「ウッドブラインド」は、日よけや目隠しのために窓にとりつけるアイテムです。プライバシーの保護や明るさのコントロールにも役立ちます。

しかし最近では、おしゃれなモノから機能性に優れたモノまで、さまざまな製品がラインナップされており、どれを選べばよいか迷ってしまうことも。そこで今回は、ウッドブラインドの選び方やおすすめの製品を紹介します。

ウッドブラインドのメリット・デメリット

メリット

By: rakuten.co.jp

ウッドブラインドを使用すると、スラットと呼ばれるブラインドの羽根の角度を変えるだけで、窓から入る光の量をコントロールできます。風を通しながら光を遮断できるため、湿度や温度を調節しやすいのもメリットです。

アルミや樹脂製のブラインドよりも静電気が発生しにくく、ホコリを寄せ付けにくいのも魅力。また、木材やクロスを使用した部屋に馴染みやすいのもポイントです。

デメリット

木製ブラインドを使用すると、スラットの隙間が生まれるので、カーテンに比べて遮光性・断熱性に劣るのがデメリット。また、暗めのカラーのブラインドの場合は、ホコリが目立ちやすい点も留意しておきましょう。

なお、軽量化された製品がラインナップされているものの、アルミや樹脂製などのブラインドよりも、重量が重い傾向に。設置のしやすさを重視したい場合には、軽量なウッドブラインドがおすすめです。

ウッドブラインドの選び方

取付け方をチェック

By: rakuten.co.jp

ウッドブラインドを選ぶ際は、取り付け方をチェックしておきましょう。取り付け方法は主に、天井付けタイプ・正面付けタイプ・カーテンレール付けタイプが展開されています。

天井付けタイプは、窓枠の内側にネジで留めるのが特徴です。窓枠にケーシングが付いていたり、窓際に家具を配置していたりする場合におすすめ。窓枠の内側に納まるため、部屋をすっきりと見せたい方にも適しています。

正面付けタイプは、窓枠よりもひとまわり大きく取り付けるのがポイント。ブラインドの厚みが前面に出るため、天井付けよりもブラインドの存在感が強くなる傾向がありますが、高い遮光効果を得られやすいのがメリットです。

カーテンレール付けタイプは、カーテンレールのランナーを外し専用の金具をはめて使用します。カーテンが壁に干渉しにくいのが魅力です。

仕様をチェック

By: amazon.co.jp

ウッドブラインドを選ぶ際は、仕様もチェックしておきましょう。ウッドブラインドは、各スラットが紐で繋がれています。ラダーコードで繋がれているタイプのウッドブラインドは、スラットを上げ下げする昇降コードが見えているのが特徴です。

一方で、紐の幅が広いモノをラダーテープと呼び、さまざまな素材やカラーパターンを展開しているのが魅力。また、ラダーテープはスリット部分に空いた穴を隠せるのもメリットです。用途や部屋の雰囲気に合わせて適した仕様の製品を選びましょう。

分割方式をチェック

By: rakuten.co.jp

ウッドブラインドのなかには、分割して取り付けられるタイプの製品もラインナップされています。ウッドブラインドは重量があるため、スムーズに取り付けをしたい方におすすめ。また、大きな窓にウッドブラインドを設置したい方にも適しています。

シーンに応じて一部のウッドブラインドを開閉できるのもメリット。利便性を重視する方におすすめです。

スラットの幅をチェック

By: rakuten.co.jp

ブラインドの羽根にあたる、スラット幅をチェックしておくのもポイントです。一般的にウッドブラインドのスラット幅は、25mm・35mm・50mmの3種類に分けられます。

大きな窓に取り付ける場合は、スラット幅50mmのモノがおすすめです。また、重厚感があるため、部屋の印象をスタイリッシュに演出しやすいのもメリットです。

小さめの窓にウッドブラインドを取り付けたいなら、スラット幅が25mmか35mmのモノをチェックしてみてください。

操作性をチェック

By: rakuten.co.jp

ウッドブラインドを選ぶ際は、操作性をチェックしておくのも重要です。ウッドブラインドには、ループコード式・コード式・電動式などの開閉方法が展開されています。

少ない力で開閉したい場合は、1本の紐で操作できるループコード式の製品がおすすめ。また、コード式はポールでスラット角度の調節でき、紐で開閉できるのがポイントです。

電動式のウッドブラインドは、操作しにくい場所に取り付けてあったり、複数台をまとめて操作したりする際にぴったり。取り付け場所や好みに適したモノを選んでみてください。

ウッドブラインドのおすすめ

ワンダライフ (WONDERIFE) ウッドブラインド

カラーバリエーションが豊富なウッドブラインドです。カラーは、ホワイト・ナチュラル・ミディアムブラウン・ダークブラウンの4種類をラインナップ。自分の好み合わせて選びやすいのがメリットです。

天井付けと正面付けの2パターンで取り付けが可能なので、部屋の雰囲気に合わせて設置できるのもポイント。スラットにはUV塗装がされているため、高級感があるのも魅力です。

ニトリ(NITORI) 木製ブラインド ヴェント 7410554

重量感のあるデザインが特徴のウッドブラインドです。素材に天然木のバスウッドを使用しているので、木ならではの質感やぬくもりを感じられます。インテリアをナチュラルな印象に仕上げたい方におすすめです。

コード式タイプで、ポールでスラット角度の調節をし、紐で開閉できるのがメリット。さらに、天井付け・正面付けが可能のため、部屋をすっきり見せたり、遮光性を高めたりと用途に応じて使い分け可能です。カラーは、ナチュラル・ミドルブラウン・ホワイトの3色をラインナップしています。

タチカワブラインド 木製ブラインド フォレティア25

スラット幅25mmのウッドブラインドです。操作方法はループ式のため、少ない力で操作しやすいのが特徴。また、昇降や角度調節なども行えます。

素材に天然木を使用しているため、あたたかみのあるデザインが魅力。さらに、カラーラインナップが豊富なので、インテリアや好みに合わせて選びやすいのもおすすめポイントです。

タチカワブラインド フォレティア電動50 ウッドブラインド

スイッチで開閉や調光操作などを行える電動式のウッドブラインドです。大型窓や高い位置にある窓などにおすすめ。さらに、フォルティアタッチを搭載しており、操作コードを引くだけでゆっくりとブラインドが降下するのもメリットです。

スラットに高級感のあるバスウッド材を採用しているのもポイント。また、20種類以上のカラーを展開しているため、さまざまなインテリアに馴染みやすいのも魅力です。

立川機工 ウッドブラインド 6270al

素材に天然木を使用しているウッドブラインドです。木材本来の質感を得られるので、ナチュラルテイストの部屋に馴染みやすいのがメリット。サイズは幅88×長さ108cmで、重量は約2.5kgです。

ポールでスラット角度を調節し、紐で開閉を行うコード式を採用しているのもポイント。また、取り付け方法は天井付けと正面付けに対応しているので、さまざまな用途に対応できます。

立川機工 ファーステージ ウッドブラインド 35

By: tachikawa-kikou.co.jp

スラット部分には天然木を使用しているので、自然そのものの質感を楽しめるウッドブラインドです。スラット幅は、小窓・掃き出し窓・腰高窓など、さまざまな窓に合わせやすい35mm。取り付け方法は天井付け・正面付けの2種類に対応しています。

ポールでスラット角度を調節でき、紐で開閉できるコード式タイプ。カラーは、ホワイト・ナチュラル・ウォルナット・チョコレートブラウン・ミディアムチェリーがラインナップされています。

aiika ウッドブラインド

天然木バスウッドを使用しているウッドブラインドです。スラットに木目そのもののよさを生かした6層UV塗装を施しているのが特徴。しっとりとした艶があるため、高級感のある見た目のウッドブラインドを探している方におすすめです。

耐久性に優れているので、劣化しにくく、長い期間使用し続けやすいのもポイント。また、2つのコードで操作する仕様で、左側のコードでスラットの角度を行い、右側のコードでブラインドの開閉操作が行えます。

スラット幅は35mm。カラーは、ホワイト・ナチュラル・ミディアムブラウン・ダークブラウンの4種類をラインナップしています。

ニチベイ(Nichibei) クレール

カスタマイズ性に優れているウッドブラインドです。スラット幅は35・55mmのどちらかを選択可能。さらに、ラダーコード式とラダーテープ式が展開されており、好みに合わせて選びやすいのがメリットです。

ヘッドボックスがスラットと一体となるようなデザインを採用しているので、高級感のある仕上がりになるのもおすすめポイント。取り付け方は、天井付けと正面付けに対応。カラーはナチュラル・ミディアム・ミディアムダークなど数種類がラインナップされています。

ナニック(nanik) ライトシリーズ ウッドブラインド

スラットの素材に桐の無垢材を用いているのが特徴のウッドブラインドです。スラット幅は50mm・63mmの2種類をラインナップしています。

独自の昇降機構を搭載しているので、スムーズに操作しやすいのもメリット。さらに、昇降安全装置が付いているため、安全に使用できるのもおすすめポイントです。カラーは、スノーフレーク・ライトベージュ・カフェクレームなどを展開しています。

ナニック(nanik) Gシリーズ ウッドブラインド

By: nanik.co.jp

素材に無垢のバスウッドを採用しているのが特徴のウッドブラインドです。ナニック独自の昇降システムを採用しているので、操作性に優れているのもメリット。また、スラットがきれいに揃うように独自の技法を用いているのも魅力です。

耐久性に優れているため、長く使用し続けやすいモノを探している方にもおすすめ。スラット幅は50mmで、サイズは幅161~180cm、高さ221cm~240cmから選択可能です。カラーは、ホワイト・ダークブラウン・ダークマホガニーを展開しています。

ナニック(nanik) プレミアムシリーズ ウッドバーチカル ブラインド

By: nanik.co.jp

縦型のウッドブラインドです。ルーバーが垂直に落ち、縦のラインが強調されるので、天井が高く見えるのが魅力。また、ホコリが溜まりにくいため、お手入れの手間を軽減したい方にもおすすめです。

ルーバーの素材にバスウッドの無垢材を使用。さらに、独自開発のヒンジ式分割が施されており、物が当たったときの衝撃を和らげられます。反りや曲がりも防止できるので、長い期間使用し続けやすいのもメリットです。

コードを引くとルーバーが開閉し、チェーンを引くと角度調節が可能。サイズは幅201~240cm、高さ151~200cmから選べます。

ノーマン(NORMAN) 桐ウッドブラインド

By: norman.co.jp

素材に軽量かつ、耐水性・断熱性・保温性を備えている桐を使用したウッドブラインドです。スマートプライバシー機能を搭載しているので、窓からの光漏れしにくいのが魅力。また、バランスとスラットのデザインを統一しているため、見た目がおしゃれなのもメリットです。

サイズは、 幅45~220cm 高さ30~300cmから選択可能。機能性とデザイン性を兼ね揃えたウッドブラインドを求めている方におすすめです。

ミクソン ウッドブラインド

スタイリッシュで高級感のある見た目が特徴のウッドブラインドです。素材に天然のバスウッドを使用しています。また、スラットの厚みは2.5mmを採用しているため、耐久性に優れているのもメリットです。スラット幅は35・50mm2種類から選べます。

サイズは幅34~200cm、高さ31~230cmから選択可能。取り付け方法は、天付けと正面付け両対応です。カラーは、ミディアムブラウン・ダークブラウン・ホワイト・ナチュラルの4種類をラインナップしています。

旭南ブラインド ウッドブラインド

比較的リーズナブルな価格で購入できるウッドブラインドです。コストパフォーマンスを重視したい方におすすめ。カラーはウォルナット・ダークブラウンなどがラインナップされており、部屋の雰囲気に合わせて選択可能です。

スラット幅は35mmのため、小さめの窓にウッドブラインドを取り付けたい方にもぴったり。また、カーテンレール付けに対応しているのもポイントです。さらに、横幅は10mmから150mm程度に、高さは約30mm刻みでカットができます。

Byrotson ウッドブラインド

スリット幅は50mmのため、大きめの窓に取り付けるのに適しているウッドブラインド。素材にバスウッドを使用しており、軽量で変形しにくいのがメリットです。

ラダーテープを採用しているので、遮光性に優れているのもポイント。さらに、ループコードでスラットを開閉するタイプのため、少ない力で開閉しやすく便利です。

レアレア ウッドブラインド

一枚無垢のバスウッドに6層UV塗装を施しているウッドブラインドです。耐久性に優れているので、長い期間使用し続けやすいのが魅力。また、高級感のある見た目のウッドブラインドを探している方にもおすすめです。

取り付け方法は、天井付けと正面付けの両方に対応可能。スラット間の隙間がないので、遮光性に優れているのもメリットです。カラーは、ダークブラウン・ミディアムブラウン・ナチュラル・ホワイトの4種類をラインナップしています。