ニュースでお茶の間を騒がせ、航空法が改正されるなど、話題のつきないドローン。一部ではネガティブなイメージもありますが、しっかりとルールを守れば最高に楽しめる大人のオモチャです。ここでは、外部カメラ取り付け不要、買ったらすぐに楽しめるカメラ付きのドローンを紹介します。思い出作りにも作品撮りにも、目を引く映像が撮れちゃいます!

Syma 4CH 2.4G

まずはドローン入門編。いったいドローンとは? という方には、まずお試しいただきたいモデルです。価格もカメラ付きのドローンの中では、比較的安価に購入でき、カメラスペックも最低限はあり、映像はHDにて撮影が可能です。試してみたいけど、いきなり高価なモデルは、、、という方にはぴったりです!

Holy Stone 2.4GHz

こちらも同じく、入門機にオススメな一台。価格帯も、基本的なスペックもほぼ同じ。上記の「Syma」との主な違いとしては、サイズ感が一回り小さい点です。どちらも最低限のカメラ機能を備え、HD撮影に対応しています。最初の一台として購入を検討する場合には、この2台のどちらかから始めてみてはいかがでしょうか?

Hubsan X4 HD

まず目を引くのは、なんと言ってもそのサイズ感!手のひらにすっぽりと収まる小さなサイズは、扱いが便利ですね。その小さな見た目とは裏腹に、パワフルな飛行を見せてくれます。カメラ機能も200万画素の撮影にHDの撮影を可能とし、十分なスペックです。ただし、手のひらサイズのため風の影響を受けやすい点に注意が必要です。

パロット(Parrot) MINIDRONES ROLLING SPIDER

多くのドローンをリリースするパロットから、スマホ/タブレットで操作ができるのが魅力な小さなドローン「ミニドローンズ ローリング スパイダー」です。高速飛行や宙返りなど、パワフルな操作感が楽しめる一方で、唯一の難点としては映像の撮影ができない点にあります。

パロット(Parrot) AR Drone2.0

同様にスマホ/タブレットで操作が可能なパロットの中位モデルが「AR Drone2.0」です。このモデルには底面にセンサーがついており、安定的なホバリングを行うことが可能となっています。撮影にはHD対応。飛行航続時間も上記のモデル達に比べて、長い10〜15分を実現しています。

パロット(Parrot) Bebop Drone

パロットのドローンの上位モデルがこの「Bebop Drone」です。さらに安定したホバリングに1400万画素撮影、映像撮影にももちろん対応し、先に紹介してきたモデルに比べ、一段以上ランクの上がった仕上がりの静止画、映像を楽しめます。通信環境などがよければ、最長250mまで離れても飛行操作を行うことができます。

DJI PHANTOM 3 PROFESSIONAL

数あるドローンの中でも、ハイエンドなモデルが「PHANTOM 3 PROFESSIONAL」です。4K映像の撮影に加え、1200万画素の静止画を撮影することができる、非常に性能のいいカメラを標準搭載。他のドローンを比較するとその飛行能力、撮影した写真/映像を見ると雲泥の差があり、ドローン好きであれば最終的には手にしたいモデルとなっています。