急な天候の変化にも対応できる高機能アウターは、アウトドアを存分に楽しみたい方におすすめのアイテム。なかでも広く人気を集めているのが、防水透湿性能をもつ「ゴアテックス」を採用したジャケットです。

そこで今回は、ゴアテックスジャケットの人気ブランドとおすすめモデルをご紹介します。アウトドアだけでなく、タウンユースとして着用できるおしゃれなモノも数多く発売されているため、ぜひチェックしてみてください。

ゴアテックスジャケットとは?

By: gore-tex.jp

ゴアテックスジャケットとは「ゴアテックス・メンブレン」と呼ばれる膜状の素材を用いることで、防水性と透湿性を兼ね備えたアウターのこと。雨や雪を防ぐほか、汗など衣類内の水蒸気を外へ排出する優れモノです。

天候が変わりやすい登山、スキーなどのアウトドアシーンには最適。また、最近ではマウンテンパーカーなどのアウトドアアイテムがファッションシーンで注目されていることから、タウンユースとしての需要も高まっています。

ゴアテックスジャケットの選び方

ゴアテックスの種類をチェック

オールマイティーに使える「GORE-TEX」

By: gore-tex.jp

ゴアテックスのなかでも基本的な素材として挙げられるのが「GORE-TEX」。「GORE-TEXプロダクト」と称されることもあります。スノースポーツから登山まで広い用途に適しており、汎用性が高いのがポイント。防水性・透湿性・軽量性のバランスが取れたゴアテックスです。

GORE-TEXのなかには、「GORE-TEX C-KNIT Backer」「GORE-TEX PACLITE」といった素材もラインナップ。GORE-TEX C-KNIT Backerは、裏地に丸編みニットを使用しており、肌触りがよくしなやかで、透湿性が高く軽量なのがメリットです。Tシャツなどを着用する、汗をかきやすい夏山トレッキングに最適です。

GORE-TEX PACLITEは、軽さを追求したゴアテックス。裏地の代わりに、特殊コーティングを施すことによって、メンブレンが直接肌に触れることなく軽量化が図られています。軽いジャケットを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

登山向けの「GORE-TEX PRO」

「GORE-TEX」を超える、高い耐久性と透湿性を実現した「GORE-TEX PRO」。本格登山など過酷な状況下で使用することを想定して作られています。登山の上級者や山岳ガイドなどに着用されることの多い、まさにプロ仕様のゴアテックスです。

ただし、GORE-TEX PROを用いたジャケットは重くなりがちなのが特徴。トレッキングやスノースポーツなどではオーバースペックになりがちです。一般的なGORE-TEXでも充分な防水透湿性と耐久性を備えているので、初めて購入する際は用途を考えて選択しましょう。

スポーツ向けの「GORE-TEX Active」

By: gore-tex.jp

いかに汗を外に逃がすかという点を重視して、特に透湿性を重視したのが「GORE-TEX Active」。汗を水蒸気として逃し、身体をドライで快適に保ちます。トレイルランやサイクリングなど、汗をかきやすい激しいアクティビティに適した素材です。

メンブレンが外からの風の侵入を遮断するため、防風性も良好。サイクリングの際でも、体温の急激な低下を軽減します。GORE-TEX Activeは軽いアイテムが多く、街なかでのジョギングや自転車通勤でも重宝するのがポイントです。

ゴアテックスの構造をチェック

2層構造

By: gore-tex.jp

軽量化を図るために表地と「ゴアテックス・メンブレン」だけをラミネートしたのが2層構造のゴアテックスです。ただし、メンブレンが直接肌と接してしまうので、実際の製品ではあまり用いられていません。

裏地を使う代わりに特殊コーティングを施した「GORE-TEX PACLITE」などは2.5層構造などといわれることもあります。メンブレンが肌と接することなく、軽量なのがポイントです。

3層構造

By: gore-tex.jp

ゴアテックスのなかでも基本的なのが3層構造です。「ゴアテックス・メンブレン」を表地と裏地ではさんであります。表地には防水性の高いナイロンやポリエステルが用いられることが多いのがポイント。そのほかにも、ニットを使用した「GORE-TEX C-KNIT Backer」もラインナップしています。ストレッチ性・透湿性が高いのがメリットです。

ゴアテックスジャケットのおすすめブランド

モンベル(mont-bell)

登山の第一人者である辰野勇氏らを中心として1975年に創業した、大阪に本社を構える国産アウトドアブランド。機能性や軽量性を重視し実用性に優れたアイテムを展開しています。

自然環境の保全・自然災害への対応など、社会貢献活動への取り組みに積極的なことも特徴。カジュアルなデザイン性など、アウトドア初心者の方にもおすすめのブランドです。

モンベル(mont-bell) ストームクルーザージャケット Men’s

「GORE-TEX C-KNIT Backer」テクノロジーにより、ストレッチ性・透湿性に優れたゴアテックスジャケットです。すっきりとした無駄のないシルエットで動きやすいため、登山やサイクリングに適したモデル。汗をかいても内側から外側に熱を放出できるので、快適に過ごせます。

また、軽量化するために縫製部分を少なくしているため、長時間着用するシーンにも適しています。さらに、裾とアルパインカフを接着させたり、ポケット部分の防水性を高めたりと、撥水性に優れている点も魅力。ウインドブレーカーとしてはもちろん、防寒着としても活躍するおすすめの製品です。

モンベル(mont-bell) トレントフライヤー ジャケット Women’s

モンベルのゴアテックスジャケットのなかでも軽量なモデルです。素材には、裏地を使う代わりに特殊コーティングを施した「GORE-TEX PACLITE」を採用。メンブレンが肌に直接触れないため、快適な着心地を維持できます。

さらに、シームテープの幅を細くしたり、縫製箇所を減らしたりと細かな工夫が施されているのもポイント。防水・撥水処理が徹底されているので、レインウエアとしても着用できます。

明るいカラーラインナップは、登山やサイクリングに適したモデルを探している方におすすめのアイテムです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

1968年にアメリカ・サンフランシスコで創業したブランド。基本的にはアウトドアアイテムを展開するブランドですが、デザイン性の高さからタウンユースで映えるファッションアイテムとしても高い人気を集めています。

アウトドアアイテムとしての機能性も高く、実用性や軽量性を兼ね備えた製品が評判。ゴアテックスを使用した製品も多くラインナップしています。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) クライムライトジャケット メンズ NP11503

コンパクトに収納でき、軽量なゴアテックス ジャケット。重量は270gと軽量なので、携帯性に優れたアイテムを探している方におすすめです。「ゴアテックスマイクログリットバッカー」を採用しており、メンブレンを表地と裏地で挟んだ3層構造がポイント。スリムかつストレッチ性が高いので、バックパックを背負ったままでも快適な着心地を得られます。

また、フードはアジャスト領域が広く、頭の形にフィットしやすい形状。梅雨時のアルパインシェルとしても活躍します。さらに、後部にはアジャスターコードが付いており、視界を保ちやすいのもポイントです。そのほか、多彩なカラーがラインナップされているので、好みに応じて選んでみてください。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) クラウドジャケット メンズ NP11712

軽さが魅力の「GORE-TEX PACLITE」を採用した、ゴアテックスジャケットです。縫い目からの漏水を防ぐシームシーリング加工やフロントのダブルフラップ仕様によって、防水性も良好。

また、ゆとりがあるシルエットなので1年を通して着用できます。トレッキング・登山・キャンプにはもちろん、タウンユースにも最適。サイドポケットや左胸ポケットなども備えており、収納性にも優れています。

さらに、風によるバタつきを防ぐアジャスタードローコードが付いているので、快適に着用可能。なお、本製品には持ち運びに便利なスタッフサックが付属するため、携帯しやすいモデルを探している方にもおすすめです。

マムート(MAMMUT)

1862年にスイスで創業した、150年以上の歴史を誇るアウトドアブランド。より本格的な登山やアウトドアを楽しむ方からの信頼が厚く、ヒマラヤなど過酷な環境下で使用されることも多くあります。

世界中の登山家たちが認める品質と機能性が特徴。最新の素材や技術を積極的に取り入れるなど、常に高い品質を追い求めるアウトドアブランドです。

マムート(MAMMUT) クライメイト レインスーツ アジアンフィット メンズ 1010-26551

ジャケットとパンツがセットになった製品です。素材には「GORE-TEX PACLITE」を採用。裏地の代わりに特殊コーティングを施すことで、メンブレンが直接肌に触れるのを防ぎます。また、防水ジッパーや3方向に調節可能なヘルメット対応フードも付いているため、全身を風や雨から守ることが可能です。

さらに、重量540gと軽量なのも魅力。付属のスタッフサックに収納すれば、楽に持ち運び可能。そのほか、止水ファスナーを使用したサイドポケットが付いていたり、ウェストバンドの幅を調節するためのドローコードが付いていたりと利便性に優れています。

マムート(MAMMUT) エナジー ジャケット メンズ 1010-26580

透湿性に優れた「GORE-TEX Active」を素材に採用したゴアテックスジャケットです。脇には内側の蒸れを軽減するためにベンチレーションが付いており、快適な着心地を得られます。

重量が215gと軽量かつストレッチ性も高いので、サイクリングやトレッキングなどに最適。また、胸ポケットには縫目からの漏水を防ぐコンシールジッパーを採用していたり、片手で調節できるよう裾にはドローコードが付いていたりと汎用性の高いアイテムです。

パタゴニア (Patagonia)

環境危機をコンセプトにメッセージを送っていることで有名なパタゴニアは、1973年にアメリカのカリフォルニア州で設立されました。登山用品やサーフィン用品など、ファッションとアウトドアをミックスさせた製品を数多く展開しているため、機能性だけでなくデザイン性も重視したい方におすすめのブランドです。

パタゴニア (Patagonia) メンズ・トリオレット・ジャケット

防水性・透湿性・防風性の3拍子が揃ったモデル。シンプルなデザインで、登山やサイクリングなどのアウトドアシーンから、タウンユースまで対応するコスパに優れたゴアテックスジャケットです。

腕を上げてもジャケットがずれにくい仕様なので、着心地も良好。また、フードはヘルメットの着用にも対応しています。つば部分にはフォームが入っているため、雨や雪の中でも視界を確保しやすいのが魅力です。

さらに、ハーネスやバックパックの着用を想定して配置されたハンドウォーマーポケットや、便利な伸縮性ポケットも付属。収納力に優れたおすすめの製品です。

ホグロフス(HAGLOFS)

1916年にスウェーデンの田舎町からスタートしたアウトドアブランド。当初はバックパックの生産のみ行っていましたが、現在はアパレル製品をはじめ幅広い製品を展開する、スウェーデン屈指のアウトドアブランドに成長しています。

機能性や実用性の高い製品を作っているのが特徴。北欧の厳しい自然環境に対応できるだけの高品質な製品を作り続けています。北欧らしいおしゃれなデザイン性も評判で、タウンユースにも人気のブランドです。

ホグロフス(HAGLOFS) リムシリーズ ジャケット メンズ

立体裁断仕様によって着心地のよさを追求した、ホグロフスのゴアテックスジャケットです。トレッキングや登山などのアウトドアシーンに最適。肩回り・脇・袖の内側には無縫製を採用しており、耐摩耗性に優れています。

素材には「GORE-TEX PACLITE」を採用しているので、軽いのも魅力。また、袖口をひねって収納することでコンパクトにまとまるので、携帯性にも優れています。さらに、背面の裾が長いドロップテールデザインを採用しているなど、着心地のよさを追求したアイテムです。

ホグロフス(HAGLOFS) スピッツ ジャケット

軽さ・摩耗性・防水性を兼ね備えた、ホグロフスのゴアテックスジャケットです。素材には高い耐久性と透湿性を持つ「GORE-TEX PRO」を使用。

体にフィットしやすいデザインなので、動きやすいのもポイント。クライミングやトレッキング、スキーなど、さまざまなシーンで着用できます。肩周りや袖などが強化されているので、丈夫な点も魅力です。

さらに、ファスナーにはラミネート加工が施されており、防水性を高めているのも特徴。脇下にはベンチレーションが付いているため、内側が蒸れるのを防ぎ、快適な着心地を維持できます。街着としても着用できるモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

バートン(BURTON)

世界中のスノーボーダーが愛用するなど、スノーボード界で絶対的な地位を確立しているブランド。1977年にアメリカ・バーモント州で創業し、有名プロスノーボーダーたちが愛用したことから、人気を不動のモノとしてきました。

極寒の雪山でも耐えられる機能性と実用性を備えていることが特徴。おしゃれでストリートライクなデザイン性も人気を集める理由です。

バートン(BURTON) MEN’S GORE-TEX PACKRITE JACKET

スタイリッシュなデザインが特徴的なゴアテックスジャケットです。縫い目全てに、GORE-SEAMテープ加工が施されているのが特徴。雨や雪がジャケット内部に侵入するのを防げるため、ウィンタースポーツはもちろん、登山やトレッキングにも最適です。

また、折り畳めるパッカブル仕様なのもポイント。内側のポケットに収納できるので、持ち運びにも便利。街で着ていても違和感がないおしゃれなデザインで、幅広く使えるおすすめのアイテムです。

バートン(BURTON) GORE-TEX SWASH JACKET

雪や風を防げて、動きやすいゴアテックスジャケットを探している方におすすめのモデルです。全ての縫い目にGORE-SEAMテープ加工が施されているので、ジャケット内に雨や雪が侵入するのを防げます。

脇のベントにはメッシュライナーが付いているので、内側が蒸れにくく着心地も良好。さらに、胸、上腕、内側などにポケットが多数付いているため、ちょっとした小物を収納できます。おしゃれなカラー展開で、デザインにこだわりたい方もおすすめです。

フォックスファイヤー(Foxfire)

1982年に秋田県で創業したアウトドアブランド。フライフィッシングベストを作りはじめたことがブランドの始まりで、現在でも釣り好きが愛用するアウトドアブランドとして人気です。

徹底した素材へのこだわりをもつことが特徴で、ゴアテックス素材をいち早く採用したブランドとしても知られています。

フォックスファイヤー(Foxfire) フラッド ジャケット

3層構造の「GORE-TEX」を採用したゴアテックスジャケットです。重量は300gと軽く、付属のスタッフバッグに収納すれば楽に持ち運びできます。また、フードには芯が入っているため、ドローコードを締めても視界を広く保てるのがポイント。両胸のポケットにはスマホをはじめとした小物を収納可能です。

ビジネスシーンなどにも着用できるネイビーのほか、ライトブルーやグリーンなどのポップなカラーもラインナップ。街着としても重宝するアイテムです。

フォックスファイヤー(Foxfire) クレストクライマー ジャケット

「GORE-TEX Active」を採用した、ゴアテックスジャケット。裏地には丸編みニットを使用しているため、サイクリングやトレイルランなど、汗をかきやすいシーンにおすすめです。

また、軽量かつシンプルなデザインのため、街なかでのジョギングやビジネスシーンにも適しています。さまざまなシーンで重宝するおすすめの製品です。

アウトドアリサーチ(OUTDOOR RESEARCH)

1981年創業、アメリカのシアトルに本拠を構えるアウトドアブランド。アウトドアへのこだわりが強いブランドとして知られており、定番のアウトドアギアから小物ギアまでこだわり抜いた製品作りを行っています。

日本での知名度はまだまだ高くありませんが、機能性・品質の高さ・アウトドアへの強いこだわりから、アウトドア玄人たちから人気です。

アウトドアリサーチ(OUTDOOR RESEARCH) フォーレイジャケット

ゆったりとしたシルエットのゴアテックスジャケットです。重ね着できるようデザインされているのが特徴。見た目がシンプルなので、街着としても使用できるモデルです。

素材には「GORE-TEX Paclite」を使用しており、シームテープ加工も施されているので、軽いうえに防水性・透湿性を兼ね備えています。また、脇から裾にかけてサイドジッパーが付いているため、通気性に優れているのもポイント。

さらに、ポケットが多数ついているので、収納力に優れているのも魅力。ポケッタブルタイプのため、持ち運びしやすいのも人気の理由です。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond)

世界的に有名な登山家、イヴォン・シュイナード氏の意思を受け継ぎ、1989年に設立したアウトドアブランド。登山者向けの製品を多く展開していることが特徴です。

本物志向の登山家たちが使用する本格的なギアから、トレッキングなど登山初心者でも使用できる安価で使いやすい製品までラインナップしています。ハードに使える、高品質で信頼性の高い製品が魅力です。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) リキッドポイントシェル

シンプルなデザインのゴアテックスジャケットです。素材には「GORE-TEX PACLITE」を使用しているため、軽量かつ耐久性に優れているのが魅力。登山やトレッキング、キャンプなどのアウトドアシーンで活躍します。

フードはヘルメットに対応しているため、バイク通勤している方にもおすすめです。さらに、脇下にはベンチレーションが付いているので、蒸し暑いときの温度調節も手軽。カラーは、ビジネスシーンにも相性がよいブラック・ミッドナイトの2色展開です。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) シャープエンドシェル

高い耐久性と透湿性を持つ「GORE-TEX PRO」を採用した、ゴアテックスジャケットです。特に、登山の上級者におすすめ。無駄を削ることで軽量化を実現しており、GORE-TEX PROを使ったジャケットのなかでも比較的動きやすいのが魅力です。

また、クライミングヘルメット対応のアジャスタブルフードが付いていたり、内側にコードポート付きのメディアポケットが付いていたりと、利便性に優れているのもポイント。本格的なアウトドアレジャーを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ノローナ(Norrona)

1929年に創業したノルウェーのアウトドアブランド。極寒で過酷な環境が多いノルウェーや北欧でも、安心して体を預けられる品質と耐久性をもつ製品を展開しています。

おしゃれで洗練されたデザイン性も人気の理由で、雪山でも映えるようなカラーリングや存在感のある見た目が大きな魅力です。アウトドアシーンはもちろん、タウンユースでも人気を集めています。

ノローナ(Norrona) フォルケティン ゴアテックスジャケット

夏のトレッキングから冬の登山まで幅広く対応した、ノローナのゴアテックスジャケットです。独自の素材を採用することで、通気性を向上させているのが特徴。オールシーズンで快適な着心地を得られます。

また、利便性に長けているのもおすすめポイント。各ジップの位置はショルダーハーネスやヒップベルトに干渉しないように配慮されています。さらに、フードや裾にはドローコードが付いているので簡単に調節可能。ベーシックなカラーがラインナップされているので、タウンユースにも適しています。

アークテリクス(Arc’teryx)

1989年カナダ・ノースバンクーバー創業、始祖鳥の学名「アーケオプテリクス」を名前の由来にもつブランド。高機能で高品質な製品作りと、都会に馴染むスタイリッシュなデザインで人気を博しています。

日本ではアウトドア好きからの人気はもちろん、通勤時に使用するアウターとしても人気です。

アークテリクス(Arc’teryx) Zeta SL ジャケット

ハイキング時の緊急用シェルとしてデザインされ、コンパクトに持ち運べるアイテムです。動きを制限しないように設計されているため、登山やトレッキングにおすすめです。

また、水を弾きやすいジッパーを搭載したハンドポケットが2つ付いていたり、フードにはハローアジャスターが付いていたりと機能性に優れているのもポイント。

シンプルなデザインなので、街着としてもおすすめです。なお、カラーバリエーションも豊富なので、好みのカラーを選んでみてください。

アークテリクス(Arc’teryx) ベータ SL ハイブリッド ジャケット

防水性・透湿性をキープしながらも、軽量性・収納性・耐久性を兼ね備えた、ハイブリッドなゴアテックスジャケットです。シンプルなデザインのため、登山や釣りをはじめとしたアウトドアから街着まで、幅広いシーンで活躍します。

また、高めに設計された襟元とフードによって顔周りをカバーできるのも魅力。フードの裏にはコードが付いており、ヘルメットの着用も可能です。さらに、左右のフロントポケットは小物を収納できるだけでなく、バックパックのベルトも装着できます。

ミズノ(MIZUNO)

ミズノはスポーツメーカー美津濃株式会社が展開するブランド。創業から100年以上の歴史を持ち、2018年にはブランドコンセプトを「REACH BEYOND」に刷新。今日まで革新的な製品を世に送り出し続けています。特に、高品質かつ買い求めやすい製品を展開しているのが特徴のため、コスパを重視する方におすすめです。

ミズノ(MIZUNO) ゴアテックス ジャケット

ほかのモデルに比べて比較的安いため、買い求めやすいゴアテックスジャケットを探している方におすすめです。持ち運びに便利な収納バッグが付属するため、釣りやハイキングなどのアウトドアシーンに最適。

フードは折り畳むことで、襟の中に収納できます。シンプルなデザインなので、街着としてもおすすめのアイテムです。

ナイキ(NIKE)

ナイキは、スポーツアイテムを中心にアパレルアイテムを展開しているアメリカのブランド。ギリシャ神話の勝利の女神を意味する「ニケ」がブランド名の由来であるといわれています。なお、ナイキの製品はおしゃれでデザイン性が高いのが特徴。実用性だけでなく、ファッション性も重視したいという方におすすめのブランドです。

ナイキ(NIKE) ACG RIP-STOP NYLON JACKET

ナイキならではのおしゃれなデザインが特徴のゴアテックスジャケットです。タウンユースに使えるモデルを探している方におすすめ。胸の部分にはロゴプリントがあしらわれており、ファッション性を高めています。

素材には「GORE-TEX」のリップストップナイロンを用いており、防水性・透湿性・軽量性に優れているのも魅力。また、腕の部分が人体工学に基づき、動きやすく設計されているのもポイントです。