バトニングナイフは、ブッシュクラフトでバトニング(薪割り)をするのに必要なアイテムのひとつ。斧や鉈と比べてコンパクトで、汎用性が高く使えます。しかし、どのようなナイフがバトニングナイフに適しているのか分からない、初心者の方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、バトニングナイフのおすすめ製品と選び方についてご紹介します。ぜひ参考にして、お気に入りのバトニングナイフを探してみてください。

バトニングナイフとは?

By: amazon.co.jp

バトニングナイフとは、「バトニング(薪割り)」に適したナイフのことを指します。ブッシュクラフトで火起こしをする際は、バトニングで薪を細かく分けたり、フェザースティックを用意したりして着火しやすくするのが基本です。

大きな薪を割る、もしくは日頃からバトニングをするのであれば、斧や鉈を使ったほうが便利。しかし、斧や鉈は重量があり、うまく扱うには筋力や技術が必要です。

軽量性に優れているバトニングナイフなら、筋力に自信のない方でも扱いやすいのが魅力。携帯性・汎用性にも優れているので、アウトドアシーンで荷物を少なく抑えたい方にもおすすめです。

バトニングナイフの選び方

強度をチェック

By: amazon.co.jp

バトニングは、ナイフの刃の背中を叩き込んで行うため、強度の高いモデルを選ぶようにしましょう。ナイフの強度が弱いと、叩き込んだときに破損してしまうほか、折れた刃によってケガをしてしまうこともあります。

バトニングナイフは、バトニング以外にもロープや木の枝を切ったり、モノによっては調理にも使えたりする汎用性の高さが魅力。ブッシュクラフトではハードな使い方をするシーンが多いので、安心して長く使うためにも、強度のあるモデルがおすすめです。

刃の厚さをチェック

By: amazon.co.jp

バトニングナイフを検討する際は、刃の厚みもチェックしておきましょう。刃の厚みがあるほど強度が高く、薪を割りやすくなります。バトニングは、薪に刃を入れたあと、別の薪で刃の背中を叩き込んで割るのが一般的。バトニングナイフの刃に厚みがあるモノなら、薪を広げるようにして割れるため、負担軽減も期待できます。

薄い刃の場合は、薪に刃を入れると内部で食い込んでしまい、ナイフが抜けなくなることも。また、薄い刃は厚みのある刃よりも力を要するので、なるべく厚みのあるモデルを選ぶのがおすすめです。

ブレードの長さをチェック

By: rakuten.co.jp

バトニングするにはブレードの長さも必要です。薪にバトニングナイフを食い込ませたあと、刃の背中を叩くには、薪から出ているブレードの先端を使わなければなりません。そのため、ブレードが短いとブレードの背中を叩けず、薪を割るのが困難です。

ブレードの背中を広くして効率よく叩くためにも、割りたい薪よりも余裕のある長さのバトニングナイフを選ぶようにしましょう。

バトニングにはフルタングナイフがおすすめ

By: amazon.co.jp

フルタングナイフとは、ブレードから伸びたナイフのハンドル部分に取り付けるための金属部分が、ハンドルの端部まで一体になっているモノのことを指します。

バトニングはナイフのハンドル部分に大きく負荷がかかるため、破損してしまうことも。アウトドアで使用するナイフは、バトニング以外にもハードな使い方をすることが多いので、丈夫なフルタング構造のモデルを選ぶのがおすすめです。

バトニングナイフのおすすめ

モーラナイフ(Morakniv) ガーバーグ レザーシース

耐久性に優れ経年劣化に強い

軽量で取り回しやすいバトニングナイフ。全長約229mm、刃体の長さ約109mm、刃の厚みが約3.2mm、重量は約170gのスペックです。フルタング構造のモデルで、頑丈な作りが特徴。取り回しがしやすいほか、持ち運びの負担も軽減します。

ブレードはステンレス素材で、耐久性と耐食性に優れているのもポイントです。また、本製品はレザーシースも付属。レザー素材は上質感があり、経年劣化による外観の変化も楽しめます。

MOSSY OAK シースナイフ MO18030A.JP

コストパフォーマンスの良いモデル

機能性のよさと価格の安さが魅力のバトニングナイフです。全長約225mm、刃体の長さ約105mm、重量は約240g。ハンドルが天然ウッド素材かつ、波の形状で手にフィットしやすいモデルです。材質はステンレスを採用し、耐久性と耐食性に優れています。

フルタング構造のナイフのため、ハードな使い方にも対応可能。重量のバランスがよく、扱いやすいのも魅力です。さらに、専用ケースも付属しています。専用ケースはベルトループ付きで携帯性も良好。価格が安いモデルのため、予算をなるべく抑えたい方にもおすすめです。

ケーバー(KA-BAR) ベッカー コンパニオン BK2

ハードな使い方が多い場合におすすめのナイフ

刃の厚みが約6mmと分厚く、頑丈なバトニングナイフ。カーボン製のブレードにはブラックパウダーコーティングが施されています。強度に優れているほか、サビに強い設計。ブレードの切れ味も良好です。

ナイフの全長は約270mm、ブレードの長さは約123mm。長さがあり、ハードな使い方の多いアウトドアシーンにもぴったりです。また、ハンドルの端にはヒモを通すための穴を搭載していて便利。ほかにも、付属のシースはベルトに巻き付けられるため、携帯性に優れています。

ビクトリノックス(VICTORINOX) アウトドアマスター L 4.2261

薪割りに適した堅牢な作りのバトニングナイフです。フルタング構造のモデルかつ、耐熱・耐水・耐摩耗性に優れたマイカルタ製のハンドルを備えています。

ブレードの形状は、刃先がフェザースティックなどの細かい作業をするのに適したドロップポイントを採用。さらに、ブレードを研ぎやすく、バトニングに適したスカンジグラインド仕様です。

また、ブッシュクラフトや災害時に便利なファイヤースターターが付属。着火しやすいよう、ブレードの背中はわずかに角度を付けた形状で作られています。

シースは軽量性・耐久性・防水性に優れたカイデックス製。ファイヤースターターの収納も可能なほか、ナイフの刃全体をしっかりと保護します。

NedFoss シースナイフ 8Cr13Mov

先端が跳ね上がったブレードの形状が特徴的なバトニングナイフです。フルタング構造で切れ味・研ぎやすさ・耐久性に優れており、ブレードに負担のかかりやすいバトニングにおすすめのモデル。ナイフは全長約290mm、刃体長さ約148mm、刃の厚さ約5.5mmのスペックです。

重量は約375gと重みがあり、力を要する作業にぴったり。ハンドルにはガラス繊維を積層した材料を採用。水に濡れても滑りにくいため、快適に使用可能です。

シースは黒鞘に漆加工を施したおしゃれなデザイン。ひとつひとつブレードに合わせて仕上げられています。シースはベルトループを搭載し、腰にぶら下げての携帯が可能です。

バークリバー(BarkRiver) ブラボー1 A2 BR-B1A2-101

ブッシュクラフトやキャンプ、フィッシングなどの幅広いシーンで活用できる万能なバトニングナイフ。バークリバーのナイフは職人の手で1本1本作られている品質の高さが魅力です。本製品はフルタング構造を採用し、ハードな使い方にも耐えられる耐久性を有しています。

刃の全長は230mm、刃体長さは108mm、刃の厚みは6mmのスペック。刃の形状は手研ぎによるハマグリ刃を採用しています。刃の先端から背中にかけて厚みがあるので、バトニングにおすすめの形状です。

ブレード素材はA2工具鋼を採用。炭素系の鋼材のため、サビに注意する必要があるものの、粘りがあり切れ味に優れています。

APECTY シースナイフ 刃長14CM

アウトドア初心者にもおすすめの使いやすいバトニングナイフです。ナイフの全長は約270mm、刃体長さは約140mm、刃の厚みは約3mm。重量は約100gと軽量で、取り回しやすい設計です。

ブレードの素材はステンレスを採用し、耐久性と耐食性に優れています。メンテナンス性も良好です。ブレードはフルタング構造。バトニング・ロープの切断・調理などの幅広い用途で使用できます。

ハンドルは表面に凹凸を設けたデザイン。滑りにくく、力の必要な作業や細かい作業がしやすい設計です。ハンドル素材は樹脂を採用し、耐水性と耐久性に優れています。水辺でのキャンプにも使える汎用性の高さが魅力です。

オルファワークス(OLFA WORKS) アウトドアナイフ サンガ オリーブドラブ OW-SG1-OD

アウトドアシーンで万能に使える、フルタング構造のバトニングナイフ。オルファワークスはカッターナイフで有名なオルファのブランドで、信頼性が高いのも魅力です。

ナイフの全長は232mm、刃体長さは100mmとコンパクトなサイズが特徴。刃の厚みは3.2mmで耐久性に優れています。刃の材質はステンレスを採用し、水辺での使用や雨のなかで使用してもサビにくい仕様です。

ブレードの形状はハマグリ刃を採用。切れ味も良好。ナイフの背中は角が立っているので、ファイヤースターターで着火しやすいのもポイントです。

また、グリップは人間工学に基づいたデザインで、握りやすい形状。ガラス繊維を配合した素材により、強度も備えています。ほかにも、付属のシースは3mm厚のポリプロピレン素材を採用。耐衝撃性に優れ、万が一落としても割れにくい作りも魅力のひとつです。

G・サカイ サビナイフ5 ワイルドハンター 11436

サビに強いH-1鋼を採用したバトニングナイフです。G・サカイは、刃物で有名な岐阜県関市のメーカーで、高い品質が魅力。本製品は木の枝を切ったり魚を捌いたりと幅広い用途で使えるモデルです。

H-1鋼は炭素を含まないため、炭素からサビが発生しないのが特徴。サビの耐性が強いため、海でも使用可能。刃は強靭かつ切れ味がよいことから、さまざまなアウトドアシーンで活用できます。

刃は丈夫なフルタング構造を採用。強度があり、ハードな使用に耐えられます。ブレードの根本は窪みを設けており、細かい作業をするのにも便利です。

付属のシースは材料にグラスファイバー強化ナイロンを使用。落下などによる衝撃にも耐えられます。また、ベルトへ取り付けた際、角度を自由に調節できるのもポイントです。

ベアボーンズ(BAREBONES) No6 フィールドナイフ2.0 20233009000000

高級感のあるデザインと扱いやすさが魅力のバトニングナイフです。ハンドルはウォールナット材を採用し、高級感と耐久性を両立。シースはワックスドキャンバスとレザーを使用しており、おしゃれな見た目も楽しめます。

フルタング構造のモデルのため、ブレードの耐久性も良好です。高炭素焼き戻しスチールブレードを採用しており、切れ味に優れているため、ナイフの扱いに慣れていない方にもおすすめ。簡単にバトニングやフェザースティック作りを行えます。