ポップアップトースターは、手軽に美味しいトーストが焼ける便利な家電。簡単にトーストが焼き上がるので、忙しい日の朝食などに重宝するアイテムです。使いやすさにこだわった機能を搭載したタイプや、デザインがおしゃれなモデルなど、種類が豊富にあります。

そこで今回は、おすすめのポップアップトースターをご紹介。気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

ポップアップトースターのメリット・デメリット

ポップアップトースターのメリット

短時間で美味しいパンが焼ける

By: amazon.co.jp

ポップアップトースターのメリットは、熱源とパンの距離が近いため、短時間でトーストが焼ける点。1~3分ほどで美味しいトーストが焼けるので、朝食がパン派の方は便利に使えます。

また、短時間で焼きあげるため食パンの水分を逃しにくく、外はカリッと、中はモッチリとしたトーストができあがるのも魅力です。

コンパクトで場所を取らない

By: amazon.co.jp

ポップアップトースターは、オーブントースターに比べてコンパクトなのもメリット。省スペースで設置できるので、テーブルの上やキッチンに置いてそのまま使っても邪魔になりにくいのが嬉しいポイントです。

一人暮らしの方やほかの家電にスペースを使っている家庭でも、設置場所を気にすることなく使えます。

デザインがおしゃれ

By: amazon.co.jp

ポップアップトースターはスタイリッシュなモノからレトロなモノまで、デザイン性の高い製品がラインナップされています。テーブルやキッチンに置いているだけでインテリアのアクセントになり、おしゃれな雰囲気を演出できるのが魅力です。

共通したデザインのシリーズを展開しているタイプもあるので、ほかのキッチン家電と同じシリーズで揃えれば統一感が出ておしゃれ。キッチン周りやリビングに合ったデザインを選んでみてください。

ポップアップトースターのデメリット

By: amazon.co.jp

トースト限定に設計されているのがポップアップトースターのデメリットです。スロット内にはスライスされた食パンのみを入れられます。基本的にはクロワッサン・ベーグル・カレーパンなどスロットに入れられないモノは焼けないので注意しましょう。

同じ食パンでもスロットに入る厚さや形状が限定されているのもポップアップトースターの難点です。モデルによってはスロットが薄く低く設計されており、4枚切りなどの厚い食パンや山形の食パンが入りきらず、満足に焼けない場合もあります。

途中でトーストの焼き具合を確認できないのもポップアップトースターの不便なポイントです。大半のモデルはガラス窓がなく、焼き具合を途中で確認できないので、調理の際は焼き過ぎないように適切な火力を選ぶ必要があります。

ポップアップトースターの選び方

一度に焼けるパンの枚数をチェック

By: amazon.co.jp

ポップアップトースターのほとんどは、2枚の食パンを同時に焼ける構造を採用しています。なかには、1枚しか焼けないタイプもあり、よりスリムかつコンパクトな製品が多いのが特徴です。一人暮らしなどでトーストを1枚焼ければ十分という方は、1枚焼きのタイプも検討してみてください。

対応するパンの厚さをチェック

By: amazon.co.jp

ポップアップトースターを選ぶときに注意すべき点は、対応しているパンの厚さです。機種によって、焼けるパンの厚さが異なります。分厚いトーストが好みの方は、4枚切りに対応したタイプを選ぶのがおすすめです。

ただし、対応しているパンの厚さが大きいほど、ポップアップトースターのサイズも大きくなる傾向があります。置き場所も考慮して、使い方に適した製品を選びましょう。

焼き色調節機能付きもおすすめ

By: amazon.co.jp

ポップアップトースターには、焼き色調節機能が備わったモデルもあります。濃いめの焼き色が好きな方や、薄めの焼き色が好きな方など、好みは人それぞれ。バターを塗ったり、ジャムを付けたりと、食べ方によっても合う焼き色は異なります。

5段階や7段階など焼き色を細かく設定できるモデルもラインナップされているので、トーストの焼き加減にこだわる方はチェックしてみてください。

冷凍パンモード機能をチェック

By: amazon.co.jp

ポップアップトースターのなかには、冷凍した食パンをそのまま焼けるモデルもあります。

食パンは冷蔵で保管するより、冷凍したほうが美味しさをキープしやすいのが特徴。パンが安いときにまとめ買いした場合も、冷凍パンモード機能が付いていると便利です。パンを冷凍する方は、冷凍パンモード機能の有無も確認しましょう。

リフトアップ機能やあたためラックの有無をチェック

By: amazon.co.jp

ポップアップトースターのなかには、スロット部分の高さを底上げできるモデルもあります。小さなパンを焼くときだけでなく、ベーグルなどを焼いたときも取り出しやすいので便利です。

また、ラック付きのポップアップトースターなら、スロットに入らないパンをラックにのせてあたためることが可能。さまざまな種類のパンを焼きたい方は、リフトアップ機能やラック付きのポップアップトースターを選択するのもおすすめです。

スロットカバー付きならホコリの侵入を防げる

使用後にホコリが侵入するのを防ぐにはスロットカバー付きのポップアップトースターがおすすめです。スロットを開けたまま放置していると内部にホコリが入ってしまうのが難点。ホコリが溜まると使用の際に動作不良を起こす場合もあります。

スロットカバーが付属したポップアップトースターなら、上から被せるだけで使わないときでもしっかりとホコリの侵入を防げるのがポイント。また、使用直後に布製のカバーを使う場合と違って火災の心配もないので、安心して使用できます。

パンくずトレーがあればお手入れも簡単

By: amazon.co.jp

ポップアップトースターを購入する際、パンくずトレーが搭載されているかどうかを確認しましょう。トレーのないモデルは、パンくずを取り出すのに手間がかかります。

本体底部にスライド式のパンくずトレーを搭載したモデルは、引き出してパンくずを捨てるだけと、簡単にお手入れを行えるのがポイントです。ほかにも、底面のふたを開けてパンくずを取り除くタイプなどもあるので、事前にチェックしてみてください。

好みのデザインをチェック

By: amazon.co.jp

自分の感性に合ったデザインのモノを選ぶのもポップアップトースター選びでは重要なポイントです。金属の質感を楽しめるスタイリッシュなモノから、黄金期のイタリアンデザインを再現したレトロなモノまで、さまざまなデザインのポップアップトースターが展開されています。

ポップアップトースター単体でおしゃれに使えるモノも多いですが、部屋のインテリアに調和するモノを選ぶのもおすすめ。また、同じシリーズのコーヒーメーカーや電気ケトルなどとデザインを統一しているポップアップトースターも人気です。同系のデザインで調理家電を揃えたい方はチェックしてみてください。

ポップアップトースターのおすすめメーカー

デロンギ(DeLonghi)

By: amazon.co.jp

デロンギはイタリアのトレヴィーゾに本拠地を置く1902年創業の電気機器メーカーです。日本ではオイルヒーターやパネルヒーターなどの暖房器具で有名ですが、コーヒーメーカーやポップアップトースターなどのキッチン家電も幅広く展開しています。

デロンギのポップアップトースターはイタリア製ならではのおしゃれなモデルが多いのが特徴。シリーズごとに電気ケトルやコーヒーメーカーなども共通したデザインを採用しているので、統一したデザインでキッチン家電を揃えられます。

ツインバード工業(TWINBIRD)

ツインバード工業は新潟県燕市に本社を置く1951年創業の家電メーカーです。キッチン家電やクリーナー、照明機器などを手掛けており、コスパの優れた製品を多く提供しています。

ツインバードのポップアップトースターは置き場所に困らないスリムなデザインを採用しているのが特徴。幅広のスロットを搭載しているので、角食パンを2枚並べてトーストできます。加えて、冷凍パンモードやリフトアップ機能などの充実した機能を備えながら、価格がリーズナブルなのも魅力です。

ティファール(T-fal)

By: amazon.co.jp

ティファールはフランスに本社を置く1956年創業の調理器具メーカーです。「取っ手の取れるフライパン」や電気ケトルなど、調理器具やキッチン家電、生活家電を多数取り扱っています。

ティファールのポップアップトースターは、スタイリッシュで機能性に優れているのが特徴。インテリア性の高いデザインながら、多段階の「焼き色調整ダイヤル」や「追加パン焼き機能」など実用的な機能を備えたモデルがあり、好みやシーンに合わせたトーストを楽しめます。

ポップアップトースターのおすすめ|2枚焼き以上

デロンギ(DeLonghi) ケーミックス ポップアップトースター TCX752J

5枚切りまでの食パンに対応しているポップアップトースターです。厚みに関係なく、スロット中央に配置されるのが特徴。冷凍パンにも対応しています。また、あたため直しやキャンセルができるのもメリットです。

片面のみが焼ける機能も搭載しており、半分に切ったイングリッシュマフィンやベーグルなどを入れられるのもポイント。加えて「焼き目チェック機能」や「エクストラリフト」など、さまざまな機能が備わっています。

引き出し式のパンくずトレーを搭載しているため、お手入れが楽に行えるのも魅力。使用しないときに被せられるホコリよけカバーが付属しているので、より衛生的に使い続けられます。

デロンギ(DeLonghi) アクティブ シリーズ ポップアップトースター CTLA2003J

外側はこんがりと、内側はふわふわのトーストが焼けるポップアップトースターです。焼き目調節はスライド式で、6段階から選べます。好みに応じて変更可能です。5〜10枚切りまでの食パンに対応しています。

一度焼いたパンを再びあたためられる「温めなおし」や、途中で止められる「キャンセル」など、複数の機能を搭載。加えて、焼きあがったパンを簡単に取り出せる「エクストラリフト」も備わっています。

引き出し式のパンくずトレーや、ホコリよけカバーが付属しているなど、衛生面に配慮されているのもポイントです。また、インテリアアイテムとしても活躍するおしゃれな見た目も特徴。機能性とデザイン性を兼ね備えたおすすめのアイテムです。

デロンギ(DeLonghi) アイコナ・ヴィンテージ コレクション ポップアップトースター CTOV2003J

ライフスタイルを彩るおしゃれなポップアップトースターです。黄金期のイタリアンデザインをモチーフにしたレトロな外観と色使いを採用。同シリーズの電気ケトルともデザインが統一されているので、イタリア映画に登場する朝食の雰囲気を自宅でも味わいたい方にもおすすめです。

2つのスロットには10枚切りから厚めの4枚切りの食パンが入れられるのもポイント。電力は900Wで、無段階の焼き加減調節も可能です。また、「解凍」や「温め直し」などの機能に加えて、「片面焼き」にも対応しており、半分に切ったベーグルやマフィンを片面だけ焼きたい場合にも重宝します。

スロットを底上げできる「エクストラリフト」機能によって、焼き上げ後にトーストが簡単に取り出せるのも魅力。メンテナンスがしやすい引き出し式のくず受けトレイや、ホコリ避けに役立つカバーも付属します。

ツインバード工業(TWINBIRD) ポップアップトースター TS-D424B

ワイドスロット採用で、角食パンが2枚、高さ240mmまでの山型パンが1枚入るポップアップトースターです。外側はカリッと、内側はふわっとしたトーストが楽しめます。

ボディ前面に搭載されたダイヤルを操作することで、焼き色の調節を行うことが可能。焼きあがったトーストをもう少し焼きたいときに便利な「追加焼き機能」付きです。加えて、小さいパンを楽に取り出せるリフトアップ機能も備わっています。

フタを外し、ボディ下部にセットするまで動作を開始しない「誤使用防止機能」を搭載しているのもポイント。安全性に配慮されたモデルを探している方におすすめです。

ツインバード工業(TWINBIRD) ポップアップトースター TS-D404W

ワイドスロットで、高さ240mmまでの山型パンも焼き上げられるポップアップトースターです。角食パンは4枚切り2枚まで同時にトースト可能。外側はカリッと、内側はふわっとした食感が自宅で楽しめます。

小さいパンもサッと取り出せるリフトアップ機能を搭載。また、焼き色調節や追加焼きなど、複数の便利な機能があります。冷凍したパンをそのまま焼き上げられるモードもあり、パンをまとめ買いする方におすすめです。

本体サイズは約幅110×奥行370×高さ210mmとスリムなので、省スペースで設置できます。実用性が高いアイテムです。

ティファール(T-fal) ポップアップトースター メゾンワインレッド TT3425JP

10~4枚切りまで焼ける2つのスロットを搭載したポップアップトースターです。焼き色は調節ダイヤルで7段階に設定が可能。冷凍したパンの解凍もできます。

一度焼き上げたパンを追加で加熱する「追加パン焼き機能」もボタンひとつで実行できるのが特徴。複雑な設定を必要とせず、簡単に操作できます。加えて、リフトアップ機能が付いているため、小さなパンを焼くのにもおすすめです。

引き出し式のパンくずトレーを標準搭載しているので、お手入れが簡単に行えるのもポイント。使用しないときは、付属のカバーを被せればスロットにホコリが侵入するのを防げます。手軽にサクふわなトーストが楽しみたい方はチェックしてみてください。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) クラシックトースター 13766JP

5枚切り・最大幅26mmまでのパンに対応しているポップアップトースター。イングリッシュスタイルの山型パンにも対応しています。連続してトーストする場合でも焼き具合が変わりにくい「連続補正トースト機能」を備えているのが特徴です。

つまみを調節することで、好きな焼き加減に設定可能。2と3の間などの細かい設定も行えます。そのほか、冷凍したパンを解凍して焼き上げる機能などを備えているのもポイントです。

スライド式のパンくずトレーを標準搭載しており、お手入れが簡単に行えるのも魅力。グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞するなど、高い評価を得ているおすすめのモデルです。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) ターボトースター 7780JP

約1分30秒で、きつね色のトーストが楽しめるポップアップトースターです。忙しい朝にも活躍します。素早く焼き上げるため、外側はカリッと内側はモッチリとした仕上がりになるのも魅力です。

再あたため機能や冷凍パン機能などを搭載しているのもポイント。焼き加減は8段階で細かく調節できます。加えて、プッシュ式のパンくずトレーを標準搭載しており、楽にお手入れできるのも特徴です。

ツヴィリング(Zwilling) エンフィニジー ポップアップトースター 53101-900-0

4枚切りの厚切りパンにも対応しているポップアップトースターです。4枚の独立したヒーターパネルを搭載しており、ムラを抑えて焼き上げられます。外側はカリッと、内側はふんわりとしたパンを楽しめるのが魅力です。

冷凍パンを解凍しながら焼くモードや、冷めたパンをあたため直すモードも備わっています。加えて、ベーグルやイングリッシュマフィンを焼くのに便利な片面だけのモードがあるのも特徴です。

連続して焼く際、仕上がりが変わりにくいのもポイント。また、「ソフト・リフト機能」により、焼き上がったトーストは飛び出さずゆっくりと取り出せます。

アラジン(Aladdin) グラファイト ポップアップトースター AEP-G12A

0.2秒で発熱すると謳われる「遠赤グラファイト」を使用したポップアップトースター。短い時間で一気に焼き上げるため、外側はカリッと内側はモチモチとしたトーストが楽しめます。ガラス窓仕様で、焼き上がる様子を見られるのが魅力です。

冷凍保存したトーストを焼き上げる「冷凍トーストモード」や、上下2つに切ったパンが片面ずつ焼ける「ベーグルモード」などを搭載。冷めてしまったパンをあたため直す「あたためモード」も備わっています。

本体下部にあるパンくずトレーやガラス窓は簡単に取り外し可能。お手入れが楽に行えます。加えて、ホコリよけカバーも付属しており、キレイな状態で保管しやすいのもポイント。デザイン性が高く、おしゃれなアイテムを探している方にもおすすめです。

山善(YAMAZEN) ポップアップトースター YUC-S851

食パンをセットし、レバーを下げるだけで簡単に焼き始められるポップアップトースターです。4〜8枚切りの食パンに対応しており、2枚同時に焼くことが可能。冷凍パンにも対応しています。

焼き色は6段階に調節可能。本体前面に搭載したダイヤルから好みに応じて選択できます。加えて、もう少し焼きたい際に活躍する追加焼き機能や、途中でパンを取り出せる取り消し機能が備わっているのも特徴です。

取り外せるパンくずトレーが付いており、お手入れが簡単に行えるのもポイント。また、本体底部にコードが巻き付けられるので、きれいに収納したい方におすすめです。

山善(YAMAZEN) ポップアップトースター GUD-R130

4〜8枚切りの食パンを2枚同時に焼けるポップアップトースターです。焼き色は本体前面に搭載したダイヤルから6段階に調節が可能。大火力ヒーターを搭載しており、素早くパンを焼けるのも魅力です。

冷凍したパンの解凍と焼き上げを、ボタンひとつで設定できるのがポイント。あたため直しをするボタンもあります。加えて、引き出し式のパンくず受けトレーを標準搭載しているため、楽にお手入れ可能です。

本体底部にコードを巻き付けられるのもメリット。使わないときにはスッキリと収納できます。忙しい朝に活躍するおすすめのアイテムです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ポップアップトースター IPT-850

4枚切り・厚さ最大3cmまでのパンを焼けるポップアップトースターです。ボディ正面にあるダイヤルから、焼き加減を7段階で調節可能。こんがりやふんわりなど、好みに応じて簡単に設定が変更できます。

冷凍したパンを解凍しつつ、外はカリッと、中はふんわりと焼き上げられる「冷凍パン」ボタンも搭載。そのほか、冷めたトーストを再び加熱する「あたため」や、好きなタイミングで中断できる「取り消し」ボタンも備わっています。

引き出し式のパンくず受けトレーが付いているため、お手入れは簡単。また、安全機能付きで、パンを入れずにレバーを下げると加熱を中断する仕様です。子供のいたずら対策にも活躍します。

コイズミ(KOIZUMI) ポップアップトースター KOS-0850

5〜8枚切りの食パンに対応しているポップアップトースターです。冷凍パンも焼き上げられます。焼き色は1〜6まで無段階に調節が可能。好みに応じて設定できます。

パンウォーマー機能を搭載しているのも特徴。ロールパンやクロワッサンをあたためるのに役立ちます。また、スライド式のパンくずトレーが備わっており、お手入れが楽に行えるのもポイント。さまざまな種類のパンに対応しているおすすめのアイテムです。

新津興器 ポップアップトースター SPT-02

5〜8枚切りの食パンに対応しているポップアップトースターです。薄切りの食パンでも焼きムラが発生しにくい「パン寄せガイド」を搭載しているのが特徴。稼働中に熱くなりにくいプラスチックボディで、安心して使用できます。

焼き目を調節できるダイヤルが付いており、好みの焼き加減に仕上げやすいのもメリット。コードの長さは1.4mあり、コンセントから離れた場所でも使用できます。比較的リーズナブルに購入できるので、ポップアップトースターを試してみたい方にもおすすめです。

ソリス(Solis) ポップアップトースター SK8002

最大12×12cmサイズの食パンに対応しているポップアップトースターです。マフィンやベーグルを焼くことも可能。本体に搭載したダイヤルから6段階で焼き具合を調節できます。

冷凍したパンを解凍しながら焼き上げるモードや、冷めてしまったパンをあたため直すモードも搭載。ボタン操作で簡単に設定できます。

内部にゴミやホコリが入るのをブロックするカバーが付属しているのもポイント。また、引き出し式のパンくずトレー付きで、お手入れも簡単に行えます。機能性とメンテナンス性を兼ね備えたおすすめのアイテムです。

ラララクタス(Lalaluctus) 焼き目の見えるポップアップトースター SE6100

ボディにガラス窓があり、焼き加減が一目で分かるポップアップトースターです。1〜6のダイヤルで無段階に時間を設定可能。好みの焼き目に調節しやすいのが魅力です。4〜8枚切りの食パンに対応しています。

解凍やあたため直しの機能が付いており、パンを手軽に食べられるのがメリット。加えて、スライド式のパンくずトレーを標準搭載しているため、使用後は楽にお手入れできるのも魅力です。

ホコリカバーが付属しており、使用しないときにゴミやホコリの侵入を防げるのもポイント。また、おしゃれな見た目で、インテリアアイテムとしても活躍します。機能性とデザイン性を兼ね備えたおすすめのアイテムです。

ディービーケー(DBK) ポップアップトースター DKT090SS

スタイリッシュなデザインのポップアップトースター。パンの片面のみが焼けるボタンや再加熱ボタン、レベル1〜7で焼き加減が選択できるダイヤルなどを備えています。

4〜10枚切りの食パンサイズに対応。外側はカリッと、内側はふわっとしたトーストが楽しめます。デザイン性と機能性を兼ね備えたおすすめのアイテムです。

テスコム(TESCOM) ポップアップトースター CT30

優れたコスパで人気のあるポップアップトースターです。スロットは4枚切りから8枚切りまで幅広い厚さに対応可能。加えて、手頃な価格ながら電力が850Wとパワフルで、食パンを素早く両面焼きできるので、コスパ重視の方にもおすすめです。

「解凍焼き」機能によって冷凍したパンも美味しく焼けるのもポイント。さらに、無段階の焼き色調節にも対応しており、焼き足りない場合は「追加焼き」機能を使えば、約30秒の追加加熱も可能です。自分好みの焼き上がりでトーストできます。

スロットの周りに「パンウォーマー」が格納されているのも魅力。スロット上でロールパンやクロワッサンなどを軽くリベイクするときに役立ちます。引き出し式のパンくずトレイが付属するため、使用後のメンテナンスも簡単です。

ポップアップトースターのおすすめ|1枚焼き

ライソン(LITHON) 秒速トースター KLTS-001B

短時間で食パンが焼き上げられる1枚焼きのポップアップトースターです。独自のクロムヒーターを搭載することで、魚焼きグリル並みの高火力を実現。焼き目4では約58秒で焼けると謳われており、忙しい朝でもパンを楽しめます。

4〜6枚切りの食パンサイズに対応。また、水分の蒸発量が抑えられているため、外側はサクっと、内側はモッチリとしたトーストに仕上がるのも特徴です。

冷凍した食パンが美味しく焼き上がる「冷凍パンモード」や、あたため直しができる「リヒートモード」を搭載しているのもポイント。加えて、スライド式のパンくずトレー付きで、お手入れも簡単に行えます。

プラスマイナスゼロ(±0) ポップアップトースター1枚焼き XKT-V030

4〜8枚切りの食パンに対応した1枚焼きのポップアップトースターです。熱源がパンに近く、外側はサクッと、内側はモッチリとしたトーストに仕上がります。

ボディに搭載したつまみから簡単に焼き色の調節が行えるのもポイント。また、コンパクトサイズのため、スペースが限られた場所でも使用できます。使い終わったら収納したい方にもおすすめです。

タマハシ ミッキー&ミニー ポップアップトースター・シングル MM-209

6枚切りと8枚切りの角形食パンに対応している1枚焼きのポップアップトースター。本体前面に搭載したダイヤルを用いて、焼き色を調節可能です。

本体サイズは約220×93×160mmで、ミッキーとミニーのかわいいイラストがあしらわれています。ディズニーキャラクターが好きな方へのプレゼントにもおすすめです。重量は約0.54kgと軽量で、簡単に移動させられるのもメリット。キッチンの掃除もスムーズに進められます。

ポップアップトースターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ポップアップトースターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。