衣類をハンガーにかけたままシワをのばせる「衣類スチーマー」。アイロン台を出す手間がなく手軽に使えるため、忙しくても身だしなみをしっかりと整えたい方におすすめです。アイロンよりもふんわりシワをのばせるうえ、除菌や消臭の効果が期待できるモノもあります。

今回は人気の衣類スチーマーと選び方をご紹介。朝が忙しい方や一人暮らしの方は1台あると重宝するので、ぜひチェックしてみてください。

衣類スチーマーとは?

衣類スチーマーとは、ハンガーにかけたままの衣類へスチームをあてることで、手軽にシワ取りができるアイテムです。短時間でシワをのばせるうえ、消臭効果も期待できます。また、デリケートな素材の衣類や装飾が付いた衣類でも、傷めずにシワ取りしやすいのもメリットです。

衣類スチーマーは、一人暮らしの忙しいビジネスパーソンにぴったり。時間のない朝も手早くシャツやブラウスなどをシワ取りできるので、しっかりと身だしなみを整えたい方におすすめのアイテムです。

衣類スチーマーとアイロンの違い

By: t-fal.co.jp

アイロンは熱やスチームの力を利用するだけでなく、自重でプレスすることで衣類のシワをのばすアイテムです。衣類をしっかりと押さえつけるため、ワイシャツやプリーツスカート、ズボンの折り目などもパリッと仕上げられます。

衣類スチーマーはハンガーに吊るしたまま衣類のシワ取りができるので、アイロン台や当て布などを用意する必要がなく、忙しい日も手軽に使えるのが魅力。出かける前に衣類をチェックし、気になる部分へ使うことで手早く身だしなみを整えられます。

また、衣類スチーマーのなかにはプレス機能を搭載したモデルも存在。アイロン代わりに使うことも可能なので、1台2役のアイテムとして便利に使えます。

さらに、コンパクトな衣類スチーマーは出張や旅行に持っていけるのもメリット。加えて、アイロンではケアしにくいスーツや制服、コートなどに使えるのも長所です。

アイロンについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

衣類スチーマーの選び方

コード式かコードレスか

衣類スチーマーはコンセントから電力を供給して使うコード式のモデルと、バッテリーを充電して使うコードレスタイプのモデルが存在します。コード式は安定して電力を供給できるので電池切れの心配がなく、長時間のシワ取りにも対応できるのが魅力です。

コードレスタイプはコードを省いているため取り回しがよく、急いでいるときも手軽に使いやすいのがメリット。ただし、コードレスタイプは連続で使用できる時間が短めなので、大量の衣類をお手入れする場合にはコード式がおすすめです。

プレス機能の有無をチェック

By: t-fal.co.jp

衣類スチーマーにはアイロンのように衣類を押さえつけてシワを取る「プレス機能」付きのモデルも存在します。アイロンに比べるとかけ面が小さく、ボタン周りなど細かな箇所のシワ取りや折り目付けに使いやすいのが魅力です。

一方、プレス機能のないスチーム専用モデルはスチーム量が多い傾向にあり、広範囲のシワを手早くお手入れできるのがメリット。さらに、カーテンやソファなどに使えばファブリック製品の消臭効果も期待できます。

そのため、衣類のシワをのばすだけでなく折り目付けも行いたい方は、プレス機能搭載モデルがおすすめ。手軽に衣類をケアしたい方は、スチーム専用モデルをチェックしてみてください。

スチーム量をチェック

By: panasonic.jp

衣類スチーマーはスチームを噴射して衣類のシワを取る仕組みなので、スチーム量が多いと素早くきれいにシワを取れます。短時間で衣類のお手入れを行いたい方は、1分あたりのスチーム量をしっかりとチェックしましょう。

目安としては、スチーム量について10g/分以上と表示されているモデルがおすすめ。より快適に使いたい方は、20g/分程度のスチーム量が多いモデルも検討してみてください。

タンク容量をチェック

By: amazon.co.jp

衣類スチーマーはスチームアイロンと同様、内蔵タンクに水を入れてスチームを噴射するアイテムです。タンク容量が大きいほど連続でスチームを噴射できるので、一度にケアする衣類の枚数を想定し、ニーズに合ったタンク容量を検討してみましょう。

一般的な衣類スチーマーであれば100ml程度、容量が大きいモノであれば200ml程度の製品もあります。ただし、タンク容量が大きいほど重量も増すため、操作性とのバランスを考えながらチェックしてみてください。

立ち上がり時間をチェック

By: t-fal.co.jp

衣類スチーマーは手軽に短時間で衣類のシワをのばせるのが魅力。そのため、立ち上がり時間は重要なポイントです。素早く立ち上がるモデルを選べば、出勤前や就寝前などのちょっとした隙間時間で気軽に衣類のケアを行えます。

衣類スチーマーを快適に愛用したい方には、立ち上がり時間が60秒以下のモデルがおすすめ。なかには30秒以下で立ち上がるモデルもあるので、慌ただしい朝も簡単に身だしなみを整えられます。

また、立ち上がり時間と併せて連続使用可能な時間の長さも確認しましょう。まとまった量の衣類をお手入れする際は、連続使用可能な時間が長いモデルだと便利に使えておすすめです。

本体サイズと重量をチェック

By: t-fal.co.jp

衣類スチーマーは基本的に衣類をハンガーへかけた状態でケアするので、常に片手で持って使います。そのため、片手で持っても負担に感じない程度の重量かどうかは大切なポイント。1000g以下のモデルも多くあるので、ぜひチェックしてみてください。

ただし、実際に使う際は本体の重量に水の重量が加わります。タンク満水時にどれだけの重量が加わるのかも併せて確認しましょう。また、旅行や出張にも携行する場合は、持ち運びや収納のことを考えてサイズを選ぶと安心です。

衣類スチーマーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは日本を代表する電機メーカーで、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電から、美顔器などの美容家電まで幅広く製造しています。衣類スチーマーはハイスペックなモデルが多く、衣類のシワ取りはもちろん、除菌効果も期待できるのが魅力です。

また、プレス機能を搭載したモデルが豊富にラインナップされているのもポイント。携行用として設計されたコンパクトなモデルも存在するので、旅行や出張に使える衣類スチーマーを探している方もぜひチェックしてみてください。

ティファール(T-fal)

By: t-fal.co.jp

ティファールはフランスの有名な調理器具メーカーで、おしゃれで機能的な製品が世界中で高く支持されています。調理家電だけではなく、電化製品も製造しており、衣類スチーマーはスチーム量の多いパワフルな設計が魅力です。

ティファールの衣類スチーマーは、複数枚の衣類や面積が大きい衣類のシワ取りにおすすめ。カーテンやソファといった大きなファブリックのお手入れにも役立ちます。また、ラインナップが豊富なので、自身のニーズに応じたモデルを見つけられるのもメリットです。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

日立は1910年に創業した大手電機メーカーで、生活家電から太陽光発電などの住宅設備まで幅広く製造しています。衣類スチーマーは特徴的なひし形のかけ面を採用しており、プレス機能を備えた2WAYモデルが人気です。

ひし形なので上下左右どちらにも動かしやすく、ひし形の角部分で衣類のボタン周りもラクにケアできます。スチームとプレス機能の両方が使いやすい衣類スチーマーを探している方は、ぜひ日立のモデルを検討してみてください。

衣類スチーマーのおすすめモデル

スチームワン(SteamOne) 衣類スチーマー S-Nomad SN506SB

フランス発のポータブル衣類スチーマー。シンプルかつスタイリッシュなデザインで、どんなインテリアにも馴染みます。単体で自立するため、置き場所に困らないのもポイントです。

最大約15g/分のスチームを噴射。さらに、スチームを噴射したまま固定できるロック機能を搭載しています。連続使用時も疲れにくいのが魅力です。

また、容量約140mlの給水ボトルは、一般的な500mlのペットボトルに付け替えが可能。一度の給水で長時間使用できます。面倒なアイロン掛けが楽しくなる、おしゃれな衣類スチーマーを探している方におすすめです。

▼【まだ持ってないの?】フランスから来日した衣類スチーマー「SteamOne S-Nomad」

パナソニック(Panasonic) 衣類スチーマー NI-FS560

立ち上がり時間が短く便利に使える人気衣類スチーマーです。約23秒で素早く立ち上がるので、時間のないお出かけ前も手軽に使えます。重量も約690gと軽く、電源コードが約2.5mと長いため、取り回しがよいのも魅力です。

スチーム量は約11g/分で、スチームを360°まんべんなく噴射できる設計もポイント。ヘッドを傾けたり下に向けたりしても安定してスチームが噴射されるので、スムーズに衣類のシワを取れます。

プレス機能を搭載しており、かけ面に滑りのよいセラミックコートを施しているのもメリット。また、電源のオートオフ機能も内蔵しています。タンク容量は50mlと小さめで、スチーム持続時間は約4分。はじめての1台にもおすすめの衣類スチーマーです。

パナソニック(Panasonic) 衣類スチーマー NI-FS760

まとまった量の衣類を一度にケアできる衣類スチーマーです。タンク容量が115mlとコンパクトながら、約10分も連続使用できるのが特徴。長時間のシワ取りもスムーズに行えます。

立ち上がり時間は約23秒と短く、急いでいるときも手軽に使うことが可能です。重量が約745gと軽いのもポイント。操作性を追求した低重心の設計なので、片手でラクに扱えます。

スチーム量は約11g/分で、素早く消臭を行いたい場合には「瞬間3倍パワフルスチーム」機能を利用するのがおすすめ。通常と比較して約3倍のスチームで、嫌なニオイの消臭などに効果が期待できます。プレス機能付きのハイスペックモデルです。

パナソニック(Panasonic) 衣類スチーマー モバイル NI-MS100

海外でも使える携行性に優れた衣類スチーマーです。100〜240Vの電圧に対応しており、日本だけでなく多くの国で使用できます。自動で電圧が切り替わるオートボルテージ方式なので、面倒な設定が不要で使いやすいのもポイントです。

約幅12×奥行10.5×高さ12.5cmのコンパクトなサイズに収納できるうえ、重量が約710gと軽いのもメリット。さらに、持ち運びに便利な収納ポーチも付属しています。

スチーム穴からの水漏れを防ぐ「水もれストッパー」も搭載。使用後にタンク内の水を捨てておけば、タンク内に残った微量の水が漏れ出さないよう設計されているため、安心して携行できます。

また、小型ながらもプレス機能を備えており、シャツやハンカチに折り目を付けられるのも魅力。旅行や出張の際もしっかりと衣類のケアを行いたい方におすすめのモデルです。

ティファール(T-fal) アクセススチーム プラス DT8100J0

スチーム量が多いパワフルな衣類スチーマーとしておすすめのモデルです。大量のスチームが衣類の繊維にしっかりと浸透し、からまって乾燥している状態の繊維をほぐすので、きれいにシワをのばせます。

スチーム量は、20g/分のターボモードと14g/分のデリケートモードを切り替えることが可能。タンク容量は185mlで、ターボモードでも約9分は連続使用できます。タンクは取り外せるため、簡単に給水できるのもメリットです。

立ち上がりが早く、わずか40秒で使えるのも魅力。さらに、スチームの噴射はトリガーロック機能を採用しており、トリガーを引き続ける必要がないので腕の負担を軽減してラクに使用できます。

電源コードが3mと長く、取り回しがよいのもポイント。また、アタッチメントブラシが付属しており、繊維の毛並みを整えることも可能です。ハイパワーなモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ティファール(T-fal) アクセススチーム ポケット DT3030J0

コンパクトに折りたためる衣類スチーマーです。ヘッド部分を内側にたたむと、幅10.5×奥行12.5×高さ18cmのサイズにまとめられるので、省スペースで収納できます。立ち上がり時間はわずか15秒で、使いたいときに素早く準備できるのも魅力です。

重量は約800gで、タンク容量は120mlと、軽量性に優れているのもポイント。9分の連続使用が可能なため、複数枚の衣類も余裕を持ってお手入れできます。スチーム量は13g/分で、シワ取りだけでなく消臭や花粉対策に効果が期待できるのもメリットです。

また、便利なブラシアタッチメントも付属。ウールなど、ふわふわした素材の衣類をふっくらと仕上げます。さらに、オートオフ機能を搭載しているので、忙しい朝も安心して使用可能です。

ティファール(T-fal) トゥイニー オートスチーム DV9120J0

高性能なプレス機能を搭載したおすすめの衣類スチーマーです。かけ面には滑りのよいセラミックを採用しており、握りやすいハンドルでスムーズに操作可能。ヘッド部分はスリムに設計されているため、ボタン周りなど細かな箇所のシワも簡単にのばせます。

便利なスタンド金具が付いているのもポイント。熱くなっているかけ面を浮かせたままテーブルなどに置けるので、作業をスムーズに進められます。また、スチーム量が15g/分と多く、立ち上がり時間が40秒と短いのもメリットです。

本体の重量は約830gで、タンク容量が60mlと小さいため、軽量で扱いやすいのも魅力。タンクは取り外し可能なのでラクに給水できます。プレス機能を頻繁に使う予定の方は、ぜひ本機をチェックしてみてください。

ティファール(T-fal) スチーム シュシュ DV7030J0

おしゃれなデザインの汎用性に優れた衣類スチーマーです。本体サイズが幅17×奥行8×高さ14cmとコンパクトなので、玄関や脱衣所、クローゼットなどに省スペースで収納できます。重量は約780gで、立ち上がり時間がわずか30秒と短いため、いつでも手軽に使えるのも魅力です。

プレス機能も搭載しており、衣類やシーンに応じてスチームでのケアと使い分けることが可能。かけ面の温度は3段階に設定でき、衣類の素材に応じた温度でアイロンがけを行えます。

また、かけ面には両端が細いレモン型を採用しており、細かな箇所のシワをスムーズにのばせるのもメリットです。さらに、ブラシアタッチメントも付属。ウールなどの毛を起こしながらスチームでふっくらと仕上げ、ゴミや糸くずを取り除いて毛並みを整えられます。

スチーム量は11g/分で、タンク容量は70ml。1台でさまざまな衣類のケアに使えるおすすめモデルです。

日立(HITACHI) 衣類スチーマー CSI-RX3

スチーム機能とプレス機能の両方に優れた衣類スチーマーです。かけ面の形状は全方向に動かしやすい「ダイヤフォルムベース」を採用しており、滑りのよいセラミックコートでラクにアイロンがけを行うことが可能。かけ面の温度を3段階に調節でき、衣類に合わせたケアを行えるのも魅力です。

スチーム量は約13g/分で、一度スチームボタンを押せば1分間連続でスチームを噴射できるのもポイント。ボタンを押し続ける必要がないので、手や腕にかかる負担を軽減できます。

立ち上がり時間は約30秒と短く、約5分30秒の間、連続で使用することが可能。スチームの温度は高温と中温の2段階に調節でき、中温であればウールやポリエステルの生地も当て布を使わずにお手入れできて便利です。

さらに、付属のブラシアタッチメントを使えば、低温表示の衣類も当て布なしでケアできます。高機能な衣類スチーマーを探している方におすすめです。

ツインバード工業(TWINBIRD) ハンディースチーマー SA-D096W

おしゃれ着にも使える人気の衣類スチーマーです。衣類の生地を傷めないよう、温度やスチームのスピードなどを追及した設計で、忙しい朝でも手早くおしゃれ着のケアを行えます。スチームは1秒に1回の間隔で連続的に噴射されるため、ムラなく衣類にスチームをあてることが可能です。

重量が約470gと軽く、ラクに扱えるのも魅力。重心のバランスにも配慮されており、快適に使用できます。また、上部にはストラップが付いているので、吊るして収納できるのもポイント。手軽に使える軽量モデルとしておすすめです。

ツインバード工業(TWINBIRD) ハンディーアイロン&スチーマー SA-4086BL

プレス機能付きのリーズナブルな人気衣類スチーマーです。上下左右に動かしやすいフリーアングル設計なので、姿勢が変わってもスムーズに衣類をケアできます。かけ面は滑りのよいセラミックコートが施されているうえ、温度を3段階に調節することが可能です。

重量は約630gで、タンク容量も75mlと小さいため、軽量性に優れているのもポイント。また、毛ブラシと衣類ブラシのアタッチメントが付属しており、衣類に応じたケアを行えます。プレス機能を搭載したエントリーモデルとしておすすめの1台です。

東芝(TOSHIBA) コードレス衣類スチーマー La・Coo-S TAS-X5

コードレスタイプのおすすめ衣類スチーマーです。コンセントの位置やわずらわしいコードを気にせず、衣類のケアや給水・排水を行えるのが魅力。コードをつないで使用することも可能で、コードレスでは最長約1分30秒、コード接続時は最長約7分10秒の連続運転を行えます。

スチーム量は最大約12ml/分で、スチームの温度を2段階に調節できるのもメリット。本体重量は約710gと軽く、スムーズに操作できます。

さらに、プレス機能を搭載しているのもポイント。かけ面にはニッケルコートを施しているため滑りがよいうえ、衣類に応じて温度を3段階に調節できるのでスムーズにアイロンがけを行えます。コードレスで使いたい方は、ぜひ本機をチェックしてみてください。

東芝(TOSHIBA) コード付き衣類スチーマー La・Coo-S TAS-V5

軽量で長時間使える高機能な衣類スチーマーです。本体重量が約690gと軽く、タンク容量は約110mlとコンパクト。軽量で扱いやすいうえ、約10分の連続使用が可能なので、約3枚のワイシャツや約2着のジャケットを一度にお手入れできます。

スチーム量は約15ml/分で、「瞬間3倍ショット」機能を使えば、さらに大量のスチームを噴射可能。最短の立ち上がり時間は約23秒で、急いでいるときも手早く使用できます。

また、プレス機能を搭載しており、かけ面の温度を3段階に調節できるのもポイント。ニッケルコートが施されているため、滑りがよくスムーズにアイロンがけを行えます。使い勝手のよいプレス機能付きモデルとしておすすめです。

Tenswall 衣類スチーマー

リーズナブルで人気の高い衣類スチーマーです。お手頃価格ながらたっぷりとスチームを噴射でき、ラクに衣類のシワをのばせます。タンク容量は140mlで、約7〜8分の連続使用が可能です。

ハンドル部分には滑り止めが付いており、握りやすいのもメリット。また、タンク内の水がなくなると自動で運転を停止する安全機能も搭載しています。立ち上がり時間が約2分と長めなものの、シンプルで使いやすい衣類スチーマーとしておすすめのモデルです。

ウィリアムマーシャル LaKuun クイックスチーマー HSA001

スタイリッシュなデザインの人気衣類スチーマーです。立ち上がり時間が25秒と短く、素早く衣類のシワ取りを行うことが可能。重量は約500gと軽量で、重心のバランスにもこだわって設計されているため、スムーズに操作できます。

スチーム量は約14g/分で、タンク容量は100ml。さらに、大量のスチームで衣類をケアするだけでなく、プレス機能も利用できます。また、水がなくなると運転を自動停止する安全装置も搭載。コストパフォーマンスに優れたモデルとしておすすめの1台です。

石崎電機(ISHIZAKI ELECTRIC) たっぷりスチーマー SSH-851S

大容量のタンクを搭載した衣類スチーマーです。タンク容量が約400mlと大きいので、一度にまとまった量の衣類をシワ取りできるのが魅力。面積が大きいカーテンやソファといった、ファブリック製品のケアにもおすすめです。

かけ面にソフトなスポンジ素材を採用しており、衣類を傷めずにシワ取りできるのもポイント。生地の風合いや立体感を損なわずに仕上げられます。重量は約520gと軽く、コードが約3mと長いので、取り回しがよいのもメリット。タンク容量の大きさを重視する方はぜひ検討してみてください。

衣類スチーマーの楽天市場ランキングをチェック

衣類スチーマーの楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。