キャンプや登山といったアウトドアアクティビティに持っていくと便利なのが「モーラナイフ」。果物の皮を剥いたり薪を割ったりと幅広いシーンで活躍します。ただし、発売されているモデルの種類が多いため、どれを選んだらよいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、モーラナイフのおすすめモデルをご紹介します。選び方のポイントについても解説するので、気になっている方はぜひチェックしてみてください。

モーラナイフとは?

By: amazon.co.jp

モーラナイフはスウェーデンのモーラ地方に工場を構える、ナイフ製造の老舗ブランド。同ブランドのナイフはブランド名と同様に「モーラナイフ」と呼ばれます。

1891年に後のモーラナイフの前身となる輸送具工場を設立したのが事業のはじまり。低価格ながら実用性に優れた質の高いモノづくりをおこなっています。初心者はもちろん、コスパのよいアウトドアナイフを求める方におすすめのブランドです。

コンパニオンをはじめガーバーグ・ブッシュクラフト・クラシックなど、ラインナップされているシリーズやモデルの豊富さが特徴。目的や用途に応じたモデルを選びやすいのがモーラナイフの魅力です。

モーラナイフの選び方

刃の素材をチェック

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレス素材は耐食性に優れており、水分が付着してもサビにくいのが特徴です。汚れても水道水でさっと洗い流したあとタオルで拭き、必要に応じてオイルなどを塗るだけとメンテナンスは容易。こまめに手入れをするのが面倒な方におすすめの素材です。

ただし、耐食性が高い反面、刃は研ぎにくいのであらかじめ留意しておきましょう。切れ味より手軽さを求める方や、モーラナイフを初めて購入する初心者の方に適しています。

カーボンスチール

By: amazon.co.jp

カーボンスチール製のナイフはステンレス素材を採用した刃に比べて研ぎやすいのが特徴。切れ具合が悪くなった場合でも研ぐことで復活します。切れ味のよさを重視する方におすすめの素材です。

ただし、水に濡れたまま放置すると、サビが発生しやすいので注意しましょう。モーラナイフの手入れも所有する楽しみと考えられるなど、こまめなメンテナンスが苦にならない方にピッタリです。

用途に合ったモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

モーラナイフを購入する際には、用途に合った刃を備えた製品を選ぶことが重要です。焚き火用の薪を割るなどハードな作業に使用するなら、厚みのある丈夫な刃を搭載した製品を選びましょう。刃の背中部分を木などで叩いて薪を作るバトニングもおこなえます。

より耐久性の高いモーラナイフを求める場合は、刃を構成する金属板がハンドルの後端まで通っている、フルタング構造のモデルを選んでみてください。そのほか、細かな作業がしやすい刃渡りの短いモノなども発売されています。

機能性をチェック

By: amazon.co.jp

焚き火をする機会の多い方には、ファイヤースターター付のモデルがおすすめ。マッチやライターを持ち歩く面倒がなく、刃の背中部分とこすり合わせるだけで容易に火起こしがおこなえます。木の枝を割って薪を準備したり、薪の先端を細かく削ってフェザースティックを作ったりと、一連の作業がモーラナイフ1本でこなせるので便利です。

ハンドルに使われている素材も機能性にかかわるポイント。ラバー製のハンドルは手に馴染みやすいほか、滑りにくいため作業が安心しておこなえます。そのほか、さまざまな場所に取り付けられるマルチマウントシース付きのモデルなどもあるので、ぜひチェックしてみてください。

モーラナイフのおすすめ|ステンレス

モーラナイフ(Morakniv) ブッシュクラフト サバイバル

食材のカットなど幅広いシーンで活躍

キャンプで頻繁に焚き火をする方におすすめのモーラナイフ。ファイヤースターターを付属しており、ライターやマッチを持ち歩く手間がありません。未使用時にはホルダーにスッキリと収納でき、移動時の紛失が防げるのはもちろん、必要なときに素早く取り出して使えるなど使い勝手は良好です。

厚さ約3.2mmの丈夫な刃を搭載しているのも本モデルの特徴。薪割りや火起こしといった準備作業を1本でこなすことが可能です。また、刃の長さが約109mmあるので、食材のカットなど幅広い用途で活躍します。

ホルダー側面にダイヤモンドシャープナーを備えているのがポイント。シャープナーを持ち歩く面倒がなく、切れ味が鈍くなったと感じたらその場で研磨作業がはじめられます。

モーラナイフ(Morakniv) コンパニオン ヘビーデューティー ステンレス

初めてアウトドアナイフを購入する方にぴったり

厚さ約3.2mmの丈夫なステンレス刃を搭載した製品です。本体重量が104gと軽量に仕上げられているのが特徴。耐久性に優れており、かつ取り回しのしやすいモーラナイフが欲しい方におすすめのモデルです。刃渡りは約104mmあるため、調理などさまざまな用途で重宝します。

ラバー製のハンドルを採用。握りやすいうえ滑りにくいので、安心して作業をおこなうことが可能です。また、持ち歩く際に便利なプラスチック製のシースが付属しています。

ハードな用途に対応できるにもかかわらず、価格が手頃なのも本モデルの特徴。初めてのアウトドアナイフを検討している初心者の方にもピッタリです。

モーラナイフ(Morakniv) ガーバーグ マルチマウント

使い方に適した取り付けができる

厚さ約3.2mmの刃を採用した、フルタング構造のモーラナイフです。一般的な作業はもちろん、ハードな用途にも対応できます。

マルチマウントシースを付属しているのもポイント。ベルトループなどさまざまなマウントが用意されているため、使い方に適した取り付けが可能です。必要なときに素早く取り出して作業に取りかかれます。長く便利に愛用したい方はぜひ検討してみてください。

モーラナイフ(Morakniv) エルドリス スタンダード

細かな作業をおこなうのにおすすめのモデルです。長さが約59mmと、非常に短い刃を採用しているのが特徴のモーラナイフ。取り回しがよく、木を削るなどの用途で重宝します。そのほか、バターナイフとしても使えるなど多様なシーンで使用可能です。

全長は約143mmとコンパクト。重さも約80gと非常に軽量なので容易に持ち歩けます。ポケットに入れたり、首から下げたりできるため、携帯性を重視する方にピッタリのモデルです。

モーラナイフ(Morakniv) コンパニオン

安い価格が特徴のモーラナイフです。気軽に購入できる製品が欲しい方におすすめのモデル。アウトドアナイフをはじめて購入する初心者の方にピッタリです。

ラバー製のハンドルを搭載しており滑りにくいため、ナイフの扱いに不慣れな方でも安心して使用しやすいのが魅力。また、重さが約84gと軽量で取り回しがしやすいのも嬉しいポイントです。

ハンドルとシースのカラーバリエーションが豊富なのも本モデルの特徴。ミニタリーグリーンをはじめオレンジ・マゼンダ・ブルーなどがラインナップされています。

モーラナイフ(Morakniv) フィッシング コンフォート フィレット 090

釣り好きの方におすすめのモーラナイフです。厚みが約1.3mmと非常に薄い刃を搭載しているのが特徴。釣り上げた魚をさばくようなシーンで活躍します。また、長さが約90mmと短めの刃を採用しているため、容易に取り回すことが可能です。

ハンドル素材にはラバーを採用しているので、滑りにくくしっかり握れるのも魅力。さらに、サビに強いステンレス製の刃を装着しており、水辺や船上でも安心して使用できます。重さは約60gと非常に軽量。持ち運びに便利なプラスチックシースが付属しており、携帯性も良好です。

モーラナイフのおすすめ|カーボンスチール

モーラナイフ(Morakniv) ブッシュクラフト サバイバル ブラック

カーボンスチール素材を採用した、研磨のしやすいモーラナイフです。シース側面にシャープナーが付いており、切れ味が悪くなったと感じたらすぐに研げるので便利です。約3.2mmと厚みのある刃を備えているため、ハードな使い方にも対応できます。

火をおこす際に便利なファイヤースターターが付属。マッチやライターがない状況でも火を起こせます。キャンプや登山などさまざまなアウトドアシーンで活躍するおすすめのアイテムです。

モーラナイフ(Morakniv) ガーバーグ ブラックカーボン

フルタング構造を採用したモーラナイフです。堅牢性に優れたカーボンスチールモデルを探している方におすすめの製品。刃の厚みも約3.2mmあり、バトニングの際にしっかり叩くことが可能です。ブラックで統一されたブレードとハンドルが、スタイリッシュな印象を与えます。

レザーシースが付属するのも魅力。アウトドアシーンに馴染みやすく、加えて高級感も楽しめます。おしゃれで実用的なモーラナイフを探している方におすすめです。

モーラナイフ(Morakniv) 510

手頃な価格が特徴のモーラナイフです。気軽に購入できるカーボンスチール刃の製品がほしい方におすすめのモデル。刃渡りが約95mmと比較的小ぶりのため、取り回し性は良好です。

携帯や保管の際に便利なプラスチック製のシースが付属。重量は66gと軽量なので、持ち運びやすいのも魅力です。カーボンスチールモデルを試してみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

モーラナイフ(Morakniv) クラシック 3

ハンドル素材に樺材を採用したモーラナイフです。赤色に塗装された美しい木目が特徴。クラシックなデザインのアウトドアアイテムを集めている方におすすめです。

また、カーボンスチール製の刃を装着しており、研ぎやすいのが魅力。こまめにお手入れをして大切に使いたい方にも適しています。高級感のある見た目ながら、価格が比較的安いのもうれしいポイントです。