2019年9月20日に発売されたAppleの新製品、iPhone 11/Pro/Pro Max。前モデルであるiPhone Xシリーズに引き続き、前面・背面ともに頑丈なガラスを採用した美しいボディが魅力です。

しかし、iPhoneは日常的に使うモノなので、どうしても細かな傷は防げません。そこで今回は、iPhone 11/Pro/Pro Maxのおすすめケースと選び方をご紹介。iPhone 11/Pro/Pro Maxを大切に使いたい方や、自分らしい個性をアピールしたい方はぜひチェックしてみてください。

iPhone 11シリーズのサイズについて

By: amazon.co.jp

iPhone 11/Pro/Pro Maxの画面サイズは、それぞれ6.1インチ、5.8インチ、6.5インチ。スタンダードモデルであるiPhone 11は、前モデルであるiPhone XRと本体サイズや重さまでほぼ同じサイズであると表記されています。

しかし、iPhone XRのケースは流用できないので注意しましょう。iPhone 11シリーズでは、カメラ性能の向上とともに背面デザインが大きく変更されたため、一部を除いて過去モデルのケースを流用することは不可能です。

画面サイズが同一のiPhone 11とiPhone XSについても、本体の大きさが異なるためケースの流用はできません。iPhone 11/Pro/Pro Maxにケースをつけたい場合は、必ず専用のモノを選ぶようにしましょう。

ケースの種類

通常タイプ

By: amazon.co.jp

iPhoneの背面と側面を覆って保護する形状のケースが「通常タイプ」。シンプルな構造で素材やデザインのバリエーションが豊富で、好みの製品を見つけやすいのが特徴です。

液晶画面が剥き出しの状態なので、操作感を損なわないのが魅力。ポケットやカバンからiPhoneを取り出してすぐに操作できるため、電話やメッセージに素早く対応できます。自分好みのデザインと操作感を両立したい方におすすめです。

手帳タイプ

By: amazon.co.jp

手帳のようなフラップがついている形状のケースが「手帳タイプ」。背面・側面だけはなく液晶面もしっかり守れる、保護力の高さが魅力です。また、フラップの裏面に鏡がついていたり、カードやお札の収納ができたりと、多機能を備えた製品が多いのも特徴。常に免許証を携帯しておきたいドライバーの方などにもおすすめです。

ただし、iPhoneの全面を覆っている分、熱がこもりやすいので要注意。iPhoneが熱を持ちやすい夏場や長時間の使用の際には熱くなっていないかをこまめに確認するようにしましょう。

バンパータイプ

By: amazon.co.jp

iPhoneの側面をカバーする形状のケースが「バンパータイプ」。iPhone本体のデザインを活かしつつ、落下したときに高確率で衝撃を受ける側面や角の部分を保護できるのが魅力です。

背面や液晶面を覆わないため、非常に軽く、熱がこもりにくいのが特徴。保護範囲が側面だけなので、iPhone 11ならiPhone XRのケースを流用できる場合があります。できればケースをつけたくないけれど、iPhoneの落下対策はしておきたいという方におすすめです。

iPhone 11/Pro/Pro Maxケースの選び方

素材をチェック

By: amazon.co.jp

iPhoneケースの素材として一般的に用いられるのは、シリコン・TPU・ポリカーボネート・アルミ・本革の5種類です。

シリコンやTPUはソフトケースに採用されており、柔らかく滑りにくいのが特徴。ポリカーボネートは加工が簡単で熱に強いためバリエーションが豊富で、好みのデザインを見つけやすい素材です。

アルミは高い強度と耐衝撃性、耐久性に優れており、しっかりとiPhoneを保護したい方に人気。本革のケースは耐衝撃性に優れ、使えば使うほど手に馴染むので、長く使い続けたい方におすすめです。

そのほか、木材やPUレザー(合皮)などを採用したケースも発売されています。自分がどんな性能やでデザインの製品を求めているのかよく考えて、それに合った素材のケースを選ぶようにしましょう。

耐衝撃性をチェック

By: amazon.co.jp

落下による衝撃からiPhoneを守りたい場合には、耐衝撃性を備えたケースを選ぶことが重要。耐衝撃性を備えたケースの中で特におすすめなのは、米軍が調達する物資の規格・評価ガイドラインである「MIL規格」を満たしたモノです。

MIL規格を満たした製品は、ある一定の高さから、あらゆる角度で一定回数落下させるというテストを行い、「ケースに損傷がなかった」と認定されています。あくまでもケースの結果ではありますが、耐衝撃性の高いケースが欲しい方はぜひチェックしてみてください。

ポケットの有無をチェック

By: amazon.co.jp

iPhoneケースにICカードや免許証などのカードを入れて持ち運びたい方は、ケースにポケットがついているかどうかもチェックしましょう。

ポケットがついているケースの多くは手帳タイプですが、通常タイプのモノでも背面にポケットを備えている場合があります。どちらのタイプでも備えているポケットの数にはばらつきがあるため、持ち歩きたいカードの数に合わせて選ぶのがおすすめです。

デザインをチェック

By: amazon.co.jp

iPhoneケースは人目に触れる機会も多いので、自分の個性を出せるモノでもあります。機能性はもちろん重要ですが、自分好みのデザインで選ぶのも大切なポイントです。

特にiPhone 11は選べるカラーも多いので、お気に入りのカラーを活かしたい場合には同じ色のケースやクリアケースがおすすめ。素材によっても雰囲気が変わるので、ぜひ自分好みのケースを探してみてください。

iPhone 11シリーズ対応ケースのおすすめモデル

イーエスアール(ESR) クリアソフトTPUケース

イーエスアール(ESR) クリアソフトTPUケース

厚さわずか1.1mmのクリアソフトケース。かさばらずにiPhoneの保護性能をアップできます。高い透明度を持ち、黄変防止加工が施されたTPUを素材に使っているため、iPhoneの外見を損なわないのが魅力です。

ケースの四隅にはエアクッションコーナーを採用し、落下やそのほかの衝撃からもしっかりとiPhoneを守れます。また、フチ部分がわずかに高く設計されているため、平らな場所に置いてもカメラやスクリーンが擦れたりキズができたりしにくいのもポイント。iPhon 11シリーズそのもののデザインを活かしつつ、しっかりと保護したい方におすすめです。

シュピゲン(Spigen) ウルトラ・ハイブリッド S

シュピゲン(Spigen) ウルトラ・ハイブリッド S

側面に衝撃吸収性の高いTPU、背面にクリアで頑丈なポリカーボネートを採用したハイブリッドケース。四隅には米軍MIL規格を取得したエアクッションを施し、ケースのフチを高く設計するなど、保護力を高める仕組みを多く取り入れています。

背面に軽いタッチで開閉できるマグネット式のキックスタンドを搭載しているのもポイント。ちょうど「iPhone」のロゴが隠れる場所に配置され、キックスタンドを開いてテーブルに置いた時、動画が見やすい状態になるように設計されています。

カラーバリエーションは側面・キックスタンドが黒のジェットブラックと、側面は透明でキックスタンドがシルバーのクリスタルクリアの2色。自分の好みに合わせて選べます。iPhone 11で動画を見る機会が多い方におすすめのケースです。

ハミィ(Hamee) iFace First Class Standard

ハミィ(Hamee) iFace First Class Standard

数あるiPhoneケースブランドのなかでも人気を集めているハミィの「iFace」シリーズで、もっともスタンダードな形のiPhoneケース。さまざまなカラーがラインナップされており、自分の好みに合わせて選択できます。

滑らかな曲線を描いたボディが特徴。ケースの上下にふくらみを持たせ、真ん中にくびれを作ることで持ちやすさを実現しています。また、適度な厚みがあり、自然な状態で持てるのが魅力です。

ケースをつけたままでのワイヤレス充電に対応しているのもポイント。そのほか、ストラップホルダーを搭載しているため、別売りされているケースとおそろいのベアリングストラップを付ければ落下防止にも役立ちます。

ルートコー(ROOT CO.) Gravity Shock Resist Case.

ルートコー(ROOT CO.) Gravity Shock Resist Case.

ルートコーの「Gravity」シリーズとハミィの「iFace」シリーズがコラボした、耐衝撃性能の高いiPhoneケース。米国環境耐性試験「MIL規格」に準拠した製品で、落下などの衝撃からしっかりとiPhoneを守ってくれます。

背面パネルにマット仕様のアースカラーが大人びた印象を与える、落ち着いたデザインを採用しているのもポイント。ケースの下部にはストラップホールを備えているため、落下防止のためのストラップを取り付けられます。

また、背面メタルプレートを内蔵していないため、ケースをつけたままでワイヤレス充電ができるのも魅力。衝撃に強く、使い勝手のよいケースを探している方におすすめです。

レイ・アウト(ray-out) 耐衝撃ケース リング付360

レイ・アウト(ray-out) 耐衝撃ケース リング付360

360°回転するリングが付いた耐衝撃iPhoneケース。リングを指にかけて使えるので、手が滑ってiPhoneを落とすリスクを軽減できます。また、リング部分は便利なiPhoneスタンドとしても使用できるため、テーブルに置いて動画を見る際にも便利です。

ケースの四つ角には衝撃を吸収するエアクッションを搭載し、万が一落としてしまったときでもしっかりとiPhoneを守れます。また、背面パネルがやや厚めの設計になっているので、平らな場所においてもカメラレンズが接地せず、スレやキズを防げるのも魅力。しっかりとiPhoneを保護したい方におすすめのケースです。

SLGデザイン(SLG DESIGN) フルグレインレザーバックケース

SLGデザイン(SLG DESIGN) フルグレインレザーバックケース

牛革にキメの細かいシワ模様を型押しした、上品で高級感あるデザインが魅力のiPhoneケース。イタリアの有名なブランドが加工したミネルバボックスレザーを採用しています。使い込むほどに革の光沢が増していくため、長年使い続けたい方にピッタリです。

背面にはカードや紙幣、名刺を入れられるポケット付き。電波干渉防止シートが同梱されているため、iPhoneから発される電波で磁器が壊れてしまうリスクを軽減できます。本革製で手帳タイプではないiPhoneケースを探している方におすすめです。

電子技販(moeco) FLASH 東京回路線図

電子技販(moeco) FLASH 東京回路線図

実際に電子部品を扱っている会社が作った、電子基板をモデルにしたiPhoneケース。複雑な鉄道路線を基板の配線パターンや電子部品、シルク文字で精巧に描写したデザインが特徴です。

東京駅部分にはLEDが搭載されており、電源を用いることなく、iPhoneが発する電波を電力に変換して光る仕組みが採用されています。

素材にTPUを採用しているため、着脱しやすいのもポイント。iPhoneを簡単に着せ替えられるので、プライベートとビジネスシーンでケースを使い分けたい方でも気軽に使えます。かっこいいデザインのiPhoneケースが欲しい方におすすめです。

セルラーライン(Cellularline) 本革 手帳型ケース

セルラーライン(Cellularline) 本革 手帳型ケース

イタリアのスマートフォンアクセサリーブランド「セルラーライン」の手帳型ケース。高級な本革を贅沢に使い、職人がひとつひとつ手作業で作っています。使い続けるうちに自然な革の味が出る、シックで上品なデザインが魅力です。

ケースのフラップ裏にはカードが収納できるカードホルダー3つと、名刺やICカード、紙幣などを収納できる大ポケット1つを備えているのもポイント。キャッシュレス生活を送っている方ならば、このケースひとつで財布の役割も果たせます。

そのほか、ケースをつけたままでもケーブル充電・ワイヤレス充電の両方が可能。ケースを取り外さないまま使い続けたい方におすすめです。

ホールディット(Holdit) Stockholm 2Wayセパレート手帳型ケース

ホールディット(Holdit) Stockholm 2Wayセパレート手帳型ケース

手帳タイプと通常タイプの2WAY仕様で使い分けられるiPhoneケース。通常タイプケースを手帳タイプケースに取り付ける部分には独自開発のマグネットシステムを採用し、落下やズレを気にせず使えます。

素材にはキズや汚れに強く型崩れしにくいサフィアーノ調レザーを採用。ロゴマークから縫製まで、ハンドメイドによる丁寧なつくりにこだわって作られています。

手帳タイプケースのフラップ裏にはカードポケット2つと大ポケット1つを配置。また、通常タイプケースのみであればマグネット式のホルダーにもつけられるので、カーナビ代わりに使う、というような使い方もできます。マルチに使えるiPhoneケースが欲しい方におすすめです。

プレミアムスタイル(Premium Style) ダブルフリップカバー ミッキーマウス

プレミアムスタイル(Premium Style) ダブルフリップカバー ミッキーマウス

人気のディズニーキャラクター「ミッキーマウス」モチーフのダブルフリップカバーケース。かわいらしくもシンプルで、使う場所を選ばないデザインが魅力です。

ミッキーマウスの描かれたフリップを開いた見開き部分にはミラーが1枚とカードポケットが1つ、iPhone収納側のフリップ部分にはカードポケットが2つ備えられているので、使い勝手も良好。かわいい手帳タイプケースが欲しい方におすすめです。

プレミアムスタイル(Premium Style) ダブルフリップカバー ロゴ

プレミアムスタイル(Premium Style) ダブルフリップカバー ロゴ

「MARVEL」のロゴマークがおしゃれに配置されたダブルフリップカバーケース。シンプルなデザインなので、目立ちすぎず、MARVEL作品が好きだということをクールにアピールできます。

ロゴマークの付いたフリップ裏面にはミラーとカードポケットを1つずつ、もう一方のフリップ裏面にはカードポケットを2つ配置しています。通勤・通学時の定期入れ代わりに使ったり、ちょっとした隙間時間に身だしなみの確認をしたりと、さまざまな使い方ができて便利です。

オウルテック(Owltech) バイカラーデザイン 手帳ケース

オウルテック(Owltech) バイカラーデザイン 手帳ケース

落ち着いた色合いでビジネスシーンにも使える手帳タイプのiPhoneケース。手触りのよいファブリック素材をメインに採用し、アクセントとして上質なPUレザーをあしらったバイカラーデザインです。

フラップ部分はベルトがないマグネット式で、スムーズに開閉を行えます。開ききった時も表面と背面がぴたりとくっつくので、通話の際もだらしなく見えません。

フラップ裏面にはカードポケット2つと大ポケット1つを備えているのもポイント。通勤・通学時の定期入れや、レジャー施設のチケットホルダー代わりなど、さまざまな使い方ができます。使い勝手のよいシンプルな手帳タイプケースを探している方におすすめです。

イーエスアール(ESR) 衝撃吸収バンパーケース

イーエスアール(ESR) 衝撃吸収バンパーケース

超薄型・軽量デザインでiPhoneのスリムさを保ちつつ、保護が最も必要な部分をしっかり保護できるバンパーケース。外装にはアルミ合金、裏地には柔らかいTPU素材を採用しているため、外からの衝撃をきちんと吸収し、iPhoneへの影響を最小限に抑えてくれます。

四隅のフチがやや高めに設計されており、平らな場所に置いたときにスクリーンやカメラレンズが擦れにくいのも特徴。バイブレーションの通知があっても傷がつきにくいので、安心して使えます。

バンパーケースで気になるサイドボタンについても、大きなストレスなく操作が行えます。また、ケースをつけていることで電波強度に影響がないため、大切な電話通知の受信も妨げません。iPhone 11シリーズ自体のデザインを活かしつつ、きちんと保護をしたい方におすすめのケースです。

エレコム(ELECOM) ハイブリッドバンパーケース

エレコム(ELECOM) ハイブリッドバンパーケース

軽くて丈夫なポリカーボネートと弾性のあるTPUの2種類を使ったバンパーケース。落下の際に大きな衝撃が予想される四つ角にはエアクッションを配置しているため、効率的に衝撃を吸収できます。

バンパーの前後には凸型のリブ設計が施され、平らな場所に置いた時でも液晶画面や背面カメラの傷付きを抑えられるのも魅力。また、コネクタやボタン周りまでケースが覆うつくりなので、隙間に埋もれてしまってコネクタを挿せない、ボタンが押せない、といったアクシデントも防げます。

クリアな外観でiPhone本体のデザインを損なわずに使えるのもポイント。滑りにくく、外観を損なわないバンパーケースを探している方におすすめです。

CASEKOO アルミバンパーケース

iPhone本体のスタイリッシュな外観を損なわないアルミバンパーケース。アルミバンパーケースの裏地にはやわらかいTPUを組み合わせ、衝撃からiPhoneを守ってくれます。

カットアウトデザインは精密で、iPhoneのフチとすべてのボタンにしっかりとフィットします。また、四隅には1mmの突起を設置しているため、平面に置いた時もカメラが擦れない構造。バイブレーション通知の際も慌てる必要がありません。

ジョイント部分に使われている樹脂は電波の逃し穴になっており、アルミバンパー特有の通知不良が起こりにくい設計もポイント。バンパー上部にはストラップホールも備わっているため、落下防止のストラップも付けられます。シンプルなデザインのバンパーケースが欲しい方におすすめです。