「バトニングナイフ」は、ブッシュクラフトでバトニング(薪割り)をするのに必要なアイテムのひとつ。斧や鉈と比べてコンパクトで、汎用性に優れているのが魅力です。しかし、さまざまなバトニングナイフが展開されているため、どれを選べばよいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、バトニングナイフのおすすめ製品と選び方についてご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

バトニングナイフとは?

By: amazon.co.jp

バトニングナイフとは、「バトニング(薪割り)」に適したナイフのことを指します。ブッシュクラフトで火起こしをする際は、バトニングで薪を細かく分けたり、フェザースティックを用意したりして着火しやすくするのが基本です。

大きな薪を割る、もしくは日頃からバトニングをするのであれば、斧や鉈を使ったほうが便利。しかし、斧や鉈は重量があり、うまく扱うには筋力や技術が必要です。

軽量性に優れているバトニングナイフなら、筋力に自信のない方でも扱いやすいのが魅力。携帯性・汎用性にも優れているので、アウトドアシーンで荷物を少なく抑えたい方にもおすすめです。

バトニングナイフの選び方

強度をチェック

By: amazon.co.jp

バトニングは、ナイフの刃の背中を叩き込んで行うため、強度の高いモデルを選びましょう。ナイフの強度が弱いと、叩き込んだときに破損してしまうほか、折れた刃によってケガをしてしまう可能性もあります。

バトニングナイフは、バトニング以外にもロープや木の枝を切ったり、モノによっては調理にも使えたりする汎用性の高さが魅力。ブッシュクラフトではハードな使い方をするシーンが多いので、安心して長く使うためにも強度のあるモデルがおすすめです。

刃の厚さをチェック

By: amazon.co.jp

バトニングナイフを検討する際は、刃の厚みもチェックしておきましょう。刃の厚みがあるほど強度が高く、薪を割りやすくなります。バトニングは薪に刃を入れたあと、別の薪で刃の背中を叩き込んで割るのが一般的。バトニングナイフの刃に厚みがあるモノなら、薪を広げるようにして割れるため、負担軽減も期待できます。

薄い刃の場合は、薪に刃を入れると内部で食い込んでしまい、ナイフが抜けなくなることも。また、薄い刃は厚みのある刃よりも力を要するので、なるべく厚みのあるモデルを選ぶのがおすすめです。

ブレードの長さをチェック

By: amazon.co.jp

バトニングするには、ブレードの長さも必要です。薪にバトニングナイフを食い込ませたあと、刃の背中を叩くには薪から出ているブレードの先端を使わなければなりません。そのため、ブレードが短いとブレードの背中を叩けず、薪を割るのが困難です。

ブレードの背中を広くして効率よく叩くためにも、割りたい薪よりも余裕のある長さのバトニングナイフを選びましょう。

バトニングにはフルタングナイフがおすすめ

By: amazon.co.jp

フルタングナイフとは、ブレードを含む金属がハンドルの端部まで一体になっているモノのことを指します。

バトニングはナイフのハンドル部分に大きく負荷がかかるため、破損してしまうことも。アウトドアで使用するナイフは、バトニング以外にもハードな使い方をすることが多いので、丈夫なフルタング構造のモデルを選ぶのがおすすめです。

バトニングナイフのおすすめ

シュレード(SCHRADE) アウトドアナイフ SCHF36


ブレードの素材にハイカーボン鋼を採用した、高級感のあるバトニングナイフです。本体はフルタング構造を採用。堅牢なナイフを必要とする方におすすめです。

ハンドルは手にフィットしやすいうえ、凹凸が施されているのが特徴。安定した作業をサポートします。頑丈で扱いやすいバトニングナイフを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

モーラナイフ(Morakniv) Companion MG


オールラウンドに使いたい方におすすめのバトニングナイフです。切れ味は良好で、刃こぼれもしにくい設計を採用。ブレードの材質は高品質なステンレス鋼を使用し、お手入れの手間を軽減できます。

ハンドルはTPEラバー素材を採用。グリップ力が高く、安定した作業を実現します。また、サイズは全長約21.9cm、ブレードの長さが約10.4cm、刃厚は約2.5mm。バランスのよいブレード長さと刃厚のため、幅広い用途で活躍します。

オーベー(AUBEY) 折りたたみナイフ 440C


折りたたみ式でコンパクトに持ち運びたい方におすすめのバトニングナイフです。本体裏面にポケットクリップを搭載しており、ポケットやベルトループに引っ掛けられるのが特徴。また、ロック機構付きなので、安全性も良好です。

刃厚は4.6mmと分厚い設計を採用。さらに、ブレードの鋼材は440Cステンレス鋼を使用しており、腐食に強く研ぎやすいのがメリットです。

ビクトリノックス(VICTORINOX) アウトドア マスター L 4.2261


フルタング構造による堅牢な作りで、安心して薪割りができるバトニングナイフです。ブレードの形状はスカンジグラインドを採用。バトニングがしやすく、研ぎやすいのがメリットです。

ハンドルは、耐熱性・耐水性・耐摩耗性に優れたマイカルタ素材を使用。また、等高線模様を施しているため、おしゃれな見た目も魅力です。

専用のシースとファイヤースターターが付属しているのも嬉しいポイント。シースの素材はカイデックスを使用しており、軽量性と防水性に優れています。機能性に優れたバトニングナイフを欲しい方におすすめです。

モーラナイフ(Morakniv) Companion Heavy Duty


コンパクトサイズで、持ち運びやすいバトニングナイフです。刃厚が約3.2mmと分厚い設計を採用。また、ブレードの長さは約10.4cm、全長約22.4cmなので、取り回しやすいのもメリットです。

刃にはステンレスを使用しているため、サビにくく、切れ味が長持ちしやすいのもおすすめポイント。さらに、ハンドルはグリップ力に優れており、濡れた状態でも扱いやすいのが魅力です。

ユニフレーム(UNIFLAME) UFブッシュクラフトナイフ 684177


ブッシュクラフトやキャンプ初心者にぴったりのバトニングナイフです。ブレードは、3.5mm厚に加工したステンレス鋼を採用。フルタングの頑丈な作りで、バトニングなどのハードな用途で活用できます。

全長は約23cm、ブレード長さは約11cmと取り回しやすいサイズで、フェザースティック作りにも便利。また、ブレードの背は角が立った設計のため、メタルマッチでの火おこしに対応できます。シンプルなデザインかつ、耐久性に優れたモノを求めている方におすすめです。

モーラナイフ(Morakniv) Bushcraft Survival Black M-11742


ファイヤースターターと、ダイヤモンドシャープナーが付属したバトニングナイフです。サイズは全長約23.2cm、ブレードの長さが約10.9cm、刃厚は約3.2mm。刃に厚みがあるので、安心してバトニングに使えます。

ブレードにカーボンスチールを採用しており、切れ味のよさと研ぎやすさが魅力。また、ハンドルは手にフィットしやすい形状のため、安定した作業を実現しています。

専用ケースにはベルトループとクリップを搭載。ベルト周りに身に着けられるため、必要なときにすぐナイフを取り出せます。使い勝手のよいバトニングナイフを求めている方におすすめです。

コロンビア(Columbia) Saber Sanjia Model K603


耐久性に優れたバトニングナイフです。本体はフルタング構造かつ、刃厚が4mmと分厚いのが特徴。アウトドアでのハードな用途におすすめです。

全長は26cm、ブレード長さは14cmとやや長め。また、ブレード形状はスピアポイントを採用しており、耐久性を備えています。丈夫なバトニングナイフを探している方におすすめです。

APECTY シースナイフ


メンテナンスの手間を少なくしたい方におすすめのバトニングナイフです。ブレードの素材に58HRCの硬度を有するステンレス鋼を採用。サビに強く、ナイフを研ぎやすいのがメリットです。

本体のサイズは全長約27cm、ブレードの長さ約14cm、刃厚が約3mm。加えて、フルタング構造を採用しているので、耐久性に優れているのも魅力です。

MOSSY OAK フルタングシースナイフ


木製ハンドルで握りやすいバトニングナイフです。ハンドルの素材はヒッコリー材を使用。手にフィットしやすいほか、使うほどツヤとあたたかみを楽しめます。

本体はフルタング仕様のため、優れた耐久性を実現しているのもおすすめポイント。また、サテン仕上げしたステンレスブレードを採用しており、サビに強いのもメリットです。

ナイフの全長は27.5cm、ブレードの長さ13.5cm、刃厚は付け根部で約3.7mm。加えて、専用のシースが付属しているので、収納や携帯にも便利です。

バトニングナイフの売れ筋ランキングをチェック

バトニングナイフのランキングをチェックしたい方はこちら。