋ランキングをチェック

衣類スチーマーのランキングをチェックしたい方はこちら。