それは鳥か? はたまた飛行機か?

自分の折った紙飛行機が飛んでいるとき、そこに乗る自分を想像したことがありますか。どんな風景が見られるでしょう。なんとそれを体感できるドローンが登場しました。
今回ご紹介するのは、ライブストリーミングカメラ搭載の紙飛行機型ドローンPowerUp FPVです。

PowerUp FPVは紙飛行機のコックピットに座っているかのようなフライトを経験させてくれます。その方法としては2つ。ひとつは、ヘッドマウント・ディスプレイを頭部に装着し、目の前の風景の変化に応じて頭を傾けることでドローンを制御します。もう一つの方法は、スマートフォンがゲームパッドになり、画面を直接タッチすることで制御します。

ドローンの飛行は20mph(=時速およそ31キロメートル)までスピードアップが可能。オートパイロットのアシスト機能があり、自動運転モードでの飛行もします。バッテリーは連続飛行10分まで対応。リアルタイムのライブストリーミングカメラを搭載しており、録画した映像はmicro sdカードに保存、後で携帯にデータとしてダウンロードもできます。

また、オンボードのコンピュータとセンサーがあるので、風の強い日でも制御ができるほか、独自の検知システムで、事故時にモーターや回転翼を停止する機能があるので安全性も心配なし。

目の前で実際に飛行しているドローンからの景色を見ながら操縦。今までにないリアルなパイロット気分が味わえます。