マフラーは手軽に身に付けられる防寒アイテム。カラーラインナップやデザインが豊富なので、全体的に重たいコーディネートになってしまいがちな冬のファッションにアクセントとして活用できるのもポイントです。

そこで今回は、メンズにぴったりなマフラーのおすすめブランドをご紹介。購入を検討している方は、ぜひ今冬のトレンドも意識して製品をチェックしてみてください。

マフラーのおすすめブランド
ポールスミス(Paul Smith)

言わずと知れた人気ブランド・ポールスミス。1970年にイギリスのノッティンガムで誕生したポールスミスは、ファッション性豊かで、かつクオリティーの高い製品を作り続けているブランドです。

1984年に日本に進出したポールスミスですが、幅広い年代の方に支持されているのも特徴。ひねりのあるブリティッシュな雰囲気を楽しみたい方におすすめです。

ポールスミス(Paul Smith) College Wool Scarf

ポールスミスのアイコン柄として有名なマルチストライプ。上品で遊びのある雰囲気がコーディネートをぐっとおしゃれにしてくれます。素材はラムウール100%と保温性は抜群。華やかな見た目の中にも、落ち着いた印象があるこちらのマフラーは大人の男性にぴったりです。

さらに、本モデルは全4色のカラーバリエーションを用意しているのもポイント。オン・オフ両用のアイテムとしてもおすすめです。

ポールスミス(Paul Smith) ウールマフラー

規則的に並んだ大きめのドット柄が印象的なマフラー。グレーの色使いが落ち着いた印象を与えます。ラムウールとカシミヤの混合素材なので、保温力はもちろん肌触りも抜群です。

ドット柄というと可愛いイメージを持つ方が多いですが、本モデルは落ち着いたカラーと大きめのドットというコンビで、可愛さがぐっと抑えられているので大人の男性にもおすすめです。

ポールスミス(Paul Smith) フリンジ付きマフラー

無地のシンプルなデザインが使いやすいマフラー。高品質なカシミヤを100%使用しているので肌触りは抜群です。上質な素材感と、落ち着いた色合いがどんなシーンにもマッチする1本。「PS by Paul Smith」のロゴが入ったタグがワンポイントになっています。

ビジネスシーンはもちろんですが、フォーマルシーンでも使える汎用性の高さでもおすすめのマフラーです。

マフラーのおすすめブランド
バーバリー(BURBERRY)

イギリスの老舗ファッションブランドとして高い人気を誇るバーバリーは、マフラーに限らず幅広いアイテムをリリースしており、上品なクラシカルさが魅力です。

日本では長年にわたり、大手アパレルメーカーである三陽商会がライセンス販売を行っていましたが、2015年春夏シーズンをもってライセンス契約を終了しました。それ以降は英国バーバリー社が、日本法人を通じて直営展開を行う形をとっています。英国発のラグジュアリーブランドとして、現在でも多くの方に愛されているブランドです。

バーバリー(BURBERRY) ブロックチェックマフラー

バーバリーチェックとはひと味違ったおしゃれ感を感じるブランケットマフラー。ブロックチェック柄でシャープな雰囲気を楽しめます。ウールとシルクの混合素材で、上質なつけ心地が魅力的です。

少し厚めのしっかりとした素材感なので、防寒性にも優れたアイテム。優しい色合いのベージュに、アクセントカラーのレッドを配色することで、ぐっと大人な印象を持たせてくれます。

バーバリー(BURBERRY) カシミヤマフラー

シンプルでシックな印象が魅力的なマフラー。上質なカシミヤを100%使用した高級感漂う1本です。ネイビーとブルーを混ぜ合わせた色合いで、シンプルな中にもほどよい存在感を感じます。コーディネートにも馴染みのよい色合いは、ビジネスシーンでも活躍する汎用性の高いアイテムです。

マフラーのおすすめブランド
ラルフローレン(RALPH LAUREN)

日本でもアメリカントラッドブランドとして高い認知度を誇るラルフローレン。イギリスの伝統的なファッションをアメリカンスタイルにアレンジしたのがこのブランドの始まりです。

アメリカ人デザイナーとして初めてパリに路面店を出店するなど、その活躍は世界的に有名。ヤングカジュアルラインのポロジーンズや、ヴィンテージ感漂う製品を展開するダブルアールエル(RRL)など、その展開を広げています。アメリカが誇る世界的ファッションブランドとして根強い人気を集めています。

ラルフローレン(RALPH LAUREN) カシミヤマフラー

上質なカシミヤ素材を採用したマフラー。カシミヤの魅力である保温性や軽量感は、高級なカシミヤでしか感じることのできない特別なものです。

デザインはとてもシンプルで、より高級感を感じさせます。さりげなく刺繍で施されたロゴマークもワンポイント。派手なデザインは好まない男性にはぜひおすすめしたいマフラーです。

ビジネスシーンはもちろんのこと、カジュアルスタイルにもしっかりと馴染んでくれるので使いやすさも抜群な1本。

ラルフローレン(RALPH LAUREN) カシミアマフラー

クラシカルな印象的なタータンチェックが特徴のマフラー。グリーンベースなので落ち着いた印象を与えます。レッドのチェックがコーディネート全体のアクセントに。顔まわりもパッと明るくしてくれる効果があります。

どうしても暗い色合いが多くなってしまう冬のコーディネートに、ほどよい華やかさをプラスしてくれるマフラーです。

マフラーのおすすめブランド
グッチ(GUCCI)

1921年にイタリアのフィレンツェに誕生したラグジュアリーブランド・グッチ。言わずと知れた人気ブランドとして日本でも多くのファンがいます。

グッチは多くのラグジュアリーブランドの中でも、マフラーや革小物などさまざまなメンズアイテムの展開が多いブランド。レザーグッズブランドとして始まったグッチですが、現在では数々のファッションアイテム生み出しています。品がよくシックな雰囲気が特徴で、男性がとても使いやすいデザインなのが人気の理由です。

グッチ(GUCCI) GG柄 ジャカードウールマフラー

グッチのアイコン的存在であるGG柄が印象的なマフラー。モノトーンの色使いでシックな雰囲気を醸し出します。定番として人気の高いモデルで、ビジネスシーンでもしっかりと馴染んでくれる大人な雰囲気のデザインが特徴です。

裏側はブラックを基調としているので、巻く際にちらっとブラックの部分を見せるとグッとしまった印象を持たせられます。幅広い世代の方におすすめの1本です。

グッチ(GUCCI) GG柄ライン入りマフラー

グッチお馴染みのGG柄に、定番であるグリーンとレッドのラインが配されたデザインのマフラー。品がよく、高級感漂う雰囲気は大人の男性にぴったりの1本です。

アクセントが効いているラインデザインですが、落ち着いた印象なので派手な雰囲気にならないのがポイント。大人の冬の装いをワンランクアップさせてくれるマフラーとしておすすめです。

グッチ(GUCCI) SU GG LITTLE RIVERカシミヤマフラー

シックで落ち着いた色使いのマルチストライプと、グッチの定番柄であるGG柄がリバーシブルになったマフラー。どちらも非常に使いやすく、全く違ったコーディネートを楽しめる1本です。

表面のマルチストライプは、カシミヤとシルクの混合素材を。裏面のGG柄はシルク100%を使用しています。上質な素材を使用することで、ラグジュアリー感を存分に堪能できるマフラーに仕上がっています。

マフラーのおすすめブランド
ジョンストンズ(JOHNSTONS)

1797年にスコットランドで創業した老舗のファクトリーブランドであるジョンストンズ。カシミヤやラムウール、ビキューナなどの高級素材を取り扱うブランドです。

ジョンストンズの最大の特徴とも言えるのが、自社工場で全ての工程を一貫して行っているということ。これは英国ブランドでも珍しいことです。英国王室御用達に選ばれたその品質は確かなもの。現在も多く人々から支持を得ています。

ジョンストンズ(JOHNSTONS) カシミヤマフラー

ジョンストンズの代表的な素材でもあるカシミヤを100%を使用したマフラー。上質な素材の高級感を存分に楽しめる1本です。落ち着いた色合いのチェック柄がブリティッシュトラッドの雰囲気を感じさせます。カラーバリエーションも豊富なのでコーディネートや好みにあわせて選べるのもおすすめポイントです。

ジョンストンズ(JOHNSTONS) カシミヤフェルトリバーシブルマフラー

ネイビーとカーキのリバーシブル仕様になっているマフラー。色のコントラストが素敵なアイテムです。シンプルな無地のデザインはさまざまなシーンで使いやすくおすすめ。

起毛感のある高級カシミアを贅沢に使用した厚手のカシミアフェルトは、保温性・防風性ともに良好です。ランダムに巻いて、リバーシブルの色合いを楽しめます。

マフラーのおすすめブランド
プラダ(PRADA)

1913年、イタリアのミラノに革製品ブランドとして誕生したのがプラダの始まり。品質が高く珍しい革を世界から集め、イギリスの高い職人技術で最高級の製品を生み出しています。

現在では皮革製品のみならず、ウェアやアクセサリーなどさまざまなアイテムを展開。長い歴史が生み出した伝統を守りながらも進化し続けるグッチは、今も変わらず世界中から愛されているブランドです。

プラダ(PRADA) ロゴワッペン リブ編みマフラー

起毛感のないつるっとしたリブ編みのニット素材がカジュアルな印象のマフラー。赤いロゴワッペンがワンポイントとして高級感を漂わせます。

上質なウール素材を使用しているので、肌触りも良好。カジュアルづかいはもちろんですが、シンプルなこのデザインであればビジネスシーンにも使いやすいニットマフラーです。

マフラーのおすすめブランド
カルバンクライン(Calvin Klein)

1968年にアメリカで誕生したファッションブランド・カルバンクライン。ラルフローレンやダナキャランと並んで、アメリカ三大ブランドとして有名になりました。

日本ではオンワード樫山がライセンス契約を結び、国内でのブランド展開を行なっています。基本的にはモノトーンの色使いが多く、全体的にシックなイメージが強いブランド。すっきりとしたシルエットでモダンな印象を持ちます。

カルバンクライン(Calvin Klein) ロゴ フリンジ付きマフラー

マフラーの中央にブランドロゴを大きく織り込んだデザインが特徴的なマフラー。モノトーンの色使いでカルバンクラインらしいシックな印象が素敵です。

アクリルと綿の混紡素材なので、ウール独特のチクチク感が苦手な方にぜひおすすめしたい1本。ビジネスやきれいめカジュアルなどコーディネートで活躍してくれるマフラーです。

カルバンクライン(Calvin Klein) ウーブン オール オーバー ロゴ ストリップ

マフラー全体にカルバンクラインのロゴがあしらわれたマフラー。程よい華やかさを感じるデザインが魅力です。シンプルかつシックな雰囲気で、さまざまなコーディネートに合わせやすいのがポイント。

とはいえ、無地のようにシンプルすぎず、少しの遊び心を感じるデザイン。大人の装いをシックにキメてくれる優秀な1本です。

マフラーのおすすめブランド
コーチ(COACH)

1941年にアメリカのマンハッタンで誕生したファッションブランド・コーチ。ブランドの頭文字であるCをモチーフにしたデザインが有名です。

創業当初は、なんと野球のグローブの革を使用したバッグなどを製作する小規模な企業でした。アメリカの有名デザイナーを迎え、さまざまなヒット商品を出すコーチは、アメリカ発の世界的ブランドとして今もなお愛され続けています。

コーチ(COACH) カシミヤ混フリンジマフラー

コーチのブランドロゴとして有名なCをモチーフにした柄が全体にあしらわれたマフラー。メンズのマフラーの中では長めのサイズで、首元に適度なボリューム感を持たせます。

ウール・シルク・アンゴラ・カシミヤと上質な素材を贅沢に使用した高級感のある雰囲気が魅力です。グレーのコントラストがシックで大人のおしゃれにぴったり。防寒性にも優れているので機能面でも満足できるマフラーです。

コーチ(COACH) カシミヤブレンド ストライプマフラー

ブラウンとレッドのストライプ柄がクラシカルな雰囲気のマフラー。温かみのある色合いで、冬の装いを上品に仕上げてくれる1本です。

上質なウール素材にカシミアをブレンドした素材は、肌触り・防寒性ともに優れています。幅広のストライプ柄は、コーディネート全体をすっきりと見せてくれる効果も期待できます。ビジネススタイルのアクセントとしてぜひおすすめしたいマフラーです。

マフラーのおすすめブランド
松井ニット技研(KNITTING INN)

松井ニット技研は、織物で有名な群馬県桐生市で1907年に誕生したとても歴史の長い老舗の編み物メーカーです。松井ニット技研が編み上げるマフラーは配色が非常に美しく、世界の美術関係者やデザイナーたちから賞賛を浴びています。

ニューヨークの有名美術館では松井ニット技研のマフラーが何年もの間売上1位になるなど、まるで絵画のような配色は世界を魅了し続けています。

松井ニット技研(KNITTING INN) 毛混リブマフラー

松井ニット技研で高い人気を誇る毛混リブマフラーシリーズ。色あざやかで美しい配色が目を奪うマフラーです。台数が限られている低速編機を使用し、日本の職人が丁寧にじっくりと編み上げた最高の逸品。ソフトな肌触りで使い心地も抜群です。オレンジのアクセントカラーで冬のおしゃれを楽しめます。