料理や薪割り、サバイバルキャンプなど幅広いアウトドアシーンで活躍する「アウトドアナイフ」。シースナイフ・フォールディングナイフ・ツールナイフと種類があり、ステンレスやカーボンスチールなど刃の素材もさまざまで選ぶのは大変です。

そこで今回は、おすすめのアウトドアナイフをタイプ別にご紹介。アウトドアナイフの種類と特徴をはじめ、選び方やおすすめブランドも詳しく解説するので、ぜひチェックしてみてください。

アウトドアナイフの種類と特徴

シースナイフ

By: amazon.co.jp

シースナイフは折りたたむ機能がなく、刃をシース(さや)に収めて携帯するタイプ。ブレードとハンドルが一体となっているため頑丈で衝撃に強く、耐久性に優れているのが特徴です。刃渡りが長く携帯性にはやや欠けますが、シンプルな構造で扱いやすいので初心者に人気。切れ味が落ちても研ぎやすいなどメンテナンスも簡単です。

サバイバルキャンプやブッシュクラフトなど本格的なアウトドアで使用するなら「フルタング」と呼ばれるシースナイフがおすすめ。ナイフの先端からハンドルの末端まで1枚の鋼材で構成されています。ハンドルとタング(柄の中の芯)が同じ形状で、ハンドルで挟み込むように固定されているため、より堅牢で強固な作りです。

フォールディングナイフ

By: amazon.co.jp

フォールディングナイフは折りたたみ式のナイフのことで、刃をハンドル部分に収納できるのが特徴。コンパクト収納が可能で携帯性に優れているうえ、安全に持ち運べるのが魅力です。

シースナイフに比べて構造が複雑なため、メンテナンスのしやすさと頑丈さには劣りますが、小枝や食材を切るのには十分。ブレードの形状によってはロープも切断できます。キャンプ場での使用のほか、渓流や中型の魚を狙った海釣りなどにもおすすめです。

また、フォールディングナイフは刃が可動するため、ほとんどのモデルに刃を固定するロック機能が搭載されています。ハンドルの背面にロック解除ボタンが付いた「ロックバック式」や、刃を開くとハンドル内部にあるライナーが内側に寄って刃を支える「ライナーロック式」などモデルによってさまざまです。

ツールナイフ

By: amazon.co.jp

「アーミーナイフ」「十徳ナイフ」「万能ナイフ」とも呼ばれているツールナイフ。栓抜き・缶切り・ドライバーなど多種多様のツールが一体となっており、キャンプや登山などのアウトドアだけでなく、自宅やガレージなど幅広いシーンで活用できます。

シースナイフやフォールディングナイフに比べて切れ味や頑丈さは劣りますが、さまざまなツールをコンパクトにまとめて持ち運べるのが魅力。キャンプや登山などできるだけ荷物を減らしたいアウトドアにおすすめです。防災用として1本自宅に常備しておくと、災害などの非常時にも役立ちます。

アウトドアナイフの選び方

用途に合ったナイフを選ぶ

本格的なアウトドアやサバイバル

By: amazon.co.jp

最低限の装備で自然の中で過ごす「サバイバル」や「ブッシュクラフト」など、本格的なアウトドアで必須アイテムとなるのがアウトドアナイフ。自然界のモノを利用して生活するため、道具を自作する必要があります。薪割りやペグの削り出しなどハードな使用が想定されるため、頑丈で耐久性に優れたシースナイフがおすすめです。

また、クライミングなどハードな登山ならギザギザの波刃が付いたアウトドアナイフがぴったり。ロープの切断や捨て縄作りなどロープワークで役立ちます。波刃の付いたフォールディングナイフやツールナイフであればコンパクトに持ち運べるので便利です。

料理や素材の処理

By: amazon.co.jp

設備が整ったキャンプ場でアウトドアナイフを使用するならフォールディングナイフがおすすめ。食材をカットしたり釣った魚を処理したりするのに使えるだけでなく、小枝をカットするのに十分な機能を備えています。

折りたたんでコンパクトに持ち運べるのでかさばりにくく、荷物が多くなりがちなキャンプにぴったり。耐久性・耐食性に優れたステンレス性の刃であれば、生ものの調理や水洗いの際に錆びを気にせず使えます。缶切りや栓抜きなどが付いたツールナイフをサブナイフとして用意しておくとより便利です。

薪割りや木材の加工

By: amazon.co.jp

斧や鉈がなくてもアウトドアナイフがあれば「バトニング」という技術で薪を割ることが可能。薪の上部に刃を置き、薪や木の棒でナイフの背を叩いて割るため的を外しにくく、余計な力を使わずに簡単に薪割りが行えます。

薪割りだけでなく、木の表面を薄く削り、鳥の羽根のように毛羽立たせて着火しやすくする「フェザースティック」や、木を削り出してペグを作るなど木材の加工にも活躍。いずれもハードな使用となるので、シースナイフのなかでもより堅牢なフルタングがおすすめです。

ブレードの素材をチェック

By: amazon.co.jp

アウトドアナイフのブレードの素材は「ステンレス」と「カーボンスチール」が主流です。ステンレスは耐食性・耐久性に優れているのが特徴。カーボンスチールに比べて切れ味は劣りますが、丈夫で錆びにくいうえ、お手入れが簡単で扱いやすいので初心者にもおすすめです。

カーボンスチールは錆びやすいため、こまめなメンテナンスが必要ですが、硬い素材で切れ味は良好。ステンレスに比べて研ぎやすく、短時間で刃を鋭くできるのもポイントです。メンテナンスのしやすさを重視するならステンレス、切れ味を優先するならカーボンスチールと、使い方や目的に合わせて選んでみてください。

ブレードの形状をチェック

By: amazon.co.jp

アウトドアナイフは種類や素材だけでなく、ブレードの形状によっても切れ味が異なります。ブレードが内側にくびれたホローグラインドは薄くて軽いため強度には欠けますが、繰り返し研いでも薄い刃を持続し、シャープな切れ味をキープできるのが特徴。ハードな使用よりも料理など軽い作業に向いています。

断面が平らなフラットグラインドは強度・切れ味・重量・研ぎやすさのバランスがよく、使いやすいのが魅力。ある程度ハードな使用にも耐えられるので、サバイバルなどにもおすすめです。スカンジグラインドは刃の中央あたりから先端にかけてストレートになっているタイプ。強度があり扱いやすいためブッシュクラフターから人気を集めています。

はまぐり刃とも呼ばれているコンベックスグラインドはホローグラインドとは逆で、側面がR状に膨らんでいるのが特徴。重量があり切れ味は劣りますが、斧や鉈にも採用されている形状で頑丈なため薪割りも可能です。

グリップは滑りにくい形状や素材のモノを選ぼう

By: amazon.co.jp

アウトドアナイフはグリップの形状や素材によって使いやすさが異なります。滑りやすく握りにくいモノは力を入れにくいだけでなく、手からすっぽ抜けてしまう恐れがあるなど安全性に欠けるので、選ぶ際はしっかりチェックしておきましょう。

グリップの形状は、手の形に合わせて緩やかにカーブしているモノや凹凸が付いているモノなら、滑りにくくしっかり握れるので安定した使用感が得られます。また、ラバーなど滑りにくい素材を採用したモノのほか、グリップ表面にエンボス加工など、滑り止め加工が施されたモデルもおすすめです。

アウトドアナイフのおすすめブランド

モーラナイフ(Mora knife)

By: amazon.co.jp

創業130年以上の歴史を持つスウェーデンの老舗ナイフブランド「モーラナイフ」。品質の高さからスウェーデン王室御用達の認定を受けており、「世界一の実用ナイフ」とも称されています。アウトドアナイフだけでなく、キッチンやカービング用などラインナップが豊富で用途に合わせて選びやすいのが特徴です。

モーラナイフのアウトドアナイフは、切れ味と耐久性に優れながら手ごろな価格で手にしやすいのが魅力。主にシースナイフを取り扱っており、ほとんどのモデルがグリップ素材にラバーを採用しています。シンプル構造で扱いやすく、握りやすいので初めての方にもおすすめです。

ガーバー(GERBER)

By: gerbergear.com

「ガーバー」は1939年に創業したアメリカのナイフメーカー。アーサー王伝説に登場する岩に刺さった剣・エクスカリバーのロゴで広く知られています。ナイフをはじめ、ガラスブレーカーを搭載した戦術ペンや小物の管理に便利なディフェンダー、トレイル用のカラトリーなど幅広く取り扱っているのが特徴です。

ガーバーはさまざまな種類のアウトドアナイフを取り揃えているため、シーンに応じて選びやすいのが魅力。職人や軍隊で採用されているだけあって、堅牢で実用性に優れています。サバイバルやブッシュクラフトなどハードな使用にもおすすめです。

オピネル(OPINEL)

By: amazon.co.jp

120年以上の歴史を持つフランスの老舗ナイフメーカー「オピネル」。ナイフとしての機能性だけでなくデザイン性も高く評価されており、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館の「世界で最も美しい100のプロダクト」にも選ばれています。アウトドアだけでなく、芸術や料理など幅広いジャンルに対応したナイフを展開しているのが特徴です。

アウトドアナイフにおいては、フォールディングナイフをメインに取り扱っています。ほとんどの製品にセーフティーロック機能を搭載しているほか、刃先を丸めたナイフなど安全性の高い製品を展開しているので初心者にもおすすめ。また、グリップに天然木を採用したモデルが多く、手に馴染みやすいのもポイントです。

アウトドアナイフのおすすめ|シースナイフ

モーラナイフ(Mora knife) コンパニオンMG カーボン

優れた切れ味を備えた手ごろな価格のアイテム

価格重視の方におすすめのアウトドアナイフです。手ごろな価格ながら、カーボンスチールによる優れた切れ味を備えています。料理はもちろん、フェザースティック作りや細めの薪割りにも活躍。錆びやすくお手入れに手間が掛かりますが、刃持ちがよく切れ味が落ちても短時間で研げます。

グリップは握りやすい形状であるのに加え、ラバー素材により滑りにくい仕様。刃長約104mmと使いやすい長さで、キャンプやハイキングに適しています。ナイフのみの重量約77gと軽量で携帯しやすく、長時間使用しても腕に負担が掛かりにくいのもポイント。軽くて扱いやすいプラスチック製のシースが付属しています。

モーラナイフ(Mora knife) コンパニオン ヘビーデューティー ステンレス


水に強くキャンプやフィッシングなどにぴったり

リーズナブルな価格ながら丈夫で使いやすいアウトドアナイフです。ブレードの素材に錆びに強く耐久性に優れたステンレスを採用。加えてシースがプラスチック製で水に強いため、海・川辺でのキャンプやフィッシングなど水に濡れやすいシーンでの使用におすすめです。

刃長約104mm、刃厚約3.2mmと細かい作業がしやすいサイズで、料理からクラフトまで幅広く活用できます。比較的強度も備えているので、軽い薪割り程度なら対応可能。ラバー素材のグリップで握りやすいのも魅力です。

モーラナイフ(Mora knife) ガーバーグ マルチマウント


高い耐久性で錆びにも強くお手入れしやすい

多くのキャンパーに愛用されているモーラナイフのフルタングモデルです。グリップエンドからブレードがはみ出した堅牢性の高い構造で、バトニングも可能。素材にステンレスを採用しているので耐久性も良好です。錆びにも強いためお手入れしやすく、天候や環境を気にせず使用できます。

刃厚約3.2mmと薄すぎず、適度な厚みで幅広い用途に使いやすいので、アウトドアナイフの利用シーンが多いブッシュクラフトにもおすすめです。グリップの素材に耐久性・弾力性に優れたポリアミドを採用。手に馴染みやすく素手で握ってもベタつきにくいのが魅力です。

ベルトループとマルチマウントシースが付属しているのもポイント。リュックのショルダーベルトやズボンのベルトループなど、シーンに合わせて使いやすい場所に取り付けられます。

ヘレ(Helle) ディディガルガル 610


ブッシュクラフトで多くのキャンパーが愛用するヘレのアウトドアナイフです。刃長129mm、刃厚3mmと長さと厚みがあるのに加え、堅牢なフルタング構造でバトニングなどハードな使い方に向いています。木材の加工など細かい作業がしやすく、研ぎやすいので初心者にもおすすめです。

ハンドルに天然木を採用しているほか、職人の手でひとつひとつ作られているのも魅力。刃の素材には丈夫で錆びに強い12C27ステンレススチールを採用しているので、メンテナンスや管理が簡単です。本革製のシースが付属しているのもポイント。高級感があり、経年変化による風合いが楽しめます。

ジー・サカイ(G・SAKAI) サビナイフ2 サバキ3寸


刃物の街として知られる岐阜県関市に拠点を置き、精度の高い製品を展開するナイフメーカー「ジー・サカイ」のアウトドアナイフです。ブレードの素材にローカーボンステンレス、ネジなどの部品に18-8ステンレスを採用。いずれも耐食性が高く錆びに強いので、水辺でのキャンプや釣りなどにおすすめです。

グリップはガラス繊維強化ナイロンを採用しており、汚れ落ちがよくお手入れが簡単。軽量な素材ながら硬度が高く靭性に優れており、丈夫で壊れにくいのも魅力です。

シースは強度・剛性・耐衝撃性に優れたグラスファイバー強化ナイロンを採用しているため、刃をしっかり守ります。ケースの角度が自由に調節できるコアロックベルトクリップが付いているのも嬉しいポイントです。

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) キャンプ ホリック ナイフ キャンバスマイカルタ


「キャンプで本当に使えるナイフ」をコンセプトに製造されたアウトドアナイフ。刃厚4mmと厚みのあるブレードで鉈のように使用できます。薪を割っても刃こぼれしにくいのに加え、トマトなど柔らかい食材の薄切りも可能。1本で調理からバトニングまで行えるのがおすすめのポイントです。

ブレードの素材に強度が高く耐食性に優れた440Cステンレスを採用。丈夫で錆びに強いため長く使用できます。グリップはキャンバスマイカルタを採用しており、水に強く耐久性も良好。シースは天然牛革製のため、経年変化による自分だけの風合いが楽しめます。ナイフの出し入れがしやすいように設計されているのも魅力です。

ビクトリノックス(VICTORINOX) アウトドア マスター L 4.2261


ファイヤースターターとセットのアウトドアナイフ。折りたたみのできないシングルピース構造ですが、刃の背面に火起こしに使えるバックブレードを備えており、焚き付けに対応できるのが特徴です。

ブレードの刃先は細かい作業に適したドロップポイントになっているため、小枝はもちろん、包丁のように調理で使うことも可能。Micarta製のグリップは堅牢性が高く、手馴染みもよいのでしっかり握れます。

また、グリップとブレードが一体型になったフルタング構造で、鉈のように使うバトニングにも対応。軽量で防水性が高く、携帯する際も便利です。

ハルタホース(Hultafors) アウトドアナイフ OK4


切れ味鋭いカーボンスチール(炭素鋼)のアウトドアナイフ。ハンドルは長めの116mm、グリップはしっかりと握れるサントプレーンフリクショングリップを採用しており、操作性に優れているのが特徴です。

カーボンスチールはステンレスに比べて研ぎやすく、切れ味を復活させやすいのがメリットですが、錆びやすいのが懸念点。しかし、本製品には電気泳動析コーティングが施されており、錆びやすさを軽減しています。長く使えるアウトドアナイフを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

アウトドアナイフのおすすめ|フォールディングナイフ

ガーバー(GERBER) ウルトラライトLSTポケットナイフ


無駄を省いたシンプルな構造で使いやすい、折りたたみ式のアウトドアナイフです。ブレードの素材に耐食性・耐久性に優れたステンレス鋼を採用しているため、丈夫で錆びに強くお手入れや管理が簡単。刃長50mmと短めのため料理など細かい作業に向いています。

グリップの素材に軽量かつ丈夫なグラスファイバーナイロンを採用。握りやすい形状で滑りにくいのもポイントです。使用中に刃を固定するロック機能付きのため、安全性にも優れています。重量約17gと軽いうえ、収納時67mmとコンパクトなので、できるだけ荷物を減らしたいソロキャンプやキャンプツーリングなどにおすすめです。

オピネル(OPINEL) ステンレススチール #9 41439


機能性・デザイン性を両立した折りたたみ式のアウトドアナイフです。グリップの素材には、家具にも使われることが多いブナ材を採用しており、きめ細やかな木目と天然木ならではのあたたかみのある風合いを楽しめます。硬い素材ながら、しなやかさも持ち合わせているため、手に馴染みやすく握り心地も良好です。

ブレードの素材には丈夫で錆びに強いステンレスを採用しているため、メンテナンスが簡単で初心者でも容易に扱えます。重量約57gと軽量で携帯しやすいのに加え、刃長約90mmと使いやすい大きさで、キャンプや登山におすすめ。回転式のロック機構を採用しているので刃の出し入れも簡単です。

オピネル(OPINEL) アウトドア #8 41450


便利な機能が充実した折りたたみ式のアウトドアナイフです。ブレードの素材に頑丈で錆びにくいステンレスを採用しているため、お手入れが簡単。ロープカット用ののこぎりやシャックル機能が搭載されているため、キャンプはもちろん、クライミングやキャニオニング、パラグライディングなど幅広いアクティビティにおすすめです。

刃長約85mmで食材のカットなど細かい作業にもぴったり。重量約62gと軽いので、かさばりにくく携帯性も良好です。グリップはガラス繊維強化ポリアミドを採用しており、衝撃に強いのもポイント。300m先まで聞こえると謳うホイッスルも付いているので、緊急時にも役立ちます。

バックナイフ(BUCK Knives) バンテージプロ ラージナイフ 347BKS1


握りやすいグリップを採用した折りたたみ式のアウトドアナイフです。ライナーロック機能を搭載しているため、片手で開閉が可能。素材にはグラスファイバーの一種で積層構造のG10を採用しており、耐久性・耐水性に優れているのが特徴です。

刃長83mmと短めで、料理など細かい作業での使用に向いています。素材には頑丈で錆びに強いステンレスを採用。メンテナンスや管理が簡単なので、初めてのアウトドアナイフとしてもおすすめです。ブレード・グリップともに水に強いので、釣りなど水辺での使用にも適しています。

バラデオ(baladeo) マリンガ BD-0160


あたたかみのある天然木の風合いが魅力の折りたたみ式アウトドアナイフです。グリップには、楽器や家具などにも使用されているブラジリアンローズウッドを採用。強度が高く耐久性に優れた素材で、赤褐色と黒の縞が織りなす鮮やかで美しい木質感が魅力です。

ブレードの素材には、耐食性・耐久性に優れた420ステンレススチールを採用。手ごろな価格ながら頑丈で長く愛用できるので、コスパ重視の方にもおすすめです。重量は76g、収納時の長さは80mmと軽量コンパクトで携帯性も良好。刃長80mmで細かい作業に向いています。

ロゴス(LOGOS) LOGOS×肥後守 アウトドアナイフ VG10 83005002


人気アウトドアブランド「ロゴス」と、100年以上にわたり肥後守(ひごのかみ)の製造・販売を行っている「永尾かね駒製作所」のコラボレーションモデル。肥後守は明治時代中期に考案された折りたたみ式刃物で、キャンパーに人気のアウトドアナイフです。

主素材に純度が高く耐食性・靭性・耐摩耗性に優れたVG10の高級ステンレスを採用。刃持ちがよく丈夫で錆びに強いため、キャンプ料理やブッシュクラフトなど幅広いシーンにおすすめです。頑丈ながら重量約44g、収納サイズ幅110mmと軽量コンパクトで携帯性も良好。アウトドアシーンにマッチする武骨な見た目も魅力です。

ビクトリノックス(VICTORINOX) ハンティング Pro Alox 0.9415.20


デザイン性にもこだわりたい方におすすめの折りたたみ式アウトドアナイフです。鮮やかな赤に白いブランドロゴが映えるおしゃれなデザインが魅力。目立つ色なので、置いた場所がわかりやすく紛失しにくいのもポイントです。

グリップはエンボス加工に加え、傷や腐食を防ぐアノダイズ加工が施されているのもポイント。滑りにくく握りやすいだけでなく、錆びに強く丈夫なので長く使用できます。

グリップエンドにはクリップのほか、パラシュートにも使われる高強度のロープで編み上げたパラコードペンダントが付属。編みをほどけばアウトドアや緊急時などにロープとして活用できます。

ユニフレーム(UNIFLAME) ギザ刃キャンプナイフ 661840


キャンプ道具で有名な「ユニフレーム」のアウトドアナイフ。折りたたみ式のなかでもできるだけ安いモノを探している方や初めてアウトドアナイフを使う方、さらには複数本まとめて揃えたい方におすすめです。

本製品は刃物の街として有名な岐阜県関市で製造された国産ナイフで、品質が高いのも魅力。折りたたんだときの幅が12cmとコンパクトなので、かさばることなく携帯できます。

ブレードの先端がギザ刃になっており、食材をしっかり噛んで切りやすいのがポイント。ブレードの先端以外はストレート刃になっており、キッチンナイフとしてさまざまな調理に使えます。グリップには耐熱性や耐衝撃性が高いABS樹脂を採用しているため、長く使い続けられるのも魅力。コンパクトサイズでコスパのよいアウトドアナイフです。

ヘレ(Helle) クレッテン

コンパクトなフォールディングナイフ。北欧ノルウェーの職人が手がけた逸品で質感がよく、長さ5.5cm、刃厚2.7mm、重さ85g、素材はトリプルラミネートのステンレススチールを採用しています。

折りたたむと手のひらに収まる程度になり、ポケットやカバンに忍ばせやすいのも特徴。紐通しも可能なので、首から下げたり、手に巻きつけたりと、さまざまなスタイルにマッチします。クラフトマンシップに物欲を刺激されるおすすめのアイテムです。

アウトドアナイフのおすすめ|ツールナイフ

ガーバー(GERBER) サスペンション マルチツール 1471


12種類のツール付きで汎用性に優れたマルチツールタイプのアウトドアナイフです。直刃・波刃の2種類のナイフとのこぎりが付属しているので、用途に応じて使い分けが可能。缶切りやボトルオープナー、ドライバーなど、日常で使えるツールも備わっているので、1本あればさまざまなシーンに対応できます。

プライヤーはスプリングを搭載しており、開いた状態が保てるので操作性も良好。人間工学に基づいて設計されたボディに加え、軽量なため、握りやすく長時間使用しても疲れにくいのがおすすめのポイントです。耐摩耗性や引き裂き強度に優れたバリスティックナイロンを採用したシースも付属しています。

ビクトリノックス(VICTORINOX) ハンティング 0.8573


キャンプや登山におすすめのマルチツールタイプのアウトドアナイフです。料理に適した直刃のブレードや木材のカットに便利なのこぎりのほか、栓抜きや缶切り、テントの固定に役立つリーマーなど12種類の機能を搭載。ピンセットやつまようじなど日常的に役立つツールも備わっています。

ブレードは先端が丸く内側にカーブした形状なので、ロープのカットも可能。ロック機能が搭載されているので、作業中に刃が動いてしまう心配もありません。グリップは握りやすい形状で使い勝手も良好です。

レザーマン(LEATHERMAN) フリー K2 FRK2


高品質かつ多機能な製品を展開するアメリカのナイフメーカー「レザーマン」のアウトドアナイフです。フォールディングナイフのようなシンプルな外観ですが、直刃ナイフのほか、キリや栓抜き、てこなど8種類の機能を搭載。収納時11.5cmとコンパクトでかさばりにくく持ち運びしやすいのが魅力です。

ブレードは刃長84mmと長さがあるので、料理やクラフトなど幅広い用途におすすめ。丈夫で刃持ちがよい420HCステンレスを採用しており、長く愛用することが可能です。プラス・マイナスの3種類のドライバーも付属しているため家庭でも役立ちます。

レザーマン(LEATHERMAN) フリー T4 FRT4


コンパクトながら機能性に優れたマルチツールタイプのアウトドアナイフ。収納時9.3cmの小型設計でかさばりにくく、ズボンのポケットやリュックの隙間に入れて持ち運べます。ブレードは420HCステンレスを採用しているため、高耐久で刃持ちも良好。グリップは凹凸のあるデザインで滑りにくいのが特徴です。

刃長56mmの直刃ナイフに加え、4つのドライバーや栓抜き、木工・金属用のヤスリなど12種類の機能を搭載。普段使いにも役立つ機能が備わっているので、自宅に常備しておくのもおすすめです。

ROXON STORM Multi Tool S801S


19種類の機能を1つにまとめた多機能ツールナイフ。ナイフやペンチに加えて、やすり、のこぎりなども備えているため、アウトドアのさまざまなシーンで活用できます。

緊急時に使う窓割りハンマーには強力タングステン合金鋼材質を採用しており、素早く対応することが可能。3Cr13上質鋼材で造られたロープカッターはシートベルトもカットできるので、避難する際にも活躍します。

また、十字ビットと組み合わせて使える9種類のパーツが付属しているのもポイント。付け替えることで大小さまざまなドライバーとして使えるのも魅力です。

本体サイズは幅10.6×奥行4.1×高さ2cmとコンパクト。バックパックやウエストポーチに入れて持ち運ぶのはもちろん、身につけて常に携帯しておくのもおすすめです。

アウトドアナイフのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

アウトドアナイフのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。