ブッシュクラフトナイフは、火種となるフェザースティックを作ったり、薪を割ったり、調理に使ったりと幅広い用途で活用できるため、アウトドア愛好家の間では必需品となっているアイテムです。

そこで今回は、ブッシュクラフトナイフのおすすめ製品をご紹介。選び方についても併せて解説しているので、ぜひ製品の比較・検討に役立ててください。

ブッシュクラフトナイフとは?

By: amazon.co.jp

ブッシュクラフトナイフとは、自然のなかで生活するための行為である「ブッシュクラフト」で用いるナイフのこと。言葉としては、便利なキャンプ道具をなるべく使わず、自然環境で得られる材料で必要な道具を作り出すことを意味しています。

ブッシュクラフトナイフは枝を薄くカットした火付け用の材料「フェザースティック」を用意したり、「バトニング」と呼ばれる薪割りをしたりと多岐にわたり使用可能。料理においても、ナイフを用いて食材をカットできるので、汎用性が高く使えます。

ブッシュクラフトナイフの選び方

刃の素材をチェック

ステンレス

By: rakuten.co.jp

ステンレスはサビに強いため、水辺での使用や、料理での使用に適しています。メンテナンスの頻度が少なく、ブッシュクラフト初心者におすすめ。外観も洗練されているため、見た目にこだわる方にも選ばれている材質です。ただし、切れ味についてはカーボン製に劣るので、その点は注意しておきましょう。

カーボン

By: amazon.co.jp

カーボン製は「炭素鋼」とも呼ばれ、ステンレス製よりも切れ味に優れています。耐久性やメンテナンスのしやすさに優れていますが、サビやすいのがデメリット。定期的なメンテナンスを必要とするので、ナイフの扱いに慣れている方におすすめの素材です。

刃の形状をチェック

By: amazon.co.jp

ホローグラインド

ホローグラインドは、刃の断面で見ると薄くなる方向にアールがかかった形状のことです。先端が薄いので、刃を研いでも切れ味が長持ちするのが特徴です。しかし、刃の厚みが薄くなるぶん、ほかの形状に比べて強度の面では劣ります。

薪割りのような力仕事には不向きですが、フェザースティック作りや料理のような繊細な使い方には最適です。

コンベックスグラインド

コンベックスグラインドは、別名「蛤刃(ハマグリバ)」とも呼ばれ、刃の断面が刃先から背中にかけて膨らむようにアールがかかった形状のことをいいます。刃全体に厚みがあり、丈夫にできているのが特徴です。

刃こぼれもしにくいため、薪割りのような力仕事で使うのもおすすめ。ただし、刃が膨らんでいるので繊細な作業がしにくいほか、ほかの形状に比べて研ぎにくいので、その点は注意しましょう。

スカンジグラインド

スカンジグラインドは、刃の断面の途中から先端にかけてストレートに形成されているタイプ。刃が真っ直ぐで砥ぎやすいほか、強度も確保されているので、ブッシュクラフトナイフを初めて扱う方におすすめです。

刃は対象物に食い込みやすいので、フェザースティック作りのような繊細な作業に適しています。ただし、薪割りにおいては、刃と薪の接触面積が大きくなり、負荷はかかりやすくなるので注意しましょう。

グリップは握りやすく滑りにくいモノを選ぼう

By: amazon.co.jp

グリップは握りやすく、滑りにくいモノだと安定して切れるのでおすすめです。グリップが手の形に合わせてデザインされた製品ならフィットしやすく、快適に使用可能。また、凹凸のある模様が配置されていたり、ラバー素材が採用されていたりすると、グリップ力もあって安心です。

ナイフは使用時の安定感がないと、うまく対象物を切れないほか、ケガや道具が破損する恐れもあります。握りやすいモデルを選べば、そのぶん切りやすさも向上するので、ブッシュクラフトナイフを選ぶ際には必ずチェックしておきましょう。

ブッシュクラフトナイフのおすすめブランド

モーラナイフ(Mora kniv)

By: amazon.co.jp

スウェーデンのモーラ地方にて、1891年に創業した老舗のナイフメーカー。スウェーデン王室から御用達の認定を受けるなど、品質の高さに定評があります。また、インナップの豊富さや機能性に優れているのも特徴です。

カラーバリエーションが豊富なのもおすすめポイント。日本国内では直営店も増えつつあり、アウトドアイベントも開催されているので、興味のある方はぜひ利用してみてください。

ボーカー(BOKER)

By: rakuten.co.jp

ボーカーは200年以上の歴史がある、ドイツの老舗ナイフブランドです。アウトドアやハンティング用ナイフのほかにも、包丁やカミソリといった多岐にわたる刃物をラインナップ。耐食性や切れ味の持続力に優れていることから、多くのユーザーから支持を得ています。

なかでも「マグナム」シリーズのナイフは、リーズナブルで、コスパに優れた人気の製品。ナイフと付属のシースはどちらも丈夫で、安価ながらも長く愛用できるモデルです。

ブッシュクラフトナイフのおすすめモデル

モーラナイフ(Morakniv) Bushcraft Survival Black

ファイヤースターターと砥石がシースケースに付属した、使い勝手のよいブッシュクラフトナイフです。フェザースティック作りや火起こし、料理といったさまざまな場面で重宝します。切れ味が落ちても、付属の砥石を使えば現場で即対応できるのもポイントです。

刃はカーボン素材のためサビやすいのが難点ですが、切れ味や研ぎやすさは良好。刃の形状はスカンジグラインドのため、幅広い用途で使えます。ハンドルはラバー製なので、滑りにくいのもおすすめポイントです。

モーラナイフ(Morakniv) Companion MG

値段が安いので手に入れやすく、気兼ねなく使用できるブッシュクラフトナイフ。ステンレス製でサビにくく、お手入れの頻度も少なくすむので初心者におすすめです。ハンドルもラバー素材でできており、水気のあるシーンでも安心して使用可能。魚をさばくのにも使えるので、釣り場でも活躍します。

全長は約219mm、重量は約84gと小柄かつ軽量で、持ち運びと取り回しは良好。スカンジグラインドの刃形状で、扱いやすいのも特徴です。ただし、それほど強度は高くないので、薪割りにはやや不向き。エントリーモデルとしておすすめのモデルです。

ボーカー(BOKER) マグナム エルクハンター

比較的安価ながら、丈夫な作りのブッシュクラフトナイフです。小型ではありますが、刃の厚みは約4mmと肉厚で、薪割りもしやすい大きさ。刃の形状はホローグラインドで研ぎやすく、切れ味も長持ちします。

材質はステンレス製なのでサビに強く、料理で水気のある食材をカットするのにも最適。ハンドルはパールウッド素材で洗練されたデザインになっており、握りやすいように人差し指の箇所に凹みを設けているのもポイントです。

革製のシースも付属しており、長く使用すればするほど、味のある風合いを楽しめます。気になる方はぜひチェックしておきましょう。

ボーカー(BOKER) マグナム ライフナイフ

「生涯に1本しかナイフを所有できない場合」を想定して設計されたブッシュクラフトナイフ。全長は約200mm、刃の長さ約100mmと小さいので、携帯性に優れたモデルです。

刃の厚みは約4mmと厚く、フルタング構造のため丈夫な作りが特徴。刃はホローグラインドの形状を採用しており、切れ味は良好です。材質はステンレス製で耐食性に優れているので、調理用ナイフとしても活躍します。

ハンドルは凹凸のあるパターン配置で、グリップ力を向上。スペーサーは、赤色がワンポイントとなっており、デザイン性にも優れています。価格も比較的安価なので、ブッシュクラフトナイフのエントリーモデルとしてもおすすめです。

アーペクティー(APECTY) シースナイフ

440Cステンレス鋼を採用したブッシュクラフトナイフ。カーボン含有率が高く、切れ味鋭いのが特徴です。また、サビにも強く、バランスの取れた製品。フルタング構造のため、使用時に力を入れやすいのもポイントです。

ハンドルにABS樹脂素材を使用しているため、本体重量は90gと軽量。滑り止め効果があるので安定して使えます。付属のシースはスナップボタンで固定するため、着脱しやすい点も魅力です。価格も安く、アウトドア用ナイフのエントリーモデルとしてもおすすめ。製品全体が黒で統一されており、デザイン性にも優れています。

ジーサカイ(G.SAKAI) サビナイフ5 ワイルドハンター

刃物の町として有名な岐阜県関市のナイフメーカー「ジーサカイ」のブッシュクラフトナイフ。H-1鋼を使用しているのが特徴で、海辺のようなサビやすい環境でも安心して使用できるのが特徴です。ネジなどにもステンレスを採用しているので、刃以外の部品もサビにくい設計になっています。

刃の厚みは4mmと厚く、フルタング構造で丈夫。薪割りでの使用にも対応できます。シースは、軽量かつ耐衝撃性に優れたグラスファイバー強化ナイロンを採用。ワンタッチでベルトに取り付けが可能、かつ角度も自由に調節できるので使い勝手良好です。

ハンティング・フィッシング・登山といったアウトドア全般で活躍するのもポイント。ナイフを使う頻度の多い方におすすめです。

MOSSY OAK シースナイフ

ハンドルに天然の木材を使用し、高級感かつあたたかみのあるアイテム。ハンドルの形状は手にフィットしやすく、安定して使用できます。フルタング構造で丈夫な作りなのも魅力。刃の材質は3CR13ステンレスを採用し、耐久性に優れています。

サイズは全長が約275mm、刃の長さ約145mmと中型サイズで使い勝手がよいのも特徴。枝のカットや調理用として使用するのにも最適です。

重量も300gと重みがあるので、使用感も良好。付属の革製シースは、2箇所のスナップボタンで固定して収納できます。ベルトにも固定できるので、携帯するのに便利。ラフにナイフを使いたい方にもおすすめです。

バークリバー(BarkRiver) ブラボー1 A2 ブラックキャンパスマイカルタ ランプレス

「ブラボー1」は、アメリカのナイフブランドである「バークリバー」の人気シリーズ。刃の形状は、コンベックスグラインドを採用し、強固な作りが特徴です。

刃こぼれもしにくく、ナイフを頻繁に使うブッシュクラフトに最適の製品。刃の厚みは5.5mmと肉厚で、薪割りをしたい方にもおすすめです。

ハンドルも手にフィットしやすい形状で安定感があるのもポイント。重量も209gと重みがあるので、力が必要な場面で便利です。付属のシースは革製で、長期間使用すれば独特の風合いも楽しめます。予算に余裕のある方は、ぜひ検討してみてください。

オピネル(OPINEL) エクスプローラー#12

フランスの刃物メーカー「オピネル」の、折りたたみ式ブッシュクラフトナイフ。オピネル製品は熟練の職人による手作業で作られているので、品質に優れています。

折りたたみ式の構造なので、ソロキャンプや登山など携帯性を重視したい方にもおすすめ。また、ファイヤースターター・カッティングフック・ホイッスルを搭載しており、これ1本でさまざまな用途をこなせます。

刃はステンレス製を採用しているため、耐久性と耐食性も良好。刃の根本に回転式のセーフティロック機構を搭載しているのもおすすめのポイントです。

オピネル(OPINEL) ステンレススチール#12

ステンレススチール製の折りたたみ式ナイフ。機能がシンプルな分、軽量で携帯性に優れています。名前の通りステンレスの素材を採用し、サビに強いのが特徴です。

刃の根本には、ロータリー式のロック構造があり、未使用時に刃が出にくく安心。サイズは、#6から#12までの計6つの種類を展開しています。数字が小さいモノほど、ナイフのサイズも小型になるので、好みに合わせて選びましょう。

コロンビアナイフ(COLUMBIA KNIFE) SA39

リーズナブルながら、洗練されたデザインが特徴のブッシュクラフトナイフ。天然木のハンドルと、メーカーロゴマークが印字されたおしゃれなデザインで、高級感のある作りになっています。全長は270mmと中型サイズの大きさなので、使い勝手も良好です。

刃の厚みは3mmで、堅牢さに優れているのもポイント。また、ナイロン製のシースが付属。ベルクロとスナップボタンの2重固定式を採用しています。また、ハンドルの形状は手に合わせて成形されており、しっかりとホールドできるのも魅力です。