急な天候の変化にも対応できる高機能アウターは、アウトドアの必須アイテム。なかでも広く人気を集めているのが、防水透湿性能をもつ「ゴアテックス」を採用したジャケットです。

今回は、そんなゴアテックスジャケットの人気ブランドとおすすめモデルをご紹介します。アウトドアだけでなく、タウンユースとして着用できるおしゃれなモノも数多く発売されているためぜひチェックしてみてください。

ゴアテックスジャケットとは?

By: amazon.co.jp

ゴアテックスジャケットとは「ゴアテックスメンブレン」と呼ばれる膜状の素材を用いることで、防水性と透湿性を兼ね備えたアウターのこと。雨や雪を防ぐほか、汗など衣類内の水蒸気を外へ排出してくれる優れモノです。

天候が変わりやすい登山、スキーなどのアウトドアシーンには最適。また、最近ではマウンテンパーカーなどのアウトドアアイテムがファッションシーンで注目されていることから、タウンユースとしての需要も高まっています。

ゴアテックスジャケットの選び方

ゴアテックスの種類をチェック

オールマイティーに使える「GORE-TEX」

By: gore-tex.jp

ゴアテックスのなかで最も基本的な素材が「GORE-TEX」。「GORE-TEXプロダクト」と称されることもあります。スノースポーツから登山まで広い用途に適しており、汎用性が高いのがポイント。防水性・透湿性・重量のバランスが取れたゴアテックスです。

「GORE-TEX」の種類には、「GORE-TEX C-KNIT Backer」「GORE-TEX PACLITE」といった素材もラインナップしています。「GORE-TEX C-KNIT Backer」は裏地に丸編みニットを使用しており、肌触りがよくしなやかで、透湿性が高く軽量なのがメリット。Tシャツなどを着用する、汗をかきやすい夏山トレッキングに最適です。

軽さを追求したゴアテックスが「GORE-TEX PACLITE」。裏地の代わりに、特殊コーティングを施すことによって、メンブレンが直接肌に触れることなく軽量化が図られています。軽いジャケットを探している方はチェックしてみましょう。

登山向けの「GORE-TEX PRO」

「GORE-TEX」を超える、高い耐久性と透湿性を実現したのが「GORE-TEX PRO」。本格登山など過酷な状況下で使用されることを想定して作られています。登山の上級者や山岳ガイドなどに着用されることの多い、まさにプロ仕様のゴアテックスです。

ただし、「GORE-TEX PRO」を用いたジャケットは重くなりがちなのが特徴。トレッキングやスノースポーツなどではオーバースペックとなりがちです。一般的な「GORE-TEX」でも充分な防水透湿性と耐久性を備えているので、初・中級者の場合は用途を考えて選択しましょう。

スポーツ向けの「GORE-TEX Active」

By: gore-tex.jp

いかに汗を外に逃がすかという点を重視して、特に透湿性を重視したのが「GORE-TEX Active」。汗を水蒸気として逃し、身体をドライで快適に保ちます。したがって、トレイルランやサイクリングなど、汗をかきやすい激しいアクティビティに適した素材です。

メンブレンが外からの風の侵入を遮断するため、防風性も良好。高速でサイクリングする時でも、体温の急激な低下を軽減します。「GORE-TEX Active」は軽いジャケットが多く、街なかでのジョギングや自転車通勤でも重宝するのがポイントです。

軽量性重視の「GORE-TEX SHAKEDRY」

By: gore-tex.jp

スピードを重視して開発されたゴアテックスが「GORE-TEX SHAKEDRY」。表地としてメンブレンを使用しており、表面で水が弾かれるのがポイントです。

水を吸収して重くなりにくく、冷えを感じにくいのが魅力。軽量性も優れており、雨のなかのランニング・ゴルフ・サイクリングに最適な素材です。

ゴアテックスの構造をチェック

2層構造

By: gore-tex.jp

軽量化を図るために表地と「ゴアテックス・メンブレン」だけをラミネートしたのが2層構造のゴアテックスです。ただし、メンブレンが直接肌と接してしまうので、実際の製品ではあまり用いられていません。

裏地を使う代わりに特殊コーティングを施した「GORE-TEX PACLITE」などは2.5層構造などと言われることもあります。メンブレンが肌と接することなく、軽量なのがポイントです。

3層構造

By: gore-tex.jp

ゴアテックスで最も基本的なのが3層構造です。「ゴアテックス・メンブレン」を表地と裏地ではさんであります。表地には防水性の高いナイロンやポリエステルが用いられることが多いのがポイント。そのほかにも、ニットを使用した「GORE-TEX C-KNIT Backer」もラインナップしています。ストレッチ性・透湿性が高いのがメリットです。

ゴアテックスジャケットのおすすめブランド

モンベル(mont-bell)

日本を代表するアウトドアブランドとして、革新的な開発を続けてきた「モンベル」。「Function is Beauty(機能美)」「Light & Fast(軽量と迅速)」の2つをコンセプトに掲げる同ブランドの製品は、シンプルかつ実用的なモノばかりです。日本ブランドならではの品質にも定評があります。

モンベル(mont-bell) ダイナアクション パーカ

モンベル(mont-bell) ダイナアクション パーカ

素材の特性を活かしたハイブリッド製法により、高い防水透湿性と軽さと動きやすさを両立させた、モンベルのクライミングジャケットです。身頃部分には透湿性と軽量性に優れた「GORE-TEX PACLITE」を使用しています。

動きやすさが重視される袖部分の素材は「GORE-TEX C-KNIT Backer」。メンブレンの裏地に丸型ニットを使用しており、肌触りが柔らかく、ストレッチ性が高いしなやかな着心地がメリットです。加えて、軽量性および透湿性が向上しています。

雪面での滑り止め機能を有するアンチグリース加工を施しており、冬山登山にも対応。平均重量382gと、モンベルの登山用ジャケットとして最軽量なのもポイントです。

モンベル(mont-bell) フレネイ パーカ

モンベル(mont-bell) フレネイ パーカ

3層構造の「GORE-TEX」を使用した、冬期登山にも対応できるアルパインジャケット。フードやウインドスカートを備えており、寒い時期の雨や風の侵入をしっかりと防げるのがメリットです。

表地には、アンチグリース(滑り止め)加工を施した70デニールのナイロンタフタを使用しています。長繊維にねじりを加えて小さな縮れを持たせた繊維が、雪面での滑りを軽減。ケバ立ちがないため、表面に雪が付きにくいのが特徴です。

アルパインジャケットとしては486gと軽量かつ比較的リーズナブルなこともポイント。寒冷地に住んでいる方、あるいは秋〜春のトレッキング用ウェアを探している方はチェックしてみましょう。

モンベル(mont-bell) レインダンサー ジャケット

モンベル(mont-bell) レインダンサー ジャケット

ややゆとりのあるシルエットを採用したことにより、厚めのセーターなどを着用した時も着られる、スタンダードなメンズレインウェアです。表地は厚めの50デニールナイロンを使用しています。防水素材は「GORE-TEX」を使用。耐水圧は50,000mm以上です。

肘の部分は立体裁断されており、動きやすいのもメリット。重量は335gと軽量です。防水透湿性・軽量性・運動性のバランスがとれており、ゴアテックスを使用した製品としては、最安クラスなのもポイント。収納用のスタッフバッグも付いています。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

「ザ・ノース・フェイス」は米国生まれのアウトドアブランドで、日本ではスクエアリュック「ヒューズボックス」の大ヒットにより知名度が上がりました。同ブランドの魅力は、確かな機能性とタウンユースにも適したおしゃれなデザイン。ウェアのカラーバリエーションも豊富です。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ハイパーエアーGTXフーディ

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ハイパーエアーGTXフーディ

2層構造の新素材「GORE-TEX SHAKEDRY」を使用して、高い透湿性と軽量性を有するゴアテックスジャケットです。表地を省いて、メンブレンを露出させたことにより、表面で水分を撥水。雨に濡れて重くなることがありません。Lサイズの重量は、わずか215g。スピードを重視するトレイルランに特化したモデルです。

フードに軽量な形状記憶ワイヤーを採用したツバを使用しており、雨天時でもフードの形が崩れにくいジャケット。表面の鈍い光沢感がポイント。雨が降る時の街なかのランニングでもスタイリッシュなモデルです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) クライムライトジャケット

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) クライムライトジャケット

Lサイズでも270gと超軽量な、ザ・ノース・フェイス防水レインジャケットです。スリムなシルエットなので、風によってバタつきにくいことが魅力です。防水素材には軽量な「GORE-TEX Micro Grid Backer」を採用。表地・裏地ともナイロン100%を使用しています。

フードはワンハンドアジャスターに対応しており、手がふさがっている時でも調節しやすいのがメリット。カラーバリエーションは15色と豊富なので好みに合わせて選べます。タウンユースしてコーディネートしやすいのも魅力です。

パタゴニア(patagonia)

「パタゴニア」の企業理念の中心にあるのは、アルピニズム。山の過酷な環境下でも優れたパフォーマンスを発揮するアイテムが揃っています。また、環境保護に力を入れているのも特徴。ウェアにはリサイクル素材を使ったモノが多く、コットンは農薬を使わないで栽培されたモノだけを採用しています。

パタゴニア(patagonia) メンズ・デパーター・ジャケット

パタゴニア(patagonia) メンズ・デパーター・ジャケット

パタゴニアジャケットのなかで最もシンプルなデザインを採用した、ゴアテックスモデルです。ポリエステル製ゴアテックスファブリクスを使用して防水透湿性および防風性を確保。DWR(耐久性撥水)加工が施され、防水性を高めています。2層構造のため、着心地もしなやか。また、メッシュの裏地は湿気を発散させやすいのも特徴です。

脇下には換気用のビットジップを搭載。歩行・運動中でも余分な熱を素早く逃がします。ハンドウォーマーポケットは2つ、インナーポケットも2つ備えており、小物の収納に便利。タウンユースからウインタースポーツまで、汎用性の高いゴアテックスジャケットです。

マムート(MAMMUT)

世界に多くのファンを持つ「マムート」は、1862年にスイスで誕生した歴史あるアウトドアブランドです。ゴアテックスを採用したウェアは、1978年から取り扱い開始。老舗ブランドながらも最新テクノロジーを積極的に取り入れているのが特徴で、多くのアルピニストから信頼を得ています。

マムート(MAMMUT) Ayako Pro HS Hooded Jacket GORE-TEX 1010-26740

マムート(MAMMUT) Ayako Pro HS Hooded Jacket GORE-TEX 1010-26740

耐水圧28,000mmの2層構造「GORE-TEX」素材を用いて防風性と防水性に優れたジャケット。脇下にビットジップを備えており、高い通気性を実現しています。

ウエストはコードで調節可能。2Wayフロントジッパー・フードの3点調節システムなど、身体にフィットさせる機能も充実しています。シンプルデザインも魅力なゴアテックスジャケットです。

バートン(BURTON)

スノーボードといえばこのブランドというほどの知名度と人気を誇る「バートン」。雨や雪にさらされることの多いウィンタースポーツに対応できる強靭なウェアを販売しています。また、総柄デザインなど個性をアピールできるアイテムが豊富なのも特徴。シンプルなウェアでは物足りない方は、ぜひチェックしてみてください。

バートン(BURTON) [ak] GORETEX CYCLIC Jacket

バートン(BURTON) ak GORETEX CYCLIC Jacket

2レイヤーの「GORE-TEX」を使用した、バートンのスノースポーツ用ジャケットです。すべての縫い目にゴアテックスシームテープ加工を施して防水性を高めています。

脇のベンチレーションにはメッシュライナーが付いており、ジャケット内の熱を逃がしやすいのがポイント。また、立体裁断フィットを採用しているのがメリット。動きを妨げないカットラインやパターンなので、動きの激しいスノースポーツに最適です。

フォックスファイヤー(Foxfire)

「フォックスファイヤー」は、フィッシングベストの開発から歴史をスタートさせた日本のアウトドアブランド。フライフィッシングやクロスカントリーなど自然と共生する「クワイエットスポーツ」のためのアイテムを製造しているのが特徴です。高機能なウェア開発のため、ゴアテックス素材をいち早く採用したブランドでもあります。

フォックスファイヤー(Foxfire) デュープロテクトコート

フォックスファイヤー(Foxfire) デュープロテクトコート

ステンカラーコートのような、スッキリしたシルエットが魅力のゴアテックスジャケットです。フードは取り外し可能。袖には腕を動かしやすくスポーツウェアに用いられているラグランスリーブを採用。肩まわりに余裕があるため、スーツとコーディネートしやすいのがメリットです。

素材は、軽くて透湿性に優れているポリエステル100%の「GORE-TEX PACLITE」。カラーバリエーションはライトベージュ・インクブルーと落ち着いた色がラインナップしています。ビジネスシーンで着用しても違和感のないオールウェザー対応コートを探している方におすすめです。

アウトドアリサーチ(OUTDOOR RESEARCH)

1981年にアメリカのシアトルで設立されたアウトドア製品ブランド。ハードシェルの中に、取り外し可能防水ミットを備えたレイヤリングシステムを利用した「Mt.Baker Modular Mitts」を発売し一躍人気になりました。「機能するイノベーション」「機能の美しさ」などをモットーとする革新的なアウトドアブランドとして知られています。

アウトドアリサーチ(OUTDOOR RESEARCH) フォーレイジャージャケット

アウトドアリサーチ(OUTDOOR RESEARCH) フォーレイジャージャケット

通気性を確保したい時には、サイドジッパーを使用してポンチョスタイルにできる、軽量シェルジャケットです。 重量は485gほど。しなやかなポリエステル素材を使用しており、使わない時は小さく折りたたんで収納できるのがポイントです。

素材は50デニールのポリエステル100%、ゴアテックスのなかでも、軽量性を特に重視した素材「GORE-TEX PACLITE」を採用しています。裏地を使わない2層構造なので、防水性を保ちながら透湿性も良好です。

レイヤリング次第では1年を通じて使える汎用性の高さが魅力。スタイルはスタンダードフィットを採用しており、街なかで着用してもおしゃれなアイテムです。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond)

「ブラックダイヤモンド」は1989年に設立されたアメリカの登山用品ブランドです。ポリシーは「信頼できる道具を作る」。ヨセミテハンマーやボッドハーネスなど、「クライマーによるクライマーのためのメーカー」として、信頼性の高い高品質クライミングギアを製作していることで定評があります。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) メンズ ヘリオアクティブシェル

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) メンズ ヘリオアクティブシェル

シェル素材を従来の「GORE-TEX PRO」から「GORE-TEX ACTIVE」に変更して透湿性を重視、激しい動きのスノースポーツにおける運動性能を向上させたヘリオアクティブシェル。裏地にCニットバッカーを採用したことにより、しなやかな動きができるのも大きなメリットです。

さらに、ハーネスに干渉しないハンドポケット、および片手で調節可能なフードを搭載しているので、クライミングにおける使い勝手も向上しています。スッキリしたデザインも魅力のゴアテックスジャケットです。

ノローナ(Norrona)

「ノローナ」は1929年創業のノルウェーの老舗アウトドアブランドです。北欧の厳しい冬の環境下で、安心して使える耐久性の高いアウトドア用品が高く評価されています。

また、シンプルな北欧デザインと落ち着いたカラーリングもポイント。アウトドアはもちろん、街なかでも長く愛用できるジャケットを探している方におすすめのブランドです。

ノローナ(Norrona) ロフォテン ゴアテックス アクティブ ジャケット

ノローナ(Norrona) ロフォテン ゴアテックス アクティブ ジャケット

ゴアテックスのなかでも透湿性の高い軽量な「GORE-TEX Active」を採用したノローナのジャケットです。胸部にメッシュのベンチレーションジップを備えており、バックパックを背負ったままでも換気しやすいのがメリットです。

フードは片手で調節可能。着脱できるパウダースカートを備えており、天候やシーンに応じて使い分けられるのもポイント。スキーやスノーボードなどのスポーツでおすすめのゴアテックスジャケットです。