キャンプの必須アイテムと言える「アウトドアナイフ」。タイプとしてはハードに使える「シースナイフ」や折りたたみ可能な「フォールディングナイフ」、栓抜きや缶切りなどの機能を有した「ツールナイフ」など、用途によって分かれているのが特徴です。

そこで今回は、キャンプにおすすめのアウトドアナイフをタイプ別にご紹介。アウトドア初心者から上級者の方まで気になる方はぜひチェックしてみてください。

アウトドアナイフとは?

アウトドアナイフとは、キャンプや登山などのアウトドアシーンで活躍する小型のナイフのこと。専用の刃物には劣りますが、さまざまな用途に使えるため、1本で幅広い状況に対応できます。なるべく荷物を最小限に抑えたいアウトドアシーンで重宝するアイテムです。

アウトドアナイフの種類

シースナイフ

By: amazon.co.jp

シースナイフとは、シース(さや)に収納して持ち運ぶタイプのナイフ。ブレードとグリップ部分が固定されているのが特徴。構造はシンプルですが頑丈で長持ちするほか、よく扱いやすいのもポイントです。

調理はもちろん、大型のモノならば薪を割るようなハードな使い方も可能。さまざまなシーンに対応できる汎用性の高さが魅力で、初めてアウトドアナイフを購入する方におすすめです。

フォールディングナイフ

By: amazon.co.jp

フォールディングナイフとは、折りたたんで収納できるナイフのこと。コンパクトで携帯しやすく、登山や長時間のトレッキングで使用する際にも最適です。

ただし、折りたたみの可動部分に汚れがたまりやすいので注意が必要。錆の原因にもなるので、使い終わったら汚れを落としてしっかりと乾かしましょう。

ツールナイフ

By: amazon.co.jp

ツールナイフとは、ナイフ以外のさまざまな用途でも使用できるアウトドアナイフのこと。100年ほど前から軍隊で普及したため、アーミーナイフとも呼ばれています。

刃物以外にドライバーや缶切りなどにも使える多機能性が魅力。プライヤーやヤスリなどが収納されているモノもあり、釣りやキャンプ、火を扱う場面など幅広い用途に対応できます。

多いものだと数十種類のブレードから構成されており、適切な使い分けが必要です。あまり種類が多いとかえって使い勝手が悪いため、自分に合った機能のツールナイフを選びましょう。

アウトドアナイフの選び方

用途から選ぶ

By: amazon.co.jp

アウトドアナイフは、シーンによって向き不向きがあります。例えば、本格的なサバイバルがしたい場合は、シースナイフやフォールディングナイフが便利です。包丁としてはもちろん、ロープを切ったり、大型のモノなら鉈のように薪を割ったりすることも可能。構造がしっかりとしているので、ハードな使い方もできます。

一方、キャンプ場など比較的施設が整った場所で使うならツールナイフがおすすめです。ハサミ・缶切り・コルクの栓抜きなど機能が豊富なので、さまざまなシーンで活躍します。

また、携帯性に優れているのもポイント。ポケットに入れておくといざというときも安心です。ただし、ツールナイフは構造が複雑でハードな使い方をすると壊れてしまうことがあるので、その点は注意しておきましょう。

ブレードの構造で選ぶ

ナイフのブレード構造は、刃が右面と左面に付いている「両刃」と刃が片方にしか付いていない「片刃」に分けられます。このうち、両刃は主にフラットグラインド・ホローグラインド・コンベックスグラインドの3種類に分けることが可能です。

フラットグラインド

By: rakuten.co.jp

フラットグラインドとは、刃の断面図がV字型になっているモノで、もっとも一般的なブレードです。耐久性が高く研ぎやすいのが特徴で、初めての1本としておすすめ。ただし、研ぐうちに切れ味が落ちやすくなる傾向にあります。

ホローグラインド

By: rakuten.co.jp

ホローグラインドとは、刃が内側にえぐれているタイプのもの。フラットグラインドに比べて刃が細くなっているので耐久性はやや劣りますが、切れ味がよいのが特徴です。また、繰り返し研いでも切れ味が落ちにくいというメリットがあります。

コンベックスグラインド

By: rakuten.co.jp

コンベックスグラインドは、刃の両端が膨らんでいる構造のことで、その形状からハマグリ刃とも呼ばれます。鉈や斧にも採用され、耐久性が高いのが特徴。木を切ったり割ったりと、ハードな使い方をしたい方におすすめです。

グリップで選ぶ

By: amazon.co.jp

使い勝手に影響するのがグリップ部分。材質は「天然素材」と「人工素材」の2種類に分けられます。天然素材には、エボニー(黒檀)などの自然木や、サンバースタッグ(鹿の角)などの角、ブラックパール(黒蝶貝)などの貝と、さまざまな素材があります。同じ自然素材でも模様や形状などが異なるのが魅力です。

人工素材のモノには、プラスチック・人工大理石・カーボンファイバーなどが挙げられます。一般的に耐水性や強度に優れているため、過酷な環境でも利用したい方におすすめです。

アウトドアナイフのおすすめメーカー

モーラナイフ(Morakniv)

By: amazon.co.jp

「モーラナイフ」は、創業120年以上の歴史がある、スウェーデンのナイフブランドです。モーラナイフが製造するアウトドアナイフの品質は、スウェーデン国王からも高く評価されており、王室御用達の認定を受けています。

モーラナイフのアウトドアナイフはラインナップも豊富。リーズナブルなモデルも多数販売されているため、アウトドアナイフのエントリーモデルとしてもおすすめです。調理からブッシュクラフトまで、それぞれのシーンに適したモデルが製造されているので、自分に合った1本を選べます。

また、デザイン性の高さも人気の理由。アウトドアファンの心をくすぐるスタイリッシュなフォルムとカラーリングは、キャンプをより盛り上げてくれます。コストパフォーマンスに優れた人気の高いブランドです。

オピネル(OPINEL)

By: amazon.co.jp

「オピネル」はフランス発の老舗ナイフブランドです。フォールディングナイフの先駆けであり、世界中で高い支持を得ています。

デザイン性の高さも魅力のひとつ。ヴィクトリア&アルバート博物館での「世界で最も美しいデザイン100のプロダクト」に選出され、ポルシェ911やロレックスと共に展示された経歴からも、その優れたデザイン性がうかがえます。

オピネルのアウトドアナイフは扱いやすさにも定評があり、アウトドアビギナーへのエントリーモデルとしてもおすすめ。サイズが幅広く展開されており、比較的リーズナブルなので気軽に購入できるのもポイントです。

また、フォールディング式のナイフが意図せず閉じることのないよう、ロック機能が搭載されている点も魅力。フォールディングナイフを探している方におすすめのブランドです。

バック(BUCK)

By: amazon.co.jp

「バック」は、1902年から続くアメリカの老舗ナイフメーカーです。そのアウトドアナイフは世界中で愛用されており、日本でも知名度が高く人気があります。なかでも同社のフォールディングナイフ「110」は、ベストセラーの人気アイテム。長年にわたり多くのアウトドアファンから支持されてきたモデルです。

バックのアウトドアナイフは、切れ味以外に高級感あるおしゃれなデザインもポイント。付属の革製ケースは上品なデザインが多いのも特徴です。

ビクトリノックス(VICTORINOX)

By: amazon.co.jp

スイス発のマルチツールメーカー「ビクトリノックス」。同社の製品はその品質と機能性で高く評価されており、世界中で多くの方に愛用されています。

ビクトリノックスのアウトドアナイフは、優れたツールナイフとしてアウトドアファンから人気の高いアイテム。1本のなかに、ナイフやはさみ、スクリュードライバーなどのさまざまな機能が含まれており、キャンプなどで活躍します。

同社のアウトドアナイフはラインナップが豊富なうえ、カラーバリエーションも多彩。ツールナイフはひとつあると便利なので、ぜひチェックしてみてください。

アウトドアナイフのおすすめ|シースナイフ

モーラナイフ(Morakniv) アウトドアナイフ コンパニオンシリーズ

モーラナイフ(Morakniv) アウトドアナイフ コンパニオンシリーズ

焚火や料理などさまざまなシーンで活躍するモーラナイフのコンパニオンシリーズ。ステンレスブレードのため錆に強く、川や海、調理場など、水回りでも安心して使用できます。

刃厚が約2.5mmのため、枝を薄く削いだり、肉や魚を切ったりと細かい作業にも十分活用できます。カラーはグリーン・オレンジ・ピンク・ブルーなどをラインナップしているため、自分の好みの色選べるのも魅力。また、価格もリーズナブルなので、初めてアウトドアナイフを購入する方にもおすすめです。

ジー・サカイ(G・SAKAI) サビナイフ 9 SHARK-RAY

ジー・サカイ(G・SAKAI) サビナイフ 9 SHARK-RAY

「ジー・サカイ」は、刃物の町で有名な岐阜県関市にあるナイフメーカーです。熟練した職人によってひとつひとつ丁寧に作られています。本モデルはブレードにH-1鋼を使用しており、錆に強いのが特徴。キャンプやフィッシングにおいて絶大な人気のあるアイテムです。

鎌形の強硬な刃も大きな特徴。食材やロープを切るなど、アウトドアシーンにおいてマルチに活躍してくれるおすすめのナイフです。

シュレード(SCHRADE) アウトドアナイフ SCHF36

シュレード(SCHRADE) アウトドアナイフ SCHF36

1904年にアメリカニューヨーク州で設立されたナイフメーカー「シュレード」のシースナイフ。本製品はブレード部分をグリップの両側から挟んで固定する「フルタング構造」を採用しており、頑強な作りが特徴です。

ブレードの刃は「1095ハイカーボン銅」を使用し、刃の硬度を高くしています。また、グリップは指にフィットするよう波型のデザインを採用しており、力が必要な作業でも手ブレが起こらず使い勝手も良好です。

強度のあるナイフのため、薪を割ったり木を削ったりするハードな用途に最適。長く使い続けたい方にもおすすめの製品です。

ボーカー(BOKER) マグナム エルクハンター シースナイフ BOM683

ボーカー(BOKER) マグナム エルクハンター シースナイフ BOM683

「ボーカー」は、ドイツで200年以上の古い歴史を持つナイフメーカー。高い技術力からドイツでは軍や警察でも採用されており、人気を集めています。

本モデルは全長約225mmと小ぶりなため扱いやすく、細かい作業で活躍します。また、サイズはコンパクトですが、「フルタング構造」により強度が高く、刃厚も約4mmと厚いので薪割りにも利用できます。

グリップはパールウッドの天然木を使用し、緩やかなカーブが描かれているため手にしっかりフィットするのもポイント。幅広いシーンで使える実用的なナイフです。

バック(BUCK) スペシャル 119

バック(BUCK) スペシャル 119

アメリカの老舗メーカー「バック」のアウトドアナイフです。グリップに耐久性と耐熱性に優れたフェノール樹脂を使用しています。グリップ上下を固定するヒルトとバッドキャップには、航空機材料にも使われる軽量で頑丈なジュラルミンを採用。高い強度と最適な重さのバランスを保っています。

ブレード部分は切れ味に優れた420HCステンレス鋼を使用しているうえ、長さ15cm、厚さ4.5mmと大型で頑丈です。ホローグラインドを施すことで抜群の切れ味を維持できる構造になっています。

頑丈なサドルレザーシースが付属しており、取り回しがよくコンディションを選ばずに携行可能。長期間のアウトドアを考えている方におすすめのナイフです。

ファルクニーベン(Fallkniven) F1z

ファルクニーベン(Fallkniven) F1z

スウェーデン軍のパイロット用サバイバルナイフとしても採用されている「ファルクニーベン」のアウトドアナイフ。小ぶりで扱いやすく、持ち運びにも便利なので、アウトドアのさまざまなシーンで活躍します。

ブレード部分に性質の異なる2種類の鋼材を挟み込む「ラミネート構造」を採用しているのが特徴。それぞれの鋼材の長所を生かし、短所を補い合うことでナイフのバランスを取っています。

コンペックスグラインドエッジと呼ばれる刃持ちのよい形で作られており、繊細な使い方からタフな使い方まで幅広く対応できるのがポイント。オーソドックスなアウトドアナイフが欲しい方におすすめのモデルです。

コールドスチール(COLD STEEL) ペンドルトンハンター 36LPSS

コールドスチール(COLD STEEL) ペンドルトンハンター 36LPSS

高級鋼材VG-1ステンレスを採用した、鋭い切れ味が魅力のシースナイフ。ブレード部分はハンドルに比べてやや短めですが、刃の厚さは約5mmと頑丈に作られています。

ハンドルには「Kray-EX」と呼ばれるラバー素材を使用し、滑り止めの溝にも施された握りやすさが魅力。しっかりと力を込めて使えるので、硬いモノを切るときでも安心です。

専用のシースには軽量かつ丈夫な「Secure-Ex」と呼ばれるプラスチック素材を採用。ハンドル後部にストラップホール、シースの後ろにはベルトループが付属しているので、ラクに持ち運べます。アウトドアナイフを身に着けて持ち運びたい方におすすめのモデルです。

アウトドアナイフのおすすめ|フォールディングナイフ

ケイバー(KA-BAR) ドージア フォールディングハンター ブラックブレード

ケイバー(KA-BAR) ドージア フォールディングハンター ブラックブレード

「ケイバーナイフ」は、952年に海兵隊で「USMCナイフ」が採用されて以来、アメリカ軍にナイフを供給し続けている老舗ブランドです。

本モデルは、強度のある「AUS-8Aステンレス鋼」を採用し、ホローグラインド構造を用いたブレードが特徴。グリップには頑丈なナイロン樹脂「ザイテル」を使用し、高い強度を保ちながら重量約63gと軽いのも魅力です。

非常に薄くコンパクトな構造なので、キャンプなどで常にポケットに入れて携行する際も便利。グリップ部分を付け替えて、左利き仕様への変更も可能です。

ビクトリノックス(VICTORINOX) ハンティング Pro ALOX

ビクトリノックス(VICTORINOX) ハンティング Pro ALOX

本製品は、ブレード部分にフラットグラインドを採用しており、耐久性が高いのが特徴。野菜の調理はもちろん、分厚い肉のカットや焚き火の準備をする際など、タフな場面にも対応できます。ロック機能があるため、安全に使えるうえ、勝手に閉じてしまうストレスも回避することができます。

また、グリップにはアルミニウムにエンボス加工を施した「Aloxグリップ」を採用しており、握り心地は抜群。「ビクトリノックス」の象徴とも言えるスイスの国章が刻まれた美しい見た目も特徴です。美しいフォルムと、エンボス加工の赤いグリップの組み合わせは緑のなかでよく映えます。スタイリッシュさと機能性を両立させた、おすすめのアウトドアナイフです。

オピネル(OPINEL) フォールディングナイフ #7 皮紐付

オピネル(OPINEL) フォールディングナイフ #7 皮紐付

「オピネル」は1890年にフランスで創業された老舗ナイフブランド。高いデザイン性と使いやすさに定評があり、アウトドアファンに人気の高いアイテムです。

ブレードは錆や汚れに強いステンレス製を採用。グリップは暖かみのある天然木を使用しています。グリップには革紐がついており、リュックやベルトにつけて持ち歩くことが可能。革紐の存在がアクセントになっているので、利便性だけでなくデザイン面にも配慮しています。

同シリーズは、オレンジ・スカイブルー・アップルグリーンなどのビビットカラーを豊富に展開。おしゃれなアウトドアナイフを探している方におすすめです。

スパイダルコ(Spyderco) パシフィックソルト 大海人 C91PBK

スパイダルコ(Spyderco) パシフィックソルト 大海人 C91PBK

「スパイダルコ」はアメリカに本拠地を置く老舗のナイフメーカー。コンパクト設計と使い勝手のよさから、世界中で高い人気があります。

本モデルはブレード上部に空いている1cmほどの穴「サムホール」が特徴。このサムホールのおかげで、片手で簡単にナイフを開けられます。なにかと片手がふさがりがちなアウトドアシーンで重宝するナイフです。

ブレードには錆に強い「H-1」という鋼材を採用しているので、フィッシングシーンなどでも活躍します。重さは約86gと軽量なため、持ち運びに便利なおすすめのナイフです。

バック(BUCK) フォールディングハンター110 BK-5

バック(BUCK) フォールディングハンター110 BK-5

アメリカの老舗ナイフメーカー「バック」のロングセラーモデル。フォールディングナイフの代名詞ともいえるナイフです。

ブレードには錆に強い「420HCステンレス鋼」を採用。グリップ部分には耐久性に優れた「マッカサルエボニー」と呼ばれる木材を使用しています。独特の黒いシマ模様と艶のあるボディが魅力。高級感と重厚感があるのが特徴です。

使用時にブレードを固定できるロックバック式を採用しているので、安全性も良好。レザー素材の付属ケースもデザイン性が高いのも魅力です。

アウトドアナイフのおすすめ|ツールナイフ

レザーマン(LEATHERMAN) SKELETOOL CX

レザーマン(LEATHERMAN) SKELETOOL CX

1983年にアメリカのオレゴン州ポートランドで創業した「レザーマン」のスケルツールシリーズです。6.6cmのナイフだけでなく、カッターやドライバーなど7つのツールを備えているのが特徴。ペンチ型のプライヤー部分は加熱された鍋や網を掴んだり、薪を束ねる硬い針金を切ったりするときなどに重宝します。

シンプルで独創的なスケルトンボデイも魅力。グリップには耐摩耗性に優れた「ダイヤモンド・ライク・カーボン」コーティングが施されており、高級感も兼ね備えています。

専用のナイロンケースが付属しているほか、本体裏にはポケットクリップを搭載。携行性が高いため、登山やトレッキングなどにもおすすめです。

ビクトリノックス(VICTORINOX) ワークチャンプXL

ビクトリノックス(VICTORINOX) ワークチャンプXL

耐久性の高いナイロンをグリップに使用した「ワークチャンプ」という名に相応しい頑丈なツールナイフです。収納時は111mmのコンパクトな本体に31種類もの便利ツールを備えており、ロープ切断や缶などの金属切断にも対応できます。

ドライバーやプライヤーも付属しているため、究極のポータルツールボックスとして山小屋やキャンプでの日曜大工、DIYにもおすすめのアウトドアナイフです。

ビクトリノックス(VICTORINOX) デュアルプロMWC

ビクトリノックス(VICTORINOX) デュアルプロMWC

プロフェッショナル向けのツールナイフです。グリップ部分は強度の高いナイロン樹脂を使用。さらに、周囲にはゴム状弾性を持ち、防滑性に優れたウレタン樹脂を組み合わせ、極めて高い対衝撃性と防滑性を兼ね備えています。

また、ラージブレードには防錆性能を持つ特殊合金「ハイカーボンクロームモリブデン鋼」を採用。単なるアウトドアナイフとしてではなく、災害、山岳救助にも広く使われており、手袋を着用したままでも開閉できる大型のサムホール・ロック付きなのもポイントです。

使用時の高負荷を想定して作られているため、ブレードとマイナスドライバーは開くと同時にツールが固定されるライナーロック機能を搭載。使い勝手のよいおすすめのアウトドアナイフです。

ガーバー(GERBER) サスペンション マルチプライヤー 1471

ガーバー(GERBER) サスペンション マルチプライヤー 1471

2種類のナイフと12種類のツールを搭載したツールナイフ。すべて折りたたむと100mm、プライヤーをオープンしても165mmとコンパクトサイズで、重さも約188gと軽量なため、持ち運びに便利です。

握りやすい形状で作られており、プライヤー部分はハンドルを開くとバネの力で自動的に開いて出てくるので、すぐに使えます。また、ナイフをはじめとするプライヤー以外のツールは「Saf.T.Plusロック」という技術で固定されるため、比較的安全に使用できるのが魅力です。

プラスドライバー・マイナスドライバー・ノコギリなどの工具も搭載。アウトドアシーンだけでなく、ちょっとした日曜大工などにも使用できます。マルチに使えるアウトドアナイフを探している方におすすめです。

中林製作所 VERTEX 20徳ツールナイフケース付 L36

中林製作所 VERTEX 20徳ツールナイフケース付 L36

アウトドアや日常の作業で使える、20のツールをコンパクトに内蔵したツールナイフ。ナイフのほかに缶切りやコルク抜きなどの便利ツールから、爪ヤスリやピンセットといったお手入れツールまで、さまざまな機能が搭載されています。

折りたたむと約100×200×23mmの超コンパクトサイズ。重量も約155gと軽いため、かさばらずに持ち運べます。また、ストラップホールや携帯用のナイフケースもついているため、持ち運びの際に怪我をしたりモノを傷つけたりするのを防げるのもポイントです。

多くの機能を搭載していますが、低価格で入手できるのも魅力。初めてツールナイフを購入する方にもおすすめのモデルです。

銃刀法違反に注意

By: amazon.co.jp

法律により、刃渡りが6cmを超える刃物は、正当な理由なく持ち歩くことができません。6cmに満たないツールナイフなども、気軽な感覚で持ち歩いていると取り締まりの対象となるケースがあるので注意が必要です。

自分の認識不足により警察の取り締まりにあってしまったら、せっかくの楽しいキャンプも台無し。そのようなことを防ぐために、キャンプに出掛ける際は、アウトドアナイフをケースにしまい、梱包したうえでクーラーボックスのなかに入れて搬送しましょう。