ポップアップトースターは、手軽に美味しいトーストが焼ける便利な家電。食パンを入れてレバーを押すだけで、トーストが焼きあがるので、忙しい日の朝食などに重宝します。

最近では、最先端の機能を搭載したタイプや、デザインがおしゃれなモデルなど、豊富な種類のポップアップトースターが揃っています。今回は、おすすめのポップアップトースターを厳選したので、ぜひ参考にしてください。

ポップアップトースターのメリット・デメリット

ポップアップトースターのメリット

By: amazon.co.jp

短時間で美味しいパンが焼ける

ポップアップトースターのメリットは、熱源とパンの距離が近いため、短時間でトーストが焼ける点。1~2分で美味しいトーストが焼けるので、朝食がパン派の方には便利です。

また、短時間で焼き上げるため食パンの水分を逃しにくく、外はカリッと、中はモッチリとしたトーストができあがります。

コンパクトで場所を取らない

ポップアップトースターは、オーブントースターに比べてコンパクトなのもメリットです。場所を取らないので、テーブルの上やキッチンに置いてそのまま使っても邪魔になりません。

一人暮らしの方や他の家電にスペースを使っている家庭でも設置場所を気にすることなく使えます。

デザインがおしゃれ

スタイリッシュなタイプやレトロなモデルまで、デザイン性が高いのもポップアップトースターの魅力。テーブルに置いているだけで、おしゃれな食卓を演出できます。

ポップアップトースターのデメリット

ポップアップトースターのデメリットは、基本的にトーストしか焼けないこと。チーズやハムなどの具材をのせて焼いたり、ピザを焼いたりはできません。食パンを美味しく焼くことに特化した家電なので、トーストをシンプルに食べたい方におすすめです。

ポップアップトースターの選び方

パンの枚数をチェック

By: amazon.co.jp

ポップアップトースターのほとんどは、2枚の食パンを同時に焼ける構造をしています。しかし、1枚しか焼けないタイプも展開されていて、そちらの方がよりスリムでコンパクトです。一人暮らしなどでトーストを1枚焼ければ十分という方は、1枚焼きのタイプを選ぶのもおすすめです。

パンの厚さをチェック

By: amazon.co.jp

ポップアップトースターを選ぶときに、最も注意すべきは対応しているパンの厚さです。機種によって、焼けるパンの厚さが変わります。分厚いトーストが好みの方は、4枚焼きに対応したタイプを選ぶのがおすすめです。

ただし、対応しているパンの厚さが大きいほど、ポップアップトースターのサイズも大きくなる傾向にあります。置き場所も考慮して、自分に適した製品を選びましょう。

冷凍パンモード機能をチェック

By: amazon.co.jp

ポップアップトースターのなかには、冷凍した食パンをそのまま焼けるモデルもあります。食パンは冷蔵で保管するより、冷凍したほうが美味しさをキープできるのが特徴です。

パンが安いときにまとめ買いした場合も、冷凍パンモード機能がついていると便利。パンを冷凍する方は、冷凍パンモード機能の有無も確認しましょう。

掃除方法をチェック

By: amazon.co.jp

短時間で美味しいトーストを焼けても、掃除やお手入れに手間がかかると使用するのが面倒になってしまいます。パンを入れるスロットは上向きのため、ホコリよけカバーがついたタイプを選ぶのがおすすめです。

また、ポップアップトースターの場合、パンくずが製品の底にたまります。底の部分を引き出したり取り外したりできるタイプを選べば、溜まったパンくずを簡単に捨てられるのでおすすめです。

リフトアップ機能や温めラックの有無をチェック

By: amazon.co.jp

ポップアップトースターのなかには、スロット部分の高さを底上げできるモデルもあります。小さなパンを焼くだけでなく、ベーグルなどを焼いても取り出しやすいので便利です。

ラックつきのポップアップトースターなら、スロットに入りきらないパンをラックに乗せて温めなおせます。パンを食べる頻度が高い方は、リフトアップ機能やラックつきのポップアップトースターを選択するのもおすすめです。

ポップアップトースターのおすすめ人気モデル

デロンギ(DeLonghi) ケーミックスブティック ポップアップトースター TTM020J-BL

デロンギは、イタリアに拠点をおく電機メーカー。ポップアップトースターなどの家電も豊富に展開していて、デザイン性の高さから世界中で親しまれています。

本製品は、スタイリッシュな朝を演出する「ケーミックスコレクション」のひとつ。側面にはアルミダイキャスト、中央部にはステンレスを採用しているので耐久性に優れており、高級感があるのが特徴です。5~10枚切りの食パンに対応していて、ツマミを回せば「うっすら」から「こんがり」まで焼き目を調整できます。

冷凍パン機能やホコリよけカバーもついていて、引き出し式くず受けも備わっているため、使い勝手も良好。8つのカラーを展開しており、電気ケトルやコーヒーメーカーもラインナップされています。同色で揃えれば、スタイリッシュな食卓を演出できるのでおすすめです。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) クラシックトースター(Classic Toaster)

ラッセルホブスは、イギリスを代表する調理家電ブランド。電気ケトルの元祖といわれていて、技術力の高さからヨーロッパだけでなく世界各国で高い評価を得ています。

本製品は、シンプルでクラシックなデザインが魅力。5枚切りの厚さまで対応していて、山型食パンも調理可能です。サイズ幅を抑えたり電熱線の配置を工夫したりして熱効率を高めているため、焼きムラを防いで美味しいトーストが作れます。

焼き加減を調整でき、連続してトーストしても一定の焼き上がりに仕上がります。冷凍ボタンやパンくずトレイもついていて、機能性も十分です。

ツインバード工業(TWINBIRD) ポップアップトースターTS-D404W

ツインバード工業は、1951年に創業した家電などを手がける日本のメーカー。モノづくりのまちとして有名な新潟県燕市に本社があり、最先端技術を集結させたアイテムを展開しています。

本製品は、ワイドスロットを採用しているため、奥行き11cmとスリムなのが特徴。コンパクトながら、4枚切りパンや高さ24cmまでの山型パン1枚に対応しています。山型パンは横置きするため、上部の焼き残りがないのもおすすめです。

冷凍パンだけでなく「追加焼きモード」もあり、焼き目をもう少しだけつけたいときなどに重宝します。専用のフタを外して下部にセットしないと本体が動作しないため、子どもによる誤作動などを防ぐのも安心です。

焼き色調整や冷凍パンモードだけでなく、リフトアップ機能もついているのも便利。小さなパンやベーグルも焼けるので、パン好きにおすすめのポップアップトースターです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) IPT-850 ポップアップトースター

アイリスオーヤマは、家電などの生活用品全般を製造・販売している日本のメーカー。時代とともに変わるライフスタイルに応じた、ユーザー視点のアイテムを展開しています。

本製品は、ステンレス製のスタイリッシュなポップアップトースター。4~8枚切りに対応しているので、分厚いパンが好みの方におすすめです。焼き加減は7段階に調整でき、高い火力で外はカリッと中はふっくらと焼きあがります。

冷凍パンモードだけでなく、冷えたトーストの温めなおしができる機能も搭載。多機能ですが価格もリーズナブルなおすすめ製品です。

山善(YAMAZEN) ポップアップトースター YUA-800(R)

山善は、家庭機器などを展開している日本の専門商社。調理家電や家具家電など、幅広いアイテムを展開しています。

本製品は、6~8枚切りに対応していて、奥行きが12.5cmとスリムなのが魅力。焼き色を調整でき、開閉式の底フタがついているので、掃除も簡単です。ポップアップトースターとして必要な機能が備わっていながら、リーズナブルな価格で購入できるのもおすすめのポイントです。

デロンギ(DeLonghi) トゥルー ポップアップトースター TTP220J

本製品は、基本性能と使いやすさにこだわったデロンギの調理家電シリーズ。シンプルでコンパクトなデザインなので、どんなインテリアにも自然に溶け込みます。

5~10枚切りに対応していて、途中でトーストの焼き目を確かめられる機能を搭載。焼き目を確認してもキャンセルされないので、いつもと違う厚さの食パンを焼いて、焼き加減が心配なときに便利です。

冷凍モードや温めなおし機能、キャンセルボタンがついていて、引き出し式のくず受けも備えています。専用のホコリよけカバーつきなので、未使用時にも内部を清潔に保てるのもポイントです。

温めラックもついていて、スロットに入らないパンをラックに置いて温めることも可能。ラックを使わないときには、ポップアップトースター本体に収納できます。

ティファール(T-fal) ウルトラミニ

ティファールは、1956年にフランスで設立された調理家電などを手がけるブランド。機能性の高さとおしゃれなデザインで、世界中の人々をから支持されています。

本製品は、5枚切りの食パンまで焼けるポップアップトースター。無駄を省いたデザインで、幅22.6×奥行16.8×高さ18.8cmとコンパクトなのも大きな魅力です。

ボタンひとつで操作できる冷凍パン焼きや追加焼き機能も備えていて、専用のフタやパンくずトレイもついているため、お掃除が簡単なのも嬉しいポイントです。

リフトアップ機能や、レバーを下げるだけで立ち上がるパンウォーマーも搭載。2段階の焼き加減で、ロールパンやクロワッサンも温められます。

レコルト(recolte) ポップアップトースター マタン(Pop Up Toaster Matin)

レコルトは、カラフルでコンパクトな製品を展開している調理家電シリーズ。1~2人用に適したサイズのアイテムを提供しているため、一人暮らしや少人数の家庭におすすめのブランドです。

本製品は、4枚切りの厚さまで焼けるポップアップトースター。レトロなフォルムが、食卓をおしゃれに彩ります。スライスしたベーグルも2枚同時に焼けるので、ベーグルサンドを作るときにもおすすめです。

ホコリよけカバーやパンくずトレイなど、お手入れが便利になるパーツもセットになっています。ボタンひとつで冷凍パンを焼けるなど、基本的な機能を備えたポップアップトースターです。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) ガラストースター

本体にガラスを取り入れた、ラッセルホブスのおしゃれなポップアップトースター。奥行きは12cmとスリムなものの、横に並べれば5枚切りの食パンを同時に2枚焼けます。

冷凍パンや温めなおしボタン、パンくずトレイもついているので機能性も十分。デザイン性も高く、見た目を重視したい方や贈りものとしてもおすすめのポップアップトースターです。

ツインバード工業(TWINBIRD) ルプ(L.u.P.u) ポップアップトースター

ツインバード工業が手がける、レトロなデザインのポップアップトースター。4枚切りの食パンまで焼けて、冷凍パンモードもついています。

リフトアップ機能がついているため、ベーグルやマフィンを焼いたときも、レバーを持ち上げればスムーズに取り出せます。追加焼き機能やくず受けもついているので、厚切りパンを手軽に楽しみたい方におすすめです。

デロンギ(DeLonghi) デロンギ アイコナ・コレクション ポップアップトースター CTO2003J

本製品は、アンティークなデザインが魅力のデロンギが誇る家電シリーズ。本体はステンレス製のため、光沢感があって耐久性が高いのも特徴です。

4枚切りまで焼けるので、分厚いトーストが好みの方におすすめ。片面焼き機能がついていて、半分にカットしたベーグルやマフィンの片面だけを焼けます。トーストも片面焼き可能なので、ホットサンドを楽しみたい方にもおすすめ。引き出し式のくず受けやホコリよけカバーもついているので、お手入れも簡単です。

ティファール(T-fal) ポップアップトースター トースト アンド ライト

本体にLEDライトが埋め込まれたポップアップトースター。焼き上がりまでの間に「紫・青・水色・緑・黄・オレンジ・赤」の順に発光する鮮やかなカラーの移り変わりを楽しめます。

おしゃれなデザイン性だけでなく、冷凍パン焼きボタンやホコリよけのフタ、底面にパンくずトレイも搭載。ポップアップトースターの基本的な性能も充実しています。

バンウォーマーつきなので、スロットに入らないクロワッサンやバターロールも温められます。自分用としてはもちろん、プレゼントとしても喜ばれるポップアップトースターです。

プラスマイナスゼロ(±0) ポップアップトースター1枚焼き

プラスマイナスゼロは、2003年に誕生した日本の家電や雑貨のブランド。「ちょうどいい」をコンセプトに、流行に沿いながらも長く愛用できるアイテムを展開しています。

本製品は、1枚焼きタイプのポップアップトースター。4枚切りまで対応していて、奥行き8cmとスリムなのが特徴です。重量も約1kgと軽量なため、片手で持ち運べます。つまみを回せば、1~6段階の焼き色をつけることも可能。シンプルな1枚焼きのポップアップトースターを探している方に、おすすめのアイテムです。

オスター(Oster) アーバントースター

オスターは、1924年にアメリカで誕生したキッチン用品などを手がけるブランド。ブレンダーが有名ですが、ポップアップトースターなどの家電も手がけています。

本製品は、クラシカルなデザインが魅力のポップアップトースター。投入口が広く設計されていて、4枚切りの食パンまで対応できます。本体はステンレス製なので、耐久性も高いのが魅力です。

焼き目調節レバーや冷凍モード、ベーグルやキャンセルボタンもついていて、基本的なポップアップトースターの機能を備えています。

三ッ谷電機 ミーツ(meets) iBread ポップアップトースター

三ッ谷電機は、1968年に創業した家電などを手がけるメーカー。モノづくりのまちとして知られる新潟県燕市に本社があり、立地条件と歴史に裏打ちされた高品質な家電などを展開しています。

本製品は、美味しさ・便利さ・スマートさを追求したポップアップトースター。スロットがワイドなタイプのため、奥行き11cmというスリム化を実現。5枚切りの厚さまで対応していて、冷凍モードや温めなおし機能もついています。くず受けトレイもついているので掃除も簡単です。

テスコム(TESCOM) トースター CT30

テスコムは、1965年に創業した家電製品などを手がけるメーカー。調理器具から美容製品まで、幅広いアイテムを展開しています。

本製品は、4枚切りまで対応しているポップアップトースター。冷凍パン・追加焼き・取り消しスイッチがあり、基本的な機能を備えています。パンウォーマーもついているため、ロールパンやクロワッサンなどの温めも可能。モノトーンのシンプルなデザインなので、どんなインテリアともマッチします。

ラドンナ(LADONNA) Toffyポップアップトースター K-PT1

ラドンナは、1932年に創業したインテリアグッズなどを手がける日本のブランド。「暮らしのなかに夢とやすらぎを提供していく」をテーマに、生活に潤いをもたらすアイテムを展開しています。

本製品は、レトロなデザインがおしゃれなポップアップトースター。4枚切りまで対応していて、焼き色を6段階まで調整できます。冷凍パンモードや再加熱機能もついていて機能性も十分。トースターカバーやパンくずトレイもついているので掃除も簡単です。

無印良品 ポップアップトースター

無印良品は、1980年に誕生した生活雑貨などを手がけるブランド。調理家電やインテリア用品、飲食物なども展開していて、素材を生かしたナチュラルなアイテムで多くのファンを獲得しています。

本製品は、丸みを帯びたフォルムがおしゃれなポップアップトースター。コンパクトながら4枚切りまで対応していて、冷凍パンや取り消しボタンもついています。

リフトアップ機能やパンくず受けもついているので、機能性も十分。白を基調としたシンプルなデザインなので、どんなインテリアにもナチュラルに溶けこみます。

ポップアップトースターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ポップアップトースターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。