日本で代々受け継がれる伝統的な技法から生まれる製品を、世界に発信したいという思いから誕生したジャパニーズブランド「ファーロ」。熟練の職人さんたちがものづくりをすることを「手に花を咲かせる」という言葉で表現し、その言葉通りの美しい製品を今も作り続けています。今回は、日本の伝統美を継承するファーロの財布をご紹介します。

ファーロ(FARO) SPERIO FIN-CALF 長財布

派手なデザインのものは全くなく、奥ゆかしいものが多いのがファーロの特徴です。SPERIOはこのブランドの代表作で、薄いのに収納スペースがたくさんある財布。手に馴染むように上質なカーフレザー素材が、透き通るような透明感と日本らしい上品さを醸し出しています。

ファーロ(FARO) アスティ 二つ折り財布

しなやかなフォルムとコンパクトさがポイントの二つ折り財布は、必要最低限の機能だけを取り付けた無駄のないデザイン。カード入れや小銭入れが小さいのが二つ折り財布の難点と言われていますが、その心配もないほど十分な大きさがあります。ジャケットの内ポケットなど小さな隙間にも入れられるのも嬉しいポイントです。

ファーロ(FARO) SPERIO LIZARD

革の中でも最高級のリザード革を表に、裏には従来通りしなやかなカーフレザーを使用しているという贅沢な財布です。ザラザラした肌触りと軽さが特徴のリザード革と丈夫なカーフレザーを組み合わせることで、機能的な美しさとデザイン性の高さを証明。渋さが際立った男らしい財布ですね。

ファーロ(FARO) SANTELLO

開きのいいファスナーで中身を確認しやすく、表面の傷や汚れが見えにくい仕様になっています。二つ折りや長財布に比べて収納しやすいためボリューミーになってしまうのがファスナー型財布の欠点ですが、ファーロの伝統的な薄造りを生かすことでそれを抑え、スタイリッシュなものに仕上げています。

ファーロ(FARO) DUKE

表面が霜降りになっている個性的な三つ折り財布は、カードを取り出しやすくするため斜めにカットされていたり、小銭入れの部分だけ分厚くしているなど、細かいところにこだわりが感じられる一品。こういった唯一無二の財布を持っていれば、女性をあっと言わせること間違いなしですね。

ファーロ(FARO) 長財布 クロコダイル SPERIO

クロコダイルのアイテムを持つということは、男性にとってはかなりのステータス。硬い質感と表面の風合いは、誰が見ても一目でそれと分かります。マット加工にしていることで高級感もさらに上がり、さまざまな場面やシーンでこの財布を出せば、一目置かれる存在になること間違いなしです!

ファーロ(FARO) SPERIO CAMOUFLAGE 長財布

これまでの無地の財布とは打って変わって、カモフラージュ柄があしらわれています。しかし、そのカモフラージュ柄というのも決して不恰好なものではないモダンな柄。メンズの財布はそれほどデザインに差がないので、他の人とかぶらない財布が欲しいという方にはうってつけな財布です。

ファーロ(FARO) TRAFALGAR

お札とカードのみを収納できる財布でコインケースを別に持ち歩かなくてはいけませんが、パーティーシーンなどに活躍してくれます。素材には、シングルパッドと呼ばれる厳選された部分を採用。丁寧に仕上げることで、高級な財布がさらに高級感をまとっています。

ファーロ(FARO) DUKE ブライドルレザー3つ折ウォレット

ミニマムでヨーロピアンテイストのこちらは、閉めた時に洗練された逸品になります。素材もイギリスで古くから馬具に使われているブライドルレザーを採用。高級素材ならではの堅牢で耐久性に優れている部分が、手に取った瞬間に伝わってきます。程よく丸みを帯びたフォルムと、ハイクオリティーな素材・凡庸性の高さが誰からも好まれるでしょう。

ファーロ(FARO) CHALTON

先ほどと同じ霜降りの表面になっており、L字型のファスナーがついているなどデザイン性の高いものに。前述した通り表面が霜降りの状態になっていますが、中を開けると上品なブラウンのヌメ革になっています。外と中のギャップがあるだけにビジネスやパーティーのシーンだけでなく、ファッションアイテムの一つとして持ってもいいでしょう。

ファーロ(FARO) SILVIO

ここまで紹介した中で、最も収納力がある財布。お札とカードだけしか入りませんが、カードが12枚も入ります。発色のいい色はシンプルな作りのため、使い込んでいくことによって革の質感がさらに引き立ってきます。メンズの財布を選ぶ時、どうしてもシックな色を選んでしまいがちですが、このようなカラフルな色で遊び心のあるものにしてみてはいかがでしょうか。

ファーロ(FARO) EUSTON ブライドルレザージップウォレット

インディゴデニムのような鮮やかなブルーが目を惹くファスナータイプの財布。高品質で貴重なレザーをふんだんに使っているだけに、手触りも滑らかです。三色展開されているシリーズではありますが、この色が最も人気で完売も近いでしょう。インディゴなどブルー系の色は、男性が最も似合う色と言われているので、一度手に持てばその人の魅力を最大限に引き出してくれます。

ファーロ(FARO) CHALTON

こちらも同じくL字型ファスナーのデザイン。オーソドックスなファスナーの財布よりもコンパクトに作られているため、片手で持ち運んでもスタイリッシュな印象を与えることができます。チョコブラウンという色も渋すぎず、子供っぽさもなく絶妙。20代〜30代の色気が漂いつつある男性にぴったりな財布です。

ファーロ(FARO) AMARO LIZARD

最高級素材のリザードを二つ折り財布に使うと長財布に使うよりも、力強さがなくなったように感じます。少量のお札と2枚のカードしか入らない収納力の低いもので、まるで成功者にしか使うことができないよう。大人の男性にしか訪れない限られた場面でも、ストレスを感じたり我慢することなくスマートに振る舞うことを提案しています。

ファーロ(FARO) RIVOLTA

コインケースのような形をしていますが、これ一つで財布の機能を満たしてしまう優れた機能を持っています。ボタンを開けるとジャバラのように広がり、三分割されたポケットが登場。ファーロのテクニックが詰め込まれた財布と言っても過言ではないもので、形が決まっているメンズの財布業界に新しい風を吹かせてくれました。