キャンプシーンにおいて必須アイテムともいえる「ランタン」。光量の大きいガソリンタイプや点火が簡単なガスタイプ、安全性が高いバッテリー仕様のLEDタイプなどがあり、豊富なラインナップが揃っています。

そこで今回は、炎の揺らめきとあたたかみのある光色で根強い人気のある「灯油ランタン」のおすすめモデルをご紹介します。興味がある方はぜひチェックしてみてください。

灯油ランタンとは?

By: rakuten.co.jp

灯油ランタンとは、灯油を燃料とするランタンのこと。明るさはルーメンやキャンドルパワーという単位で表記され、数値が大きければ大きいほど明るく、しっかりと周囲を照らします。製品によってはワットに換算されている場合もあるので、比較する際は留意しておきましょう。

灯油ランタンの魅力

あたたかみのある炎で雰囲気UP

By: amazon.co.jp

灯油ランタンはあたたかみのあるオレンジ色の灯りで眩しすぎず、目にやさしいのが魅力。なかには広範囲を明るく照らせる光量を有しているモノもラインナップされています。揺らめく炎がキャンプの夜をムーディーに演出し、雰囲気をぐっと盛り上げるのでおすすめです。

燃料コストが安い

By: amazon.co.jp

灯油ランタンの燃料である灯油は、ガソリンスタンドなどで購入可能です。タンク容量にもよりますが、最大20時間程度持続するモデルもあります。ガソリンランタンやガスランタンに比べて燃費がよく、灯油自体も低価格なのでランニングコストを抑えられるのも魅力のひとつです。

暖房としても使える

灯油ランタンは照明としてだけでなく、暖房としても使用可能。冬キャンプの厳しい寒さをしのげるほどの暖房能力はありませんが、春や秋など少し肌寒いときに体をやさしくあたためます。夜空を眺めたいときや、外でお酒を飲みながらくつろぎたいときなどにおすすめです。

なお、テント内に持ち込むと一酸化炭素中毒を引き起こす危険があるほか、倒れて引火する恐れがあるので十分に注意しておきましょう。

灯油ランタンの選び方

灯油ランタンの種類をチェック

明るさ重視なら「圧力式ランタン」

By: amazon.co.jp

明るさを重視するなら圧力式ランタンがおすすめ。燃料となる灯油に圧力をかけ、ガスに気化することで安定した光量を保てます。

なお、灯油は常温では気化しにくく、圧力式ランタンを使う場合はポンピングやバーナーでタンクをあたためる「プレヒート」が必要。使用する前にやり方を確認しておきましょう。

燃費に優れた「フェアーハンド式ランタン」

By: amazon.co.jp

燃費を重視するならフェアーハンド式ランタンがおすすめ。ハリケーンランタンとも呼ばれ、燃費に優れ、圧力式ランタンと比べて燃焼時間が長いのがメリットです。

バーナーの中央にある灯芯が、灯油を吸い上げる仕組み。シンプルな構造なので、お手入れが簡単なのもポイントです。あたたかみを感じられる柔らかな光を放つモノが多く、テーブルライトに適しています。

明るさをチェック

By: rakuten.co.jp

灯油ランタンの明るさは「キャンドルパワー(CP)」「カンデラ(cd)」「ルーメン(lm)」という単位で表記されており、なかには「ワット(W)」に換算されているモデルも存在します。数値が大きいほど光量が多く、広範囲を明るく照らすことが可能です。

キャンドルパワーとカンデラは「1キャンドルパワー(カンデラ)=ロウソク1本分程度の明るさ」とされています。目安として、メインの照明として使用する場合は数値が200以上のモデルがおすすめ。ルーメンなら1000ルーメン以上、ワットなら200ワット以上あるとキャンプサイトを明るく照らせます。

メンテナンスのしやすさをチェック

By: rakuten.co.jp

灯油ランタンを選ぶ際は、メンテナンスのしやすさもしっかりチェックしておきましょう。圧力式はパーツが多く、構造も複雑なため、定期的なメンテナンスが必要。キャンプ上級者におすすめのアイテムです。

フェアーハンド式は芯の交換が必要ですが、構造がシンプルなので使い方もお手入れも簡単。アウトドアを本格的に楽しみたい方は圧力式、初心者や面倒な手間を省きたい方は手軽に使えるフェアーハンド式の灯油ランタンがおすすめです。

灯油ランタンのおすすめモデル|圧力式

コールマン (Coleman) ケロシン(灯油) ランタン 12022-L

機能性に優れたアウトドア用品を多数手掛けるコールマンの圧力式ランタン。燃焼時間は8.5時間、明るさは700ルーメンと広範囲を照らすので、メイン用ランタンとして活躍します。

本製品は、プレヒート時に使うアルコールのボトルに加え、マントルが2枚付属。構成されているパーツが少ないため、圧力式ランタンのなかでも比較的扱いやすく、メンテナンス性にも優れたおすすめのモデルです。

ペトロマックス(Petromax) 圧力式 灯油ランタン HK500

安価で高機能なアウトドア用品を取り扱う、ペドロマックス製の灯油ランタンです。圧力式のランタンを開発してから、ほぼモデルチェンジをせずに現在まで取り扱われている人気の製品。サイズは約直径170×高さ400mmとやや大きめで、重量は2.4kgです。

燃焼時間は約8時間と長く、デイキャンプや自宅での使用におすすめ。明るさは約500キャンドルパワーに対応しており、キャンプサイトを広く照らせます。また、高級感のあるデザインなのもポイントです。

ドイツブランドの製品ですが、取扱説明書は日本語に対応しています。そのほかにもジョウゴなどのメンテナンスに必要な工具が付属しているのも魅力。こまめなメンテナンスが必要ですが、その分愛着が湧きやすいおすすめアイテムです。

Lynx Cabin 灯油ランタン

クロムメッキが施された真鍮製の灯油ランタン。150キャンドルパワーとやや暗めですが、照明半径は1.5m程度で、アウトドアシーンにおいてはちょっとした照明としておすすめのアイテムです。

本製品の高さは30cmで、取っ手を伸ばし吊した状態であれば全長は45cm。重さは約1.6kgとなっています。連続点灯時間は12時間が目安。長く使い込むほど味わいが出てくるのも魅力です。

YOGOGO マルチフューエルランタン

リーズナブルな価格帯の灯油ランタンです。サイズは7×17×42cmで、重さは2kg。燃料タンク容量は1.5Lと大きめの容量となっています。明るさは500キャンドルパワーで、少人数のキャンプサイトを照らしたい場合におすすめです。

ボディは、シルバーを基調としたシンプルなデザイン。明るさを調節するダイヤルやピストンパーツなどに、ワンポイントとして赤色が配色されています。日本語の説明書が付属していないので、灯油ランタンの扱いに慣れている方におすすめです。

灯油ランタンのおすすめモデル|フェアーハンド式

デイツ(DIETZ) ハリケーンランタン78

手に入れやすい価格帯ながら、使い勝手に優れたハリケーンランタン。本体サイズは幅150×タンク径130×高さ265mmとコンパクトで、机に置いても邪魔になりにくいのが特徴です。

タンク容量は340mlと大容量で、燃焼時間は最大約20時間。明るさは7キャンドルパワーで、テーブル上を程よく照らします。

ホヤはレバー操作で簡単に上げ下げできるので、火入れが簡単です。ブラックとゴールドで高級感のある見た目になっているのもポイント。見た目にも機能性にもこだわりたい方におすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CS オイルランタン 中

幅160×奥行120×高さ250mmのお手頃サイズの灯油ランタンです。タンクの容量は200mlで、最大約14時間の燃焼が可能。日帰りのアウトドアや自宅で使用するのにおすすめです。

ハンドル部は吊っても安定するように、形状が工夫されているのもポイント。また、重量は約370gと軽量なので、取り回しも簡単です。

製品バリエーションが豊富なのもポイント。幅170×奥行140×高さ305mmの大型サイズ、幅120×奥行100×高さ190mmの小型サイズもラインナップされています。なお、アンティークな雰囲気のあるブロンズに加えて、中型サイズならブラック・カーキ・レッドから選択可能です。

フュアーハンド(Feuer Hand) ベイビースペシャル 276

ドイツブランドであるフュアーハンドの灯油ランタンです。本体サイズは幅150×高さ260mm。タンク容量は340mlで、燃焼時間は最大20時間以上と長いのが特徴です。明るさは約5ワットで、ムーディーな雰囲気を演出します。

芯の長さはツマミで簡単に調節できるほか、火入れやホヤの開閉も簡単なので、灯油ランタン初心者におすすめ。また、本製品はダークグリーンやブルー、イエローなどカラーバリエーションが多彩なのも魅力です。手持ちのキャンプ用品や、好みの色に合わせて選ぶとより雰囲気を楽しめます。

YOGOGO ケロシン(灯油) ランタン

直径95×高さ190mmと小型サイズのハリケーンランタンです。重量は約0.3kgと軽く、持ち運びやすいのがポイント。また、燃焼時間は20時間で、長時間使用できるのも魅力です。

そのほか、本製品は単体のみ以外に、2つセットのモノもラインナップ。気分に合わせて色違いを使用したり、複数の場所で使ったりといった用途で楽しめるほか、家族や友人とお揃いで使用するのにもおすすめです。

SM SunniMix ハリケーンランタン

価格を抑えてハリケーンランタンを楽しみたい方におすすめのモデルです。値段が灯油ランタンのなかでも比較的安価で、災害用やエントリーモデルとして使用するのに適しています。本体サイズは幅155×奥行115×高さ245mmで、テーブル上を照らすのにピッタリです。

ハンドルは吊り下げがしやすいように設計されているほか、給油口にはパッキンが付いているなど、有名ブランド品のランタンと遜色なく使えます。カラーはブラックとレッドの2種類がラインナップされているので、好みに合わせて選んでみてください。