急な天候の変化にも対応できる高機能アウターは、アウトドアを存分に楽しみたい方におすすめのアイテム。なかでも広く人気を集めているのが、防水透湿性能の高い「ゴアテックス」を採用したジャケットです。

そこで今回は、ゴアテックスジャケットの人気ブランドとおすすめモデルをご紹介します。アウトドアだけでなく、タウンユースとして着用できるおしゃれなモノも数多く発売されているため、ぜひチェックしてみてください。

ゴアテックスジャケットとは?

By: gore-tex.jp

ゴアテックスジャケットは「ゴアテックス・メンブレン」と呼ばれる膜状の素材を用いることで、防水性と透湿性を兼ね備えたアウター。雨や雪を防ぐほか、汗など衣類内の水蒸気を外へ排出できます。

天候が変わりやすい登山やスキーなどのアウトドアシーンにぴったりです。また、最近ではマウンテンパーカーなどのアウトドアアイテムがファッションシーンで注目されていることから、タウンユースとしての需要も高まっています。

ゴアテックスジャケットの選び方

ゴアテックスの種類をチェック

オールマイティーに使える「GORE-TEX」

By: gore-tex.jp

ゴアテックスのなかでも基本的な素材として挙げられるのが「GORE-TEX」。「GORE-TEXプロダクト」と称されることもあります。スノースポーツから登山まで広い用途に適しており、汎用性が高いのがポイント。防水性・透湿性・軽量性のバランスが取れたゴアテックスです。

「GORE-TEX」のなかには、「GORE-TEX C-KNIT Backer」「GORE-TEX PACLITE」といった素材もラインナップされています。「GORE-TEX C-KNIT Backer」は、裏地に丸編みニットを使用しており、肌触りがよくしなやか。透湿性が高く軽量なのもメリットです。Tシャツなどを着用する、汗をかきやすい夏山トレッキングにぴったりです。

「GORE-TEX PACLITE」は、軽さを追求したゴアテックス。裏地の代わりに特殊コーティングを施すことによって、メンブレンが直接肌に触れることなく軽量化が図られています。軽いジャケットを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

登山向けの「GORE-TEX PRO」

「GORE-TEX」を超える、高い耐久性と透湿性を実現した「GORE-TEX PRO」。本格登山など過酷な状況下で使用することを想定して作られています。登山の上級者や山岳ガイドなどに愛用者の多い、プロ仕様のゴアテックスです。

ただし、「GORE-TEX PRO」を用いたジャケットは重い傾向にあるのが懸念点。トレッキングやスノースポーツなどではオーバースペックになりがちです。一般的な「GORE-TEX」でも充分な防水透湿性と耐久性を備えているので、初めて購入する際は用途を考えて選択しましょう。

スポーツ向けの「GORE-TEX Active」

By: gore-tex.jp

いかに汗を外に逃がすかという点を重視して、特に透湿性を重視したのが「GORE-TEX Active」。汗を水蒸気として逃し、身体をドライで快適に保ちます。トレイルランやサイクリングなど、汗をかきやすい激しいアクティビティに適した素材です。

メンブレンが外からの風の侵入を遮断するため、防風性も良好。サイクリングの際も、体温の急激な低下を軽減します。「GORE-TEX Active」を採用したモノには軽いアイテムが多く、ジョギングや自転車通勤にも重宝するのがポイントです。

軽量でパフォーマンスに優れた「GORE-TEX INFINIUM」

By: gore-tex.com

「GORE-TEX INFINIUM」とは、雨の降っていないドライなシーンを想定した、非防水性のゴアテックスです。防水性よりも、防風性・保温性・透湿性を重視することで、ワンランク上の快適な着心地とパフォーマンスを追求しています。

非防水性とはいっても、「GORE-TEX INFINIUM」を使ったジャケットは表地に耐水加工を施したアイテムもあるので、小雨程度なら安心。街歩きや通勤、ランニングなど、さまざまなシーンで快適に過ごせます。

また、「GORE-TEX INFINIUM」を採用したジャケットには、保温性を高めるインサレーション入りのモデルも多数ラインナップ。タウンユース中心で着用したい方におすすめです。

ゴアテックスの構造をチェック

2層構造

By: gore-tex.com

軽量化を図るために表地と「ゴアテックス・メンブレン」だけをラミネートしたのが2層構造のゴアテックスです。ただし、メンブレンが直接肌と接してしまうので、実際の製品ではあまり用いられていません。

裏地を使う代わりに特殊コーティングを施した「GORE-TEX PACLITE」などは2.5層構造といわれることもあります。メンブレンが肌と接することなく、軽量なのがポイントです。

3層構造

By: gore-tex.com

ゴアテックスジャケットのなかでも一般的なのが3層構造。「ゴアテックス・メンブレン」を表地と裏地で挟んだ構造です。表地には、防水性の高いナイロンやポリエステルを用いることが多いのもポイント。そのほか、ニットを使用した「GORE-TEX C-KNIT Backer」もラインナップされています。ストレッチ性や透湿性が高いのがメリットです。

ゴアテックスジャケットのおすすめブランド

アークテリクス(ARC’TERYX)

カナダで創業した人気アウトドアブランド「アークテリクス」。本格的なアウトドアシーンに対応できる機能性と、タウンユースにも映えるデザイン性を兼ね備えたウェアを幅広く取り扱っています。

ゴアテックスジャケットについても、街着として活用できるモノが多くラインナップしているので、ぜひチェックしてみてください。

アークテリクス(ARC’TERYX) ベータ インサレーテッド ジャケット メンズ

秋冬の登山で活躍するゴアテックスジャケットです。40デニールのゴアテックスと、合成素材インサレーションを組み合わせることで、優れた防水性・防風性・透湿性・保温性を実現しています。

顔周りをカバーする大きめのフードは、フィット感を調節できるのが特徴。ヘルメットをした状態でもフードをかぶれます。また、脇下にはベンチレーション機能を備えているため、登山中でも簡単に体温調節が可能です。

そのほか、派手すぎないスタイリッシュなデザインも魅力。アウトドア好きには特におすすめのゴアテックスジャケットです。

アークテリクス(ARC’TERYX) インディシス ブレザー メンズ

ゴアテックスジャケットとしては珍しい、ブレザータイプのアイテムです。素材には、透湿性・防風性に優れた「GORE-TEX INFINIUM」を採用。水が侵入しやすい縫い目にはテープ加工を施しています。

襟に隠れる位置にスナップボタン式のベルトを備えているのも特徴。襟を立てつつ、スナップボタン式のベルトでフロント部分を閉じれば、風の強い寒い日に首元をカバーできます。

ファスナー式の内ポケットを備えているのも嬉しいポイント。通勤などのビジネスシーンで活躍するおすすめのゴアテックスジャケットです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

アメリカ・カリフォルニア州で生まれた「ザ・ノース・フェイス」。高い機能性とデザイン性を両立したウェアを次々と展開しており、アウトドア好きだけでなく、おしゃれなアイテムを求める方からも人気を得ています。

ゴアテックスジャケットについても普段使いしやすいモノが揃っているので、ぜひチェックしてみてください。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) クライムライトジャケット メンズ

3層構造の「GORE-TEX Micro Grid Backer」を採用したゴアテックスジャケットです。表地には丈夫なリサイクルナイロンを採用。優れた防水透湿性を備えながらも、Lサイズで約310gと軽量で、着心地も良好です。

フロントは止水ファスナー仕様。また、後ろの丈感を長めに設定することで、バックパックを背負ったときにヒップハーネスを装着しても、裾が上がってしまわないよう配慮しています。

街中で着ても違和感のないシンプルなデザインも魅力。幅広いシーンで活躍する、おすすめのゴアテックスジャケットです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) オールマウンテンジャケット メンズ

「GORE-TEX C-KNIT Backer」を採用して、しなやかな着心地を実現したゴアテックスジャケットです。表地には厚手のナイロン生地を採用しており、耐久性は良好。透湿性も高く、少々汗をかいても蒸れにくいのが魅力です。

袖口のフィット感は、面ファスナーで調節可能。また、フードや裾は、ドローコードでフィット感を合わせられます。フロントは防水性の高いダブルフラップ仕様です。

スタッフサックが付属しているのも嬉しいポイント。登山でオールシーズン活躍する、おすすめのゴアテックスジャケットです。

モンベル(mont-bell)

「モンベル」は登山家、辰野勇氏が立ち上げた日本のアウトドアブランド。アウトドアをより快適に楽しめるようにするため、機能的なウェアを積極的に開発し続けています。

ゴアテックスジャケットについては、機能性に加えて優れたコスパも魅力。ゴアテックスジャケットを手軽に試したい方におすすめのブランドです。

モンベル(mont-bell) レインダンサー ジャケット Men’s

厚手のミドルレイヤーの上からでも羽織りやすい、ややゆったりとしたゴアテックスジャケット。優れた防水透湿性を備えており、雨の日の防寒対策にぴったりです。

縫製箇所を可能な限り減らす独自のカットパターンにより、高い防水性と動きやすさを両立しているのが魅力。また、フードはドローコードと面ファスナーを使って、顔周り・首周辺・ひさしの上下など、フィット感を細かく調節できます。

フロントには止水ファスナーを採用。晴れの日も雨の日もアウトドアを楽しみたい方におすすめのゴアテックスジャケットです。

モンベル(mont-bell) バーサライト ジャケット Men’s

極細のバリスティックナイロン糸を高密度に織り上げた、バリスティック エアライトを表地に採用したジャケットです。裏地には「GORE-TEX INFINIUM」にシームテープ処理を施した素材を使用。優れた耐水性と透湿性、保温性を実現しています。

平均重量が134gと軽いのも注目ポイント。着用しないときにはコンパクトに折りたためるので、バックパックに入れてもかさばりにくいのが魅力です。また、ゴアテックスジャケットとしては価格が比較的安いのも嬉しいポイント。コスパを重視する方におすすめの一着です。

マムート(MAMMUT)

「マムート」は160年以上の歴史を有するスイス生まれのアウトドアブランド。高い機能性とスタイリッシュなデザインが融合したウェアは、世界中のアウトドア愛好家から支持されています。

ゴアテックスジャケットについては、秋冬用だけでなく夏用の軽量モデルも人気。幅広い世代におすすめのブランドです。

マムート(MAMMUT) Ayako Pro HS Hooded Jacket AF Men

右胸や左腕のブランドロゴをアクセントにした、シンプルなデザインのゴアテックスジャケットです。フードには、自分好みのフィット感を得られる3点調節システムを採用。脇下には内側の湿気を逃がすためのベンチレーションを備えています。

ウエストのフィット感もドローコードで調節可能。また、首周りには風や雪が侵入するのを防ぐチンガードが付属しています。

胸ポケット・サイドポケット・内ポケットなど、収納力が高いのも便利なポイント。冬のハイキングはもちろん、冬の自転車通勤など、タウンユース用としてもおすすめの一着です。

マムート(MAMMUT) Crater Light HS Hooded Jacket AF Men

軽量性を追求した「GORE-TEX PACLITE」を採用したゴアテックスジャケットです。付属のフードはヘルメット対応。フロントには、撥水性に優れたYKKの2WAYファスナーを採用しています。

軽量ながら28000mmの耐水圧を備えているため、急な激しい雨にもしっかりと対応可能。 また、着用しないときには小さく折りたためます。

ブランドロゴをアクセントにした、洗練されたデザインも魅力。夏登山のアウターとして活躍する、おすすめのゴアテックスジャケットです。

パタゴニア(patagonia)

「パタゴニア」は登山用ウェア・ウエットスーツ・ワークウェアなど、幅広いアイテムを取り扱う人気アウトドアブランド。ゴアテックスジャケットのバリエーションも豊富で、デザインもおしゃれなモノが揃っています。

環境に配慮した製品づくりも同ブランドの特徴。アウトドア好きなら一度はチェックしておきたいブランドです。

パタゴニア(patagonia) メンズ・カルサイト・ジャケット

2.5層構造の軽量な「GORE-TEX PACLITE」を使ったゴアテックスジャケットです。日常のコーデにも取り入れやすい、スポーティーなデザインが魅力。フロントファスナーには、水の侵入を防ぐコーティング加工が施されています。

左胸にはファスナーポケット、ウエストのサイドにはハンドウォーマーポケットを搭載。顔周りをカバーするフードはヘルメットにも対応しています。

シェルにはリサイクルポリエステルを100%使用。登山などはもちろん、雨の日のウォーキングなどでも活躍する、おすすめのゴアテックスジャケットです。

パタゴニア(patagonia) メンズ・フローズン・レンジ・パーカ

2層構造のゴアテックス・ファブリクスのシェルに、ダウンのインサレーションを組み込んだジャケットです。ダウン部分は、中身の片寄りを防ぐバッフル構造。高い保温性と、防水性・透湿性を兼ね備えています。

フロントファスナーにはボタン留めのフラップが付いており、雨や冷気の侵入をカット。また、ハンドウォーマーポケット2つに加え、ジャケットの内側にはファスナーポケットや大型のドロップイン型ポケットを備えています。

袖口のフィット感も良好。冬の登山やスキーで活躍する、おすすめのゴアテックスジャケットです。

ミレー(Millet)

「ミレー」はフランスを代表するアウトドアブランド。登山用のバックパックをはじめ、高機能ウェアなどのアウトドア用品を広く展開しており、実用性の高さから日本でも人気を集めています。

ゴアテックスジャケットは、機能性に加えおしゃれなカラーリングも魅力。ラインナップも豊富なので、ぜひチェックしてみてください。

ミレー(Millet) グランモンテII ゴアテックス ジャケット MIV9045

汎用性に優れた、レギュラーフィットのゴアテックスジャケットです。脇下には服の内部の蒸れを逃がすベンチレーションを備えているので、夏の登山も含め、オールシーズンで活躍します。

ウエストのサイドには、止水ファスナー仕様のハンドウォーマーポケットを搭載。また、ファスナー式のインナーポケット付きなので、スマホなどの貴重品も安全に携帯できます。

街中ではTシャツなどのカジュアルなトップスと合わせつつ、登山の際には厚手のミドルレイヤーの上から羽織るなど、さまざまな着こなしを楽しめるおすすめのゴアテックスジャケットです。

ミレー(Millet) トリロジー Vアイコン デュアル GORE-TEX PRO ジャケット

高い耐久性と防水透湿性を備えた、「GORE-TEX PRO」を使ったゴアテックスジャケットです。「GORE-TEX PRO」の優れたストレッチ性を活かしつつ、立体裁断によって仕立てることで、高い保護性能と動きやすさを両立しています。

脇下にはベンチレーションを備えているので、激しく汗をかいても快適。フードはヘルメット対応で、バイザーが付いているため、悪天候のなかでも視界をキープできます。

アクセントカラーを取り入れた胸元のファスナーポケットも魅力。厳冬期の登山やスキーなどで活躍する、おすすめの一着です。

ホグロフス(HAGLOFS)

「ホグロフス」はスウェーデン発のアウトドアブランド。当初は森林で働く人々のためのバッグを作るブランドでしたが、現在ではアウトドア用の高機能ウェアも多く取り扱っています。

ゴアテックスジャケットについては、アウトドアとタウンユースで兼用できるシンプルなモデルが揃っているので、ぜひチェックしてみてください。

ホグロフス(HAGLOFS) Elation GTX パーカ

フリースキー用に開発された、ゴアテックスジャケットです。やや長めの丈感が特徴。素材には2層構造で厚手の「GORE-TEX」を採用しており、さまざまな天候で高い保温性と防水透湿性を発揮します。

フードはヘルメットを装着した状態でもかぶることが可能。また、袖にはスキー用のポケット、フロントにはハンドポケット2つ、胸ポケット2つを備えるなど小物の収納力にも優れています。

シンプルかつおしゃれなデザインなので、真冬にはタウンユースでも活躍。使い勝手のよい、おすすめのゴアテックスジャケットです。

ホグロフス(HAGLOFS) L.I.M JACKET メンズ

「GORE-TEX PACLITE」を採用した、軽量性に優れたゴアテックスジャケットです。左胸には縦ファスナー式のポケットを配置。胸ポケットのサイドにあしらわれたブランドロゴが、スタイリッシュな雰囲気を演出しています。

フードにはドローコードが付いており、フィット感を手軽に調節可能。フロントは止水ファスナー仕様なので、悪天候にも対応できます。アウトドアシーンはもちろん、旅行や野外フェスなどでも活躍する、おすすめのゴアテックスジャケットです。

バートン(BURTON)

「バートン」はスノーボードを中心に、ウインタースポーツ用のギアを提供するブランド。ゴアテックスジャケットやフリースなどの高機能ウェアも充実しており、世界中で親しまれています。

バートンのゴアテックスジャケットは、デザイン性の高さが魅力。おしゃれに敏感な方におすすめのブランドです。

バートン(BURTON) メンズ Burton Multipath GORE-TEX 2L ジャケット

冬におしゃれなスポーツミックスコーデを楽しみたい方におすすめのゴアテックスジャケットです。2層構造の「GORE-TEX」を採用しており、タウンユースやキャンプなど、幅広いシーンで活躍する防水透湿性を備えています。

付属のポケットに小さくたたんで収納できるパッカブル仕様なのも注目ポイント。出かける際にバッグに忍ばせておけば、突然の雨にも対応できます。バイクやサイクリング時に着用するアウターとしてもおすすめのゴアテックスジャケットです。

バートン(BURTON) メンズ Burton Veridry GORE-TEX 2L レインジャケット

日常のコーデに取り入れやすい、ほどよいボリューム感のゴアテックスジャケットです。メイン素材には、2層構造の「GORE-TEX PACLITE」を採用しています。

裾のフィット感を調節するためのドローコードには、ポケットの中からアクセス可能。また、パッカブル仕様なので、着用しないときには折りたたんでポケットに入れて、コンパクトに持ち歩けます。

夜間に、周囲からの視認性を高めるリフレクターも搭載。デイリーからアウトドアまで活躍する、おすすめのゴアテックスジャケットです。

ゴールドウイン(GOLDWIN)

「ゴールドウィン」は日本のスキーウェアブランド。2016年からはスキーウェア開発の経験を活かしたカジュアルウェアを扱う「LIFESTYLE」コレクションをスタートしています。

ゴアテックスジャケットについては、コーデしやすいベーシックカラーのアイテムが充実しているので、ぜひチェックしてみてください。

ゴールドウイン(GOLDWIN) 別注 GORE-TEX PACLITE マウンテンパーカー MEN

グレーやベージュなど、落ち着いたカラーを採用したゴアテックスジャケットです。左胸にはゴールドウィンを象徴するロゴをデザイン。ゆったりめのシルエットなので、細身のパンツと合わせれば手軽にYラインコーデを作れます。

素材には、軽量ながら優れた防風性・防水性を備えた「GORE-TEX PACLITE」を採用。袖口には面ファスナーが付いており、フィット感を自分好みに調節できます。シンプルで飽きにくい、おすすめのゴアテックスジャケットです。

ゴールドウイン(GOLDWIN) ゴアテックスインフィニアムパフィージャケット メンズ

左胸の小さなブランドロゴ以外の装飾を省いた、ミニマルなデザインのゴアテックスジャケットです。表地には、優れた防風性・透湿性を備えた「GORE-TEX INFINIUM」を採用。さらに、リサイクル素材を使った中綿を組み合わせており、防寒性を高めています。

首周りは、冷たい風から首をカバーするスタンドカラー仕様。ウエストの両サイドにはファスナーポケットを備えており、右側の内側には貴重品を入れるのに便利なセキュリティポケットを内蔵しています。

シンプルなデザインが好みの方におすすめのゴアテックスジャケットです。

フォックスファイヤー(Foxfire)

「フォックスファイヤー」はフライフィッシング用のベストを扱うメーカーとして生まれた、日本のアウトドアブランド。現在ではゴアテックスジャケットをはじめ、さまざまなタイプの高機能ウェアを扱っています。

同ブランドのゴアテックスジャケットは、比較的リーズナブルな価格設定と高い実用性が魅力です。

フォックスファイヤー(Foxfire) ミズリープジャケット

「GORE-TEX PACLITE」を採用し、重量320gまで軽量化したゴアテックスジャケットです。表地には40Dのナイロンタフタを採用し、耐久性を高めています。

フードを取り外せるのも特徴。タウンユースではフードのないウインドブレーカー、アウトドアではフード付きのレインウェアと、シーンに合わせて柔軟に対応できます。

立体裁断で仕立てられているため、動きやすいのも嬉しいポイント。キャンプなどのアウトドアシーンはもちろん、自転車・バイク通勤用のアウターとしてもおすすめのゴアテックスジャケットです。

フォックスファイヤー(Foxfire) クレストクライマージャケット

透湿性を重視した「GORE-TEX Active」を使ったゴアテックスジャケットです。裏地はニットを使用したC-KNITバッカー構造なので、着心地は良好。ウエストの両サイドには、使い勝手のよい縦ファスナー式のポケットを備えています。

フードのフィット感は、ドローコードで調節可能。ドローコードを締めても視界を遮らないよう、フードには芯が入っています。

ゴアテックスジャケットとしては、価格が比較的リーズナブルなのも嬉しいポイント。防水しながら軽快な着心地を楽しめる、おすすめのゴアテックスジャケットです。

アウトドアリサーチ(OUTDOOR RESEARCH)

「アウトドアリサーチ」は、アメリカ・シアトルで生まれたアウトドアブランド。アウトドアを安全に楽しめるよう、機能性と耐久性を重視したギアやウェアの開発・改良に取り組み続けています。

ゴアテックスジャケットについても、高品質で丈夫なモデルが充実。デザインもおしゃれなので、ぜひチェックしてみてください。

アウトドアリサーチ(OUTDOOR RESEARCH) Men’s Foray II Jacket

同ブランドのロングセラーモデル「Foray Jacket」の改良版として登場したゴアテックスジャケットです。メイン素材には「GORE-TEX PACLITE」を採用。裾から脇下にかけては、不快な湿気を逃がすベンチレーションを備えています。

フロントには、水が侵入しにくいYKKのアクアガードジッパーを採用。首元部分が長めに設定されており、ファスナーを閉めると口元までカバーできるので、自転車やバイクに乗る際にも重宝します。

アウトドアシーンで着るだけでなく普段使いもできる、おすすめのゴアテックスジャケットです。

アウトドアリサーチ(OUTDOOR RESEARCH) メンズ フォーレイ3in1パーカー

アウタージャケットとインナージャケットが一体になったゴアテックスジャケットです。アウタージャケットのみを着たり、インナージャケットのみを着たりと、天候やシーンに合わせて3種類の着こなしが可能です。

アウタージャケットの素材には「GORE-TEX PACLITE」を採用しており、高い防水性・防風性・透湿性を発揮。一方、インナージャケットの生地はナイロンで、保温性を高めるインサレーションが組み込まれています。

装飾を最小限に留めたクールなデザインも魅力。1年を通して活躍する、おすすめのゴアテックスジャケットです。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond)

「ブラックダイヤモンド」はクライマー向けのギア製造をルーツとする、アメリカのアウトドアブランド。ウェアについても、ハードな環境を想定した高機能モデルを中心に取り扱っています。

ゴアテックスジャケットは、軽量性に優れているのが特徴。また、さまざまなボトムスに合わせやすいシンプルなデザインも魅力です。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) メンズ リキッドポイントシェル

「GORE-TEX PACLITE」を使った、シンプルなゴアテックスジャケットです。フードはヘルメットを装着した状態でも無理なくかぶれます。

脇下にゆとりのある設計で、腕を動かしやすいのも便利。また、脇下にはピットジップもあるので、内部にこもった熱や湿気の放出も簡単です。

口元にはソフトな起毛素材を使ったフラップを備えているのも注目ポイント。フロントファスナーを完全に閉じたときファスナーが口に直接当たらないので、快適に過ごせます。軽量かつ着心地のよいゴアテックスジャケットを求めている方におすすめです。

ノローナ(Norrona)

「ノローナ」はノルウェーのアウトドアブランド。「最高の技術を追求し、究極のパフォーマンスを発揮する製品を世に送り出す」という考えのもと、高機能なアウトドアウェアやギアを提供しています。

ゴアテックスジャケットは、過酷な環境に対応できる機能性に加え、北欧ブランドらしい洗練されたデザインも魅力です。

ノローナ(Norrona) falketind Gore-Tex Paclite Jacket

28000mmの耐水圧に対応したゴアテックスジャケットです。メイン素材には、ゴアテックスのなかでも高い透湿性を有する「GORE-TEX PACLITE PLUS」を採用しています。

裏地には3Dのドットが施されており、汗をかいても肌に生地が張り付かず、肌触りも良好。また、ジャケットはY字カットの立体裁断で仕立てられているため動きやすく、クライミング時にも良好なパフォーマンスを発揮できます。

ポケッタブル仕様で、着用しないときには本体をチェストポケットに収納可能。幅広いアクティビティで活躍する、おすすめの一着です。

ノローナ(Norrona) lofoten Gore-Tex Pro Plus Jacket

バックカントリーの上級者だけが立ち入れる、アルパインエリアでの活動を想定したゴアテックスジャケットです。表地には70Dの丈夫なリサイクルナイロンを採用。負担がかかりやすい部分は、160Dの分厚い生地で補強しています。

「GORE-TEX PRO」による優れた防水性・透湿性も魅力。脇下やフロントにはベンチレーションを備えており、ジャケットを脱がなくても体温調節が可能です。

内外に合計10個のポケットを備えているのもメリット。過酷な環境で長時間活動する際におすすめのゴアテックスジャケットです。

ミズノ(MIZUNO)

日本を代表するスポーツ用品ブランド「ミズノ」。スポーツ用品を展開するだけでなく、さまざまなスポーツ大会のスポンサーを務めるなど、日本のスポーツ文化の発展に貢献し続けています。

ゴアテックスジャケットについては、発熱素材などと組み合わせた高機能なモデルが揃っているので、ぜひチェックしてみてください。

ミズノ(MIZUNO) GORE-TEX INFINIUM ダウラギリライトダウンジャケット

防風性・透湿性・着心地を重視した「GORE-TEX INFINIUM」をベースにしたゴアテックスジャケットです。大きめのフードは取り外しが可能。フロントには止水ファスナーを採用しています。

生地には650フィルパワーのダウンと、体から出る水分を吸収して発熱するブレスサーモを充填。さらに、体温を反射するリフレクションギアを組み合わせて、保温性を高めています。

ポケットは左胸と両ウエスト、左内側に合計4つ搭載。防寒性に優れたおしゃれなゴアテックスジャケットを求めている方におすすめです。

ミズノ(MIZUNO) GORE-TEX INFINIUM イエローナイフダウンジャケット

カナダのオーロラ観光の名所「イエローナイフ」をもとに名付けられたゴアテックスジャケットです。フードはおしゃれなフェイクファー付き。フードやフェイクファーは取り外せます。

メイン素材には、防風性・透湿性に優れた「GORE-TEX INFINIUM ウィンドストッパー ファブリクス」を採用。さらに、発熱素材のブレスサーモや650フィルパワーのダウンを組み合わせ、氷点下の厳しい環境にも対応できる保温性を実現しています。

冬の屋外で長時間過ごすことが多い方におすすめのゴアテックスジャケットです。

ナイキ(NIKE)

「ナイキ」は、エアマックスなどのスニーカーで有名なアメリカのスポーツブランド。スウッシュロゴをアクセントにしたおしゃれなデザインは、世代を超えて支持されています。

ゴアテックスジャケットについても、ファッション性と高い機能性を両立したモデルが多くラインナップしているので、ぜひチェックしてみてください。

ナイキ(NIKE) ナイキ ACG Storm-FIT ADV GORE-TEX Misery Ridge メンズジャケット

ルーズフィットのゴアテックスジャケットです。背中の右裾には、ナイキを象徴するスウッシュロゴを配置しています。

「GORE-TEXメンブレン」を用いつつ、ナイキ独自の「Nike Storm-FIT ADVテクノロジー」を組み合わせることで、優れた防風性・防水性とサラリとした着用感を実現。また、フードにはバイザーが付いており、雨天でも視界を確保できます。

おしゃれなデザインで、ワードローブに一着加えておけば冬のヘビロテアイテムとして活躍する、おすすめのゴアテックスジャケットです。

ナイキ(NIKE) ナイキ GORE-TEX メンズ トレイル ランニングジャケット

トレイルランニング用に作られた、スリムなフォルムのゴアテックスジャケットです。「GORE-TEX INFINIUM」とウーブン素材を組み合わせることで、優れた耐風性とストレッチ性を実現しています。

フロントファスナーの内側には、浸水を防ぐためのストームガードを搭載。また、ヘッドウェアを装着した状態でフードをかぶれるのも便利です。

ファッション性の高いデザインで、タウンユースでも活躍。シンプルなインナーやボトムスと合わせるだけでおしゃれに着こなせる、おすすめのゴアテックスジャケットです。